持続的なモビリティ社会の実現へ向けて

Top PDF 持続的なモビリティ社会の実現へ向けて:

持続的成長の実現に向けて 株主・投資家の皆さまへ|大塚ホールディングス株式会社

持続的成長の実現に向けて 株主・投資家の皆さまへ|大塚ホールディングス株式会社

2018 年計画サマリー  持続成長実現向け ー 次なるステージ ー  グローバル製品価値最大化  持続成長実現向けた積極研究開発投資  コア領域新規パイプライン強化と新規技術取得

26 さらに読み込む

第 2 章 アジア 内需 とともに成長する我が国 持続的成長実現に向けたアジア 太平洋の枠組み ASEAN 第 図

第 2 章 アジア 内需 とともに成長する我が国 持続的成長実現に向けたアジア 太平洋の枠組み ASEAN 第 図

第2-3-3-3表 インターネット利用人口世界ラン キング(2009年9月末現在) 順位 国名 インターネット利用人口 人口普及率 1 中国 3 億 8,400 万人 26.90% 2 米国 2 億 2,772 万人 74.10% 3 日本 9,598 万人 75.50% 4 インド 8,100 万人 7% 5 ブラジル 6,751 万人 34% 6 ドイツ 5,423 万人 65.90% 7 英国 4,668 万人 76.40% 8 ロシア 4,525 万人 32.30% 9 フランス 4,310 万人 69.30% 10 韓国 3,748 万人 77.30% 11 イラン 3,220 万人 48.50% 12 イタリア 3,003 万人 51.70% 13 インドネシア 3,000 万人 12.50% 14 スペイン 2,909 万人 71.80% 15 メキシコ 2,760 万人 24.80% 16 トルコ 2,650 万人 34.50% 17 カナダ 2,509 万人 74.90% 18 フィリピン 2,400 万人 24.50% 19 ベトナム 2,196 万人 24.80% 20 ポーランド 2,002 万人 52% 備考:中国数値は、2009 年末現在もの。
さらに見せる

16 さらに読み込む

特集 モビリティの進化 先進的な交通社会を目指して 自動運転 隊列走行の実現に向けて 自動運転技術の開発状況について 3 青木啓二 ( 日本自動車研究所 ) 基応専般 自動運転車開発の動き 安全 安心で環境にやさしいモビリティ社会の実現を目指して, 路車間通信を利用した安全運転支援システムや自動運転

特集 モビリティの進化 先進的な交通社会を目指して 自動運転 隊列走行の実現に向けて 自動運転技術の開発状況について 3 青木啓二 ( 日本自動車研究所 ) 基応専般 自動運転車開発の動き 安全 安心で環境にやさしいモビリティ社会の実現を目指して, 路車間通信を利用した安全運転支援システムや自動運転

もに速度制御誤差により発生する車間距離誤差が車 間距離センサから情報をもとに補正される. 安全性・信頼性向上  隊列走行では制御システムが故障した場合,ドラ イバによる運転操作が期待できないためきわめて信 頼性高いシステムを構築する必要がある.現在, 自動運転車について国際安全性・信頼性基準 は定められいないが,電気・電子機器に関する国 際標準規格 IEC 61508 では自動制御機器に対し,故 障率が 10-8/Hr 以下 SIL4 安全性レベルが要求 されいる.
さらに見せる

7 さらに読み込む

資料3 子どもの貧困・機会格差の根本的な解決に向けて―未来への投資による真の総活躍社会の実現―

資料3 子どもの貧困・機会格差の根本的な解決に向けて―未来への投資による真の総活躍社会の実現―

子ども貧困を放置することは、国全体で所得減少、税・社会保険料収入 減少、社会保障給付増加といった社会損失 4 を招くとともに、社会停滞 や人的資源不足など、社会と企業持続成長にも大きな影響を与える。そ 意味で、子ども貧困対策は社会福祉だけでなく、将来出生率向上に 寄与し、社会と企業に直接かかわる「未来投資」と言える。一方、グロー バル化や技術進展、産業構造変化、株主利益極大化を求める資本市場 圧力等によって生じた雇用二極化(非正規雇用拡大や低所得化等)は、社 会格差拡大をもたらしいる。この格差是正も日本持続成長において重 要課題であるが、当部会では子ども貧困とその対策に焦点を当ている。 国会では 2013 年に「子ども貧困対策推進に関する法律」が成立し、2014 年に「子供貧困対策に関する大綱」が閣議決定された。また、政府は 2015 年 10 月に「子供未来応援国民運動」を始動し、同年 12 月には「子ども貧困 対策会議」において「すべて子ども安心と希望実現プロジェクト」を決 定した。これらに基づい現在までに様々施策が実行されいるが、財 政制約から予算規模が小さく、対症療法に偏った対策となっいる。
さらに見せる

31 さらに読み込む

1. スマートなモビリティ社会の展開 1) スマートウェイのゴール 移動 交通の質の向上によって 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス環境の改善 の 4 つを実現することがスマートウェイのゴール 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス

1. スマートなモビリティ社会の展開 1) スマートウェイのゴール 移動 交通の質の向上によって 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス環境の改善 の 4 つを実現することがスマートウェイのゴール 負の遺産の清算 高齢者のモビリティ確保 豊かな生活 地域社会 ビジネス

3.今後展開に向け ・ スマートモビリティ社会実現向け、以下を積極に推進すべき -2007年ITSサービス実現向け着実に推進 -プラットフォームを活用した安全走行支援や民間サービスを展開 -ITS各分野を推進するため、データ基盤などさらなる環境整備 ・ スマートモビリティ社会実現向け、以下を積極に推進すべき -2007年ITSサービス実現向け着実に推進
さらに見せる

34 さらに読み込む

disclosure hiko en 受賞寄稿文『エン・ジャパンの持続的な成長に向けて』

disclosure hiko en 受賞寄稿文『エン・ジャパンの持続的な成長に向けて』

記は当社考え方イメージ図)。  業績面につきましは、2017年5月に3カ年 中期経営計画を新たに策定いたしました。お陰 様で初年度である当期は、順調スタートを切る ことができおります。従来主力サービスであ る求人サイトに加え、人材紹介・海外・教育評 価等、事業ポートフォリオ拡充と連携が進んで おります。しかしながら、技術革新が今までに いスピードで進む現在、決して現状に満足しい るわけではありません。事業が順調に進んでいる 時にこそ長期視点に立ち、持続可能成長を 実現するため、新たビジネス開発にも注力し まいりたいと思います。
さらに見せる

1 さらに読み込む

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加

社会的責任に関する円卓会議の役割と協働プロジェクト 1. 役割 本円卓会議の役割は 安全 安心で持続可能な経済社会を実現するために 多様な担い手が様々な課題を 協働の力 で解決するための協働戦略を策定し その実現に向けて行動することにあります この役割を果たすために 現在 以下の担い手の代表等が参加

安全・安心で持続可能社会実現には、製品・サービス安全利用法を理 解し、社会や環境に配慮した責任ある消費行動と社会に働きかけができる人材が 必要です。 そうした人材育成ため活動は、現在、学校教育以外にも、消費者団体、事 業者(団体)、金融セクター、NPO・NGOなどによって行われいます。しか し、これら活動は、参加対象や目的が限定で、相互つながりや面広が りが必ずしも十分とは言えません。
さらに見せる

5 さらに読み込む

目次 1.FinTech の捉え方 2.FinTech がもたらす将来社会像 3.FinTech による経済的 社会的効果 4.FinTech 社会の実現に向けた道筋 5.FinTech 社会の実現に向けた方向性 6.FinTech が経済 産業の発展につながるための政策課題 必要な取組 7. 実現

目次 1.FinTech の捉え方 2.FinTech がもたらす将来社会像 3.FinTech による経済的 社会的効果 4.FinTech 社会の実現に向けた道筋 5.FinTech 社会の実現に向けた方向性 6.FinTech が経済 産業の発展につながるための政策課題 必要な取組 7. 実現

・ 今日は輸出した商品代金受領日。【ブロックチェーン】経由で行う で、海外送金手数料が非常に低い。また受取銀行・支払銀行・支払人・ 受取人間で送金ステータスがリアルタイムでモニタリングできる で、いちいち現状を取引銀行に電話で確認する必要もなくなった。昔は 月末に締めみないと我が社に資金がいくらあるか分からなかった が、今は日々情報(仕入・売り・生産)が見える化されおり、現時 点で状況が全て分かるようになった。金融機関にこの情報を送ると、 すぐに金利いくらでどれだけ融資可能かを教えもらえるので、今期は あの事業に投資をしようと思う。
さらに見せる

18 さらに読み込む

ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて

ダイバーシティ・インクルージョン社会の実現に向けて

②行政 行政においても、LGBT理解促進・差別禁止に向けた動きが進みつつ ある。2016 年6月に閣議決定された「ニッポン一億総活躍プラン」および、 「経済財政運営と改革基本方針 2016 ~600 兆円経済道筋~」(いわゆる 「骨太方針」 )では、 「性的指向、性自認に関する正しい理解を促進するととも に、社会全体が多様性を受け入れる環境づくりを進める」ことが明記された。 各省庁レベルにおける動きとしては、文部科学省が、2015 年に性的指向・ 性自認について生徒配慮を求める通知を出すとともに、翌年に教職員理 解促進に向けたパンフレットを作成・配付しいる。2017 年には、高校で使 用する教科書に「LGBT」という言葉が初めて用いられた。厚生労働省は、 2016 年より、採用選考指針を示した「公正採用選考基本」において 「LGBT等性的マイノリティ方(性的指向及び性自認に基づく差別)など 特定人を排除しないこと」を明記するとともに、2017 年より男女雇用機会 均等法「セクハラ指針」において、被害者性的指向・性自認にかかわらず 該当する行為をセクシュアルハラスメントとみなすことを明記した。さらに、 国家公務員に適用される人事院規則においても、2017 年より、セクハラ防止 項目に「性的指向若しくは性自認に関する偏見に基づく言動」が追加された。
さらに見せる

42 さらに読み込む

編集方針 イオングループでは持続可能な社会の実現に向けて果たす 編集方針 べきCSR 企業の社会的責任 に関する考え方や活動をステーク イオングループでは 持続可能な社会の実現に向けて 果たす ホルダーの皆さまにご理解いただくために 1996年度より毎年 べきCSR 企業の社会的責任 に関する考え方

編集方針 イオングループでは持続可能な社会の実現に向けて果たす 編集方針 べきCSR 企業の社会的責任 に関する考え方や活動をステーク イオングループでは 持続可能な社会の実現に向けて 果たす ホルダーの皆さまにご理解いただくために 1996年度より毎年 べきCSR 企業の社会的責任 に関する考え方

2016年度版では、2編特集を設けました。 特集1は、2016年6月に2名有識者をお招きし実施した「ステ ークホルダー・ダイアログ」内容を掲載しいます。ダイアログ では、経営と一体化したCSR活動実践を目指すイオン「ビッグ チャレンジ2020」取り組みを紹介しながら、取り組み評価、 ご意見とともに、イオン中長期成長ために何をすべきか、 どう推進しいくべきかなど示唆を頂戴しました。また、特集2 では「イオンチャレンジ」 「地域とともに」と題し、イオン課題 認識とその認識を踏まえた取り組み事例を紹介しいます。 2015年度取り組みについては、重点課題ごとにマネジメント アプローチを述べるとともに、KPI進捗状況や、お客さまととも に取り組む環境保全活動や社会貢献活動、商品・店舗を通じた取 り組みなどについて報告しいます。また、継続に実施しい る東日本大震災被災地支援活動についても報告しいます。 ● 報告期間
さらに見せる

54 さらに読み込む

カーボンプライシングのあり方に関する検討会 取りまとめ ~ 脱炭素社会への円滑な移行と経済 社会的課題との同時解決に向けて ~ 平成 30 年 3 月

カーボンプライシングのあり方に関する検討会 取りまとめ ~ 脱炭素社会への円滑な移行と経済 社会的課題との同時解決に向けて ~ 平成 30 年 3 月

こうした現状を踏まえると、従来取組延長線上で 2050 年に 80%削減 と長期目標、更にはパリ協定下で目指すべき実質排出ゼロと目標を 目指しいくことは難しいと言わざるを得ない。これまで我が国施策が 諸外国と比べ力不足だった可能性も念頭に置くべきである。また、パリ協 定が掲げるように世界全体平均気温上昇を2℃より十分下方に保持す るとともに、1.5℃までに抑える努力を追求しいくには、我が国において も、早期削減を図り、累積排出量をより小さくしいかなければならない。 生産者も消費者も含めたあらゆる主体が自身行動を決定する要素一つ に脱炭素化を織り込むように促し、抜本排出削減を可能とする革新技術 開発・普及(世の中に十分に広まっいない製品・サービス等普及を含 む)などイノベーションによる解決を最大限に追求するとともに、国民全体 力を結集することで、経済・社会全体転換を図る必要がある。
さらに見せる

60 さらに読み込む

地球システム制約下のポストMDGs -持続可能性目標(Sustainability Goals)へ向けて-

地球システム制約下のポストMDGs -持続可能性目標(Sustainability Goals)へ向けて-

既存革新メカニズム効果検証。適応基金が採用しいる直接アクセスモダリティを一例として取り上げた。  適応基金から資金支援を途上国国内機関が多国間機関を経由せずに受け取っ事業を実施した結果;  受取国実施機関ないし執行機関どちらか当事者意識は向上  受取国専門家・専門知見を学習した政府職員を活用し,適応最良事例を広範に普及させる  しかし必ずしも脆弱地域人々開発ニーズを組み込みボトムアップ型で事業を実施したわけではない
さらに見せる

31 さらに読み込む

コミュニティ形成に向けたモビリティシステムへのアプローチ:社会的組織と集合的文化の維持を目指して

コミュニティ形成に向けたモビリティシステムへのアプローチ:社会的組織と集合的文化の維持を目指して

2 本論文概要  第 I 部 第 1 章では、メキシコシティにおけるコミュニティ開発現状、アメリカ化さ れいくコミュニティ開発方向に対して、コミュニティ社会組織を強化し、集合 文化を維持する方向もあるではないかという研究動機からはじまり、コミュニティ 社会相互作用機会を増やすモビリティを研究課題とし、その実現ために、社会・ 文化背景を考察しうるアプローチが設定され、論文構成が示されいる。
さらに見せる

4 さらに読み込む

水産物の持続可能な調達方針とその実現に向けたマイルストーン 欧州小売編 Sustainable Seafood Journey

水産物の持続可能な調達方針とその実現に向けたマイルストーン 欧州小売編 Sustainable Seafood Journey

を取り扱う 養殖水産物 目標:2020年 セインズベリーズでは2000年MSC認証水産物 取り扱い開始以降、認証拡大に合わせ調達方針を 更新しきました。当初からMSC認証を推奨しい ましたが、認証取得漁業が少なかった2000年初期に はイギリス海洋保全NGO、Marine Conservation Society | MCS発行する水産物レーティングスキ ーム、Good Fish Guideを採用し、調達改善を続け ました。2009年調達方針改定以降、認証水産物 売上を急激に伸ばしおり、現在では天然水産物 79%でMSC認証を達成するなど力強いイニシアチ ブを発揮しいます。2020年達成を目指す20 目標とその方法を示す「20×20 サステナビリティー プラン」達成に向け、イギリス政府外公共機関 SeaFish が事務局を務める Project UK Fisheries Improvement を通して、国内漁業者認証取得に向 けた活動を支援しいます。
さらに見せる

24 さらに読み込む

エネルギー 環境事業で 持続可能な社会の実現に貢献 1923 経営理念 基本理念 スローガン 経営方針

エネルギー 環境事業で 持続可能な社会の実現に貢献 1923 経営理念 基本理念 スローガン 経営方針

電子デバイス 産業分野・自動車分野において、パワーエレクトロニクスキーデバイスである パワー半導体を提供し、高効率化や省エネ化に貢献します。 通信機器、サーバ、薄型 TV など電源向けに、独自 高耐圧・低損失デバイス技術を適用した制御 IC 、電源 用高耐圧ディスクリートデバイスを提供しいます。 各種電源規格に対応する制御 IC 、低損失・高品質 MOSFET 、ダイオード製品を系列化し、電源装置高 効率化に貢献しいます。
さらに見せる

15 さらに読み込む

エネルギー 環境事業で 持続可能な社会の実現に貢献 1923 経営理念基本理念 スローガン 経営方針

エネルギー 環境事業で 持続可能な社会の実現に貢献 1923 経営理念基本理念 スローガン 経営方針

電磁開閉器 配線用遮断器 駆動システム 産業分野機械設備・装置・空調設備などにおいて、 自動化・省力化・省エネ化に貢献するインバータを豊富 ラインアップで提供しいます。また、大規模プラント やファン・ポンプなど、あらゆる分野・用途にて活躍 するモータ/モータ応用製品を提供しいます。小型・ 低騒音ニーズはもちろん、これからさらなる省エ ネに向け貢献するトップランナーモータ適合品や磁石 内蔵形同期ドライブシステム・サーボシステムなど、 多種多様シリーズをラインアップしいます。  さらに、サーボシステム、インバータなどを最適に 制御する、プログラマブルコントローラやプログラマ ブル表示器により、 FA 化を実現します。
さらに見せる

15 さらに読み込む

持続可能な社会の実現を目指すリコーの環境経営

持続可能な社会の実現を目指すリコーの環境経営

5 © 2016 Ricoh Company, Ltd. 4. 環境経営中核となる環境技術開発 企業は社会に対する責任を果たしながら、そもそも存在意義である企業価値増大や 利益創出を図る必要があります。そして、企業活動は、個人力だけではなかなか 実現できない社会革新や進化をもたらし、世の中をより良い方向に向けるものである べきです。リコー環境経営は、環境保全によって利益を創出し、持続可能社会にふ さわしいビジネスモデル確立を目指しいます。そして、その実現ために重要鍵 を握っいるが環境技術開発です。環境技術開発は、原材料調達からお客様先で 使用、リサイクルまでライフサイクル全体において環境負荷低い製品を提供しい く基盤となります。また、社会持続可能性を脅かす気候変動問題、資源枯渇、環境汚 染など課題を解決に導く唯一手段とも言えるでしょう。
さらに見せる

20 さらに読み込む

報告「多様で持続可能な復興を実現するために―政策課題と社会学の果たすべき役割―」

報告「多様で持続可能な復興を実現するために―政策課題と社会学の果たすべき役割―」

フィードバックには大きく2つ水準がある。第1に、個別具体政策見直し、第 2に、政策を形成・決定しいく過程自体見直しである。 第1に、個別具体政策見直しはどうであったか。東日本大震災避難者対策や 復興対策場合、政策領域が極めて多岐にわたること、地域社会から市町村(被災地と 移転先) 、県、国に至る多様層がその形成・実施に複雑に関わること、しかも事情 異なる多く市町村が含まれいたことが特色であった。したがって、中央で決まった 政策を多様避難者・被災地実態にあわせ具体に運用しいくためには、それら 実務を担う膨大人員が必要となった。例えば「早期帰還」政策が推し進められた被災 12 市町村では、各省庁や他自治体職員、国委託を受けた民間コンサルタント職員 どが派遣され、多く業務を担っきた。こうした担当者は実際に現地を回り、住民説 明会繰り返しなかで多く声をすくい上げ、それを個別政策における柔軟対応 とつなげいった。各省庁や他自治体から派遣された職員業務遂行は、当初は地元 ニーズにかなり沿うかたちで運営されいた。しかし時間経過とともに、派遣する側 (とりわけ他自治体)で行財政改革などによる職員削減で長期間継続が困難になっ いる上に、職務内容自体、次第に上から直接おりくるものとなっいき、地元から フィードバックがむずかしくなっいったという声が、被災自治体でヒアリングで聞 かれた。
さらに見せる

32 さらに読み込む

「公正で持続可能な社会」を目指して

「公正で持続可能な社会」を目指して

創り出そうとすることにある。  ところで,「公正で持続可能社会」とは,だれも がフェアーに行動し“今まで暮らしどのようこ とを大切にし,またどのようことを改善したり,新 しく取り組んだりすることで社会持続(将来世代 幸せを先取りしない!)かつ発展ものにしい けるか”という究極テーマを考え続けることに よって形成される社会である。大切にすべき「こ と」=「価値」構築,そしてその先には,現代世代 と将来世代がともに,健全で,平和に,繁栄する社会, くらしあらゆるカテゴリーが,停滞することなく目 指すべき社会向け,前進し続けいる社会,自然 や環境と調和を目指す社会がある。そこでは,命・ 人権・自然環境など背景に配慮した意思決定に基づ く社会起業やイノベーション(技術革新のみでなく画 期仕組み・制度)が,次々に生み出され,持続可 能社会が,成長をともなっ発展しいくである。 そして,金融・経済教育使命として,この新しい社 会において経済発展・エネルギー確保・地球環 境保全調和をはかり,公正で持続可能社会を発 展させいくために,企業や金融機関が,利益のみで なく,社会責任(CSR)という役割を,積極に果 たさねばならない重要性を,将来世代こどもたちに 理解させることが,今や喫急課題となっいる。 Ⅳ.「公正で持続可能社会形成に果た
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...