等天然資源確保の推進

Top PDF 等天然資源確保の推進:

中国の銅資源確保

中国の銅資源確保

把握した情報から推測すると企業別に以下特色 があるように思われる。 江西銅業はカナダNorth Peru Mining買収ほかア フガニスタンAynakプロジェクトやトルコNeskoを 介し中央アジア方面に進出を試みている。銅陵集団は ペルー、エクアドル方面で活動が知られる。中条山 集団、雲南銅業、大冶集団並びに沿岸立地民間製錬 企業らによる目立った直接海外活動は確認ができな い。特に沿岸省に立地する民間製錬所は陽谷祥光 Atalaya Mining株式取得以外に目立った海外活動を 確認できなかった。これら企業は買鉱(と一部スク ラップ)に強く依存すると推測する。なお銅陵集団は 中国五鉱集団有限公司に、雲南銅業は中国鋁業公司 に、大冶集団は有色金属鉱業集団に海外鉱石手当て を依存するように見うけられる。金川集団は大規模な 製錬所を沿岸と内陸に立地するため2側面対応を求 められる。沿岸防城港はDRコンゴやザンビアでプ ロジェクト権益を確保している。一方、内陸甘粛省 金川製錬所は新疆、チベット、内モンゴルなど国内 ほかモンゴル、カザフスタン内陸国から手当てに 有利と思われる。一帯一路西部陸路における、金川 製錬所役割が注目される。
さらに見せる

14 さらに読み込む

海洋エネルギー 鉱物資源の開発 基本認識 調査 研究を継続しつつ 事業化のための開発 研究を強化する段階へ移行 我が国周辺海域の資源ポテンシャルを把握するための技術開発と広域科学調査 資源探査を継続的に実施 揚鉱 採鉱等生産に向けた技術開発を集中的に実施 石油 天然ガス 日本周辺海域において 基礎物

海洋エネルギー 鉱物資源の開発 基本認識 調査 研究を継続しつつ 事業化のための開発 研究を強化する段階へ移行 我が国周辺海域の資源ポテンシャルを把握するための技術開発と広域科学調査 資源探査を継続的に実施 揚鉱 採鉱等生産に向けた技術開発を集中的に実施 石油 天然ガス 日本周辺海域において 基礎物

・海底熱水鉱床を平成30年代後半以降商業化プロジェクトに向け、技術開発推進 ・レアアースを平成25年度以降3年間で概略資源量・賦存状況調査を実施  風力発電海洋再生可能エネルギー普及ため実証フィールド整備など政策支援 ・福島や長崎で実証研究 ・海域利用ルール明確化や漁業協調型利用メニュー作成  水産資源開発及び利用
さらに見せる

5 さらに読み込む

研究部門概要 Brief overview 本寄付研究部門の概要 Brief overview 社会の持続的な発展には 環境を保全しながらリサイクルを推進し 資源を循環させる必要があります 良質な天然資源が減少するとともに資源ナショナリズムが台頭する現在 レアメタルはもとより ベースメタルについても

研究部門概要 Brief overview 本寄付研究部門の概要 Brief overview 社会の持続的な発展には 環境を保全しながらリサイクルを推進し 資源を循環させる必要があります 良質な天然資源が減少するとともに資源ナショナリズムが台頭する現在 レアメタルはもとより ベースメタルについても

非鉄鉱業・非鉄製錬業分野におけるチリ・日本間産学官連携国際ワークショップ Chile-Japan Joint Workshop for Non-Ferrous Mining and Smelting ~ Satellite Conference of UTokyo Forum 2013 ( 東大フォーラム 2013) @Santiago, Chile ~ 東大フォーラム 2013 イベント一つとして、サステイナ ブル材料国際研究センターと共催により、本ワークショップ を開催しました。在チリ日本大使館より村上秀徳在チリ特 命全権大使を来賓に迎え、両国産官学から計8件講演 が行われました。約 80 名参加者間で国際交流推進と 活発な議論がなされました。
さらに見せる

16 さらに読み込む

第1 健康な生活と安心で質の高い医療の確保等のための施策の推進

第1 健康な生活と安心で質の高い医療の確保等のための施策の推進

(2)生活保護母子加算支給(詳細後述・53ページ) 183億円 (3)母子家庭総合的な自立支援推進 89億円(89億円) ①自立ため就業支援推進 35億円(27億円) 母子家庭就業支援推進するため、看護師経済的自立に効果的な資格を 取得するために養成機関において修業する間生活費支給などを行う事業(高等技能 訓練促進費事業)や個々母子家庭状況・ニーズに応じた自立支援プログラムを策定 する事業など推進を図る。また、父子家庭に対する相談支援体制充実強化を図る。 ②マザーズハローワーク事業拡充 35億円(32億円)
さらに見せる

45 さらに読み込む

2 資源管理 : 海底清掃 種苗 ( ヒラメ アワビ サザエ等 ) 放流等 3 漁業者の確保 : 担い手確保及び後継者の育成に徹底して取組む 2. 漁業コスト削減 1 燃油使用量削減 : セーフティーネット構築事業への加入促進と省燃油活動の積極的な実施 2 資材コスト削減 : 共同購入など推進 (2

2 資源管理 : 海底清掃 種苗 ( ヒラメ アワビ サザエ等 ) 放流等 3 漁業者の確保 : 担い手確保及び後継者の育成に徹底して取組む 2. 漁業コスト削減 1 燃油使用量削減 : セーフティーネット構築事業への加入促進と省燃油活動の積極的な実施 2 資材コスト削減 : 共同購入など推進 (2

① 魚価向上 ・漁業者は販路拡大と流通方法開拓をするため、2年間試験発送及び市場 研修を基にして販路選定について検討する。 ・漁業者は漁協指導下、船上で漁獲物管理(マダイ、ブリ神経〆、 魚槽状態良質化)講習会や先進地視察を実施し、市場価格動向と消費者ニ ーズ把握に努め有効と思われる鮮度保持技術と衛生管理強化について講師 を招いて技術講習会を開催する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

重点事項ごとの具体的取組 (1) 死亡災害の撲滅を目指した対策の推進 建設業における墜落 転落災害等の防止 製造業における施設 設備 機械等に起因する災害等の防止 林業における伐木等作業の安全対策等 (2) 過労死等の防止等の労働者の健康確保対策の推進 労働者の健康確保対策の強化 過重労働による健康

重点事項ごとの具体的取組 (1) 死亡災害の撲滅を目指した対策の推進 建設業における墜落 転落災害等の防止 製造業における施設 設備 機械等に起因する災害等の防止 林業における伐木等作業の安全対策等 (2) 過労死等の防止等の労働者の健康確保対策の推進 労働者の健康確保対策の強化 過重労働による健康

死亡災害については、 昭和 30 年代後半には年間 7,000 人近くも尊い命が失われ ていたものが、近年は年間 1,000 人を切るところまで改善している。 しかしながら、平成 10 年以降 20 年間死亡災害発生状況について、労働災 害防止計画5年ごとに平均して見ると、重点業種として取り組んできた製造業は 全業種平均減少率に届かず、同じく重点業種一つであった建設業は減少率こそ 全業種平均を上回ったが、 依然として死亡災害全体3分の1を占める状況にあり、 引き続き重点業種として対策に取り組むことが必要である。また、林業については、 第 12 次労働災害防止計画では重点業種としていないが、 この間労働災害発生傾 向や強度率高さを考慮すれば、今回、重点業種に追加することが必要である(表 1)。
さらに見せる

37 さらに読み込む

参考資料 2 資源開発 2.0 実現に向けた 課題解決の方向性と対応策 平成 31 年 3 月デジタル有識者勉強会事務局 ( 資源エネルギー庁石油 天然ガス課 / 独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 )

参考資料 2 資源開発 2.0 実現に向けた 課題解決の方向性と対応策 平成 31 年 3 月デジタル有識者勉強会事務局 ( 資源エネルギー庁石油 天然ガス課 / 独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 )

• JOGMECデジタル技術POC蓄積と、本邦企業へノウハウ(アルゴリズム・AIモデル・ワークフロー共有 〇人材育成 【E&Pに特化したAI専門家確保・育成】 • E&P知見を持つデータサイエンティスト、データサイエンス知見を持つE&Pエンジニア、確保・育成 • 外部から人材確保・大学連携による、上記データサイエンティスト・E&Pエンジニア育成に焦点を当てたセミナー・講座提供 • 統計学や地球物理学知見を持ち、実際にAIモデルを活用できる人材育成。
さらに見せる

14 さらに読み込む

第 1 回 希土類金属等回収技術研究開発 事後評価検討会資料 6 希土類金属等回収技術研究開発 評価用資料 平成 25 年 12 月 20 日 経済産業省資源エネルギー庁資源 燃料部鉱物資源課独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 (JOGMEC)

第 1 回 希土類金属等回収技術研究開発 事後評価検討会資料 6 希土類金属等回収技術研究開発 評価用資料 平成 25 年 12 月 20 日 経済産業省資源エネルギー庁資源 燃料部鉱物資源課独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構 (JOGMEC)

3トン/月スケールで研磨材再生が可能であることを実証した。しかし、開発期間 中にレアアース価格が高騰したことを受け、研磨材廃滓供給先である研磨メーカーでは 研磨材原単位削減が進められ、結果として、研磨材廃滓品位が著しく低下した。 (同一 研磨材繰返し使用による不純物増加及び研磨材劣化が進む)そのため、不純物を除 去する薬液コストや、設備投資額は当初想定したコスト数倍となる。図 4-1 に廃滓中 レアアース品位と原料化コスト関係を示しているが、廃滓品位低下に伴い、コストが 上がるうえ、従来技術とコストメリットも小さくなる。また、レアアース研磨材市場 状況として、各国でレアアース鉱山開発による供給不足リスク低減、代替材料開発、 研磨材使用量削減が進められてきた。一方、リサイクルコスト及び設備投資費も高くな ること、直近レアアース原料価格低下を考慮すると本技術事業化については難しい と判断せざるを得ない。
さらに見せる

58 さらに読み込む

主計部長 同左 執行役員野内雄三 財務部長 同左 大河原誠 財務開発部長 IR 部長 同左 同左 内田大三郎 武久裕 2. 営業部門 (4 月 1 日付 ) (1) 天然ガスグループ 天然ガス 金属資源管理部長 天然ガス第一本部ブルネイ天然ガス部長 天然ガス第一本部マレーシア天然ガス部長 天然ガス第

主計部長 同左 執行役員野内雄三 財務部長 同左 大河原誠 財務開発部長 IR 部長 同左 同左 内田大三郎 武久裕 2. 営業部門 (4 月 1 日付 ) (1) 天然ガスグループ 天然ガス 金属資源管理部長 天然ガス第一本部ブルネイ天然ガス部長 天然ガス第一本部マレーシア天然ガス部長 天然ガス第

執行役員 平井 康光 三菱商事(広州)有限公司社長 三菱商事(広州)有限公司 張 月華 (注) 地域戦略推進体制見直しにおける地域統括制度廃止に伴い、 地域統括 及び 地域統括補佐任を解く。

13 さらに読み込む

1. 防災 減災 土強靱化石油製品安定供給確保支援事業 4 災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業費補助金 5 石油コンビナートの強靱化推進事業費 6 都市ガス製造所等非常用自家発電設備導入等支援事業費補助金 7 社会経済活動の維持に資する天然ガス利用設備導入支援事業費補助金

1. 防災 減災 土強靱化石油製品安定供給確保支援事業 4 災害時に備えた社会的重要インフラへの自衛的な燃料備蓄の推進事業費補助金 5 石油コンビナートの強靱化推進事業費 6 都市ガス製造所等非常用自家発電設備導入等支援事業費補助金 7 社会経済活動の維持に資する天然ガス利用設備導入支援事業費補助金

3.中小企業に対する支援 製造業における外国人材技能水準確保事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・16 中小企業生産性革命推進事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・17 中小企業消費税軽減税率対策事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・18 消費税軽減税率対応窓口相談事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・19 認定支援機関による経営改善計画策定支援事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・20 地域未来オープンイノベーション・プラットフォーム構築事業・・・・・・・・・・・21 中小企業強靱化対策事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・22 事業承継・世代交代集中支援事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23 貿易管理対策事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24 中小企業・小規模事業者働き方改革対応体制強化事業・・・・・・・・・・・・・・・25 コンテンツグローバル需要創出促進事業・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・26 4.その他
さらに見せる

36 さらに読み込む

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構(JOGMEC)について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

 また、2011年10月に「知財活動活性化チーム」を立ち 上げ、石油・天然ガス部門、金属鉱物部門、備蓄部門のみ ならず、総務、人事、経理部門からなるメンバーにより、 JOGMEC知財活動在り方を検討する会議を月一回程 度定期的に開催しています。JOGMEC使命は資源権益 確保にあり、技術開発はその実現ため重要な手段とい う位置づけとなっており、①国内外優れた技術を資源開 発分野に適用することに主眼を置く、②基礎的研究よりは 実証実験など事業化を目前とした研究開発が中心である、 ③研究開発形態は委託契約によるアウトソーシング割合 が高くなっているといった点が特徴的です。産業技術総合 研究所や理化学研究所といった研究開発型独立行政法人 とはその在り方が大きく異なります。このため、知財活動 在り方についても、先行する他独立行政法人やり方 をそのまま吸収するだけでは不十分であり、JOGMEC独自 在り方を追求する必要があります。
さらに見せる

9 さらに読み込む

サステナビリティ報告書2018_重点課題5_資源循環の推進

サステナビリティ報告書2018_重点課題5_資源循環の推進

資源保護  ニコングループでは、水資源重要性を認識し、水資源 保護に取り組んでいます。水資源に関わるリスクは地域 によって異なります。そのため、ニコングループでは、各 事業所やグループ生産会社における水使用量や使い方を 把握し、適切に管理することで使用量削減に努めています。  水リスクが高いと考えられる国内外事業所について は、適宜水リスク評価を行っています。前回評価では、 総合的な水リスクは高くはないことを確認しました。  なお、ニコングループ製品内、生産工程で特に多く 資源を必要とするが光学部品です。そこで、光学部 品生産を行っている事業所・グループ会社では、生産工 程で発生する排水を適正に処理し、再利用を積極的に推進 しています。さらに、節水活動推進により水使用量抑 制を徹底しています。
さらに見せる

7 さらに読み込む

基本計画見直しにおいて考慮すべき視点 災害時の燃料供給 化石燃料の安定 安価な調達 供給の確保 ( シェールガス メタンハイドレート等の新たな資源開発 ) 地球環境問題への対応 (CCS 石炭火力の効率化 バイオ燃料 水素 ) 参考 資源 燃料の安定供給確保のための先行実施対策 今国会に提出した関連

基本計画見直しにおいて考慮すべき視点 災害時の燃料供給 化石燃料の安定 安価な調達 供給の確保 ( シェールガス メタンハイドレート等の新たな資源開発 ) 地球環境問題への対応 (CCS 石炭火力の効率化 バイオ燃料 水素 ) 参考 資源 燃料の安定供給確保のための先行実施対策 今国会に提出した関連

○今後は、大水深油田や超重質油、より高コスト難開発油田を開発することが必要。 ○米国においては、シェールガスに続き、シェールオイル生産が増加(2008年約10万BD→現在 約50万BD。生産コストは40~60ドル/バレル程度)。 ○米国でシェール層が賦存する19エリアうち、既存データある4エリアだけでシェールオイル 可採資源量は約240億バレル(米国石油確認可採埋蔵量約309億バレルに匹敵)と推定さ れており、米国で更なる生産拡大、世界的な展開が期待される。
さらに見せる

24 さらに読み込む

平成 21 年度 戦略的資源確保事業 投資環境調査 41 カナダ ユーコン準州の投資環境調査 副所長 村上 尚義 はじめに カナダ北西部に位置するユーコン準州は 金 銀 銅 鉛 亜鉛 タングステン等の鉱物資源に富み 太平洋岸の 特集 連載 バンクーバー事務所 積み出し港へのアクセスも確保されているな

平成 21 年度 戦略的資源確保事業 投資環境調査 41 カナダ ユーコン準州の投資環境調査 副所長 村上 尚義 はじめに カナダ北西部に位置するユーコン準州は 金 銀 銅 鉛 亜鉛 タングステン等の鉱物資源に富み 太平洋岸の 特集 連載 バンクーバー事務所 積み出し港へのアクセスも確保されているな

(2)環境影響調査(EIA)制度 環境影響調査は、探鉱ステージ進んだ探鉱及び鉱 山開発プロジェクト許認可において重要なプロセス 1つである。ユーコン準州エネルギー・鉱山資源省は、 YESAB 監査と法的規制統一を補助する役割があ り、YESAB はプロジェクト環境調査項目、プロ セス及び調査計画を検討する。環境影響調査一環 として、事業者は、探鉱もしくは開発プロジェクト 環境影響調査報告書を提出する前に、先住民及び地域 社会と環境影響について協議することが必要とされて いる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

非鉄金属市況と需給動向 2017年12月レビュー 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構[JOGMEC]

非鉄金属市況と需給動向 2017年12月レビュー 独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構[JOGMEC]

■ベースメタル 当該期間、銅は6,734US$/tで開始。上旬はLME在庫増加とドル高進行が嫌気され下落 したものの、中国11月銅輸入量が前月比40%増加したと報道や、同国11月鉱工業生産 が市場予想を上回ったことを受けて中旬以降は上昇傾向を辿った。29日には利益確定売り 動きが入り小幅に下落し、7,157US$/tで越年した。亜鉛も上旬はドル高進行が下方圧 力となり軟調に推移。中旬は、Glencore生産再開計画規模が予想を下回ったことを受け た供給不足懸念高まりや、中国需要へ期待感から上昇した。LME在庫減少が続き約9 年ぶり低水準となっていることも好材料となったものとみられ、下旬も引き続き上昇し 3,309US$/tで越年。ニッケルは、中国ステンレス鋼需要減退が意識され、1日に
さらに見せる

7 さらに読み込む

第 31 章地域編 7: カリマンタン これらの特徴から 内資 外資両方によって東カリマンタン州バリクパパンなどを中心に天然資源開発を目的とした進出が活発である また 東洋のベニス と呼ばれる南カリマンタン州都のバンジャルマシン オランウータンが生息するタンジュン プティン国立公園等 観光資源も豊富

第 31 章地域編 7: カリマンタン これらの特徴から 内資 外資両方によって東カリマンタン州バリクパパンなどを中心に天然資源開発を目的とした進出が活発である また 東洋のベニス と呼ばれる南カリマンタン州都のバンジャルマシン オランウータンが生息するタンジュン プティン国立公園等 観光資源も豊富

【住居】 バリクパパンにはサービスアパートが何軒か立地している。 【治安】 都市部、郊外とも比較的治安は良いとされるが、2016 年 11 月に東カリマンタン州サマリンダ で教会へ火炎瓶投擲事件が起こるなど、近年はテロ事件が発生している。また、スハルト政権 時に国内移民同化政策に基づきジャワ島から大量移住民が送り込まれた経緯から、移住民と 先住民と軋轢があるとされる点には注意が必要である。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ニュースフラッシュ 1 金属鉱業情報 平成 23 年 10 月 19 日 Vol.18 No.41 ニュース フラッシュ 独立行政法人石油天然ガス ガス 金属鉱物資源機構金属資源情報センター電話 : FAX:

ニュースフラッシュ 1 金属鉱業情報 平成 23 年 10 月 19 日 Vol.18 No.41 ニュース フラッシュ 独立行政法人石油天然ガス ガス 金属鉱物資源機構金属資源情報センター電話 : FAX:

チリ: :政府 : : 政府 政府は 政府 は は は今後 今後 8 今後 今後 88 8 年間 年間 年間 年間 中規模鉱山会社 中規模鉱山会社 中規模鉱山会社による 中規模鉱山会社 による投資 による による 投資 投資 投資を を を 10 を 10 10 億 10 億 US$ 億 億 US$ US$ US$と と と予想 と 予想 予想 予想 メディア報道によると、チリ政府は今後 8 年間中規模鉱山会社による投資額を 10 億 US$と予想してい る。しかし、Copec、Pucobre、Solami グループなどが中規模鉱山会社へ投資を進めていることから、2020 年頃には 50 億 US$まで増加すると予想されている。 銅価格は現状不安定であるが今後見通しは良いこと、 中小鉱山会社が開発計画再開を予定するなど後押しもあり、これまでにない規模投資が行われると予 想されている。現在、中規模鉱山会社は 30 社で、チリ国内銅生産量に占める割合は 5%程度である。 (2011. 10. 11 サンティアゴ 縫部保徳)
さらに見せる

17 さらに読み込む

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構[JOGMEC]

独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構[JOGMEC]

資源メジャー各社動向 2017 年に入っても資源メジャー各社は、いずれも 2016 年まで支出抑制 / 財務改善優先路線を 引き続き踏襲。 Rio Tinto は豪州石炭子会社 Coal & Allied 社を中国国営兗州煤業社在豪子 会 社 で あ る Yancoal Australia 社 へ 売 却 す る と 発 表 し た ( 1 月 ) 。 Anglo American も 豪 州 Moranbah North 原料炭炭鉱売却交渉を継続するも買収候補者と条件が折り合わないでいたとこ ろ、前年 11 月米国大統領選挙後資源価格上昇傾向へ反転影響もあってか、 2 月にはリ ストラためこれ以上資産売却は不要と Mark Cutifani CEO が宣言、同炭鉱も継続保有するこ とに方針転換した。 Vale のみ、一部ニッケル資産売却を模索中にて現在に至り緊縮体制を継続 している感があるが、 BHP は豪州 Olympic Dam 銅・ウラン鉱山拡張( 6 月)及び同じく豪州 South Flank 鉄 鉱 石 プロ ジ ェ ク ト 開 発 決 定( 7 月 ) を 相 次 ぎ発 表、 Glencore も DR コンゴ Mutanda 及 び Kamoto 両 銅 ・ コ バ ル ト 鉱 山 権 益 買 い 増 し ( 2 月 ) 、 豪 州 Hunter Valley Operations 炭鉱へ投資( 7 月)、ペルー鉛・亜鉛・銀大手生産者である Volcan 社へ TOB ( 11 月)を実施した。
さらに見せる

5 さらに読み込む

さらなるごみの減量 資源化に向けた 新たな施策について 答申 平成 28 年 1 月 市川市廃棄物減量等推進審議会

さらなるごみの減量 資源化に向けた 新たな施策について 答申 平成 28 年 1 月 市川市廃棄物減量等推進審議会

③ 手数料収入使途・活用方法 家庭ごみ有料化制度導入に伴う手数料収入については、その金額や使途 を明確化し、市民に分かりやすく公表していくことが必要である。 また、家庭ごみ有料化は、さらなるごみ減量・資源化を進めるため 方策一つであり、家庭ごみ発生・排出抑制及び分別排出を促進すること が目的であることから、ごみ減量・資源化に前向きに取り組む市民や地域 へ支援策充実ために活用していくことが望ましい。
さらに見せる

19 さらに読み込む

ニュースフラッシュ 1 金属鉱業情報平成 23 年 3 月 2 日 Vol.18 No.09 ニュース フラッシュ 独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構金属資源情報センター電話 : FAX: ニ

ニュースフラッシュ 1 金属鉱業情報平成 23 年 3 月 2 日 Vol.18 No.09 ニュース フラッシュ 独立行政法人石油天然ガス 金属鉱物資源機構金属資源情報センター電話 : FAX: ニ

本買収契約では、White Canyon が他買収提案を受け入れないよう規定する一方、当事者責により 成約しなかった場合違約金として 50 万 AU$を他方当事者に支払うことが規定されている。 White Canyon は、Denison 保有米 UT 州 White Mesa 精錬所近くにおいて Daneros 鉱山を 2009 年 12 月から操業しウランを生産するとともに(本鉱山鉱石は White Mesa 精錬所で処理)、UT 州南部 Red Canyon 地区において Thompson、Daneros、Lark Royal、Geitus、Blue Jay、Marcy Look プロジェク トを有していることから、今回買収で相乗効果が期待される。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...