投 資 信 託 証 券 の

Top PDF 投 資 信 託 証 券 の:

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

ファンドの 目 的 世 界 各 国 の 取 引 所 に 上 場 されている 投 資 信 託 証 券 への 投 資 を 通 じて 世 界 ( 日 本 を 含 みます )の 株 式 債 券 不 動 産 投 資 信 託 (REIT) 商 品 (コモディティ)へ 実 質 的 に 分 散 投 資 を 行 ない

金利変動リスク 投資信託証券へ投資を通じて、実質的に債券を投資対象とする場合があります。 投資対象としている国金利水準が上昇(低下)した場合には、一般的に債券価格は 下落(上昇)し、基準価額変動要因となります。 為替変動リスク 投資信託証券へ投資を通じて外国有価証券等に投資を行なう場合は、各国 通貨対円で為替レート変動によりファンド基準価額が変動します。ファン ドは、実質的な外貨建資産について原則として為替ヘッジを行なわないため、為替 レートが円高方向に変動した場合には、基準価額が下落する要因となります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2015 年 7 月 31 日 ちばぎんコア 投 資 ( 安 定 型 ) 組 入 投 資 信 託 証 券 の 状 況 名 称 寄 与 額 は 概 算 値 であり 実 際 の 基 準 価 額 の 変 動 を 正 確 に 説 明 するものではありません あくまで 傾 向 を 知 るための 目 安 として

2015 年 7 月 31 日 ちばぎんコア 投 資 ( 安 定 型 ) 組 入 投 資 信 託 証 券 の 状 況 名 称 寄 与 額 は 概 算 値 であり 実 際 の 基 準 価 額 の 変 動 を 正 確 に 説 明 するものではありません あくまで 傾 向 を 知 るための 目 安 として

【運用実績】 英国国債が堅調なパフォーマンスを上げ、「デュレーション英国/ドイツ」戦略に対しプラスに働きました。同戦略は、英国金利とドイツ金利スプレッドが縮 小する局面で利益獲得を狙う戦略です。同様に、クレジット債券市場も良好なパフォーマンスを収め、「ハイ・イールド債」戦略にプラスリターンをもたらしま した。その他、プラスに寄与した戦略としては、「ロング インド・ルピー/ショート スイス・フラン」為替戦略があります。8月、外国人投資家が市場先行き に対し自信を深め、より高いリターン獲得を目指すなか、インド・ルピーは他新興国資産と同様、これら投資家選好対象となりました。さらに、インド準 備銀行(中央銀行)次期総裁が指名されたことで、インド金融政策安定性と継続性に対する市場警戒感が和らぎました。米国では、堅調な景気指 標を受けて、将来的な利上げ観測が強まりました。米ドル相場が上昇し、「ロング 米ドル/ショート シンガポール・ドル」戦略から利益獲得につながりまし た。また金利上昇は、銀行収益性改善につながるとみられることから、「ロング 米国株式銀行/ショート 生活必需品セクター」戦略がプラスに寄与する 結果となりました。一方、良好な国内景気指標発表は、大型株企業よりも、国内景気と関連性が比較的強い米国小型株企業に対して有利に働きまし た。結果として、「ロング 米国株式大型株/ショート 小型株」戦略ならびに「ロング 米国株式ITセクター/ショート 小型株」戦略は、ファンドパフォーマンス を悪化させる要因となりました。また不動産は金利上昇からマイナス影響を受けやすいセクターであり、利上げ観測高まりを受けて「グローバルREIT」戦 略も損失を発生させました。また、当月米国金利動きは、同国インフレ期待将来的な上昇から利益獲得を狙う「米国実質/名目金利スティープナー」 戦略に対してもマイナスに作用しました。
さらに見せる

31 さらに読み込む

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

ファンドの 特 色 販 売 用 資 料 主 として ニュージーランドドル 建 ての 債 券 に 投 資 を 行 ない インカム 収 益 の 確 保 と 信 託 財 産 の 成 長 をめざします ニュージーランドドル 建 ての 国 債 地 方 債 政 府 保 証 債 政 府 機 関 債 国 際 機 関

„ 1万口当たり基準価額が11,000円以上となった場合には、信託約款規定に基づき、繰上償還します(償還価額が11,000円以上で あることを保証するものではありません。)。 „ 11,000円は、あくまでも安定運用に切り替えるため価額水準であり、ファンド基準価額が11,000円以上となることを示唆あるいは 保証するものではありません。また、安定運用に切り替えるまで債券価格、為替変動影響および外国為替予約取引等決 済を速やかに行なえないなど事由により、基準価額が11,000円以上となった日翌営業日以降(安定運用へ切り替え完了後も 含みます。)基準価額が11,000円を下回る場合があります。
さらに見せる

20 さらに読み込む

財務データ貸借対照表財務データ 貸借対照表 科目 2017 年度末 2018 年度末 ( 単位 : 千円 ) 科 目 2017 年度末 2018 年度末 ( 資産の部 ) 現 金 預 け 金 有 価 証 券 国 債 地 方 債 社 債 投 資 信 託 株 式 外 国 証 券 貸 出 金 手 形 貸

財務データ貸借対照表財務データ 貸借対照表 科目 2017 年度末 2018 年度末 ( 単位 : 千円 ) 科 目 2017 年度末 2018 年度末 ( 資産の部 ) 現 金 預 け 金 有 価 証 券 国 債 地 方 債 社 債 投 資 信 託 株 式 外 国 証 券 貸 出 金 手 形 貸

リスク・アセット、総所要自己資本額 (注) 1. 「リスク・アセット」とは、貸借対照表に記載された資産(債務保証見返を除く)に、その種類あるいは取引相手信用リスク度合いに応じて設定されたリスク・ウェイトを乗じて算 定した額ことです。なお、当金庫では、適格格付機関格付等に応じて設定されたリスク・ウェイトを使用する「標準的手法」を採用しています。  貸借対照表に記載されないコミットメントや金利関連取引等にも信用リスクをともなうものがあります。上記同様、リスク・ウェイトを乗じてリスク・アセットを算定します。  なお、貸借対照表に計上している当金庫が行う債務保証見返勘定は、オフ・バランス取引として取り扱うことになっています。当金庫オフ・バランスに係るリスク・アセット大半は、公的な代理業務に付随して発生する債務保証に関係するものです。
さらに見せる

20 さらに読み込む

[ 掲 載 番 号 :1] 平 成 28 年 10 月 7 日 各 位 会 社 名 大 和 証 券 投 資 信 託 委 託 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 岩 本 信 之 (コード 番 号 1320) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 近 藤 龍 一 郎 (TEL. 0

[ 掲 載 番 号 :1] 平 成 28 年 10 月 7 日 各 位 会 社 名 大 和 証 券 投 資 信 託 委 託 株 式 会 社 代 表 者 名 代 表 取 締 役 社 長 岩 本 信 之 (コード 番 号 1320) 問 合 せ 先 経 営 企 画 部 近 藤 龍 一 郎 (TEL. 0

●「日経平均レバレッジ・インデックス」に内在する性質に関する注意点 対象指標とする「日経平均レバレッジ・インデックス」は原指標「日経平均株価」変動率 「 2倍」値動きになる指数で、「日経平均株価」1日変化率(前日終値と当日終値と を比較して算出)を「 2倍」したものを前日指数値に乗じて算出されます。指標と原指標は 完全な正相関ではないため、複数日以上計算期間では、複利効果ため指数値は一般 的に「日経平均株価」変動率「 2倍」とはならず、計算上、差が生じます。この差は当該 期間中「日経平均株価」値動きによって変化し、プラス方向にもマイナス方向にも どちらにも生じる可能性がありますが、一般に、「日経平均株価」値動きが一定範囲内 で上昇・下落を繰り返した場合に、マイナス方向に差が生じ、対象指標は逓減する可能性 が高くなります。また、一般に、当該期間が長くなればなるほどその差が大きくなり、対象指 標逓減が強まる特性を持ちます。したがって、当ファンドは、一般的に中長期投資には 向かず、比較的短期間投資に向く金融商品です。また、原指標に連動するファンドに比べ、 当ファンドでは利益・損失額が大きくなることにも注意が必要です。
さらに見せる

102 さらに読み込む

(4) 資産運用の実績 ( 一般勘定 ) ア. 資産の構成 ( 単位 : 百万円 %) 金額占率金額占率 現預金 コールローン 394, , 買 現 先 勘 定 223, , 商 品 有 価 証 券 金 銭 の 信 託 有 価 証

(4) 資産運用の実績 ( 一般勘定 ) ア. 資産の構成 ( 単位 : 百万円 %) 金額占率金額占率 現預金 コールローン 394, , 買 現 先 勘 定 223, , 商 品 有 価 証 券 金 銭 の 信 託 有 価 証

(3)運用実績概況 ア.資産配分 ALM運用を基本としつつ、国内で超低金利環境が継続するなかでも高位安定的な収益を確保す る観点から、内外金利差や為替水準に留意したうえで、市場環境に応じた効果的な資産配分を行な いました。具体的には、外国公社債を中心に据えた投融資を行ないました。

7 さらに読み込む

特 別 勘 定 の 内 容 目 標 値 110%または120%の 場 合 の 特 別 勘 定 種 類 特 別 勘 定 の 名 称 投 資 対 象 となる 投 資 信 託 運 用 会 社 資 産 運 用 関 係 費 用 ( ( 年 率 ) 注 ) 総 合 型 新 光 外 国 株 式 インデックスVA

特 別 勘 定 の 内 容 目 標 値 110%または120%の 場 合 の 特 別 勘 定 種 類 特 別 勘 定 の 名 称 投 資 対 象 となる 投 資 信 託 運 用 会 社 資 産 運 用 関 係 費 用 ( ( 年 率 ) 注 ) 総 合 型 新 光 外 国 株 式 インデックスVA

総合型 世界バランス50ST (注) 資産運用関係費用は、主に利用する投資信託信託報酬率を記載しています。信託報酬他、監査報酬、信託事務諸費用、有価 売買委託手数料および消費税等税金等がかかりますが、費用発生前に金額や計算方法を確定することが困難なため表示する ことができません。また、これら費用は投資信託純資産総額より差し引かれます。したがって、ご契約者さまはこれら費用を間接的 に負担することになります。なお、資産運用関係費用は、運用手法変更等により将来変更される可能性があります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

資 産 に 創 造 力 を いよぎん 証 券 が 選 ぶ 全 91ファンド 145コース いよぎん 証 券 では お 客 さまの 多 様 なニーズにお 応 えするために 世 界 の 国 々や 金 融 市 場 へご 投 資 いただける 豊 富 なラインナップをご 用 意 しています インターネット 専

資 産 に 創 造 力 を いよぎん 証 券 が 選 ぶ 全 91ファンド 145コース いよぎん 証 券 では お 客 さまの 多 様 なニーズにお 応 えするために 世 界 の 国 々や 金 融 市 場 へご 投 資 いただける 豊 富 なラインナップをご 用 意 しています インターネット 専

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド 主な投資対象:世界主要先進国市場ヘルスケア・バイオ関連企業株式 * Morningstar Award“Fund of the Year 2015”は過去情報に基づくものであり、将来パフォーマンスを保証するものではありません。また、モーニングスターが信頼できると判断したデータ により評価しましたが、その正確性、完全性等について保証するものではありません。著作権等知的所有権その他一切権利はモーニングスター株式会社ならびにMorningstar,Inc.に帰 属し、許可なく複製、転載、引用する事を禁じます。当賞は国内追加型株式投資信託を選考対象として独自定量分析、定性分析に基づき、2015年において各部門別に総合的に優秀であ るとモーニングスターが判断したものです。国際株式型部門は、2015年12月において当該部門に属するファンド1,088本中から選考されました。
さらに見せる

15 さらに読み込む

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス (

1.ファンドの 目 的 特 色 ファンドの 目 的 信 託 財 産 の 中 長 期 的 な 成 長 を 図 ることを 目 標 として 運 用 を 行 います ファンドの 特 色 主 に 外 国 債 券 パッシブ ファンド マザーファンドに 投 資 を 行 い シティ 世 界 国 債 インデックス (

当ファンドが実質的に投資する債券発行者が経営不安・倒産に陥った場合、またこうした状況に陥ると予想される 場合等には、債券価格が下落したりその価値がなくなることがあり、基準価額が下がる要因となります。 当ファンド基準価額は、ファンドに組入れられる有価証券値動き、為替変動等により影響を 受けますが、運用による損益は全て投資者皆さまに帰属します。したがって、投資者皆さま 投資元本は保証されているものではなく、下記変動要因により基準価額が下落し、損失を被り、 投資元本を割り込むことがあります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 内 外 資 産 複 合 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 為 替 ヘッジ その 他 資 産 (( 注

単 位 型 追 加 型 商 品 分 類 投 資 対 象 地 域 投 資 対 象 資 産 ( 収 益 の 源 泉 ) 追 加 型 投 信 内 外 資 産 複 合 属 性 区 分 投 資 対 象 資 産 決 算 頻 度 投 資 対 象 地 域 投 資 形 態 為 替 ヘッジ その 他 資 産 (( 注

※6 「S&P先進国REIT指数(除く日本、配当込み)」とは、S&P Dow Jones Indices LLC(以下「SPDJI」)が公表する指数で、世 界主要国に上場するREIT(不動産投資信託証券)及び同様制度に基づく銘柄浮動株修正時価総額に基づいて算出さ れます。 「円換算ベース」は、ドルベース指数をもとに当社が独自に円換算した指数です。 「配当込み」指数は、配当収益を考慮 して算出した指数です。S&P先進国REIT指数(以下「当インデックス」)はSPDJI商品であり、これを利用するライセンスが 当社に付与されています。 Standard & Poor's ® およびS&P ® はStandard & Poor's Financial Services LLC(以下
さらに見せる

12 さらに読み込む

ファンドの 内 容 に 関 して 重 大 な 変 更 を 行 なう 場 合 には 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 26 年 法 律 第 198 号 )に 基 づき 事 前 に 投 資 者 ( 受 益 者 )の 意 向 を 確 認 いたします ファンドの 財

ファンドの 内 容 に 関 して 重 大 な 変 更 を 行 なう 場 合 には 投 資 信 託 及 び 投 資 法 人 に 関 する 法 律 ( 昭 和 26 年 法 律 第 198 号 )に 基 づき 事 前 に 投 資 者 ( 受 益 者 )の 意 向 を 確 認 いたします ファンドの 財

購入申込期間 2015 年 10 月 10 日から 2016 年 10 月7日までとします。 ※上記期間満了前に有価証券届出書を提出することによって更新されます。 購入申込不可日 販売会社営業日であっても、下記いずれかに該当する場合は、原則として購入 申込み受付は行ないません。詳しくは、販売会社にお問い合わせください。 1)ファンド計算期間終了日3営業日前以降2営業日間(ただし、計算期間 終了日が休業日場合は、当該計算期間終了日4営業日前以降3営業日間) 2)英国証券取引所休業日、ニューヨーク証券取引所休業日、ロンドン銀行
さらに見せる

16 さらに読み込む

留 意 事 項 本 資 料 は 情 報 提 供 を 目 的 としたものであり 特 定 の 商 品 についての 投 資 の 勧 誘 や 売 買 の 推 奨 を 目 的 としたものではあ りません 日 本 ホテルファンド 投 資 法 人 ( 本 投 資 法 人 )の 投 資 口 のご 購 入 にあたって

留 意 事 項 本 資 料 は 情 報 提 供 を 目 的 としたものであり 特 定 の 商 品 についての 投 資 の 勧 誘 や 売 買 の 推 奨 を 目 的 としたものではあ りません 日 本 ホテルファンド 投 資 法 人 ( 本 投 資 法 人 )の 投 資 口 のご 購 入 にあたって

本資料で提供している情報は、金融商品取引法、投資信託及び投資法人に関する法律(「投信法」)及びこれらに付随す る政省令、内閣府令、並びに東京証券取引所規則その他関係諸規則で要請され、これらに基づく開示書類又は資産運 用報告ではありません。 本資料内容には、将来予想に関する記述が含まれていますが、現時点で入手可能な情報に鑑みてなされた一定仮 定及び判断に基づくものであり、かかる記述は未知リスク及び不確実性が内在しており、かかるリスク、不確実性、仮 定及びその他要因による影響を受ける恐れがあります。従って、かかる将来予想は将来における本投資法人業績、 経営結果、財務内容等を保証するものではなく、実際結果は、かかる将来予想に関する記述存在により明示的又 は黙示的に示される将来における業績、経営結果、財務内容等と大きく異なる場合があります。
さらに見せる

27 さらに読み込む

J-REIT リサーチ オープン ( 毎 月 決 算 型 )/( 年 2 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 目 次 J-REIT 基 本 情 報 J-REITの 投 資 環 境 ファンドのご 案 内 P. 2 P.1 P.22 当 ファンドの 参 考 指 数

J-REIT リサーチ オープン ( 毎 月 決 算 型 )/( 年 2 回 決 算 型 ) 追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 目 次 J-REIT 基 本 情 報 J-REITの 投 資 環 境 ファンドのご 案 内 P. 2 P.1 P.22 当 ファンドの 参 考 指 数

当ファンド参考指数で使用するインデックス著作権等について 東証REIT指数とは、株式会社東京証券取引所(以下「東証」といいます。)が算出、公表する指数で、東京証券取引所に上場しているREIT(不動産投資信託証券)全銘柄を対 象とした時価総額加重型指数です。「配当込み」指数は、配当収益を考慮して算出したものです。 同指数は、東証知的財産であり、指数算出、指数値公表、利用など同指数に関する全て権利は、東証が有しています。 なお、東証は、ファンド設定または売買に起因するいかなる損害に対しても、責任を有しません。
さらに見せる

32 さらに読み込む

収 益 に 関 する 留 意 事 項 信 託 の 純 資 産 Fund Information は 預 貯 金 の 利 息 とは 異 なり 信 託 の 純 資 産 から 支 払 われますので が 支 払 われると その 金 額 相 当 分 基 準 価 額 は 下 がります 信 託 で が 支 払 わ

収 益 に 関 する 留 意 事 項 信 託 の 純 資 産 Fund Information は 預 貯 金 の 利 息 とは 異 なり 信 託 の 純 資 産 から 支 払 われますので が 支 払 われると その 金 額 相 当 分 基 準 価 額 は 下 がります 信 託 で が 支 払 わ

道 <報道について> 報道されている不動産ファンドは、主に個人投資家から資金を募集し、実物不動産を投資対象と するファンドです。日本投資信託でいうと、投資対象となる資産が上場証券(REITも含みます)で はなく、実物不動産と考えるとわかりやすいでしょう。こうしたファンドでは、日次で設定解約に対 応できるよう手元流動性を確保しています。しかしながら、解約請求が増加し、手元流動性が不足 した場合には、ファンドが保有する実物不動産を売却することとなります。ただし、こうしたケースに 発展することは稀であり、今回一連出来事は、英国国民投票においてEU離脱派が勝利し、 同国不動産市場が混乱したことに伴なう一時的なものと考えられます。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 国 内 外 の 公 社 債 およびわが 国 の 株 式 に 実 質 的 に 投 資 し 投 資 信 託 財 産 の 成 長 と 安 定 した 収 益 の 確 保 を 目 的 として 安 定 運 用 を 行 います <ファンドの 特 色

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 国 内 外 の 公 社 債 およびわが 国 の 株 式 に 実 質 的 に 投 資 し 投 資 信 託 財 産 の 成 長 と 安 定 した 収 益 の 確 保 を 目 的 として 安 定 運 用 を 行 います <ファンドの 特 色

東証株価指数(TOPIX) (配当込み)は、東京証券取引所第一部に上場している国内普通株式全銘柄を対象として算出した指数で、配当を考慮したものです。なお、TOPIXに 関する著作権、知的財産権その他一切権利は東京証券取引所に帰属します。 MSCI-KOKUSAIインデックス(配当込み、円ベース) MSCI-KOKUSAIインデックス(配当込み、円ベース)は、MSCI Inc.が開発した、日本を除く世界先進国株式を対象として算出した指数で、配当を考慮したものです。な お、MSCI Indexに関する著作権、知的財産権その他一切権利は、MSCI Inc.に帰属します。
さらに見せる

8 さらに読み込む

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

●当資料は信頼できると判断した各種情報等に基づき作成していますが、その正確性、完全性を保証するものではありません。また、今 ※ ※ 東証REIT指数とは、株式会社東京証券取引所(以下「東証」といいます。)が算出、公表する指数で、東京証券取引所に上場しているREIT(不動産投資 信託証券)全銘柄を対象とした時価総額加重型指数です。配当込み指数は、配当収益を考慮して算出したものです。

6 さらに読み込む

2. 当 期 間 の フ ァ ン ド 運 用 状 況 ( 過 去 3ヶ 月 間 累 積 リターン 推 移 ) 作 成 : 八 十 二 証 券 ( 株 ) 投 資 情 報 部 国 内 債 券 2015 年 12 月 末 をとして 指 数 化 104 国 内 債 券 インテ ックスファント タ イワ 日

2. 当 期 間 の フ ァ ン ド 運 用 状 況 ( 過 去 3ヶ 月 間 累 積 リターン 推 移 ) 作 成 : 八 十 二 証 券 ( 株 ) 投 資 情 報 部 国 内 債 券 2015 年 12 月 末 をとして 指 数 化 104 国 内 債 券 インテ ックスファント タ イワ 日

三菱UFJ 外国株式インデックスファンド 日本を除く世界主要国株式を主要投資対象とし たインデックスファンドです。 フィデリティ・ワールド好配当株・ファンド 国内外上場株式を主要投資対象とする投資信託 証券に投資を行ないます。 新興国株式インデックスオープン 新興国株式等を主要投資対象としたインデックス ファンドです。 アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド 年2回決算型<愛称:ロイヤルギフト> アムンディ・グローバル・ストラテジー株式ファンド 毎月決算型<愛称:ロイヤルギフト>
さらに見せる

6 さらに読み込む

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 日 本 を 除 く 世 界 主 要 先 進 国 の 公 社 債 に 実 質 的 に 投 資 し 長 期 的 に 安 定 した 収 益 確 保 と 投 資 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 します <ファンドの 特 色 > 1.

ファンドの 目 的 特 色 <ファンドの 目 的 > 主 として 日 本 を 除 く 世 界 主 要 先 進 国 の 公 社 債 に 実 質 的 に 投 資 し 長 期 的 に 安 定 した 収 益 確 保 と 投 資 信 託 財 産 の 成 長 を 目 指 します <ファンドの 特 色 > 1.

カントリーリスク 投資対象国・地域政治経済情勢、通貨規制、資本規制、税制など要因によって 資産価格や通貨価値が大きく変動する場合があります。これら影響を受け、当ファンド 基準価額が下落する可能性があります。 流動性リスク 有価証券などを売買する際、当該有価証券など市場規模が小さい場合や取引量が 少ない場合には、希望する時期に、希望する価格で、希望する数量を売買することがで きない可能性があります。特に流動性低い有価証券などを売却する場合にはその影響 を受け、当ファンド基準価額が下落する可能性があります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

基 礎 情 報 J-REITとは REIT(Real Estate Investment Trust:リート)とは 不 動 産 投 資 信 託 のことをいい 一 般 に 日 本 のREITの 総 称 をJ-REIT(ジェイ リート)といいます J-REITは 投 資 家 から 資 金 を 集 め 主

基 礎 情 報 J-REITとは REIT(Real Estate Investment Trust:リート)とは 不 動 産 投 資 信 託 のことをいい 一 般 に 日 本 のREITの 総 称 をJ-REIT(ジェイ リート)といいます J-REITは 投 資 家 から 資 金 を 集 め 主

投資信託お申込みに際して一般的な留意事項等 ●投資信託に係るリスクについて 投資信託は、主として国内外株式、公社債および不動産投資信託証券(リート) など値動きある証券等(外貨建資産に投資する場合には為替変動リスクもあ ります。)に投資しますので、ファンド基準価額は変動します。 したがって、投資 者皆さま投資元金は保証されているものではなく、基準価額下落により、 損失を被り、投資元金を大きく割り込むことがあります。ファンド運用による損益 はすべて投資者皆さまに帰属します。また、投資信託は預貯金と異なります。 投資信託は、個別投資信託ごとに投資対象資産種類や投資制限、取引市場、 投資対象国等が異なることから、リスク内容や性質が異なりますので、お申込 み際は投資信託説明書(交付目論見書)を必ずお読みください。
さらに見せる

67 さらに読み込む

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

追 加 型 投 信 / 国 内 / 不 動 産 投 信 当 初 設 定 日 : 2005 年 1 月 17 日 資 産 の 状 況 当 ページの 数 値 はマザーファンドベースです 資 産 内 容 特 性 値 J-REIT 98.52% J-REIT 先 物 取 引 0.00% 短 期 金 融 資

●投資信託は値動きある有価証券等(外貨建資産には為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額は変動します。した がって、投資元本や利回りが保証されるものではありません。ファンド運用による損益は全て投資者皆様に帰属します。 ●投資信託は預貯金や保険契約とは異なり預金保険機構および保険契約者保護機構等保護対象ではありません。また、証券会社 以外でご購入いただいた場合は、投資者保護基金保護対象ではありません。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...