トップPDF biochem 130416 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 130416 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 130416 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– NADH は細胞質からミトコンドリアに「シャトル」(リンゴ酸- アスパラギン酸シャトル)を用いて運ばれる。細胞質オキ サロ酢酸が消費される。 • NADH過剰状態→細胞質オキサロ酢酸、ピルビン 酸減少→糖新生抑制

51 さらに読み込む

biochem 100406 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100406 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

PTE ) • 主に下肢深部静脈( 大腿静脈・ 膝窩静脈など、 体深 部にある静脈) に形成さ れた血栓が遊離し て血流に乗っ て肺に運ばれ、 肺動脈を閉塞し て急性呼吸循環障害を

33 さらに読み込む

biochem 100518 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100518 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

30 グリ コ ーゲン生成・ 分解調節( 1 ) 肝臓 筋 グリ コ ーゲンフ ォ スフ ォ リ ラ ーゼ( 分解酵素) を抑 制: グルコ ース、 ATP 、 グルコ ース 6- リ ン酸 グリ コ ーゲンシンタ ーゼ ( 合成酵素) を促進: グル コ ース 6- リ ン酸

36 さらに読み込む

biochem 100427 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100427 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

21 TCA 回路まと め( 1 ) 1 周する間に、 1 分子アセチル CoA から 3 分子 NADH, 1 分子 FADH2 ができる。 また、 1 分子 GTP ができる。 アセチル CoA 炭素は2 分子 CO2 と し て 消滅する。

35 さらに読み込む

biochem 100420 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100420 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

乳酸デヒ ド ロゲナーゼ 血管に乏し い、 あるいはミ ト コ ン ド リ アを欠く 組織では、 ピルビン 酸多く は最終的に乳酸になる。 たと えば、 眼レンズと 角膜、 腎 臓髄質、 精巣、 白血球、 赤血 球など。

43 さらに読み込む

homework biochem 120710 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120710 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.糖尿病は長期的にはどのような合併症をもたらすか。 5.1型糖尿病では低血糖に対して糖分補給以外に何投与が必要か。 6.2型糖尿病頻度、原因、症状を1型糖尿病と比較して説明せよ。 7.インスリン抵抗性とはどのような状態か。

1 さらに読み込む

homework biochem 120703 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120703 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.7.3 ) 1.血糖値と低血糖症状と関係について説明せよ。 2.アルコールによる糖新生阻害しくみについて説明せよ。 3.インスリンとグルカゴン機能ならびに分泌する細胞について、それぞれ簡潔に説明 せよ。

1 さらに読み込む

biochem 100525 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100525 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– ステロイ ド 環水酸化: 疎水性→可溶性に • コ レステロール水酸化によっ て、 ステロイ ド ホルモン生成中 間体をつく る: 胎盤、 卵巣、 精巣、 副腎皮質 • 胆汁酸合成: 肝臓

35 さらに読み込む

biochem 100601 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100601 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 遊離脂肪酸2 分子と 1 分子 2- モノ アシルグルセロール • C-2. コ レステロールエステル( コ レステロールと 脂肪 酸と がエステル結合し たも 分解 – コ レステロールエステラ ーゼ

55 さらに読み込む

biochem 100615 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100615 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

肝臓へアンモニア輸送 (2) 筋では、 グルタ ミ ン酸デヒ ド ロゲナーゼでアンモニアと α - ケト グ ルタ ル酸から グルタ ミ ン酸を作り 、 さ ら にアラ ニンアミ ノ ト ラ ンス フ ェ ラ ーゼでピルビン酸と 反応さ せてアラ ニンをつく る

63 さらに読み込む

biochem 100608 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100608 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 脂肪細胞で貯蔵 – 筋肉でエネルギー源 – 遊離脂肪酸と し てアルブミ ンに結合し て血流で運ばれる • グリ セロール: 肝臓に運ばれ、 T A G 合成やエネルギー源になる • リ ポプロテイ ン  リ パーゼまたは Apo C-II 欠損症では:

52 さらに読み込む

homework biochem 120605 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120605 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

5.一酸化窒素( NO) はたらきについて説明せよ。 6.ペントースリン酸パスウェイ(経路)主な産物は何か? 7.ペントースリン酸経路を大きく2つに分け、それら部分産物を答えよ。 8.ペントースリン酸経路と解糖系と関係を述べよ。

1 さらに読み込む

medinfo 121211 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121211 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

– 1秒率( FEV1.0%, 最大吸気位から最大努力で1 秒間に呼出することできる呼気量、肺活量 に対する割合) – 拘束性障害(肺活量減少):間質性肺炎など – 閉塞性障害(1秒率減少):喘息など

46 さらに読み込む

homework biochem 120410 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120410 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

基礎生化学 復習資料 (第1回 生体内エネルギー産生 2012/04/10 ) 1.イラストレイテッド生化学第6章「生体エネルギー学と酸化的リン酸化」をよく読み、 次に示す生体内エネルギー産生と利用について文章に対して、空欄にあてはまる言 葉を答えよ。

1 さらに読み込む

biochem 100629 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 100629 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

• Insulin Receptor Substrate (IRS) のリ ン酸 化から 始まる.. 各組織でのグルコ ース輸送の特徴[r]

29 さらに読み込む

biochem 120417 2 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

biochem 120417 2 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

31 日本国民栄養調査(平成 19(2007) 年) にみる成人主要栄養素摂取量 ただし、 BMI 18.5 未満がやせ、 BMI25 以上 が肥満。米国と基準違いに注意。女性 やせ割合増加傾向、男性「肥満」 割合急増に注意。

43 さらに読み込む

medinfo 121204 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

medinfo 121204 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

用語定義 • 毒薬:急性毒性における致死量(その量を投 与されると半数が死ぬ量こと。半数致死用 量・ LD50 とも。後述「劇薬」においても定義同 じ)が、経口投与で体重 1kg あたり 30mg 以下、 皮下注射で体重 1kg あたり 20mg 以下もの を言う。( Wikipedia 「薬事法」より)

28 さらに読み込む

homework biochem 120501 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120501 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012.5.1 ) 1.炭水化物は最終的にどこでどのようにして単糖にまで分解されるか。 2.小腸粘膜上皮が単糖を吸収するしくみについて説明せよ。 3.乳糖不耐症原因、発症誘引、ならびに症状について説明せよ。 4.細胞は何によってグルコースを取り込むか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120515 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120515 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

復習用資料 基礎生化学 ( 2012/5/15 ) 1. TCA サイクルは細胞どこで行われるか? 2.炭水化物は、どのような化合物として TCA サイクルに投入されるか。 3. TCA サイクルでエネルギー産生について述べよ。1分子ピルビン酸からどのよう なエネルギー源ができるか?1分子グルコースに換算するとどれだけか。

1 さらに読み込む

homework biochem 120424 最近の更新履歴  Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

homework biochem 120424 最近の更新履歴 Dr Hishiki's classroom (日紫喜研究室)

4.炭素数が3アルデヒドとケトン例を挙げ、それぞれ構造式を書け。また、それ ら化学式を書け。 5.グルコースとフルクトースように、化学式が同じだが構造式が異なるものどうしを 何というか?

1 さらに読み込む

Show all 10000 documents...