阻害剤を投与中あるいは投与中止後

Top PDF 阻害剤を投与中あるいは投与中止後:

使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) 本剤はアセチルコリンエステラーゼ阻害剤であり コリン作動性作用により以下に示す患者に対しては症状を誘発又は増悪する可能性があるため慎重に投与すること ⑴ 洞不全症候群 心房内及び房室接合部伝導障害等の心疾患のある患者 迷走神経刺激

使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) 本剤はアセチルコリンエステラーゼ阻害剤であり コリン作動性作用により以下に示す患者に対しては症状を誘発又は増悪する可能性があるため慎重に投与すること ⑴ 洞不全症候群 心房内及び房室接合部伝導障害等の心疾患のある患者 迷走神経刺激

〔線条体のコリン系神経亢進することにより、 症状誘発又は増悪する可能性がある。〕 2.重要な基本的注意 ⑴本投与により、QT 延長、心室頻拍(torsades de pointes含む)、心室細動、洞不全症候群、洞 停止、高度徐脈、心ブロック(洞房ブロック、房 室ブロック)等があらわれることがあるので、特 に心疾患(心筋梗塞、弁膜症、心筋症等)有する 患者や電解質異常(低カリウム血症等)のある患者 等では、観察十分に行うこと。
さらに見せる

8 さらに読み込む

験での投与量は mg/m 2 であり 腎機能に応じて投与量を決定できるカルバートの式が定着する前であったため 過少投与による治療効果不足 もしくは過量投与による予想以上の有害事象発現による治療中止などばらつきが見られ プラチナ製剤を効率的かつ安定して投与できていたとは思われない さら

験での投与量は mg/m 2 であり 腎機能に応じて投与量を決定できるカルバートの式が定着する前であったため 過少投与による治療効果不足 もしくは過量投与による予想以上の有害事象発現による治療中止などばらつきが見られ プラチナ製剤を効率的かつ安定して投与できていたとは思われない さら

Primary endpoint である OS の主たる解析において TC 療法の TP 療法に対する非劣性は検証されたが、 プラチナ(ほとんどがシスプラチンによる CCRT)投与既往のない患者のサブグループ解析では TP 療法が TC 療法に優っていた。同様の報告として、GOG169 試験(シスプラチン単 vs. TP 療法)、および JCOG0505 開始直前に公表された GOG179 試験(シスプラチン単 vs. トポテカン/シスプラチン)におい て CCRT 投与既往が、それまでの標準治療として設定されていたシスプラチン単療法の有効性明らか に減弱させることが示されていた 1),5) 。さらに、JCOG0505 にて初めて carboplatin-based chemotherapy の 臨床的有用性検証し、シスプラチン既投与例への有用性が明確となったことから、プラチナ製剤の未投 与例にはやはりシスプラチンは有用であるものの、CCRT などで投与既往有すればシスプラチンへの耐 性が獲得され得る、という生物学的にもっともらしい解釈の可能性がさらに支持された 6),7) 。そのため、上 記のサブグループ解析結果は無視できず、腎機能良好である初発 IVB 期などシスプラチン投与既往のな い患者に対しては TP 療法が依然として標準レジメンであると思われた。また、「4.背景因子」で記載したと おり、プラチナ製剤投与既往のない患者は TP 療法群に若干多く、全対象の OS 解析においても若干 TP 療法群に有利に働いた可能性がある。それにも拘わらず、主たる解析で非劣性証明できた。
さらに見せる

12 さらに読み込む

臨床検査値 G-CSF 白血球数 (/μl) 好中球 (/μl) 投与開始 3 日 投与 14 日目 投与 27 日目 ( 投 中止 1 日後 中止 5 日後 中止 7 日後 白血球数 (/μl)

臨床検査値 G-CSF 白血球数 (/μl) 好中球 (/μl) 投与開始 3 日 投与 14 日目 投与 27 日目 ( 投 中止 1 日後 中止 5 日後 中止 7 日後 白血球数 (/μl)

注)「件数」とは、報告された副作用の延べ数集計したもの。例えば、1 症例で肝障害及び肺障害が報告 された場合には、肝障害 1 件・肺障害 1 件として集計。また、複数の報告があった場合などでは、重複 してカウントしている場合があることから、件数がそのまま症例数にあたらないことに留意。 2)薬事法に基づく副作用報告は、医薬品の副作用によるものと疑われる症例報告 するものであるが、医薬品との因果関係が認められないものや情報不足等により評 価できないものも幅広く報告されている。
さらに見せる

9 さらに読み込む

薬物動態試験 : 単回投与後の組織分布 ( その3) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き ) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き )...

薬物動態試験 : 単回投与後の組織分布 ( その3) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き ) 薬物動態試験 : 反復投与後の組織分布 ( 続き )...

エステラーゼ阻害 ジクロルボス ジクロルボス ジクロルボス ジクロルボス 非添加 非添加 非添加 ジクロルボス 分析対象 ミラベグロン ミラベグロン ミラベグロン ミラベグロン ミラベグロン ミラベグロン ミラベグロン ミラベグロン 分析機器及び検出法 HPLC-UV HPLC-UV LC-MS/MS LC-MS/MS LC-MS/MS LC-MS/MS LC-MS/MS LC-MS/MS 結果

89 さらに読み込む

項目内容 対象疾患 14 投与前 6カ月以内に全身性抗腫瘍剤又は免疫調節療法 ( ステロイド及び放射線療法を含む ) を受けた又は試験期間中にこれらの薬物による全身性の療法を必要となることが予想される患者 15 投与前 3カ月以内に全身性の抗ウイルス療法, その他の治験薬の投与を受けた又は試験期間中

項目内容 対象疾患 14 投与前 6カ月以内に全身性抗腫瘍剤又は免疫調節療法 ( ステロイド及び放射線療法を含む ) を受けた又は試験期間中にこれらの薬物による全身性の療法を必要となることが予想される患者 15 投与前 3カ月以内に全身性の抗ウイルス療法, その他の治験薬の投与を受けた又は試験期間中

総発現件数 - 1 - 同一症例ので同じ有害事象が発現している場合は合わせて1件として計算した。 ③ 中止投与量変更例 有害事象及び臨床検査値異常による中止又は投与変更した症例の頻度表ト-7-10に示した。投与 中止となった症例は PEG-IFN+リバビリン群と rIFNα-2b+リバビリン群それぞれ10%(44/451),11% (47/443)と同様であった。一方,PEG-IFN 単群では7 % (15/223)とリバビリン併用両群に比しやや 止率は低かった。投与中止の主な理由は精神障害で PEG-IFN+リバビリン群,rIFNα-2b+リバビリン群 及び PEG-IFN 単群でそれぞれ,3 % (12/451) ,4 % (18/443)及び1 % (3/223)であった。
さらに見せる

19 さらに読み込む

投与間隔又は投与量の調節指標減量又は中止治療中に 下記の指標に該当する骨髄抑制が認められた場合には 休薬の項の指標に回復したことを確認の上 次サイクルの投与を開始すること その場合 以下のとおり減量又は投与中止を考慮すること 低悪性度 B 細胞性非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫の場合 前サ

投与間隔又は投与量の調節指標減量又は中止治療中に 下記の指標に該当する骨髄抑制が認められた場合には 休薬の項の指標に回復したことを確認の上 次サイクルの投与を開始すること その場合 以下のとおり減量又は投与中止を考慮すること 低悪性度 B 細胞性非ホジキンリンパ腫及びマントル細胞リンパ腫の場合 前サ

⑵ 本投与により、リンパ球減少が高頻度にあらわれ、重症 の免疫不全が増悪又は発現することがあるので、頻回に臨床 検査(血液検査等)行うなど、免疫不全の兆候について綿 密な検査行うこと。異常が認められた場合には、減量・休 薬等の適切な処置行うとともにカンジダ等の真菌、サイト メガロウイルス等のウイルス、ニューモシスティス等による 重症日和見感染に注意すること。また、本投与によりB 型肝炎ウイルスの再活性化による肝炎があらわれることがあ るので、本投与に先立って肝炎ウイルス感染の有無確認 し、本投与前に適切な処置行うこと。本投与開始 は継続して肝機能検査や肝炎ウイルスマーカーのモニタリン グ行うなど、B型肝炎ウイルスの再活性化の兆候や症状の 発現に注意すること[「重大な副作用」の項参照]。
さらに見せる

6 さらに読み込む

疾患名肺 MAC 症 後天性免疫不全症候群 ( エイズ ) に伴う播種性 MAC 症 投与期間排菌陰性を確認した後 1 年以上の投与継続と定期的な検査を行うことが望ましい また 再発する可能性があるので治療終了後においても定期的な検査が必要である 臨床的又は細菌学的な改善が認められた後も継続投与すべ

疾患名肺 MAC 症 後天性免疫不全症候群 ( エイズ ) に伴う播種性 MAC 症 投与期間排菌陰性を確認した後 1 年以上の投与継続と定期的な検査を行うことが望ましい また 再発する可能性があるので治療終了後においても定期的な検査が必要である 臨床的又は細菌学的な改善が認められた後も継続投与すべ

3. 相互作用 本は、肝代謝酵素チトクロームP450(CYP)3A4阻害作用 有することから、CYP3A4で代謝される薬剤と併用した とき、併用薬剤の代謝が阻害され血濃度が上昇する可能 性がある。また、本は、P-糖蛋白質に対する阻害作用 有することから、P-糖蛋白質介して排出される薬剤と併 用したとき、併用薬剤の排出が阻害され血濃度が上昇す る可能性がある。一方、本はCYP3A4によって代謝され ることから、CYP3A4阻害する薬剤と併用したとき、本 の代謝が阻害され未変化体の血濃度が上昇する可能性 があり、また、CYP3A4誘導する薬剤と併用したとき、 本の代謝が促進され未変化体の血濃度が低下する可能 性がある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

投与実施報告書

投与実施報告書

M02. 中型日本犬 ♂ 11 歳 茶色 19kg クッシング症候群・白内障 8才後半に糖尿病、副腎腫瘍のためクッシング症候群起こし、超肥満で両眼重度の 白内障呈し、糖尿病のコントロール治療、副腎ホルモンの定量テストして、副腎ホ ルモン合成阻害投与し、食事制限しながら一定期間治療観察してきた。 当犬の様に肥満糖尿病、白内障症候群等呈する生活習慣病の結果として引き起こさ れてきたもので、この様に複合的症状に「メシマコブゼウス」の効果期待して1日に 2包投与させた。14日目に左眼の白内障の白濁が消失し始め、また例年出現する皮膚 炎・湿疹。痔み等も現れない。そこで「メシマコブゼウス」増量(日に2包半~3包) 腹部右側下方に小鶏卵大腫瘍存在 腹部右側下方の小鶏卵大腫瘤消失・再発なし
さらに見せる

5 さらに読み込む

ベルケイド 注射用 3mg に関する注意事項 本剤の投与に際しては 治療上の必要性を十分に検討の上 本剤の投与の可否を判断して下さい 適正な患者の選択 (P.2) 適正使用基準の確認 (P.2 3) 本剤投与に際し以下の事項をご確認下さい 適正な患者の選択 (P.2) 適正使用基準 (P.2 3)

ベルケイド 注射用 3mg に関する注意事項 本剤の投与に際しては 治療上の必要性を十分に検討の上 本剤の投与の可否を判断して下さい 適正な患者の選択 (P.2) 適正使用基準の確認 (P.2 3) 本剤投与に際し以下の事項をご確認下さい 適正な患者の選択 (P.2) 適正使用基準 (P.2 3)

投与期間の副作用管理 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 14 3.注意要する副作用とその対策 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ ‥ 15 安全対策 ・肺障害 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 15 ・末梢神経障害 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 34 ・自律神経ニューロパチー ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 41 ・イレウス ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 42 ・低血圧 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 44 ・骨髄抑制 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 45 ・感染症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 50 ・肝機能障害 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 59 ・心障害 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 60 ・腫瘍崩壊症候群 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 62 ・皮膚粘膜眼症候群、中毒性表皮壊死症 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 64 ・可逆性白質脳症症候群 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 64 ・視神経症及び視力障害 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 64 ・その他の注意が必要な副作用 ‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥ 65
さらに見せる

74 さらに読み込む

10 造影剤腎症発症後の治療法 CQ10 1 CIN 発症後の治療を目的としたループ利尿薬の投与は推奨されるか? 回答 CIN 発症後の治療を目的としたループ利尿薬投与は, 腎機能障害の進行を抑制する根拠に乏しく, むしろ有害である可能性があり推奨しない. エビデンスレベルⅥ 推奨グレード C2 背

10 造影剤腎症発症後の治療法 CQ10 1 CIN 発症後の治療を目的としたループ利尿薬の投与は推奨されるか? 回答 CIN 発症後の治療を目的としたループ利尿薬投与は, 腎機能障害の進行を抑制する根拠に乏しく, むしろ有害である可能性があり推奨しない. エビデンスレベルⅥ 推奨グレード C2 背

 本ガイドラインでは CIN 発症の輸液療法は腎前性 AKI でない限り意義に乏しいため,体 液量の低下がみられる場合除いて推奨しない,とした. 文献検索 文献は PubMed で 2017 年 7 月までの期間で検索行い,検索結果のから本 CQ に関連する論文の抽出試みた. “fluid therapy”[Mesh]AND“Acute Kidney Injury”[Mesh]AND“Contrast Media”[Mesh]AND“humans”[MeSH

11 さらに読み込む

成分名 英文名 ホウ酸 Boric Acid CAS No 収載公定書日局 EP NF A TOXNET DATABASE への リンク 投与経路 経皮 眼科用剤 耳鼻科用剤 直腸, 膣, 尿道に適用 1 単回投与毒性 1 1 マウス及びラット 用途

成分名 英文名 ホウ酸 Boric Acid CAS No 収載公定書日局 EP NF A TOXNET DATABASE への リンク 投与経路 経皮 眼科用剤 耳鼻科用剤 直腸, 膣, 尿道に適用 1 単回投与毒性 1 1 マウス及びラット 用途

IPEC JAPAN SAFETY DATA 斑、表皮剥離で入院した。点滴、昇圧投与にもかかわらず、患者の状態は改善しなかった。そ の頻拍性心房細動が発現し、洞拍動が改善しなかった。拍動は悪化し、患者は入院 17 時間 に死亡した。尿及び血ホウ酸濃度は、ホウ酸摂取約五 2 時間でそれぞれ 160 と 42mg/dL で あった。これらの結果は、血ホウ素濃度としては 28 及び 7 mg/dL と同等である。死後の尿ホ ウ素濃度は 29.4mg/dL であった。剖検では死因はホウ素中毒が報告されている。患者は3日間無 処置で脱水と腎障害有していたので、本症例は近年唯一報告されたホウ酸摂取による死亡例 であり、代表例であろう。本性例は、適切な尿排泄ができず、脱水がホウ素毒性のリスク高めた ことが示唆された。 34) (Restuccio A et al., 1992)
さらに見せる

7 さらに読み込む

大腸癌患者に対する、術前Tegafur徐放剤投与後の組織中の5Fu濃度分布を測定することにより、十全大補湯投与による副作用 (肝障害) の抑制効果の機序を明らかにすること

大腸癌患者に対する、術前Tegafur徐放剤投与後の組織中の5Fu濃度分布を測定することにより、十全大補湯投与による副作用 (肝障害) の抑制効果の機序を明らかにすること

7. 主な結果 非癌組織内の 5-FU 濃度 : Arm 1< Arm 2 (P<0.05) 。末梢血の Tegafur 濃度と 5-FU 濃度、 腫瘍組織内の Tegafur 濃度と 5-FU 濃度、正常組織内の Tegafur 濃度 : いずれも有意差な し。 Tegafur 徐放による副作用 : 主たる副作用は消化器系 ( 食欲不振、悪心嘔吐、下痢 ) であったが、 Arm 1 (6/28) よりも Arm 2 (9/23) の方が、発現までの期間が長い傾向があ った。 血液検査の異常 : 投与開始時と終了時で、 GPT は Arm 1 では有意差がなかったが、
さらに見せる

1 さらに読み込む

改訂内容 ( 部追加 改訂, 部削除 ) 改訂後改訂前 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) (1)~(2)( 略 現行のとおり ) (3) 重度の腎機能障害のある患者 [ 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある ( 薬物動態 の項参照 )] 4. 副作用 (1) 重大

改訂内容 ( 部追加 改訂, 部削除 ) 改訂後改訂前 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) (1)~(2)( 略 現行のとおり ) (3) 重度の腎機能障害のある患者 [ 本剤の血中濃度が上昇するおそれがある ( 薬物動態 の項参照 )] 4. 副作用 (1) 重大

【 警告 】 (1)本は、緊急時に十分に対応できる医療施設において、 がん化学療法に十分な知識・経験持つ医師のもとで、 添付文書参照して、適切と判断される症例についての み投与すること。また、治療開始に先立ち、患者又はそ の家族に本の有効性及び危険性(特に、間質性肺疾患の 初期症状、服用の注意事項、死亡に至った症例がある こと等に関する情報)十分に説明し、同意得てから投 与すること。
さらに見せる

6 さらに読み込む

用法 用量に関連する使用上の注意 1) 本剤の使用にあたっては 耐性菌の発現等を防ぐため 原則として感受性を確認し 疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること 2) 高度の腎障害のある患者には 投与量を減らすか 投与間隔をあけて投与するなど慎重に投与すること [ 慎重投与 の項参照 ] 3)

用法 用量に関連する使用上の注意 1) 本剤の使用にあたっては 耐性菌の発現等を防ぐため 原則として感受性を確認し 疾病の治療上必要な最小限の期間の投与にとどめること 2) 高度の腎障害のある患者には 投与量を減らすか 投与間隔をあけて投与するなど慎重に投与すること [ 慎重投与 の項参照 ] 3)

(2) 中毒性表皮壊死融解症(Toxic Epidermal Necrolysis: TEN)、皮膚粘膜眼症候群(Stevens-Johnson症候群)、 多形紅斑、急性汎発性発疹性膿疱症、紅皮症(剥脱性 皮膚炎)があらわれることがあるので、観察十分に 行い、発熱、頭痛、関節痛、皮膚や粘膜の紅斑・水疱、 膿疱、皮膚の緊張感・灼熱感・疼痛等の異常が認めら れた場合には投与中止し、適切な処置行うこと。 (3) 顆粒球減少、血小板減少があらわれることがあるの で、定期的に検査行うなど観察十分に行い、異常 が認められた場合には投与中止し、適切な処置 行うこと。
さらに見せる

6 さらに読み込む

⑵ 原則として抗悪性腫瘍剤の投与前に本剤を投与し がん化学療法の各サイクルにおける本剤の投与期間は 6 日間までを目安とすること 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) ⑴ 糖尿病の家族歴 高血糖あるいは肥満等の糖尿病の危険因子を有する患者 [ 重要な基本的注意 の項参

⑵ 原則として抗悪性腫瘍剤の投与前に本剤を投与し がん化学療法の各サイクルにおける本剤の投与期間は 6 日間までを目安とすること 使用上の注意 1. 慎重投与 ( 次の患者には慎重に投与すること ) ⑴ 糖尿病の家族歴 高血糖あるいは肥満等の糖尿病の危険因子を有する患者 [ 重要な基本的注意 の項参

3)不安、焦燥、興奮、パニック発作、不眠、易刺激性、敵意、 攻撃性、衝動性、アカシジア/精神運動不穏等があらわれる ことが報告されている。また、因果関係は明らかではないが、 これらの症状・行動来した症例において、基礎疾患の悪化 又は自殺念慮、自殺企図、他害行為が報告されている。患者 の状態及び病態の変化注意深く観察するとともに、これら の症状の増悪が観察された場合には、服薬量増量せず、徐々 に減量し、中止するなど適切な処置行うこと。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Ⅰ. 改訂内容 ( 部変更 ) ペルサンチン 錠 12.5 改 訂 後 改 訂 前 (1) 本剤投与中の患者に本薬の注射剤を追加投与した場合, 本剤の作用が増強され, 副作用が発現するおそれがあるので, 併用しないこと ( 過量投与 の項参照) 本剤投与中の患者に本薬の注射剤を追加投与した場合, 本

Ⅰ. 改訂内容 ( 部変更 ) ペルサンチン 錠 12.5 改 訂 後 改 訂 前 (1) 本剤投与中の患者に本薬の注射剤を追加投与した場合, 本剤の作用が増強され, 副作用が発現するおそれがあるので, 併用しないこと ( 過量投与 の項参照) 本剤投与中の患者に本薬の注射剤を追加投与した場合, 本

(1) 本投与の患者に本薬の注射追加投与した場合, 本の作用が増強され,副作用が発現するおそれがあるの で,併用しないこと。(「過量投与」の項参照) (2)本との併用によりアデノシンの有害事象が増強されるこ とから,本投与されている患者にアデノシン(アデノス キャン)投与する場合は,12 時間以上の間隔あけるこ と。(「相互作用」の項参照)
さらに見せる

10 さらに読み込む

2.6.6 毒性試験の概要文 目次 略語 略号一覧 毒性試験の概要文 まとめ 単回投与毒性試験 マウスを用いた単回経口投与及び単回腹腔内投与毒性試験 ラットを用い

2.6.6 毒性試験の概要文 目次 略語 略号一覧 毒性試験の概要文 まとめ 単回投与毒性試験 マウスを用いた単回経口投与及び単回腹腔内投与毒性試験 ラットを用い

尿パラメータや腎における組織学的所見の他に,カナグリフロジン水和物の薬理作用に起 因すると考えられる変化として,ラット及びイヌでは血グルコースの低値が認められた. 更に,ラットでは尿にケトン体が認められ pH も低かったが,尿グルコース排泄が過多 な状況での絶食により,体脂肪の異化が生じた結果であると推察される.また,ラット用 いた反復経口投与試験の剖検及び病理組織学的検査において胃のびらんがみられた.この所 見は 2 週間以上の投薬で認められ,投薬期間が延長しても,腺胃粘膜の線維化やヘモジデリ ン貪食マクロファージの集積などの所見伴わない急性の変化であり,同様の所見はマウス 及びイヌでは認められなかった.ラット用いた胃のびらんの機序検討試験[ 2.6.6.8.2.1 ]で は,カナグリフロジン水和物投与しても剖検前の絶食しない場合は剖検時の血清グル コースに変動はなく,胃のびらんも認められなかった.以上のことから,カナグリフロジン 水和物ラットに投与することによって誘発される胃のびらんは,投薬による血糖値の低下 と剖検前の絶食が組み合わさることによって誘発されたもので,本薬の胃への直接作用に起 因するものでないと判断した.消化器症状として,主にラットにおいて,軟便及び水様便が 認められた. SGLT1 欠損者では,下痢,脱水伴う重篤な腸管からの糖吸収障害(グルコー ス・ガラクトース吸収不全症)が生じることが知られている [ 11] .カナグリフロジンは, SGLT2 に対する選択的阻害作用示す薬剤であるが,毒性試験で用いる用量域では消化管局 所で高濃度となり, SGLT1 に対して阻害作用示した可能性が考えられる.
さらに見せる

387 さらに読み込む

改訂後 ⑴ 依存性連用により薬物依存を生じることがあるので 観察を十分に行い 用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること また 連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により 痙攣発作 せん妄 振戦 不眠 不安 幻覚 妄想等の離脱症状があらわれることがあるので 投与を中止する場合には 徐々に

改訂後 ⑴ 依存性連用により薬物依存を生じることがあるので 観察を十分に行い 用量及び使用期間に注意し慎重に投与すること また 連用中における投与量の急激な減少ないし投与の中止により 痙攣発作 せん妄 振戦 不眠 不安 幻覚 妄想等の離脱症状があらわれることがあるので 投与を中止する場合には 徐々に

今後とも当社製品のご使用にあたって副作用等の有害事象ご経験の際には、当社MRまで、できるだけ速やかに ご連絡くださいますようお願い申し上げます。 ◎DSU(医薬品安全対策情報)No.258掲載 (平成29年4月発行予定) ◎ 流通の関係上、改訂添付文書封入した製品がお手元に届くまでに日数要することもございますので、 何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

6 さらに読み込む

臨床検査値 検査項目名 投与 12 日前 投与日 21 日後 24 日後 26 日後 33 日後 34 日後 35 日後 43 日後 44 日後 45 日後 59 日後 66 日後 TSH(mU/L) FT3(pg/mL

臨床検査値 検査項目名 投与 12 日前 投与日 21 日後 24 日後 26 日後 33 日後 34 日後 35 日後 43 日後 44 日後 45 日後 59 日後 66 日後 TSH(mU/L) FT3(pg/mL

2回目投与。甲状腺機能亢進認めたが自覚症状なく, 本継続。処置なし。 下肢紫斑と歯肉出血が出現。患者判断にて自宅で経過観察。 本3回目投与のため来院。PLT:2,000/μLと著減示し, 本投与中止,緊急入院。血小板濃厚液10U投与開始(以降 中止33日まで10 〜 20U投与)。血液内科にコンサルテー ション。歯肉出血がみられる程度で自覚症状なし。甲状腺機 能亢進は回復。
さらに見せる

5 さらに読み込む

Duchenne型筋ジストロフィーに対して変異ジストロフィンエキソンのスキッピング誘導活性を有する経口投与可能な新規CLK1阻害剤の開発

Duchenne型筋ジストロフィーに対して変異ジストロフィンエキソンのスキッピング誘導活性を有する経口投与可能な新規CLK1阻害剤の開発

次に患者細胞におけるエキソンスキッピング効果確認するため、c.4303G>T 変異有す る DMD 患者由来の筋細胞用いて解析行った所、TG693 は変異エキソンのスキップ 促進した。更に TG693 濃度依存的なジストロフィン蛋白質の発現増加が認められた。 最後に、本化合物の筋肉組織への移行性評価した。マウスへの 30mg/kg 経口投与、 筋肉内での化合物濃度測定した結果、前脛骨筋で 4µM 以上の TG693 が検出された。加え て、細胞と同様に前脛骨筋でも SR 蛋白質のリン酸化が阻害されていた。更にスプライシン グ改変効果について、Clk1 成熟型スプライシング産物指標として TG693 投与マウスの前 脛骨筋にて検証した所、Clk1 成熟型スプライシング産物の増加が確認出来た。こうしたス プライシング改変効果は、前脛骨筋だけでなく心筋や横隔膜といった他の筋組織でも同様 に認められた。 これらの結果は TG693 が in vivo おいても CLK1 阻害として働き、 Duchenne 型筋ジストロフィーの治療薬として開発できる可能性がある。
さらに見せる

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...