SELENEプロジェクトチーム

Top PDF SELENEプロジェクトチーム:

行政経営研究プロジェクトチーム報告書

行政経営研究プロジェクトチーム報告書

この研究を行うため、平成12年7月に鵜川正樹公会計制度専門委員をアドバイザーに、 「行政経営研究プロジェクトチーム」が職員14名で発足し、約1年半にわたり研究を行 ってきました。 この間、まず、①三重県、長浜市、東京都などの先行事例の研究、②それらの長所短所 の比較、③武蔵野市への導入フレーム、④プロジェクトチームによる評価表作成の試行な ど段階的に検討し、このたび一定の成果としてまとまったので、 「武蔵野市 新しい行政マ ネジメント制度の導入に向けて」として報告します。
さらに見せる

38 さらに読み込む

NII、富士通、名古屋大学のチームがセンター試験模試の数学で好成績 -NII人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」-

NII、富士通、名古屋大学のチームがセンター試験模試の数学で好成績 -NII人工知能プロジェクト「ロボットは東大に入れるか」-

【今後の展開】 NII 、富士通研究所、名古屋大学による数学チームでは、言語処理段階における問題文の表現の仕方 や、数式処理段階での手順の工夫など高度化のための研究開発を進め、自動求解にかかる時間の低減 や現在対応していない単元への自動求解も順次進めて行きます。また、問題文を形式変換する言語処 理の一部で人により補助している部分の自動化も目指して技術開発を継続していきます。

4 さらに読み込む

目次 1. 千葉大学フォーミュラプロジェクトの紹介 千葉大学フォーミュラプロジェクト 1.2. 活動意義 1.3. 活動場所 2. 全日本学生フォーミュラ大会の紹介 大会コンセプト 2.2. 競技種目と配点 年度活動紹介 チーム構成 3.2.

目次 1. 千葉大学フォーミュラプロジェクトの紹介 千葉大学フォーミュラプロジェクト 1.2. 活動意義 1.3. 活動場所 2. 全日本学生フォーミュラ大会の紹介 大会コンセプト 2.2. 競技種目と配点 年度活動紹介 チーム構成 3.2.

SAE®(SAE international 開催)にならって、日本では 2003 年より自動車技術会が主催して開催さ れるようになりました。 学生フォーミュラ大会では、自らが車両を設計・製作し、車両のトータルパッケージを競い合う大 会であり、アマチュア週末レーサーに販売することを想定して車両を製作します。したがって、加速 性能、ブレーキ性能、操作性能、耐久性能等のレーシングカーとしての運動性能が優れているだ けでなく、設計の優秀さや創意工夫、低コスト、安全性やメンテナンス性、またそれらを審査員に伝 えるためのプレゼンテーション能力が要求されます。よって、学生には車両の企画、設計、製作等 のエンジニアとしての経験はもとより渉外、広報、チームマネージメント、コスト管理等の幅広い知識 を身につけることを必要とされ、教室では培うことが難しい貴重な体験を積むことができます。
さらに見せる

18 さらに読み込む

「イーハトーブ地域おこしプロジェクトチーム」活動日誌 平成29年度花日和春号を発行しました(平成30年3月発行) | 花巻市

「イーハトーブ地域おこしプロジェクトチーム」活動日誌 平成29年度花日和春号を発行しました(平成30年3月発行) | 花巻市

市内各地域(花巻、大迫、石鳥谷、東和)の課題解決に 新しい目線で取り組むために、主に都市地域の意欲ある 人材を「協力隊員」として受け入れ、地域の一員として 活動してもらうプロジェクト。任期は3年で、平成27年度 から導入しています。現在、10人の隊員がそれぞれの地 域に入り、中心市街地の空洞化、後継者不足による主要 産業の縮小、少子高齢化や人口減少による地域の活力減 退といった課題に取り組んでいます。

1 さらに読み込む

委 きぼう 組立第 3 便打上げ及び若田宇宙飛行士帰還ミッションの準備状況ーミッション概要について 年 6 月 10 日 宇宙航空研究開発機構 JEM 運用プロジェクトチームプロジェクトマネージャ今川吉郎

委 きぼう 組立第 3 便打上げ及び若田宇宙飛行士帰還ミッションの準備状況ーミッション概要について 年 6 月 10 日 宇宙航空研究開発機構 JEM 運用プロジェクトチームプロジェクトマネージャ今川吉郎

STS STS - - 127 127 の飛行計画の概要(続き) の飛行計画の概要(続き) 5 STS-127 ク オービタ :エンデバー号(OV-105) 搭乗員数 :7名 打上げ(予定) :2009年6月13日午前7時17分 (米国東部夏時間) 2009年6月13日午後8時17分 (日本時間) 帰還(予定) :2009年6月29日午前1時01分 (米国東部夏時間[r]

14 さらに読み込む

都庁ライフ・ワーク・バランス実現 プロジェクトチーム 提言(案)

都庁ライフ・ワーク・バランス実現 プロジェクトチーム 提言(案)

職員からの改善意見 所管局 対応の方向性 担任の授業負担を減らし、生徒の様子を見る 時間を増やす。その結果、カウンセリングが本 当に必要な生徒の発見ができ、いじめや不登 校の防止につながるのではないか。 教育庁 教師が児童・生徒と向き合える時間を確保することは、いじめや不登 校等の防止につながる上で、重要である。 非常勤教員(日勤講師)の勤務日数パター ンが[r]

10 さらに読み込む

事業主のみなさまへ 障害者雇用の みちしるべ 平成 25 年 5 月 新潟県障害者雇用促進プロジェクトチーム

事業主のみなさまへ 障害者雇用の みちしるべ 平成 25 年 5 月 新潟県障害者雇用促進プロジェクトチーム

・新潟労働局(職業安定課、職業対策課、ハローワーク) 新潟県における平成22年の民間企業の障害者実雇用率(1ページ)が 1.57%(全国順位46位)に低下したことを受けて、平成22年から 県内関係機関の連携により「障害者雇用促進プロジェクトチーム」として 障害者の雇用促進を図ってきたところですが、平成24年度においても障 害者実雇用率は1.59%と依然として法定雇用率に遠く及ばず、全国平 均1.69%にも至らない状況でした。
さらに見せる

28 さらに読み込む

証券ポストトレード領域における DLT 情報共有基盤の実機検証プロジェクト ( プロジェクト名 :B-POST) 報告書 2020 年 10 月 30 日 B-POST プロジェクトチーム株式会社日本取引所グループ株式会社証券保管振替機構日本電気株式会社 (IT サポートベンダ )

証券ポストトレード領域における DLT 情報共有基盤の実機検証プロジェクト ( プロジェクト名 :B-POST) 報告書 2020 年 10 月 30 日 B-POST プロジェクトチーム株式会社日本取引所グループ株式会社証券保管振替機構日本電気株式会社 (IT サポートベンダ )

プロジェクトの進め方  証券ポストトレードの業界としての課題をあらためて整理するため、参加企業にアンケートを実施した。  アンケートの結果から課題を取り纏めた上で、参加企業による投票にて3つのユースケースを選定し ※ 課題の詳細確認と将来像の検討を行った。また、その将来像の一部を切り取り実機検証(MVP構築)を行った。

20 さらに読み込む

1. 研究開発課題 多言語音声翻訳高度化のためのディープラーニング技術の研究開発 2. プログラムオフィサー及びプロジェクトチームメンバープログラムオフィサー : 隅田英一郎先進的音声翻訳研究開発推進センター副センター長プロジェクトチームメンバー : 河井恒同センター先進的音声技術研究室室長内山将夫

1. 研究開発課題 多言語音声翻訳高度化のためのディープラーニング技術の研究開発 2. プログラムオフィサー及びプロジェクトチームメンバープログラムオフィサー : 隅田英一郎先進的音声翻訳研究開発推進センター副センター長プロジェクトチームメンバー : 河井恒同センター先進的音声技術研究室室長内山将夫

内山 将夫 同センター 先進的翻訳技術研究室 研究マネージャー 3.プロジェクトの全体像 3.1 目的・ビジョン 国立研究開発法人情報通信研究機構(以下「機構」という。)では、「音声翻訳技術によって、 外国人と日本人が言葉の壁を意識せずコミュニケーションできる社会の実現」を目指し、観光 などの対話で多用される短文とニュースなどで多用される長文の二つに対象を分けて、音声翻 訳技術の高度化のプロジェクトを進めている。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成 20 年度 アンカー工設置のり面の健全性評価に関する研究 平成 2 1 年 5 月 アンカー工設置のり面の健全性評価に関する研究 プロジェクトチーム

平成 20 年度 アンカー工設置のり面の健全性評価に関する研究 平成 2 1 年 5 月 アンカー工設置のり面の健全性評価に関する研究 プロジェクトチーム

・ 研究の背景 「グランドアンカ-設計・施工基準,同解説;地盤工学会」が出版された平成 2 年以 前に施工されたアンカー体(以後「旧タイプアンカー」と呼ぶ)は、防食を重要視し ていなかったため、アンカーの腐食・劣化等によりアンカーが破損し、飛び出し現象 などが見られ、ひいては交通障害を招くおそれがある。特に、鋼棒アンカーにおいて この現象が顕著に見られる。写真 1.1[r]

43 さらに読み込む

総務省北海道総合通信局北海道農業 ICT/IoT 懇談会 北海道経済連合会 スマート農業プロジェクトチーム報告書 ~ 北海道の農業と関連するものづくり産業の発展に向けて ~

総務省北海道総合通信局北海道農業 ICT/IoT 懇談会 北海道経済連合会 スマート農業プロジェクトチーム報告書 ~ 北海道の農業と関連するものづくり産業の発展に向けて ~

このプロジェクトは、東北、関東のプロジェ クトとも連携した統括的なプロジェクトで、 ICTを使って営農支援情報を活用したシステム をつくるとともに、水田作営農の収益の向上を 図ることを目的としている。研究テーマは、以 下の3つで、2017年度から3年間の計画で地 域経済への波及効果も評価する計画である。 ① 水田での水稲・畑作物と野菜生産をつなぐ

19 さらに読み込む

番号 : 国名 : ネパール担当 : 社会基盤 平和構築部運輸交通 情報通信グループ第二チーム案件名 : 補給管理センター及び航空路レーダー管制業務整備プロジェクト終了時評価調査及び航空航法システム運用能力向上プロジェクト詳細計画策定調査 ( 評価分析 ) 1. 担当業務 格付等 (1)

番号 : 国名 : ネパール担当 : 社会基盤 平和構築部運輸交通 情報通信グループ第二チーム案件名 : 補給管理センター及び航空路レーダー管制業務整備プロジェクト終了時評価調査及び航空航法システム運用能力向上プロジェクト詳細計画策定調査 ( 評価分析 ) 1. 担当業務 格付等 (1)

本業務の業務従事者は、技術協力プロジェクトの仕組み及び手続きを十分に把握の上、他の業 務従事者や調査団員として派遣される機構職員等と協議・調整しつつ、評価 5 項目(妥当性、有 効性、効率性、インパクト、持続性)に基づく事前評価に必要なデータ・情報を収集・整理し、 分析するとともに、協力計画策定のために必要な以下の調査を行う。なお、JICA 事業評価におけ る評価基準・手続きについては監督職員より情報提供を行う。
さらに見せる

7 さらに読み込む

資料 1 地震保険制度に関するプロジェクトチームフォローアップ会合 査定の簡素化の検討状況について 平成 27 年 2 月 4 日 一般社団法人日本損害保険協会

資料 1 地震保険制度に関するプロジェクトチームフォローアップ会合 査定の簡素化の検討状況について 平成 27 年 2 月 4 日 一般社団法人日本損害保険協会

・損害認定の適切性と損害査定の迅速性を両立させるという観点から、仮払いの実施の可能性を含めて検討。 ・立会調査の業界共同取組は大規模地震発災時の迅速な保険金の支払のための一つの方法である。今後の 共同調査の拡大に向けた検討を行った上で、実効性のある共同取組の仕組みについて、顧客のニーズも踏まえて検討。 地震保険制度に関するプロジェクトチーム報告書(平成24年11月30日)

8 さらに読み込む

1. 実証実験グループについて 高精度測位社会プロジェクト検討会座長 : 東京大学柴崎教授事務局 : 国土交通省国土政策局 NTT データ 推進検討ワーキンググループ事務局 : 国土交通省国土政策局 NTT 空間情報 屋内地図中間団体検討チーム 運用ルール検討チーム サービス検討チーム 実証実験計画

1. 実証実験グループについて 高精度測位社会プロジェクト検討会座長 : 東京大学柴崎教授事務局 : 国土交通省国土政策局 NTT データ 推進検討ワーキンググループ事務局 : 国土交通省国土政策局 NTT 空間情報 屋内地図中間団体検討チーム 運用ルール検討チーム サービス検討チーム 実証実験計画

2.参加者(企業) 屋内測位アプリケーションの構築を行っている企業・団体。各検討チームご参加各社、過去声がけ した各社。 3.募集方法 事務局から、企業・団体に個別にご相談し、参加申込書をご提出頂きます。 4.参加規約 ・屋内測位と屋内地図の利用を中心とした機能の実験アプリケーションであること。 ・本実験アプリケーションは収益をあげる目的に供しないこと。

23 さらに読み込む

いつでも どこ が正確に 準天頂衛星システム (QZSS) 準天頂衛星初号機 みちびき 宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部 準天頂衛星システムプロジェクトチーム

いつでも どこ が正確に 準天頂衛星システム (QZSS) 準天頂衛星初号機 みちびき 宇宙航空研究開発機構 宇宙利用ミッション本部 準天頂衛星システムプロジェクトチーム

14 Rb 原子 時計 時刻 制御 ユニット シンセ サイザ 搭載 制御 計算機 変調器 増幅器 合波器 時刻 比較 装置 高周波部 TTCサブシステム L1-SAIF ANT テレコマ 航法MSG Kuアンテナ ←周波数制御 位相誤差→ 航法MSG, PRNコード 搬送波 測位信号 時刻比較信号 アップロードデータ JAXA機器 NICT機器 レーザリフレ[r]

21 さらに読み込む

教育行政活性化プロジェクトチーム(平成24年度報告) いわきの復興に向けた教育メッセージ(平成25年度に向けて) | いわき市教育委員会

教育行政活性化プロジェクトチーム(平成24年度報告) いわきの復興に向けた教育メッセージ(平成25年度に向けて) | いわき市教育委員会

学事・就学関係窓口の一元化(奨学金を含む) 文化・スポーツ施策の再編・統合(市民の暮らし向上&交流機能強化) 新たな行政課題に臨時的・機動的に対応=固定の組織ではなくプロジェクトチームでスピーディに処理 ・・・経済教育、公民館のあり方、幼児教育 等

5 さらに読み込む

食育・健康推進プロジェクトチーム(平成24年度報告) いわきの復興に向けた教育メッセージ(平成25年度に向けて) | いわき市教育委員会

食育・健康推進プロジェクトチーム(平成24年度報告) いわきの復興に向けた教育メッセージ(平成25年度に向けて) | いわき市教育委員会

農家のご指導により、空き教室等を活用した野菜栽培 海星高や磐城農高との連携によるプロジェクト 海星高や磐城農高との連携によるプロジェクト 海星高校や地域企業とのタイアップで「かじきカツ」 磐城農業高校とのタイアップ体験を復活

4 さらに読み込む

Facility management 市設建築物におけるファシリティマネジメントの推進 - 平成 29 年度の取組について - 平成 30 年 4 月 資産流動化プロジェクト施設チーム

Facility management 市設建築物におけるファシリティマネジメントの推進 - 平成 29 年度の取組について - 平成 30 年 4 月 資産流動化プロジェクト施設チーム

■ 施設管理者に対する技術的支援の実施 ・施設の運営状況に応じてエネルギーを消費する設備の運転や制御設定の最適化を図るなど、施設管理者に対し て技術的支援を実施している。 【中央区役所・区民センターにおける削減事例】 エネルギー使用量( MJ/㎡)比較 平成28年比 2.0%減 削減された CO 2 排出量 【11.6t】 【平成29年までに導入した手法】 中間期の外気[r]

26 さらに読み込む

Show all 3036 documents...