緩やかな景気回復基調が続いております

Top PDF 緩やかな景気回復基調が続いております:

ご挨拶 本投資法人を取り巻く日本の経済環境は 景気が緩やかながら回復基調を続けるも力強さに欠け 物価は弱含みの状態が続いています こうした中 マイナス金利等 金融緩和策が継続していますが 米国の利上げ等の影響を受け国内金利の上昇リスクが高まっています また 米国新政権の政策運営やその新興国経済等への

ご挨拶 本投資法人を取り巻く日本の経済環境は 景気が緩やかながら回復基調を続けるも力強さに欠け 物価は弱含みの状態が続いています こうした中 マイナス金利等 金融緩和策が継続していますが 米国の利上げ等の影響を受け国内金利の上昇リスクが高まっています また 米国新政権の政策運営やその新興国経済等への

本投資法人を取り巻く日本の経済環境は、景気緩やかながら回復基調を続けるも力強さに欠け、 物価は弱含みの状態続います。こうした中、マイナス金利等、金融緩和策継続します 、米国の利上げ等の影響を受け国内金利の上昇リスク高まっます。また、米国新政権の 政策運営やその新興国経済等への影響、欧州主要国における国政選挙の帰趨や英国のEU離脱 交渉等、海外の政治・経済の不透明感は依然強くそれらの日本経済への影響も懸念されます。 日本国内の不動産売買マーケットは期待利回り下げ止まりつつも低下傾向にあり、優良物件は 品薄の状態にあります。一方、不動産賃貸マーケットにおいては堅調雇用情勢を背景とした賃貸 需要によって、都心及び地方の主要都市のオフィスについては概ね空室率低下し、賃料は緩やか 上昇基調にあります、都心ハイグレードオフィスの大量供給の影響等から今後の不動産マー ケットは不透明状況にあります
さらに見せる

41 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

目先、安倍首相関心を向ける可能性あるのは賃上げ対策である。今回の景気拡張期はすでに「いざ なぎ越え」を果たした可能性濃厚だ、平均成長率は90年代以降の5回の景気拡張期の中で最も低く、 かつ、外需の寄与率半分を超えいる。内需の弱さの理由のひとつ賃金の伸び悩みである。日銀の金 融緩和では、賃上げと物価の前向き循環実現できないこと明らかになりつつある今、安倍首相は、 「ここは政府の仕事」との思いを強めいるかもしれない。長期政権に向けた視界広がった今、財界に対 しも強気に出られる素地は整っいる。今後は、新た課税措置をちらつかせるなどし、大企業に一段 の賃上げを迫る展開も考えられる。また、外需景気の唯一のドライバーであることを考えれば、引き続き 為替の動きについては神経質かじ取りを行なっくるだろう。
さらに見せる

12 さらに読み込む

年度の一般勘定資産の運用状況 (1) 運用環境 2018 度の日本経済は 自然災害による下押しがあったものの 堅調な米国景気等を背景に 均せば緩やかな回復傾向で推移しました 個人消費は 賃金の伸びが鈍いこと等から 緩慢な回復にとどまりました 設備投資は 省力化投資を中心に 回復傾向が続

年度の一般勘定資産の運用状況 (1) 運用環境 2018 度の日本経済は 自然災害による下押しがあったものの 堅調な米国景気等を背景に 均せば緩やかな回復傾向で推移しました 個人消費は 賃金の伸びが鈍いこと等から 緩慢な回復にとどまりました 設備投資は 省力化投資を中心に 回復傾向が続

4.2018年度の一般勘定資産の運用状況 (1) 運用環境 2018度の日本経済は、自然災害による下押しあったものの、堅調米国景気等を背景に、均 せば緩やか回復傾向で推移しました。個人消費は、賃金の伸び鈍いこと等から、緩慢回復にと どまりました。設備投資は、省力化投資を中心に、回復傾向続きました。輸出は、中国景気の減速 等を背景に、増勢鈍化しました。金融市場について、日本株は、米国長期金利の上昇による米株安 を受け 10 月に急落し、その後は一定程度戻したものの、世界景気減速懸念等を背景に伸び悩む展開 続きました。為替相場は、世界景気減速懸念等を受け、一時円高ドル安に振れる場面もありました 、堅調米国景気や日米金利差の拡大等を背景に、円安ドル高進みました。長期金利は、日銀の 金融政策により、0%付近での推移続きました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 賃金の上昇が引き続き鈍いことから 緩慢な回復

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 賃金の上昇が引き続き鈍いことから 緩慢な回復

などから、2018 年、2019 年ともに米国景気は潜在成長率を上回るペースで回復すると予想する。 内外需ともに堅調推移と予想 米国の個人消費は、回復傾向続いいる。ハリケーンによって水没した自動車など、耐久消費財を 中心とした買い替え需要は一巡したとみられるものの、引き続き良好雇用環境や歴史的水準にまで 改善した消費マインドを背景に、個人消費は今後とも堅調に推移するとみる。住宅投資は、ハリケーン 被害からの復興需要顕在化したことで、高い伸びとなった。今後は、人手不足引き続き供給のボト ルネックとなるものの、銀行の住宅ローン貸出態度緩和的であることや、堅調雇用環境を背景に、 緩やか回復続くと予想する。設備投資は、企業業績の改善や銀行の貸出態度の緩和、原油価格の上 昇などを背景に、回復続くと予想する。なお、今後トランプ大統領は公約の一つであるインフラ開発 投資の実現に注力するとみられ、2 月 12 日に公表された予算教書では、インフラ投資計画は 1.5 兆ド ルとされた。中間選挙を巡る駆け引きや長期金利動向との見合いなど、インフラ投資成立に向けた道の りは減税法案以上に複雑とみられる、現時点では中間選挙を睨み超党派で合意なされ、財政均衡派 への配慮から、ある程度規模を縮小したうえでインフラ投資実現すると予想する。輸出は、IT サイク ル上向いいることや、中国、ユーロ圏向け持ち直すことにより、回復基調をたどるとみる。 FRB は漸次的利上げを継続
さらに見せる

17 さらに読み込む

欧州不動産市場の注目ポイント 1. 大陸欧州は 緩やかな景気回復を維持し 英国は堅調な景気回復の動きが継続 < 大陸欧州 > ECB の金融政策などを下支えに 総じて大陸欧州の緩やかな景気回復基調の維持が期待されている ドイツは 良好な雇用 ( 歴史的な低水準にある失業率 ) 所得環境にあり 個人消

欧州不動産市場の注目ポイント 1. 大陸欧州は 緩やかな景気回復を維持し 英国は堅調な景気回復の動きが継続 < 大陸欧州 > ECB の金融政策などを下支えに 総じて大陸欧州の緩やかな景気回復基調の維持が期待されている ドイツは 良好な雇用 ( 歴史的な低水準にある失業率 ) 所得環境にあり 個人消

<大陸欧州> ECBの金融政策などを下支えに、総じて大陸欧 州の緩やか景気回復基調の維持期待され いる。ドイツは、良好雇用(歴史的低水準 にある失業率)・所得環境にあり、個人消費の拡 大期待される。但し、新興国景気の下振れで、 景気回復ペースは穏やかになる可能性もある。 その他スペインは労働市場改革の進展で堅調 回復見込まれる。一方、フランスは雇用・所得 環境に厳しさ残り、回復ペースは遅いとみら れいる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 海外景気が腰折れするとは考えておらず 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 耐久消費財の買い替えサイ

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 海外景気が腰折れするとは考えておらず 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 耐久消費財の買い替えサイ

今後は、2018 年の米国景気を押し上げた大規模減税の効果徐々に逓減することで、成長ペース は緩やかになると予想する。 雇用統計で年齢階層別に雇用者数の比率を見ると、相対的に賃金水準の低い年齢層( 25-34 歳、 55 歳以上)を中心に雇用増加しいる。商務省の試算によれば、2020 年にかけて当該層の人口 増加見込まれおり、中期的に賃金の伸び抑制される可能性高い。また、対中関税の引き上 げに伴う消費者物価の上昇や消費者マインドへの影響徐々に顕在化すること見込まれるほか、 所得税減税の効果逓減も予想されることから、個人消費は緩慢伸びにとどまろう。住宅投資は、 住宅価格や住宅ローン金利の上昇を受けた住宅取得能力の低下などを背景に、家計積極的に住宅 購入に踏み出しにくい状況にあるほか、人手・用地不足等の供給制約もあり、低調推移を予想す る。設備投資は、堅調企業業績を背景に底堅い推移を見込むものの、今後はこれまで設備投 資を 支えきた法人税減税の効果や海外子会社からの資金還流の動き弱まるとみられ、増勢は鈍化し よう。輸出は、緩やかながら世界景気の拡大見込まれることから増加基調の持続を予想する。た だし、米中貿易摩擦の影響徐々に顕在化しくることなどから、緩やか伸びにとどまる可能性 高い。足元で対中関税引き上げ前の駆け込みにより急増した輸入は、関税のさらなる引き上げ 予定されいる年明け以降、反動で鈍化しよう。
さらに見せる

18 さらに読み込む

トップインタビュー 持続的な成長に向けた設備投資で 中期経営計画 2021 年 の目標達成を目指します Q A の業績について 総括をお願いします 売上高 営業利益 経常利益が三期連続過去最高となりました の事業環境は 国内の企業収益や雇用情勢が改善基調で推移し 全体として緩やかな景気回復が続きまし

トップインタビュー 持続的な成長に向けた設備投資で 中期経営計画 2021 年 の目標達成を目指します Q A の業績について 総括をお願いします 売上高 営業利益 経常利益が三期連続過去最高となりました の事業環境は 国内の企業収益や雇用情勢が改善基調で推移し 全体として緩やかな景気回復が続きまし

2018年3月期の事業環境は、国内の企業収益や雇用情勢 改善基調で推移し、全体として緩やか景気回復続きまし た。また、海外では米国景気の着実回復続いおり、中国 をはじめとする新興国でも景気に持ち直しの動き続いいま す。このよう状況の中、半導体・液晶製造装置向け関連製品 の需要高水準で推移した高機能製品部門と2016年末に株 式会社APJを子会社化した自動車部品部門を中心に売上高 増加したため、当社グループの売上高は前期比9.5%増の 1,975億円となりました。利益面でも営業利益、経常利益、お よび親会社株主に帰属する当期純利益ともに過去最高となり ました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 夏季賞与の増加などから底堅く推移するも 月例

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 夏季賞与の増加などから底堅く推移するも 月例

景気回復持続も、減税効果逓減で 2019 年は幾分鈍化へ ビジネスラウンドテーブルや全米独立企業連盟(NFIB)実施した企業に対するアンケート調査によ れば、大企業・中小企業ともに今後も雇用を増やす意向示されおり、企業規模を問わず、労働需要 強い様子窺える。加え賃上げについても前向き姿勢示されいるほか、家計のバランスシー トや消費者マインド改善しいることなどから、個人消費は引き続き増加基調をたどると予想する。 住宅投資は、人手不足等の供給制約のほか、住宅価格や住宅ローン金利の上昇を受け家計の住宅取得 能力低下しいることから、低調推移見込まれる。設備投資は、好調企業収益を背景に増加基 調続くとみるものの、すでに期待成長率から見込まれる需要をカバーできる程度まで資本ストック 積み上がっいると考えられることから、増勢の鈍化を予想する。輸出については、各国との通商交渉 の行方懸念材料だ、基本的には世界景気回復を背景に緩やかながら増加基調をたどると予想する。
さらに見せる

21 さらに読み込む

ごあいさつ 業績について 2017 年度の日本経済は 緩やかな景気回復基調で推移しました 一方 小売業に大きな影響力を持つ個人消費は 根強い節約志向と消費の多様化により 依然厳しい環境が続いております このような状況下ゼビオグループは お客様第一主義 の企業理念のもと 地域社会における私たちの位置づ

ごあいさつ 業績について 2017 年度の日本経済は 緩やかな景気回復基調で推移しました 一方 小売業に大きな影響力を持つ個人消費は 根強い節約志向と消費の多様化により 依然厳しい環境が続いております このような状況下ゼビオグループは お客様第一主義 の企業理念のもと 地域社会における私たちの位置づ

 2017年度の日本経済は、緩やか景気回復基 調で推移しました。一方、小売業に大きな影響力 を持つ個人消費は、根強い節約志向と消費の多様 化により、依然厳しい環境続いおります。  このよう状況下ゼビオグループは、「お客様 第一主義」の企業理念のもと、地域社会における 私たちの位置づけや存在価値を確立しながら、一 歩ずつ着実にその歩みを前へと進めおります。  世界を見渡すと、ECビジネス等の拡大により 小売業を取り巻く環境は大きく変化し、その影響 は日本にも波及しおります。私たちゼビオグ ループは、スポーツ小売に留まらず様々形でお 客様にバリューポイントを提供する「スポーツコ ングロマリット構想」を掲げまいりました。今 後もお客様とのタッチポイントを大切にし、小売 業ならではの競争優位性を確立しながら、オン リーワンのスポーツカンパニーを目指し邁進し まいります
さらに見せる

8 さらに読み込む

資産関 1 一般勘定資産の運用状況 係13 13 資産関係 運用環境 2018 年度の日本経済は 主に好調な企業収益や雇用 所得環境の改善により緩やかな景気回復基調が継続しました このような経済環境のもと 主な市場動向は以下のとおりとなりました 国内株式 国内株式市場は 年度前半は海外株式市場の上昇

資産関 1 一般勘定資産の運用状況 係13 13 資産関係 運用環境 2018 年度の日本経済は 主に好調な企業収益や雇用 所得環境の改善により緩やかな景気回復基調が継続しました このような経済環境のもと 主な市場動向は以下のとおりとなりました 国内株式 国内株式市場は 年度前半は海外株式市場の上昇

 2018年度の日本経済は、主に好調企業収益や雇用・所得環境の改善により緩やか景気回復基調継続しまし た。このよう経済環境のもと、主市場動向は以下のとおりとなりました。 【国内株式】  国内株式市場は、年度前半は海外株式市場の上昇などを背景に堅調に推移しました、年度後半に中国の景気減速 懸念などから一時的にリスク回避の動き強まり、株価は2万円を下回る局面ありました。その後は米国の利上げ 観測弱まったことなどから株価は回復し、3月末の日経平均株価は21,205円となりました。
さらに見せる

13 さらに読み込む

平成 29 年度事業計画 最近の我が国の経済は 雇用 所得環境が改善し 緩やかな回復基調が続いているが 個人消費及び民間設備投資は 所得 収益の伸びと比べ力強さを欠いた状況となっている 本県経済も 個人消費は力強さを欠くものの持ち直してきているとともに 雇用情勢は着実に改善しており 全体として緩やか

平成 29 年度事業計画 最近の我が国の経済は 雇用 所得環境が改善し 緩やかな回復基調が続いているが 個人消費及び民間設備投資は 所得 収益の伸びと比べ力強さを欠いた状況となっている 本県経済も 個人消費は力強さを欠くものの持ち直してきているとともに 雇用情勢は着実に改善しており 全体として緩やか

(4)中小企業・小規模事業者抱える様々課題に相談対応するよろず支援拠点 を運営し、地域の支援機関と連携し経営課題の解決を支援する。 (5)地域の中堅・中小企業に対して、新た取組みに積極的に挑む「攻めの経営」 への意欲を喚起し、その実現に不可欠となるプロフェッショナル人材の採用 を支援するプロフェッショナル人材戦略拠点を運営する。

14 さらに読み込む

[ 参考 ] 先月からの主要変更点 基調判断 3 月月例 4 月月例 景気は 急速な悪化が続いており 厳しい状況にある 輸出 生産は 極めて大幅に減少している 企業収益は 極めて大幅に減少している 設備投資は 減少している 雇用情勢は 急速に悪化しつつある 個人消費は 緩やかに減少している 景気は

[ 参考 ] 先月からの主要変更点 基調判断 3 月月例 4 月月例 景気は 急速な悪化が続いており 厳しい状況にある 輸出 生産は 極めて大幅に減少している 企業収益は 極めて大幅に減少している 設備投資は 減少している 雇用情勢は 急速に悪化しつつある 個人消費は 緩やかに減少している 景気は

(政策の基本的態度) 政府は、当面は「景気対策」、中期的には「財政再建」、中長期的には「改 革による経済成長」という3段階で、経済財政政策を進める。当面、景気対 策を最優先で進めるため、総額75兆円程度の経済対策を着実に実施する。加 えて、①景気の底割れを絶対に防ぐ、②雇用を確保し、国民の痛みを軽減す る、③未来の成長力強化につなげることを目的として、4月10日、国費15.4 兆円程度、事業費56.8兆円程度の「経済危機対策」を取りまとめた。これら の対策により、景気を下支えする効果期待される。
さらに見せる

9 さらに読み込む

ごあいさつ 業績について 2015 年度の日本経済は 政府の経済対策等の効果もあり 緩やかな景気回復基調で推移しましたが 世界経済の下振れリスクなど先行きに対しては不透明さを増しております このような状況下ゼビオグループは 量的成長から質的成長へのシフトを促進する新しいフェーズへ移行する期 という位

ごあいさつ 業績について 2015 年度の日本経済は 政府の経済対策等の効果もあり 緩やかな景気回復基調で推移しましたが 世界経済の下振れリスクなど先行きに対しては不透明さを増しております このような状況下ゼビオグループは 量的成長から質的成長へのシフトを促進する新しいフェーズへ移行する期 という位

 コアビジネスの成長促進については、各カテゴリーに おい、季節や個店ごとに異なる「バリューポイント」 を意識し、地域MDや接客販売に注力いたしました。  国内では、都市部のショッピングセンターへの進出や 積極的スクラップアンドビルドによるものを中心に、 スーパースポーツゼビオ8店を含む52店出店する一方、 各業態合計14店の閉店も並行し進めおります。また 既存店の改装においては、52店舗にて実施いたしました。 なお、海外におきましても、店舗のスクラップアンドビ ルドを行いつつ、商品構成と店舗運営の現地化を進め おります
さらに見せる

8 さらに読み込む

株主の皆様へ 株主の皆様へ 東武グループの概況についてご説明いたします Q1 A1 株主の皆様には 格別のご高配を賜り厚くお礼 申しあげます 当上半期のわが国経済は 雇用情勢等に改善が見ら れ 景気は緩やかな回復基調にありましたが 個人消費 は引き続き力強さを欠くなど 先行き不透明な状況で推 移いた

株主の皆様へ 株主の皆様へ 東武グループの概況についてご説明いたします Q1 A1 株主の皆様には 格別のご高配を賜り厚くお礼 申しあげます 当上半期のわが国経済は 雇用情勢等に改善が見ら れ 景気は緩やかな回復基調にありましたが 個人消費 は引き続き力強さを欠くなど 先行き不透明な状況で推 移いた

営業収益 1,088 億 18 百万円(前年同期比 0.4 %減) 営業利益 213 億 67 百万円(前年同期比 2.3 %減) 鉄道業 におきまして、当社では、 より安全 で便利、そして快適 で使いやすい鉄道を目指し、様々取組みを進めおります。 安全面では、竹ノ塚駅付近、清水公園~梅郷間およびとう きょうスカイツリー駅付近の高架化工事を推進いたしました。さ らに、ホーム上の安全対策として、池袋駅2・3番ホームおよび朝 霞駅においてホームドア設置に向けた工事に着手したほか、北 千住駅、新越谷駅および北越谷駅においても設置に向けた準 備を進めました。また、沿線の警察や消防と連携した避難誘導 訓練等、従業員に対し安全に関する様々教育を継続し実施 いたしました。
さらに見せる

9 さらに読み込む

株主の皆様へ 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 弊社第 85 期第 2 四半期累計期間が終了しましたので 概況につきご報告申し上げます 今上期は 緩やかな景気回復基調を受け 堅調な業績を挙げることができました 2017 年度の日本経済は海外経済の緩やかな拡大を背景に 内外需ともに回復が

株主の皆様へ 平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます 弊社第 85 期第 2 四半期累計期間が終了しましたので 概況につきご報告申し上げます 今上期は 緩やかな景気回復基調を受け 堅調な業績を挙げることができました 2017 年度の日本経済は海外経済の緩やかな拡大を背景に 内外需ともに回復が

 2017年度は、弊社17中期計画の最終年度となっお り、「2020年純利益200億円」目標達成のための重要年 度と位置付けおります。  今下期につきましは、北朝鮮情勢の緊迫化等、海外 情勢の不安要素もございます、弊社は営業・技術・生 産一体となった活動による既存商品の拡販強化、ファ ルテックをはじめとした新規分野各社による非パワート レーン事業の拡大に努めまいります
さらに見せる

6 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

マネーフローを分析するための統計としては、 日銀の資金循環勘定有名だ、同統計ではカネ の流れの裏側にあるモノの流れわからない。す なわち、資金過不足は分析できも IS バランスは 分析できない。SNA(国民経済計算)であれば両方 捉えられる、年次ベースのデータしかなく、発 表も遅いという難点ある。本来は一致するはず の資金過不足と IS バランスの統計上の不突合も 無視できないほど大きい。15 年度確報を見ると、 非金融法人企業の IS バランス(純貸出/純借入) 25.3 兆円のに対し、資金過不足は 40.7 兆円 と、両者の間には実に 15.4 兆円もの乖離ある。 これほどデータ不連続だと、実物取引から金融 取引に至る一連の流れは分析できない。しかし、 法人企業統計を使えば、資金需給関連のデータを 図表 1 に従って組み替えることにより、IS バラン スと資金過不足を、タイムリーにかつ四半期ベー スで把握できる。2 次統計の SNA 、金融取引の 基礎データを日銀に頼っいるのと異なり、同一 の一次統計内の組み替えので、両者の金額はぴ たりと一致する。法人部門というひと括りでは く、業種別、規模別の詳細分析可能となる点 でも、資金循環勘定や SNA に勝っいる。 全規模・全産業の IS バランスは 34.5 兆円
さらに見せる

20 さらに読み込む

Ⅱ. 意見を交換するテーマ 1. 社会資本整備の進め方 (1) 公共事業予算の安定的 持続的な確保わが国経済は緩やかな回復基調にあるものの個人消費や民間投資は力強さを欠いており デフレからの完全脱却と安定的成長を実現する経済財政運営が 引き続き求められている 公共投資は内需を下支えするフローの経済効

Ⅱ. 意見を交換するテーマ 1. 社会資本整備の進め方 (1) 公共事業予算の安定的 持続的な確保わが国経済は緩やかな回復基調にあるものの個人消費や民間投資は力強さを欠いており デフレからの完全脱却と安定的成長を実現する経済財政運営が 引き続き求められている 公共投資は内需を下支えするフローの経済効

- 3 - (1)改正品確法の的確運用 ①運用方針の取組みの浸透・徹底 運用指針に基づき改定された設計変更ガイドラインをはじめとする各種ガイドライン、チェ ックリストの運用状況を調査したところ、ガイドライン等の整備により、受発注者とも設計変 更円滑に行われいるなどの事例報告されいる。一方、策定から間なく、普及・啓発 のための時間限られいることから、浸透の度合に濃淡見られ、さらなる取組み必要に なっいる。また、運用によりガイドライン等の内容の改善必要点も明らかになっいる。 今後も、引き続き改定されたガイドライン等の理解促進を図るとともに必要改定を行い、国 以外の機関においても直轄事業と同様の対応をお願いしたい。
さらに見せる

6 さらに読み込む

価値ある商品を継続して当中間期の業績はいかがでしたか日本経済は 企業収益や個人消費に一部持ち直しの動きが見られ 景気は緩やかな回復基調が続いています 外食業界におきましては 食材価格や人件費の上昇 為替の変動等により経営環境は一層厳しさを増しております そのような状況の中 当社の強み 特徴である商品

価値ある商品を継続して当中間期の業績はいかがでしたか日本経済は 企業収益や個人消費に一部持ち直しの動きが見られ 景気は緩やかな回復基調が続いています 外食業界におきましては 食材価格や人件費の上昇 為替の変動等により経営環境は一層厳しさを増しております そのような状況の中 当社の強み 特徴である商品

そのよう中で、経営効率を高めながら市場環境の変化に柔軟に対応できる体制の構築、各事業における経営責任の明 確化、次世代経営人材の育成を推進すること必要であると考え、持株会社体制へ移行することを決定いたしました。 当社は、持株会社体制への移行後も引き続き上場企業として維持するとともに、グループ全体の経営戦略の立案、経営資 源の最適配分、ガバナンス強化に取り組み、グループ全体の企業価値向上を目指しまいります
さらに見せる

6 さらに読み込む

1. 総括 日本経済の現状と先行きトピック 注意を要する不確実性ショック 日本経済は緩やかに回復している 輸出 生産活動は回復している また 堅調な雇用 所得情勢を背景に 消費も緩やかに回復している 経済の活動水準は潜在生産量を上回って推移している 先行きの日本経済は 輸出の緩やかな回復や個人消費の

1. 総括 日本経済の現状と先行きトピック 注意を要する不確実性ショック 日本経済は緩やかに回復している 輸出 生産活動は回復している また 堅調な雇用 所得情勢を背景に 消費も緩やかに回復している 経済の活動水準は潜在生産量を上回って推移している 先行きの日本経済は 輸出の緩やかな回復や個人消費の

4.家計部門 雇用者所得 雇用者所得は回復傾向にある(図表 1) 。12 月の就業者数は 2 カ月ぶりに減 少(前月差▲7 万人)し、失業率は 2.8%と 7 カ月ぶりに上昇した、依然と し低水準続いいる。また、有効求人倍率は 1.59 倍と大幅に上昇した。 12 月の名目賃金は、前年比+0.7%と 5 カ月連続でプラスとなった。一般労働 者を中心に所定内給与の伸びは高まったものの、所定外給与の伸び縮小し た。なお、冬季ボーナス中心とみられる特別給与は、同+0.7%のプラスと なった。実質賃金は、消費者物価の上昇重石となり、前年比▲0.5%と 2 カ 月ぶりのマイナスとなり、その結果、実質雇用者所得は同+0.3%とプラス幅 大きく縮小した。ただし四半期ベースでみると、10~12 月期は前年比+ 0.9%と、堅調伸び続いいる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1 平成 26 年度予算編成の方針 政府は 経済状況について昨年 12 月の月例経済報告で 景気は 緩やかに回復しつつある 先行きについては 輸出が持ち直しに向かい 各種政策の効果が発現する中で 家計所得や投資の増加傾向が続き 景気回復の動きが確かなものとなることが期待される ただし 海外景気の下振

1 平成 26 年度予算編成の方針 政府は 経済状況について昨年 12 月の月例経済報告で 景気は 緩やかに回復しつつある 先行きについては 輸出が持ち直しに向かい 各種政策の効果が発現する中で 家計所得や投資の増加傾向が続き 景気回復の動きが確かなものとなることが期待される ただし 海外景気の下振

 平成26年度予算は公益法人会計基準により、会計区分は「公益目的事業会計」「収益事業 等会計」 「法人会計」の3区分の会計となる。事業区分については、25年度予算と同様となる。  予算案の編成にあたっては、資産運用も従前のよう利息収入上がらない状況にあり、 より一層厳しくなる財政状況の中、連盟の活動を支える上で、次のよう方針で臨むことと する。

31 さらに読み込む

Show all 10000 documents...