高齢者層に向けての商

Top PDF 高齢者層に向けての商:

中山間地域における高齢者買い物支援システムの展望 : 宅配を通じた地域福祉実践の展開に向けて

中山間地域における高齢者買い物支援システムの展望 : 宅配を通じた地域福祉実践の展開に向けて

2. 「匹見らくらく便」発足経緯   「匹見らくらく便」は,2011 年 6 月から開始された食材や雑貨注文配達システムである。 益田市匹見総合支所 (旧匹見町役場) ,美濃商工会匹見支所,益田市社会福祉協議会匹見支所が 連携し合い,高齢買い物支援と生活見守りを目的として運用されいるものである。   「匹見らくらく便」導入背景としては,地元 JA 食材宅配サービスから撤退が挙げ られる。匹見町においては,2001 年頃より,地元 JA が食材宅配サービスを行っきた。JA が 1 か月分献立沿ったセット食材を週 3 回,自宅へ届けるというものである。加熱や解 凍で簡単おいしい料理が楽しめるという内容であった。しかし,食材宅配利用数は,高 齢入院や施設入居,死去などで横ばいから減少しはじめ,JA 経営合理化と相まって, 2011 年廃止となった。その際,匹見町において食不安が高まったという背景がある。  住民食へ不安がつのるなかで,市町村合併を契機とした生活課題掘り下げが進められ いた。匹見町は,2004 年 11 月,益田市と美都町と合併した。その後,2008 年 10 月,匹 見町では,町内関係機関で構成される「匹見地域づくり戦略プラン連絡・調整会議」を設置し た。益田市社会福祉協議会匹見支所, JA 西いわみ匹見支所,美濃商工会匹見支所,匹見郵便局, 益田市匹見総合支所 5 機関で構成された 7) 。 「匹見地域づくり戦略プラン連絡・調整会議」は, 地域住民が,匹見地域でよりよい生活を送るためしくみや組織・体制づくりについて検討す る目的で設置された。 「匹見地域づくり戦略プラン連絡・調整会議」は,まず,住民日常 声を丁寧聞き取ることからはじめた。匹見総合支所職員を総動員し,2 名 1 班体制で, 町内全戸を訪問し聞き取り調査を展開した。家族問題,生活課題,地域課題,農地や家屋
さらに見せる

24 さらに読み込む

高齢者のための音声対話システム: 方言への対応に向けて

高齢者のための音声対話システム: 方言への対応に向けて

つい検討を行う. 人工知能分野おける深層学習研究開発進展により,近年,音声認識や機械翻訳性能が飛躍的向上し,Web 上翻訳サービスや AI スピーカ,携帯型音声翻訳機等商品を誰でも安価利用できるようなった.一方,高齢 ため音声対話システムでは,高齢がストレスなく対話を行えるよう高齢が日常使用しいる方言へ対応 を図っおくことが望ましい.しかしながら,深層学習によってこの課題対応するためは,方言毎,機械学習用 大量音声発話データを収集する必要があり,その実現ためコスト負担が大きく,国立国語研究所による諸方言 データベース構築や弘前大学による津軽弁文例データベース構築プロジェクトが進行中であるが,現状では方言へ 対応は十分行われいるとは言い難い ( ) ( ) ( ) ( )
さらに見せる

10 さらに読み込む

高齢者介護の社会化─介護クリークの生成に向けて─

高齢者介護の社会化─介護クリークの生成に向けて─

北素子よると,介護という概念は,何らかの病気や障害を持つ人に対し ,その人行うことができなくなった生活上必要な行為について行う非専 門的な「助け」行為全般を意味することから始まっ,現在では専門的な 知識や技術を伴う生活行動援助を意味しいると述べいる(北,2008: 24)。かつては扶養とよばれたが,今では扶養という言葉は介護という言葉 にとって代わられた。『広辞苑』「介護」という語が採録されたは1983 年第3版からであるし,「要介護高齢」と言う概念そのものが歴史的新しい。そして,介護を必要とする高齢急増と,そのような高齢 生活質向上へ社会的ニーズ高まりから介護福祉士が介護専門職と し国家資格化され,1987年制定された社会福祉士および介護福祉士法 第2条第2項で「身体上または精神上障害があることより日常生活を営む 支障があるにつき入浴,排せつ,食事その他介護を行い,並びにそ 及びその介護に対して介護に関する指導を行うこと」と介護士仕事 は定められた。さらに,2000年施行された介護保険制度によって歴史上 初めて,「要介護高齢」が誕生し,「介護サービス」という準市場下サー ビス商品が成立し,介護を職業とする人々が全国で300万人以上登場し,介 護,事業とワーカー,利用とその家族,現場諸実践などが生まれた である。
さらに見せる

25 さらに読み込む

して住宅を捉え 資金をはじめとしたライフプランを提案してきたが 今後は少子高齢化を見据えた対応も必要となる では 超高齢化社会における高齢者の住宅事情はどのようになっているのか (2) 高齢者向け住宅の多様化と課題 少子高齢化に伴い 一人暮らしの高齢者は急増している 前述の 住宅 土地統計調査 によ

して住宅を捉え 資金をはじめとしたライフプランを提案してきたが 今後は少子高齢化を見据えた対応も必要となる では 超高齢化社会における高齢者の住宅事情はどのようになっているのか (2) 高齢者向け住宅の多様化と課題 少子高齢化に伴い 一人暮らしの高齢者は急増している 前述の 住宅 土地統計調査 によ

融資残高が減っいくに対し、リバースモーゲージは残高が増えいく。 リバースモーゲージは、1981 年東京都武蔵野市で最初導入されたが、その後地 価下落によりすぐ普及せず、2002 年厚生労働省が打ち出した「長期生活支援資 金貸付制度」として、主生活困窮を対象とした都道府県社会福祉協議会を主体と し利用されいるとどまり、公的制度としては目立った実績をあげいない。一方、 民間金融機関では、対象物件住まなくも資金が調達できる東京スター銀行や、高齢 向けリフォームローンなど3種類商品を揃えた中央三井信託銀行加え、群馬銀行 がリバースモーゲージ取扱い参入。信託や財務管理などを手がける朝日信託が信金 中央金庫と業務提携によりリバースモーゲージ信託を手がけいる。中央三井信託銀 行は、同行遺言信託とあわせ利用する仕組みとなっいる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

高齢者向けお菓子「三色さつマフィン」の開発

高齢者向けお菓子「三色さつマフィン」の開発

摂取量目標値を、健康維持観点から1日 350g以上と 定めおり、その目標値達しいたは、60 歳代男性のみ であったので、まだまだ高齢を含め各年齢で、野菜を食 べる努力が必要である。また、食塩摂取量については、若い 世代比べ高齢ほうが食塩を多く摂取しいた。日本人 食事摂取基準(2010 年版) 5) 食塩摂取目標量は、成人男 性で 9.0g未満、成人女性で 7.5g未満と定められいるが、60 歳代男性では 4g、60 歳代女性では 3g以上、目標量を超 えいた。食塩過剰摂取は、高血圧症をはじめ、胃がん、動 脈硬化症、脳梗塞など生活習慣病発症原因なるとされ いるので、 今後、 高齢に対して早期減塩対策が望まれる。 運動については、高齢において、運動習慣ある割合や 体重を減らそうと運動する割合は、男女とも高く、60 歳代男 女は、いずれも 20 歳以上成人全体平均を上回り、若い世代 より運動するが多かった。また、2010 年、文部科学省が公表 した平成 21 年度「体力・運動能力調査概要及び報告書」 11) で、65 歳以上高齢体力・運動能力が、この 10 年ほど向 上を続けいることが明らかとなった。特に、筋力や脚力、バ ランスや柔軟性など体力・運動能力は、若い世代よりも向上 が顕著であった。運動することは、体内でエネルギー消費を 高め、肥満解消もつながる。運動好き高齢が増えるこ とは生活習慣病予防という視点からも、 喜ばしいことである。 余談ではあるが、少子高齢化が進む中、今や定年退職後運動 好き高齢はスポーツ市場格好ターゲットとなっいる と聞く。高齢向けスポーツ産業は、はますます拡大一途 をたどり、今後、経済牽引役なると見方がある。
さらに見せる

11 さらに読み込む

高齢者の住まいに係る社会背景 高齢化が急速に進む中で 高齢者の単身者や夫婦のみの世帯が急増しており 介護 医療と連携して 高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することが重要である 一方 高齢者住宅の供給は 欧米各国に比べて立ち後れている状況である 国土交通省 厚生労働省共管の制度として 高齢

高齢者の住まいに係る社会背景 高齢化が急速に進む中で 高齢者の単身者や夫婦のみの世帯が急増しており 介護 医療と連携して 高齢者を支援するサービスを提供する住宅を確保することが重要である 一方 高齢者住宅の供給は 欧米各国に比べて立ち後れている状況である 国土交通省 厚生労働省共管の制度として 高齢

四国地方におけるサービス付き高齢向け住宅供給状況 四国4県におけるサ付き住宅は、制度がはじまっ約1年経過した平成24年12月時点で 約4,000戸が供給されいます。 県別状況を見ると、愛媛県で最も多く供給されおり、次いで徳島県、香川県、高知県 順番となっいます。

12 さらに読み込む

「少子高齢化地域における高年齢者雇用促進と若年層雇用との競合性について-長崎県を題材に-」

「少子高齢化地域における高年齢者雇用促進と若年層雇用との競合性について-長崎県を題材に-」

係数 標準誤差 係数 標準誤差 係数 標準誤差 60~64歳男性労働割合 -17.0468 * 10.06935 -20.3859 * 12.11944 -21.5121 * 11.79031 55~59歳男性労働割合 13.33211 13.90599 16.01449 16.7372 25.96443 16.28267 法改正後ダミー×60~64歳男性労働割合 2.474145 4.531818 3.231005 5.454481 5.462035 5.306353 法改正後ダミー×55~59歳男性労働割合 -6.73181 4.733709 -7.92953 5.697476 -9.3666 * 5.542749 企業規模1000以上割合 0.009592 1.893161 -0.97511 2.278603 0.826693 2.216722 企業規模300人以上割合 1.714138 2.570579 1.473222 3.09394 3.011355 3.009917 企業規模100人以上割合 -0.07976 1.848195 -0.61811 2.224481 1.381639 2.16407 企業規模30人以上割合 -2.17046 1.683921 -2.62816 2.026762 -2.14253 1.971721 企業規模5人以上割合 -2.84529 1.84175 -3.4726 2.216724 -2.55311 2.156524 高齢化率 2.646479 2.832445 2.623738 3.409121 4.26122 3.316539 パートタイム割合 0.955721 2.045144 1.84228 2.461529 -0.1593 2.394681 採用数増加率 -0.49059 0.393361 -0.4402 0.473448 -0.62894 0.460591 常用労働割合 -0.16621 1.570165 -0.19996 1.889845 -0.31476 1.838522 欠員率 -0.06604 0.086794 -0.03954 0.104466 -0.15105 0.101629 北海道割合 17.1452 28.58111 24.68456 34.40013 21.45768 33.46592 東北地方割合 20.79627 31.5184 29.20542 37.93544 26.03788 36.90522 関東地方割合 19.49842 29.49987 27.68741 35.50594 24.12103 34.5417 中部地方割合 21.31532 31.08138 29.9487 37.40944 25.61584 36.39351 近畿地方割合 17.15366 28.69838 25.38464 34.54127 21.70113 33.60323 中国・四国地方割合 21.48803 29.89928 29.43855 35.98668 27.34844 35.00938 九州地方割合 22.53566 30.24153 31.15472 36.3986 26.78839 35.41012 月例給上昇率 -0.4725 1.390989 0.105366 1.674189 -1.44737 1.628723 特別給上昇率 0.38709 0.444566 0.21003 0.535078 0.678578 0.520547 産業ダミー(不動産業、物品賃貸業) 0.279342 0.478399 0.395453 0.575799 0.211669 0.560162 産業ダミー(医療福祉) -0.39144 0.517937 -0.43552 0.623388 0.053782 0.606458 産業ダミー(卸売業、小売業) -0.34779 0.391651 -0.47619 0.47139 0.045897 0.458589 産業ダミー(宿泊業、飲食サービス業) -0.50699 0.826811 -0.92197 0.995147 0.504691 0.968122 産業ダミー(建設業) 1.022053 0.883732 1.199168 1.063656 0.826285 1.034771 産業ダミー(情報通信業) 0.021253 0.983395 0.185378 1.18361 0.227644 1.151467 産業ダミー(教育、学習支援業) -0.36208 0.833012 -0.55923 1.00261 -0.08595 0.975382 産業ダミー(製造業) -0.43166 0.365573 -0.45811 0.440002 -0.40385 0.428053 産業ダミー(複合サービス事業) -1.37007 *** 0.500772 -1.30017 ** 0.602727 -1.69029 *** 0.586359 産業ダミー(運輸業、郵便業) -0.03566 0.275632 0.029688 0.33175 -0.28052 0.322741 産業ダミー(金融業、保険業) -0.43833 0.818123 -0.14105 0.98469 -0.39853 0.957949 産業ダミー(鉱業、採石、砂利採取業) 0.166966 0.762136 0.323321 0.917304 -0.59229 0.892393 産業ダミー(電気・ガス・熱供給・水道業) -1.14499 0.827778 -1.13206 0.99631 -1.37475 0.969254 産業ダミー(産業計) -0.23319 0.323935 -0.30721 0.389888 -0.00332 0.379299 年次ダミー(2012年) 0.016261 0.084097 0.009516 0.101219 0.073012 0.09847 年次ダミー(2013年) 0.766524 * 0.429924 0.889101 * 0.517455 0.860647 * 0.503403 年次ダミー(2014年) 0.781065 * 0.430514 0.894154 * 0.518166 0.90287 * 0.504094 年次ダミー(2015年) 0.805772 * 0.439153 0.946582 * 0.528563 0.930297 * 0.514209 定数項 -20.0397 31.43663 -27.8647 37.83702 -26.5237 36.80948
さらに見せる

45 さらに読み込む

高齢者の生活態様が体力に及ぼす影響 : 高齢者の生活の質(QOL)の向上に向けて

高齢者の生活態様が体力に及ぼす影響 : 高齢者の生活の質(QOL)の向上に向けて

In the experiments of the present study, it was confirmed that the distance of a 6-minute walk, as an indicator of physical strength, contributes significantly to[r]

7 さらに読み込む

韓国における低所得層高齢者の生活史からみる不安定就労と居住の不安定性

韓国における低所得層高齢者の生活史からみる不安定就労と居住の不安定性

韓国における低所得高齢生活史からみる 不安定就労と居住不安定性 朴 仁淑 ⅰ ,孔 常吉 ⅱ  本稿目的は,韓国における低所得高齢生活史把握を通して,社会経済変動が低所得高齢 貧困創出過程与えた影響と現在生活と関連性を明らかすることである。さらに,低所得高齢 が不安定就労と居住不安定状況陥った背景を考察することである。面接調査結果,以下ことが明 らかなった。植民地という時代背景と農村疲弊,貧しい家庭環境により教育が受けられず,家政婦, 行商や露天商,零細工場労働という就労不安定状況置かれた。また,低賃金では大都市で安定し た住居が確保できず,高齢入っも頻繁な住居移動をしいる。さらに,家族関係においては,離婚 か若くし夫と死別し子どもがいない,あるいは貧困連鎖により子どもも不安定な就労と居住状況が 続いいるため,家族扶養は期待できない状況ある。しかしながら,激しい社会経済変動が続く中で, 社会保障制度,労働政策,住宅政策など対応が遅れたため,状況は改善されず,高齢入っも生活 困難が続いいる。
さらに見せる

22 さらに読み込む

地域高齢者に対する転倒予防のためのフットケア習得に向けた健康教室の効果 (研究ノート)

地域高齢者に対する転倒予防のためのフットケア習得に向けた健康教室の効果 (研究ノート)

フットケアの継続に向けた対策 0歳の高齢者への 北村ら 9の報告によると,平均年齢 8 介入では, U p&Goテストの測定値が 1 3秒から 1 1秒 に 有 意に改善した。しかし,この場合,介入間隔は 1ヵ月毎 であった。今回の検討では,対象者の平均年齢が北村ら 9の報告よりも 7 歳若いにもかかわらず,十分な効果を 示さなかった。この原因として介入間隠が考えられる[r]

7 さらに読み込む

目次 1 はじめに 本マニュアルで記載する内容 ログイン方法 ワンタイムパスワード生成アプリケーションソフトのインストール... 5 VIP Access Desktop(Windows 版 ) のインストール方法... 6 VIP Access D

サービス付き高齢者向け住宅の登録制度の概要 バリアフリー化や居住者への生活支援の実施等の基準を満たす住宅について都道府県等が登録を実施 サービス付き高齢者向け住宅の登録制度は 高齢者の居住の安定確保に関する法律 ( 高齢者住まい法 ) の改正により 平成 23 年 10 月に創設 料金やサービス内容

(市町村高齢居住安定確保計画制度化、計画策定マニュアル整備 等) ・計画等基づく 立地誘導促進 (整備補助に当たり市町村まちづくりと整合確保) ・計画策定等における 分野間連携促進 (福祉部局等と連携をマニュアルで明確化、担当会議開催 等) ・ 空き家 を活用した 低所得高齢向け住宅 供給(空き家を活用した低廉な住宅供給仕組み検討、住居費支援等) ・ 居住支援 充実 (居住支援協議会取組推進、見守りサービス提供等係るモデル的な取組み支援 等)
さらに見せる

41 さらに読み込む

1. 店頭応対時間の短縮に向けた取組 2. わかりやすい料金プランに向けた取組 3. 高齢者に向けた取組 4. 利用中のご契約者に向けた情報提供 2018 NTT DOCOMO,INC. All Rights Reserved. 1

1. 店頭応対時間の短縮に向けた取組 2. わかりやすい料金プランに向けた取組 3. 高齢者に向けた取組 4. 利用中のご契約者に向けた情報提供 2018 NTT DOCOMO,INC. All Rights Reserved. 1

7.ドコモ料金体系 ■多様なニーズ合わせ様々なお客様還元を実施しきたが、料金プランが複雑で分かりにくいというお 客様声をいただいいることから、新たな料金プラン検討を進めいく。 利用が 多い

22 さらに読み込む

第6章 計画の推進に向けて 江別市高齢者総合計画(平成30年度~平成32年度) | 北海道江別市公式ウェブサイト

第6章 計画の推進に向けて 江別市高齢者総合計画(平成30年度~平成32年度) | 北海道江別市公式ウェブサイト

ʼᜱ̬ᨖඥƷોദƴǑǓŴ᭗ᱫᎍƷᐯᇌૅੲǍ᣻ࡇ҄᧸ഥƷӕኵǛਖ਼ᡶƢǔƨNJƴŴ2&%# ǵǤǯȫ è Ǜ෇ဇƠƨ̬ᨖᎍೞᏡƷࢍ҄ƷˁኵLjƕᅆƞǕƨƜƱƔǒŴƜƏƠƨˁኵLjǛ෇ဇƠŴ ǑǓјௐႎƳӕኵƷਖ਼ᡶƴѐNJLJƢŵ. ͤ㹎㹂㹁㸿ࢧ࢖ࢡࣝ࡜ࡣࠊィ⏬ࡢ❧᱌࠿ࡽホ౯࡟⮳ࡿࡲ࡛ࡢ㐣⛬࡜ࡋ࡚ࠊィ⏬㸦3ODQ㸧ࠊᐇ⾜㸦'R㸧ࠊホ౯ 㸦&KHFN㸧ࠊᨵၿ㸦$FWLRQ[r]

3 さらに読み込む

JAIST Repository: 地域包括ケアシステムの実現に向けた在宅高齢者の見守りシステムの提案

JAIST Repository: 地域包括ケアシステムの実現に向けた在宅高齢者の見守りシステムの提案

第 6 章 結論 6.1 SRQ へ回答 Ø SRQ1 :地域包括ケアシステムに対する情報システム課題は何か? 地域包括ケアシステムは、自宅・医療・介護・予防・生活支援サービ スが一体的提供される。現在は、医療電子カルテ情報システムや介護 施設ケアマネジメント情報システムがある。しかし、在宅生活支援・ 介護予防に関する情報システムがない。つまり在宅見守り、生活支援情 報システムが必要である。このためは、ケア対象情報を収集し、共 有・活用できるシステム、既存病院システムや介護システムと連携が できるシステムが必要である。
さらに見せる

60 さらに読み込む

JAIST Repository: 地域包括ケアシステムの実現に向けた在宅高齢者の見守りシステムの提案

JAIST Repository: 地域包括ケアシステムの実現に向けた在宅高齢者の見守りシステムの提案

Various business people related to elder people care system such as doctors or care managers join this activity and discuss about the desirable vision of the Integrated Co[r]

3 さらに読み込む

「旧高齢者向け優良賃貸住宅制度が介護保険に与える影響について」

「旧高齢者向け優良賃貸住宅制度が介護保険に与える影響について」

介護認定集住度係数符号は,住宅数推定では負であり,持ち家・借家数推 定では正であった.ただし,どちらも予想通り統計的有意ではなかった.2SLS で推定 した場合も同様結果であり,どちらも統計的有意ではなかった. その他説明変数では総人口は有意係数となっおり,高齢千人当たり要介 護・要支援認定数,人口千人当たり介護保険施設定員数は有意係数となっい る.これら符号は 4.1 節で推定した高優賃管理戸数分析と同様結果である. この結果から,住宅バリアフリー化は,介護事業費減尐有意な影響を与えお り,東京都・神奈川県・千葉県・埼玉県データでは,他条件を一定として各市区町 において専用住宅高齢ため設備がある確率を 1 単位(即ち 100%)上昇させる と高齢一人当たり介護給付額を約 27,280 円減尐させることを示しいる.つまり, 1%上昇させた場合は約 272 円減尐させる.さらに,持ち家については 1%上昇させる と介護給付費を約 698 円減尐させることを示しいる.
さらに見せる

22 さらに読み込む

建築行政のホームページ 長崎市│サービス付き高齢者向け住宅

建築行政のホームページ 長崎市│サービス付き高齢者向け住宅

3)共用サービス施設等付属用途判断について サービス付き高齢向け住宅又は有料老人ホーム(以下、「住宅等」という。)設置する 当該住宅等居住ため共用サービス施設(浴室、食堂及びその管理を行う事務所等)以 外で、当該住宅等居住以外に対してもサービス提供を行う施設用途(老人ディサービスセ ンター等老人福祉施設等)を設置する場合は、その施設用途と住宅等複合用途建築物とし 取扱うものとする。
さらに見せる

4 さらに読み込む

施設生活高齢者の安全確保に向けた介護・看護専門職の連携と協働

施設生活高齢者の安全確保に向けた介護・看護専門職の連携と協働

③発生場所 表 5 の発生場所別件数では、「居室や食堂で全体の 80 %以上を占めている。浴室や便所よ りも、普段生活しているベッド付近に転落や移乗時のずり落ちなどの危険因子が多くあるこ とを介護者は理解し、利用者の日常状態の把握が求められる。 4)種別 事故の内容 表6-1の事故の内容では、転倒、ずり落ち、転落で 95 %以上の件数を占める。発生場所.[r]

22 さらに読み込む

①30報道発表資料(高齢者向け訓練のプレスリリース)局長

①30報道発表資料(高齢者向け訓練のプレスリリース)局長

※ 「職業訓練受講給付金」は、支給単位期間(原則1か月)ごと支給します。 (「支給単位期間」とは、原則訓練開始日を起算日として1か月ごと区切った個々期間ことを指します。支給単位期間が一つ終わる ごと、ハローワークが指定した日ハローワーク来所し、「職業訓練受講給付金」支給申請と職業相談を行います。) ※ 支給単位期間における日数(支給単位期間うち、「職業訓練受講給付金」対象となる日数)が28日未満場合は、支給額を別途 算定します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

第 4 高齢者虐待の防止 早期発見及び早期対応の 仕組みづくりに向けた課題と提言 Ⅰ 家庭内における高齢者虐待防止対策 1 高齢者虐待の定義養護者がその養護する 65 歳以上の高齢者に対して行う次に掲げる行為をいう 1 身体的虐待高齢者の身体に外傷が生じ 又は生じるおそれのある暴行を加えること (

第 4 高齢者虐待の防止 早期発見及び早期対応の 仕組みづくりに向けた課題と提言 Ⅰ 家庭内における高齢者虐待防止対策 1 高齢者虐待の定義養護者がその養護する 65 歳以上の高齢者に対して行う次に掲げる行為をいう 1 身体的虐待高齢者の身体に外傷が生じ 又は生じるおそれのある暴行を加えること (

一方、虐待問題対策をはじめ福祉全般施策が、今後一層実りあるも となるためは、これ取り組む人材確保が重要な鍵をにぎっい る。 こうした見地立ち、本委員会では、行政における福祉分野専門的 職員育成・確保や資質向上とともに、地域において大きな役割を担っ いる、民生委員・児童委員はもとより、NPO、地域住民など県民 力を結集し取り組むべきであるという認識で一致した。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 10000 documents...