0 0 0 百 万 円 ( 前 期 比

Top PDF 0 0 0 百 万 円 ( 前 期 比:

科 目 ( 資産の部 ) Ⅰ. 流動資産 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 現金及び預金 209, ,801 54,663 1 受取手形及び売掛金 25

科 目 ( 資産の部 ) Ⅰ. 流動資産 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 現金及び預金 209, ,801 54,663 1 受取手形及び売掛金 25

(単位: 増 減 増 減 384,602 394,215 9,613 2.5% 175,559 182,355 6,795 3.9% 商品販売収入 134,586 138,469 3,883 2.9% 飲食販売収入 69,140 67,819 △ 1,321 △1.9% その他の収入 5,316 5,572 256 4.8% 63,173 66,144 2,970 4.7% 東京ディズニーランドホテル 17,933 17,871 △ 62 △0.3% 16,540 18,890 2,350 14.2% ディズニーアンバサダーホテル 14,433 13,863 △ 570 △4.0% その他 14,266 15,519 1,252 8.8% 17,576 17,388 △ 188 △1.1% イクスピアリ事業 8,788 8,782 △ 6 △0.1% モノレール事業 4,351 4,481 130 3.0% その他 4,437 4,124 △ 312 △7.1% 【テーマパーク関連情報】
さらに見せる

12 さらに読み込む

図表 1 セグメント別の業績 (2Q 累計期間 ) 2016/12 期 2Q 累 2017/12 期 2Q 累 金額 ( 百万円 ) 前期比 金額 ( 百万円 ) 前期比 公営競技事業 4, % 5, % 遊園地事業 % % 倉庫賃貸事業 2

図表 1 セグメント別の業績 (2Q 累計期間 ) 2016/12 期 2Q 累 2017/12 期 2Q 累 金額 ( 百万円 ) 前期比 金額 ( 百万円 ) 前期比 公営競技事業 4, % 5, % 遊園地事業 % % 倉庫賃貸事業 2

公営競技事業の収益拡大が 加速 出所:対象会社公表資料を基にSBI証券投資調査部作成 金額() 前期 金額() 前期 公営競技事業 4,975 10.5% 5,647 13.5% 遊園地事業 515 14.3% 469 -9.0% 倉庫賃貸事業 2,184 -3.2% 2,219 1.6% サービス事業 1,087 46.5% 1,048 -3.6% セグメント間取引の消去等 △ 131 - △ 57 - 合計 8,631 8.8% 9,328 8.1%

5 さらに読み込む

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

業績の推移 ( 百万円 ) 売上高 左軸 経常利益 右軸 ( 百万円 ) 期 期 期 期 期 予 伪伪 2017 年 3 月期第 2 四半期決算の分析 増収 営業損失となるもほぼ計画どおりの着地 同社の 2017 年 3 月期第 2 四半期決算は 売上高 4,774 百万円 ( 前年同期比 0.3%

同社の今期の業績計画は、 第 1 四半期から第 4 四半期にかけて、 尻上がりに収益が拡 大していく想定となっている。 具体的には、 売上高が毎四半期、 四半期約 300 増収という内容だ。 この 300 の増収幅のうち、 200 程度を IT インフラ関連事業 が担っているというのが弊社の推測だ。 今下期も、 ストック収入については安定的な成長が 見込まれ、 この点ではリスクは小さいと考えられる。 しかし、 この実現のためには既存契約 分からのストック収入の自然増だけでは足りず、 新規契約・新規顧客の積み上げは不可欠だ。 新規顧客 ・ 新規契約の獲得は、 フロー型とストック型の両方の商材で進められることにな るが、 フロー収入は、 期間損益への単純な影響にとどまらず、 ストック収入のベースを底上 げするという側面もあり、 業績インパクトはより大きいと弊社ではみている。 例としては MFP の販売 (フロー) とその後のカウンター収入 (ストック) の関係が典型的だ。 これに、 スター ティア光などの典型的ストック型商材の新規契約が組み合わさって業績を作っていくことにな るが、 ハードルは決して低くはなく、 計画に対して上下する可能性はある。
さらに見せる

13 さらに読み込む

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

株 主 の 皆 様 へ 株 主 の 皆 様 へ グループの 概 況 に ついてご 報 告 申 しあげます 45 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 0.6% 減 ) 営 業 利 益 は270 億 64 百 万 円 ( 前 年 同 期 比 14.0% 増 ) 経 常 利 益 は 252 億 37 百

もあり、未だ不透明であります。当期の収支見通し といたしましては、昨年オープンした東京スカイツ リータウンのさらなる収益向上に取り組むほか、引 き続き各部門においても積極的な営業活動を展開 する一方、省力化をはじめ、徹底した経営効率化 をはかり、すでに前倒し達成いたしました「東武グ ループ中期経営計画2010~2013」の数値目標 (当期純利益200億等)について、さらなる上積 みをはかってまいりますので、株主の皆様には、今 後とも一層のご理解とご支援を賜りますようお願い 申しあげます。
さらに見せる

9 さらに読み込む

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

1. 四半期連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 科 ( 資産の部 ) 2016 年 3 月末 構成比 当四半期末 構成比 増減 ( 印減 ) 増減比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 209, ,1

・ゲスト1人当たり売上高の増 ・商品原価率・飲食原価率の減(10億) ・人件費の増(△17億)  -人事制度改正による増 ・減価償却費の増(△17億) ・諸経費の増(△2億

14 さらに読み込む

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

連結決算ハイライト ( 当中間期の業績 ) 売上高 12,599 百万円 ( 前年同期比 6.2% 減 ) 経常利益 1,374 百万円 ( 前年同期比 8.4% 増 ) 親会社株主に帰属する四半期純利益 1,002 百万円 ( 前年同期比 6.9% 増 ) 業績のポイント ポイント 1 ポイント

新社長就任について 今のお気持ちをお聞かせください。 本年6月28日開催の第99回定時株主総会ならび に取締役会によりご承認いただき、代表取締役社 長を拝命しました有田喜一郎です。設立70周年(決 算第100)の節目を機に、より活力ある会社 づくりを担っていくための新経営体制発足と自覚 し、さらなる事業の発展に向けて邁進してまいり ます。株主の皆様におかれましては、引き続きご 指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

科 ( 資産の部 ) 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 263, ,350 32,548 1 受取手形及び

科 ( 資産の部 ) 1. 連結貸借対照表 ( 実績 / 前期末 ) 増減前期末構成比当期末構成比増減比 ( 印減 ) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) Ⅰ. 流 動 資 産 現 金 及 び 預 金 263, ,350 32,548 1 受取手形及び

(2) 2019年3⽉予想/2018年3⽉実績 (億) 項   ⽬ 18/3実績 19/3予想 差 主な増減要因 テーマパーク事業 570 951 381 東京ディズニーランド 314 564 249 ファンタジーランドの新規エリア/新規施設の開発、 ⽴体駐⾞場の建設、エントランスの改修による増

12 さらに読み込む

2 P.8(4) 今後の見通し < 訂正前 > 個別業績予想 第 2 四半期 ( 累計 ) 通期 予想値 前年同期比 予想値 前年同期比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 経常利益 37, , ( 親会社株主に帰属する ) 当期純利益 29,00

2 P.8(4) 今後の見通し < 訂正前 > 個別業績予想 第 2 四半期 ( 累計 ) 通期 予想値 前年同期比 予想値 前年同期比 ( 百万円 ) (%) ( 百万円 ) (%) 経常利益 37, , ( 親会社株主に帰属する ) 当期純利益 29,00

A.営業総収入 Gross operating revenue B+E 631,288 108.2% 657,324 104.1% 26,036 B.売上高 Net sales *1 254,169 111.7% 264,734 104.2% 10,565 C.売上原価 Cost of sales *2 174,255 111.7% 181,374 104.1% 7,119 D.売上総利益 Gross profit *3 B-C 79,914 111.5% 83,360 104.3% 3,446 E.営業収入 Operating revenues F+G 377,119 106.0% 392,589 104.1% 15,470 F.加盟店からの収入 Income from franchised stores 275,312 105.2% 289,232 105.1% 13,920 G.その他の営業収入 Other operating revenue 101,806 108.1% 103,357 101.5% 1,550 H.営業総利益 Operating gross profit A-C=D+E 457,033 106.9% 475,950 104.1% 18,917 I.販売費及び一般管理費 Selling, general and administrative expenses 383,260 108.0% 410,129 107.0% 26,869 J.営業利益 Operating income H-I 73,772 101.7% 65,820 89.2% — 7,952 営業外収益 Non-operating income 4,081 143.0% 3,835 94.0% — 246 営業外費用 Non-operating expenses 4,839 83.8% 4,514 93.3% — 325
さらに見せる

30 さらに読み込む

平成 26 年度 事業概況 四半期事業概況 保証承諾 件数 Ⅰ 2,557 Ⅱ Ⅲ Ⅳ 年度累計 2,557 ( 単位 : 百万円 %) 金額 前年同期比件数金額 42, , ( 億円 ) 5,000 4,500 4,000 3,500 3,0

平成 26 年度 事業概況 四半期事業概況 保証承諾 件数 Ⅰ 2,557 Ⅱ Ⅲ Ⅳ 年度累計 2,557 ( 単位 : 百万円 %) 金額 前年同期比件数金額 42, , ( 億円 ) 5,000 4,500 4,000 3,500 3,0

 昭和20年の終戦以後、主にシベリアに抑留された日本人 の帰還を行う引揚港に指定された舞鶴港。昭和33年の最 終船までに、66人を超える引揚者を迎え入れました。平和 への願いを後世に伝えようと昭和45年に引揚記念公園が整 備され、昭和63年に舞鶴引揚記念館が建てられました。記 念館には、シベリアに抑留されていた当時に使われていた食 器や生活用品、道具などのほか、写真や収容所を再現した 模型も展示されています。また、当時の引揚の様子を伝える 語り部の会の方から貴重な話を聞くこともできます。引揚げの 史実を風化させないためにも、訪れてみてはいかがでしょうか。
さらに見せる

18 さらに読み込む

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

2014 年第 2 四半期事業ハイライト 業績増収増益 前四半期比で売上高 16% 増 5,160 百万円営業利益 524% 増 600 百万円経常利益 457% 増 593 百万円当期利益 860% 増 490 百万円 更なるコスト削減前四半期比で人件費 84 百万円 外注費 69 百万円の削減

【海外における事業展開について】 海外においては政治・経済の状況、社会情勢、法令や規制等の予期せぬ変更により、当社グループの想定通りに事業を展開できない可能性があります。海外ユーザーの嗜好や 消費行動が日本のユーザーと大きく異なることがあります。この違いにより海外市場において想定通りに事業を拡大していくことができない可能性があります。海外子会社の 財務諸表は現地通貨にて作成されますが、連結財務諸表上は換算されます。為替相場の変動により為替差損益が発生するため、当社グループの業績および財政状況に影響を 与える可能性があります。
さらに見せる

19 さらに読み込む

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

当中間期 ( 連結 ) ハイライト 受注高売上高営業利益 前年同期比前年同期比前年同期比 205,147 百万円 146,929 百万円 11,001 百万円 ( 前年同期比 1.4% 増 ) ( 前年同期比 5.2% 増 ) ( 前年同期比 10.0% 増 ) 5 期連続増加 4 期連続増収 4

大切なお知らせ 1 株当たり配当金及び配当性向の推移  利益配分につきましては、中間配 当・期末配当の年2回の実施と安定 配当の継続を基本とし、業績や将来 の企業体質強化に向けた内部留保を 総合的に勘案しつつ、株主のみなさ まへの利益還元に努めてまいります。  この基本方針に基づき、当期の中 間配当金につきましては、当中間 の業績及び財務状況等を踏まえ、株 主のみなさまへの一層の利益還元を 行うこととし、1株当たり 30 とさ せていただきました。
さらに見せる

12 さらに読み込む

業績推移 ( 連結 ) ( 百万円 ) 経常収益 経常利益 ( 百万円 ) 58,000 10,000 8,641 9,000 56,000 7,738 8,000 54,000 7,000 52,000 5,174 4,900 5,325 6,000 5,000 50,000 56,424 4,0

業績推移 ( 連結 ) ( 百万円 ) 経常収益 経常利益 ( 百万円 ) 58,000 10,000 8,641 9,000 56,000 7,738 8,000 54,000 7,000 52,000 5,174 4,900 5,325 6,000 5,000 50,000 56,424 4,0

一方、 経常利益が大きく増益となったのは、 与信費用 (一般貸出金繰入額及び不良債権 処理額) の大幅な減少や、 株式減損額の減少が寄与した。 預貸金残高の状況については、 中小企業の資金需要の低迷を受け、 預金残高 (平残) は法人流動性が想定以上に伸びたことから大幅に増加したものの、 貸出金残高 (平残) は 減少となった。 なお、 預貸金ギャップ拡大に伴う余剰資金は、 外債や投信、 株式などを含め てバランスよく有価証券運用に振り向けたことから、 有価証券残高 (評価損益を含む) は 1 兆 957 億 (前期 11.5%増) に増加した。 同行は運用力の強化にも取り組んでおり、 市 場流動性を重視しながら、 リスク分散によるパフォーマンス向上を目指している。
さらに見せる

14 さらに読み込む

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

年 3 月期の連結業績予想 (2018 年 4 月 1 日 ~2019 年 3 月 31 日 ) 売上収益調整後営業利益税引前当期利益 親会社株主に帰属する当期利益 (% 表示は対前期増減率 ) 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 % 円銭 通期

  このような状況のもと、当連結会計年度における当社グループの業績は主力製品を中心に需要が増加したことに加 え、原材料価格上昇(価格スライド制)や為替が安になった影響により、売上収益は前年同期に比べ8.5%増の 988,303となりました。また、利益面では売上収益の増加に伴う利益の増加や原価低減活動の効果等がありま したが、耐熱鋳造部品、アルミホイールの収益性低下や原材料価格上昇に伴うコストの増加により、前年同期と比べ 調整後営業利益 ※ は853減の65,130となりました。営業利益は、連結会計年度にその他の収益として
さらに見せる

23 さらに読み込む

ベトナム株式ファンド 最近 5 期の運用実績 決 算 期 ( 参考指数 ) 基準価額 VNインデックス株式組入債券組入純資産税込期中期中比率比率総額 ( 分配落 ) ( 円ベース ) 分配金騰落率騰落率 円 円 % % % % 百万円 3 期 (2013 年 7 月 12 日 ) 10,549 0

ベトナム株式ファンド 最近 5 期の運用実績 決 算 期 ( 参考指数 ) 基準価額 VNインデックス株式組入債券組入純資産税込期中期中比率比率総額 ( 分配落 ) ( 円ベース ) 分配金騰落率騰落率 円 円 % % % % 百万円 3 期 (2013 年 7 月 12 日 ) 10,549 0

※ 株式組入比率には、新株予約権証券を含みます。 ※ VNインデックス(ベース)は、前日の指数を当日の対顧客電信売買相場の仲値により邦貨換算したもので、設定時を100として2017年 7月12日現在知りえた情報にもとづき指数化した当社計算値です。 ※ VNインデックスの著作権、知的所有権、その他一切の権利は発行者、許諾者が有しています。これら発行者、許諾者は当ファンドの運営 に何ら関与するものではなく、当ファンドの運用成果に対して一切の責任を負うものではありません。
さらに見せる

18 さらに読み込む

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

(4) キャッシュ フローの状況営業活動による 投資活動による 財務活動による 現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 2018 年 8 月期 4, ,807 4, 年 2 月期 4

  1口当たり 利益超過分配金 ・1口当たり利益超過分配金は、本投資法人の規約及び資産運用会社の社内規程である資産運用 ガイドラインに定める方針に従い算出しています。2019年2月の利益超過分配金総額(継続 的利益超過分配金及び一時的利益超過分配金の合計)は、179を想定しています。2019 年2月については、賃貸事業収益の一時的な減少により、2019年8月における1口当たり 分配金(利益超過分配金は含まない)に比して、一時的に1口当たり分配金(利益超過分配金 は含まない)の額が減少することが見込まれるため、1口当たり分配金(利益超過分配金を含 む)を平準化することを目的に継続的利益超過分配金145(当該期間に発生する減価償 却費の30.0%)に加えて一時的利益超過分配金34(当該期間に発生する減価償却費の 7.0%)を分配することを前提としています。2019年8月の利益超過分配金総額(継続的利 益超過分配金)は、当該期間に発生する減価償却費の30%を分配することを前提として算出し ており、146を想定しています。いずれも税法上の出資等減少分配に該当する出資の払 戻しであり、一時差異等調整引当額からの分配はありません。
さらに見せる

38 さらに読み込む

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

決算動向 営業利益率は 14.3% と 1.2 ポイント上昇して 2 桁増益を達成 1 月 30 日付で発表された 2012 年 12 月期の連結業績は 売上高が 24.7% 増の 4,237 百万円 営業利益が同 36.3% 増の 606 百万円 経常利益が同 37.0% 増の 622 百万円 当

アマゾンウェブサービスで大型商談を獲得 (1)eセールスマネージャー関連事業 「eセールスマネージャー関連事業」の外部顧客への売上高は前期3.9%減の 2,165、セグメント利益は同15.5%増の352となった。2013年12月 より「システム開発事業」が分離され別セグメントとなったため、売上高で は減収となった。スマートフォンやタブレット端末の普及が企業の営業部門で も浸透したことで、営業ツールとなる「eセールスマネージャーRemix Cloud」 の販売が好調に推移した。また、付帯機能として交通費精算(3月)、Web会議 (5月)、名刺デジタル化入力(7月)、ワークフロー(7月)など営業支援に 関連する様々なサービスメニューを追加拡充したことも販売押し上げに寄与し た。
さらに見せる

13 さらに読み込む

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

3 平成 26 年度決算概要 (1) 貸借対照表 ( 財政状態 ) 1 資産資産の総額は 190 億 6 千 5 百万円 ( 対前年度比 0.6% 1 億 2 千 4 百万円減 ) である 資産のうち固定資産は 175 億 6 千 6 百万円であり 主な資産は 土地 建物及び教育研究機器等で 総資産

また、流動負債は11億1千7で、寄附金債務(奨学寄附金の未使用分)2千 9、未払金5億6、コンピュータ等の短期リース債務2億7千7が 主なものである。 なお、負債の主な減少要因は、NTT 等に対する未払金の減少によるものである。 また、運営費交付金のうち、県の定める人件費や施設整備費に充当するものは、費用 進行基準(費用額と同額を収益化)により収益化するため、残額は、翌年度に債務とし て繰り越す取扱いとなっている。奨学寄附金についても同様である。
さらに見せる

7 さらに読み込む

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

(3) キャッシュ フローの状況 営業活動による投資活動による財務活動による現金及び現金同等物 キャッシュ フロー キャッシュ フロー キャッシュ フロー 期 末 残 高 百万円 百万円 百万円 百万円 30 年中間期 年中間期 ( 注 )

当中間に関しましては、全国的に公共の防食工事物件数が大幅に増加し、それに伴い当社の受注件数も大きく 増加したため、売上高は防食工事関連で 1,142,515 千(前年同期 66.3%増) 、防食工事の増加に伴い、関連する 材料販売も堅調に出荷量が増加したため、建設材料販売関連の売上高は 864,363 千(前年同期 12.9%増)とな りました。混和剤関連の売上高は、関西圏の大型公共工事の減少により生コンの出荷量は減少しましたが、高機能 薬剤への切り替えを推進し、主要生コン工場のシェアアップを図ったことで、236,334 千(前年同期 6.9%増) となりました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

AFTERNOON TEA The Ritz-Carlton Afternoon Tea アフタヌーンティーセット With your choice of coffee or tea お好のみのコーヒー 紅茶をお選びください 3,800 With your choice of coffee or t

Ⅰ-1. 連結決算概要 Financial Summary (Consolidated) 1.0 売上収益 ( 単位 : 百万円 ) (Millions of Yen/%) 上期 First Half 下期 Second Half 通期 Full Year 上期 First Half 金額 売上比

Ⅰ-2.主な連結経費の明細 Breakdown of Key Expenses (Consolidated) (単位:) (Millions of Yen/%) 金額 売上 前期 金額 売上 前期 金額 売上 前期 金額 売上 前期 Mil. Yen % Revenue % Change Mil. Yen % Revenue % Change Mil. Yen % Revenue % Change Mil. Yen % Revenue % Change

13 さらに読み込む

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

年 9 月期の連結業績予想 (2018 年 10 月 1 日 ~2019 年 9 月 30 日 ) 売上収益営業利益税引前利益当期利益 (% 表示は 通期は対前期増減率 ) 親会社の所有者に帰属する当期利益 基本的 1 株当たり当期利益 百万円 % 百万円 % 百万円 % 百万円 %

2 1.経営成績等の概況 (1)当期の経営成績の概況 文中の将来に関する事項は、当連結会計年度の末日現在において当社グループが判断したものであります。 当社グループは第3四半期連結会計期間より、従来の日本基準に替えて国際会計基準(以下「IFRS」という。)を 適用しております。なお、第1四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しているため連結会計年度末 との比較分析は行っておりません。

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...