育 児 休 業 の 取 得 に 対 す る 職 場 の 理 解

Top PDF 育 児 休 業 の 取 得 に 対 す る 職 場 の 理 解:

常 勤 職 員 の 育 児 休 業 の 取 得 率 をみると 5.5% 99.3%となっており 前 年 度 に 比 べ は0.9ポイント は1.2ポイントの 増 加 ( 前 年 度 4.6% 98.1%)となっています 取 得 率 (%) 育 児 休 業 取 得 率 ( 常 勤 職 員 ) 取 得

常 勤 職 員 の 育 児 休 業 の 取 得 率 をみると 5.5% 99.3%となっており 前 年 度 に 比 べ は0.9ポイント は1.2ポイントの 増 加 ( 前 年 度 4.6% 98.1%)となっています 取 得 率 (%) 育 児 休 業 取 得 率 ( 常 勤 職 員 ) 取 得

(注)(1) 「育児休業」は、3歳達するまで子(非常勤職員については原則として1歳達するまで子) を養育するため休業をすることができる制度。 (2) 「取得率」とは、平成26年度中新た育児休業が可能となった職員数に対する同年度中新た 休業をした職員数割合をいう。なお、平成26年度中新た育児休業が可能となった職員数とは、 男性職員は同年度中子が生まれた職員を、女性職員は同年度中産後休暇が終了した職員(平成26年 2月3日から平成27年2月2日まで出産した女性職員)をいう。
さらに見せる

8 さらに読み込む

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

ハ 1 週 間 の 所 定 労 働 日 数 が2 日 以 下 の 職 員 ( 育 児 休 業 の 申 出 等 ) 第 4 条 育 児 休 業 を 取 得 しようとする 職 員 は 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 期 間 の 初 日 ( 以 下 育 児 休 業 開 始 予 定 日 という )

2月1日施行)附則第4項第一号、第三号及び第四号規定適用については、同項第 一号中「号給本給月額(」とあるは「号給本給月額国立大学法人電気通信大学 職員育児休業等規程(以下「育児休業等規程」という)第24条規定により読み替え られた、国立大学法人電気通信大学職員勤務時間、休暇等に関する規程(以下「勤務 時間規程」という)第2条第1項規定により定められたその者1週間あたり勤務 時間を同項規定する1週間あたり勤務時間で除してた数(以下「算出率」という。) を乗じてた額(」と、「同項」とあるは「第34条」と、「当該最低号給 本給月額」とあるは「当該額」と、「を減じた額(」とあるは「算出率を乗じて た額を減じた額(」と、同項第三号及び第四号中「本給月額」とあるは「本給月額 を算出率で除してた額」と、「本給月額」とあるは「本給月額を算出率で除して た額」と、「本給月額減額基礎額」とあるは「本給月額減額基礎額を算出率で除 してた額」とする。
さらに見せる

18 さらに読み込む

も く じ 市 県 民 税 ついて... 1 徴 義 徴 義 指 定 対 象 となる 人 事 処 理 流 れ 事 業 所 が 行 う 事 処 理 徴 税 額 変 更 通 知 退 職 所 得 係 る 市 県 民 税 徴

も く じ 市 県 民 税 ついて... 1 徴 義 徴 義 指 定 対 象 となる 人 事 処 理 流 れ 事 業 所 が 行 う 事 処 理 徴 税 額 変 更 通 知 退 職 所 得 係 る 市 県 民 税 徴

-7- ※市税滞納や最近における納付・納入遅延がある事業所については、特例を受けら れない場合があります。また、決定後においても同様場合は、承認を取り消されるこ とがあります。なお、給不支払いを受ける従業員が常時 10 人未満でなくなった場合 は届出が必要です。速やか「市県民税特別徴収税額納期特例要件を欠いた場合 届出書」提出をお願いします。
さらに見せる

24 さらに読み込む

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

っては 出 産 予 定 日 から 出 生 した 日 から 起 算 して8 週 間 を 経 過 する 日 の 翌 日 までとする ) の 期 間 内 に 当 該 子 に 係 る 最 初 の 育 児 休 業 を 開 始 し かつ 終 了 した 場 合 であって 当 該 子 に 係 る 再 度 の 育 児

は遅滞なくその旨を届け出なければならない。 第5章 給料等取扱い (給料等取扱い) 第 17 条 育児休業、育児時短時間勤務、育児部分休業又は介護休業をする教職員給料等 取扱については、公立大学法人大阪市立大学管理職員給与規程、公立大学法人大阪市立大 学教職員給与規程、公立大学法人大阪市立大学教職員初任給、昇格及び昇給等基準 関する規程、公立大学法人大阪市立大学育児短時間勤務をしている教職員給与関す 規程、公立大学法人大阪市立大学教職員期末手当及び勤勉手当に関する規程、公立大 学法人大阪市立大学教職員退職手当規程、公立大学法人大阪市立大学特定職員給与規程、 公立大学大阪市立大学特定有期雇用教職員給与規程、公立大学法人大阪市立大学短時間勤 務教職員給与規程及び公立大学法人大阪市立大学再雇用教職員給与規程定めるところ よる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

該 介 護 休 業 が 終 了 する 日 までに, 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 が 死 亡 したとき 又 は 離 婚, 婚 姻 の 取 消, 離 縁 等 により 当 該 介 護 休 業 に 係 る 対 象 家 族 との 親 族 関 係 が 消 滅 した とき (3) 配 偶

期間にわたり世話を必要とする状態なったとき。 (5) 申出係る子について,保育所における保育実施を希望し,申込みを行ってい が,当面その実施が行われないとき。 3 第1項において,申し出た日から1月以内日を育児休業開始予定日として希望があ った場合は,大学はその希望日以後申出翌日から起算して1月を経過する日まで 間で,育児休業開始予定日を指定することができる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

平 成 26 年 4 月 から 産 前 産 後 休 業 中 に 申 出 をした 組 合 員 の 共 済 掛 金 が 免 除 されます ( 互 助 会 掛 金 は 免 除 されません) 1 制 度 の 概 要 次 世 代 育 成 支 援 の 観 点 から 産 前 産 後 休 業 ( )を 取 得 し

平 成 26 年 4 月 から 産 前 産 後 休 業 中 に 申 出 をした 組 合 員 の 共 済 掛 金 が 免 除 されます ( 互 助 会 掛 金 は 免 除 されません) 1 制 度 の 概 要 次 世 代 育 成 支 援 の 観 点 から 産 前 産 後 休 業 ( )を 取 得 し

次世代育成支援観点から、産前産後休業(※)を取得し、当該休業中掛金免除申出を された方共済掛金を育児休業と同様免除します。(短期、介護及び長期掛金を免除) ※ 産前産後休業とは 「産前産後休業」とは、出産日(出産日が出産予定日後であるときは、出産予定日) 以前 42 日(多胎妊娠場合は 98 日)から、出産日後 56 日まで期間で、妊娠又は出産 関する事由を理由として勤務服さない期間(特別休暇産前産後休暇とされた期間)をい います。
さらに見せる

10 さらに読み込む

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

育 児 休 業 関 連 の 諸 制 度 産 前 6 週 間 出 産 産 後 8 週 間 子 が 1 歳 子 が 1 歳 2 ヶ 月 子 が 3 歳 子 が 小 学 校 入 学 女 性 産 前 産 後 休 業 育 児 休 業 保 育 所 に 入 所 を 希 望 しているが 入 所 できない 等 の 場

・有給でも無給でも可(ただし、従前有給扱いだった休暇を無給するは丌利益変更該当)。 ・要介護状態であること、対象家族であることについて証明書類提出を求めることができる。 ・休暇対象となる世話は、対象家族を直接介護するもの限られず、対象家族ため行う家事や買 い物などについても含まれる(取得事由について証明書は提出を求めうる範囲から外されている)。 ・休暇取得当日電話により休暇申出があった場合でも、これを拒むことはできない。
さらに見せる

12 さらに読み込む

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

5 次 のいずれにも 該 当 する 従 業 員 は 子 が1 歳 6ヶ 月 に 達 するまでの 間 で 必 要 な 日 数 について 育 児 休 業 をするこ とができる なお 育 児 休 業 を 開 始 しようとする 日 は 原 則 として 子 の1 歳 の 誕 生 日 に 限 るものとする (1

3.定期昇給は育児・介護休業期間中は行なわないものとし、育児・介護休業期間中定期昇給日が到来した者 ついては、復帰後昇給させるものとする。 4.退職金算定にあたっては、育児・介護休業をした期間を勤務したものとして勤続年数を計算するものとする。 5.小学校就学始期達するまで子を養育する従業員は、負傷し、または疾病かかった当該子世話、 もしくは当該子予防接種や健康診断を受けさせるため就業規則規定する年次有給休暇とは別に、1 年 間につき 5 日間を限度として、二人目以上場合は 10 日間を限度として、子看護休暇を取得することがで きる。 ただし、子看護休暇中給与は、無給とする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

項 を 実 施 しなければならない 一 日 常 の 執 務 を 通 じた 指 導 等 により 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 し その 監 督 す る 職 員 の 注 意 を 喚 起 し 障 害 を 理 由 とする 差 別 の 解 消 に 関 する 認 識 を 深 めさせるこ

法は、権利条約における合理的配慮定義を踏まえ、行政機関等に対し、その事務又は 事業を行う当たり、個々場面において、障害者から現に社会的障壁除去を必要とし ている旨意思表明があった場合において、その実施伴う負担が過重でないときは、 障害者権利利益を侵害することとならないよう、社会的障壁除去実施について、合 的配慮を行うことを求めている。合理的配慮は、障害者が受ける制限は、障害のみ起 因するものではなく、社会における様々な障壁と相対することによって生ずるものとい わゆる「社会モデル」考え方を踏まえたものであり、障害者権利利益を侵害すること とならないよう、障害者が個々場面において必要としている社会的障壁を除去するため 必要かつ合理的な取組であり、その実施伴う負担が過重でないものである。
さらに見せる

8 さらに読み込む

食 物 アレルギー 児 個 別 対 応 プラン 実 施 要 領 1 目 的 教 育 保 育 施 設 等 ( 以 下 施 設 という )における 食 物 アレルギー 対 応 を 効 果 的 に 進 め るためには 食 物 アレルギーのある 児 童 の 保 護 者 の 理 解 が 重 要 であり 保 護

食 物 アレルギー 児 個 別 対 応 プラン 実 施 要 領 1 目 的 教 育 保 育 施 設 等 ( 以 下 施 設 という )における 食 物 アレルギー 対 応 を 効 果 的 に 進 め るためには 食 物 アレルギーのある 児 童 の 保 護 者 の 理 解 が 重 要 であり 保 護

(2)正しい情報を提供し、個々児童問題点把握と明確化を図り、保護者と施設が共通 理解を深める。 (食物アレルギーは誰でも起こり得るものであり、保護者が混乱しな いよう児童課題を整理する。 ) (3)保護者と施設が達成しやすい目標を設定し、実行可能な対応について話し合う。 (うま くいかない場合も、 「努力不足」や「出来ない」ではなく、目標設定が高すぎたと考え、 より現実的な目標修正する。 )
さらに見せる

11 さらに読み込む

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

第 7 条 職 員 の 給 与 に 関 する 規 程 ( 以 下 給 与 規 程 という ) 第 21 条 第 1 項 に 規 定 す るそれぞれの 基 準 日 に 育 児 休 業 している 職 員 のうち 基 準 日 以 前 6 月 以 内 の 期 間 にお いて 在 職 した 期 間 がある 職

して換算する。 (介護休業をした職員職務復帰後における号給調整) 第30条 介護休業をした職員が職務復帰した場合において、他職員と均衡上必 要があると認められるときは、その介護休業期間を2分の1以下換算率により換 算してた期間を引き続き勤務したものとみなして、その職務復帰した日、同日後 における最初昇給日又はその次昇給日、昇給場合準じてその者号給を調 整することができる。
さらに見せる

8 さらに読み込む

< 本 日 の 講 座 のねらい > ハラスメントの 無 い 職 場 をつくるためには セクハラ パワハラとは 何 かを 理 解 する ハラスメントに 法 的 な 定 義 があるのか 法 的 な 罰 則 はあるのか 企 業 としては 何 をしなければいけないのか 会 社 として 取 り 組 まなけれ

< 本 日 の 講 座 のねらい > ハラスメントの 無 い 職 場 をつくるためには セクハラ パワハラとは 何 かを 理 解 する ハラスメントに 法 的 な 定 義 があるのか 法 的 な 罰 則 はあるのか 企 業 としては 何 をしなければいけないのか 会 社 として 取 り 組 まなけれ

「青果卸売会社」勤務していた女性Oさん 対し、取締役Uら4名が日常的、 「おばん、 おばば、ばばあ、くそばば」などと呼び、すれ 違いざまOさん お尻や胸などを衣服上 から触ったり、性的な言動で露骨からかっ たり、バインダーで原告頭部を叩いたりした 一連行為は人格を侵害する行為 として、U ら4名共同不法行為と会社使用者責任を 認め、それぞれ損害賠償支払いを命じた。 ◇ 和歌山セクハラ事件 (H10:大阪高裁)
さらに見せる

46 さらに読み込む

目 次 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 私 立 認 可 保 育 園 園 を 開 設 します ~ 引 き 続 き 待 機 児 童 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 みます~ 連 雀 学 園 で 学 童 待 機 児 童 に 向 けた 夏 休 みひろば 事 業 を 実 施 します ~ 学 童 保

目 次 待 機 児 童 解 消 に 向 けて 私 立 認 可 保 育 園 園 を 開 設 します ~ 引 き 続 き 待 機 児 童 の 解 消 に 向 けて 取 り 組 みます~ 連 雀 学 園 で 学 童 待 機 児 童 に 向 けた 夏 休 みひろば 事 業 を 実 施 します ~ 学 童 保

1 1 待機児童解消向けて、私立認可保育園2園を開設します ~引き続き待機児童解消向けて取り組みます~ 待機児童解消と多様化する保育ニーズへ対応ため、平成 29 年4月開設向 けて、国補助金等を活用し、認可保育園2園開設を支援します。なお、当初予算で は、整備する私立認可保育園2園うち1園(下連雀三丁目保育園)については、公 募により事業者を選定することとしていましたが、この間応募が無かった状況を受け、 別途、事業者から提案あった物件で協議が整ったことから、既定予算(歳入予算)を 組み替えて対応します。
さらに見せる

7 さらに読み込む

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

( 管 理 者 の 責 務 ) 第 5 条 管 理 者 ( 教 育 委 員 会 の 管 理 職 をいう )は, 前 2 条 の 趣 旨 を 踏 まえ, 障 害 を 理 由 とす る 差 別 の 解 消 を 推 進 するため, 次 に 掲 げる 事 項 を 実 施 しなければならない (1) 日 常

することを確保するため必要かつ適当な変更及び調整であって,特定場合において必 要とされるものであり,かつ,均衡を失した又は過度負担を課さないもの」と定義され ている。 法は,権利条約における合理的配慮定義を踏まえ,行政機関等に対し,その事務又は 事業を行う当たり,個々場面において,障害者から現に社会的障壁除去を必要とし ている旨意思表明があった場合において,その実施伴う負担が過重でないときは, 障害者権利利益を侵害することとならないよう,社会的障壁除去実施について,合 的配慮を行うことを求めている。合理的配慮は,障害者が受ける制限は,障害のみ起 因するものではなく,社会における様々な障壁と相対することによって生ずるものとい わゆる「社会モデル」考え方を踏まえたものであり,障害者権利利益を侵害すること とならないよう,障害者が個々場面において必要としている社会的障壁を除去するため 必要かつ合理的な取組であり,その実施伴う負担が過重でないものである。
さらに見せる

11 さらに読み込む

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

子 育 てをサポート サポートする 休 暇 等 制 度 1 出 産 前 後 の 休 暇 休 暇 等 名 称 妊 娠 出 産 後 通 院 休 暇 ( 特 別 休 暇 ) 妊 娠 中 の 職 員 及 び 出 産 後 1 年 以 内 の 職 員 が 保 健 指 導 又 は 健 康 審 査 を 受 ける 場

勤務形態 早出遅出勤務(勤務時間割振変更) 対象者 男性職員・女性職員(共通) 内容 小学校就学前子を養育する職員が請求したとき、早出遅出勤務(始業 及び終業時刻を、職員が育児を行うためものとしてあらかじめ定めら れた特定時刻とする勤務時間割振りによる勤務をいう )をすること 。 ができます。

5 さらに読み込む

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

2. 個 人 情 報 の 利 用 目 的 (1) 本 投 資 法 人 による 物 件 ( 信 託 受 益 権 に 係 る 不 動 産 を 含 みます 以 下 同 様 )の 取 得 取 得 に 先 立 つ 調 査 及 び 取 得 の 検 討 並 びに 事 後 管 理 業 務 を 行 うため (2) 本

5. 特定個人情報を安全管理するため役職員に対し必要かつ適切な監督を行うと共 、特定個人情報を取り扱う業務を外部委託する場合は、委託先と守秘義務条項を 含む契約を締結しその取り扱いに対し必要かつ適切な監督を行います。 6. 本人同意有無関わらず、法令定められた場合以外は、特定個人情報を第三 者提供することはいたしません。

5 さらに読み込む

今 号 の 大 切 な お 知 ら せ ご 存 じですか? 制 度 のポイント 期 間 中 は 保 険 料 が 免 除 になります 次 世 代 育 成 支 援 をするために を 取 得 した 方 は 手 続 きをすることにより 育 児 休 業 と 同 じように 被 保 険 者 分 及 び 事 業 主

今 号 の 大 切 な お 知 ら せ ご 存 じですか? 制 度 のポイント 期 間 中 は 保 険 料 が 免 除 になります 次 世 代 育 成 支 援 をするために を 取 得 した 方 は 手 続 きをすることにより 育 児 休 業 と 同 じように 被 保 険 者 分 及 び 事 業 主

■「民話里 遠野健康ウォーク2016」が行われました。  28年度健康づくり事業第1弾「民話里 遠野健康ウォーク 2016」が、去る5月21日(土)行われました。  今年度で3回目実施となった「遠野ウォーキング」は、県内事業 所被保険者やご家族参加をいただき、8㎞コースと5㎞コース 2コース分かれ、集合場所遠野運動公園を出発。周り山々 新緑と道筋かわいい花々を眺めながら遠野路を満喫し、全員 が元気完歩しました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

る 給 与 規 則 におけるこれらに 相 当 するものの 額 の 合 計 額 をいいます なお 退 職 の 日 に 休 職 停 職 減 給 その 他 の 理 由 により 俸 給 の 一 部 又 は 全 部 が 支 給 されていない 場 合 には これらの 理 由 がないと 仮 定 した 場 合 にそ

② 商品分散 どんなに魅力ある商品でも一つ金融商品集中するは避けた方が無難です。 元本保証商品でも金融機関破綻をある程度考慮することが必要な時代なって きています。価格変動リスクある商品投資する場合は、商品特長を良く理解 し、複数性格異なる商品分散してリスクを減らします。例としては、株式 投資する場合は保有する株式業種や会社を分けた方が値下がりリスクを軽減 できます。会社を分散しても業種が同じでは適切なものとはいえない場合もありま 。また、株式投資信託で商品名は異なっていても運用対象が似通った商品では分 散効果は薄れてしまいます。商品分散は内容異なる商品を組み合わせて行うこ とが涵養です。
さらに見せる

62 さらに読み込む

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

(1) 児 童 福 祉 施 設 等 の 職 員 が 出 産 する 場 合 ( 以 下 産 休 の 場 合 という ) 次 のア 又 はイに 掲 げる 期 間 ア その 職 員 の 出 産 予 定 日 の6 週 間 多 胎 妊 娠 の 場 合 は14 週 間 前 の 日 から 産 後 8 週 間 を

6 児童福祉施設等届出義務 (1) 産休等代替職員任用等承認を受けた児童福祉施設等長は、 その任用等期間中産休 等職員雇用関係がなくなったとき若しくは産休等職員が就業したときは、 速やかその旨 を産休等職員異動報告書 (第5号様式) により市長届け出るものとする。 この場合おい て、この届出を受理した市長は、その事実あった日からその承認を取り消すものとする。
さらに見せる

9 さらに読み込む

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

図 表 1 雇 用 保 険 法 等 の 一 部 を 改 正 する 法 律 案 概 要 現 下 の 雇 用 情 勢 等 を 踏 まえ 失 業 等 給 付 に 係 る 保 険 料 率 を 引 き 下 げるとともに 労 働 者 の 離 職 の 防 止 や 再 就 職 の 促 進 を 図 るため 育 児 休

③子看護休暇は、小学校就学前子を養育する労働者が、事業主申し出ることにより一年度5 労働日(小学校就学前子が2人以上場合は10労働日)を限度として取得できる休暇である。この看 護休暇取得に関して、1日所定労働時間が短い労働者(厚生労働省令で4時間以下となる見通し)を 除き、1日未満単位(厚生労働省令で半日単位となる見通し)で取得できるものとする。なお、半日 とは原則として所定労働時間2分の1とし、労使協定によりそれ以外「半日」も可能とされる見通し である。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...