給水装置等

Top PDF 給水装置等:

第 10 章 及びこれに付属する配管等の給水設備 ( 以下 給水設備 という ) は, 水道法に規定する給水装置ではないため, 給水設備の維持管理に関する責任は, 設備の所有者又は使用者が負うこととなっているが, 配水管への影響等を考慮し, の設置について基準を定め, 維持管理の適正を図ることとする

第 10 章 及びこれに付属する配管等の給水設備 ( 以下 給水設備 という ) は, 水道法に規定する給水装置ではないため, 給水設備の維持管理に関する責任は, 設備の所有者又は使用者が負うこととなっているが, 配水管への影響等を考慮し, の設置について基準を定め, 維持管理の適正を図ることとする

6 高置水槽の構造 (1) 高置水槽の高さは,最上階の給水栓から5m以上の位置を水槽の底水位とし,給水用具が円滑に 作動する水圧が得られるよう考慮しなければならない。 注:大便器洗浄弁がある場合は, 10m以上の高さを確保すること。 (2) 高置水槽の容量は,1日の使用水量の 1/10 を標準とする。 (3) 高置水槽は,給水設備以外の設備と直結させてはならない。

13 さらに読み込む

給水装置工事設計施工要綱(平成23年度改訂版)

給水装置工事設計施工要綱(平成23年度改訂版)

むを得ず曲げ加工を行う場合には、管材質に応じた適正な加工を行うこと。 3.鋳鉄管の布設にあたっては、管の鋳出文字を上にして据付け直線配管とすること。ま た低所から高所に向けて配管し受口部は、高所へ向けること。 4.ポリエチレン管の布設にあたっては、管のねじれ、巻ぐせを解き引っ張ったりせず、 余裕を持った配管とすること。また、貫孔内に管を引き込む場合は、損傷を与えないよ う注意するとともに管内に土砂が入らないよう適切な処置を施し敷地内においては、で きるだけ直線配管にすること。
さらに見せる

32 さらに読み込む

第 3 章 給水装置工事施工手順 1 給水装置工事手続き (1) 工事種別毎の必要添付書類一覧表 ( 表 18) 様式 工事種別 新設工事改造工事引込工事臨時工事撤去工事 備考 給水装置開栓申込書 様式第 2 号 ( ア ) 申請時 ( ア ) 申請時 申請時検査後 給水装置工事申込書 様式第 5

第 3 章 給水装置工事施工手順 1 給水装置工事手続き (1) 工事種別毎の必要添付書類一覧表 ( 表 18) 様式 工事種別 新設工事改造工事引込工事臨時工事撤去工事 備考 給水装置開栓申込書 様式第 2 号 ( ア ) 申請時 ( ア ) 申請時 申請時検査後 給水装置工事申込書 様式第 5

(1) 公設メーターについては道路境界付近に設置すること、しかし、駐車場用地敷地形態    により道路境界付近に設置する事ができない場合は(図5)に示す様に設置箇所を変更   することができる、この場合、市と協議し設置場所を決定すること ① 駐車場用地の場合

11 さらに読み込む

●「給水装置工事の設計、施工に関する要綱」の改正について

●「給水装置工事の設計、施工に関する要綱」の改正について

7. 新設管は実線、既設管およびその他水源(井戸)は破線で記入してあるか(※申請時は鉛筆書きか別添とする) 8. 平面図には引込管経路、隣地境界線、建物の位置・構造が分かりやすく記入してあるか 9. 布設箇所の道路種別(国・県・市・里道)は記入してあるか(※道路以外である場合は地目・所有者を記入する) 10. 配管位置(構造物からの離れ、オフセット)および埋設深度は記入してあるか
さらに見せる

19 さらに読み込む

第 8 章受水槽の設置基準 8-1 受水槽以降の専用装置受水槽給水方式における給水装置とは 配水管から受水槽への注入口までであり 受水槽以下の設備 ( 以下 専用装置 という ) は 水道法第 3 条第 9 項に規定する給水装置に該当するものではない 専用装置の設置 構造等に関しては 建築基準法施行

第 8 章受水槽の設置基準 8-1 受水槽以降の専用装置受水槽給水方式における給水装置とは 配水管から受水槽への注入口までであり 受水槽以下の設備 ( 以下 専用装置 という ) は 水道法第 3 条第 9 項に規定する給水装置に該当するものではない 専用装置の設置 構造等に関しては 建築基準法施行

8-4 事前協議 受水槽方式での給水工事の申請をしようとする者は、事前に企業団と協議して 承認を得なければならない。また、受水槽位置の変更や専用装置の著しい増設、 または変更が生じる場合も同様である。事前協議は、申込みの1ケ月前までに 「開発事業に伴う給水装置の設置に関する協議書」に添付書類を添えて提出する こと。また、特定集団住宅の認定申請を同時に行う場合には、添付書類は兼 用できる。
さらに見せる

11 さらに読み込む

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定)

2 直結増圧式の計画使用水量 直結増圧式給水を行うにあたっては、同時使用水量を適正に設定することは、適切 な配管口径の決定及び増圧給水設備の適正容量の決定に不可欠である。これを誤ると、 過大な設備の導入、エネルギー利用の非効率化、給水不足の発生などが起こることが ある。同時使用水量の算定にあたっては、給水用具種類別吐水量とその同時使用率を 考慮した方法(表 2.4.1~表 2.4.1)、戸数及び居住人数から同時使用水量を予測す る算定式を用いる方法、建物種類別単位給水量・使用時間・人員表(表 2.4.12)を参 考にする方法があり、各種算定方法の特徴を熟知した上で使用実態に応じた方法を 選択すること。
さらに見せる

69 さらに読み込む

(2) 連用給水装置一のメーター ( 企業団の水道メーターをいう 第 8 条を除き 以下同じ ) を設置し 2 戸又は2 箇所以上が各々専有の給水栓で使用するもの (3) 私設消火栓消防又は消防の演習用に使用するもの第 2 章給水装置の工事及び費用 ( 給水装置の新設等の申込み ) 第 4 条給水装

(2) 連用給水装置一のメーター ( 企業団の水道メーターをいう 第 8 条を除き 以下同じ ) を設置し 2 戸又は2 箇所以上が各々専有の給水栓で使用するもの (3) 私設消火栓消防又は消防の演習用に使用するもの第 2 章給水装置の工事及び費用 ( 給水装置の新設等の申込み ) 第 4 条給水装

第34条 企業長は、給水装置の新設及びメーターの口径の増加の申込者から、加入金を徴収する。 2 給水装置の新設の申込者から徴収する加入金の区分及び金額は、旧給水区域の区分に応じ、それぞれ別表18から別表32までに定める金額(次 項において「区分金額」という。)のとおりとする。 3 メーターの口径の増加の申込者から徴収する加入金の金額は、当該増加の申込みに係るメーターの口径に係る区分金額と当該申込者が当該申 込みを行った際に使用していたメーターの口径に係る区分金額との差額とする。
さらに見せる

46 さらに読み込む

指定給水装置工事事業者申請書

指定給水装置工事事業者申請書

登記簿の謄本【原本】(3ヶ月以内のもの)         □            ⑥個人にあっては、住民票または外国人登録証明書の写  (3ヶ月以内のもの)                  □            ⑦事業所の案内図(住宅地図)              □              所在地のわかる地図

8 さらに読み込む

給水装置工事施工計画書作成例

給水装置工事施工計画書作成例

TEL(○○○○-○○-○○○○) ※大雨、出水、強風、地震の異常気象で災害発生の恐れがある場合、上記の組織構成で常配備体制に入り、  必要に応じ現場内を巡視して警戒します。  緊急発生時には、上記連絡体制により直ちに企業団担当者に連絡を取ると共に、関係各所に速やかに連絡し、 緊急依頼病

20 さらに読み込む

給水装置工事に関する提出書類一覧 (1) 提出書類 提出を要する工事の種類 備 考 給水装置工事承認申込関係 新設 撤去 改造 1 給水装置工事承認申込書 2 確認済証 ( 写 ) 給水使用目的 ( 変更 ) 届 住宅等の建築の場合 住宅等の建築以外の場合 届出者が市外居住者の場合は 住所 氏名が確

給水装置工事に関する提出書類一覧 (1) 提出書類 提出を要する工事の種類 備 考 給水装置工事承認申込関係 新設 撤去 改造 1 給水装置工事承認申込書 2 確認済証 ( 写 ) 給水使用目的 ( 変更 ) 届 住宅等の建築の場合 住宅等の建築以外の場合 届出者が市外居住者の場合は 住所 氏名が確

一次側に止水栓、二次側に逆止弁が設置されていること はい・いいえ メーターボックス内へ砂が侵入するおそれがないこと はい・いいえ 水 質 色、濁り及び臭いがないこと はい・いいえ 遊離残留塩素濃度が適切であること(0.1mg/ℓ以上) はい・いいえ その他 メーターボックスに水栓番号シールが貼付されていること はい・いいえ 給水引込管の管上に表示シートが布設されていること はい・いいえ

57 さらに読み込む

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

Microsoft Word - 成田市給水装置工事施行基準(H27改定版)(黒)

水道水が白濁色に見え、数分問で清澄化する場合は、空気の混入によるもの で一般に問題はない。 (イ) 赤褐色又は黒褐色の場合 水道水が赤褐色又は黒褐色になる場合は、鋳鉄管、鋼管のさびが流速の変化、 流水の方向変化により流出したもので、一定時間排水すれば回復する。常時 発生する場合は管種変更の措置が必要である。

7 さらに読み込む

違反行為の事務処理フロー(排水) 函館市企業局指定給水装置・排水設備業者の違反行為に係る事務処理要綱等 | 函館市

違反行為の事務処理フロー(排水) 函館市企業局指定給水装置・排水設備業者の違反行為に係る事務処理要綱等 | 函館市

甚大 違反行為 軽微 違反行為. 函館市企業局指定排水設備工事業者 違反行為 係 事務処理フロ[r]

1 さらに読み込む

第 1 編給水装置工事設計 施行基準第 1 章総則 趣旨この基準は 西宮市内において施行する給水装置工事の適正かつ合理的な運用を図るため 水道法 ( 以下 法 という ) 同施行令( 以下 令 という ) 同施行規則 ( 以下 施行規則 という ) 給水装置の構造及び材質の基準に関する省

第 1 編給水装置工事設計 施行基準第 1 章総則 趣旨この基準は 西宮市内において施行する給水装置工事の適正かつ合理的な運用を図るため 水道法 ( 以下 法 という ) 同施行令( 以下 令 という ) 同施行規則 ( 以下 施行規則 という ) 給水装置の構造及び材質の基準に関する省

※ 防凍材料の外面は、粘着ビニルテープで完全に被覆すること。 (防凍材料は、水分を含むと効果がなくなるため、注意すること。) 図3-54 PE管の保護方法 ⑸ 給水管を布設する場合は、その場所や環境などを見極め、酸、アルカリなど に侵されるおそれのある場所には耐食性テープやポリエチレンスリーブ工法 による防食措置を施し、また、電食のおそれのあるところに布設する給水管 はできるだけ非金属製のものを使用し、やむを得ず金属製のものを使用する 場合は、絶縁材料で被覆すること。
さらに見せる

119 さらに読み込む

給水装置に関連するトピックス Topics for water supply equipment 大形圧力タンク方式給水装置が市場で台頭 (1970 年代 ) Upsurge of large pressure tank s with ON/OFF control in the market in

給水装置に関連するトピックス Topics for water supply equipment 大形圧力タンク方式給水装置が市場で台頭 (1970 年代 ) Upsurge of large pressure tank s with ON/OFF control in the market in

給水管に,給水装置を直接接続し,給水管の圧力を給 水装置によって更に増圧する給水方式である。  一方,受水槽方式は,水道本管から給水される水を一 旦受水槽に貯水し,受水槽内の水をポンプ(給水装置) で給水する方式であり,受水槽以外に高置水槽を設置す る高置水槽方式と,直送方式に分類される。構成機器や, ポンプの制御方式によって,直送方式は,大形圧力タン ク方式と小形圧力タンク方式に,さらに,小形圧力タン ク方式は,ON/OFF制御方式と速度制御方式に分類する ことができる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

指定事項変更届出書 給水装置工事の申請について:熊谷市ホームページ

指定事項変更届出書 給水装置工事の申請について:熊谷市ホームページ

※所在地又は住所の変更で、当該市町村が合併による移転を伴わない表示のみ変更の場合は、事務所の位置図は省略可とする ※廃止の届出をした場合は、再び給水区域内での給水装置工事の事業を行う場合は、新規の申請をする必要があります。 ※法人、個人を問わず指定の承継(個人の代表者の変更、個人から法人への移行、法人相互の営業譲渡など)はできませんので、「廃止の届出」を提出し、新規の指定を受けなおし てください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

給水装置工事設計施工指針表紙 ( 改正表 ) 平成 27 年 8 月 1 日改訂 現行改訂後備考 給水装置工事設計施工指針 給水装置工事設計施工指針 平成 27 年度改訂版 平成 27 年度改訂版 平成 27 年 8 月改訂 札幌市水道局 札幌市水道局

給水装置工事設計施工指針表紙 ( 改正表 ) 平成 27 年 8 月 1 日改訂 現行改訂後備考 給水装置工事設計施工指針 給水装置工事設計施工指針 平成 27 年度改訂版 平成 27 年度改訂版 平成 27 年 8 月改訂 札幌市水道局 札幌市水道局

4.給水管路の途中に有毒薬品置場、有害物の取扱場、汚水槽の汚染源がある場合は、給水が破損した際に有毒物や汚物が水道水に混入するおそれがあるので、その影響の無いところ まで離して配管すること。特に灯油のタンク類は、近年、給油時の溢漏事故、貯油タンク類 や引込油管の老朽化による漏油事故を起因とする、水道水の汚染事故が多発している。この ため、給水管を布設するにあたっては、貯油タンク類や引込油管の布設位置と競合しないよう 十分注意すること。
さらに見せる

26 さらに読み込む

令和2年度給水装置工事主任技術者試験 受験の案内

令和2年度給水装置工事主任技術者試験 受験の案内

なお、会社で複数の受験者を申し込む場合でも、まとめて振込をせず受 験者毎に、個々の氏名で払い込んでください。 4)受験手数料について ① 受験に関する書類の受付後(マイページで『審査が完了しました。10月 1 日 に受験票を発送します。』と表示された以降)は受験手数料を返却いたしません。 ② 受験申請書類が未提出の方のうち、年度が変わった後(令和3年4月1日

16 さらに読み込む

第 4 章検 査 1 給水装置工事主任技術者は 竣工図等の書類検査または現地検査により 給水装置が構造 材質基準に適合していることを確認すること 2 給水装置の使用開始前に管内を洗浄するとともに 通水試験 耐圧試験及び水質試験 ( 残留塩素測定等 ) を行うこと 1 工事完成検査の確認内容工事完成検

第 4 章検 査 1 給水装置工事主任技術者は 竣工図等の書類検査または現地検査により 給水装置が構造 材質基準に適合していることを確認すること 2 給水装置の使用開始前に管内を洗浄するとともに 通水試験 耐圧試験及び水質試験 ( 残留塩素測定等 ) を行うこと 1 工事完成検査の確認内容工事完成検

給水装置は、年月の経過に伴う材質の劣化により故障、漏水の事故が発生すること がある。事故を未然に防止するため、又は最小限に抑えるためには維持管理を的確に行う ことが重要である。給水装置は、需要者が善良な管理者として注意をもって管理すべき ものであり、維持管理について需要者に対して適切な情報提供を行うことが重要である。 1 漏水の点検

23 さらに読み込む

01給水装置工事設計施工指針

01給水装置工事設計施工指針

2. 受水槽式 給水対象建物の階高が高い場合、又は一時に多量の水を使用する場合において、受 水槽を設置して給水する方式である。 (図 5-2 参照) 受水槽式給水は、 配水管の水圧が変動しても給水圧、 給水量を一定に保持できること、 多量の水使用が可能であること、 断水時や災害時にも貯留水により給水が確保できるこ と、建物内の水使用の変動を吸収し、配水施設の不可を軽減することの効果がある。
さらに見せる

36 さらに読み込む

Show all 10000 documents...