第3章 区のスポーツ環境の現状と課題

Top PDF 第3章 区のスポーツ環境の現状と課題:

村上市スポーツ施設整備計画 ( 本編 ) < 目次 > 本編 第 1 章計画の策定にあたって 1. 計画の目的 1 2. 計画の位置付け 2 3. 計画の期間 3 4. 計画の対象 3 第 2 章本市のスポーツ環境の現状と課題 1. スポーツを取り巻く現状 4 2. スポーツ施設の現状 5 3. ス

村上市スポーツ施設整備計画 ( 本編 ) < 目次 > 本編 第 1 章計画の策定にあたって 1. 計画の目的 1 2. 計画の位置付け 2 3. 計画の期間 3 4. 計画の対象 3 第 2 章本市のスポーツ環境の現状と課題 1. スポーツを取り巻く現状 4 2. スポーツ施設の現状 5 3. ス

スポーツに関する市民アンケート調査では、多目的グラウンドは、今後、整備・充実が必要だ思う施設中ので、6位(6.1%)にあげられています。 また、冬期間は12月から3月まで積雪ため、屋外施設は使用できなくなることから、屋外競技用屋根付き屋内運動場が必要です。現状では、神林、 山北地区には、廃校施設体育館に人工芝を設置し屋内でゲートボールできる体育館、朝日地区朝日みどり里屋根付き多目的広場(クレーコート) がありますが、ゲートボールだけでなく、グラウンドゴルフ、フットサルなど多目的種目で利用できる人工芝を設置した施設整備を検討します。
さらに見せる

48 さらに読み込む

第1章 シンガポールにおける環境問題の現状と環境保全施策の概要

第1章 シンガポールにおける環境問題の現状と環境保全施策の概要

シンガポールにおける環境問題現状環境保全施策概要 20 工場建設環境手続窓口は JTC など その他、環境政策に関連する政府機関としては、経済開発庁(EDB: Economic Development Board)が環境庁(NEA)密接に連携をとりながら海外から投資企業にシンガポール環 境規制情報を紹介する役割を果たしており、工業団地造成・運営を担当するジュロンタウン・ コーポレーション(JTC)公共住宅開発庁(HDB)などは、工場建設申請にあたって環 境側面に関する手続窓口なっている。また、長期的な土地利用計画策定詳細な地域計 画立案は国家開発省(MND: Ministry of National Development)その下部組織である都 市再開発庁(URA: Urban Redevelopment Authority)が実施し、下水道施設や水道といった 環境インフラについては環境省(ENV)下部行政機関である公益事業庁(PUB: Public Utilities Board)が担当している。さらに工場内作業環境規制については、人材開発省 (Ministry of Manpower)が所管しているほか、企業環境マネジメントシステム構築に関 しては、貿易工業省(MTI: Ministry of Trade and Industry)下にある生産性・技術革新・ 企画化庁(SPRING: Standards, Productivity and Innovation Board)がさまざまな推奨プ ログラムを実施している。
さらに見せる

50 さらに読み込む

十勝川右岸圏域河川整備計画 - 目 次 - 第 1 章. 対象圏域と河川の現状 1 第 1 節対象圏域の概要 1 第 2 節圏域内河川の現状 5 1. 治水の現状と課題 8 2. 河川利用及び河川環境の現状と課題 12 第 2 章. 河川整備計画の目標に関する事項 17 第 1 節計画対象区間 17

十勝川右岸圏域河川整備計画 - 目 次 - 第 1 章. 対象圏域と河川の現状 1 第 1 節対象圏域の概要 1 第 2 節圏域内河川の現状 5 1. 治水の現状と課題 8 2. 河川利用及び河川環境の現状と課題 12 第 2 章. 河川整備計画の目標に関する事項 17 第 1 節計画対象区間 17

〔風土・文化〕 寛文 6 年(1666 年)に松前藩が「ビロー場所」を設けて十勝アイヌ交易を始めたが十勝開発 始まりされる。明治 2 年に北海道開拓使庁が設置され、初めて十勝国が置かれ、7 郡 51 村な る。同 16 年、晩成社 ばんせいしゃ 移民団 い み ん だ ん 一行が下帯広村(オベリベリ)に入植、開墾クワを下ろした。同 19 年北海道庁が設置、十勝は釧路郡役所管轄になり、同 30 年に河西支庁が設置された。昭和 7 年、河西支庁を十勝支庁改称、同 23 年には釧路支庁から足寄 あしょろ 、陸別 りくべつ 2 村を編入、同 31~32 年 町村合併で 1 市 16 町 3 村、平成 18 年町村合併で 1 市 16 町 2 村なり、現在に至っている。 帯広を中核都市として発展する十勝地方は、わが国を代表する畑作・酪農地帯であり、食料基地 として重要な役割を果たしているが、入植当初より春先強風による風害に悩まされ、このため多 く耕地 こ う ち 防風林 ぼうふうりん が広く造成されてきた。こうした背景を持つ十勝地方では、大規模に広がる農地 縦横に走る耕地防風林が特徴的な景観を形成している。
さらに見せる

29 さらに読み込む

第3章 住宅政策上の課題(基本的課題)

第3章 住宅政策上の課題(基本的課題)

・戸建て住宅ニーズは全般的に低下傾向にあるものの、駅徒歩圏内では需要があり、 駅前区画整理事業によるインフラ整備で、需要は十分に期待できます。 ・賃貸市場では、ファミリー層需要はまだあり、部屋収納スペースや、駐車場、公 園等設備面や環境面が良い戸建て感覚良い物件であれば需要がある感じていま す。

14 さらに読み込む

第 2 章豊田市の地域を取り巻く現状と課題 21

第 2 章豊田市の地域を取り巻く現状と課題 21

「特に課題・問題はない」 「隣近所関係が薄い」が上位なっています。 「特に課題・問題は ない」が最も高い割合を占めていることは、自分こととして地域課題をとらえていないこと や、地域そのものに関心を持っていない可能性がある考えられます。地域別でみる、都市 部では「隣近所関係が薄い」 、農山村部では「生活環境整備(道路や施設バリアフリーな
さらに見せる

16 さらに読み込む

第2章 みどり市のスポーツ推進の現状と課題

第2章 みどり市のスポーツ推進の現状と課題

体育協会は各種スポーツ経験者で構成された、専門知識を有する団体であるため、市から市 体育協会へ、各種スポーツ大会事業開催を委託しています。この大会は市民が気軽に参加で き、スポーツ活動に取り組むきっかけづくりすることが目的であり、2016 年度(平成 28 年度)は野球、ソフトボール、グラウンドゴルフ、バドミントン大会が開催されました。参 加チーム(者)数は横ばいですが、市内各地域から参加や行政対抗競技を実施することに より、市民間交流に寄与している言えます。体育協会へ各種スポーツ大会を委託することに より、体育協会設置目的であるスポーツ競技力向上やスポーツ振興にも寄与してきました が、現状では大会種目固定化もあり、各種スポーツ大会拡充が課題なっています。今後 は、体育協会へ委託を中心しつつ、スポーツ推進委員や地域総合型スポーツクラブ、民間 スポーツクラブ連携を図り、役割分担をすることで、効果的・効率的な施策展開を図る 必要があります。
さらに見せる

22 さらに読み込む

 第1節 国における子育て環境の現状と今後の課題         

 第1節 国における子育て環境の現状と今後の課題         

また、年齢別就業率を見る、平成 12 年では就業率が 30 代前半に落ち込む、いわゆる 「M字型曲線(結婚・出産・育児期間に仕事を辞めて、家事・育児に専念して、子育てが 一段落したら再就職するというライフスタイル) 」であったものが、平成 22 年では育児休業 など制度普及により、30 代前半から後半就業率が横ばいで推移しています。

14 さらに読み込む

目 次 はじめに 第 1 章ごみ処理の現状と課題 ごみ処理の現状

目 次 はじめに 第 1 章ごみ処理の現状と課題 ごみ処理の現状

はじめに 廃棄物処理は、従来大量生産、大量消費、大量廃棄する社会から、ごみ減量、資源 化を促進する循環型社会形成へ転換が求められています。 循環型社会形成推進基本法では、循環型社会構築ため優先順位として 1 番目:リデ ュース(ごみ減量)、2 番目:リユース(再使用)、3 番目:リサイクル(再使用不可物は 資源にする)、4 番目:熱回収(資源として使えない物は燃やしてその熱を利用する)、5 番目:適正処分を基本原則しています。また、東日本大震災経験から、大規模災害発 生時においても円滑に廃棄物を処理できる体制、長期安定的なエネルギー供給が重要視さ れています。
さらに見せる

75 さらに読み込む

第 2 章 栗山農業 農村 農家の 現状と課題

第 2 章 栗山農業 農村 農家の 現状と課題

)農地生産性向上 ① 今後想定される流動農地増加へ対応として、担い手あるいは新規参入者へスム ーズな農地流動化経営安定化が必要である。また、作業効率向上ため圃場 区画拡大や農産物品質・収量安定ため透排水性改善が不可欠であり、このよ うな土地改良をはじめする基盤整備対策推進が必要である。

15 さらに読み込む

目次 第 1 章計画の策定に当たって 1 1 計画の趣旨 1 2 計画の位置付け 1 3 計画期間 1 4 計画の見直し 1 第 2 章計画策定の背景 3 1 社会環境の変化とスポーツ 3 2 広島市のスポーツの現状 5 3 広島市のスポーツ振興における課題 14 第 3 章基本理念とその実現に向け

目次 第 1 章計画の策定に当たって 1 1 計画の趣旨 1 2 計画の位置付け 1 3 計画期間 1 4 計画の見直し 1 第 2 章計画策定の背景 3 1 社会環境の変化とスポーツ 3 2 広島市のスポーツの現状 5 3 広島市のスポーツ振興における課題 14 第 3 章基本理念とその実現に向け

今日広島市スポーツ現状課題、成果を踏まえ、今後はスポーツ振興を担う組織 間で連携・協働し、施策一体的な展開に取り組む必要があります。 こうした点を主眼に置き、本計画では、 「スポーツ・フォア・オール」理念にのっとり、 子どもから高齢者、障害者や健常者、初心者からトップアスリートまで全て市民が様々 なスポーツに関わり、生きがいを感じることできる明るく活気あふれる平和なまちづく りに取り組むことにより、スポーツや仲間、広島が好きな市民笑顔であふれる新しい「ス ポーツ王国広島」を目指します。
さらに見せる

59 さらに読み込む

第3章~自転車利用環境の現状と課題~ 宮崎市自転車安全利用促進計画  宮崎市

第3章~自転車利用環境の現状と課題~ 宮崎市自転車安全利用促進計画 宮崎市

既存駐輪場 利用率 迷 い 加え 自転車 ン 駐輪場 場所 分 い 複数指摘 い 分 や い案 や広報 行う必要 あ 駐輪環境 充実 向 取 組 置自転車 数 い あ 面 歩道 駐輪 対 否定的 意識 持 い 人

33 さらに読み込む

目次 第 1 章高校教育を取り巻く現状と課題 1 本県の高校教育改革の取組 1 (1) これまでの構想における高校教育改革の取組の方向性 (2) 新県立高校将来構想 期間中の主な動き 2 高校教育を取り巻く現状と課題 5 (1) 社会経済環境の変化 (2) 県立高校の現状と課題 第 2 章新たな県立

目次 第 1 章高校教育を取り巻く現状と課題 1 本県の高校教育改革の取組 1 (1) これまでの構想における高校教育改革の取組の方向性 (2) 新県立高校将来構想 期間中の主な動き 2 高校教育を取り巻く現状と課題 5 (1) 社会経済環境の変化 (2) 県立高校の現状と課題 第 2 章新たな県立

① 志教育更なる推進 小・中・高等学校・特別支援学校全時期を通じ,社会的存在として人間生き方観 点を重視し,社会中で自分が出来ることや果たすべき役割や,その実現ために必要な取 組などについて深く考えさせる志教育を一層推進します。特に高等学校は,社会に出る直前 教育段階でもあり,学校内外において社会結びつきを強めるような教育活動が求め られていることから,インターンシップ等体験的な学習を通して社会的・職業的自立に必 要な能力や態度を育成するとともに,他者協働しながら,より良い社会づくりに参画する ために必要な資質能力等を育成するシチズンシップ教育を推進し,生徒志を育みます。
さらに見せる

55 さらに読み込む

子どもの健康と環境 : 日本における現状と今後の課題

子どもの健康と環境 : 日本における現状と今後の課題

Instructions for use Title 子ども健康環境 : 日本における現状今後課題 Author(s) 岸, 玲子 Citation 3回国際シンポジウム : 東アジア子ども健康サステナビリティ : 子どもたちをとりまく生活環境 健康問題(Health and Sustainable Lifestyle of East Asian Children -Health risks posed by the living environments-). 2012年10月15日-16日. 北海道大学学術交流会館小講堂, 百年記念会館, 札幌市.

42 さらに読み込む

第2章 成田市のスポーツに取り巻く環境

第2章 成田市のスポーツに取り巻く環境

そのためには、スポーツを通じたコミュニティ活動促進が重要になります。子ど もから大人までが一緒に楽しめる拠点として、 地域に密着したスポーツクラブ設 立・育成を図っていくことが課題なっています。 また、今あるスポーツ施設へ要望としては、「利用申込方法簡素化」が 17.4 %上位なっています。スポーツによるコミュニティ活動中心的役割を果 たす各スポーツ施設運営充実を図り、地域ごとスポーツ団体が連携して、市
さらに見せる

13 さらに読み込む

目 次 1. 流域の概要と河川の現状と課題 旭川水系下流ブロックの概要 河川の現状と課題 治水の現状と課題 利水の現状と課題 河川環境の現状と課題 7 2. 河川整備計画の目標に関する事項 整備計画の対象区間及び期

目 次 1. 流域の概要と河川の現状と課題 旭川水系下流ブロックの概要 河川の現状と課題 治水の現状と課題 利水の現状と課題 河川環境の現状と課題 7 2. 河川整備計画の目標に関する事項 整備計画の対象区間及び期

(2) 河川情報提供 洪水による被害を軽減するためソフト対策として、雨量や水位等迅速な情報収集 を行うとともに、岡山県総合防災情報システムによりインターネットホームページやメ ール配信により住民へ情報を提供しています。砂川では、市長避難勧告等発令判断 目安なる水位などを定め、水位が達した場合には水防管理団体など関係機関に通 知しています。また、河川が氾濫した場合に浸水が想定される区域水位を示した浸水 想定区域図を公表しています。今後も、河川防災情報充実に向けた整備・拡充に取り 組み、よりわかりやすい情報提供に努めます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

第3章 現状の分析と課題 松本市水道ビジョン 松本市ホームページ

第3章 現状の分析と課題 松本市水道ビジョン 松本市ホームページ

漏水量でみる、松本地区は配水量が多いため漏水量(無効水量)が最も多く、本市約 90% を占めています。 松本地区にはp. 29 にも示すように約 3 万 1 千件鉛製給水管が残存しているた め、老朽鉛製給水管布設替えを含めて、漏水対策に努める必要があります。 漏水量が削減できれば、漏水時に生じていた、水資源配水に関わる電力無駄が減少し、経 営効率が向上します。また、省エネルギーによる環境配慮にもつながります。
さらに見せる

23 さらに読み込む

はじめに... 1 第 1 章食をめぐる現状と課題について ( 現状認識 ) 課題と背景 神戸市中学生の実態と課題 食育 について... 5 第 2 章. これまでの中学校昼食について 家庭弁当について 中学校弁当販売制

はじめに... 1 第 1 章食をめぐる現状と課題について ( 現状認識 ) 課題と背景 神戸市中学生の実態と課題 食育 について... 5 第 2 章. これまでの中学校昼食について 家庭弁当について 中学校弁当販売制

食をめぐる現状課題について(現状認識) 1.課題背景 近年、国民「食」をめぐる状況が変化し、その影響が顕在化している言われてい ます。例えば、 「栄養偏り」 、 「不規則な食事」 、 「肥満や生活習慣病増加」 、 「過度痩 身傾向」、 「伝統的な食文化喪失」などです。また、社会環境変化に伴い、国民ラ イフスタイルなども変化してきました。その結果、共働き世帯・一人親世帯増加、家 族生活時間個別化等により、家庭教育力が低下し、子どもに正しい食習慣や生活 習慣を身につけさせることが困難な家庭が増加しているではないか、といった状況が 推測されます。検討会でも、下記通り、様々な問題提起がなされました。
さらに見せる

20 さらに読み込む

第 2 章 スポーツ振興計画の 施策の進捗状況及び現状

第 2 章 スポーツ振興計画の 施策の進捗状況及び現状

スポーツ振興計画後期目標 (平成 23 年度~27 年度) 実 績 施設効率的な活用方策を検討していく とともに、ソフト・ハードシステム開 発を行い、その充実を図っていきます。 また、各施設へ交通アクセスについて は、各施設に歩いて行く人・自転車を利 用する人を増やす方策(エコ・モビリテ ィ)をすすめ、環境にも配慮していきま す。

24 さらに読み込む

プロスポーツチームのオーナーシップ : 3×3 PREMIER.EXEの現状と課題

プロスポーツチームのオーナーシップ : 3×3 PREMIER.EXEの現状と課題

 チーム運営上事前想定現実差に関しては、 費用資金獲得、競技環境や審判レベル、オーナー 業務負担拡大、他バスケットボール組織関 係悪化という4点で落差が大きいことが明らかなっ た。特に資金面問題はオーナー中心的な悩み なっている。そのため、売上増加や費用削減に様々な 工夫をしているものの、それが所属選手モチベー ションを低下させたり、オーナー自ら業務負担を増 加させたりといった悪循環につながっている。  こうした理由から、リーグ事務局に対するオーナー 側要求にはチーム売上拡大に関するものが多く挙 がっている。特にスポンサーシップ規制緩和を求め る声が多いという状況である。リーグ事務局としては、 これを認めるか、その代わりとしてリーグビジネスを 促進し、各チームに配分金を出したり、スクールビジ ネス等で成功しているチームノウハウを他チームに も横展開したりすることでチーム収入増加を支援す る策を取ることが求められるだろう。
さらに見せる

7 さらに読み込む

目次 第 1 章浜田市公共施設等総合管理計画の概要 1. 計画の目的 1 2. 計画期間 1 3. 対象範囲 1 第 2 章浜田市の現状 1. 将来推計人口 2 2. 財政状況の変化 3 第 3 章公共施設の現状と課題 1. ハコモノの現状と課題 5 2. インフラの現状と課題 公共施設

目次 第 1 章浜田市公共施設等総合管理計画の概要 1. 計画の目的 1 2. 計画期間 1 3. 対象範囲 1 第 2 章浜田市の現状 1. 将来推計人口 2 2. 財政状況の変化 3 第 3 章公共施設の現状と課題 1. ハコモノの現状と課題 5 2. インフラの現状と課題 公共施設

また、本計画による予算配分仕組みづくりについては、今後財務部局検討し構築して いくことします。 3. 官民意識改革認識共有 本計画を着実に実行していくためには、住民サービス受益者である市民皆さん理解 協力が必要不可欠です。市民皆さんには、本市が直面する現状を十分認識いただき、こ れまでような自治単位ではなく、市全体として公共施設あり方を考える必要があるこ を理解してもらう必要があります。
さらに見せる

21 さらに読み込む

Show all 10000 documents...