投資モデルに関する実証研究

Top PDF 投資モデルに関する実証研究:

RIETI - 技術占有度と集積の外部性に関する実証研究

RIETI - 技術占有度と集積の外部性に関する実証研究

その中の 1 つとして、集積する企業の構成が都市のイノベーションや成長にどのような効 果(集積の外部性)を与えるのか明らかにする理論的研究および実証研究が、1990 年代の 都市経済学や地域経済学の研究者の研究をはじめとして進められてきている。これまでの研 究では、主に 3 つの動的外部性(MAR の外部性、Jacobs の外部性、Porter の外部性)が取り 扱われており、それぞれの動的外部性に関する実証研究も多数、行われている。これらの実 証分析を対象とした Beaudry & Schiffauerova (2009)のメタ分析の論文をみると、Porter の 外部性を扱ったものは MAR の外部性と Jacobs の外部性を扱ったものと比較して少ない。この ことから、集積地域内の企業の産業構成と都市のイノベーションや成長の関係性、すなわち、 特定の産業に特化していることが望ましいのか(地域特化の経済)、多様な業種が集積するこ とが望ましいのか(多様性の経済) 、という観点からの議論が主流となっていることがわかる。
さらに見せる

19 さらに読み込む

「消防団員の配置に関する実証研究」

「消防団員の配置に関する実証研究」

消防団員の配置に関する実証研究 <要 旨> 本稿は,消防団による火災の鎮圧の役割に注目し,消防団の配置に焦点を当て 分析した.現状の消防団の配置は,焼損の危険性が高い住宅密集地域において も,そうでない地域においても,等しく同じ数だけの消防団員が配置されてお り,非効率性を招いている可能性がある.そこで本稿では,消防団員は住宅密 集地域においては,焼損棟数の減少に効果があるとの仮説をたて,消防団員が 焼損棟数に与える効果について実証分析を行い,住宅密集地域に手厚く消防団 員を配置すれば,焼損棟数の減少に効果があるという結果を得た.そして,消 防団員の配置方法は,住宅密度を勘案した算定基準に見直すべきであるという ことを提言とした.
さらに見せる

17 さらに読み込む

変革型リーダーシップの効果を規定する職場状況に関する実証研究 [ PDF

変革型リーダーシップの効果を規定する職場状況に関する実証研究 [ PDF

(3)個別配慮の効果について 変革型リーダーシップ の「個別配慮」特性が, 「人間関係」に関する満足度に正 の影響( β =.21, p <.05)を与えており,仮説3は部分的 に支持された。リーダーは,メンバーの仕事をサポート したり,メンバーシップの感覚を高めることで,メンバ ーの人間関係に関する満足度を高めることが示された。 2.変革型リーダーシップがストレス及び満足度に及ぼ す影響に対する LMX の調整効果について
さらに見せる

4 さらに読み込む

Powered by TCPDF ( Title 組織のスラック探索に関する包括的モデルの構築と実証研究 Sub Title On the comprehensive model of organizational slack search Author 三橋, 平 (M

Powered by TCPDF ( Title 組織のスラック探索に関する包括的モデルの構築と実証研究 Sub Title On the comprehensive model of organizational slack search Author 三橋, 平 (M

4.研究成果 (1)ネットワーク上のパートナー選択には、 強い経路依存性が発生していることが知ら れている。しかし、組織は、実際には、リモ ートなネットワーク・パートナーを選択する、 ノン・ローカルなネットワーク・パートナー と関係性を構築している。本研究では、①紐 帯を築こうとする組織のパフォーマンスと 目標値の乖離、特に、社会的比較によって形 成された目標値との乖離が大きい時にスラ ック探索が発生する、②潜在的パートナーの 保有する資源が視覚可能であるときには、資 源のマッチング、具体的には、市場の補完性 と資源の互換性によって、リモート・アクセ スが発生している、③ネットワークが作り出 す共起性の構造によって、未知なるパートナ ーが発する不確実性を削減することが可能 となる。そのため、共起性の高い未知のパー トナーとの新しい関係性の構築されること が明らかになった。
さらに見せる

5 さらに読み込む

R による心理学研究法入門 5 章教育測定に関する実証研究 2015/07/15( ) D1 D1 1

R による心理学研究法入門 5 章教育測定に関する実証研究 2015/07/15( ) D1 D1 1

•  4つの設問は要因が交絡しないように組み合わせ,8種類の問題冊子を作成(個々の 生徒にランダムに割り当て)   •  問題冊子間で受検者の国語能力にも差なし   <本研究で取り上げる設問の操作>

108 さらに読み込む

PETの予防医学的利用における撮影法、診断法の標準化に関する実証研究-1

PETの予防医学的利用における撮影法、診断法の標準化に関する実証研究-1

PET 性能評価を行うためには一定の RI 量が必要であること、一度希釈してしまった RI は濃度を高くするこ とができない等の理由である。 3.3.2 測定基準の見直し 測定基準も PET 性能を正しく評価するという意味で非常に重要である。本研究で目指しているところは、 1 日ないしは 2 日間で PET 性能評価と終えようとするものである。そのためには測定順に加え測定基準を見 直す必要が出てくる。測定基準を変更することでデータ収集時間を短くすることが可能となる。PET 性能評 価の基準はほとんどが全同時計数に対する真の同時計数の割合とデータを得るためのカウント数等で決定さ れている。
さらに見せる

16 さらに読み込む

組織成長のマネジメント・コントロールへの影響に関する実証研究

組織成長のマネジメント・コントロールへの影響に関する実証研究

そこで,本研究では長期にわたる組織成長を議 論の対象とし,組織成長を規定する要因である組 織規模(Greiner, 1972)に着目し,組織規模とマ ネジメント・コントロールの関係を検討する。こ れまでも組織規模とマネジメント・コントロール の関係は広く議論され,組織規模の拡大が直接的 にマネジメント・コントロールの高度化・洗練化 を 及 ぼ す こ と が 指 摘 さ れ て き た(Hoque and James, 2000;朴・浅田,2003;吉田・妹尾,2010; など)。他方で,組織規模の拡大は,組織構造,意 思決定スタイルなど,マネジメント・コントロー ルに影響を与える組織コンテクストを形成・変化 させることが指摘されてきたが(今口 , 1993; Chenhall, 2007)このような組織成長とマネジメ ント・コントロールの間接的関係を考慮した研究 は少ない。そのため,組織規模の拡大が組織コン テクストを介してマネジメント・コントロールに 影響を及ぼすという関係性も考慮する必要があ る。
さらに見せる

11 さらに読み込む

RIETI - 取引関係と資本関係が企業の研究開発に与える影響に関する実証分析

RIETI - 取引関係と資本関係が企業の研究開発に与える影響に関する実証分析

れている.しかしながら,わが国においては後藤他( 1997)や岡室(2005)において,中 小企業やその中でもスタートアップ期の企業についてこれらの流動性制約がバインドして いないようである,と報告をしており,統一的な結論には至っていないと考えられる. このように,伝統的には研究開発投資に与える影響としてシュムペーター仮説(規模・市 場独占力)や技術機会・専有可能性といった産業特性,またはキャッシュフローについての 分析が行われてきた.最近の研究では,これらのほかに空間的関係を考慮に入れたものがあ る.これらの研究で注目しているのは技術機会にも似た概念ではあるが,特に大学との関係 で,企業立地について大学へのアクセスの良さが自社の研究開発行動に正の影響を与えて
さらに見せる

24 さらに読み込む

第2章マウスを用いた動物モデルに関する研究

第2章マウスを用いた動物モデルに関する研究

(2)研究目的 平成 15 年度の課題は、『低濃度ホルムアルデヒド曝露による海馬シナプスにおける LTP 低下に生物学的因子たとえばアレルゲン投与などが影響するかどうかを解明するために、 アレルギーモデルマウス海馬の LTP について検討する 』 であった。MCS 患者にアレルギー 既往が多いという疫学研究報告がある。われわれは、海馬のシナプス伝達効率に対して、 FA への反復曝露が影響を及ぼすか、さらに、影響が存在すると仮定して、その影響の発現 に 免疫学的メカニズムがどの程度関わるのかを知るために、FA 負荷と免疫学的感作との 組合せ実験を実施した。また、MCS 患者では種々の不定愁訴に加えて不安情動の亢進が報 告されている。FA への反復曝露が情動・学習行動に影響を及ぼすのかどうか知るために 種々の行動試験を実施した。
さらに見せる

7 さらに読み込む

「看護系大学におけるモデル・コア・カリキュラム導入に関する調査研究」

「看護系大学におけるモデル・コア・カリキュラム導入に関する調査研究」

⑥ 「ジェネラリスト・ナースの国際能力基準フレームワーク」(ICN) 2) 日本看護系大学協議会会員校への研究プロジェクト参加募集と決定 日本看護系大学協議会臨時総会にて、本研究プロジェクトへの参加の呼びかけを行った(平成 22 年1月)。 その結果、資料1に示す 51 校より参加希望があり、この 51 校に対して協力を呼びかけていくこととした(以 下協力校と称[r]

68 さらに読み込む

「看護系大学におけるモデル・コア・カリキュラム導入に関する調査研究」

「看護系大学におけるモデル・コア・カリキュラム導入に関する調査研究」

★「生命倫理」において、看護を実施する際の説明と同意の意義を伝えている。「基礎看護技術Ⅰ」の演習時の デモンストレーションでは、専門用語を対象者に理解しやすい言葉にして学生に見せている。学生同士による演 習でも、安易に専門用語で患者役に説明していたら、その都度、設定した患者の状況に合わせた説明の仕方を考 えさせている。対象者の尊厳と権利を擁護するための方法としての説明の意義を理解していると考える。看護技 術演習においても常に患者役に説明と同意を行いプライバシーへ配慮することを基盤としており、演習の最終日 には、家族も含めた看護援助技術の事例発表会を持ち学生間で批判的に評価し合っている。 「基礎実習Ⅱ」では、 これらについて実践を通して学び、患者の権利・意思決定への援助、医療チームの一員として行動出来るよう教 えている。 「看護臨床論Ⅱ」、「老年看護援助論」「成人看護学実習Ⅰ」、「成人看護学実習Ⅱ」、「老年看護学実 習」などでは、実習初日に受持ち患者に同意書の記入をもらい実習を開始している。同意書には、学生が行う全 てのケア前には、患者の同意を得て行う事が明記されており、また実習前の看護技術チェックでも、実施前の同 意の確認、安全なケア環境の提供などに関しては、必ず教員が指導を行い学生自身が意識的に行動できるような 教育を行っている。「小児看護援助論Ⅰ」では、子どもや親が主体的に医療に参加できるように介入するプリパ レーション(心理的準備)の概念、ならびにそれを用いた子どもへの介入を教授している。その中では、子ども や親が治療、処置、行うケアについて、何が起こっているのかを理解することを助けることはとても重要である ことを教授している。そのためには、看護する場合には説明と同意が必要であり、子どもの場合は年齢が低くて も子どもの認知に合わせた説明を行って可能な限り子どもが納得した上で、ケアを行うことが大切であることを 教授している。さらに、演習の際にはモデル人形であっても、名前をつけて説明をしてから行うような方法をと っている。「母性看護援助論Ⅰ」「母性看護援助論Ⅱ」において、対象の健康をヘルスアセスメントする看護(看 護援助技術)および促進する看護(看護援助技術)を講義および演習で教授している。「母性看護学実習」では受 け持ち対象者に実施する看護についての説明を指導者および教員が確認し、対象に学生が説明し、対象の同意を 得て実施している。 「地域看護活動論Ⅱ」では、発達段階別さらに疾患別の援助方法を教授している。保健師は、 法的根拠に基づきそれぞれの対象あるいは疾患別に看護を展開するため、その際の介入方法、援助の種類、人々 の意思決定を促す支援する方法について講義を行っており、実施する看護について説明し同意を得る能力の育成 は図られていると考える。「地域看護活動論Ⅰ」「地域看護活動論Ⅲ」の講義において、対象者の意思の確認と尊 重に関する内容を盛り込んだ講義を行っている。各科目の演習においては事例や状況を設定し、実践する際のチ ェック項目として「対象者への同意」を示し、学生が意識して演習できるようにしている。「看護研究Ⅰ」では 看護者として、研究者として、人々の尊厳と権利を擁護しながら、研究を行う方法について教授している。特に 研究のプロセスを通して生じる倫理的課題とそれに対する配慮について理解し、説明と同意を得る具体的な手続 きがとれるように教授している。
さらに見せる

31 さらに読み込む

学生と地域の連携による空き家活用に関する実証的研究―糸島空き家プロジェクトを通して― [ PDF

学生と地域の連携による空き家活用に関する実証的研究―糸島空き家プロジェクトを通して― [ PDF

①木造賃貸住宅ワークショップ ②入居待機者リストの作成 ②地区分析ワークショップ ③空き家家主との交渉 分析 ③不動産戦略ワークショップ ①研究会でのモデル設計 ④荷物の搬出・掃除 ①既往学生アンケート調査 物件選定 ①まちづくり委員会による物件探し ④物件決定 ②物件決定 ⑤地域イベントでの実験的活用 ②JA糸島による物件紹介

4 さらに読み込む

粗大ごみの有料化に関する実証分析 研究誌「会計検査研究」 | 会計検査に関する調査研究 | 外部との交流活動 | 会計検査院 Board of Audit of Japan

粗大ごみの有料化に関する実証分析 研究誌「会計検査研究」 | 会計検査に関する調査研究 | 外部との交流活動 | 会計検査院 Board of Audit of Japan

出量(対数) ,地域ごとの特性をコントロールするための制御変数として昼間人口比率,平均世帯人員,一 人当たり所得を用いる。排出手数料(対数)と有料化導入時期については各市町村のホームページを参照 し,公表されていない場合,各市町村の窓口に電話確認を行った。粗大ごみ排出手数料は品目ごと,サイ ズごと,依頼件数ごとなど,それぞれの市町村で異なっており,また品目の区分やサイズの測り方に関し ても様々である。そのため手数料の体系をグループ分けするのは困難である。そこで排出手数料の指標に は任意の 3 種類の家具(シングルベッド,2 人掛けソファ,たんすの合計 84 ㎏相当)を捨てることを想定 しその際にかかる費用を 1 ㎏当たりに計算しなおした手数料を主な指標とした(モデル 1~4)。粗大ごみ の回収価格は品目や大きさによってばらつきがあり,品目の分け方や大きさの測り方とそれに伴う価格の 決まり方なども市町村によって大きく異なるため手数料価格を単一の指標として捉えるのが難しいが,任
さらに見せる

16 さらに読み込む

地域機能性素材を活用した食品開発促進システム 実証モデル事業

地域機能性素材を活用した食品開発促進システム 実証モデル事業

会員企業の商品開発・販路開拓の支援ならびに29年6月にスタートした「四国健康支援食品制 度」の普及広報などを目的として、食品分野の研究・開発、品質保証、製造技術者向けての専門 展示会である「食品開発展」 に、下記4社とともに出展した。 内 容

16 さらに読み込む

RIETI - 社会保険料負担は企業の投資を抑制したのか? -個票データを用いた設備・研究開発・対外直接投資の実証分析-

RIETI - 社会保険料負担は企業の投資を抑制したのか? -個票データを用いた設備・研究開発・対外直接投資の実証分析-

4.4  ディスカッション  本小節では、推定された結果から、(1)企業の投資行動と、(2)労働コストにおける社会保 険料負担の特性、(3)企業行動へのインパクトという 3 つの観点から議論を行う。  1 点目の企業の投資行動に関してだが、推定結果より、社会保険料の事業主負担の変動 は、設備投資には影響を与える可能性が高いものの、研究開発投資には影響を与えていな い事が示唆された。また、対外直接投資については、海外直接投資を行うかどうかの意思 決定には影響を与えていないが、既に対外直接投資を行っている企業に対しては限界的に 影響を与えている事が確認された。国内における設備投資と海外における直接投資が、主 として生産工程のポートフォリオを決定するものなのであれば、社会保険料負担の変動は そうした生産工程の立地選択に影響を与えているが、研究開発工程の立地選択には影響を 与えていないと結論付けられる。また、設備投資関数の推定において社会保険料負担の係 数が一部で有意になっていない事や、海外直接投資を行うかどうかの意思決定に対しては 社会保険料負担が影響を与えていない事も踏まえると、社会保険料負担は企業の投資行動 に影響を与える数多くあるファクターのひとつに過ぎないものと考えられる。 
さらに見せる

25 さらに読み込む

博物館における「負の記憶」の展示表象とその成立プロセスに関する実証的研究(金子 淳)

博物館における「負の記憶」の展示表象とその成立プロセスに関する実証的研究(金子 淳)

これらの調査の成果は、 「歴史系博物館にお ける『未来』の表象」としてまとめ発表した が、そこで課題として浮かび上がってきたの が、未来を構想していくための現実的な「選 択」の問題であった。 「現在」は、過去におけ る具体的な選択の無数の積み重ねによって成 立するものであり、同様に、 「未来」も現在か ら先の具体的な選択の集積である。したがっ て、 「未来」に向けての現実的な 、、、、 選択肢は、七 夕の願い事的な単なる「希望」ではなく 、、、、 、リ アルで切実で時には苦痛を伴う、われわれ自 身の「選択」の問題である。これまでの研究 成果を踏まえれば、展示においてこれからの 社会を構想していくための無数の現実的な選 択肢を具体的に考える場にすることが重要で あり、そのような苦痛すら伴う未来への具体 的な選択を、どのようにして「実践」や「行 動」につなげていけるのか、と問い続けるこ とこそ、社会的で公共的な性質をもつ展示と いうメディアが担うべき重要な課題であるこ とが改めて浮き彫りとなった。
さらに見せる

5 さらに読み込む

ディーゼル乗用車における実路走行時NOx排出予測モデルに関する研究

ディーゼル乗用車における実路走行時NOx排出予測モデルに関する研究

- 72 - NOx の選択還元反応を用いる尿素選択還元触媒(Urea SCR:Selective Catalyst Reduction)の二 つがディーゼル乗用車に採用されている.本研究では,そのうち NSC を装備した最新排出ガス規 制に適合した車両を対象に,エンジン情報を使用することなしに,簡易的かつ効率的に NOx 排出 量を予測した.3 章の予測手法を用いて触媒前,つまりエンジン出口での NOx 排出量を予測する ことを試みる.本章で用いた車両のエンジンは仕様も制御も 3 章で用いたものとは異なることから, 3 章にて構築したモデルの一般性を検証することになる.NSC の浄化率については,触媒の性能, 容量,温度およびその制御方法によって変化するため,エンジン出口での排出予測に適用した NOx 予測手法をそのまま適用しても,触媒を通過した後のテールパイプにおける瞬時 NOx 排出量 を予測することは困難である.そこで,シャシダイナモ実験結果を活用することで,一般的に適用可 能な手法を提案した.構築された NOx 予測排出モデルについて,モデル作成時とは別ルートにお いてエンジンおよびテールパイプ出口での NOx 排出量の検証を行い,NSC 車両においえる実走 行時の NOx 排出予測に重要な因子について明らかにする.
さらに見せる

136 さらに読み込む

乳幼児期の子どもを持つ親の生活課題と子育てネットワーク形成に関する実証的研究 [ PDF

乳幼児期の子どもを持つ親の生活課題と子育てネットワーク形成に関する実証的研究 [ PDF

どんな悩みや不安を抱えた人も参加できるような活動の 間口を広げた問題提起である。会報や活動内容を、わか りやすく柔らかく広くしていくことによって、誰もが参 画しやすい工夫があった。2つに、疎外感の解放を試み る実践である。疎外感を味わっていた人に、許容、受容、 うなずく関係を創っていったことによって、居心地のい い地域の居場所をつくっていた。3つに、生活課題を認 識する話し合い学習の場の設定である。虐待や問題行動 を起こす親たちは、自身の生活感のズレを認識出来てい ないことが一番の問題であったが、それらの親を含む多 様な親が関わることを可能にさせる工夫がなされていた。 4つに、当事者だけでなく、大学、行政、文化活動など の教育や文化の領域からのアプローチがある。それらの 領域とネットワークを図ることによって、より幅広く多 様な親たちを巻き込む仕組みが形成されていた。ここで は、誰もが参加しやすい“遊び”や“文化”を大切にす る活動によって、自由な交流や出会いの場をつくり、当 事者が主体的にモデルを手本とした課題を認識し、徐々 に学習活動に参加できる筋道を創っているのであった。
さらに見せる

4 さらに読み込む

分布型洪水予測モデルのパラメータ同定及びフィードバック手法に関する研究

分布型洪水予測モデルのパラメータ同定及びフィードバック手法に関する研究

図-3 フィードバック手法の概念図 5.洪水予測モデルの精度向上効果 (1) 検証対象洪水及び使用した雨量データ 実用性の高い洪水予測モデルを構築するためには、パ ラメータを同定する検証対象洪水の選定が重要となる。 本研究では、洪水予報発表の的確な判断に必要となる 「はん濫注意水位」を超過した洪水を選定した。また、 入力条件とするレーダ雨量精度の観測精度の検証を行い、 筑後川流域において比較的観測精度の高い1kmメッシュ の気象庁レーダアメダス解析雨量が整備される平成18年 以降に発生した洪水(平成22年まで)を抽出し、合計12 洪水を検証対象洪水として選定した。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Jリーグクラブにおけるトリプルミッションモデルの定量的分析に関する研究

Jリーグクラブにおけるトリプルミッションモデルの定量的分析に関する研究

6 降格することが決まり、 J2 への降格を経験していないクラブは鹿島アントラーズ、横浜 F・ マリノス、名古屋グランパスの 3 クラブしか存在しない。このように、ほとんどのクラブが J1・J2 を経験していることから、 『勝利ⅱ』のようなディビジョン別の変数を考慮すること は妥当ではないと考える。また、 『勝利ⅲ』であるが、浦嶋(2007)には「勝ち点には順位で は反映されないクラブの競技力を示すことが可能である。」と記述されている。しかし、 2015 年度の J リーグを例に一試合あたりの獲得勝ち点をみると、J1 を制した浦和レッズが 2.41、 J2 を制した大宮アルディージャが 2.05 である。大宮アルディージャの値は、J1 において 第 2 位を獲得した FC 東京の 2.05 に匹敵する。このように数値のみで捉えると、J1 と J2 の戦力均衡を考慮していないことになるため、J1 と J2 の勝ち点を同等に考えることは妥 当ではないと考える。このため、本研究では、『勝利ⅰ』を「勝利」の変数として用いる。 次に、 「普及」における変数について検証する。浦嶋(2007)ではホームおよびアウェイの 平均観客数を用いているが、この値はスタジアムの収容人数の多いクラブの観客数が多く なるといったように公平性を欠いていると考え、各試合の稼働率の年間平均を用いること とする。このため、本研究では『普及ⅰ』をアウェイ年間平均稼働率、 『普及ⅱ』をホーム 年間平均稼働率とし、「普及」の変数として用いる。
さらに見せる

25 さらに読み込む

Show all 10000 documents...