現場でトラブルの原因究明を

Top PDF 現場でトラブルの原因究明を:

第 1 章 1 1 建築設備の 3 大クレーム 建築設備はそれぞれの技術分野は異なっているが トラブル現象については各設備分野ごとのトラブルだけでなく 漏水 音や振動など共通のものもある トラブルの把握のためには トラブルの現象面からアプローチするのがよいが 原因究明のためにはエンジニアリングトラブ

第 1 章 1 1 建築設備の 3 大クレーム 建築設備はそれぞれの技術分野は異なっているが トラブル現象については各設備分野ごとのトラブルだけでなく 漏水 音や振動など共通のものもある トラブルの把握のためには トラブルの現象面からアプローチするのがよいが 原因究明のためにはエンジニアリングトラブ

1 1 建築設備3大クレーム  建築設備はそれぞれ技術分野は異なっているが、トラブル現象につ いては各設備分野ごとトラブルだけなく、漏水、音や振動など共通 ものもある。トラブル把握ためには、トラブル現象面からアプ ローチするがよいが、原因究明ためにはエンジニアリングトラブル と建築計画関連トラブルがあること認識しておく必要がある。  本書いうトラブルとは、事故、不具合、クレームその他設計者・施 工者認識とユーザ側認識と乖離により発生する事象包括したも と考えていただきたい。
さらに見せる

6 さらに読み込む

MySQLトラブルシューティング技巧解説 〜ビジネスを支える現場のテクニック〜

MySQLトラブルシューティング技巧解説 〜ビジネスを支える現場のテクニック〜

 Slave_SQL_Running: SQLスレッドが動作中かどうか  Master_Log_File: I/Oスレッドバイナリログファイル名  Read_Master_Log_Pos: I/Oスレッドポジション  Relay_Master_Log_File: SQLスレッドバイナリログファイル名  Exec_Master_Log_Pos: SQLスレッドポジション

72 さらに読み込む

品質トラブルの未然防止セミナー (QMB) TQM 大阪 品質トラブルを組織的に撲滅するために 組織的に品質トラブルを未然防止する しくみづくり を主眼としたセミナーです 品質トラブルが発生する原理 から 未然防止の考え方 安全文化の構築 未然防止 7 つのステップ などを通し 品質トラブルの未然防

品質トラブルの未然防止セミナー (QMB) TQM 大阪 品質トラブルを組織的に撲滅するために 組織的に品質トラブルを未然防止する しくみづくり を主眼としたセミナーです 品質トラブルが発生する原理 から 未然防止の考え方 安全文化の構築 未然防止 7 つのステップ などを通し 品質トラブルの未然防

製造現場における品質不良問題はなくなることがありません。ベテラン作業者減少や非正社員増加により、頻繁に同じよ うな品質不良発生させていないでしょうか?品質不良が発生した際、作業者に「ちゃんと」 「しっかり」 「ていねいに」といった指 導だけは品質は一向に良くなりません。なぜなら、あなた「ちゃんと」と、私「ちゃんと」基準が違うからです。作業“ば らつき”改善するため手段として、「行為保証」といった考え方当セミナー紹介します。加工・組立工程発生している潜 在的な品質問題構造理解していただき、真因究明アプローチポイントつかんいただきます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

疲労損傷に対する原因究明 及び補修補強の考え方 森猛 ( 法政大学 )

疲労損傷に対する原因究明 及び補修補強の考え方 森猛 ( 法政大学 )

④ デッキプレートと縦リブ溶接部 ⑤ デッキプレートと縦リブスカラップ溶接部(現場継手部) ⑥ デッキプレートと横リブ(ダイヤフラム)溶接部 ⑦ 縦リブと縦リブ突合せ溶接部 ⑧ 縦リブと端ダイヤフラム溶接部

64 さらに読み込む

増え続ける子どものオンラインゲームのトラブル-家族でゲームの遊び方を話し合うとともに、クレジットカード管理の徹底を!-

増え続ける子どものオンラインゲームのトラブル-家族でゲームの遊び方を話し合うとともに、クレジットカード管理の徹底を!-

(4)オンラインゲーム会社等は利用者年齢把握しにくい 未成年者が親など法定代理人(親権者または後見人)同意得ない行った契約申し込 みは、電子契約申し込みあっても、原則として取り消すことができる 4 。そのため、オンライ ンゲーム会社等事業者は、利用者が未成年者ある場合には、法定代理人ある親等同意 求めるような画面挿入等仕組み講じているが、インターネット上契約は非対面取引 あり、未成年者だけがその画面見ているため、正確な確認ができているとは言えない。その結 果、親等同意得ること意味十分に理解しないまま、未成年者が親等同意得たとして、 契約してしまうことに係わるトラブルが生じる。トラブルについて、オンラインゲーム会社等 に取り消し申し出たとしても、事実関係証明が難しいこと、既に購入したゲーム遊んだ(消 費した)後あることなどから、即座に返金されるとは限らない。
さらに見せる

8 さらに読み込む

本報告書の調査は 本件航空事故に関し 運輸安全委員会設置法及び国際民 間航空条約第 13 附属書に従い 運輸安全委員会により 航空事故及び事故に 伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与すること を目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものでは ない 運輸

本報告書の調査は 本件航空事故に関し 運輸安全委員会設置法及び国際民 間航空条約第 13 附属書に従い 運輸安全委員会により 航空事故及び事故に 伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与すること を目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものでは ない 運輸

*6 「ローパス」とは、飛行場低高度通過飛行こという。 ころ、但馬フライトサービスから緊急着陸機があると情報得たので、滑 走路19最終進入経路方向に機首向けて待機していた。 しばらくして、同機は、目撃者A右前方にあった格納庫すぐ上にごう 音とともに出現し、滑走路と約45°交角進入し、ノース・エプロン 西側付近滑走路に正対したように見えた。目撃者Aは、その時速度が一 般的な小型単発機進入速度70kt2倍ほどあるように感じ、高度は進入 端通過高度維持していたように見えたため、着陸するはなく、ハイ スピードローパス するかと思った。 *6
さらに見せる

29 さらに読み込む

海外で利用できる携帯電話のトラブル

海外で利用できる携帯電話のトラブル

6.事業者へ要望 (1)新しいサービスについては、特に積極的に説明してほしい 苦情は説明不足が原因ものも多く、事業者側説明が重要ある。携帯電話付加 サービスは、消費者にとって便利になる一方、十分な情報提供がなされないとトラブル になってしまう。説明書等へ記載わかりやすくするとともに、口頭説明も行って ほしい。特に自動的に国際ローミングサービス申込がなされる場合には、そのシステム わかりやすく説明し、料金設定や注意事項などサービス内容理解促すとともに、解 約選択肢がある場合には、消費者意思確認すべきある。
さらに見せる

10 さらに読み込む

本報告書の調査は 本件航空事故に関し 運輸安全委員会設置法及び国際民 間航空条約第 13 附属書に従い 運輸安全委員会により 航空事故及び事故に 伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与すること を目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものでは ない 運輸

本報告書の調査は 本件航空事故に関し 運輸安全委員会設置法及び国際民 間航空条約第 13 附属書に従い 運輸安全委員会により 航空事故及び事故に 伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与すること を目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものでは ない 運輸

機長は、当初、目標進入速度V REF +7としたが、最終進入に入ったころ、 V REF +10に変更した。 対地高度1,000ft以下、速度デビエーション・コール複数回 行った。その最後は、進入限界高度付近目標進入速度より10kt超えた ためデビエーション・コールだったと思う。同機速度は次第に減ってき ていたが、目安パワーある約60%が入っていたので、速度維持パ ワーとしては十分だと思っていた。同機パスも問題はなかった。フレアー は約30ftから始め、そこまでピッチに違和感はなかったが、自動コール 「20」と「10」間隔がいつもより短く、降下率が大きいと思ったと きに、右主脚から接地した。ハードランディングとは思わなかった。また、 同機が浮いたような感覚はなかったので、通常着陸後手順に従って、ス ピードブレーキが立ち上がること確認するため、左操縦席右横スピード ブレーキレバーに視線移動させようとしたとき、ピッチが急激にダウンし ていることに気が付き、視線前方に移してしまったため、スピードブレー キについてコールができなかった。その際前脚接地による衝撃はかな り大きかった。
さらに見せる

64 さらに読み込む

本報告書の調査は 本件鉄道事故に関し 運輸安全委員会設置法に基づき 運輸安 全委員会により 鉄道事故及び事故に伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止 及び被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問う ために行われたものではない 運輸安全委員会 委員長中橋和博

本報告書の調査は 本件鉄道事故に関し 運輸安全委員会設置法に基づき 運輸安 全委員会により 鉄道事故及び事故に伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止 及び被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問う ために行われたものではない 運輸安全委員会 委員長中橋和博

確認する規則等定めていないが、工事等従事者死傷事故防止等安全確 保は工事指揮者責務あることから、工事指揮者に対して、作業現場全体 安全確保重要性再認識させる必要がある。 列車見張員が作業グループと同一行動取る場合は、工事指揮者は列車見 張員に立哨位置具体的に指示し、作業現場工事等従事者が配置についた 時に、列車見張員が安全な場所立哨していること確認するとともに、線 形が複雑な場所立哨する場合は特段注意払うことが望まれる。さらに、 列車見張員が立哨位置誤ったときに、工事指揮者が列車見張員安全な立 哨位置に移動できるようにする観点から、列車接近時に列車見張員安全が 確保されているか、工事指揮者が列車見張員立哨位置に注意払うことが 望まれる。
さらに見せる

36 さらに読み込む

本報告書の調査は 消費者安全法第 23 条第 1 項に基づき 消費者安全調査 委員会により 生命身体に係る消費者被害の発生又は拡大の防止を図るため事 故の発生原因や被害の原因を究明することを目的に 消費者安全の確保の見地 から調査したものである なお 消費者安全調査委員会による調査又は評価は 事故の

本報告書の調査は 消費者安全法第 23 条第 1 項に基づき 消費者安全調査 委員会により 生命身体に係る消費者被害の発生又は拡大の防止を図るため事 故の発生原因や被害の原因を究明することを目的に 消費者安全の確保の見地 から調査したものである なお 消費者安全調査委員会による調査又は評価は 事故の

利用者は前面空地降車し、操作盤入庫操作行って駐車装置出入口扉 開けた。 利用者は、駐車装置内ターンテーブル上パレットに車駐車した後、荷 物持って運転席(右側)から降車した。幼児は後部左側ドアから降車した。 利用者が駐車装置外にある操作盤出入口扉閉める操作行い、出入口扉 が閉まったところ駐車装置内から幼児声が聞こえた。利用者は非常停止ボ タン押して駐車装置停止させ、マンション管理人呼び、マンション管理 人と共に、非常扉から装置内に入ったところ、幼児が回転したターンテーブル と壁に接する支柱間に挟まれている発見した。
さらに見せる

86 さらに読み込む

死因究明二法に関する提言

死因究明二法に関する提言

現在,法医解剖は増加一途たどっているが,その制度的運用は,大学法医学教 室献身的努力によってどうにか維持されているが現状ある.しかし,過去日本 法医学会調査結果からも明らかなように,大学法医学教室現状は,解剖執刀する 医師,解剖補助する職員,病理組織検査,薬毒物検査,血液生化学検査,プランクト ン検査等検査実施する職員,技師数が限られており,ここ数年解剖件数急激 な増加に対応した状況改善はほとんどみられない.この結果,大学法医学教室負担 は大幅に増大している.そのため,多く解剖実施している大学法医学教室において は,大学職員に本来求められる教育,研究,大学行政職責十分に果たすことが困難 な状況にある.さらに昨今,国公私立問わずいずれ大学においても,経営効率化, 予算削減等が求められる厳しい状況にあり,法医学教室においても,定員削減ため, 正規職員新規採用や,助教等から講師・准教授,教授等へ昇任における人事面 制約がある.このように各法医学教室は,大学医学部に所属する一講座に過ぎないゆえ 構造的な問題抱えており,献身的努力のみようやく維持されているといった現在 状態ままは,新法解剖含めこれ以上解剖及び附随する検査増加に十分対応 していくことが困難となることが予想される.それどころか,現状まま推移し,解剖 及び諸検査実施に係る人員・設備等整備するため政府積極的な施策がない場合に は,近い将来,各法医学教室において現在行われている法医解剖さえ,十分に実施 きない状態に陥る可能性がある.私たちは,平成 21 年に「日本型死因究明制度構 築目指して:死因究明医療センター構想」と題する提言公表した.この提言, 大学法医学教室とは別に,死因究明担う機関必要性示した「死因究明医療センタ ー構想」ように,新法施行にあたっては,現状改善する新たな積極的な方策が必 要不可欠ある.
さらに見せる

18 さらに読み込む

本報告書の調査は 本件鉄道事故に関し 運輸安全委員会設置法に基づき 運輸安全委員会により 鉄道事故及び事故に伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものではない 運輸安全委員会 委員長後藤昇弘

本報告書の調査は 本件鉄道事故に関し 運輸安全委員会設置法に基づき 運輸安全委員会により 鉄道事故及び事故に伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものではない 運輸安全委員会 委員長後藤昇弘

3.3 その他関係する要因について 3.3.1 ホーム明るさについて 2.3.1.5 に記述したように、後日計測した同駅ホーム上照度は、上家部分と上 家が無い場所差はあったが、同社が定めた照度基準ドアが閉じた状態も全て 上回っていたことから、照明設備に不備はなかったものと考えられる。しかしなが ら、2.1(1)に記述したとおり、本件車掌は、同駅2番線4両目から先は暗い 、信号や照明遮るものが無くなったらドア閉めてもよいと判断すると口 述しており、車掌側が明るく前方が暗い状況は、昼間に自動車運転し、明るい地 点からトンネル内部確認しても目は明るさに順応しているため、トンネル内部 障害物が見づらい現象(ブラックホール現象 ∗6 )に似ている可能性があると考えら れる。このような環境駅については、照明増設に限らず、閉扉時及び閉扉後出 発まで安全確認向上する方策について検討することが望ましいと考えられる。
さらに見せる

35 さらに読み込む

また 測定方法別統計の中で ±3SD の除去された施設コードを列記しましたので 列記された施設は早急に 原因の究明や何らかの対応をお願いします 一覧表の中の偏り ( バイアス ) は 以下の式から求めました 偏り %={( 各施設の報告値 )-( 目標値 )} ( 目標値 ) 100 偏りの-は 目

また 測定方法別統計の中で ±3SD の除去された施設コードを列記しましたので 列記された施設は早急に 原因の究明や何らかの対応をお願いします 一覧表の中の偏り ( バイアス ) は 以下の式から求めました 偏り %={( 各施設の報告値 )-( 目標値 )} ( 目標値 ) 100 偏りの-は 目

専用分析装置測定し、機器指定内部標準液等使用している場合は”11”選択してください。 16.ナトリウム  17.カリウム  18.クロール 日立ハイテクノロジーズ社製電極分析機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 01 溶媒ベース水溶性標準液・・・・・・・ 11 エイアンドティー社製電極分析機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 02 血清ベース標準液・・・・・・・・・・・・ 21 東芝社製電極分析機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 03 管理血清等(表示値)・・・・・・・・・・ 31 シーメンスHCD社製分析機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 04 管理血清等(表示値以外)・・・・・・ 32 オリンパス社製分析機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 05 その他・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 99 ベックマン・コールター社製分析機・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 06
さらに見せる

74 さらに読み込む

本報告書の調査は 本件鉄道事故に関し 運輸安全委員会設置法に基づき 運輸安全委員会により 鉄道事故及び事故に伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものではない 運輸安全委員会 委員長後藤昇弘

本報告書の調査は 本件鉄道事故に関し 運輸安全委員会設置法に基づき 運輸安全委員会により 鉄道事故及び事故に伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与することを目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものではない 運輸安全委員会 委員長後藤昇弘

3.8 運転規制等について 同社事故当日速度規制等運転規制及び運転士運転取扱いについては、 2.6.1に記述したように、運輸司令には、視認距離や制動力異常に関する申告が なかったことから、運転規制は実施されていなかった。また、乗務区は、運転士に 対して降雪による滑走等考慮して余裕持った制動実施するよう指導していた。 しかし、2.3.2に記述したように、事故当日は横浜地方気象台から川崎市に大雪警報 が出されていたことから、同社においては、積雪が、レール頭頂面に達するくらい 高さになり、車輪フランジと接触するおそれある場合には、3.5(2)に記述した ようにブレーキ力低下考慮して早めに運転規制行う必要があると考えられる。
さらに見せる

54 さらに読み込む

10-2: 万一緊急事態が発生した場合には 経営トップ自らの指揮の下 速やかに事実調査 原因究明を行い 企業としての責任ある適切な対応方針 施策を打ち出す 10-3: 社会に対して経営トップ自ら 事実関係 対応方針 再発防止策などについて明確な説明を迅速に行う 2010 年米国で発生した T 自動車

10-2: 万一緊急事態が発生した場合には 経営トップ自らの指揮の下 速やかに事実調査 原因究明を行い 企業としての責任ある適切な対応方針 施策を打ち出す 10-3: 社会に対して経営トップ自ら 事実関係 対応方針 再発防止策などについて明確な説明を迅速に行う 2010 年米国で発生した T 自動車

8 活動状況は,以下とおりある。 (ア) 「イスラム・マグレブ諸国アルカイダ」(AQIM) 「イスラム・マグレブ諸国アルカイダ」(AQIM)は,アルジェリアイスラム過激組織 「武装イスラム集団」 (GIA)から派生したスンニ派過激組織ある。AQIM は,アルジェ リア北部地域に加え,アルジェリア南部地域,ニジェール,マリ,モーリタニアなどサ ハラ地域及びサヘル地域(サハラ砂漠南縁部半乾燥地帯)活動範囲としている。アル ジェリア南部及び周辺国は,治安部隊へ攻撃ほか,外国人観光客など対象とした誘 拐事件実行してきた。2013 年 1 月アルジェリア・ガスプラント襲撃テロ事件(日本人 犠牲 11 人)は,AQIM 元幹部が設立した「血判部隊」が引き起こしたものとされる。
さらに見せる

13 さらに読み込む

第 8 章トラブルシューティング ポイント アラーム発生と同時にサーボオフにし, 主回路電源を遮断してくださ アラーム 警告が発生した場合は 8.1 節 ~8.3 節を参照し, アラーム 警告が発生しないトラブルの場合は 8.4 節を参照して, 原因を取り除いてくださ 8.1 アラーム 警告一覧表運

第 8 章トラブルシューティング ポイント アラーム発生と同時にサーボオフにし, 主回路電源を遮断してくださ アラーム 警告が発生した場合は 8.1 節 ~8.3 節を参照し, アラーム 警告が発生しないトラブルの場合は 8.4 節を参照して, 原因を取り除いてくださ 8.1 アラーム 警告一覧表運

機種選択接続している機種と違う機 種が選択されている。 機種設定正しく設定してください。 パーソナルコンピュータデバ イスマネージャー,USB (Universal Serial Bus) コント ローラ下にMITSUBISHI MELSERVO USB Controllerが表示 されているか確認する。

25 さらに読み込む

本製品は上吊方式のため 梁又はまぐさで重量を受けますので 本体重量に耐える断面の梁又はまぐさ ( 断面寸法 mm 以上 ) をご使用ください 上レールの垂れ下がりの原因になります 枠を現場で切断する場合は 必ず両端より均等に切断してください 作動不良の原因になります 枠は取付け前に開梱

本製品は上吊方式のため 梁又はまぐさで重量を受けますので 本体重量に耐える断面の梁又はまぐさ ( 断面寸法 mm 以上 ) をご使用ください 上レールの垂れ下がりの原因になります 枠を現場で切断する場合は 必ず両端より均等に切断してください 作動不良の原因になります 枠は取付け前に開梱

現場使う接着剤は、 「F☆☆☆☆」又はノンホルムタイプ使用してください。 ●本製品ねじ締付け時には、クラッチ付きドライバー使用してください。締付けトルクが強すぎると、ねじが空転したり、ねじ 頭がとんだり、つぶれる場合があります。 ●本製品組立て・取付け時には、同梱指定ねじ使用してください。他ねじ使用すると、部品・部材脱落や、枠垂下がり・ ゆがみなど原因となります。 (本説明書内現場手配」と記されている場合は除きます。)
さらに見せる

10 さらに読み込む

た 第 2 回リコールに至るまでの経緯を踏まえ 同日 本件不具合に関連し 当省より同社に対し以下の点につき口頭厳重注意をし その旨公表した 1 リコール対象車両の特定に係る原因究明及びその方法が不十分かつ不適切であったこと ( 第 1 回リコール時点で リコール対象とする車両の生産時期を期間 B に

た 第 2 回リコールに至るまでの経緯を踏まえ 同日 本件不具合に関連し 当省より同社に対し以下の点につき口頭厳重注意をし その旨公表した 1 リコール対象車両の特定に係る原因究明及びその方法が不十分かつ不適切であったこと ( 第 1 回リコール時点で リコール対象とする車両の生産時期を期間 B に

三菱自工は平成 20 年(2008 年)2 月 26 日重要案件判定会議から本件不具合 発生状況等についてフォロー開始し、平成 21 年(2009 年)11 月 10 日・11 日重要 案件判定会議までに合計 6 回重要案件判定会議開催した。 平成 20 年(2008 年)3 月 27 日、交通研技術検証一環として、当省から三菱自工 に対して本件不具合について質問し、同年 4 月 23 日、三菱自工は当省に対して、継続し て原因究明ある旨報告した。平成 21 年(2009 年)5 月 27 日、交通研技術検証 一環として、当省は三菱自工に対し、現在不具合発生状況等について報告するよう 指示し、同年 6 月 22 日、三菱自工は当省に対し、本件不具合原因について新規判明 事項はない旨報告した。同年 7 月 17 日、交通研技術検証一環として、当省から三 菱自工に対し、原因究明全資料や全不具合一覧表等について報告するよう指示し、 同年 10 月 14 日、同社は当省に対して指示事項について報告するとともに、同年 6 月 22 日と同様見解について報告行った。同日、当省は三菱自工に対して、不具合発 生件数増加等から市場措置実施すべきと口頭指摘した。同年 11 月 10 日・11 日、 三菱自工重要案件判定会議において、その後も不具合は継続して発生していること 及び今後は当省から指示内容により対応することが報告された。同年 12 月 3 日、当 省は三菱自工に対し、市場措置が必要と指摘した上、改めて市場措置要否につい て見解報告するよう求めた。
さらに見せる

38 さらに読み込む

本報告書の調査は 本件航空事故に関し 運輸安全委員会設置法及び国際民 間航空条約第 13 附属書に従い 運輸安全委員会により 航空事故及び事故に 伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与すること を目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものでは ない 運輸

本報告書の調査は 本件航空事故に関し 運輸安全委員会設置法及び国際民 間航空条約第 13 附属書に従い 運輸安全委員会により 航空事故及び事故に 伴い発生した被害の原因を究明し 事故の防止及び被害の軽減に寄与すること を目的として行われたものであり 事故の責任を問うために行われたものでは ない 運輸

3.7 離脱経路選択 2.13.2に記述したように、大阪航空局から許可受けた申請書にある前進基地から 離脱経路は一旦北西側に進出してから64番鉄塔上空付近通過する経路となって いるが、2.13.4に記述したとおり、事故時同機は極めて大きな余剰馬力有してい たものと推定され、機長は、同場外に直行するため、鉄塔又は送電線越えるルート 選択した可能性が考えられる。2.13.5に記述したとおり、機長は、操縦士常識と して、線状障害物ある送電線見ながら越えるはなく前進基地に最も近い64 番鉄塔通過しようとした可能性が考えられる。しかし、図3及び2.12.4に記述
さらに見せる

30 さらに読み込む

感度に関するトラブル 2013 Nihon Waters K.K. 3 感度低下の原因分類と確認方法 標準品 保存中の分解 再調製 試料注入 注入正確性の低下 注入量を変えて測定 ( レスポンスの直線性を確認 ) 試料残量の低下 試料量を増やす LC/MS システムにおける分解 UV で分解 熱分解

感度に関するトラブル 2013 Nihon Waters K.K. 3 感度低下の原因分類と確認方法 標準品 保存中の分解 再調製 試料注入 注入正確性の低下 注入量を変えて測定 ( レスポンスの直線性を確認 ) 試料残量の低下 試料量を増やす LC/MS システムにおける分解 UV で分解 熱分解

▪ 穴が開くまではPTFEとして、穴が開いた後はシリコンとして対薬品性 プレスリットPTFE/シリコン ▪ サンプル吸引時陰圧状態防ぎ、サンプル吸引量再現性に優れる ▪ 高い密閉性維持 ▪ 複数回インジェクションに適す

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...