• 検索結果がありません。

大 』6で は be Very diverted by the playに は ラ ベ ル が 何 も ない が

,diVert

Oneselfに ((ま ))と あ る 。

こ の 意 味 は

,や

は り英 和 辞 典 に 伝 統 があ る 。『 熟 語 本 位 』 に は 「

(OneSelf

=amuSe oneself)(何

を し て

)慰

さ む 」『 研 大 』1に は 「

diVert oneSelf遊

,楽

し む

,慰

む 」 と あ る 。 こ れ が 今 の 英 和 辞 典 の 記 述 に 引 き継 が れ て い る こ と は 間 違 い ない と こ ろ で あ ろ う.

cODの

記 述 の 変 化 を 見 て み よ う・ 初 版 〜

7版

で は

entertain,amuSe‖

;

8,9版

で は

(Often aS diVerting adj・ )entertain;amuse‖ ;10版

で は

‖draW the attention of;diStraCt Or entertain‖ と な つ た・

し て こ の 意

味 は 記 述 さ れ て い る

.し

か し な が ら ,diヽアert oneSelf,be diヽアerted tO dOの 用 法 も 一 貫 し て 記 述 さ れ た こ と は な い 。 こ の 用 法 に つ い て は

,Web。 3と OEDl[sV.DIヽ

ERT 6]に

詳 し い 記 述 が あ る.

(4) TO draW away fronl fatiguing Or ser10us OCCupatiOns; pleasurably

tO excite the mind or attract the attention;tO entertaln,amuse.

eself; to give oneself tO

b.2・ θ″

.TO entertain, amuse, recreate on(

diverSiOne Now』

・′′・θ.

(疲 れ る あ る い は 重 大 な 仕 事 か ら 気 を 紛 ら わ せ る

;心

地 よ く 気 持 ち を 引 き 立 て

,ま

た は 注 意 を ひ き つ け る ;楽 し ま せ る

,喜

ば せ る 。b.再

帰 代 名 詞 を と つ て 。 楽 し む

,お

も し ろ が る

,気

晴 ら し を す る ;楽 し い

こ と に 精 を だ す)

OEDlの

用 例 で 一 番 新 し い もの は (5)と し て あ げ た もの で あ る 。 (5) [He]W as  ′ゴT/θ2・ガ ′g・ カ ゴJ SθF With SOme Of hiS COmpaniOns at the

f hoP,Spring,and leap.11800]

rural diVerS10n o

([彼 は ]友 達 と 都 会 の 気 晴 ら し ホ ツ プ

,ス

テ ツ プ

,ジ

ヤ ン プ を し て 気 晴 ら し を し て い た)

基 本 的 に

19世

紀 と そ れ 以 前 の 英 語 を1及 つ た る と こ ろ に 注 意 し て お こ う・

OED]で

((ま ))と し て い

次 に VVe b.3(sv.

DlVERT 2a)の

己述 を 弓1用  :

(6)tO  giVe lDleasure Or  a lll u s eln e llt

σゴ1/θイθ′ オカθ″コ1′θs Iうイ オカ g・

"コ

θS>

tO: ENTERTAIN <オ

カθ

 

ノθθノノθ

(楽 し み

,娯

楽 を 与 え る

:楽

し ま せ る

<そ

の 人 達 は ゲ ー ム を して 気 晴 ら し を し て い た)

BNCに

diVert OneSelfの 例 は あ る 力

,い

ず れ も「方 向1転 換 を す るJ「

を 紛 ら わ せ る 」と い つ た 意味 で あ り ,楽 し む と い う意味 に な つ た 例 は ない . (7)に つ い て

,4人

の イ ン フ オ

ン トの 見 解 を 聞 い た・

(7) Theyご

2・オθご ι力θIコI′θs inノ with playing golf。

イ ン フ オ

ン ト

2人

は 「 こ の よ う な 使 い 方 は 聞い た こ 分 で 使 う こ と は ない 」 と 言 う 。

2人

は 気 晴 ら し を し た とい

と も な い し

,自

う 意 味 で あ れ ば

可 能 だ と 言 う 

(7)の よ う な 用 法 は ,「 楽 し む 」 と い う 意 味 で 使 うこ と は 今 で は 普 通 で は な い と 考 え て よ い

0英

和 大 辞 典 で は((今 は 廃 用))((今 は ま れ))な ど と し て あ げ て ぉ く べ き 語 義 と 用 法の よ う に 思 わ れ る.

6  designの

「 計 画 す る 」 の 意 味

多 く の 英 和 辞 典 は

,動

designに

「計 画 す る 」 の 意 味 を あ げ

,そ

の 語 義

で tO doや

that節

を と る 用 法 を あ げ る もの が あ る 。 い く つ か

,例

を 拾 つ て

み よ う 。

(1) I did nOtピ θSゴβ

72'Ou(Should)have heard it。

(君 に 聞 か せ る つ も り は なか つ た)

(2) I did nOt ∂θsゴβリコthat she(((1主 に 三))Should)oVerhear it。

(私 は 彼 女 に そ れ を 聞 か せ るつ も り は な か つ た)

(3)He′

θSゴ g′ 2θピ オθ

 be a doctor.

(彼 は 医 者 に な る こ と を 志 し た)

(4) He 

σθSゴβリコθご ″θ beCOllle rich.

(彼 は 金 持 ち に な ろ う と 志 し た)

利 用 す る 側 は え て し て 「記 述 が な い 」 こ とが 辞 書 の 不 備で あ る と考 え が ち で あ る が

,実

は 「記 述 が な い 」 方 が 好 ま し い こ と も 決 し て 珍 しい こ と で は な い

.(1)〜

(4)は ま さ に

,記

述 が な い 方 が 好 ま しい 用 法 で あ る 。 英 米 の 学 習 辞 典 で(1)〜 (4)に 類 す る 用 法 を あ げ る もの は な い.

基 本 的 に は

designは

「デ ザ イ ン す る Jの 意 味 で あ り,比 喩的 な 意 味 で「工

夫 す よ う (5)

る 」 で あ る

.し

か も 一 般 的 に は 受 身で 使 な 用 法 が 普 通 で あ る。

ぅ 。 従 つ て

,今

で は(5)(6)の

the interior Of

[BNC]

ょ う に 工 夫 し て

artistS tO England。

(1839)

ン グ ラ ン ドに 招 待 す るつ も り だ つ

Imnligrant r00ms ShOuld be well Ventilated and them SO 

ごθSゴgf2 θご オカ′ι

 they nlay be easily cleaned.

(移 民 の 部 屋 は 換 気 が よ く て 内 装 は 掃 除 が し や す い い な け れ ば な ら な い)

[ maXimulll SWimmlng (6) The d01phiniS Skin iS 

ごθsゴ gリコθご ιθ alC

[BNC]

efficiency。

(イ ル カ の 皮 膚 は 最 大 限の 遊 泳 効 率 を 補 助 す る よ う に で き て い る) ま ず

,OEDlか

ら (1)〜 (4)の 用 法 につ い て 経 路 を た ど つ て み よ う・

OEDl(SV.DESIGN V。

9)に は 「 目 的 と す る

,意

図 す る 」 の 意 味の

designの

用 法 が あ げ ら れ てい る.そ し て ,受 身 で 主 語 の 意 思 を 表 す ‖

be purpOSed,be resOlved,be determlned,be minded‖

な ど と は 異 な り,‖be designed tO dO‖

と ぃ う 受 身 の 形 に な るの は((廃 用))と す る 説 明 が あ る

.そ

し て

,design

doing,design to do,design+節

を と つ た 用 例 が あ げ られ て い る 。 そ れ ぞ れ の 例 の 一 番 新 し い もの を 引 用 す る 。

(7) [Charles]σ

θSゴ g′2θinViting great (チ ャ ー ル ズ は 偉 大 な芸 術 家 を イ た)

(8)ThOSe ObieCtS Which We desigll tO bequeath tO pOSterity。

(1874)

(我 々 が 後 世 の た め に 残 す よ うに 工 大 し た こ れ らの 事 物)

(9) I did nOt ごθSゴ gリyou ShOuld have heard。

(1715)

(私 は あ な た の 耳 に 入 れ る つ も り は な か つ た)

古 い 英 語 で は この よ う な 多1兼 な 用 法 が あ つ た こ とが わ か る 。

cODで

は こ れ を 引 き 継 い で

,1〜 7版

で は

deSign an attaCk,tO dO,

doin g,Or that‖ とい う記 述が あ る

.す

な わ ち

,名

詞 の 目的 語

,tO dO,dOing,

th at節 を と る こ と が 明 示され て い る 。しか し

COD8以

降 の 版 で は 省 か れ た。

『 熟 語 本 位 』は,「 tO dO SOllletllillg企 て る

,志

す ,日 論 む 」と あ り

,tO不

定 詞 の 用 法 だ け を あ げ て い る 。

『 り

T大

1は ,「

目白 勺とす る

企 て る

荘、づ(=purpOSe,intelld)[an aCtiOn,

an attack攻

撃 を 企 て る

/Heご

θSゴg・′tO get On

げ よ う と企 て た 」 の 記 述 が ある 。

in business.事

業 で 一 旗 あ

こ れ か ら の 英 和 辞 典 は,(5)(6)の よ う な 用 法 を あ げ て お くの が 好 ま し い で あ ろ う 。 そ し て

,大

英 和 辞 典 で は

,(1)〜

(4)の よ う な 用 法 に は((廃 用))の

ラ ベ ル が 望 ま し い 。

7  determineの

「 人 に,…す る 決 心 さ せ る 」 の 意 味

0(人

)に 。…す る こ と を 決 心 させ る 」 の 意 味 と さ れ る determine O to dO/

against/fOr.… と い う 用 法 に つ い て 考 えて み よ う

0筆

者 が 調 べ た 限 り

BNC, Wordbanks 

θIコカ θに は こ の よ う な 例 は 見 られ な い .こ れ は ま た 後 に 見 る よ う に

,英

米 の 辞 書 に も 大 辞 典 を 除い て は ほ と ん ど 記 述 の ない 用 法 で あ る 。

Websiteの

検 索 で は

,determined you tO be.…

と い う よ う な 形 が 目 に 付 く. こ れ は 「君 を.… の よ う な 人 だ と 断 定 す る 」の よ う な 意 味 で あ る 。

1例

を あ げ ょ ぅ 。 で き る だ け 原 文 の 意 味 に 添 う よ う な 訳 に し た。

(1).… , She haS  ′θオθ』・五ロゴ′コθご you  ιθ be her Savlor, SOmeOne whO COuld

steal her away from her trOubles.[The QB Times lssue #2 , NightWolf ProductiOns 1999]

(彼 女 は 君 を 救 世 主 だ と 決 め て い る

e困

つ た 状 況 か ら 救 い 出 して く れ る 人 だ と)

そ れ 以 外 に も

,determine O tO dOの

形 は

,ま

れ に 比 較 的 イ ン フ オ

ル な 文 章 ・ 話 し 言 葉 に 見 ら れ る こ と が あ る.

(2)NVas thiS the reaSOn which∂ θ̀θ'コガ ′コθ′you′ θ Send thiS poSting?

(こ れ が 君 に こ の 書 き 込 み を す る 決心 を させ た 理 由 で す か)

tO do,dOing,that。

,a thing or a

cOD(あ

る い は

OEDl)を

そ の ま

『 研 大 』 6で は

,「

vt.3b[し

(3) 

7hat 

∂θιθ′,カコθ′

you 

′θ

 Slgn up

(何 が あ な た に こ の バ ン ド に 入 る 従 つ て

,deterlnille O to dOで

0

わ れ る こ と が あ る こ と は 間 違 い な い 。

persOn to be or dO Something]Jと あ り,

ま 引 き 継 い だ 記 述 に なつ て い る.

し ば

tO dOを

伴 つ て]企 て る

,志

:ごθSゴ g′

with these bands?

こ と を 決 心 さ せ た の で す か)

に 「決 心 を さ せ る

Jと

い う意 味 で 使

し か し

,今

1((ま ))で

,古

い 用 法 の

よ う に 思 わ れ る

.19世

紀 の 文 学 作 品 に は 見 ら れ る こ と が あ る

.そ

の 事 実 を 反 映 し て か,Web。

1913の determineの

語 義 定 義 の 一 つ に 次 の 記 述 が あ る.

(4) To resolve on;to have a fixed intentiOn of; also,tO Cause tO COme

to a conclusion or decision;to lead; as,  カゴ

Sご

θ ιθコ'I″ご カゴ ″θ gθ

ゴコ222θごゴ′オθゴJ/θ

(.… に 決 め る

;は

つ き り と し た 意 図 を 持 つ :ま,

を 持 た せ る :導 く:例 :こ の こ とが 彼 に す ぐ さま 出

)

OED2[sv.DETERMINE 16]に

(5)の 定 義 が あ り

,(6)の

例 力`あ る 。 (5) To decide the course of(a person); to bring to the deternlination,

decision,or resolution(tO do something).

((人

)進

路 を 決 め る ;.… を す る 決 心 ・ 決 定 ・ 決 議 に 至 ら し め る)

(6) [She]took credit to herself for having 

′θιθ』・互2カ

 Shelley 

″θ

travel abroad.(1886)

(彼 女 は シ エ リ ー に 海 外 旅 行 を す る 決 意 を さ せ た 手 柄 は 自 分 に あ る と 言 つ た)

こ れ を 受 け て

,CODlか

ら 第

7版

ま で

 

decide(persOn)tO dO‖ が あ る が,

determine a person against,forは

な い 。

COD8,9で

 

what determined

)アou to do it?‖ に 変 わ つ た 。第 101板 以 降 こ の 記 述 は な く な つ た 。『 熟 語 本 位 』 に は こ の 用 法 に つ い て の 記 述 は な い.

そ の 他

,UED,Web.3,RHD2に

determine O to dOの 用 法 は

WNWD4な

ど の 主 な 英 英 辞 典 に は

deterlnine O tO doを

あ げ る

が, 唯 一

LDELC2に

(7)の 例 が あ る :

(7)Her encouragement′

θオθ′・コカ

me″

θ carry on with the work.

(彼 女 の 励 ま し が 私 に 仕 事 を 継 続 す る 決 心 を さ せ た)

(8)は ヽ4icl■

igan大

学 が 提 供 す る

Modern English Collectionか

ら の1貪

に よ る 。

(8)Ul〕 on this occasio11,hoヽever,an expreSSiOn fell f10onl olle of the

gilllis 〕【i1lsnlell wllich not o11ly ピθ′θ′'″ P′フθ∂nl e ′θ′力Psι the idea of

inte]つfe rill g,but..…

       IEothell(1844)by A.W.Kinglal【

el

心   せ 決   さ は   を

ヽ ぃ

関連したドキュメント