胞およびCHO細胞ベース)

Top PDF 胞およびCHO細胞ベース):

膵β細胞機能における小胞体ストレスの役割の検討 : XBP-1および関連分子の解析

膵β細胞機能における小胞体ストレスの役割の検討 : XBP-1および関連分子の解析

本研究は、糖尿病におけるインスリン分泌低下のメカニズムを解明するため、spliced formのXBP-1(XBP-1s)を過剰発現させたMIN6細胞および、膵β細胞特異的XBP-1s過 剰発現マウスを用いて、膵β細胞のインスリン分泌低下における小体ストレスの役割の 検討を試みたものであり、下記の結果を得ている。

2 さらに読み込む

肥大化ヒト人工多能性幹(iPS)細胞由来心筋細胞の性状解析; 高度に精製されたヒトiPS細胞由来心筋細胞において低密度培養は肥大化および電気的リモデリングを誘導する

肥大化ヒト人工多能性幹(iPS)細胞由来心筋細胞の性状解析; 高度に精製されたヒトiPS細胞由来心筋細胞において低密度培養は肥大化および電気的リモデリングを誘導する

る活動電位持続時間の延長を指標として、カリウムイオンチャネル阻害剤による作用を確認した。 (結果) 細胞を通常の 1/4~1/5 程度( 500–1200 cells/mm 2 )の低密度状態で培養すると、1 週間後には個々の細 面積が最大でおよそ 10 倍に肥大化する現象が観察された。この細胞を通常の肥大化していない心筋と比

4 さらに読み込む

バラ、カーネーションおよびトルコギキョウの花弁表皮細胞の観察-香川大学学術情報リポジトリ

バラ、カーネーションおよびトルコギキョウの花弁表皮細胞の観察-香川大学学術情報リポジトリ

の形態は同じものの筋状の微細構造を有する品種と有 しない品種が存在していることが報告されており (3) ,本 研究で用いた4品種は筋状の微細構造を有していたが, 濃赤色系の‘ブラックバッカラ’,赤色系の‘ローテローゼ’ でのみベルベット様の発色を示した事から,アントシア ニン量や種類と花弁表皮細胞上の微細構造の組み合わせ がベルベット様の発色に深く関わっていると考えられ た.花弁の向軸面と背軸面の花弁表皮細胞の形態の違い の他に,花弁の基部に向かうにつれて細胞の形が異なる ことが報告されている (1,4) .花弁先端部近傍で平面状細
さらに見せる

5 さらに読み込む

iPS細胞およびそのゲノム編集を利用した腫瘍免疫療法に関する研究

iPS細胞およびそのゲノム編集を利用した腫瘍免疫療法に関する研究

細胞傷害性試験にて示した。また NSG マウスに腫瘍を移植した in vivo 腫瘍実 験において、RAG2 KO GPC3 T-iPSC 細胞由来 CD8T 細胞は、有意に生存期 間を延長させることを示すことができた。 ここまでの T-iPSC を使用した実験で得た知見をもとに、私は TCR 遺伝子を iPS 細胞に導入することで、T-iPSC と同様の事が出来るのではないかと考え た。HLA –A-B-C 鎖をマッチさせた iPS 細胞から分化した細胞は、同種移植に 使用しても拒絶されにくい事が分かってきており、現在 HLA 頻度の高い型を 持つ健常人より、同種移植用の HLA typed iPS 細胞が樹立され始めている。私 は、日本人で最も頻度が高い HLA である、HLA-A2402 また、各種の癌細胞 に発現している癌抗原である Willmus Tumor 1 (WT1) 特異的な TCR をクロ ーニングし、発現ベクターを構築した。この WT1 TCR を、HLA-A2402 陽性 のストック iPS 細胞に導入し、分化を行ったところ、T-iPSC で可能であった のと同様に、HLA-A2402、WT1 抗原特異性を示す CD8細胞を分化させる ことに成功した。
さらに見せる

3 さらに読み込む

心臓細胞運命決定および心臓再生に関わる転写因子Sall1の研究

心臓細胞運命決定および心臓再生に関わる転写因子Sall1の研究

第3章では、出生後も Sall1 が機能する可能性を述べている。第2章において Sall1 が心臓発生過程において心臓前駆細胞特異的に発現することが明らかに なったことから、出生後においても存在するとされる心臓前駆細胞を特定する 良い指標となると考えられた。興味深いことに、心臓先芯部を切除すると 12 時 間以内に切除領域にて Sall1 陽性細胞が再出現し、培養系と生体マウスを用いて 一部は心筋へと分化することが確認された。さらに、一過的に Sall1 を再発現す る細胞集団は Thy1 陽性の線維芽細胞であり、これらの結果は線維芽細胞の可逆 的な作用の一端を発見した研究結果であると考えられる。本章での結果は、心 臓先端部の切除による外科的ストレスが発端となり脱分化を起こした細胞が Sall1 を特異的に発現している可能性や、出生後内皮で発現する Sall1 が分化転 換をする可能性も残されており、今後、心臓再生過程における新たな現象が明 らかになることが期待される。
さらに見せる

3 さらに読み込む

下垂体発生においてHes1/Hes5遺伝子は前駆細胞を未分化な状態に維持し、前葉細胞と中葉細胞との分化決定および後葉形成を制御する

下垂体発生においてHes1/Hes5遺伝子は前駆細胞を未分化な状態に維持し、前葉細胞と中葉細胞との分化決定および後葉形成を制御する

(下垂体発生において Hes1/Hes5 遺伝子は前駆細胞を未分化な状態に維持し、前葉細胞 と中葉細胞との分化決定および後葉形成を制御する) (論文内容の要旨) 【はじめに】下垂体は、腺性下垂体(前葉および中葉)と神経下垂体(後葉) からなる。下垂体の形成には前駆細胞の分化、増殖が必要であるが、そのため には各種シグナル伝達物質や転写因子が重要な役割を果たすといわれている。 しかしながら、下垂体前駆細胞の維持、分化機構については不明の点が多かっ た。 Hes 遺伝子は Notch の下流因子で、bHLH 型の抑制型転写因子である。今回、 Notch シグナルの重要なエフェクターである Hes1 および Hes5 に着目し、マウ
さらに見せる

2 さらに読み込む

メダカにおける膵臓の正常発生およびβ細胞再生過程の解析

メダカにおける膵臓の正常発生およびβ細胞再生過程の解析

最後に、メダカβ細胞を特異的に破壊できる ins-GFP-NTR トランスジェニッ ク系統を作出し、β細胞の再生能の検証を行った。 NTR は大腸菌由来の酵素で あり、基質である Mtz 存在下で細胞死を引き起こす。咽頭胚期に Mtz を6日間 投与した胚において、β細胞が顕著に減少している様子が観察された。なお、 この時点で第二次小島はまだ出現しておらず、第一次小島のみを破壊した後の 再生過程を観察した。β細胞破壊後約2週間でβ細胞の再生が確認できたこと から、メダカもゼブラフィッシュと同様にβ細胞の高い再生能を持つ可能性が 高いと結論した。また興味深いことに、β細胞破壊後5ヶ月の成魚を観察した ところ、コントロール群と比べ、第二次小島がより大きく発達していることが 明らかとなった。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Photo. 1 大脳皮質 / 圧挫標本 a) パパニコロウ染色 (Pap, 対物 40) 正常組織では, 神経細胞, 星膠細胞, 乏突起膠細胞がバランスよく出現しているが, 胞体や突起, 線維とも不明瞭である. 神経基質は微細な網目状構造として認める. b) GFAP 免疫染色 (GFAP, 対物

Photo. 1 大脳皮質 / 圧挫標本 a) パパニコロウ染色 (Pap, 対物 40) 正常組織では, 神経細胞, 星膠細胞, 乏突起膠細胞がバランスよく出現しているが, 胞体や突起, 線維とも不明瞭である. 神経基質は微細な網目状構造として認める. b) GFAP 免疫染色 (GFAP, 対物

I.正常脳実質に見られる細胞の所見 -パパニコロウ染色- (Photo.1) 1. 神経細胞:豊富な細胞質を有し,多極性の細胞突起を認める.核は大型類円形で中心部に位置 し通常明瞭な核小体 1 個有する. 2. 星膠細胞:淡く微細顆粒状クロマチンの類円形核と細胞質縁不明瞭なライトグリーン好染性の 細胞質を有する.

6 さらに読み込む

鎖骨頭蓋異形成症(CCD)患者歯髄細胞由来疾患特異的ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)の単層無血清培養系での樹立およびその細胞特性に関する研究

鎖骨頭蓋異形成症(CCD)患者歯髄細胞由来疾患特異的ヒト人工多能性幹細胞(iPS細胞)の単層無血清培養系での樹立およびその細胞特性に関する研究

5. CCD-iPS 細胞を骨分化誘導し、骨分化の指標である Alizarin red 染色および Alkaline Phosphatase 染色を行ったところ、control(Tic および DPC-iPS)と比較し、染色強度が 低下していた。 6. CCD-iPS 細胞を軟骨分化誘導し、Alcian Blue & PAS 染色を行ったところ、control(Tic および DPC-iPS)と比較し、Alcian Blue 陽性の細胞が低下していた。

2 さらに読み込む

Powered by TCPDF ( Title Sub Title Author CHDファミリーによる神経幹細胞およびグリオーマ幹細胞制御機構の解明 Functional analysis of CHD family in neural stem cells and

Powered by TCPDF ( Title Sub Title Author CHDファミリーによる神経幹細胞およびグリオーマ幹細胞制御機構の解明 Functional analysis of CHD family in neural stem cells and

Publication year 2014 Jtitle 科学研究費補助金研究成果報告書 (2013. ) Abstract CHD7がマウス神経幹細胞に発現し、MIFやPAX6により発現制御を受けうることが明らかとなった 。また、CHD7の下流にはHes5やN-Mycが存在していることが判明した。CHD7がマウス神経幹細 細胞増殖や幹細胞性維持に貢献していることが示されたが、ヒトES細胞由来神経幹細胞の細 増殖制御にも貢献しうることが明らかとなった。CHD7変異マウス胎児脳を解析したとことTbr2 /Ki67陽性細胞の減少を見出した。このことは、神経発生初期のニューロン新生においてCHD7が 貢献しうることを示している。さらに、CHD7がグリオーマ幹細胞細胞増殖に貢献していること を新たに見出した。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること

また、サーババンドル版のサーバライセンスには、CAL が付属しておりません。サーババンドル版のサー バライセンスをご購入の際には、併せて必要数分の追加 CAL を手配いただく必要があります。 ◆パッケージ版のライセンスについて パッケージ版では、サーバライセンスおよびコアライセンスを必要な数だけご購入いただきます。

8 さらに読み込む

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること

ライセンスの注意事項 サーババンドル版のライセンスについてサーババンドル版では 通常のサーバライセンスおよび 4 コアライセンスを ベースライセンス 追加サーバライセンスおよび追加 2 コアライセンスを 追加ライセンス と呼びます 1 台の物理サーバに対してベースライセンスは 1 つしか購入すること

Microsoft® SQL Server 2016 は、以下の製品群で構成されています。 ◆データベース・サーバ ■SQL Server 2016 Enterprise Edition SQL Server 2016 Enterprise Edition は、ミッションクリティカルなシステムおよびデータ ウェアハウスの 構築に適したエディションです。

8 さらに読み込む

間葉系幹細胞のin vivoおよびex vivo分化誘導を併用した細胞治療の開発 : 大規模歯周組織欠損再生への展開

間葉系幹細胞のin vivoおよびex vivo分化誘導を併用した細胞治療の開発 : 大規模歯周組織欠損再生への展開

次にビーグル犬の両側下顎第 3 小臼歯の近遠心および第 1 大臼歯の近心に深さと近遠心 幅が 4 mm の炎症性の1壁性歯周組織欠損モデルを作製し,移植実験を行った。根表面はセ メント質および歯周靭帯を再生させることを目的に,24%EDTA で 30 秒間根面処理後,アテ ロコラーゲンゲルを担体として未分化 MSCs を移植した。また,移植体として A) PLGA ブロ ックのみ,B) PLGA ブロック+未分化 MSCs,C) PLGA ブロック+骨分化誘導した MSCs を用 いた。移植から 6 週間経過観察後,潅流固定を行い,標本作製後,HE 染色および Azan 染 色にて組織観察を行った。また脱灰前に欠損をマイクロ CT 撮影し,新生骨量を評価した。 すべての群において,欠損内部に PLGA ブロックが一部残存していたが,根表面にセメン ト質および歯周靭帯が再生しており,上皮の根尖側への侵入は認められなかった。既存の 歯槽骨から骨様組織の再生が確認され,根面付近ではグループ A および B では底部ノッチ 付近,グループ C では上部ノッチ付近まで骨が再生した。マイクロ CT 撮影から解析した欠 損部に対する新生骨量は,グループ A,B,C でそれぞれ 10.9±8.3 %,13.3±8.9 %,23.6 ±5.9 %で,グループ A と比較してグループ C で有意に骨が再生した。
さらに見せる

3 さらに読み込む

ケラチン繊維の構造からみたプロテクト機能 : クチクルおよび細胞膜複合体の役割

ケラチン繊維の構造からみたプロテクト機能 : クチクルおよび細胞膜複合体の役割

はじめに 晴乳動物の体毛(ケラチン繊維)は生体保護機能を果 たす皮膚の補助的働きをしている。表皮の角質細胞と同 様に,太陽からの各種放射線大気中の酸素をはじめと する各種ガスおよび微生物,それらを溶解・付着した雨 や水蒸気などの刺激(リスク)から防護する役割を果た している。 そのため,体毛はそれらの外的刺激により損傷を受け るが,あるサイクルを経て生え替わることにより[r]

11 さらに読み込む

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repositor Title マクロファージとその亜群 ならびに近縁細胞 Author(s) 高橋, 潔 Citation マクロファージの起源 発生と分化 : メチニコフの食細 Issue date 2008 胞 アショッフ 清野の

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repositor Title マクロファージとその亜群 ならびに近縁細胞 Author(s) 高橋, 潔 Citation マクロファージの起源 発生と分化 : メチニコフの食細 Issue date 2008 胞 アショッフ 清野の

単芽球では 1 以上であり、単芽球や前単球では核小体を有し、単芽球の核小体はより大型 で、通常 1 個有する。PO 活性は単芽球と前単球では核周、粗面小体、顆粒に局在し、前 単球ではゴルジ装置にも PO 活性の局在を示す。単芽球は原形質内にリボゾームが豊富で、 May-Grünnwald-Giemsa 染色では好塩基性を示す。これらの単球系細胞を認識するモノク ロナール抗体がいろいろ作製され、これらのモノクロナール抗体を用いると、単球系細胞 の同定は可能である。しかし、これらのモノクロナール抗体を用いての免疫組織化学的染 色法では単芽球、前単球、単球の識別は困難で、PO 酵素電顕法による超微形態学的検索を
さらに見せる

17 さらに読み込む

クルクミンおよび類縁体の培養細胞への取り込み量の評価 : 細胞内移行と生理作用発現機構の関係解明に向けて 49 < 平成 26 年度助成 > クルクミンおよび類縁体の培養細胞への取り込み量の評価 : 細胞内移行と生理作用発現機構の関係解明に向けて 仲川清隆 ( 東北大学大学院農学研究科 ) 1. ク

クルクミンおよび類縁体の培養細胞への取り込み量の評価 : 細胞内移行と生理作用発現機構の関係解明に向けて 49 < 平成 26 年度助成 > クルクミンおよび類縁体の培養細胞への取り込み量の評価 : 細胞内移行と生理作用発現機構の関係解明に向けて 仲川清隆 ( 東北大学大学院農学研究科 ) 1. ク

を調べたが、いずれも細胞からきわめて微量しか 検出されない、あるいは検出限界以下であった (Figs. 5, 6 ; いずれもHepG2の解析例)。以上よ り、CURは代謝物および類縁体と区別されて積 極的に細胞に取り込まれている可能性が新たに示 唆された。

7 さらに読み込む

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repositor Title Metchnikoff の食細胞学説 Author(s) 高橋, 潔 Citation マクロファージの起源 発生と分化 : メチニコフの食細 Issue date 2008 胞 アショッフ 清野の細網内

熊本大学学術リポジトリ Kumamoto University Repositor Title Metchnikoff の食細胞学説 Author(s) 高橋, 潔 Citation マクロファージの起源 発生と分化 : メチニコフの食細 Issue date 2008 胞 アショッフ 清野の細網内

4) Metchnikoff の食細胞学説の功績と影響 1908 年 Metchnikoff は Ehrlich とともにノーベル生理医学賞に選ばれ、1909 年受賞の ためストックホルムを訪れた。彼の食細胞学説は医学の分野で細胞の面から貪食現象を生 体防御上最も基本的な問題として提唱し、大きな革新をもたらし、一般に容認される至っ た功績は多大であって、それ以降の医学の発展と進歩に大きく貢献した。この学説の基礎 には、彼の研究生活の前半に行われた“原生動物から後生動物に至る動物の進化の過程で、 単核性食細胞、すなわちマクロファージを生体の維持と防御上最も重要な基本的細胞と捉 え、その系統発生を見通し、それを縦軸として、さらに個々の種族の動物の個体発生にお けるマクロファージの役割を検討し、これを横軸にマクロファージの本態を究明しようと した試み”と見做される実に広大な構想であった。彼はこれに時間軸を加え、単細胞から
さらに見せる

22 さらに読み込む

コラーゲン特異的分子シャペロンHsp47の欠損は,肝星細胞(HSCs)の小胞体ストレス介在性アポトーシスを引き起こす

コラーゲン特異的分子シャペロンHsp47の欠損は,肝星細胞(HSCs)の小胞体ストレス介在性アポトーシスを引き起こす

以上の研究により,活性型HSCsにおけるHsp47の欠損は,オートファジーの阻害下 において,小体ストレスが惹起し,小体ストレス経路のアポトーシスが誘導され ることが分かった.またこれにより,線維化の治療では,Hsp47の抑制とともに, オートファジーを阻害することが有効であることが分かった.

3 さらに読み込む

マウス胸腺における脂肪化および脂肪細胞分化

マウス胸腺における脂肪化および脂肪細胞分化

Secondly, we detected FGF10, PPARy and leptin mRNA expressions by the RTPCR method as the indication of adipogenesis in the thymus from embryo just before birth [r]

8 さらに読み込む

Show all 8735 documents...