関係機関との連携のもと、陸上自衛隊が主体

Top PDF 関係機関との連携のもと、陸上自衛隊が主体:

高齢者虐待防止対応マニュアル別冊 6 関係機関との連携 (1) 各機関の役割 市町村や地域包括支援センター等の関係機関は それぞれ対応可能な範囲があります 範囲を超えた対応は行うことができません また 事例によって関係機関の対応を依頼する場合があります 市町村が中心となるコアメンバー会議によって 大

高齢者虐待防止対応マニュアル別冊 6 関係機関との連携 (1) 各機関の役割 市町村や地域包括支援センター等の関係機関は それぞれ対応可能な範囲があります 範囲を超えた対応は行うことができません また 事例によって関係機関の対応を依頼する場合があります 市町村が中心となるコアメンバー会議によって 大

○高齢者安全確認 ○事実確認ため措置 ・高齢者安全確認や事実確認ため措置業務を、地域包括支援センターに委託を 行っているとしても、市町村は、地域包括支援センターに任せきりにしてしまうので はなく、最終的な虐待有無等について認定を行うなど、虐待対応主体は、あ くまでも市町村ですので、連携を取りながら、対応を行う必要あります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

障害児教育論における特別支援教育コーディネーターによる関係機関との連携のあり方に関する一考察

障害児教育論における特別支援教育コーディネーターによる関係機関との連携のあり方に関する一考察

6 .「 5 .総合所見」に基づく支援仮説、長期・短期 支援目標設定、支援計画策定  膠原病発症時期を同じくして不登校になった背景 に自閉症スペクトラム障害ある可能性考えられ た。そこで医学的な見地から診断・評価を通して、 A 子環境その関わり方を整理し特性に合わせた 支援を行うことで、自己有用感を高め安定した学校生 活を送ること出来るではないか考えた。  長期支援目標は、A 子自分心身状態を知り その状態に合わせた生活を組み立てながら不登校を予 防し、高等部卒業単位取得を目指し主体的な学校生 活を送る。
さらに見せる

7 さらに読み込む

関係機関が連携した山林火災合同訓練を実施 発表資料 平成29年2月分 | 相模原市

関係機関が連携した山林火災合同訓練を実施 発表資料 平成29年2月分 | 相模原市

津久井消防署(消防署長 加藤雄治)は、平成29年2月10日(金曜日)午前9時 から午前11時30分まで、城山湖周辺において、陸上自衛隊、津久井警察署、神奈川 県企業庁、津久井消防署合同で山林火災合同訓練を実施しました。 この訓練は、 自衛隊に災害派遣を要請する災害規模を想定し、 自衛隊ヘリコプター

2 さらに読み込む

目 次 1 県の防災体制のあり方 P 1 1 本庁 県民局における初動対応 P 1 2 防災部局と関係部局との連携 P 3 2 県と国 市町村 防災関係機関との連携のあり方 P 5 1 県と市町村との情報伝達体制 P 5 2 国の機関等との連携 P 6 3 自衛隊との連携 P10 4 消防 警察との

目 次 1 県の防災体制のあり方 P 1 1 本庁 県民局における初動対応 P 1 2 防災部局と関係部局との連携 P 3 2 県と国 市町村 防災関係機関との連携のあり方 P 5 1 県と市町村との情報伝達体制 P 5 2 国の機関等との連携 P 6 3 自衛隊との連携 P10 4 消防 警察との

・次とおり、岡山河川事務所から洪水予報発表に伴 い、水防本部から関係県民局、地域事務所、警察本部、 陸上自衛隊へ通知し、県民局は関係市町へ通知した。 ・すべて水位観測所において、水防団出動基準水位を超えて いるにもかかわらず、津瀬観測所及び日羽観測所以外観測所 において、水防団出動発表されなかったため、適切に水防警 報を発表するよう、国に働きかける必要ある。
さらに見せる

23 さらに読み込む

として実施するほか 世田谷保健所の こころスペース や 障害福祉担当部の みつけば! 事業など 関係機関と連携した事業実施を図る (3) 関係機関との連携主な支援内容のうち 相談機能については ひきこもりに限らず多様な相談が寄せられることが想定されるため 民生 児童委員 青少年委員や 就労支援 生活

として実施するほか 世田谷保健所の こころスペース や 障害福祉担当部の みつけば! 事業など 関係機関と連携した事業実施を図る (3) 関係機関との連携主な支援内容のうち 相談機能については ひきこもりに限らず多様な相談が寄せられることが想定されるため 民生 児童委員 青少年委員や 就労支援 生活

1 主 旨 一般就労になじまない若者を対象に、就労に向けた準備、仕事体験等支援を目的した「せ たや若者サポートステーション」 、 「ヤングワークせたや」に加え、様々な理由から社会 接点を持てず、社会的自立に向けた一歩を踏み出すことできない、ひきこもりなど生き づらさを抱えた若者支援を目的として新設する「メルクマールせたや」を合わせた、「世 田谷若者総合支援センター」を下記とおり開設する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

untitled

自衛隊による在外邦人等の陸上輸送

(4)車両による輸送 陸上輸送を実施する車両については、自衛隊車両又は現地借り上げ車両想定されてい る。仮に、今回アルジェリア邦人テロ事件において自衛隊車両で陸上輸送を想定した 場合、自衛隊輸送機(C-130)で運搬できる車両は軽装甲機動車(輸送可能人数:4人)で 1台され、また、仮にアルジェリアに輸送する場合には、航続距離関係で途中給油を 行う必要ある。事案発生時に早急な対応求められる場合、輸送能力を考慮した車両 確保や防弾性能を含む安全性について十分かつ迅速な検討なされる必要ある。 これについて、防衛省は、こちらから持ち込む車両だけでは輸送すべき対象邦人多くて間に合わないときには、当然現地で借受けという形で車両を調達すること必要 になり、こうした場合、軽装甲機動車で前を先導、後ろを護衛し、借り受けた車両を間に 挟むような形で対応することを現在想定している答弁している 11 。
さらに見せる

13 さらに読み込む

1. 自衛隊と関係機関の連携 < 発災当初から 被災者の捜索や人命救助活動を全力で実施 > 警察 消防 海上保安庁等と協力し 津波等により孤立した地域や倒壊家屋等から多数の被災者を救出 米軍 警察 消防 海上保安庁等と共同し 被災 3 県の沿岸 河口部を中心とした集中捜索を実施 関係機関との連携 1

1. 自衛隊と関係機関の連携 < 発災当初から 被災者の捜索や人命救助活動を全力で実施 > 警察 消防 海上保安庁等と協力し 津波等により孤立した地域や倒壊家屋等から多数の被災者を救出 米軍 警察 消防 海上保安庁等と共同し 被災 3 県の沿岸 河口部を中心とした集中捜索を実施 関係機関との連携 1

① 予備自衛官・即応予備自衛官は、社会人として経験を活かして活躍。 出頭調整要領、雇用企 業へ影響を考慮した招集期間決定等について検討 必要。 ② 御遺体収容作業等強い心理的負担を受ける業務に従事した隊員に対し、毎日活動終了後に おけるケアを含めた各種メンタルヘルス施策を実施し、一定効果。 平素から指揮官等に対する 教育徹底、専門家育成等、任務終了後も視野に入れたメンタルヘルス態勢・体制強化・構築
さらに見せる

10 さらに読み込む

国際教育協力における援助協調のあり方に関する考察−関係諸機関の連携を中心として− [ PDF

国際教育協力における援助協調のあり方に関する考察−関係諸機関の連携を中心として− [ PDF

に生かすか、という点に疑問残った。しかし JICA 評価初めて参加型評価方法を用いるなど、間接的で はある被援助側にオーナーシップをもたせようす る試みも見られ、これをドナー側評価にとどまらず、 被援助側政府や住民にフィードバックすることで、今 後、成功したプロジェクトを終了後に破綻させること なく、持続的、自律的に効果を継続させることでき るだろう。地方理数科教育向上(フィリピン)は、初 中等理数科教育向上パッケージ協力一環として行わ れたものである。このパッケージ協力は、専門家派遣、 青年海外協力隊など事業を有機的に組み合わせたも であり、明確な援助協調取れる部分はない、プ ロジェクト間連携強いという点で評価される。プ ロジェクト間連携うまくいくことにより、結果 してフィリピン側アクター相互連携強化を生むこ につながり、その後プロジェクト進行にも大きく 貢献し、自ら参加しているという意識にもつながっ た。教育分野協力隊事業(エル・サルヴァドル)では、 その評価を現地企業に委託するなど、他者を介入さ せることで、萌芽的援助協調見られた。
さらに見せる

4 さらに読み込む

陸上自衛隊の教育訓練実施に関する達

陸上自衛隊の教育訓練実施に関する達

3 課目は、中課目を記入するとともに例1、例2、例3ように具体的な小課目を付記する。ただし、特殊武器防護教育単独課目 中で行われておらず、他課目中で一部実施している場合には、その課目時間を表示して(一部)する。 4 教授方法について、略号は使用せず講義、討議、実習等記入する。 5 講師部外者場合、自衛隊OBについては退職時主要ポスト又は職名を、その他者については肩書を記入する。 6 教育資料は、当該教育ために使用した教程及び学習資料題名を記入する。
さらに見せる

103 さらに読み込む

平成 28 年度地域包括支援センター事業計画書 協議事項 1 地域包括支援センター帯広至心寮 Ⅰ. 運営方針 高齢者が住み慣れた地域で生活を続けることができるように 各関係機関との連携強化とネットワークにより 地域で見守る体制作りに努めます 行政や関係機関 地域住民と連携を図りながら 地域特性に合わ

平成 28 年度地域包括支援センター事業計画書 協議事項 1 地域包括支援センター帯広至心寮 Ⅰ. 運営方針 高齢者が住み慣れた地域で生活を続けることができるように 各関係機関との連携強化とネットワークにより 地域で見守る体制作りに努めます 行政や関係機関 地域住民と連携を図りながら 地域特性に合わ

■地域介護支援専門員自立支援に資するケアプランを作成できるよう、実践力やアセス メント力向上を目的にケアマネジメント支援会議を開催します。 ■居宅介護支援事業所介護支援専門員から相談や地域診断、町内会・老人会、地域交流 サロンなど場を通じて地域住民や関係団体から意見を幅広く汲み上げ、地域ニーズ、 課題整理、個別課題解決に向けた個別ケア会議を必要時に開催し、解決に向けて取り組 みます。
さらに見せる

23 さらに読み込む

海兵団跡 ( 針尾 ) に設置された 以後 保安隊から陸上自衛隊と改められ 陸上自衛隊針尾駐屯部隊は増強を続け常に3 千名から6 千名の隊員が常駐する全国でも屈指の部隊となった しかし 昭和 30 年の相浦教育隊の開隊 また防衛庁の組織変更により 昭和 32 年 9 月 2 目 針尾駐屯地は閉鎖され

海兵団跡 ( 針尾 ) に設置された 以後 保安隊から陸上自衛隊と改められ 陸上自衛隊針尾駐屯部隊は増強を続け常に3 千名から6 千名の隊員が常駐する全国でも屈指の部隊となった しかし 昭和 30 年の相浦教育隊の開隊 また防衛庁の組織変更により 昭和 32 年 9 月 2 目 針尾駐屯地は閉鎖され

さらに、同年12月には、佐世保商工会議所から、潜水艦部隊誘致も含めた「佐世保市における防 衛機能強化」に関する要望書提出されるとともに、12月定例会において、 「海上自衛隊による崎 辺地区利活用を具現化する潜水隊群誘致に関する意見書」議決された。 こうした中、同月17日に「平成23年度以降に係る防衛計画大綱」閣議決定され、その別表に おいて海上自衛隊潜水艦を増隻する方針盛り込まれたことから、議会、経済界及び行政三者で 「海上自衛隊潜水隊群誘致に関する要望書」を国に対し提出した。
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 北関東防衛局広報 特集! 陸上自衛隊第 12 ヘリコプター隊 第 12 旅団の機動力の源 空中機動性を高めた旅団の航空部隊 陸上自衛隊第 12ヘリコプター隊は 平成 13 年 3 月の部隊改編により 全国の陸上自衛隊で唯一の 空中機動旅団 として それまでの第 12 師団から生まれ変わった第

(2) 北関東防衛局広報 特集! 陸上自衛隊第 12 ヘリコプター隊 第 12 旅団の機動力の源 空中機動性を高めた旅団の航空部隊 陸上自衛隊第 12ヘリコプター隊は 平成 13 年 3 月の部隊改編により 全国の陸上自衛隊で唯一の 空中機動旅団 として それまでの第 12 師団から生まれ変わった第

 オープニングアクトとして、横田基地で働く軍人・ 軍属その家族及び基地で働く日本人従業員メン バーなっている横田サムライ太鼓演奏。主催者で ある小柳北関東防衛局長挨拶で「この日米交流音楽 会をきっかけとして、今後日米間交流拡大、 さらにはお互い信頼関係醸成に繋がることを願っ ています」述べた後、共催者北川穰一昭島市長、協 賛者在日米軍横田基地第374空輸航空団副司令官 ニール・R・リチャードソン大佐挨拶しました。  今回音楽会には、米側から横田サムライ太鼓、横田 ダンスカンパニー、米国空軍太平洋音楽隊-アジアパ シフィックトレンズ、日本側から諏訪神社宮澤太鼓(昭 島市)、フミダンシングアカデミー(立川市)、東京都立
さらに見せる

6 さらに読み込む

第356 第 3 章 災害応急対策計画 (2) 本部の設置場所 (3) 関係機関との連絡 2. 本部の組織 本部の設置場所は 原則として浦安市災害対策本部室とする 関係機関との連絡が必要な場合は 関係機関連絡室 を設置し 警察 自衛隊 ライフライン等から連絡要員の派遣を要請し 連絡 調整にあたる 本

第356 第 3 章 災害応急対策計画 (2) 本部の設置場所 (3) 関係機関との連絡 2. 本部の組織 本部の設置場所は 原則として浦安市災害対策本部室とする 関係機関との連絡が必要な場合は 関係機関連絡室 を設置し 警察 自衛隊 ライフライン等から連絡要員の派遣を要請し 連絡 調整にあたる 本

・食料・物資等供給  ・救援物資受入れ ・給水         ・車両・燃料確保 ・家屋被害調査    ・り災証明書発行 ・相談窓口       ・遺体収容安置等 ・帰宅困難者対策    ・外国人対策 ・TDR対策      ・防犯対策 ・トイレ対策      ・ゴミ処理 ・災害廃棄物処理    ・防疫 ・環境保全       ・動物対策 ・下水道対策      ・ヘリポート開設
さらに見せる

7 さらに読み込む

陸上自衛隊補給管理規則

陸上自衛隊補給管理規則

価額1件500万円以上物品無償貸付を行った場合は、貸付理由、品名、数量、 貸付期間及び貸付相手方等を記載した報告書を陸上幕僚長に提出するものする。 (装計定第7号・衛定第19号) 4 管理官行う無償貸付省令第14条に基づく物品譲与は、災害被害者市町村 その他公共機関(以下この項中「市町村等」いう。)救助受けられず当該物 品譲与を受けなければその生命身体危険である認められる場合に限り実施す るものする。市町村等救助開始後は、市町村等協議し、市町村等に対する 無償貸付として取扱い、じ後、返還を受けるものする。
さらに見せる

172 さらに読み込む

陸上自衛隊における感染症対策に関する達

陸上自衛隊における感染症対策に関する達

第7条 隊員は、訓令第4条によるほか、陸自達感染症患者等である告知 されたときは、直ちにその旨を健康管理者に報告するものする。 (健康管理者責務) 第8条 健康管理者は、隊員感染症にり患した場合、偏見や差別によって隊 員人権損なわれないよう留意し、医官連携して隊員良質かつ適切な 医療を受けられるようにしなければならない。

14 さらに読み込む

公 告 令和元年 10 月 29 日 分任契約担当官 陸上自衛隊北海道補給処調達会計部長本田賴朝 一般競争について下記のとおり実施するので 陸上自衛隊が示す 入札及び契約心得 ( ) 等関係事項を承諾のうえ参加されたい 記 1 競争入札に付する事項 (1) 品名等 品 名 規 格 単位

公 告 令和元年 10 月 29 日 分任契約担当官 陸上自衛隊北海道補給処調達会計部長本田賴朝 一般競争について下記のとおり実施するので 陸上自衛隊が示す 入札及び契約心得 ( ) 等関係事項を承諾のうえ参加されたい 記 1 競争入札に付する事項 (1) 品名等 品 名 規 格 単位

   て同じ。)、他方会社役員を現に兼ねている場合    法第64条第2項規定により選任された管財人を現に兼ねている場合   れる場合 るなど⑴又は⑵に掲げる場合同視し得る資本関係又は人的関係ある認めら 方会社による落札他方会社に係る指名停止等設置効果を事実上減殺す ⑶ ⑴及び⑵に掲げる場合ほか、資本構成又は人的構成において関連性ある一 イ 一方会社役員、他方会社会社更生法第67条第1項又は民事再生   イ 親会社を同じくする子会社同士関係にある場合
さらに見せる

11 さらに読み込む

陸上自衛隊災害補償規則

陸上自衛隊災害補償規則

機関等に勤務する陸上自衛官に係る管轄区分は、陸上自衛隊駐屯地に所在する機関等 については、当該駐屯地業務隊長等権限委任を受ける者し、その他機関等につい ては、別紙第1とおりする。 3 前2項に規定する管轄区分は、災害発生時又は補償事由発生時をもって区分する。ただ し、年金たるもの支給は、その都度陸上幕僚長指示する者行うものする。 4 自衛隊中央病院長又は自衛隊地方協力本部長は、第1項規定により担当する隊員退 職した場合、補償及び福祉事業実施ため引き続き担当すること適当判断した時は、 同項規定にかかわらず、管轄できるものする。
さらに見せる

44 さらに読み込む

陸上自衛隊服務細則

陸上自衛隊服務細則

(1) 当直勤務に関する規定を除き、部隊(長)又は連隊(長)等に関する規定 を陸上総隊司令部(陸上総隊司令官) 、方面総監部(方面総監) 、師団司令部(師 団長) 、旅団司令部(旅団長) 、団本部(団長)及び機関機関長)に関する 規定として準用するほか、駐屯地(司令)に関する規定を自衛隊中央病院(長) 、 陸上幕僚長監督を受ける自衛隊地区病院(長)及び自衛隊地方協力本部(駐 屯地に所在するものを除く。 ) (長)に関する規定として準用する。ただし、自 衛隊地方協力本部(長)については、警衛勤務及び営外巡察勤務に関する規定 を除く。
さらに見せる

59 さらに読み込む

陸上自衛隊の保有する個人情報及び個人番号の安全確保等に関する達

陸上自衛隊の保有する個人情報及び個人番号の安全確保等に関する達

連絡又は啓発等を目的し、かつ利用することについて本人から同意を得ている 個人情報ファイル等については、第12条第2項、第12条3、第14条及び第 14条規定を適用しないことできる。 3 保護管理者は、自衛隊中央病院、自衛隊地区病院及び医務室(以下「病院等」とい う。)における診療に関する事項を記録する個人情報ファイル等で、「医療・介護 関係事業者における個人情報適切な取扱いためガイドライン」(厚生労働省) に定める医療・介護関係講ずるべき安全管理措置等に準じて個人情報適切な 管理ために必要な処置を講じている個人情報ファイル等については、第11条、 第12条第1項(第10条規定に基づき事前通知した個人情報ファイルを除く。)、 同条第2項、第12条3、第13条第3項、第14条から第15条及び第17条 規定を適用しないことできる。
さらに見せる

30 さらに読み込む

2017 陸上自衛隊 JAPAN GROUND SELF-DEFENSE FORCE - 防衛省職員採用関係情報 - あなたにもできる国防がここにある

2017 陸上自衛隊 JAPAN GROUND SELF-DEFENSE FORCE - 防衛省職員採用関係情報 - あなたにもできる国防がここにある

人事業務は、その職員将来にも関わる重要な業務であ るため、公平・公正な視点で責任感をもって取り組んでい ます。また、初めて損害賠償業務に就くことに不安もあり ました、小平学校で実施される教育により、業務内容を 学ぶことでき、その経験を活かし、部外方へ迅速・ 的確な賠償実施に努め、防衛省・自衛隊信頼を損なわ ないよう、常に緊張感ある対応を心掛けています。私 業務内容は広範多岐にわたり日々勉強毎日ではあります 、そのぶん自身を成長させる絶好機会でもある感じ ています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...