機関設立または総務省等

Top PDF 機関設立または総務省等:

Microsoft PowerPoint _【総務省】セミナー資料【総務省】

Microsoft PowerPoint _【総務省】セミナー資料【総務省】

① 国民の利便性向上に関する指標 ⇒オンライン手続遂行に要する時間やオンライン利用に係る満足度 ② 行政運営の効率化に関する指標 ⇒業務処理に要する行政コストや時間、業務量に関するもの ③ 国民の利便性・行政運営効率化双方に関する指標 ⇒オンライン利用率、ICT活用率 ※ 業務プロセス改革実施要領(内閣官房IT担当室・総務行政管理局)においては、5つの成果指標の設定を必須と しており、具体的には、①について「オンライン手続遂行に要する時間」及び「オンライン利用に係る満足度」、 ②について「業務処理に要する行政コストに関するもの」及び「業務処理に要する時間や業務量に関するもの」、 ③について「オンライン利用率(ICT活用率での代替も可)」の設定を必須としている。
さらに見せる

18 さらに読み込む

電波の医療機器等への影響に関する調査 報告書 平成 29 年 3 月 総務省

電波の医療機器等への影響に関する調査 報告書 平成 29 年 3 月 総務省

7 電波の照射は、端末実機からの電波と同様の信号を発生可能なデジタル変調信号発生器 (アンリツ社製 MG3710A)、高周波電力増幅器(700MHz 帯は AR 社製 100HB、2.5GHz 帯は R&K 社製 A0825-4552-R)、高周波電力増幅器から電波を発射する半波長ダイポール アンテナへの直流成分の入力を阻止する直流阻止アダプタ(アンリツ社製 MA2507A)、半 波長ダイポールアンテナへの入力電力を確認するための高周波電力増幅器と半波長ダイポ ールアンテナの間の方向性結合器( 700MHz 帯はキーサイト・テクノロジー社製 778D、 2.5GHz 帯はキーサイト・テクノロジー社製 772D)、700MHz 帯は半波長ダイポールアン テナへの入力電力と反射電力を測定するためのパワーメータ(アンリツ社製 ML2488B) およびパワーセンサ(入力電力・反射電力測定ともにアンリツ社製 MA2491A)、2.5GHz 帯は半波長ダイポールアンテナへの入力電力測定にはシグナルアナライザ(アンリツ社製 MS2691A)および反射電力測定にはパワーメータ(hp 社製 437B)とパワーセンサ(Agilent 社製 8482A)、電波発射源となるそれぞれの周波数に適応した半波長ダイポールアンテナ ( 700MHz 帯はアンテナテクノロジ社製 ED-B033S-B1、2.5GHz 帯はアンテナテクノロ ジ社製 ED-B033S-C4)、照射する電波を 0.5 秒間隔で断続するための信号制御用発振器 ( NF 回路社製 WF1974)、各装置を接続する同軸ケーブル(Huber+Suhner 社製 Multiflex 141 を主に使用)を用いて模擬システムを構成し、各電波の方式の規格で規定された最大 電力若しくは最大の実効放射電力となるように調整して半波長ダイポールアンテナから電 波を発射して植込み型心臓ペースメーカに照射する方法と、端末実機から規定の電波を 植込み型心臓ペースメーカに照射する 2 種類の方法を準備した。
さらに見せる

103 さらに読み込む

平成 30 年度総務省 ICT 関係重点施策の概要 平成 29 年 10 月 26 日 総務省 東北総合通信局

平成 30 年度総務省 ICT 関係重点施策の概要 平成 29 年 10 月 26 日 総務省 東北総合通信局

① 鉄道トンネルや医療施設の携帯電話の電波が届かない場所において、携帯電話の中継施設の整備 を支援(2020年までに全ての新幹線トンネルで携帯電話の利用が可能となるように対策を推進) 【電波遮へい対策事業】 ② 2020年の第5世代移動通信システム(5G)実現に向けて、産学官連携による研究開発とともに、様々な産 業分野への利活用による新たな市場創出や、社会的課題の解決を目指した総合実証の取組を強力に推 進 【第5世代移動通信システム実現に向けた研究開発
さらに見せる

35 さらに読み込む

総務省 北海道総合通信局による対応

総務省 北海道総合通信局による対応

→ Lアラートによるライフライン情報の提供の推進、平常時の訓練 → 地域に密着したきめ細やかな情報の発信手段であるコミュニティFM局との平常時からの連携強化、協力体制の構築 ⑨ ライフライン → 行政機関や病院、通信・放送施設の重要な施設における非常用電源の確保、スマートフォンや携帯電話の電源の確保、 → 重要施設の情報の整理、災害時の優先給油の要請スキームの周知

35 さらに読み込む

ネット選挙解禁 総務省省資料料 1 2

ネット選挙解禁 総務省省資料料 1 2

国民の声や意見、国民が抱える課題を地域や種類ごとに仕分けて、掲載しています。 政治家は国民の声に対する立場を表明しながら、自身の政治活動の指針作りに 役立てる事が可能です。 国会、都道府県議会、政令指定都市を中心に、収集可能な議会の議案・質問・答弁に 関する情報を掲載しています。

32 さらに読み込む

MIC MONTHLY MAGAZINE 総務省12月号

MIC MONTHLY MAGAZINE 総務省12月号

※年末調整手続については令和 2 年 10 月開始、確定申告手続については令和 3 年 1 月以降に開始予定となります。 ※ご利用には、保険会社の控除証明書の発行主体がマイナポータルとの連携に対応していることが必要です。 法人設立に関する手続を、1つのシステムからまとめて行うこ とができるので、法人設立時の手続の煩雑さ・負担を解消で きます!

11 さらに読み込む

MIC MONTHLY MAGAZINE 総務省1月号

MIC MONTHLY MAGAZINE 総務省1月号

人づくりによる村づくり  全国的な新型コロナの拡大を受け、飛島村では独 自の施策を講じています。65 歳以上の村民には高 齢者生活応援支援として村内の取扱店で使用できる 「いきがい商品券」1万円分を交付したほか、イン フルエンザワクチン接種の助成限度額を増額しまし た。感染症対策応援金は老人福祉施設や医療機関 などに交付するもの。村外学生生活応援給付金は村 外の賃貸住宅などに住む大学生などが対象です。さ らに飛島学園の給食費を 3 か月分無償化しました。  自動車部品の大手メーカー勤務で身に付けた生産
さらに見せる

11 さらに読み込む

登壇者紹介 1983 年 04 月日本電信電話公社入社 2011 年 03 月有限会社 forte 取締役就任 2012 年 06 月総務省 地域情報化アドバイザ ( 総務省官房長官より委嘱 ) 2012 年 06 月総務省 ICT 地域マネージャー ( 総務省官房長官より委嘱 ) 2014 年 0

登壇者紹介 1983 年 04 月日本電信電話公社入社 2011 年 03 月有限会社 forte 取締役就任 2012 年 06 月総務省 地域情報化アドバイザ ( 総務省官房長官より委嘱 ) 2012 年 06 月総務省 ICT 地域マネージャー ( 総務省官房長官より委嘱 ) 2014 年 0

業務内容 IoT端末製造・販売 /位置情報管理サービスの開発・販売 /骨伝導ウェアラブルデバイスの製造・販売 主な取引先 株式会社ナカノアイシステム、共栄システム株式会社、株式会社リッド その他 2005年03月 有限会社forte 設立

34 さらに読み込む

資料 平成 30 年度総務省 ICT 関係重点政策 ( 科学技術関連予算を抜粋 ) 平成 29 年 9 月 総務省

資料 平成 30 年度総務省 ICT 関係重点政策 ( 科学技術関連予算を抜粋 ) 平成 29 年 9 月 総務省

• 多様なIoTサービスを創出するため、膨大な数のIoT機器を迅速かつ効率的に接続する技術の共通基盤技術を 開発するとともに、多様なサービス提供者によるIoTデータの相互利用を図る先進的な社会実証を目指した取 組を推進。 • あわせて、産学官連携による推進体制「スマートIoT推進フォーラム」と連携し、欧米のスマートシティに係 る実証プロジェクトと協調して、国際標準化に向けた取組を強化。

16 さらに読み込む

デ高作 5-3 地上デジタルテレビジョン方式の高度化に関する総務省委託研究成果等について 事務局

デ高作 5-3 地上デジタルテレビジョン方式の高度化に関する総務省委託研究成果等について 事務局

現行の地上テレビジョン放送の特長を継承しながら、伝送効率向上を可能とすることで、 地上波による4K・8K放送が可能となる技術を確立する。 研究機関 日本放送協会、ソニー(株)、パナソニック(株)、東京理科大学、(株)NHKアイテック ※ 課題ア 地上放送高度化技術 課題イ 移動体向けサービス高度化技術

7 さらに読み込む

総務省 ICTスキル総合習得プログラム(コース1セット)

総務省 ICTスキル総合習得プログラム(コース1セット)

 Industrial Internetを推進するために、2014年、アメリカに本部を持つIndustrial Internet Consortium (略称:IIC)が設立され、世界のICT関連企業が会員となっています。 • アメリカにおけるIndustrial Internetでは、エネルギー、ヘルスケア、製造業、公共、運輸の5領域を主な対象としています。 • Industrial Internetが製造業を対象としている点はIndustrie 4.0と共通していますが、製品販売後のデータ収集やデータ活用に重点をおいています。

112 さらに読み込む

(資料5)総務省における主権者教育の取組について

(資料5)総務省における主権者教育の取組について

全体を3部構成とし、図表、イラストを多く取り入れるなど、生徒の関心を高めるよう配慮。 ● 総務、文部科学のHPにおいて副教材及び教師用指導資料を公表(平成27年9月29日)。 ● 1~3学年すべての国・公・私立高校生約370万部を作成し、平成27年12月に配布。 ● 平成28年度以降は、新1年生に対して、5月~6月に配布。

9 さらに読み込む

行政機関ガイド北海道(防衛省)

行政機関ガイド北海道(防衛省)

(1) 地方公共団体及び地域住民の理解及び協力を確保するための事務 ・ 防衛及び警備、自衛隊の行動、自衛隊の組織、定員、編成、装備及び配置について、これらを 円滑かつ効果的に実施するための地方公共団体及び地域住民の理解及び協力の確保 (2) 在日米軍及び自衛隊施設を取得し、その安定的な運用の確保を図るための事務 ・ 在日米軍及び自衛隊施設の取得・管理

17 さらに読み込む

HOKUGA: 官製ワーキングプア(Ⅷ) :  総務省「会計年度任用職員制度の準備状況等に関する調査」にみる,北海道及び道内自治体等における臨時・非常勤職員の任用状況等

HOKUGA: 官製ワーキングプア(Ⅷ) : 総務省「会計年度任用職員制度の準備状況等に関する調査」にみる,北海道及び道内自治体等における臨時・非常勤職員の任用状況等

5 総務マニュアルによれば,⽛改正法の施行日で ある平成 32 年⚔月⚑日に,各地方公共団体にお いて会計年度任用職員制度を導入し,その募集活 動を平成 31 年春頃に行う場合には,⚒の⽛条例, 規則の制定・改正について,条例に関しては遅 くとも平成 31 年の⚒月(~⚓月)議会において 提案し,その成立を図ることになります。/その 場合には,想定されるスケジュールの例として, 平成 29 年内に,臨時・非常勤職員の実態を把握 するとともに,会計年度任用職員の任用や勤務条 件の検討に着手し,職員団体との協議を経て, 平成 30 年度には,これらの任用や勤務条件を 確定することが必要⽜となる。
さらに見せる

67 さらに読み込む

電子出版の環境整備 2011 年 6 月 16 日総務省情報流通振興課長安藤英作 米国等の電子出版を巡る動向 三省共同書デジ懇談会 出版物のデジタル流通に係る検討体制 総務省電子出版環境整備事業 ( 新 ICT 利活用サービス創出支援事業等 ) 文部科学省 経済産業省 国立国会図書館の電子出版に関す

電子出版の環境整備 2011 年 6 月 16 日総務省情報流通振興課長安藤英作 米国等の電子出版を巡る動向 三省共同書デジ懇談会 出版物のデジタル流通に係る検討体制 総務省電子出版環境整備事業 ( 新 ICT 利活用サービス創出支援事業等 ) 文部科学省 経済産業省 国立国会図書館の電子出版に関す

2010年7月27日、大日本印刷と凸版印刷は、 電子出版制作・流通協議会 電子出版制作・流通協議会 電子出版制作・流通協議会 電子出版制作・流通協議会 の設立についてプレスリリース。 電子出版ビジネスの発展に必要な課題 電子出版ビジネスの発展に必要な課題 電子出版ビジネスの発展に必要な課題 電子出版ビジネスの発展に必要な課題 の整理と検証、 配信インフラ基盤に 配信インフラ基盤に 配信インフラ基盤に 配信インフラ基盤に 関わる問題 関わる問題 関わる問題 関わる問題 とその解決、 市場形成における検証 市場形成における検証 市場形成における検証 市場形成における検証 や 電子出版振興 電子出版振興 電子出版振興 電子出版振興 に関わる提言、 出版関連団体や権利者および行政機関との連携 出版関連団体や権利者および行政機関との連携 出版関連団体や権利者および行政機関との連携 出版関連団体や権利者および行政機関との連携 をはかることにより、電子出版の発展に貢献する活 動を目指す。出版・印刷・流通・配信・デバイス・通信キャリア・関連技術開発・マーケティング・その他関連する企業などが参加。
さらに見せる

45 さらに読み込む

資料 5 電気通信事業法及び特定電子メール法等について 平成 23 年 9 月 28 日総務省

資料 5 電気通信事業法及び特定電子メール法等について 平成 23 年 9 月 28 日総務省

・ 2010年10月に開催された会合に出席し、日本の迷惑メールの取組について説明・意見交換を実施 ○ ソウル -メルボルン スパム対策の協力に関する多国間Mou ・アジア太平洋地域の迷惑メール対策執行当局が参加し、迷惑メールの削減のための協力を推進するために2005年4月に合意されたMou (覚書)であり、以後、同覚書に基づき、各国の法制や、執行当局の取組について、情報交換を行うとともに、加盟機関間における執行協力 に関する議論を行っている。総務から、定期的な電話会議や、物理的会合に参加。 2008年3月には東京で会合を開催。
さらに見せる

17 さらに読み込む

総務省独立行政法人評価委員会議事規則 総務省独立行政法人評価委員会令 ( 平成十二年政令第三百十八号 以下 委員会令 という ) 第十条の規定に基づき 総務省独立行政法人評価委員会議事規則を次のように定める 平成十三年二月二十七日総務省独立行政法人評価委員会委員長 ( 目的 ) 第一条総務省独立行政

総務省独立行政法人評価委員会議事規則 総務省独立行政法人評価委員会令 ( 平成十二年政令第三百十八号 以下 委員会令 という ) 第十条の規定に基づき 総務省独立行政法人評価委員会議事規則を次のように定める 平成十三年二月二十七日総務省独立行政法人評価委員会委員長 ( 目的 ) 第一条総務省独立行政

(2) 各法人は、上記(1)による委員会の業績勘案率の決定に当たり、あらかじめ所管大 臣に通知することとする。各所管大臣は、業績勘案率が1.5を超え、又は0.5を 下回る場合には、速やかに内閣官房長官に報告する。 (3) 役員の退職金に関して独立行政法人と同様の制度が採用されている法人について は、上記独立行政法人の例によるものとする。

6 さらに読み込む

総務省におけるサイバーセキュリティ政策の 最新動向 平成 29 年 2 月 3 日総務省情報流通行政局情報セキュリティ対策室 山田隆裕

総務省におけるサイバーセキュリティ政策の 最新動向 平成 29 年 2 月 3 日総務省情報流通行政局情報セキュリティ対策室 山田隆裕

• 2016年1月より、「IoT推進コンソーシアム」において、IoT機器の設計・製造及びネットワークの接続に関するセ キュリティガイドラインを検討。 • 本ガイドラインは、IoTのセキュリティを確保するための「機器メーカ、サービス提供者などを対象にした5つの指 針」及び「一般利用者を対象にしたルール」を分野横断的に定めたものであり、「IoT推進コンソーシアム、総務 及び経産」の3者連名で、7月5日に公表。
さらに見せる

33 さらに読み込む

未来投資会議構造改革徹底推進会合 医療 介護 - 生活者の暮らしを豊かに 会合資料 5 平成 28 年 10 月 20 日 総務省における医療等分野の ICT 利活用について 平成 28 年 10 月総務省

未来投資会議構造改革徹底推進会合 医療 介護 - 生活者の暮らしを豊かに 会合資料 5 平成 28 年 10 月 20 日 総務省における医療等分野の ICT 利活用について 平成 28 年 10 月総務省

医療分野のICT化の主な取組 ICTによるネットワーク化やデータの利活用を推進するため、以下①~③の取組を実施。 ① 医療機関や介護事業者のネットワーク化 (EHR:Electronic Health Record) → 【主な施策:クラウド型EHR構築支援】 ② 個人による医療・健康データの管理・活用 (PHR: Personal Health Record) → 【主な施策:PHRモデル構築】

20 さらに読み込む

資料 5-2 コミュニティ放送の現状 総務省

資料 5-2 コミュニティ放送の現状 総務省

○ 臨時災害放送局とは、暴風・豪雨・洪水・地震・大規模な火事その他による災害が発生した場合に、その被害を軽減する ために役立つことを目的とし、臨時かつ一時的に開設(※)される超短波(FM)放送局(地上基幹放送局)。 ○ 避難所の情報、ライフラインの復旧情報、被災者に役立つ生活関連情報を提供。 ○ 既設FM放送の空き周波数の中から、他の無線局に混信の影響を与えないことを前提に、周波数を割り当て。 ○ 「臨機の措置」による免許手続が可能。
さらに見せる

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...