• 検索結果がありません。

OED2(s、

7.Aλ

40ROUS 2c) 

Af〕fecte d 、アitll love towallds one of the

opposite sex; in love, enamoured, fond.Also fig.of things(bOth aS

subject and object of 10ve)。 、アith of"(異 性 に 対 し て 愛 情 を も つ て ;恋 し て , 夢 中 に な つ て

,好

き で

.ま

た 比n念 的 に

,事

(愛 情 の 主 体 に も 客 体 に つ い て も

)に

つ い て も 用 い る 。

ofを

と る )が 出 典 の よ う で

用 例 の 中 で は(20) が も つ と も 新 し い 例 で あ る.

(20)One must be very′

1220ヨυ

S OF a Truth,to search after it at that

Price.(1692)

(人 は 真 理 に 心 を 奪 わ れ て い る に 相 違 し 求 め る か ら に は)

OED2全

用 例 の な か で は

,(21)が

最 新 で あ

(21)A dish‐ designer,and most′

盟 θコ・θυS

な い 。そ れ ほ ど の 代 価 を 払 つ て 捜

る 。

θF.…

Gascon Wlne.

[sv.DISH(1884)]

(皿.の 意 匠 図 案 家 で

,ガ

ス コ ン フ イ ン の 大 の 愛 好 家)

も つ と も こ れ ら の 例 の い ず れ も 人 で は な く

,物

に つ い て 使 わ れ て い る.

CODで

は 初 版 か ら 第

5版

ま で

Inclined t0 10Ve;in love,pertaining to,

10ve"の 定 義 で

,OEDの

定 義

in 10ve"を

引 き 継 い で い る

.こ

れ が 第

6,

7サ板‐

で は 

Inclined to(esIDo SeXual)10ve; in love; of Or pertaining to

love"と い う 定 義 に 変 わ つ た が

in lo、e"は 引 き 継 い だ ま ま で あ る

.そ

れ が 第

8版

で は な く な つ て

Showing,feeling,or inclined to sexua1 10ヽ

e"

の よ う に

amorouSは

「性 愛 」 の 意 味 を も つ こ と が よ り 明 確 に な つ た .『 熟 語 本 位 』 は,「

(Of=enamoured Of,in love with一

誰 に)恋 慕 せ る.」 と し て ,

<be amorous Of=be in love、

ith>の

意 味 と 用 法 を あ げ て い る 。

一 方 ア メ リ カ の 辞 書 を み る と

,Web.3(sv.Aゝ 40ROUS adj.2) in loVe:

ENAMORED一 usu.used with of,formerly with On<力

θゴ

 

θノι力θ gi″ >

<1laturally ― of all that is beautiful―

Sir Thomas Browne>"(恋

し て ,

夢 中 に な つ て 。 通 例

of),古

く は

Onと

伴 に

)が

あ る

.そ

れ を 引 き 継 い だ

MWCD]0に

being in love:ENAMORED―

usu.uSed witll love< 

 

θノ

″力θg・'ノ>"の 例 が あ る 。

WNWD4に

も こ の 語 義 定 は あ げ ら オЪて い る 。

WBD2

に は il■ loVe: Sθ  ′′Pフθ2つθ こS Ar′ ιυ′θ θノ lダ カ ′

̀θ

l′θJ' S力θ ノ 」θぬθS(John D loy d e n)"の 例 が あ る.

時   べ   あ 代

  ル   る

こ の 使 い 方 は

,BrOwne(1605‐ 1682),」 ohn Dryden(1631‐ 1700)の

の 英 語 で あ る こ と は 明 示 さ れ た 出 典 が 示 す 通 り で あ る

.AHD4に

は ラ な し で

He hadわ

θθ′コ′盟 θ2'θこIS θFher since the da)ア they met"の 例 が

― パ ス を 調 べ て み る と

,WordBanks 

θ″ノカ に は 例 が な い が

,BNCに

次 の 古 め か し さ を 感 じ さ せ る 例 が あ る 。

Once Laurence said acidly, 

You are llleant, you l【

now, to be

θ2'θυθF little Lily  You cannot leave all the passion to Polly

and me。

"

,

(22)

(か つ て ロ レ ン ス は 忌 々 し そ

― を 愛 す る 定 め だ

.一

お 前 は に は い か な い 」)

っ た .「 い い か

,お

前 は 幼 い

と 私 に す べ て の 情 熱 を か け る

(8)の イ ン フ ォ ー マ ン ト調 査 の 結 果 を 見 る と

,容

認 す る 人 は 米 英 加 の 20

才 代

,30才

代 の 男 女 合 計

5人

あ る

.そ

の 他 は

,全

く 容 認 で き な い と す る. そ し て

,(8)を

見 た り 聞 い た り す る と

,foreign/unidiolnatic/stilted/

01d‐

fashioned/archaic and stylistically lnarked/poetic/ 19 th century novelと

い っ た 気 が す る と い う 。

ア メ リ カ の 辞 書 が ラ ベ ル な し に あ げ て い る が ,実 際 は こ れ は 古 い 英 語 で, 今 は は ま ず 使 う こ と は な い と 考 え ら れ る

.am Orousは

や は り

  literary of

or expressing sexual desire:amorous adventures"[CDAE](文

性 欲

,性

欲 を 表 す

:amOrous adventures(愛

欲 の 冒 険

))と

い つ た 定 義 か ら も 分 か る よ う に,「 1生愛 」の 意 味 が 強 く

,前

置 詞 を 変 え て He is an10rous witl1/

towards the girl.と

す る と 英 語 ら し く な る が

,  in the mOod for

love‐

nlaking"と

い っ た 意 味 合 い を も つ た め に 良 い 表 現 で は な さ そ う で あ る.代 替 表 現 と し て は や は り He is in loヽアe with tlle girl.が も つ と も 良 い.

4章

は じ め に

語 義 解 釈 と語 義 変 遷

語 の も つ ひ と つ ひ と つ の 意 味 を 語 義 とい う

.語

義 が 変 化 す る こ と は 誰 で も 知 つ て い る 。 だ が

,外

国 語 で あ る 英 語 に つ い て

,ふ

と そ れ を 忘 れ て し ま ぅ こ と が あ る よ う だ 。 辞 書 の 編 纂 者 で も そ うだ し

,英

語 の 教 師 や 学 習 者 に も そ う い う こ と が あ る 。 第

4章

以 下 で は

,英

語 の い く つ か の 語 の 語 義 変 化 と そ れ に 伴 う機 能 変 化 を 考 え る 。 そ し て

,そ

の 変 化 が 辞 書 の 中 で ど の よ う に 扱 わ れ て き た か を 検 討 す る 。

日 本 語 で あ れ ば

,語

義 変 化 は 肌 で 感 じ る こ と が で き る 。 た とえ ば

,若

人 の 「や ば い 」 と い う の が 「す ご い 」 と い つ た 意 味 合 い で 使 わ れ る

.こ

,辞

書 を 見 な く て も わ か る

.し

か し

,英

語 で は そ う は い か な い 。 若 者 こ と ば の coolが 最 近 ど の よ う な 意 味 で 使 わ れ て い る か を 知 る た め に は,普

は 辞 書 で 調 べ る し か な い.

英 語 の

gayと

い う 単 語 の 意 味 が 「陽 気 な 」 か ら「 同 性 愛 」 の 意 味 を も つ よ う に な つ て か ら,「 陽 気 な 」 の 意 味 で

gayを

使 う こ と は 極 め て ま れ に な っ て き た 。 こ の よ う な 意 味 変 化 に 気 付 か ず に 辞 書

,特

に 英 和 辞Jtや 和 英 辞

典 が 製 作 さ れ て い る と し た ら

,そ

れ は 好 ま し く な い.

筆 者 は 語 義 変 化 を

2つ

の タ イ プ に 分 け て 考 え る 。 例 を あ げ よ う.

wifeは

も と は 女 性 一 般 を さ し て い た

.今

で は

husbandの

対 言吾と し て ,

結 婚 し た 女 性 を さ す

.語

義 は 変 化 し た が

,そ

れ ほ ど 使 い 方 が 変 わ つ た わ け で は な い.

不 定 冠 詞 の

aと anは ,も

と は

Oneで

あ つ た 。 こ の こ と は 知 ら な く て も 現 代 英 語 を 話 し た り 書 い た り す る う え で は 何の 支 障 も な い 。 今 で は

a/an

Oneは

別 の 語 に 違 い な い 。 使 い 方 も 随 分 と 違 う 。 お 互 い に 意 味 的 に も 機 能 的 に も 随 分 と 違 つ た 語 に な つ た 。

語 義 変 化 を 考 え る 場 合 ,w ifeの よ う に 語 義 の 変 化 そ の も の が 興 味 あ る 場 合 と

,a/a llと

合 が あ る

.第

4

a/ an 

 oneの

と に す る 。

Oneの

よ う に

,語

義 の 変 化 と と も に 機 能 の 変 化 が 重 要 な 場 章 で は w ifeの よ う な 例 を1及

,第 5章

〜 第

8章

ま で は ,

よ う な

,語

義 変 化 と と も に 機 能 転 換 を 起 こ し た 例 を 扱 うこ

l whiteの

「透 明 な 」 の 意 味

英 和 辞 典 で

,一

般 向 け あ る い は 学 習 辞 典 と い わ れ る もの は

,ほ

ぼ 例 外 な

く 、ア

hiteに

「透 明 な 」 の 意 味 を あ げ て White glassを そ の 例 と す る

.用

例 は な く と も

whiteに

(ガ ラ ス な ど が

)透

明 な 」 の 意 味 を あ げ る も の が 多 い

.そ

れ を 受 け て

,和

英 辞 典 も,「 透 明 な 」 の 見 出 し の も と で

,Whiteを

げ る も の が あ る

.こ

の よ う な 拡 大 解 釈 は と て も 危 険 で

,White paper(白

)で

「透 明 な 紙 」

,a white man(白

人 男 性

)で

「透 明 人 間 」 の 意 味 だ と 言 い か ね な い.

white、

ine(白

ワ イ ン

)は

確 か に

,自

濁 し て い る 白 酒 の よ う な も の で は

whiteが

「透 明 な 」 の 意 味 に な る 可 な く 透 明 で あ る 。 し か し

,そ

れ 以 外 ,

能 性 は 極 め て 低 い と い わ ざ る を 得 な い 。10名 ほ ど の 英 米 加 の イ ン フ オ ー マ ン ト調 査 し た

.そ

の 結 果

,white glassを

「透 明 ガ ラ ス 」 と と る 人 は い な

.

ま た

, LD CE4, coBUILD5, oALD7, MED, CALD2, LAAD 

に は

 white

こ の う ち

,CALD2の

定 義 は 次 の よ う

glassに

関 係 す る よ う な 記 述 は な い 。 で あ る :

(1) used in the name Of Various food and drink products, luany Of which are not pure white but slightly cream, ye1low, grey or transparent

(さ ま ざ ま な 飲 食 物 の 名 前 に 使 わ れ , 少 々 ク リ ー ム が か っ て い た り

,黄

,

あ る)

こ の 定 義 は

,お

そ ら く wl■

ite wineの

よ う な

,成

句 化 し た も の を 意 識 し て 書 か れ た も の で あ ろ う 。

一 方

,Oxford系

の 辞 書 は

,伝

統 的 に

white=transIDarentの

語 義 を あ げ

る 。

SOD5(2b)の

定 義 を 引 用 す る :

(2)Of glass:C010ul・ less;tra1lsIDarellt。

OE.((ガ

ラ ス に つ い て

)無

色 の :

透 明 な 。 こ の 語 義 は

OEか

ら あ る)

C OIDも

伝 統 的 に こ の 語 義 を あ げ て い た が

そ の 多 く は 純 自 で あ る が , グ レ ー あ る い は 透 明 な も の が

loサ1反 に な つ て 初 め て な く な

つ た . (3)

,こ

の よ う な 状 況 が 英 和 辞 典 に も 影 響 を 与 え て い る と 考 え て よ い だ ろ こ の

COD,SODの

語 義 は

, OEDlの 2cの

語 義 に 遡 る :

Colourless, uncoloured, as glass or Other transparent Substance.

(ガ ラ ス や そ の 他 の 透 明 な 物 質 に つ い て,無 色 の,色 が つ け て な い)。

OEDlに

あ げ ら れ た 用 例 は 次 の よ う な も の で あ る :

a. Thousands of little Tダカゴιθ Bubbles filled with VVater。

(1738)

(何 千 と い う 空 気 の 小 さ な 透 明 な 栗 粒 )

b. │ダ

カゴιθ

 glass is introduced here and there lin a stained‐

glass

window]to heighten the effect.(1890)

([ス テ ン ド グ ラ ス の 窓 に ]効 果 を 高 め る た め に あ ち こ ち に 透 明 (4)

な ガ ラ ス が は め 込 ん で あ る)

CODが

出 る 前 の 『 詳 解 英 和 』

(1911)に

は こ の 語 義 は な い が

,そ

れ 以 後

は 『 井 上 英 和 』『 熟 語 本 位 』『 研 大 』 を は じ め

,ほ

と ん ど の 辞 書 に は こ の 語 義 が あ る.

一 方 ア メ リ カ 系 の 辞 書 で は

,RHD2以

外 は

,Web。 3,MwCDll,WNWD4, AHD4な

ど を 含 め て な さ そ うで あ る.

そ れ で は

,実

際 の 用 法 で は ど うだ ろ うか

.BNCか

white glassの 用 例 を あ げ て み よ う.

(5) The ground floor windows were barred like a prison, so nobody cOuld climb in or outo And they Were glazed with Opaque TI′

カゴιθ

g。ノ′

ss so that the lDatients couldn't see out either, nor passers‐

by

see ln.

(一 階 の 窓 は 監 掃tの よ う に 格 子 が は ま つ て お り

,誰

も 窓 か

で き な い

.そ

し て

,不

透 明 な 白 い ガ ラ ス が は め て あ つ て , を 見 た り

,通

行 人 が 中 を 覗 い た り で き な く な つ て い る)

(6)They slammed the anlbulance doors.Tlle windows Were lil【

e the

vindows of the cllildrenis ward 

ヽア

here Bab)7 uSed to be, of :4亀

わゴ″θ

θ・ルss wlliCh you couldnit see through.

(彼 ら 日l救 急 車 の ド ア を バ タ ン と 閉 め た 。 救 急 車 の 窓 はベ ー ビ ー が 以 前 に 居 た 子 供 棟 の 窓 θDよ う で

,外

が 見 え な い 白 い ガ ラ ス だ つ た)

り   外 入   が 出   者 ら   患

(7) At httrs Parvis's, things were often pretending to be other things,

like l〔

rs Parvis saying one thing when she meant another, things were hiding other things, like scrapS Of rug concealing cracks,

Tィアカゴ渉θgノ′ss windows Concealing sick Children.

(パ ル ビ ス 婦 人 の 家 で は

,物

が 別 の 物 に 姿 を 変 え て い る こ と が よ く あ っ た 。 そ れ は ま る で パ ル ビ ス 婦 人 が 言 つ て い る こ と と 意 図 と が 一 致 し な い と い う こ と と 同 じ だ つ た

.絨

毯 が 害1れ 目 を 隠 し

,白

い ガ ラ

ス 窓 が 病 気 の 子 供 を 隠 し て い る よ う に

,物

が 別 の 物 を 隠 し て い た) ち な み に

,イ

ン タ ー ネ ッ ト上 で ‖white glass‖ を 検 索 す る と,「 白 い 色 の ガ ラ ス 製 品 」(ネ ッ ク レ ス 》 指1輸

,な

)の

宣 伝 が 見 ら れ る 。 ど の 製 品 も 透 明 な も の は な い .

BNCに

は ,「 透 明 な ガ ラ ス 」 の 意 味 で 使 つ て い る 可 能 性 が あ る 例 が ひ と つ だ け あ る.

(8) His Voice was SOfter than a goOSe's neck, almost inaudible, and he kept his eyes turned away.liAre we tO rehearse in costume?‖

she asked half apprehensively, thinking of the white chiffon and her own white flesh showing through like milk in 

カゴιθ gノss。

(彼 の 声 は ガ チ ヨ ウ の 首 よ り も つ と 柔 ら か く

,聞

き 取 れ な い ほ ど で, 目 を そ ら し て い た .「 衣 装 を つ け て リハ ー サ ル す るの で す か 」 と 半 信 半 疑 で 聞 い た 。 自 の 薄 布 と

,透

明 な ガ ラ ス コ ッ プ に 入 つ た 牛 乳 の よ

う に 白 い 彼 女 自 身 の 肉 体 が 薄 布 を 通 し て 見 え る こ と を 考え て い た)

こ の よ う な 例 は

,white glassが

「透 明 ガ ラ ス 」 の 意 味 に な る 可 能 性 を 示 唆 す る も の で は あ る が

,明

ら か な 文 脈 の 中 で

,時

に 用 い ら れ る こ と が あ

る と い う程 度 で は な い か と 思 う.

2 fistの

「 手 J「 筆 跡 」 の 意 味

多 く の 英 和 辞 典 は,f・istの 意 味 と し て 「手 」 あ る い は 「筆 跡 」 と い う 語 義 を 与 え て い る 。 こ の 語 義 は

,英

米 の 辞 書 の 相 互 の 影 響 や 系 譜 に つ い て, 改 め て 考 え さ せ る と こ ろ が 多 い 。 前 節 で 扱 つ た

whiteが

「透 明 な 」 の 意 味 で 使 わ れ る か ど う か の 問 題 と 共 通 し た

,辞

書 の 保 守 性 を 見 る 一 方 で

,新

関連したドキュメント