システム情報

In document User's Manual (Page 38-41)

4. ウェブベースの管理

4.2 システム

4.2.1 システム情報

システム情報では、設定には[基本設定]と[その他の設定]の 2 つの部分があります。設定の詳細については、次のように説 明します。

4.2.1.1 基本的な

[基本システム情報] ページには、現在のデバイス情報に関する情報が表示されます。[基本システム情報]ページでは、スイ ッチ管理者がモデル名、ファームウェア/ハードウェアのバージョン、MAC アドレスを識別できます。

図 4-2-1-1:基本システム情報 Sクリーンショット

このページには、次のフィールドが含まれています。

オブジェクト 説明

モデル名: 管理対象スイッチのシステム名が表示されます。

説明: マネージ スイッチについて説明します。

MAC アドレス: 製造元によって割り当てられた一意のハードウェア アドレスを表示します (既定)

。 ファームウェアのバージョ ン:

管理対象スイッチのファームウェアバージョンを表示します。

ハードウェアのバージョン: 管理対象スイッチのハードウェアバージョンを表示します。

ファームウェアの構築日: ファームウェアの日付情報を表示します。

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

4.2.1.2 その他の構成

管理対象スイッチのシステム情報から[その他の設定]を選択します。

図 4-2-1-2:スイッチの設定のスクリーンショット

このページには、次のフィールドが含まれています。

オブジェクト 説明

MAC アドレス経過時間 非アクティブな MAC アドレスがスイッチのアドレス テーブルに残っている秒

数を入力します。値は 6 の倍数です。

デフォルトは300 秒です。

ブロードキャスト ストー ム フィルタ

ブロードキャストストーム制御を構成するには、それを有効にし、上限しきい値 を設定します

VC-820M

のユーザーズマニュ アル

個々のポートをモードします。しきい値は、ブロードキャスト トラフィックで 使用されるポートの合計帯域幅の割合です。ポートのブロードキャスト トラフ ィックが設定したしきい値を超えると、ブロードキャスト ストーム制御がアク ティブになります。

有効なしきい値は、 1/2、 1/4、1/8、1/16、およびOFFです。

既定値は "OFF" です。

ブロードキャスト ストー ム フィルタ パケットの選 択

ブロードキャスト ストーム フィルタ パケット タイプを選択します。選択した パケットタイプがない場合、meanは

パケット

をフィルタリング

できません

。ブロードキャスト ストーム フィルタ モードは OFF と表示されます。選択可 能な項目を以下に示します。

 ブロードキャストパケット

IPマルチキャスト

 パケットの

制御

 フラッディング ユニキャスト/マルチキャストパケット

衝突再試行は永久に

マネージ スイッチで [衝突再試行の永久] 機能 "無効" または16、32、48 の衝 突番号を提供します。この機能が無効になっている場合、パケットが衝突を満 たす

、管理対象スイッチはパケットを破棄する前に 6 回再試行します。そ れ以外の場合、管理対象スイッチはパケットが正常に送信されるまで再試行し ます。

既定値は16です。

ハッシュアルゴリズム

管理対象スイッチで MAC アドレス テーブルのハッシュ設定を指定します。使 用可能なオプションは、CRC ハッシュとダイレクトマップです。

既定のモードはCRC ハッシュです。

IP/MAC バインディング IP MAC バインド機能を有効/無効にします。

802.1x プロトコル 802.1x プロトコル

を有効

/無効

にします。

ボタンの適用 ボタンを押して構成を完了します。

VC-820M

のユーザーズマニュ

アル

In document User's Manual (Page 38-41)