15Vセンサ電源 伝送出力

Top PDF 15Vセンサ電源 伝送出力:

形式 :WYPD 絶縁 2 出力計装用変換器 W UNIT シリーズ パルスアイソレータ ( センサ用電源付 2 出力形 ) 主な機能と特長 パルス入力信号を絶縁して各種のパルス出力信号に変換 オープンコレクタ 電圧パルス リレー接点パルス出力を用意 センサ用電源内蔵 耐電圧 2000V AC 密着

形式 :WYPD 絶縁 2 出力計装用変換器 W UNIT シリーズ パルスアイソレータ ( センサ用電源付 2 出力形 ) 主な機能と特長 パルス入力信号を絶縁して各種のパルス出力信号に変換 オープンコレクタ 電圧パルス リレー接点パルス出力を用意 センサ用電源内蔵 耐電圧 2000V AC 密着

(例:WYPD-D4A2M23N-B/Q) ・入力パルス(例:0~5Hz) DC電圧パルス入力やワンショット出力でパルス幅の設定値な どは、仕様伺書(図面番号:NSU-2276)をご利用下さい。 ・オプション仕様(例:/C01/S01)

6 さらに読み込む

1 目次 1 目次 IO-Link システム概要 電源投入後 IO-Link プロトコル プロセスデータ (PD) サービスデータ (SD) イベント 伝送性能 リトライ QoS

1 目次 1 目次 IO-Link システム概要 電源投入後 IO-Link プロトコル プロセスデータ (PD) サービスデータ (SD) イベント 伝送性能 リトライ QoS

IO-Link デバイスと PLC 間でのデータ交換のために、IO-Link マスタは IO-Link データをフィ ールドバスのエリアにマッピングします。この方法はフィールドバスへの IO-Link マップと いいます。IO-Link マスタが(Figure1 のように)各社のバックプレーンバス経由で PLC に接続 される場合、IO-Link データはバックプレーンバスにマッピングされてから PLC に伝送され るか、あるいは PLC から IO-Link マスタそして IO-Link デバイスに伝送されます。IO-Link マ ップは PROFIBUS、PROFINET、INTERBUS、ASi、EtherCAT 用に規定されています。
さらに見せる

14 さらに読み込む

AD8591/AD8592/AD8594: CMOS 単電源シャットダウン機能付きレール to レール入/出力オペアンプ

AD8591/AD8592/AD8594: CMOS 単電源シャットダウン機能付きレール to レール入/出力オペアンプ

圧を出力します。サンプリング・クロックがLowに転じると、U1-A アンプがシャットダウンしてアンプ出力が高インピーダンスにな り、C1 キャパシタの充電電圧がホールドされます。 U1-B アンプは、C1 へのローディングを防止するユニティ・ゲイ ン・バッファとして使用されます。U1-B の CMOS 入力段の入力バ イアス電流が低いこと、 およびU1-A アンプがシャットダウンにより ハイ・インピーダンス状態になっていることから、ホールド期間の C1 からの電圧ドループはほとんどありません。この回路では、上 は 500 kHz から、下は 1 Hz までのサンプリング周波数が使用でき ます。なお、C1 の値を増加すれば、非常に低いサンプリング・レー トを使用する場合でも、 一段と低い電圧ドループを達成することが 可能です。
さらに見せる

16 さらに読み込む

LT1720/LT レール・トゥ・レール出力3V/5V単一電源、4.5nsデュアル/クワッド・コンパレータ

LT1720/LT レール・トゥ・レール出力3V/5V単一電源、4.5nsデュアル/クワッド・コンパレータ

1つのセンサから短いパルスを検出するためには、多くの場合、 パルス・ストレッチャが必要になります。図20の回路はワンショッ トとして動作し、入力パルス幅を一定の100nsまで伸張します。 ロジックのワンショットとは異なり、このLT1720ベースの回路は トリガするのに100pV-sの刺激信号しか必要としません。 この回路の動作は次のとおりです。コンパレータC1はスレッ ショルド検出器として機能し、コンパレータC2はワンショットと して構成されます。最初のコンパレータは、8mVのスレッショル ドでプリバイアスされ、コンパレータのオフセットとシステムの オフセットを無効にして、入力信号がない場合に L 出力を生 成します。入力パルスはC1の出力を H にし、次いで、C2の出 力を H にラッチします。C2の出力は最初のコンパレータの入 力にフィードバックされ、両方の出力を再生成して H にラッチ します。ここで、タイミング・コンデンサCはRを介して充電を開
さらに見せる

28 さらに読み込む

高機能無停電電源装置(PY-UPAR15)

高機能無停電電源装置(PY-UPAR15)

・高機能無停電電源装置 Smart-UPS SMT1500RMJ 【PY-UPAR15/ PY-UPAR152】 1. 概 要 本製品は主に停電対策を目的とし、サーバ等の負荷に対して電力を供給する無停電電源装置です。 商用電力正常時には商用電力を負荷に供給し、停電時にはバッテリーを動力源とするインバータ出力に切 り替え、負荷に対する電力のバックアップを行います。

9 さらに読み込む

サーバ, ネットワーク環境向け無停電電源装置 A11J ネットワーク対応 19インチラック ネット ーク 19インチ ック 常時インバータ給電方式 UPS 三相 4 線 AC 400 V 系タイプ 入力 / 出力 AC 4 V 出力容量 kva (kw) 15 (13.5)

サーバ, ネットワーク環境向け無停電電源装置 A11J ネットワーク対応 19インチラック ネット ーク 19インチ ック 常時インバータ給電方式 UPS 三相 4 線 AC 400 V 系タイプ 入力 / 出力 AC 4 V 出力容量 kva (kw) 15 (13.5)

ラックへの組み込みおよび設定は,お客さまにて実施してください。ユニットごとにラックサポートレール ※ が必要です。 バッテリ構成を変更することで,バックアップ時間を延長することができます。バッテリ仕様は当社へご相談ください。 ※ラックサポートレールはオプションです。 PDU は商用電源からの入力と,負荷機器への出力を接続するユ

8 さらに読み込む

スイッチング電源の EMIノイズ拡散とそれに伴う出力リプル増大対策における実装評価

スイッチング電源の EMIノイズ拡散とそれに伴う出力リプル増大対策における実装評価

3 第1章 序論 1.1 研究背景と目的 一般に電源と呼ばれるものには家庭内コンセントや電池、バッテリーなど様々なものが 存在するが、それらの電源は直流や交流、高電圧や低電圧、安定や不安定などとその形態も 様々である。よって、これらの電源をすべての電子機器に直接用いることはできず、誤った 接続すると誤動作や故障の原因となってしまう。これより、電源から各電子機器が必要とす る電圧に変換して安定供給しなければいけない。その役割を果たすのが電源回路である。電 源回路は大別するとシリーズレギュレータとシャントレギュレータ、スイッチングレギュ レータの 3 つに分類することができる。シリーズレギュレータは負荷に対して直列に電力 制御素子を接続することで降圧動作が可能となり、リプルノイズが少ないという利点を持 つが、効率が非常に悪い。シャントレギュレータは負荷に対して並列に電力素子を接続した 場合であり、過電流保護回路が不要であるという利点を持つが、シリーズレギュレータと同 様に効率が悪い。スイッチングレギュレータは半導体素子をスイッチとして使用しており、 この ON/OFF 動作によって最小の損失で電力の流れを制御することを基本としている。ま た、インダクタやコンデンサなどの受動素子が使われるが、周波数を高くすることによって 小型化が可能となる。これより、抵抗で熱として電力を消費させ目的の電圧を得るシリーズ レギュレータなどと比較し、高効率化が実現される。さらに、近年の MOS の微細化や集積 回路の発展等の影響を受け、電源回路にも高効率化・小型化が要求されていることから現在 ではスイッチングレギュレータが注目され、多く用いられている。しかし、スイッチングレ ギュレータも利点だけではない。シリーズレギュレータなどではノイズがほとんど発生し ないのに対して、スイッチングレギュレータではスイッチの ON/OFF 切り替え時に電磁妨 害(Electro Magnetic Interference : EMI)ノイズが発生するという問題がある。この EMI ノ イズは周辺の電子機器に干渉し、誤動作や機器の損壊等の悪影響を及ぼす可能性がある。こ のため EMI ノイズの国際規格を作成する CISPR などの様々な規格が存在している 3) 。デ
さらに見せる

64 さらに読み込む

外形図および各部の名称 外形イメージ 番号 名称 1 PWR 2 CAN 3 DC 12V IN 4 CAN コネクタ 5 速度出力コネクタ 6 RS232 出力コネクタ 機能 電源表示 LED です 電源 On で緑色点灯 電源 Off で消灯 また GPS 受信状態表示を

外形図および各部の名称 外形イメージ 番号 名称 1 PWR 2 CAN 3 DC 12V IN 4 CAN コネクタ 5 速度出力コネクタ 6 RS232 出力コネクタ 機能 電源表示 LED です 電源 On で緑色点灯 電源 Off で消灯 また GPS 受信状態表示を

1. 電源ラインを接続(DC または AC アダプタ)します。 2. 本体と CAN モニターツール(多くの場合 D-sub 9pin オスコネクタが用意されていると思われます)を接続します。 3. CAN モニターツールを起動します。 4. PWR LED が緑色点灯し、CAN データを CAN コネクタから送信します。データ送信時 CAN LED は赤色点灯します。 5. PWR LED が赤色点灯の場合は、GPS 受信エラー状態で、CAN データを送信していません。

6 さらに読み込む

NJM78L00S 3 端子正定電圧電源 概要 NJM78L00S は Io=100mA の 3 端子正定電圧電源です 既存の NJM78L00 と比較し 出力電圧精度の向上 動作温度範囲の拡大 セラミックコンデンサ対応および 3.3V の出力電圧もラインアップしました 外形図 特長 出力電流 10

NJM78L00S 3 端子正定電圧電源 概要 NJM78L00S は Io=100mA の 3 端子正定電圧電源です 既存の NJM78L00 と比較し 出力電圧精度の向上 動作温度範囲の拡大 セラミックコンデンサ対応および 3.3V の出力電圧もラインアップしました 外形図 特長 出力電流 10

動作のために推奨容量値以上のCo を、V OUT 端子−GND 端子間に最短配線で接続して下さい。 尚、Co は容量値が大きいほど出力ノイズとリップル成分が減少し、出力負荷変動に対する応答性も 向上させることが出来ます。 また、コンデンサ固有の特性変動量(周波数特性、温度特性、DC バイアス特性)やバラツキを充分に 考慮する必要がありますので、温度特性が良く、出力電圧に対し余裕を持った耐圧のものを推奨 致します。
さらに見せる

13 さらに読み込む

FAセンサ MELSENSOR FAセンサ  |三菱電機 FA

FAセンサ MELSENSOR FAセンサ |三菱電機 FA

I/O 光絶縁型画像取り込みトリガ入力 1点、 光絶縁型汎用入力 1点、 光絶縁型高速出力 4点 ※1 CC-Link IEフィールドネットワークBasicにも将来対応予定です。 ※2 ビジョンセンサが、In-Sight Explorerで設定した時間間隔で、 シーケンサのデバイスの読み取りおよび書き込みを行います。シーケンサがプログラムレスでビジョンセンサの検査結果を取 得できることに加えて、 シーケンサのデバイスをON/OFFすることでビジョンセンサを制御することが可能です。
さらに見せる

24 さらに読み込む

FAセンサ MELSENSOR FAセンサ  |三菱電機 FA

FAセンサ MELSENSOR FAセンサ |三菱電機 FA

※10 ケーブルの質量を含みます。 (注)指定なき測定条件は、コントローラと接続し、電源電圧:DC24V、周囲温度:20℃、サンプリング周期:40μs、平均回数:256回、測定中心距離、対象物体:白セラミック   [MH11H01A0□、MH11H01A1□はアルミ蒸着表面反射ミラー、MH11H01A2□は透明ガラス]、デジタル測定値です。 (注)センサヘッドおよびコントローラの一部機種は、 “外国為替及び外国貿易法” で定められた輸出規制に該当します。輸出または国外に持ち出す場合は、日本国政府の許可が必要です。
さらに見せる

36 さらに読み込む

ユニット MTW SERIES マルチ出力 汎用品 15 60W 3 特長 型名呼称方法 ワイド入力 三出力電源 省資源と環境に配慮した小型 薄型 軽量 安全規格認可 (UL C-UL TÜV) 電気用品安全法準 拠 CE マーク適合 雑音端子電圧 FCC-Class B VCCI-Class B

ユニット MTW SERIES マルチ出力 汎用品 15 60W 3 特長 型名呼称方法 ワイド入力 三出力電源 省資源と環境に配慮した小型 薄型 軽量 安全規格認可 (UL C-UL TÜV) 電気用品安全法準 拠 CE マーク適合 雑音端子電圧 FCC-Class B VCCI-Class B

標準価格( 税別) 円 3,500 特に記載がない場合は、入力は定格入力、出力は定格出力、Ta=25℃時とします。 (*1) 許容入力電圧範囲外での動作は破損の恐れがありますので避けてください。 (*2) 1次サージ電流、25℃、コールドスタート時。電源フィルターに流入する電流は、サージ電流に含みません。 (*3) 入力投入時のオーバーシュートは4%typ。V1 ~ V2 およびV1 ~ V3 はフローティングです。

10 さらに読み込む

形式 :RPPD 計装用プラグイン形変換器 M UNIT シリーズ パルスアイソレータ ( センサ用電源付 ロータリエンコーダ用 ) 主な機能と特長 ロータリエンコーダの 2 相パルス入力信号を絶縁して各種の 2 相パルス出力信号に変換 オープンコレクタ 電圧パルス パワーフォト MOS リレー R

形式 :RPPD 計装用プラグイン形変換器 M UNIT シリーズ パルスアイソレータ ( センサ用電源付 ロータリエンコーダ用 ) 主な機能と特長 ロータリエンコーダの 2 相パルス入力信号を絶縁して各種の 2 相パルス出力信号に変換 オープンコレクタ 電圧パルス パワーフォト MOS リレー R

− ※1、パルス幅変換なしの仕様には付きません。 注1)センサ電源が24V DCで無電圧スイッチ入力のときは、波形整形回路にて 分圧していますので、③−④、⑤−⑥端子間の電圧は約16Vになります。 注2)RS-422ラインドライバ・パルス出力とパワーフォトMOSリレー出力の場合、    マイナスコモンではありません。

9 さらに読み込む

無停電電源装置出力容量 750VA 電源制御ソフトウェアを添付し サーバにインストールすること電源障害時に5 分間以上バッテリー駆動でサーバに給電できること また バッテリー駆動時間以上の電源障害が続く際にサーバが正常終了するよう電源制御ソフトウェア設定すること OS Microsoft Windo

無停電電源装置出力容量 750VA 電源制御ソフトウェアを添付し サーバにインストールすること電源障害時に5 分間以上バッテリー駆動でサーバに給電できること また バッテリー駆動時間以上の電源障害が続く際にサーバが正常終了するよう電源制御ソフトウェア設定すること OS Microsoft Windo

○内田洋行 EduMall 木津川市版(年間 20 万円) ○東京書籍 ソフトウェアライブラリ(年間 15 ポイント)一式 コンテンツを配信するために、セキュリティを確保したシステム・ インフラを構築するものとする。

18 さらに読み込む

無停電電源装置出力容量 500VA 電源制御ソフトウェアを添付し サーバにインストールすること電源障害時に5 分間以上バッテリー駆動でサーバに給電できること また バッテリー駆動時間以上の電源障害が続く際にサーバが正常終了するよう電源制御ソフトウェア設定すること OS Microsoft Windo

無停電電源装置出力容量 500VA 電源制御ソフトウェアを添付し サーバにインストールすること電源障害時に5 分間以上バッテリー駆動でサーバに給電できること また バッテリー駆動時間以上の電源障害が続く際にサーバが正常終了するよう電源制御ソフトウェア設定すること OS Microsoft Windo

・無停電電源装置 出力容量 500VA 電源制御ソフトウェアを添付し、サーバにインストールすること 電源障害時に5分間以上バッテリー駆動でサーバに給電できるこ と。また、バッテリー駆動時間以上の電源障害が続く際にサーバが 正常終了するよう電源制御ソフトウェア設定すること

19 さらに読み込む

実験 試験用電源を選ぶならキクスイの汎用コンパクト電源 & 多出力電源 全機種 高安定でノイズの少ない シリーズレギュレータ方式 デスクトップでの小実験から自動システムへの組込みまで 幅広いニーズにお応えします! 汎用コンパクトタイプ ( 単出力 ) 自然空冷方式だから動作音が静か メータは電圧 電

実験 試験用電源を選ぶならキクスイの汎用コンパクト電源 & 多出力電源 全機種 高安定でノイズの少ない シリーズレギュレータ方式 デスクトップでの小実験から自動システムへの組込みまで 幅広いニーズにお応えします! 汎用コンパクトタイプ ( 単出力 ) 自然空冷方式だから動作音が静か メータは電圧 電

PMC-A シリーズは、小型、高性能な定電圧(CV)/ 定電流(CC)直流電 源です。各種外部リモートコントロール機能を装備しており、GPIB など のコンピュータによるコントロールにも対応できます (要別売オプション)。 研究開発での実験はもちろん、生産、サービス等のエージング用電源、 システム用電源としてユーザの幅広い要求に応えられます。PMC シリー

12 さらに読み込む

瞬時 積算流量指示計 取扱説明書型式 :RDM-300 取扱説明書 瞬時 積算流量指示計 MODEL:RDM-300 シリーズ名計測 出力 入力通信 センサ電源 電源 機 能 RDM-300 表示のみ RK 開平演算機能内蔵 RN リニアライズ機能と開平演算機能内蔵 無記 7セグLED 赤色 GL

瞬時 積算流量指示計 取扱説明書型式 :RDM-300 取扱説明書 瞬時 積算流量指示計 MODEL:RDM-300 シリーズ名計測 出力 入力通信 センサ電源 電源 機 能 RDM-300 表示のみ RK 開平演算機能内蔵 RN リニアライズ機能と開平演算機能内蔵 無記 7セグLED 赤色 GL

出力モード:警報出力出力形式を設定します。 比較・・・・・・表示値が上限、もしくは下限の間、出力します。表示値が上限、 下限の範囲外の時は出力OFFとなります。 保持・・・・・・表示値が上限、もしくは下限になった時に出力します。表示値 が上限、下限の範囲外であってもリセット入力があるまで出力 OFFにはなりません。

49 さらに読み込む

NJW4860 LDO 内蔵 2ch ゲートドライバ 特長 出力ピーク電流 ±1A (peak) 動作電圧範囲 4V to 20V 高速スイッチング tr/tf=15ns/15ns(typ.) at CL=1,000pF 3V / 5V 系ロジック対応 電源出力 5V/50mA サーマルシャットダウ

NJW4860 LDO 内蔵 2ch ゲートドライバ 特長 出力ピーク電流 ±1A (peak) 動作電圧範囲 4V to 20V 高速スイッチング tr/tf=15ns/15ns(typ.) at CL=1,000pF 3V / 5V 系ロジック対応 電源出力 5V/50mA サーマルシャットダウ

エネルギー吸収用のバイパスコンデンサとして、10 F の電解コンデンサを標準としていますが、負荷の特性やアプリケーション環境に応じて これ以上の容量を確保してください。これらのバイパスコンデンサは、VDD 端子の近傍に接続する必要があります。 また、LDOOUT 用の出力コンデンサ C O はレギュレータ内蔵のエラーアンプの位相補償を行うために必要であり、容量値と ESR(Equivalent Series Resistance: 等価直列抵抗)が回路の安定度に影響を与えます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

単一インダクタ多出力電源回路の研究

単一インダクタ多出力電源回路の研究

6 1.2 研究目的 携帯電話では1セルのリチウム電池だけがパワーの源ですが、回路側では CPU、メ モリ、ディスプレイなどの各部分で電圧など必要とする電源仕様が異なる。ここで、 DC-DC コンバータは1つの出力につきインダクタが1つ必要となるが、インダクタは 回路において専有面積が大きいために、その数が増えることは大きな問題であった。そ れで、軽量・低コスト化のために部品点数の削減も重要である。我々は単一インダクタ よりマルチ出力である DC-DC コンバータに注目され、研究を行っている。
さらに見せる

43 さらに読み込む

RL78/G1Eグループ 電荷出力型センサを使用した測定例 アプリケーションノート

RL78/G1Eグループ 電荷出力型センサを使用した測定例 アプリケーションノート

7.3.7 ソースファイル一覧とコード生成機能で出力したコードからの差分 本アプリケーションノートのサンプルコードは、CubeSuite+のコード生成機能で RL78/G1A グループ (R5F10ELE)用のコードを出力し、それを取り込み作成しています。 しかし、RL78/G1A(R5F10ELE)と RL78/G1E(R5F10FME)のレジスタの違い等により、コード生成機能 で出力されたファイルを一部修正しています。表 7.4にコード生成機能で出力したコードからの差分一覧を 示します。なお、RL78/G1A(R5F10ELE)と RL78/G1E(R5F10FME)の詳細な差異については、RL78/G1E ユー ザーズマニュアル ハードウェア編をご参照ください。
さらに見せる

98 さらに読み込む

Show all 10000 documents...