排出量を約45%も削減。環境

Top PDF 排出量を約45%も削減。環境:

総量削減義務と排出量取引制度における 特定温室効果ガス排出量算定ガイドライン 2018( 平成 30) 年 9 月 東京都環境局

総量削減義務と排出量取引制度における 特定温室効果ガス排出量算定ガイドライン 2018( 平成 30) 年 9 月 東京都環境局

図 3-8 用途変更の場合の実測値による算定 ウ 設備の増減 (ア) 当該事業所の過去の排出実績用いた算定 当該事業所において、増減する設備と同等の設備における過去(基準年度から の設備の増減に係る変更算定する場合にあっては基準年度とし、前削減計画 期間末日(2015 年3月 31 日)からの設備の増減に係る変更算定する場合にあ っては前削減計画期間の最終年度(2014 年度)とする。ただし、それ以外の1年 以上の期間について都が適切と認める場合にあっては、当該期間とすることがで きる。)の排出算定できる場合、その設備の適切な指標当たりの排出原単位 算定し、指標の増減値乗じて算定する。増減する設備が複数の種類であって 適切な指標が異なる場合には、当該複数の種類ごとに指標の設定と排出原単位の 算定行い、それぞれ乗算したもの合計する。
さらに見せる

146 さらに読み込む

地球温暖化対策のための国民運動の強化方針 民生 家庭 業務 部門におけるムーブメントづくり 2030年度の温室効果ガス排出量削減目標は2013年度比 26 家庭 業務部門ではそれぞれ約40 運輸部門で約30 のCO2削減が必要 エネルギー消費サイドである家庭 業務部門 自動車利用を含む におい て

地球温暖化対策のための国民運動の強化方針 民生 家庭 業務 部門におけるムーブメントづくり 2030年度の温室効果ガス排出量削減目標は2013年度比 26 家庭 業務部門ではそれぞれ約40 運輸部門で約30 のCO2削減が必要 エネルギー消費サイドである家庭 業務部門 自動車利用を含む におい て

• 我が国の 26%削減目標達成 には、 民生部門(家庭・業務)4割などの大幅削減 が必要であり、規制・補助金・税制優遇による誘導 だけでなく、 国民各界各層の意識と行動の変革 お願いする必要がある。 • そのため、 温暖化対策計画の事項に、排出削減に関する普及啓発等明記(法定) し、国民運動抜本強化。 • 温暖化への危機感共有し、 低炭素な「製品」「サービス」「ライフスタイル」の“賢い選択”(COOL CHOICE) のメリット伝え、 行動につなげていく。
さらに見せる

17 さらに読み込む

資料 4-2 温室効果ガス削減計画書制度モデル事業について 1. 温室効果ガス削減計画書制度 (1) 検討の背景 市域の温室効果ガス排出量のうち 事業者 ( 産業と 民生業務 ) が全体の約 50% を占めている このうち 一定量以上のエネルギーを使用する事業所 のみ で全体のおおよそ 4 分の 1

資料 4-2 温室効果ガス削減計画書制度モデル事業について 1. 温室効果ガス削減計画書制度 (1) 検討の背景 市域の温室効果ガス排出量のうち 事業者 ( 産業と 民生業務 ) が全体の約 50% を占めている このうち 一定量以上のエネルギーを使用する事業所 のみ で全体のおおよそ 4 分の 1

1.太陽光発電の設置 ○取り組み 事業所の紹介 電気事業中心に、ガス事業のノウハウ活かしながら、東北地域に質の高 いエネルギーサービス提案する「地域と共に歩む複合エネルギーサービス 企業」です。昭和26年の創立から、「東北の繁栄なくして当社の発展なし」と いう基本的な考え方が脈々と受け継がれており、東北地域代表する企業と して、地域活性化に資する活動多彩に展開しています。
さらに見せる

39 さらに読み込む

都市環境負荷の長期予測シミュレータの改良とシナリオ別CO2排出量予測 [ PDF

都市環境負荷の長期予測シミュレータの改良とシナリオ別CO2排出量予測 [ PDF

2012 年、第 18 回国連気候変動枠組条約締約国会議が 開催され、同年で終了する京都議定書の 8 年間の延長が 決まった。しかし、日本は参加見送り、自主目標掲 げて取り組むとしているが、 温室効果ガス大幅に削減 していくには、トップダウン的な目標設定だけでなく、 どのような技術が必要か、どのようにして技術普及さ せるかといったボトムアップ的な方法論が欠かせない。

4 さらに読み込む

1. 環境方針 基本理念 環境方針 三友自動車株式会社は岡山市で企業活動を営んでおります 美しい自然環境を次世代へ引継ぐためにも 車を扱う私達にとって地球環境への配慮やエコロジー活動は重大な社会的責任です エコ整備を推進し 二酸化炭素 廃棄物 水排出量等の削減に努めます 基本方針 1. 環境に関する

1. 環境方針 基本理念 環境方針 三友自動車株式会社は岡山市で企業活動を営んでおります 美しい自然環境を次世代へ引継ぐためにも 車を扱う私達にとって地球環境への配慮やエコロジー活動は重大な社会的責任です エコ整備を推進し 二酸化炭素 廃棄物 水排出量等の削減に努めます 基本方針 1. 環境に関する

千円 1,517 1,699 基準年度より毎年4%増加 ( )内数値:排出係数 年度 9~8月 9~8月 9~8月 ※産業廃棄物は、排出先の適正選定と、排出管理する。  LLCは、排出僅かにより、これまで排出不明。よって、数量把握始めた。 ※ここで言う廃プラスチックは、再生用廃プラスチック・廃タイヤ含まない

10 さらに読み込む

電力使用量の削減で省エネ効果が得られます 稼動中の機器の放熱を防ぐことにより熱効率が向上し エネルギー源の削減や空調設備などの電気使用量を削減できます 機器の停止中においても 保温効果が一定時間継続 立ち上がりの時間も短縮でき 室温による影響も少なくなります 近年の環境時代を迎え 産業用機器において

電力使用量の削減で省エネ効果が得られます 稼動中の機器の放熱を防ぐことにより熱効率が向上し エネルギー源の削減や空調設備などの電気使用量を削減できます 機器の停止中においても 保温効果が一定時間継続 立ち上がりの時間も短縮でき 室温による影響も少なくなります 近年の環境時代を迎え 産業用機器において

● シリコンコーティングのガラスクロスや化学繊維用いた、耐水、耐熱性に優れた配管機器用ユニット保温材です。 ● 圧力数はJIS10Kに対応。ご指定に依り16K・20K用製作できます。 ● マジックファスナー使用していますので脱着が容易です。 ● 脱着時に、ゴミやチリが出にくいので環境条件の厳しい精密工場、食品工場、病院等での使用に適しています。

16 さらに読み込む

都市環境負荷の長期予測シミュレータ開発と民生・産業部門CO2排出量予測 [ PDF

都市環境負荷の長期予測シミュレータ開発と民生・産業部門CO2排出量予測 [ PDF

都市環境負荷の長期予測シミュレータ開発と民生・産業部門CO 2 排出予測 杉田 匡英 1. はじめに 2008 年の洞爺湖サミットにおいて、 世界全体の温室効果 ガス排出 2050 年までに 50%削減することが合意され、 ポスト議定書に向けた都市・建築の取り組みが一層強化さ れることになった。一方で、日本では様々な低炭素技術が 開発されてきたが、エネルギー消費は増加し続けており、 今後は持続的な都市・建築構築していく必要がある。そ こで、本研究では都市・建築の持続化に向けた施策立案 支援する方法論の構築目指し、都市・建築複雑な社会 動態が包含された非線形の強い都市システムと捉え、シス テムダイナミクス手法によりその環境負荷長期的に予 測することによって要素技術や社会制度の普及に応じた 環境負荷削減可能明らかにすること目的とする。本 論では、都市環境負荷の長期予測シミュレータの開発方法 示すとともに、都市システムの構成要素である個別セク タのモデル化行い、実績値との比較によりモデル精度の 検証行った。また、個別セクタのモデル統合し、民生・ 産業部門における 2050 年までのCO 2 排出予測行った。
さらに見せる

4 さらに読み込む

より快適で、よりスマートで、より環境にやさしい次世代オフィスの創造に向けて 「茅場町グリーンビルディング」竣工のお知らせ オフィス環境を一新する複数の先進技術を日本初導入し、使用エネルギーを約45%削減

より快適で、よりスマートで、より環境にやさしい次世代オフィスの創造に向けて 「茅場町グリーンビルディング」竣工のお知らせ オフィス環境を一新する複数の先進技術を日本初導入し、使用エネルギーを約45%削減

打ち水の実施 日本の伝統的な知恵「打ち水」により、ヒートアイランド現象の緩和目指して、行幸通りなどでの 打ち水イベントのほか、 7~8 月は丸の内仲通りのショップにご協力頂いて実施しています。夏の暑 い日に打ち水すると、撒いた水が蒸発する際に気化熱奪い地面の温度下げ、気温下げる効果 や気温差により風生み出す効果があります。

9 さらに読み込む

都市環境負荷の長期予測シミュレータ開発と部門別・シナリオ別CO2排出量予測 [ PDF

都市環境負荷の長期予測シミュレータ開発と部門別・シナリオ別CO2排出量予測 [ PDF

都市環境負荷の長期予測シミュレータ開発と部門別・シナリオ別 CO 2 排出予測 山本 高広 1. はじめに 2008 年の洞爺湖サミットにおいて、世界全体の温室効果 ガス排出 2050 年までに 50%削減することが合意され、 ポスト議定書に向けた都市・建築の取り組みが一層強化さ れることになった。一方で、日本では様々な低炭素技術が 開発されてきたが、エネルギー消費は増加し続けており、 今後は持続的な都市・建築構築していく必要がある。そ こで、本研究では都市・建築の持続化に向けた施策立案 支援する方法論の構築目指し、都市・建築複雑な社会 動態が包含された非線形の強い都市システムと捉え、シス テムダイナミクス手法によりその環境負荷長期的に予 測することによって要素技術や社会制度の普及に応じた 環境負荷削減可能明らかにすること目的とする。本 論では、都市システムの構成要素である個別セクタシ ステムダイナミクス手法によりモデル化し、構築された セクタモデル群統合して都市環境負荷長期予測シミュ レータ(以下都市シミュレータ)構築し、部門別の 2050
さらに見せる

4 さらに読み込む

はじめに 神奈川県では 人の健康や動植物の生息 生育に影響を及ぼすおそれのある化学物質について 環境への排出量を削減するため 神奈川県生活環境の保全等に関する条例 ( 以下 条例 といいます ) 第 42 条に基づき 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律 ( 以下 化

はじめに 神奈川県では 人の健康や動植物の生息 生育に影響を及ぼすおそれのある化学物質について 環境への排出量を削減するため 神奈川県生活環境の保全等に関する条例 ( 以下 条例 といいます ) 第 42 条に基づき 特定化学物質の環境への排出量の把握等及び管理の改善の促進に関する法律 ( 以下 化

○ 該当するすべての指標項目に「1」記入してください。(「付表」( P.17∼21 )で記入 した指標項目には、すべて「1」記入してください。) 例1:3年間で事業所の塩化メチレンの大気への排出30%削減とする目標の場合で、削 減方法として排ガス濃度低減するため排ガス処理設備の設置目標とするときは、 「2 排出」及び「①大気」に「1」記入し、さらに「4 公害防止するため の装置」及び「①設置」に「1」記入します。
さらに見せる

34 さらに読み込む

平成29年度 国内における温室効果ガス排出削減 吸収量認 証制度の実施委託費 温室効果ガス排出削減の ための各国の長期戦略等に関する調査 2018 年 3 月 30 日 一般財団法人 日本エネルギー経済研究所

平成29年度 国内における温室効果ガス排出削減 吸収量認 証制度の実施委託費 温室効果ガス排出削減の ための各国の長期戦略等に関する調査 2018 年 3 月 30 日 一般財団法人 日本エネルギー経済研究所

➢ 炭素排出権取引市場の規制。欧州における ETS 市場改革するために誘導価格 用いること可能である。現在の市場レート(CO21 トン当たり 7 ユーロ)は、 フランスの誘導価格よりはるかに低い。欧州レベルで決定された集団的目標の達 成に必要とされる推定誘導価格に従った将来の価格上昇に対して投資家準備さ せるためには、介入が必要かもしれない。2014 年 10 月には、欧州理事会が、EU ETS システムの対象とされる部門についての、2030 年までに 43%減という新たな CO2 排出削減目標承認した。このため、市場安定化させるための新たなメ カニズムの導入が必要となるだろう。COP21 会議、国の国際的気候目標の達成 可能にするほど、高額に設定される世界的な炭素価格の概念後押しするため の機会もたらした。こういったシステムのためには、地域炭素市場および炭素税 のネットワークが必要とされるだろう。ネットワークは多くの国においてすでに 立ち上げられているか、またはまもなく立ち上げられる予定である(図参照)。 Regulating the carbon quota market. Guide prices could also be used to reform the ETS market in Europe. The current market rate (around €7 per tonne of CO2) is far below the French guide price, and intervention may be required to prepare investors for future price rises in line with the estimated guide prices required to meet the collective objectives decided upon at European level. In October 2014, the European Council signed off on a new CO2 emissions reduction target of 43% by 2030 for the sectors covered by the EU ETS system.
さらに見せる

142 さらに読み込む

プラスオプション 浴室テレビ 地上デジタルチューナーを内蔵した 12 型ワイド 7 型ワイドに加え コンパクトで価格もリーズナブルな 5 型ワンセグテレビの 3 シリーズから お選びいただけます LED バックライト 搭載で環境にも配慮 年間消費電力量を約 25% 削減しました ( 1) 写真はイメ

プラスオプション 浴室テレビ 地上デジタルチューナーを内蔵した 12 型ワイド 7 型ワイドに加え コンパクトで価格もリーズナブルな 5 型ワンセグテレビの 3 シリーズから お選びいただけます LED バックライト 搭載で環境にも配慮 年間消費電力量を約 25% 削減しました ( 1) 写真はイメ

※窓・テラスドアは木造用(住宅用)です。 ※窓・テラスドアは結露水など外に流す構造です。取付け位置にご注意ください。 ※テラスドアはシステムバスルームの壁に大きな開口が必要となりますので、取付け位置や寸法(窓 台上端~UB.FL、開口寸法等)について建築側と事前打ち合わせ充分に行ってください。 ※Low-E複層ガラス (ブラインドイン)のブラインドは、全閉時でも羽と羽の重なり部分が均一にならず、

12 さらに読み込む

CONTENTS 本 ンフ トは 環境 経済 業 の サプライチェーンを通 た温室効果ガス排出量算定に関する 本ガイ ライン ( 以 本ガイ ライン ) に き サプライチェーン排出量の考え方や算定方 を かりやすく 載したものです 1 サプライチェーン排出量が められる背景 1 サプライチェーン排

CONTENTS 本 ンフ トは 環境 経済 業 の サプライチェーンを通 た温室効果ガス排出量算定に関する 本ガイ ライン ( 以 本ガイ ライン ) に き サプライチェーン排出量の考え方や算定方 を かりやすく 載したものです 1 サプライチェーン排出量が められる背景 1 サプライチェーン排

Scope3 排出の重複算定 国内の企業の Scope1,2 排出の総和は、日本における企業活動の排出の総和に該当 します。一方でサプライチェーン排出の総和は、図 2 のように同じ排出源が企業 A と企 業 B に含まれるなどサプライチェーン上の活動が重複してカウントされることがありうる ため、日本全体の排出にはならないことから、違和感覚える方いるかもしれませ ん。サプライチェーン排出は各企業の原料調達や廃棄物削減、使用段階の省エネ等、 Scope1,2 の外側での削減活動評価できることから、各企業のサプライチェーン上の 活 動に焦 点当てて評 価する手 法と言うことができます。これにより、各 企 業は Scope1,2 だけではなく、企業活動全体について、排出削減の取組実施し、より多く の削減が可能となります。
さらに見せる

24 さらに読み込む

目標を達成するための指標 第 4 章計画における環境施策 一般廃棄物焼却量 ( 家庭 事業所 ) ごみ 資源物の総排出量 平成 27 年度 (2015 年度 ) までに平成 15 年度 (2003 年度 ) に比べ 30% 削減平成 27 年度 (2015 年度 ) までに平成 15 年度 (200

目標を達成するための指標 第 4 章計画における環境施策 一般廃棄物焼却量 ( 家庭 事業所 ) ごみ 資源物の総排出量 平成 27 年度 (2015 年度 ) までに平成 15 年度 (2003 年度 ) に比べ 30% 削減平成 27 年度 (2015 年度 ) までに平成 15 年度 (200

全面考慮した民間活力の活用 市民・事業者と連携した廃棄物の発生抑制・減量化・資源化 ~循環型社会の形成に向けて~ 天然資源やエネルギーの消費抑制し、環境への負荷低減するために循環型社会形成すること が重要な課題となっています。循環型社会の形成のために、市民、事業者、行政が協働して廃棄物の 発生抑制、循環資源の再使用、再生利用推進することにより、廃棄物のさらなる減量化・資源化図り つつ、安定的で着実なごみ処理行っていくことが大切です。具体的には、以下の方針に沿って事業 推進していきます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

環境方針 基本理念 当社は 深刻化する地球温暖化の対策と循環型社会形成を目指し 建設業の 事業活動における環境負荷の低減等を図りながら 次世代に豊かな沖縄の自然 環境を引き継いで行くことに努めます 行動指針 1. 環境関連の法令 条例及びその他の協定事項を遵守します 2. 二酸化炭素排出量の削減に努

環境方針 基本理念 当社は 深刻化する地球温暖化の対策と循環型社会形成を目指し 建設業の 事業活動における環境負荷の低減等を図りながら 次世代に豊かな沖縄の自然 環境を引き継いで行くことに努めます 行動指針 1. 環境関連の法令 条例及びその他の協定事項を遵守します 2. 二酸化炭素排出量の削減に努

・外出・退出時はパソコンの電源切る。 ・不用時は消灯する。(休憩時間、不在場所等) ・作業時以外は消灯する。 車両燃料使用削減 ・急発進・急ブレーキしない。 ・不要な荷物は載せない。 ・無駄なアイドリングしない。 ・タイヤ空気圧の点検する。 ・エコドライブする。

10 さらに読み込む

1. 背景 1-1 自動車産業界の取り組み近年 自動車産業をはじめとした製造業においては CO 2 の排出量削減や環境汚染物質の低減 車輌の省燃費化等の地球環境の保全に対応するものづくりが進められてきています CO 2 排出量の削減対策や石油代替エネルギーへの変換を目的とし ハイブリッド自動車 (H

1. 背景 1-1 自動車産業界の取り組み近年 自動車産業をはじめとした製造業においては CO 2 の排出量削減や環境汚染物質の低減 車輌の省燃費化等の地球環境の保全に対応するものづくりが進められてきています CO 2 排出量の削減対策や石油代替エネルギーへの変換を目的とし ハイブリッド自動車 (H

輌の省燃費化等の地球環境の保全に対応するものづ くりが進められてきています。 CO 2 排出削減対策や石油代替エネルギーへ の変換目的とし、ハイブリッド自動車(HV/PHV)、 クリーンディーゼル自動 車はじめ、 電 気自動 車 (EV)、 燃 料 電 池自動車(FCV) 等の環 境 対 応 車 輌が順次市場へ投入され、シェア伸ばしています。 特に車輌の省燃費化に関しては各メーカーで競争が 激化しており、モーター・バッテリーおよびエンジン 性能の向上やトランスミッションと制御システムの最 適化、低燃費オイルや低転がり抵抗タイヤの導入等、 様々な改良が行われています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成 29 年 3 月 14 日ビール酒造組合 概要 ビール業界における CO2 排出量削減の取組みについて 1. ビール業界は経団連の環境自主行動計画に参画し 環境関連への設備投資を前倒しで実施する等 地球温暖化対策に向けた省エネルギー 及び CO2 排出量削減の施策 活動に積極的に取組んできた

平成 29 年 3 月 14 日ビール酒造組合 概要 ビール業界における CO2 排出量削減の取組みについて 1. ビール業界は経団連の環境自主行動計画に参画し 環境関連への設備投資を前倒しで実施する等 地球温暖化対策に向けた省エネルギー 及び CO2 排出量削減の施策 活動に積極的に取組んできた

また、環境自主行動計画(温暖 化対策編)は 2012 年度で終了し、2013 年度からは低炭素社会実行計 画がスタートした。ビール業界は環境自主行動計画に引き続き、低炭素社会実行計画に参加しており、 2016 年度は 3 回目のフォローアップ行なった。 ※註 1:本資料中の文言のビール業界とはビール酒造組合加盟の会員社である 5 社(アサヒ社、キリン社、 サッポロ社、サントリー社、オリオン社)のこと指し、いわゆる地ビールメーカは含んでいない。
さらに見せる

9 さらに読み込む

エコカー制度、CO2削減は国内総排出量の0.1%

エコカー制度、CO2削減は国内総排出量の0.1%

例えば、HVブームが続きHVの新車販売に占めるシェアは現在の1割のまま2020年度ま で落ちないというケース想定した(図表1の「エコカー定着」シナリオ)。ただこの場合で 、20年度の保有燃費は0.8km/ℓ程度の改善で18.8km/ℓにとどまり、日本全体のCO 2 0.4 ポイント減に過ぎない。ブームが短期で終わる「エコカー促進」ケースよりましだが、まだ 環境相試案の目標には届かない。同試案は保有燃費明らかにしていないものの、当センタ ーの概算によれば20km/ℓ程度までの改善見込んでいるとみられる。このような目標達成に は、保有台数に占める次世代自動車の割合2020年までに4分の1程度、新車販売シェアは 5割にするという、やや非現実的な目標が必要となる。エコカー制度だけでは同試案達成に は不十分であることが分かる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

2(1) 総量削減義務と排出量取引制度のポイント (2010 年度 ~) 大規模事業所向け制度の主な変更点等 旧制度 ( 地球温暖化対策計画書制度 ) 新制度 ( 排出総量削減義務と排出量取引制度 ) 温室効果ガス排出量の削減対策推進義務 排出総量の削減義務と排出量取引制度の導入 計画書等の作成 提

2(1) 総量削減義務と排出量取引制度のポイント (2010 年度 ~) 大規模事業所向け制度の主な変更点等 旧制度 ( 地球温暖化対策計画書制度 ) 新制度 ( 排出総量削減義務と排出量取引制度 ) 温室効果ガス排出量の削減対策推進義務 排出総量の削減義務と排出量取引制度の導入 計画書等の作成 提

統括管理者の意見・技術管理者の助言の尊重義務 統括管理者の要件 技術管理者の要件 エネルギー管理士、一級建築士、一級建築施工管理技士、一級電気工事施工管理 技士、一級管工事施工管理技士、建築設備士、技術士(建設、電気電子、機械、 衛生工学、環境、総合技術監理(建設、電気電子、機械、衛生工学、環境) )

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...