3 配 当 込 み 株 価 指 数 の 投 資 収 益 率 ( 2 0 1 7 年 1 月 末 )

Top PDF 3 配 当 込 み 株 価 指 数 の 投 資 収 益 率 ( 2 0 1 7 年 1 月 末 ):

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か

販 売 用 資 料 Q1.なぜ を 引 き 下 げたのですか? A1. 当 ファンドの 収 益 分 配 方 針 に 基 づき 現 在 の 基 準 価 額 の 水 準 および 市 況 動 向 等 を 勘 案 し 当 期 の (1 万 口 当 たり 税 引 前 )を30 円 とし 前 期 の50 円 か

※資金動向、市況動向等によっては、上記ような運用ができない場合があります。 <基準価額変動要因> ファンドは、主に海外債券を投資対象としています(マザーファンドを通じて間接的に投資する場合を含みます。)。ファンド基準価額 は、組み入れた債券値動き、当該発行者経営・財務状況変化、為替相場変動等影響により上下します。 基準価額下落によ り損失を被り、投資元本を割り込む ことがあります。運用結果としてファンドに生じた 利益および損失は、すべて受益者に帰属 します。し たがって、ファンドは 預貯金とは異なり、投資元本が保証されているものではなく 、一定投資成果を保証するものでもありません。ファンド 主要なリスクは、以下通りです。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1. ファンド の 目 的 特 色 ファンドの 目 的 アジア オセアニア 各 国 ( 除 く 日 本 )の 株 式 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 として 運 用 を 行 い 安 定 的 かつ 高 水 準 の 配 当 等 収 益 を 確 保 し かつ 信 託 財 産 の 中 長 期 的

1. ファンド の 目 的 特 色 ファンドの 目 的 アジア オセアニア 各 国 ( 除 く 日 本 )の 株 式 を 実 質 的 な 主 要 投 資 対 象 として 運 用 を 行 い 安 定 的 かつ 高 水 準 の 配 当 等 収 益 を 確 保 し かつ 信 託 財 産 の 中 長 期 的

◯分配金再投資基準価額は、信託報酬控除後もので、税引前分配金を分配時にファンドへ再投資したとみなして算出したものです。 ◯ファンド年間騰落(毎月末時点)は、毎月末とその1年前における分配金再投資基準価額を対比して、その騰落を算出したものです。 (月末が休日場合は直 前営業日を月末とみなします。設定から1年未満時点では算出されません。) ◯代表的な資産クラス年間騰落(毎月末時点)は、毎月末とその1年前における下記指数値を対比して、その騰落を算出したものです。 (月末が休日場合 は直前営業日を月末とみなします。)
さらに見せる

12 さらに読み込む

J-REIT リサーチ オープン ( 毎 月 決 算 型 )/( 年 2 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 目 次 J-REIT 基 本 情 報 J-REITの 投 資 環 境 ファンドのご 案 内 P. 2 P.1 P.22 当 ファンドの 参 考 指 数

J-REIT リサーチ オープン ( 毎 月 決 算 型 )/( 年 2 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 目 次 J-REIT 基 本 情 報 J-REITの 投 資 環 境 ファンドのご 案 内 P. 2 P.1 P.22 当 ファンドの 参 考 指 数

ファンド参考指数で使用するインデックス著作権等について 東証REIT指数とは、株式会社東京証券取引所(以下「東証」といいます。)が算出、公表する指数で、東京証券取引所に上場しているREIT(不動産投資信託証券)全銘柄を対 象とした時価総額加重型指数です。「配当込み」指数は、配当収益を考慮して算出したものです。 同指数は、東証知的財産であり、指数算出、指数値公表、利用など同指数に関する全て権利は、東証が有しています。 なお、東証は、ファンド設定または売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しません。
さらに見せる

32 さらに読み込む

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1

※J-REITはわが国法律に基づく不動産投資信託ですが、国内不動産に限らず、海外不動産を組み入れることも可能です。このため、 海外不動産を組み入れた場合には、その部分については間接的に為替変動影響を受けることになります。 ※各資産使用インデックスは以下とおりです。 国内株式:東証株価指数(TOPIX)、国内債券: NOMURA-BPI総合、外国株式:MSCIコクサイ・インデックス(除く日本)、外国債券: シティ世界国債インデックス(除く日本)、J-REITは三井住友トラスト基礎研究所算出予想配当利回り
さらに見せる

12 さらに読み込む

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 国 内 不 動 産 投 信 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 その 他 資 産 (( 注 )) 年 1

(注)海外指数は、為替ヘッジなしによる投資を想定して、円ベース を使用しております。 ※1 TOPIX(東証株価指数)とは、株式会社東京証券取引所(以下「東証」)が算出、公表する指数で、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対 象とした時価総額加重型株価指数です。 「配当込み」指数は、配当収益を考慮して算出した株価指数です。同指数は、東証知的財産であり、指数算出、指数値 公表、利用など同指数に関する全て権利は、東証が有しています。なお、東証は、ファンド設定又は売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しません。 ※2 MSCIコクサイ・インデックスとは、MSCI Inc.が開発した日本を除く世界主要国株式市場動きを表す株価指数で、株式時価総額をベースに算出されます。また
さらに見せる

12 さらに読み込む

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 内 外 資 産 複 合 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 為 替 ヘッジ その 他 資 産 (( 注

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 内 外 資 産 複 合 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 為 替 ヘッジ その 他 資 産 (( 注

(注)海外指数は、為替ヘッジなしによる投資を想定して、円ベース指数 を使用しております。 ※1 TOPIX(東証株価指数)とは、株式会社東京証券取引所(以下「東証」)が算出、公表する指数で、東京証券取引所市場第一部に上場している内国普通株式全銘柄を対 象とした時価総額加重型株価指数です。 「配当込み」指数は、配当収益を考慮して算出した株価指数です。同指数は、東証知的財産であり、指数算出、指数値 公表、利用など同指数に関する全て権利は、東証が有しています。なお、東証は、ファンド設定又は売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しません。 ※2 MSCIコクサイ・インデックスとは、MSCI Inc.が開発した日本を除く世界主要国株式市場動きを表す株価指数で、株式時価総額をベースに算出されます。また
さらに見せる

12 さらに読み込む

(2) JPX 日 経 インデックス400の 発 表 日 本 取 引 所 グループと 東 証 および 日 本 経 済 新 聞 社 は2014 年 1 月 株 価 指 数 JPX 日 経 インデッ クス400 の 算 出 を 開 始 した これは 投 資 者 にとって 投 資 魅 力 の 高 い 会

(2) JPX 日 経 インデックス400の 発 表 日 本 取 引 所 グループと 東 証 および 日 本 経 済 新 聞 社 は2014 年 1 月 株 価 指 数 JPX 日 経 インデッ クス400 の 算 出 を 開 始 した これは 投 資 者 にとって 投 資 魅 力 の 高 い 会

EY Institute 12 May 2015 はじめに 2014年においても6月株主総会シーズンが目前に迫ってきた。3月決算企業多くにおいて は既に、招集通知に記載する株主総会議案内容が固まっており、取締役会決議を経て印刷・ 発送する段取りを進めると共に、総会議案(会社提案)に対する賛成票をいかに多く確保できる か、票読みならびに票集めに向けた対応を検討するステージに入っているものと推察される。 2013年株主総会シーズンにおいては、世界最大手議決権行使助言会社であるインスティ テューショナル・シェアホールダーズ・サービシーズ社(以下、 ISS社)ポリシー改定(後述)もあ り、社外取締役不在・不足が大きく取り上げられた。 2014年も同テーマは引き続き注目される が、コーポレートガバナンス実効性すなわち企業価値向上に対する関心も同時に高まってい る。特に機関投資家はわが国企業に対して、 ROE(自己資本利益)が低いことに不満を表して おり、議決権行使のみならず総会前後エンゲージメント(後述)を通じた、投資先に対する働き 掛けが活発化するだろう。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目 次 ファンドの 特 色 P. 各 通 貨 コースの 運 用 状 況 P. 4~5 通 貨 選 択 型 ファンドに 関 する 留 意 事 項 収 益 分 配 金 に 関 する 留 意 事 項 P. 3 P. 4 <ご 参 考 > 投 資 対 象 ファンド (ミズホ ジャパン リート ファンド)の

目 次 ファンドの 特 色 P. 各 通 貨 コースの 運 用 状 況 P. 4~5 通 貨 選 択 型 ファンドに 関 する 留 意 事 項 収 益 分 配 金 に 関 する 留 意 事 項 P. 3 P. 4 <ご 参 考 > 投 資 対 象 ファンド (ミズホ ジャパン リート ファンド)の

※JPモルガンELMI+は、JPモルガン社が算出し公表している新興国現地通貨建て短期金融市場収益を表す指数で、主に新興国NDF取引等を基に算出される指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切 権利はJPモルガン社に帰属します。またJPモルガン社は、同指数内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。 ※上記「為替取引によるプレミアム/コスト」は、2016年1月末現在短期金利差を用いた簡便法によるものであり、実際値とは異なります。 ※上記グラフは、将来における各通貨短期金利、為替取引によるプレミアム/コストおよびJリート配当利回りを保証するものではありません。また、実際為替取引によるプレミアム/コストは相場動向等により、各通 貨短期金利差と異なる場合があります。
さらに見せる

32 さらに読み込む

2016 年 第 1 四 半 期 業 績 当 四 半 期 は 日 経 平 均 株 価 が 約 15 年 ぶりに20,000 円 台 を 回 復 するなど 活 況 な 相 場 を 背 景 に 委 託 売 買 代 金 や 投 資 信 託 残 高 が 前 四 半 期 比 増 加 各 収 益 利 益 項 目

2016 年 第 1 四 半 期 業 績 当 四 半 期 は 日 経 平 均 株 価 が 約 15 年 ぶりに20,000 円 台 を 回 復 するなど 活 況 な 相 場 を 背 景 に 委 託 売 買 代 金 や 投 資 信 託 残 高 が 前 四 半 期 比 増 加 各 収 益 利 益 項 目

・ SBI証券取扱商品は、各商品毎に所定手数料や必要経費等をご負担いただく場合があります。また、各商品等は価格変動等により損失が生じるおそれがあります。各 商品等へ投資に際してご負担いただく手数料等及びリスクは商品毎に異なりますので、詳細につきましては、SBI 証券WEB サイト当該商品等ページ、金融商品取引法に係 る表示又は契約締結前交付書面等をご確認ください。 ・ NISA口座開設は、金融機関を変更した場合を除き、1人につき1口座に限られ、複数金融機関にはお申し込みいただけません。金融機関変更により、複数金融機関で NISA口座を開設されたことになる場合でも、各年において1つNISA口座でしかお取引いただけません。また、NISA口座内に保有されている商品を他金融機関に移管すること もできません。なお、金融機関を変更される年分非課税管理勘定にて、既に金融商品をお買付されていた場合、その年分について金融機関を変更することはできません。 ・ 万一、他金融機関にNISA口座をお申し込み場合には、SBI証券にNISA口座を開設することができず、NISA口座開設遅れ等が発生する場合があります。すでに他金融 機関に口座開設申し込みをされたお客様は、SBI証券へNISA口座開設お申し込みとあわせて、当該金融機関へキャンセルご連絡をおねがいいたします。なお「非課税 適用確認書」がすでに交付されており、当該金融機関でNISA口座開設が完了している場合は、SBI証券でNISA口座開設することはできません。
さらに見せる

27 さらに読み込む

目 次 三 菱 UFJ ワールド 資 源 株 オープン(3ヵ 月 決 算 型 )のご 報 告 最 近 5 作 成 期 の 運 用 実 績... 1 当 作 成 期 中 の 基 準 価 額 と 市 況 等 の 推 移... 1 当 作 成 期 の 運 用 経 過... 2 収 益 分 配 金... 5

目 次 三 菱 UFJ ワールド 資 源 株 オープン(3ヵ 月 決 算 型 )のご 報 告 最 近 5 作 成 期 の 運 用 実 績... 1 当 作 成 期 中 の 基 準 価 額 と 市 況 等 の 推 移... 1 当 作 成 期 の 運 用 経 過... 2 収 益 分 配 金... 5

(注) MSCIワールドエナジーインデックス(円換算ベース)は、MSCI Inc.が開発した石油・天然ガス等エネルギー関連株式で構成される株価指数であるMSC Iワールドエナジーインデックスをもとに委託会社が計算したものです。MSCIワールドエナジーインデックスに関する著作権その他知的所有権はMSCI Inc.に帰属しており、その許諾なしにこのインデックス全部または一部を複製・配付・使用等することは禁じられています。 (注) 外国指数は、基準価額へ反映に合わせて前営業日値を使用しております。 (注) 株式組入比率には新株予約権証券を含めて表示しております。
さらに見せる

20 さらに読み込む

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

c. 投 資 口 の 譲 渡 に 係 る 税 務 個 人 投 資 主 が 投 資 口 を 譲 渡 した 際 の 譲 渡 益 は 株 式 等 に 係 る 譲 渡 所 得 等 として 原 則 20%( 所 得 税 15% 住 民 税 5%)の 税 率 による 申 告 分 離 課 税 の 対 象 となりま

① 投資主税務 (イ) 個人投資主税務 a. 利益分配に係る税務 個人投資主が投資法人から受取る利益分配は、配当所得として取り扱われ、原則20%税率により所得 税が源泉徴収された後、総合課税対象となります。配当控除適用はありません。この規定は、本投資法 人が利益配当等額を損金算入するため要件(導管性要件)を満たさない場合も同様です。また、平成25 年1月1日から平成49年12月31日まで間は、所得税額に2.1%税率を乗じて計算した金額に相当する 復興特別所得税が併せて課されます。なお、各個人投資主が有する出資口数によっては、上場株式等配当 等に係る特例対象となり、その課税関係は以下とおり異なります。
さらに見せる

5 さらに読み込む

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有 収 率 (%) 年 間 総 有 収 水 量 年 間 総 配 水 量 100 施 設 効 率 を 見 る 場 合 施 設 の 稼 働 状 況 がそのまま 収 益 につながっているかについては 有 収 率 で 確 認 することが 重 要 である 有 収 率 が 低 いということは 漏 水 が 多 い

有形固定資産減価償却累計額÷有形固定資産うち償却対象資産帳簿原価×100 償却資産における減価償却済部分割合を示す比率である。この比率により減価償却進み具合 や資産経過年数を知ることができる。比率向上は、相対的に資本費(減価償却費)減少を意 味するが、同時に施設老朽化度合を示していることから、修繕費発生や生産能力低下を知ら せるものでもある。すなわち、償却資産減価償却進み具合を分析することによって、将来施設 更新必要性や今後修繕費発生見込みを推測し、今後設備投資計画を立てる際参考とするこ とができる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 国 内 外 の 公 社 債 およびわが 国 の 株 式 に 実 質 的 に 投 資 し 投 資 信 託 財 産 の 成 長 と 安 定 した 収 益 の 確 保 を 目 的 として 安 定 運 用 を 行 います <ファンドの 特 色

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 国 内 外 の 公 社 債 およびわが 国 の 株 式 に 実 質 的 に 投 資 し 投 資 信 託 財 産 の 成 長 と 安 定 した 収 益 の 確 保 を 目 的 として 安 定 運 用 を 行 います <ファンドの 特 色

東証株価指数(TOPIX) (配当込み)は、東京証券取引所第一部に上場している国内普通株式全銘柄を対象として算出した指数で、配当を考慮したものです。なお、TOPIXに 関する著作権、知的財産権その他一切権利は東京証券取引所に帰属します。 MSCI-KOKUSAIインデックス(配当込み、円ベース) MSCI-KOKUSAIインデックス(配当込み、円ベース)は、MSCI Inc.が開発した、日本を除く世界先進国株式を対象として算出した指数で、配当を考慮したものです。な お、MSCI Indexに関する著作権、知的財産権その他一切権利は、MSCI Inc.に帰属します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 株 価 指 数 先 物 取 引 の 買 建 て 額 SBI 日 本 株 3.7ブル この 投 資 信 託 は わが 国 の 公 社 債 に 投 資 するとともに 株 価 指 数 先 物 取 引 を 積 極 的 に 活 用 し 日 々の 基 準 価 額

ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 株 価 指 数 先 物 取 引 の 買 建 て 額 SBI 日 本 株 3.7ブル この 投 資 信 託 は わが 国 の 公 社 債 に 投 資 するとともに 株 価 指 数 先 物 取 引 を 積 極 的 に 活 用 し 日 々の 基 準 価 額

した指数で、配当を考慮したものです。なお、MSCI Index に関する著作権、知的財産権その他一切権利は、MSCI Inc.に帰属します。 ・ NOMURA-BPI国債は、野村證券株式会社が発表している日本国債市場動向を的確に表すために開発された投資収益指数です。 なお、NOMURA-BPI国債に関する著作権、商標権、知的財産権その他一切権利は、野村證券株式会社に帰属します。 ・ シティ世界国債インデックス(除く日本、円換算ベース)は、Citigroup Index LLCが開発した、日本を除く世界主要国国債総合 収益を各市場時価総額で加重平均した指数です。なお、シティ世界国債インデックスに関する著作権、商標権、知的財産権その他 一切権利は、Citigroup Index LLCに帰属します。
さらに見せる

12 さらに読み込む

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 日 本 を 除 く 世 界 主 要 先 進 国 の 公 社 債 に 実 質 的 に 投 資 し 長 期 的 に 安 定 した 収 益 確 保 と 投 資 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 します <ファンドの 特 色 > 1.

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 日 本 を 除 く 世 界 主 要 先 進 国 の 公 社 債 に 実 質 的 に 投 資 し 長 期 的 に 安 定 した 収 益 確 保 と 投 資 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 します <ファンドの 特 色 > 1.

(計算式) ▶想定元本額 = 額面金額 × 利払時物価指数 発行時物価指数     ▶受取利金額 = 想定元本額 × 表面利率 上図は物価連動国債一般的な仕組みを簡略化して示したものであり、発行国によっては仕組みが異なる場合があります。 上図では毎年一定幅で物価指数が上昇することとしていますが、実際には上昇幅が変動または物価指数が下落する場合がありま す。また、償還時点物価水準が発行時に比べて低い場合は、イギリスやカナダなど一部国が発行する物価連動国債は償還 額が当初元本を割り込むことがあります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

連 結 株 主 資 本 等 変 動 計 算 書 株 主 資 本 平 成 27 年 4 月 1 日 から 平 成 28 年 3 月 31 日 まで 資 本 金 資 本 剰 余 金 利 益 剰 余 金 自 己 株 式 株 主 資 本 合 計 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 百 万 円 当

当社は、様々な事業環境変化に対応するため、平成26年4月から開始した「中期経営計画」に掲げ る基本方針「新しい価値を創造する企業に生まれ変わり、スピード感ある革新的ソリューションで、 国内外ロジスティクス事業を拡充する」に基づき、様々な施策を実施しております。 こうした取組み一環である埼玉県幸手市における消費財物流センター建設計画を契機に、有形固定 資産減価償却方法について再検討したところ、有形固定資産は耐用年数にわたり安定的な使用状況 であり、収益に安定的に貢献することが見込まれることから、取得原価費用配分方法としては、定 額法方が経済実態をより適切に反映すると判断いたしました。
さらに見せる

16 さらに読み込む

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その

商 品 分 類 属 性 区 分 単 位 型 追 加 型 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 補 足 分 類 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 対 象 インデックス 追 加 型 国 内 株 式 インデックス 型 その

◦当該指数構成銘柄入替えあるいは当該指数算出方法変更による影響 ※ ファンドは、株式実質組入比率維持等ために株価指数先物にも投資することがあります。 〈「日経平均株価」著作権等について〉 ① 「日経平均株価」は、株式会社日本経済新聞社によって独自に開発された手法によって、算出される著作物であり、株式 会社日本経済新聞社は、 「日経平均株価」自体および「日経平均株価」を算定する手法に対して、著作権その他一切知 的財産権を有しています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

いちよしファンドラップ 専 用 投 資 信 託 内 外 株 式 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 為 替 ヘッジ 追 加

いちよしファンドラップ 専 用 投 資 信 託 内 外 株 式 単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 為 替 ヘッジ 追 加

MSCI-KOKUSAI インデックス(配当込み、円ベース)は、MSCI Inc.が開発した、日本を除く世界先進国株式を対象として算出した指数で、 を考慮したものです。なお、MSCI Indexに関する著作権、知的財産権その他一切権利は、MSCI Inc.に帰属します。 MSCI エマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円ベース) MSCI エマージング・マーケット・インデックス(配当込み、円ベース)は、MSCI Inc.が開発した、世界新興国株式を対象として算出した指数で、 を考慮したものです。なお、MSCI Indexに関する著作権、知的財産権その他一切権利は、MSCI Inc.に帰属します。
さらに見せる

24 さらに読み込む

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 株 式 移 動 自 己 株 取 得 増 資 株 主 割 当 増 資 第 三 者 割 当 増 資 新 株 予 約 権 Ⅰ 株 主 構 成 適 正 化 の 手 段 1 社 長 ( 父 親 支 配 関 係 株 主 )が 長 男 に 自 社 株 を 贈 与 する

おいて「財産評価基本通達」という。) 178から189-7まで《取引相場ない株式例によって算定した価額によっているときは、課税上弊害がない限り、次によるこ とを条件としてこれを認める。(昭 55年直法2-8「三十一」により追加、昭58年直法2- 11「七」、平2年直法2-6「三」、平3年課法2-4「八」、平12年課法2-7「十六」、平12年 課法2-19「十三」、平17年課法2-14「九」、平19年課法2-17「十九」により改正) (1) 当該株式価額につき財産評価基本通達179例により算定する場合 (同通達 189-3(1)において同通達179に準じて算定する場合を含む。)において、当該法人
さらに見せる

13 さらに読み込む

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

金利変動リスク 投資信託証券へ投資を通じて、実質的に債券を投資対象とする場合があります。 投資対象としている国金利水準が上昇(低下)した場合には、一般的に債券価格は 下落(上昇)し、基準価額変動要因となります。 為替変動リスク 投資信託証券へ投資を通じて外国有価証券等に投資を行なう場合は、各国 通貨対円で為替レート変動によりファンド基準価額が変動します。ファン ドは、実質的な外貨建資産について原則として為替ヘッジを行なわないため、為替 レートが円高方向に変動した場合には、基準価額が下落する要因となります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

Show all 10000 documents...