発災直後のDMAT等の受け入

Top PDF 発災直後のDMAT等の受け入:

第4章「発災直後の体制・初動」 「平成28年熊本地震 熊本市震災記録誌 ~復旧・復興に向けて~ 発災からの1年間の記録」  熊本市ホームページ

第4章「発災直後の体制・初動」 「平成28年熊本地震 熊本市震災記録誌 ~復旧・復興に向けて~ 発災からの1年間の記録」 熊本市ホームページ

関係省庁と連絡体制を強化し、救援・義援物資要請及び物資受け入れ配分による避難所支援を行うと ともに各区対策部と連携し避難所運営総合調整を行う。 被災者治療と救急搬送が迅速に行われるよう、医療関係機関連絡調整と被災市民医療福祉、健康管 理、防疫活動、備蓄物資総合管理及び被災後生活支援を行う。また、幼児安全確保支援対策を行う と共に児童福祉支援対策を行う。
さらに見せる

50 さらに読み込む

津波避難システムに係る被災シナリオ案 東灘区 : 南海トラフ ( レベル 2) 資料 1 地震動 発災直後 ~ 津波到達 ( 約 83~110 分 ) ~ 津波警報等解除 (5 6 時間 ) 津波警報等解除 ~1 日 2 日 ~4 日 4 日 ~1 週間 2 週間 ~1 ケ月 住吉 御影周辺を除く市

津波避難システムに係る被災シナリオ案 東灘区 : 南海トラフ ( レベル 2) 資料 1 地震動 発災直後 ~ 津波到達 ( 約 83~110 分 ) ~ 津波警報等解除 (5 6 時間 ) 津波警報等解除 ~1 日 2 日 ~4 日 4 日 ~1 週間 2 週間 ~1 ケ月 住吉 御影周辺を除く市

※市内避難者使用がない場合は、他市から広域避難受け入れ施設として活用 第86条3 広域一時滞在協議をうけた場合被災住民を受け入れるものとし、 広域一時滞在協議をうけた場合被災住民を受け入れるものとし、 広域一時滞在協議をうけた場合被災住民を受け入れるものとし、 広域一時滞在協議をうけた場合被災住民を受け入れるものとし、 公共施設を提供しなければならない 公共施設を提供しなければならない 公共施設を提供しなければならない 公共施設を提供しなければならない 【国】(災害対策基本法一部を改正する法律;H24改正)
さらに見せる

13 さらに読み込む

目 次 1 はじめに 2 指定避難所の開設運営の一般的な流れ 3 発災直後の行動 4 避難所の開設 運営 資料 1: 羽衣小学校建物の概要資料 2: 羽衣小学校避難所のレイアウト飼料 3:H 年度羽衣小学校避難所運営委員会名簿資料 4: 避難所運営本部各班の役割資料 5: 羽衣小学校避難所生活ルール

目 次 1 はじめに 2 指定避難所の開設運営の一般的な流れ 3 発災直後の行動 4 避難所の開設 運営 資料 1: 羽衣小学校建物の概要資料 2: 羽衣小学校避難所のレイアウト飼料 3:H 年度羽衣小学校避難所運営委員会名簿資料 4: 避難所運営本部各班の役割資料 5: 羽衣小学校避難所生活ルール

・避難生活当初に避難者名簿作成を実施、事後、退去者を把握して 逐次修正します。避難者状況は、定期的に災害対策本部へ報告します。 ・避難者を受け入れる前に、避難所施設安全点検を実施します。 使用可能と判断した場合は、受け入れためレイアウトや危険箇所 表示を実施します。

28 さらに読み込む

施行通知○【発番入】

施行通知○【発番入】

2 添付文書位置付け見直し (1)最新論文その他により得られた知見に基づく添付文書作成(新法第 52 条、第 63 条2、第 65 条関係) 医薬品製造販売業者は、常に最新論文その他により得られた知見 に基づき添付文書記載事項を作成する必要があること。「最新論文そ 他により得られた知見に基づく添付文書記載事項作成」とは、新法 第 68 条2第1項及び医薬品、医薬部外品、化粧品、医療機器及び再生 医療製品製造販売後安全管理基準に関する省令(平成 16 年厚生労 働省令第 135 号)に基づき、当該製品に係る副作用情報安全管理情報 収集に努めるとともに、それらを適切に評価し、必要な注意喚起を添 付文書に速やかに反映することにより行われるものであること。
さらに見せる

24 さらに読み込む

医療用医薬品の市販直後調査の実施方法等について 平成 18 年 3 月 24 日付 : 厚生労働省医薬食品局安全対策課長 ( 薬食安発第号 号 ) 医療用医薬品の市販直後調査に関する Q&A について 平成 18 年 3 月 24 日付 : 厚生労働省医薬食品局安全対策課 ( 事務連

医療用医薬品の市販直後調査の実施方法等について 平成 18 年 3 月 24 日付 : 厚生労働省医薬食品局安全対策課長 ( 薬食安発第号 号 ) 医療用医薬品の市販直後調査に関する Q&A について 平成 18 年 3 月 24 日付 : 厚生労働省医薬食品局安全対策課 ( 事務連

(情報提供) 第77条3 医薬品若しくは医療機器製造販売業者、卸売販売業許可を受けた者、医療機器 販売業者若しくは賃貸業者(薬局開設者、医療機器製造販売業者、販売業者若しくは賃貸業者若 しくは病院、診療所若しくは飼育動物診療施設開設者に対し、業として、医療機器を販売し、若 しくは授与するもの又は薬局開設者若しくは病院、診療所若しくは飼育動物診療施設開設者に対 し、業として、医療機器を賃貸するものに限る。次項において「医療機器卸売販売業者」とい う。)又は外国特例承認取得者は、医薬品又は医療機器有効性及び安全性に関する事項その他医 薬品又は医療機器適正な使用ために必要な情報(第63条2第2号規定による指定がされた 医療機器保守点検に関する情報を含む。次項において同じ。)を収集し、及び検討するとともに、 薬局開設者、病院、診療所若しくは飼育動物診療施設開設者、医薬品販売業者、医療機器販 売業者、賃貸業者若しくは修理業者又は医師、歯科医師、薬剤師、獣医師その他医薬関係者に対 し、これを提供するよう努めなければならない。
さらに見せる

15 さらに読み込む

東 北 : 東 日 本 大 震 災 被 災 者 支 援 事 業 UMCOR CWS Japan 支 援 事 業 気 仙 沼 市 における 防 災 教 育 支 援 SEEDS Asia は こうした 災 害 公 営 住 宅 の 建 設 に 伴 う 受 け 入 れ 側 自 治 会 の 問 題 に 対 し

東 北 : 東 日 本 大 震 災 被 災 者 支 援 事 業 UMCOR CWS Japan 支 援 事 業 気 仙 沼 市 における 防 災 教 育 支 援 SEEDS Asia は こうした 災 害 公 営 住 宅 の 建 設 に 伴 う 受 け 入 れ 側 自 治 会 の 問 題 に 対 し

SEEDS Asia 本部からお知らせ 同時に、今年度も引き続きマスメディアを通じた一般市民向け防災意識 向上を目指した取り組みを続けます。イベント時プレスリリース及び 取材はもちろんこと、今年度は有力紙上でコラムでも情報発信を続 けます。バングラデシュでインターネット普及率は上昇しているものの、 新聞やその内容口コミから情報伝達はまだまだ国内で重要な情報源で す。地震災害を中心に、JICA 技術協力事業目的、なぜ今ダッカを中 心とした都市部に必要なか、これまで馴染みない災害について伝える ことはとても大変ですが、中~大規模地震発生リスクがある今日、注力 しなければならない分野です。 
さらに見せる

10 さらに読み込む

序 本 県 教 育 委 員 会 は 教 育 委 員 会 制 度 発 足 以 来 毎 年 教 育 年 報 を 発 刊 し 本 県 教 育 の 動 向 を 把 握 して 参 りました 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 津 波 の 発 災 から2 年 10 か

序 本 県 教 育 委 員 会 は 教 育 委 員 会 制 度 発 足 以 来 毎 年 教 育 年 報 を 発 刊 し 本 県 教 育 の 動 向 を 把 握 して 参 りました 平 成 23 年 3 月 11 日 に 発 生 した 東 日 本 大 震 災 津 波 の 発 災 から2 年 10 か

- 69 - 平成19年5月に「岩手県立一関第一高等学校中高一貫教育検討委員会」を設置し、併設型中高一 貫教育校教育内容や県立中学校入学者選抜方針などについて検討を行い、同年11月に報告書が 提出された。この報告を受け、一関第一高等学校に設置する併設型中高一貫教育校目指す教育な どについて検討し、平成20年1月には一関第一高等学校に併設する県立中学校方針を決定した。 平成20年4月から、県教育委員会事務局学校教育室高校改革担当内に併設型県立中学校準備担 当(3人)を配置し、具体的な準備を開始した。7月には「岩手県立学校設置条例一部を改正す る条例」が6月県議会定例会で議決され、平成21年4月に「岩手県立一関第一高等学校附属中学 校」を設置した。
さらに見せる

183 さらに読み込む

第 1 節 応 急 活 動 体 制 地 震 により 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 県 市 町 村 防 災 関 係 機 関 及 び 県 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に 努 め 被 害 の 発 生 を 最 小 限 にと

第 1 節 応 急 活 動 体 制 地 震 により 大 規 模 な 災 害 が 発 生 した 場 合 県 市 町 村 防 災 関 係 機 関 及 び 県 民 は 一 致 協 力 して 災 害 の 拡 大 防 止 と 被 災 者 の 救 援 救 護 に 努 め 被 害 の 発 生 を 最 小 限 にと

本県は、急峻な山地が多く、地震による直接的な斜面崩壊発生ほか、その後降雤による土砂 災害(がけ崩れ、地すべり、土石流、山地災害など)による二次災害が想定される。このため、地震 直後には、県及び関係機関が連携して山地崩壊状況を調査するほか、既存施設点検を行う。 地震・津波が発生すると、河川堤防や砂防設備が直接被害を受けるばかりでなく、その後降雤によ る浸水被害、土石流、地すべり、がけ崩れ発生による土砂災害二次災害発生が懸念される。 このため、地震・津波発生時水防対策、土砂災害に対する警戒体制が円滑に遂行できるよう努める ものとする。
さらに見せる

114 さらに読み込む

2015 次世代社会インフラ用ロボット開発 導入 土砂崩落災害 時点 No.1 用地上 / 空中複合型ロボットトシステム -2 1 発災直後 : 自律飛行ヘリで災害現場全体の情報収集 : 映像 リアルタイムで提供 2D モザイキングで広域状況地図生成 ( ニアリアルタイム ) : 画

2015 次世代社会インフラ用ロボット開発 導入 土砂崩落災害 時点 No.1 用地上 / 空中複合型ロボットトシステム -2 1 発災直後 : 自律飛行ヘリで災害現場全体の情報収集 : 映像 リアルタイムで提供 2D モザイキングで広域状況地図生成 ( ニアリアルタイム ) : 画

【機密性2】 UAV(無人小型飛行体)にカメラを搭載し、自動と手動飛行で撮影した多 く画像からマルチバンドル処理を含む画像相関技術によって高精度 三次元データを作成し、実測に代わる精度地形データを得ることが出 来る一連技術である。カメラを搭載しているので目視に近い鮮明な状 況把握及び全体把握を行うことが出来る。また、災害時など危険箇所 立入りが困難な箇所で調査を容易に行うことが可能となる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第10章「復興に関する各計画・組織等」 「平成28年熊本地震 熊本市震災記録誌 ~復旧・復興に向けて~ 発災からの1年間の記録」  熊本市ホームページ

第10章「復興に関する各計画・組織等」 「平成28年熊本地震 熊本市震災記録誌 ~復旧・復興に向けて~ 発災からの1年間の記録」 熊本市ホームページ

(4)地域防災計画改定 今回震災では、多く尊い命や財産が失 われたほか、道路、橋梁インフラ、災害 時に避難所となる学校、 公民館公共施設、 河川堤防や急傾斜地擁壁などに甚大な被害 が発生した。 また、 相次ぐ激しい余震により、 家屋倒壊や損壊で避難した住民に加えて、 屋内滞在をおそれる人たちも避難所に集中し、 市内避難者数は最大で 11 万人に達し、 直後から行政内部で情報収集・発信および 伝達や避難所運営、物資搬送混乱、り災証 明書発行長期化など、災害対応における 多く課題が明らかとなった。また、今回 震災による様々な経験を通じて、改めて地域 が持つ力・市民一人ひとりが持つ力大きさ と重要性を実感することとなった。
さらに見せる

58 さらに読み込む

第 2 章東北防衛局の対処活動状況 第 1 節 東北局対策本部の活動 3 月 11 日 ( 金 ) (1) 第 3 種勤務態勢発令 緊急事態等対策本部設置家族の安否については 発災直後から確認を始めた者 3 月 11 日 ( 金 )14 時 46 分過ぎ 庁舎内の当局職員も多かったが 携帯電話は (

第 2 章東北防衛局の対処活動状況 第 1 節 東北局対策本部の活動 3 月 11 日 ( 金 ) (1) 第 3 種勤務態勢発令 緊急事態等対策本部設置家族の安否については 発災直後から確認を始めた者 3 月 11 日 ( 金 )14 時 46 分過ぎ 庁舎内の当局職員も多かったが 携帯電話は (

また、課内各職員も対策本部設置に向け慌ただしく動き出し、私は総合調整官と一緒にホワイトボードや図面 を当直室に運び準備を始めた訳だが、既に総務課職員はパソコンを設置したり電源確保作業を行ってお り、対策本部設置に向け着々と準備をしていたと記憶している。 大震災という緊急事態でもあり、職員それぞれが黙々と作業に取りかかっていたが、これまでに実施した訓練成 果も出ているかなぁと感心した反面、「自分はこれから何をすればよいか」とふと考えたことに恥ずかしさを憶 えた。地方調整課職員であれば、緊急事態が発生した際何をすべきか常にイメージを持って準備する必要があり、 いかなる場合でも即時に対応することが重要であると思う。自分は若干準備を怠ったかもしれないが、職員それぞれ は臨機応変に対応したではないかと後になって思えた。
さらに見せる

48 さらに読み込む

施行通知○【発番入】

施行通知○【発番入】

輸出用医薬品製造届出に関して、製造行為を委託する場合につい ては、当該製造行為全体像を的確に把握し、輸出用医薬品適合性調 査を適切に行えるようにするため、委託を受けた者代わりに、当該委託を した者(契約により輸出用医薬品製造を委託した製造販売業者又は 製造業者)において、厚生労働大臣へ届け出ることとすること。施行前に製 造業者が届け出た医薬品輸出届については、当該品目が委託を受けて製 造しているものであっても、届出内容に変更が生じない限り、施行後に委託 をした者による届出を改めて行う必要はないこと。ただし、施行後に当該届 出内容に変更が生じた場合は、当該届出変更届ではなく、委託をした者が 新規に輸出届を届け出ること。 (新施行令第 74 条から第 74 条3まで関係)
さらに見せる

29 さらに読み込む

~ 入居者プラン~ は 賃貸住宅にお住まいのお客さまのを とした保険です お支払いの対象となる事故 3 建物外部からの 給排水設備に 物体の落下 飛来 衝突等 火災 落雷 風災 雹災 雪災破裂 爆発 台風 旋風 竜巻 暴風等による風災 ( 洪水 高潮等を除きます ) 雹災または豪雪の場合における雪の

~ 入居者プラン~ は 賃貸住宅にお住まいのお客さまのを とした保険です お支払いの対象となる事故 3 建物外部からの 給排水設備に 物体の落下 飛来 衝突等 火災 落雷 風災 雹災 雪災破裂 爆発 台風 旋風 竜巻 暴風等による風災 ( 洪水 高潮等を除きます ) 雹災または豪雪の場合における雪の

万が一事故が起きた場合には このパンフレットはDAY-GO!すまい保険 ~入居者プラン~ (住宅生活総合保険)概要をご紹介したものです。詳細は普通保険約款および特約によりますが、ご契 約手続、保険金お支払条件、その他ご不明点がありましたら取扱代理店または弊社にご照会ください。弊社代理店は弊社と委託契約に基づき、保険契約締 結・保険料領収・保険料領収証交付・契約管理業務など代理業務を行っております。したがいまして、弊社代理店とご締結いただいて有効に成立したご契約 につきましては弊社と直接契約されたものとなります。なお、詳細につきましては「ご契約しおり」をご覧ください。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第1章「総論」 「平成28年熊本地震 熊本市震災記録誌 ~復旧・復興に向けて~ 発災からの1年間の記録」  熊本市ホームページ

第1章「総論」 「平成28年熊本地震 熊本市震災記録誌 ~復旧・復興に向けて~ 発災からの1年間の記録」 熊本市ホームページ

編集に当たっては、おおまかに時、 直後、復旧期、復興期と時系列で整理し、 本市概況や、熊本地震概要と人的・物的 被害状況を記した「第 2 部 熊本市概況・ 被災状況」 、 直後体制や初動、 被災者・ 避難者へ対応、ライフライン復旧を記 した 「第 3 部 応急復旧期」 、 り災証明・各種 災害給付、応急仮設住宅・被災住宅応急 修理支援や、各団体から人的・物的 支援状況を記した 「第 4 部 復旧期」 、 震 復興計画策定や地域防災計画改定、生活 再建支援、国要望活動を記した「第 5 部 復興期」で構成している。
さらに見せる

12 さらに読み込む

ボランティア活動報告 大島社会福祉協議会 大島社協 では 10月 18日正午に災害ボランティアセンターを開設 し 11月17日までに島内外から延べ4,420名の ボランティアの参加を得て 延べ413件の復旧 活動 被災者支援活動を行ってきました 発災直後は 高校生をはじめとする島内の 方々がボランテ

ボランティア活動報告 大島社会福祉協議会 大島社協 では 10月 18日正午に災害ボランティアセンターを開設 し 11月17日までに島内外から延べ4,420名の ボランティアの参加を得て 延べ413件の復旧 活動 被災者支援活動を行ってきました 発災直後は 高校生をはじめとする島内の 方々がボランテ

 心ケガは目には見えませんが、気持ちや行動に影響を与えます。そのため、災害前と違う 気持ちが続いていても決しておかしいことではなく、当然ことです。多く場合、心傷は 時間とともに回復していきますが、影響が長く続くときには意識的なケアが必要になります。  台風26号から1ヶ月が経過しました。同じ体験をしても受ける影響、回復速度は人によっ て違います。「自分は大丈夫」、「あの人は大丈夫なはず」といった思い込みはせず、必要に 応じてサポートを受けるようにしましょう。また、家族、同僚、周囲身近な人たちからも声 をかけるようにしましょう。
さらに見せる

26 さらに読み込む

はじめに 東日本大震災発災直後 被害の甚大であった沿岸地域はもちろんですが 内陸部においても震災 ライフラインが遮断され 町中が混乱し 不安を抱きながら時間だけが経過しました 当会では 日本薬剤師会が作成した 薬剤師のための災害対策マニュアル ( 以下 日薬マニュアル ) の活用を前提に 初期行動を

はじめに 東日本大震災発災直後 被害の甚大であった沿岸地域はもちろんですが 内陸部においても震災 ライフラインが遮断され 町中が混乱し 不安を抱きながら時間だけが経過しました 当会では 日本薬剤師会が作成した 薬剤師のための災害対策マニュアル ( 以下 日薬マニュアル ) の活用を前提に 初期行動を

第3章 病院薬剤部門 災害発生備え、下記項目は直ちに取り組み、準備しておく必要がある。 1.災害時、薬局員連絡先一覧表作成など作成 □ 災害時連絡先一覧(携帯電話番号、メールアドレス)を作成し、従事者に周知する。 □ 災害時連絡方法や集合場所、休日・夜間に災害が発生した場合に緊急参集するものを

23 さらに読み込む

Q1: 過去にどのような地震があって 被害を受けたのですか A1: 阪神 淡路大震災等の被害状況を説明します 阪神 淡路大震災は都市直下型地震であり この震災の特徴として家屋倒壊等による圧死が 死亡者の約 8 割以上でした この震災では 発災後 15 分以内に死者の 9 割以上の方が家屋や家具の倒壊

Q1: 過去にどのような地震があって 被害を受けたのですか A1: 阪神 淡路大震災等の被害状況を説明します 阪神 淡路大震災は都市直下型地震であり この震災の特徴として家屋倒壊等による圧死が 死亡者の約 8 割以上でした この震災では 発災後 15 分以内に死者の 9 割以上の方が家屋や家具の倒壊

A8:命が大切、緊急輸送道路・避難路沿い住宅倒壊防止観点を説明します。 ・何があっても人命ほど大切なものはありません。子どもさんやお孫さん、身近な方心配を減ら せます。 ・緊急輸送道路(または緊急輸送路)は、災害発生直後から必要となる緊急輸送を円滑に行うため 重要な道路をいいます。緊急輸送道路には、高速自動車国道、一般国道及びこれらを連絡する幹線 道路と知事が指定する防災拠点を相互に連絡する道路が設定されています。この沿道にお住まい 方は、自宅倒壊により緊急輸送道路を閉塞することがないように努めなければなりません。他 方々ためにも、住宅耐震化が必要です。
さらに見せる

15 さらに読み込む

1 委託業務名称 山都町平成 28 年熊本地震記録誌制作業務委託 2 委託業務期間 契約締結の日から平成 31 年 2 月 28 日 ( 木 ) まで 3 委託業務の目的平成 28 年熊本地震及び同年 6 月の豪雨災害における本町の被害状況 発生直後の対応状況 発災から2 年を経過した現在の復旧 復

1 委託業務名称 山都町平成 28 年熊本地震記録誌制作業務委託 2 委託業務期間 契約締結の日から平成 31 年 2 月 28 日 ( 木 ) まで 3 委託業務の目的平成 28 年熊本地震及び同年 6 月の豪雨災害における本町の被害状況 発生直後の対応状況 発災から2 年を経過した現在の復旧 復

平成28年熊本地震及び同年6月豪雨災害における本町被害状況、発生直後 対応状況、から2年を経過した現在復旧・復興に向けた取組状況を記録 誌としてまとめ、震災で直面した課題やそこから得た教訓、その対応を次世代へ継 承し、将来災害に備えるため一助となることを目的とする。

8 さらに読み込む

研究所年報 44 号 2014 年 3 月 ( 明治学院大学社会学部付属研究所 ) 害と災害管理の基本概念を整理し 地域住民が自らの力で発災直後を乗り切る災害への備えの 1 例として米国の CERT について明らかにする 以上の考察から 地震大国といわれる日本の地域住民が災害に備えることで (= 災

研究所年報 44 号 2014 年 3 月 ( 明治学院大学社会学部付属研究所 ) 害と災害管理の基本概念を整理し 地域住民が自らの力で発災直後を乗り切る災害への備えの 1 例として米国の CERT について明らかにする 以上の考察から 地震大国といわれる日本の地域住民が災害に備えることで (= 災

2.災害とは まず、災害とはどのように理解されている か、災害定義について整理する。日本では、 災害対策基本法(1961年、2013年改正)により、 災害を「暴風、竜巻、豪雨、豪雪、洪水、崖崩 れ、土石流、高潮、地震、津波、噴火、地滑り その他異常な自然現象又は大規模な火事若し くは爆発その他その及ぼす被害程度において これらに類する政令で定める原因により生ずる 被害をいう」と定義している。ここでいうこれ らに類する政令には、大規模地震対策特別措置 法(1978年)、原子力災害対策特別措置法(1999 年)、土砂災害警戒区域における土砂災害防 止対策推進に関する法律(2000年)、武力攻撃 事態における国民保護ため措置に関す る法律(2004年)などがあり(内閣府、2013)、 各政令が各種災害を定義している。国際レベル では、国連は災害を「被災社会資源のみで対 応できる能力を超える、人々、物質、環境広 範囲におよぶ損失を引き起こす、社会機能著 しい崩壊」と定義付けている(United Nations, 1992)。
さらに見せる

8 さらに読み込む

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

⑷ 修 繕 費 用 等 の 見 積 額 [Q8] 評 価 損 を 計 上 した 資 産 について 支 出 した 修 繕 等 の 費 用 は 災 害 損 失 の 繰 入 対 象 とすることはできないのでしょうか 8 [Q9] 災 害 損 失 の 繰 入 額 の 算 定 に 当 たり 被 災 資 産 に

[Q24] 益金算入時期延長確認を受けた後に、再度延長確認申請書を提出することはできる でしょうか。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 15 [Q25] 当社(1年決算法人)は前期に災害損失特別勘定を設定しましたが、やむを得ない事情 により当期末までに被災資産修繕が完了しないため、益金算入時期延長確認申請をし ようと思います。ところで、当社は当期(1年経過事業年度)において修繕費用を支 出していますが、これについてどのような経理をすればよいでしょうか。・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 10000 documents...