トップPDF トーマス・ロッカー絵本の整理と展望 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

トーマス・ロッカー絵本の整理と展望 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

トーマス・ロッカー絵本の整理と展望 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

念」考えたである 15) 。  そのあとで、彼らに対する自身立場を表している。文章は次ように続く。 When I returned to America’s fi rst wilderness, I didn’t experience it in terms of terror. For me, it was a safe haven from the horrors of modern life. At fi rst, I wandered through the Clove as through the ruins of an abandoned church where an almost forgotten religion had once been practiced. I could no longer see nature the way the nineteenth-century painters had seen it, but with my more scientifi cally-oriented twentieth-century eyes, I began to see it in a new way, ― as complex, interrelated process. (In Blue Mountains) ロッカーは、「アメリカ原初野生」へ足を踏み入れたとき、恐怖というものは感じなかっ た。むしろ、「現代生活脅威から逃れ場所」感じた述べており、19 世紀画家たち
さらに見せる

23 さらに読み込む

関西大学図書館所蔵ちりめん本の整理 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

関西大学図書館所蔵ちりめん本の整理 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ちりめん本は、縮緬布ように細かい皺を施した紙を用い、欧文に訳した日本昔話などに 浮世絵画家たち絵をもとにした多色刷り挿絵を添えて印刷した本で、明治半ば、長谷川 武次郎により刊行されたものが、その中心をなしている。なつかしい昔話という題材はもとよ り、そのしんなり手になじむ布ようなやわらかさ、そして一流絵師による美しい多色 挿絵が相まって、ちりめん本はいまも読者こころを捉えて離さない。もとは、日本国内 人びと、特にこどもたちが外国を学ぶため教科書として意図されたが、その美しさ異国 情緒により、日本にやってきた外国おみやげとして人気を得ることになったようである。  ちりめん本については、石澤小枝子氏が深く研究されており、その著書『ちりめん本すべ て 明治欧文挿絵本』を参考にさせていただき、本学図書館所蔵ちりめん本整理を試み た。石澤氏による、ちりめん本としてもっともよく知られている「日本昔噺」シリーズは 20 冊からなるが、No. 16 に重複があるので 21 冊なっており、また、同じタイトル平紙本も 出版されていた、ということである。さらに、“Enlarged English Edition”として Nos. 21∼25 出版が続き、そのうち、Nos. 23, 24, 25 は、ラフカディオ・ハーンが訳したもので、後に、こ れに二冊が加えられ、箱入りで売り出されることになった。この加えられた二冊うち一冊は、 「日本昔噺」セカンド・シリーズ(第二弾)五冊うち一冊であったようであるが、本学は
さらに見せる

24 さらに読み込む

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「日本の英文学研究」考 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 こうした一連検証作業を通じて、太平洋戦争中日本英文学者中には、己専門領域 を当時日本国家ために積極的に活かすべく、真正面から現実社会向き合い、実社会 深い関わりを求めた者がいたことが判明した。実社会直接接触を希求した英文学者は、 己学問研究を、己専門を、己持てるすべて力を、そして己最大武器も言える英 米事情に関する厖大な博学多識を、時日本社会に対して役立たせよう努めたである。敵 国なった英米文学や文化を専門にしてきた彼ら英文学者にしてみれば、己が持てる力を国 家ために存分に発揮する時機が到来した、大いに興奮し、奮起したであろうことは想像す るに難くない。現実社会直結した、まさに生きた英語英米文学研究存在意義をしんから自 覚し、これこそが実践知性最たるものだ彼らは認識したにちがいない。慶應義塾大学名誉 教授・白井厚が著書『大学における戦没者追悼を考える』(2012)中で、「英語を勉強するこ によって、高いところに立って普通人には見えないところが見えるようになる。敵国文 章をいち早く直接読むことができ、それだけ視野が広がる。敵状況が分かって戦争に勝てる。 だから英語学展望学問であり、戦争に役立つというふうに、論を展開します。そうす る、なんとなくそんな感じもして、英語を一生懸命に勉強できるようになります。海軍は英
さらに見せる

22 さらに読み込む

物語理論と翻訳 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

物語理論と翻訳 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 まず「速度」について考えてみましょう。「速度」は 1) 情景法、2) 要約法、 3) 伸長法、 4)  休止法、5) 省略法五つに分類されます。  たとえば、十分出来事を十分で語る、物語内容物語言説長さは同じです。このよう に、物語内容それを語るにかかった時間が同じだ考えられる場合、その物語言説速度 は「情景法」である言います。しかし、百年続いた戦争をたった一行で「戦争は百年続いた」 書けば、物語言説中で速度は圧倒的に速くなります。その場合、物語言説速度は「要約 法」です。逆に、物語内容としては一瞬出来事でも、物語言説では何頁にも引き延ばすこと ができます。この場合、物語言説速さは遅くなります。これを「伸長法」言います。また、 物語内容としては何も起こっていないにもかかわらず、物語言説だけが存在するという場合が あります。この場合、速度は無限大に遅くなり、これを「休止法」呼びます。逆に、物語内 容としては何かが起こっているにもかかわらず、物語言説ではそれについてまったく語られな い場合、それは「省略法」呼ばれ、速度としては無限大に速くなります。このように、物語 内容物語言説時間長さ関係を「速度」として整理します。
さらに見せる

16 さらに読み込む

母の糸遊び―手芸と絵本のゆたかな出会い― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母の糸遊び―手芸と絵本のゆたかな出会い― 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Mr. Wolf ? ]整理する、表現方法も、扱う内容も、また、対象読者も多岐にわたる、いろい ろな絵本に出会っていたことがわかる。  内容面について言えば、民族として歴史や価値観継承が子ども手に託されるというも が、一つ主流をなしているように思われる。そこには、子どもが手にする機会多い絵本 というメディアを通して、道をつないでいこうする大人期待努力がうかがえる。  表現手段として手芸が用いられる場合については、手作りされた作品には、あたたかみやや わらかさがあり読者に威圧感を与えないということ、そして、用いられる素材質感が、絵本 雰囲気を作り出すに大いに関与している、ということが明らかになった。手芸を選択する ことで、絵本作家は、糸や毛糸、布、紙などさまざまな材料を用い創作に挑む。絵筆代わり に選ばれた材料には制限もあるが、他方可能性も大きい。出来上がった作品には、手芸でしか 生み出すことできない効果が見られる。しかし、表現手段が絵であれ手芸であれ、絵本を読 むと、いや絵本に限らず、どんなジャンルであれ真摯に取り組まれた作品には、共通して感じ られることがある。それは、それぞれ作品を作りだすには、膨大な時間エネルギーが費や されたであろうこと、そして、それが、作品力になっているということである。制作中に、 その作り手こころなかに去来したさまざまな思いが、その作品を深化させているであろ う。それを読み取るには、読者開いた心が必要なる。
さらに見せる

16 さらに読み込む

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

大学における翻訳教育の位置づけとその目標 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

に訳すという作業を通じて、言語「深い処理」ができるようになり、これによって学生 基底言語能力が強化されるとともに、L2 習得が促進されるである。 5 .大学における通訳翻訳教育位置づけ  以上述べたとおり、筆者らは大学における通訳翻訳教育を広い意味で「言語教育」一環 としてとらえ、これを従来英語(またはその他外国)教育を補完するものとして位置付 けている。ただし、筆者ら考える通訳翻訳教育は、単なる語学学習から、これを契機した 「メタ言語能力」養成へという視点において、従来語学科目は大きく異なっている。極限 すれば、仮に(ネイティブスピーカーようにはなれなかったという意味で)英語習得に 失敗したとしても、その学習プロセスを通じて、学生将来にとってより重要かつ本質的なメ タ言語能力を獲得することができれば、外国教育として十分に成功だ考えている。学生が 将来どの分野に進むにせよ、「ことば」に対する鋭い感受性、十分に鍛えあげられた「基底言 能力」を備えていることが、将来、その道プロとして成功するため確かな土台作りにな るからである。反対に、いくら外国で流暢に会話ができるようになったとしても、「ことばへ 意識」や「異文化へ意識」を含めた高度なメタ言語能力が伴っていないすれば、これは 成功は言えないだろう。残念ながら、現在英語教育はむしろ後者道を歩んでいるように 思われる。
さらに見せる

30 さらに読み込む

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ビセンテ・ウイドブロ『北極の詩』(抄) 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

し長く、7 月から 9 月にかけてほぼ三ヶ月に渡っている 3) 。  一時的にせよウイドブロがフランス都を離れたは、パリに迫りつつあった第一次世界大 戦戦火を避けるためで、マドリードにたどり着く前には、トゥール近郊に所在するボーリウ・ プレ・デ・ロッシュで過ごしている。この時、避難生活を共に過ごしたが、リトアニア出身 彫刻家ジャック・リプシッツスペイン出身画家フアン・グリスで、その僻村で彼ら家 族ぐるみ付き合いを持った。『北極歌』冒頭に載る二人友人へ献辞は、その時思い 出に寄せたものである。
さらに見せる

16 さらに読み込む

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

社会科学の目的と「自由」に関する考察 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

その若者が成し遂げたことは、イーグル・イン・ザ・スカイズグループ栄光繁栄に貢献 するが、賛辞は若者に与えられた。捕まえた馬を分配したり、バッファロー肉を分配する栄 光に浴するもその若者であった。そしてその若者貧しい家族は彼武勇を自慢し、居留地 まわりを行進し、彼業績を叫んだ。彼ような息子を得たい思うような指導者たち中から、彼は妻を探した。イーグル・イン・ザ・スカイズ馬を使わせてもらえなければ、 彼は部族評判を上げることはできなかっただろうが、彼に馬を使わせるは慈悲によるもの ではない。その若者がバッファローを捕まえたり、敵馬を獲得したりすることによって、イ ーグル・イン・ザ・スカイズ自負心は若者自負心同じくらい大きくなるである。栄養 が行き届き、乗馬に長けているグループは、あくまでイーグル・イン・ザ・スカイズにとって 有利なである。他グループに属していたブラック・フット族で自分たちリーダーに不満 を抱いている人たちは、イーグル・イン・ザ・スカイズグループに入り、彼栄光にあやか ろうした。イーグル・イン・ザ・スカイズグループは拡大していった。グループ人たち は彼に仕え、彼もまたグループメンバーに仕えた。ある可哀想な若者が襲撃でイーグル・イ ン・ザ・スカイズりっぱな馬を失った時、酋長はそれをなんとも思わなかった。自分馬を 部下に使わせてやることで大きな利益が得られるであれば、たまに馬がなくなったとしても 何とも思わなかった。酋長部下間に相互利益が循環していた。
さらに見せる

16 さらに読み込む

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

キルギス語とロシア語のコード・スイッチングに関するパイロット研究 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

一連会話中で二言語を織り交ぜながら併用する CS は、二言語併用中でも特に動的なも であるいえよう。  ソ連崩壊後旧ソ連諸国では、基幹民族 2) (titular nation)中心国家運営一環として、各 基幹民族を「国家(state language)」として推進する言語政策が実施されてきた。キルギ ス共和国では、国家であるキルギスに加え、ソ連時代に広く普及したロシアが「公用 (offi cial language)」として定められ、首都を中心として現在もなお様々な領域で使用されてい る。すなわち、同国では公的に二言語主義が実施されているである。その一方で、特に行政 や学術分野でキルギス普及が進まない現状が問題視され、語彙整備や辞書出版など、 同言語をあらゆる領域で使用するため取り組みも行われてきた。その過程では、国会議員に 対してロシアを混合せずに「純粋な」キルギスを話すよう要請が行われるなど 3) 、一部で CS がキルギス普及障害として表現される傾向が見られる。このように、CS 現象存在自 体は現地人々によっても広く認知され、言語政策上主要な論点 1 つとなっている。また、 国内外研究者や現地メディア、そして一般人々によってもある種社会現象(キルギス ロシアを混合する話し方)として指摘されてきたが、これまでその実態は、事実上、学術 的に解明されてこなかった 4) 。
さらに見せる

12 さらに読み込む

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

北村 裕先生との四半世紀 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

竹 内   理  我々が敬愛する北村 裕先生が、65 歳定年を迎え、本学をご退職になられる。言葉では言 い表せない、強い寂しさを感じずにはいられない。  北村先生は、お互い前任校時代から数えて、もう 25 年を越えるおつきあいなる。私が まだ 20 代後半、先生が 40 代前半時であった。学会でお会いしたが初めてであったが、そ 素晴らしい英語力には感服するしかない、印象を覚えた。その後、先生が長期留学経 験を一切持たず、日本でのみ英語を学んできたという話を聞き、ふたたび驚いた次第である。 また、ご研究面でも、パソコンという言葉がまだ一般化していない時代に UNIX ワークス テーションを駆使して、まさに外国教育工学という言葉にふさわしい業績を打ち立てられて いた。その後も、ベルギー著名な心理学者 G. d’Ydewalle 先生共著で眼球運動に関する認 知心理学的研究を行われたり、米国 CNN 社契約して英語教育教材を開発されたり、常に フロントランナーとして、面目躍如たる活躍を続けられていた。これらに加えて、恩師大西 昭男先生(関西大学元学長・理事長)薫陶を十分に受け、幅広い分野で深い教養をお持ちで もあった(更にフルート名手でもある)。このように、私からすれば、北村先生は真に仰ぎ見 るような存在であった。その先生、国際研究大会実行委員会メンバーとして、またその後 は、(先生が愛してやまない)関西大学同僚としてご一緒させていただき、間近に接する機会 が持てたことは、後研究者・教育者として人生に大きな影響を与えたことは言うまで もない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井先生との翻訳の仕事 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 ベネディクトが生きた第二次世界大戦前後アメリカ社会は、黒人、ユダヤ人、女性に対す る偏見ばかりでなく、少数民族、敵国民、性的マイノリティーに対する偏見が充満している社 会だった。そのような偏見に対してベネディクトは感情に流されることなく、あくまでもアカ デミックな手法で、偏見は社会が作り出すもので、一つグループ人間が別グループ人 間に勝るは言えないことを淡々論じている。それは、ベネディクトネイティヴ・アメリ カン研究においても、日本研究においても、一貫して保っている姿勢である。そして、ベネ ディクトは自分考えを証明するため努力を惜しまなかった。戦争足音が刻々近づいて いる中、ボアズは懸命にユダヤ人へ差別無意味さを説き、ベネディクトは戦争を引き起こ す社会構造を分析した。彼ら努力もむなしく、アメリカが戦争に突入した時落胆は大き かったに違いない。戦争が終わりに近づく、ベネディクトはアメリカ政府を説得するために よりいっそう科学的な手法で日本人行動パターンを分析し、それを悪決めつけられない理 由を明確にした。当時アメリカ政府がベネディクトやボアズような研究者に耳を傾け、彼 ら意見を少なからず尊重したことは、歴史において幸いなことだ言える。
さらに見せる

3 さらに読み込む

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

国際交流におけるコンフリクトの解決スキル 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

Key words international collaboration, conflict resolution, facilitation skills 1 .ASEP 教育効果  毎年 12 月最終週、中華民国高雄市において、AJET (Advanced Joint English Tele commu- nication) WYMC (World Youth Meeting Committee)が主催し、高雄市政府、國立中山大学、 高雄高級中学、他後援により ASEP (Asian Student Exchange Program)が開催されている。 そこでは、アジア各国(台湾、日本、韓国、インドネシア、マレーシア)から中学・高校・大 学生が集い、ICT を活用した事前交流、2 カ国協同英語プレゼンテーション、対面交流を通じ た国際交流活動が行われている。(昨年度で 11 回目:[http://www.kageto.jp/asep/2010/]参照)  この ASEP による教育効果は、一言でいう「実践による学び奥深さ」である。このこ は、ネイティブ・アメリカンが遙か昔に気づいており、次ような諺として先祖代々語り継 がれている:
さらに見せる

7 さらに読み込む

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

岐路に立つルクセンブルクの3言語主義 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 言語間習熟度に濃淡はあれ、3 言語習得はルクセンブルク人アイデンティティー礎 であり、どの言語を欠かすわけにもいかない。ルクセンブルク人が最も得意な言語はルクセン ブルクであるが、ルクセンブルクを政治・経済・学問領域で本格的に使用するには綿密 なコーパス政策を展開せねばならず、そればかりかフランス語ドイツを主要言語するメ リットが失われることにもなるので損失は大きい。したがって、フランス語ドイツ役割 を減じるような言語政策は国益に反するだろう。言語レベルだけを考えるならば、ほとんど母 として習得が可能なドイツを主要な公用するがルクセンブルク人にとって最も現 実的な選択肢なろう。だが、ドイツに国土を占領された経験を持つルクセンブルク人にとっ て、ドイツ同じ言語を国語することには抵抗感がある。最近では、特に若年層でドイツ態度が好転しており、居心地がいい外国一位にドイツが入っている点は特筆すべきであ る。また、最も得意な言語 2 位にドイツが位置していることを考えるならば、ドイツ 使用域拡大環境が整っていることを示唆している。しかし、憲法が規定するフランス語司 法上優位性、主たる学術言語をフランス語が担う言語教育政策を守り続ける以上、フラン スを上位言語する 3 言語主義は変わらないだろう。特に、EU ではフランス語が英語並 ぶ「作業言語」(working language)として使われているため、EU 主要機関が立地するルク センブルクにとってフランス語を主要言語するメリットは計り知れないものがある。ただし、 ドイツにもフランスにも依存しない独立国であることを示すには、ドイツフランス語バ ランスを取ることが重要になる。ドイツフランス語というヨーロッパ 2 大言語を公的に 使用することで、幅広い通用性を持つインフラを提供しながら国際的な求心力を得るが小国 ルクセンブルク生き方であるからだ。
さらに見せる

14 さらに読み込む

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

フランス語教育に必要とされる文法知識 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

―学習コンセプト  教材学習コンセプトは大きく 2 種類に分けられる。Alphabetix、『話してみようフランス 』、『場面で話すフランス語 1』はフランス語でコミュニケーションを行うことを念頭に編ま れた教材である。特に後二者はそのタイトルが明示すように、フランス語で発信する能力を養 成することを念頭において製作されている。Alphabetix 『場面で話すフランス語 1』では機 能・概念シラバスが採用されている。前者では各課に単一あるいは複数社会的あるいは機能 的コミュニケーション目標(ex. 自己紹介する、注文する、情報を求める)が設定される。後 者では各課に「家族」「持ち物」ような大きな概念テーマがあり、そのテーマに応じて「家族 について話す」「持ち物を言う」などコミュニケーション各場面が展開される。文法要素や 語彙・表現はこれらコミュニケーション目標を実現するため「道具」として配置されてい る。『話してみようフランス語』は機能・概念シラバス他に文法項目がテーマなることもあ る(ex. 6 課:~へ行く、~から来る、8 課:~するつもり、~したばかり)。一方、『ピエール ユゴー』『カジュアルにフランス語』は、実践的な会話練習を取り入れながらも、伝統的 な文法中心学習進度に従って構成された教材である。前者は物語主人公である二人少年 が旅途中で出会う事柄(ex. 3 課:切符がない)が各課会話エピソードとして取り上げら れる。後者は 4 技能養成を重視する傾向に対応するため、「無理なくフランス語基礎がバラン スよく身につく(『カジュアルにフランス語』「はじめに」より)」ことを目標しており、大学 生日常生活場面(ex. 4 課:映画、9 課:キャンパスで)を題材に各課会話が作られてい る。両者ともに会話は日常的で自然なフランス語になるよう配慮されているが、会話テーマ 学習する文法項目や語彙機能・概念的関連性はほとんど見られない。
さらに見せる

25 さらに読み込む

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ある肖像画の物語 ヘンリー・ジェイムズ 著 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

必要はない判断していた。結婚リスク利点をレノックスはよく考慮し、目をよく開 いて結婚するだ。人にはそれぞれ好みがあるし、三五歳ジョン・レノックスは、エベレッ トが見かけどおり女性ではまったくないかもしれない忠告されなければならない年齢では ない。バクスターはこのように、レノックスは二人目妻として可愛いだけ女性 ― 人をも てなしたり、彼金を絵ように美しく使ったりすることに才能ある女性 ― を意図的に選 んだ思い込んだ。バクスターにはこの気の毒な男性情熱真剣な性質については何も 分からなかったし、バクスターが幻想呼ぶものにレノックス幸せがどの程度抱き込まれて しまっているかも分からなかった。彼唯一関心事は仕事を上手く仕上げることだけだっ た。人を魅了するマリアン顔に対して彼が以前持っていた関心おかげで、その分だけ彼 仕事は上手く仕上がった。性格造形におけるあの力、そして、レノックス関心を捉えた現実 あの深さを実際バクスターが肖像画中に吹き込んだことは紛れもない事実だった。しかし それは、彼がまったく意識せず悪意を持たずにしたことだった。バクスター芸術家として 気質が失望を糧にし、喜び苦悩によって脂肪を蓄え、バクスター人として部分に旺盛な 影響力を発揮した。つまり、簡単に言ってしまう、この若い男性は本当意味で芸術家だっ たということである。強力で感じやすい彼性質測り知れない奥深い所で、彼才能は彼交感し、失望諦めという重荷をキャンバス上に移し換えたであった。マリアン ちょっとした関係あと、バクスターは一生愛し続け信頼し続けることができる感じた若い 女性知り合った。この新しい感情によって目を覚まされ力づけられた彼は、古い恋愛によっ てできた不足をよりはっきりした明晰さで埋めることができた。それゆえ彼は心を込めて肖 像画を描くことができた。彼にはそれ以外に何かできることがあるなどエベレットには想像も できなかっただろう。彼は心底から正直に最善を尽くした。その確信は招かれなくても訪れ たし、そのために彼正直さはさらに優れたものなった。
さらに見せる

30 さらに読み込む

ゴードン・スコット・ジョンソン教授 略歴及び主要業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

ゴードン・スコット・ジョンソン教授 略歴及び主要業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

(National Poetry Foundation)この本はフェノロサ平田喜一による能原稿訳文 転写で著者計 15 名 謡曲錦木(pp. 87-130)杜若(pp. 239-261)を担当  学術論文 “The Fenollosa-Hirata Manuscripts on Noh, and How Ezra Pound Edited Them” 単著  昭和 53 年  国際学者会議紀要第二十三号 pp. 49-59

5 さらに読み込む

福井七子教授 略歴および主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

福井七子教授 略歴および主要研究業績 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

「ルース・ベネディクトが遺したもの」(1996)新潟県長岡市特別文化講演会 「ルース・ベネディクト研究をめぐって」(1997)立命館大学言語文化研究所 「『菊刀』著者ルース・ベネディクトからメッセージ」(1999)市整会研修会 テーマ『日本・日本人を探る IV』「『日本人行動パターン』を読む」(2003)中央市民大学教 養講座

4 さらに読み込む

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

母音梯形と母音三角形 ─ 発音指導と評価 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

 伝統的な教授法時代に出版された教科書は、正書法から始まり、文字から発音記号へ、そ して発音記号を「読む」ため発音解説があり、母音発音解説には母音相互関係図が使 われていた。コミュニカティヴ・アプローチに基づいたフランス語教科書として日本で初め て制作された『フランス語 ’90』(1990)は、口頭運用能力養成を主眼した教科書だ。しかし 口頭運用基礎であるはず発音に関する記述はまったくない。この教科書は、文法授業 平行して使用されることを想定して書かれ、発音は文法授業で扱われることが前提なって いる。この時期以降数多く出版された口頭運用ため教科書大半は、発音練習を簡略化ま たは完全に省略している。発音が文法に委譲された顕著な例は、Manuel pratique de langue française(1991)、Grammaire Lecture 2 巻で構成された教科書で発音位置づけに 見られる。Lecture は日本語では「講読編」なっているが、19 課中 17 課まで会話、つまり口 頭運用を中心に構成されている。ところが発音解説は、Lecture ではなく Grammaire 冒頭 にあり、アルファベットを含め、5 ページが割かれている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

日本語教育における学習者コーパスの構築とICLEAJ 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

学習者日本語コーパス CIA 作文コーパス コーパスデザイン ICLEAJ 1 .はじめに 1 . 1  本研究背景  学習者コーパス研究が最も進んでいるは英語教育であるが、1990 年代初頭にはすでに研究 者や EFL 専門家、出版社が電子化学習者コーパス理論的、実践的な可能性を認識し、プロジ ェクトを立ち上げた。学習者コーパスとしては、「ICLE」(International Corpus of Learner English、国際学習者英語コーパス、母語数 16、サイズ 200 万)、「LLC」(Longman Learners’ Corpus、ロングマン学習者コーパス、母語数 20、サイズ 1,000 万)、「HKUST (Hong Kong University of Science and Technology) Corpus of Learner English」香港科技大学学習者英語コ ーパス、入学試験定期試験英作文、サイズ 2,000 万)などがよく知られている。たとえ ば、「ICLE」は 1990 年に始まったプロジェクトで、2009 年に初版 CD ROM(ICLE V1)が、 2009 年に ICLE V2 が公開されたが、上級英語学習者(大学 3 ∼ 4 年生)から一人 500 以上 論説文を集めて編纂された、200 万規模学習者英語コーパスである。筆者らが邦訳した Granger(1998) Learner English on Computer は、同コーパス構築や同コーパスに基づ
さらに見せる

9 さらに読み込む

有余年の大学生活を振り返って 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

有余年の大学生活を振り返って 外国語学部(紀要)|外国語学部の刊行物|関西大学 外国語学部

27 30 有余年大学生活を振り返って 福 井 七 子  関西大学時間は、学問を中心として私生活に彩りを添えてくださった人々おかげで、 非常に恵まれた期間だった。30 有余年にわたって、まったく波風がたたなかった時期がなかっ たは言えない。ルース・ベネディクトという複雑な女性を研究テーマ中心にしたことで、 彼女思想・文化捉え方、また彼女異文化理解に迫ろうもがき続けた年月であった。  研究性質から、私は常に一次資料を求めようした。資料集めがうまくいき、いうより 納得いくまでやり続けたいうべきかもしれないが、そして多く人々に助けられ、これまで あまり研究がなされていなかった分野を少しは明らかにできたではないか思っている。  アメリカには 6 回ほど調査旅行をした。第一回目調査旅行は実に不安な気持でいっぱいで あった。プキプシーにあるベネディクト・コレクションを中心に、エール大学や議会図書館に も出かけた。ニューヨーク図書館では思いもかけなかった資料を得ることができた。結果的 に私心配は杞憂に終わっただが、資料収集だけでは何も発信できない。収集以上に努力が 求められるは、それを読み解き、まるでジグゾーパズルように時間軸を中心に埋め込んで いかねばならない。
さらに見せる

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...

関連した話題