確保に向けた支援

Top PDF 確保に向けた支援:

平成21年10月より、離職者であって就労能力及び就労意欲のある者のうち、住宅を喪失している者又は喪失するおそれのある者を対象として、6月間を限度として住宅手当を支給するとともに、住宅確保・就労支援員による就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。 (手当の支給額は地域ごとに上限額が設定されます(生活保護の住宅扶助特別基準に準拠))  ○○市の場合  ○○円(単身世帯)  ○○円(複数世帯)

平成21年10月より、離職者であって就労能力及び就労意欲のある者のうち、住宅を喪失している者又は喪失するおそれのある者を対象として、6月間を限度として住宅手当を支給するとともに、住宅確保・就労支援員による就労支援等を実施し、住宅及び就労機会の確保に向けた支援を行います。 (手当の支給額は地域ごとに上限額が設定されます(生活保護の住宅扶助特別基準に準拠))  ○○市の場合  ○○円(単身世帯)  ○○円(複数世帯)

・ ハローワーク窓口から発行を受け、求職受付票(ハローワークカード)の 写しを自立相談支援機関へ提出してください。  住居確保給付金の審査・決定 ・ 審査の結果、受給資格ありと認められ場合は「住居確保給付金支給決定 通知書」が交付され、あわせて、「常用就職届」、「職業相談確認票」、必要 応じて「住居確保給付金常用就職活動状況報告書」の用紙が配布されます。 ・ 入居している住宅の不動産業者等に対して「住居確保給付金支給決定通知書
さらに見せる

10 さらに読み込む

Microsoft Word - toppers-contest-2014_NTB.doc

高齢者居住安定確保計画とは 高齢者の居住の安定確保に関する法律の一部を改正する法律 [ 平成 年 8 月 9 日施行 ] 高齢者の居住の安定の確保を一層推進するため 基本方針の拡充 都道府県による高齢者の居住の安定の確保に関する計画の策定 高齢者生活支援施設と一体となった高齢者向け優良賃貸住宅の供給

第5 本基準は、施行日以降登録申請を受け付けものについて適用する。ただし、施行日まで既に サービス付き高齢者向け住宅に関する工事着手し、又は国のサービス付き高齢者向け住宅高齢者 向け住宅整備事業補助金の採択通知を受けているものについて、この指針の規定適合しない部分 がある場合は、当該部分に対して当該規定は適用しないものとする。また、施行日以降増築、改築、 大規模の修繕又は大規模の模様替えが行われる場合は、本基準適合するよう求めるものとする。 附 則
さらに見せる

7 さらに読み込む

資料 4 事業の目的 ( 新 ) 人材確保に向けた企業の魅力向上事業費 若者定着課予算額 14,452 千円 県内企業による魅力向上に向けた主体的取組を促し 若者に選ばれる雇用環境づくりを進めるため 企業内の人材育成やキャリアパス構築等を支援するとともに 各種媒体により企業情報を発信 事業の概要 (

資料 4 事業の目的 ( 新 ) 人材確保に向けた企業の魅力向上事業費 若者定着課予算額 14,452 千円 県内企業による魅力向上に向けた主体的取組を促し 若者に選ばれる雇用環境づくりを進めるため 企業内の人材育成やキャリアパス構築等を支援するとともに 各種媒体により企業情報を発信 事業の概要 (

<現状と課題> ・観光関連産業は就職先として「選ばれにくく(『接客・給仕の職業』の充足率9.6%)」「定着しにくい(『宿泊業、 サービス業』の3年以内離職率67.0%)」(数値は平成30年度長崎労働局調べ)という現状 ・労働条件や給与面でのマイナスイメージを持たれていること、働き方改革や処遇改善取り組んでいる宿 泊施設の情報が伝わっていないことなどが課題

7 さらに読み込む

目 次 第 1 趣旨 1 第 2 福岡県雇用対策協定に基づく平成 30 年度の取組 1 働き方改革 に向けた取組 (1) 働き方改革の実現 2 (2) 非正規雇用労働者の正社員転換 処遇改善 3 (3) 仕事と家庭の両立支援 4 2 地方創生に向けた取組の推進 (1) 地域における雇用創出と人材確保

目 次 第 1 趣旨 1 第 2 福岡県雇用対策協定に基づく平成 30 年度の取組 1 働き方改革 に向けた取組 (1) 働き方改革の実現 2 (2) 非正規雇用労働者の正社員転換 処遇改善 3 (3) 仕事と家庭の両立支援 4 2 地方創生に向けた取組の推進 (1) 地域における雇用創出と人材確保

○ 福岡労働局が若年者地域連携事業で実施する採用力向上企業支援セミナーにおいて、 福岡県正規雇用促進企業支援センターのリーフレットをセミナー資料として配付す る。 ○ 雇用形態関わらない均等・均衡待遇を確保するため、 「福岡働き方改革推進支援 センター」を活用し、事業主へのきめ細かな支援努める。また、福岡県との連携等 により、セミナー等を通じて、無期転換ルールの円滑な導入及び「多様な正社員」の 普及・拡大を図る。
さらに見せる

23 さらに読み込む

お申し込み書 人手不足対策に向けたセミナーを開催します(人材確保・設備投資関連施策のご紹介) | 花巻市

お申し込み書 人手不足対策に向けたセミナーを開催します(人材確保・設備投資関連施策のご紹介) | 花巻市

■お申込み:裏面の申込用紙により、メール又は FAX にてお申し込み下さい。 ■説明内容:(以下、予定) 「人手不足対応ガイドライン(中小企業庁、平成29年3月公表)」、「プロフェッショ ナル人材拠点事業(内閣府)」、「ものづくり・商業・サービス経営力向上支援事業等 (中小企業庁)」等のご説明を予定しております。

2 さらに読み込む

日本の男女共同参画とポジティヴ アクション より高い実効性の確保に向けて 佐藤渚 163

日本の男女共同参画とポジティヴ アクション より高い実効性の確保に向けて 佐藤渚 163

ポジティヴ・アクションの定義を踏まえところで、日本の政策のなかでポジティヴ・ アクションがどのよう扱われていっのかをみていく。日本の政策においてポジティ ヴ・アクションが登場するのは、「男女共同参画ビジョンー21 世紀の新たな価値の創造」 においてである。このときは、手法の導入や企業の自主的な取り組みへの支援などが施策 として挙げられるとどまっ。その後 1999 年制定され男女共同参画社会基本法 おいて、国は積極的改善措置(ポジティヴ・アクション)を策定し、実施する責務がある とされ、ポジティヴ・アクションを進める根拠が確立されのである。その後は改正均等 法や男女共同参画基本計画においてポジティヴ・アクションが登場し、その取り組みを各 界要請している。 2003 年男女共同参画推進本部によって決定され「2020 年まで、 指導的地位女性が占める割合が少なくとも 30%なるよう」という目標を踏まえ 「第 2 次男女共同参画基本計画」以降は、国においてはその割合を高めることを目標とし、 地方公務員においては目標向け女性の採用・登用・職域の拡大について積極的取り組 むよう要請し、企業においてはポジティヴ・アクション自主的取り組むことを奨励す るとされ
さらに見せる

20 さらに読み込む

住まいの確保、自治体支援について

住まいの確保、自治体支援について

③被災住宅再建・補修の支援 ・住宅金融支援機構のコールセンターにおいて、災害復興住宅融資等係る被災 者からの相談対応。 ・各自治体における被災者向けの建築相談の実施等について、建築士関係団体等 に対し被災県と連携して協力要請するとともに、必要応じて国土交通省の補 助金を活用して支援。建築相談においては主として被災住宅の補修等に関する 技術的な助言等を実施。

21 さらに読み込む

企業の人材確保支援 中小企業人材支援センターによる採用 定着支援や 障がい者の雇用促進 企業の成長を担うプロ人材の採用支援等により 大阪産業を支える中小企業の人材確保を支援する 大阪働き方改革支援センターの人材確保支援の機能を強化し 大阪人材確保推進会議と協働して製造 運輸 建設の 3 分野を中心に

企業の人材確保支援 中小企業人材支援センターによる採用 定着支援や 障がい者の雇用促進 企業の成長を担うプロ人材の採用支援等により 大阪産業を支える中小企業の人材確保を支援する 大阪働き方改革支援センターの人材確保支援の機能を強化し 大阪人材確保推進会議と協働して製造 運輸 建設の 3 分野を中心に

◎中小企業人材支援センターによる採用・定着支援や、障がい者の雇用促進、プロ人材の採用支援等により、大阪産業を支える中小企業の人材確保支援する。 ◎過重労働の解消・防止のため、いわゆるブラック企業の撲滅向け取組みをはじめ、労働環境の改善取り組むなど、国と連携して「働き方改革」を推進する。 ◎府立高等職業技術専門校における AI、IoT 関連産業の技術動向等を踏まえ職業訓練、認定職業訓練や大学や経済団体等と連携し PBL(課題解決型授業)など により、産業界のニーズを踏まえ人材を育成する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成29年度事業の障害者支援の観点からの総点検について ― 平成30年度に向けた事業の見直しへ ―

平成29年度事業の障害者支援の観点からの総点検について ― 平成30年度に向けた事業の見直しへ ―

【研究開発管理システム運営】 府省共通研究開発管理システム(e-Rad)は、広く研究者等の国民利用され公益性の高い情報システムである ことから、平成 29 年度実施予定のシステム更改係るアプリケーション機能改修等業務において、高齢者や障 害者を含む誰もが利用しやすいものとなるよう、アクセシビリティ要件として、日本工業規格 JIS X8341 シリー ズ及び「みんなの公共サイト運用ガイドライン(2016 年版)」 (総務省)に従い、一層のアクセシビリティを確保設計・開発を行うこととしている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第2章 シニア起業に向けた準備 創業・起業の支援|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

第2章 シニア起業に向けた準備 創業・起業の支援|青森県庁ウェブサイト Aomori Prefectural Government

度 「自己の棚卸し」を目見える形でくり返すと、お金をいただいて提供 できそうな分野が少しずつ見えてきます。 「前職の延長線なので、仕事としてはできるが、定年後もそれほどやり たいとは思えない仕事」や、「定年後ぜひ挑戦してやってみたいが、未 経験で自信がない仕事」など、2つの円が重ならないこともあります。そ の場合は、まずはできる仕事から始めて収入を確保しながら、並行してや りたい仕事の準備を進め、徐々にやりたい仕事の比重を高めていく、とい う方法をお勧めします。
さらに見せる

13 さらに読み込む

震災復興支援に向けたアンケート調査報告 ( 08) 平成 27 年 3 月 仙台市経済局

震災復興支援に向けたアンケート調査報告 ( 08) 平成 27 年 3 月 仙台市経済局

② 取組みを進める上での課題 問 問 問 問 10 10 10 問9で「1 取り組んでいる」と回答し場合、その取組みを進める上での課題をどのよ 10 うに考えていますか。 (複数選択可) 震災以降、新製品等の開発・新分野への進出についての取組みを進める上での課題については、 「販路の開拓(53.5%) 」が最も多く、以下、 「社員等への教育・技術・専門性の向上(41.7%) 」 、 「信用力・ブランド力の向上(35.3%) 」 、 「ノウハウや技術を有する人材の確保(33.2%) 」 、 「提 携先・協力先の確保(32.1%) 」 、 「マーケット情報の収集(30.5%) 」の順となっている。
さらに見せる

51 さらに読み込む

ミニトマト産地戦略ビジョン策定と達成に向けた支援(東臼杵南部農業改良普及センター)

ミニトマト産地戦略ビジョン策定と達成に向けた支援(東臼杵南部農業改良普及センター)

1 活動のねらい    管内の主力品目であるミニトマトは、新規就農者の確保や既存農家の規模拡大伴い 栽培面積が増加していることから、選果場の再編整備や新規就農者の受け入れ体制等、 部会の将来像の見直しが必要となっていまし

2 さらに読み込む

JA西都ピーマン部会産地ビジョンの策定とその実現に向けた支援(児湯農業改良普及センター)

JA西都ピーマン部会産地ビジョンの策定とその実現に向けた支援(児湯農業改良普及センター)

     高病原性鳥インフルエンザ発生のため中断もあ りましが、生産者と関係機関で5回もの熱心な 意見交換を行いまし。その結果をもと、普及 センターで素案を作成しまし。素案では、新規 就農者 20 戸の確保や平均反収の1t増などの数 値目標及びこれを達成するための「取組 10 項目」 と「23 の具体的な活動」を定めまし

2 さらに読み込む

韓国における教員の業務軽減に向けた支援体制に関する研究 ~ソウル特別市内の初等学校教員の事例を中心として~ [ PDF

韓国における教員の業務軽減に向けた支援体制に関する研究 ~ソウル特別市内の初等学校教員の事例を中心として~ [ PDF

これらの人的支援体制の実態についてインタビュー 調査を行っところ、K 初等学校においては業務専任チ ームだけではなく、校務行政士、コーディネーターとい っ人的支援体制の運用によって業務負担の軽減が実現 されてい。一方、S 初等学校においては業務専任チー ムの運用が寧ろ特定の教員の業務負担を招き、2 年間の 運用の後、元の校務分掌体制戻っという、業務専 任チームの不適合事例を見ることが出来。このことか ら、業務専任チームの運用は学校規模が大きく関係す ることが分析され。S 初等学校のような比較的小規模 な学校の場合、業務専任チームを構成するための人員を 十分確保できず、大規模校であれば実現可能な、業務 専任チームの構成員となっ教員に対する授業時数の削 減を行う余裕が、他の教員や学校自体無いのである。
さらに見せる

4 さらに読み込む

4. 障害者制度改革中央教育審議会初等中等教育分科会共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進 ( 報告 ) 概要 2 1. 共生社会の形成に向けて (2) インクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進 特別支援教育は 共生社会の形成に向けて インクル

4. 障害者制度改革中央教育審議会初等中等教育分科会共生社会の形成に向けたインクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進 ( 報告 ) 概要 2 1. 共生社会の形成に向けて (2) インクルーシブ教育システム構築のための特別支援教育の推進 特別支援教育は 共生社会の形成に向けて インクル

・これまで学校においては、障害のある児童生徒等への配慮は行われてきものの、「合理的配慮」は新しい概念であり 、 現在、その確保についての理解は不十分であり、学校・教育委員会、本人・保護者の双方で情報が不足していると考えら れる。そのため、早急「合理的配慮」の充実向け調査研究事業を行い、それ基づく国としての「合理的配慮」のデ ータベースを整備し、各教育委員会の参考供することが必要である。また、中長期的は、それらを踏まえて、「合理的 配慮」、「基礎的環境整備」を充実させていくことが重要であり、必要応じて、学校における「合理的配慮」の観点や代表 的なものと考えられる例を見直していくことが考えられる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

九都県市首脳会議「企業の働き方改革に向けた支援策について」に係る要請の実施について

九都県市首脳会議「企業の働き方改革に向けた支援策について」に係る要請の実施について

企業の働き方改革向け支援策について 少子高齢化による労働力人口の減少や、健康寿命の延伸による「人生 100 歳時代」を見据え、女性・高齢者等を含め全ての働く人の能力を 最大限発揮させ、高い生産性を確保できるような職場環境作り向け、 長時間労働の是正や同一労働同一賃金の実現等の「働き方改革」を推進 することが急務となっている。

3 さらに読み込む

資料1 犯罪被害者等支援に向けた具体的な施策(平成29年度) 「福岡県犯罪被害者等支援に関する取組指針」を改定しました  福岡県庁ホームページ

資料1 犯罪被害者等支援に向けた具体的な施策(平成29年度) 「福岡県犯罪被害者等支援に関する取組指針」を改定しました 福岡県庁ホームページ

イ 地域警察官による犯罪被害者等への訪問・連絡活動を効果的推進します。 (女性係る施策) 配偶者からの暴力被害者に対する相談の実施 ア 「福岡県配偶者からの暴力相談電話」において、休日・夜間の電話相談対応しています。 イ 県内10カ所の「配偶者暴力相談支援センター」において、配偶者からの暴力被害者からの相談、 被害者の自立のための就業促進、住宅の確保等に関する情報提供を行っています。外国人からの 相談は、外国語のリーフレットを用意するとともに、必要応じて通訳を手配するなどして相談を受 けています。
さらに見せる

15 さらに読み込む

対アフリカ支援 (2008年に向けて)

対アフリカ支援 (2008年に向けて)

TICAD TICAD IVに対する評価 IV に対する評価 ●キクウェテ・タンザニア大統領(AU議長) 今回のTICADⅣはうまく行き、いい形で終わっというのがアフリカの指導者の全般的な印象である。日本政府をはじめ、 国連、UNDP、世銀等のパートナーがしっかり準備していただい証左である。また、我々の良好な関係を築いてき日本の リーダーシップ感謝する。開会式や分科会を含め、議論は質が高く、アフリカの未来、開発に関するほぼ全てを網羅してい。 今回の主要なテーマは成長の加速化、人間の安全保障の確立、環境・気候変動への対処というものであっが、
さらに見せる

10 さらに読み込む

健康支援サービスの実現に向けた生体信号解析技術

健康支援サービスの実現に向けた生体信号解析技術

法がありますが,R波とよく似周波 数特性を持つアーチファクトの誤判定 を完全抑制することは極めて難しい のが現状です.したがって,正確な RRIのみを解析対象とする必要がある 心拍変動解析では,アーチファクトの ような計測異常を誤判定しR波を含 むRRIを異常値として解析対象から除 外する必要があります.しかし,従来 の心拍変動解析では計測異常のない心 電図を解析対象とする場合が多かっ ため,平均から逸脱し時間特性を持 つRRIを除外するとどまっており, 計測異常を誤判定しR波を含むRRI を異常値として除外することができま せんでし.また,心拍特徴量の中で も,RRI時系列データの周波数特性 着目し周波数特徴量については,補 間関数によるデータリサンプリングと スペクトル分析によるパワースペクト ル算出を別途行う必要があります (1) .
さらに見せる

6 さらに読み込む

Material ジュート ( 黄麻 ) で編み込んだ厚みのあるソールに 艶のあるスネイクスキンが映える 1006 万 1000VND( 約 4 万 240 円 ) ジミーチュウ (p.27) 18 19

1. 地域包括ケアシステム構築に向けた介護予防 生活支援の充実 2025 年に向けた地域包括ケアシステム構築の必要性 2025 年に向けて医療 介護 予防 住まい 生活支援の一体的な提供の仕組みづくりが必要 地域包括ケアシステムは 重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを継続する

 地域は、元気な高齢者、虚弱な高齢者、認知症の方、要介護者の方など様々な高齢者が住んでおり、それぞれの果たせる 役割を最大化することが、「介護予防の推進」と「生活支援の充実」つながる。  地域の特性を活かしながら、高齢者を年齢や心身の状況等によって分け隔てることなく、誰でも一緒参加することのできる住 民主体の介護予防活動を地域展開することにより、住民同士の支え合いの体制を構築することが可能なる。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...