考える機会を作りまし

Top PDF 考える機会を作りまし:

紹介ありがとうございました 内閣府食育推進室で参事官補佐をしております 清野と申します よろしくお願いします 今日は 今 共食を考える というテーマで 足立先生にこのような場で 内閣府から話しをする機会を頂きまして ありがとうございました 私の方からは 第 2 次食育推進基本計画 及び食育ガイドから

紹介ありがとうございました 内閣府食育推進室で参事官補佐をしております 清野と申します よろしくお願いします 今日は 今 共食を考える というテーマで 足立先生にこのような場で 内閣府から話しをする機会を頂きまして ありがとうございました 私の方からは 第 2 次食育推進基本計画 及び食育ガイドから

 紹介ありがとうございました。内閣府食育 推進室で参事官補佐しております、清野と 申します。よろしくお願いします。今日は、 「今、 共食考える」というテーマで、足立先生に このような場で、内閣府から話しする機会 頂きまして、ありがとうございました。私 の方からは、第 2 次食育推進基本計画、及び 食育ガイドからということで、共食に何期 待しているか、国の方で今考えていることな どについてお話ししたいと思います。  まず、食育基本法ですが、平成 17 年に、法 律に基づきまして食育総合的に推進するということで、制定がされています。この中で少し概要 紹介したいと思います。まず目的としては、現在および将来にわたる健康で文化的な生活の実現、そ して豊かで活力のある社会の実現ということ大きく掲げています。それ、生涯にわたって健全な 心身培い、豊かな人間性育むための食育推進することによって、成し遂げていくという様なこ とが、目的の中にうたわれています。第 2 条、第 3 条では、食に関する適切な判断力養い、生涯 にわたって健全な食生活実現する、そしてこれら行う際には、食に関する感謝の念と理解、こう いったことにも配慮して、行っていきましょうということが法律の中に書かれているところです。  また、この基本法の中では食育国民運動
さらに見せる

9 さらに読み込む

チラシ(リンク) 「これからの公共施設のあり方を考える市民シンポジウム」を開催しました。  熊本市ホームページ

チラシ(リンク) 「これからの公共施設のあり方を考える市民シンポジウム」を開催しました。 熊本市ホームページ

このような公共施設の現状や熊本市の取組について、市民の皆様と情報共有するとと もに、これからの公共施設のあり方、熊本市の未来について、共に考える機会として、本 シンポジウム開催いたします。 ぜひ、多くの熊本市民の皆様にご参加いただければ、と思います。

2 さらに読み込む

ホットケーキ パンケーキを作る / 今後作りたい 男性は 84% お菓子を好む男性の増加は 家庭内での手作りにも反映するのではと考え 続いて 自宅でお菓子を作ったことのある経験者及び今後作りたいと考える意向者に対して 自宅で作る または今後作りたいお菓子 ( スイーツ ) の種類について質問したとこ

ホットケーキ パンケーキを作る / 今後作りたい 男性は 84% お菓子を好む男性の増加は 家庭内での手作りにも反映するのではと考え 続いて 自宅でお菓子を作ったことのある経験者及び今後作りたいと考える意向者に対して 自宅で作る または今後作りたいお菓子 ( スイーツ ) の種類について質問したとこ

■オリジナルや米粉入り 創作「ホットケーキ」に意欲豊富な男性も! 次に、 「ホットケーキ・パンケーキ」作った経験があり今後も作りたい意向がある男性に向けて 『どのような「ホットケーキ・パンケーキ」作ってみたいか』の質問行いました【自由回答】 。 「普通のもので、失敗しないように(40 代)」 、 「袋に書かれているレシピ通りに作ります(60 代) 」 という“レシピ順守の慎重派”や、 「厚みのあるパンケーキに挑戦中(50 代) 」、「箱にあるような写 真のホットケーキ目指したい(60 代) 」と“パッケージどおりのふっくらホットケーキ憧れ派”の 意見もある一方、
さらに見せる

6 さらに読み込む

資料2(第1回の概要) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

資料2(第1回の概要) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

・地域のよりどころゲートボール場作りましょう ・公共施設可能な限り一極集中化と共に、公共交通の整備 ・飯綱地区との交流 ・飯綱と芋井むすぶ道作る ・県道広げよう ・観光客も来てくれる場所にしたい ・昔の芋井に戻りたい

11 さらに読み込む

第4回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

第4回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

◆4回のワークショップを通して、公共施設の意味が前提から分かり、公共施設について深く考 え直すことができた 【堤先生の講評から】「公共施設を通して「生活」考える。公共施設は地域全員のものだか ら、他人任せの施設整備で生活の質は向上しない⇒地域全員で考える。住民の役割は、施設へ の要望するだけではなく、自分たちが続けられる活動自治体に示すこと。自治体の役割は、 明確な根拠もって方針示すこと。ワークショップのような施設整備考える機会、今後 の整備計画に活用するために、住民と行政がそれぞれの役割果たしながら協働すること。
さらに見せる

4 さらに読み込む

第3回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

第3回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

◆地域全体が一箇所に集まるのは大変なので、分散するのも方法では ◆若い人たちの発想が面白い。施設より機能の大切さがわかった ◆もっと考える時間があったほうがよかった。施設使う人の意識改革が重要だ ◆前回と同じような内容であった。次回に期待したい

2 さらに読み込む

第2回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

第2回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

図書館で「本が読みたい」として、少し考えると「図書館でなくても本は読めるのでは?」と気づく。 何で本が読みたいのか?と考えてみると、「知識得たい・勉強したい」とした場合、本が無ければ勉強 できないのか・・・と考えていくと、施設ありきではない、本当に必要なサービスが見えてくる。 ★公共施設は行政が作って管理するものだみんな思っている。しかし、公共施設は市民の税金で作る、 市民のもの。だから、本来は市民が作って市民が管理するもの。それが出来ないから行政が代わり に管理していることに気づくと、公共施設マネジメントは自分の問題だと分かる。
さらに見せる

2 さらに読み込む

4 機会の充実 という言い回しが多用されている 充実 とは内容を豊かにするということであり 機会 とは結びつかない 機会を増やす と表現すべきではないか 国の スポーツ基本計画 においても 機会の充実 という表現を使用しているため 本計画においても スポーツ基本計画 との整合を図り 機会の充実 と表

4 機会の充実 という言い回しが多用されている 充実 とは内容を豊かにするということであり 機会 とは結びつかない 機会を増やす と表現すべきではないか 国の スポーツ基本計画 においても 機会の充実 という表現を使用しているため 本計画においても スポーツ基本計画 との整合を図り 機会の充実 と表

以上の点から、平体振に今後何が求められているのかが不明である。来年度から本計 画スタートするにあたり、早急に「具体的目標」と「目標達成への手だて」作り、それ から平体振の意見求めるべきである。 本計画は、市民の誰もが生涯にわたってスポーツ楽し み、いつまでもいきいきとした生活送ることができるよ う、スポーツに関する総合的な計画として策定するもので あることから、個別具体の目標立てておりませんので 御理解ください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

資料1(オリエンテーション) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

資料1(オリエンテーション) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

老朽化 将来の芋井地区にとって、必要な機能は何か? どんなサービスが必要なのか? 議論の積み上げお願いします 「 将来世代に負担先送りすることなく、より良い資産次世代に引き継いでいく 」指針の基本理念

14 さらに読み込む

第1回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

第1回ワークショップまとめ 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

第4回 7月 2日(土) 意見発表、まとめ 芋井公民館 いずれも時間は午後2時から4時です。 ワークショップは公開です。興味お持ちの方は、ぜひ会場にお越しください。 グループ討議への飛び入り参加も大歓迎です。

2 さらに読み込む

第3回ワークショップを開催しました 「大岡地区の公共施設について考える」市民ワークショップ  長野市ホームページ

第3回ワークショップを開催しました 「大岡地区の公共施設について考える」市民ワークショップ 長野市ホームページ

・バードテーブルの設置 ・農業就業体験者の募集 ・森林整備し、自然満喫してもらう施設作る ・美味しい野菜が採れること発信、地場産の野菜売り場拡大 ・移住希望者への就業場所や空き家紹介などの情報発信

2 さらに読み込む

生活科における「土」を題材にした授業作り

生活科における「土」を題材にした授業作り

アメリカ心理学会初代会長である *6+DOO  は、砂遊びには道徳、地理、数学等あらゆる教科の 要素が含まれており、多様な興味と活動統合させ る砂遊びは教育として理想的であること述べてい る。また、理科教育学の研究者である山田卓三  は、幼少期において人類の歩んできた文化的 な体験すること、五感使っての原体験が重要で あり、原体験の一つとして「土体験」挙げてお り、原体験はその後の学びの基盤になること述べ ている。また、高山静子  は、砂が子どもの働 きかけに対する応答性が高く、遊び込むことがで き、素材として優れた性質持っていること指摘 している。
さらに見せる

5 さらに読み込む

資料2(第2回の概要) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

資料2(第2回の概要) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

・子供の世話 ・他分野の知恵学ぶ ・子供と遊ぶ ・手作り品、クラフト品の販売 ・研究発表 ・趣味活動(囲碁・将棋・かるた等) ・本読む ・海外交流 ・お茶 ・料理教えあい など 体育館

11 さらに読み込む

資料1(第3回の概要) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました  長野市ホームページ

資料1(第3回の概要) 「芋井地区の公共施設について考える」市民ワークショップを開催しました 長野市ホームページ

• 【体育館】 施設使用したプロジェクトマッピング、文化祭、屋外シアター ⇒ 【関われること】 スポーツは住民でもでき、外部から人呼ぶことも出来る 取り壊し施設と、したいことの再配置 【公民館、保育園、社会体育館】

11 さらに読み込む

おもちゃの作りかたを教えよう「ぶんぶんごま」(自作教材)

おもちゃの作りかたを教えよう「ぶんぶんごま」(自作教材)

○○○○学級 指導者 ○○ ○○ 支援員 ○○ ○○ 「はじめに」 「つぎに」 「そして」 「さいごに」使って、おもちゃ作りの説明しよう。 詳しい説明「このとき~します」考えよう。 (5,6年生) 【 読み方のまとめ】おもちゃの紹介文は、「ぶんぶんごま」のように「はじめに」「つぎに」「そ して」 「さいごに」使えばできる。さらに「このとき~します」使えば気つけることや良い やり方詳しく説明できる。
さらに見せる

4 さらに読み込む

[技術解説]沖縄における土作りを考える ―速成土作りはできるだろうか―: 沖縄地域学リポジトリ

[技術解説]沖縄における土作りを考える ―速成土作りはできるだろうか―: 沖縄地域学リポジトリ

大屋:沖縄における±作りを考える 23 になるが、次の注意が必要である。すなわち養水 分保持力が小さいことは緩衝力も小さいわけであ るから、多量の肥料を1回で施すとせっかくの肥 料成分が流失するばかりでなく、作物に肥焼けを 起こす恐れもある。 従って国頭マージの養分含有量を増やし、肥効 を高めるには少量づつこまめに施肥することがポ イントとなる。また養水分保持力を強化す[r]

6 さらに読み込む

作り手のQOLを高める条件に関する考察

作り手のQOLを高める条件に関する考察

また別の視点の話にはなるが、受託製造企業は業界内もしくは取引先企業 にしかその存在が認知されていないことが多い。自社の強みを活かした商品 を作りながら、製造受託事業の存在をアピールすること平行しておけば、自 社商品が宣伝役となり、好条件で受託製造案件を受注するきっかけにもな る。自社商品事業を立ち上げて間もない時期は新規取引開始を獲得できるま でのハードルは非常に高く、[r]

8 さらに読み込む

アフリカ社会の多様性に寄り添う開発を目指して -- 西アフリカの障害をもつ人びとの風景 (特集 TICAD VI の機会にアフリカ開発を考える)

アフリカ社会の多様性に寄り添う開発を目指して -- 西アフリカの障害をもつ人びとの風景 (特集 TICAD VI の機会にアフリカ開発を考える)

Economies, Japan External Trade Organization (IDE-JETRO) http://www.ide.go.jp 雑誌名 アジ研ワールド・トレンド 巻 253 ページ 16-19 発行年 2016-10 出版者 日本貿易振興機構アジア経済研究所 URL http://hdl.handle.net/2344/00002852.[r]

5 さらに読み込む

特・小「クイズ作りを楽しもう」

特・小「クイズ作りを楽しもう」

本単元は、聴覚情報視覚化することで、A児にとって必要な情報保持し、行動のきっかけにする ことができるようになることねらっている。具体的には視覚化するために、聞き直す、見せてもら う、代筆頼む、メモするという四つの代替手段知り、適切に使うことができるようにする。その ために、単元「クイズ作り楽しもう」設定する。題材に取り上げる3ヒントクイズは、好きな食べ 物や趣味など、先生に関する六つの情報、取材してメモ帳に書き残し、その中から三つのヒント 選んで作成する。3ヒントクイズ作りは、情報得るために、A児が代替手段選んで使う必然性が期 待できる教材である。また、クイズ交流学級の友達に解いてもらうことで、代替手段使って情報 正しく保持することと、クイズ作り関連させて考えることができ、代替手段使うよさ実感できる 教材である。さらに、取材する→メモに残す(視覚化する)→クイズ作るという一連の活動繰り 返すことは、活動の見通しもちやすく成功体験積み重ねやすいため、自己肯定感の高まりが期待で きる。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...