所得税法上非課税とされる通勤手当等

Top PDF 所得税法上非課税とされる通勤手当等:

韓国の所得税法上の課税対象所得は 列挙主義に基づいて所得税法に列挙され ている所得に限定される点に特徴があり 日本の所得税法と類似している 所得税法 上 列挙されている所得の種類は 次の通りである 利息所得 配当所得 総合所得 事業所得 勤労所得 所 得 年金所得その他所得 退職所得 譲渡所得 所得

韓国の所得税法上の課税対象所得は 列挙主義に基づいて所得税法に列挙され ている所得に限定される点に特徴があり 日本の所得税法と類似している 所得税法 上 列挙されている所得の種類は 次の通りである 利息所得 配当所得 総合所得 事業所得 勤労所得 所 得 年金所得その他所得 退職所得 譲渡所得 所得

 勤労者退職給与保障法又は科学技術人共済会法による勤労者負担金(ただし、年 金貯蓄振込額の合計が年400万ウォンを超過する場合、その超過する金額はない ものする) 年金所得のある居住者が住宅担保老後年金を受けた場合は、その年金に対して該 当課税期間に発生した支払利息相当額を年金所得金額から控除する。控除する利息 相当額が 200 万ウォンを超過する場合は 200 万ウォンを控除し、年金所得金額を超過 する場合はその超過金額はないものする。
さらに見せる

14 さらに読み込む

償却資産とは 償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない者が所有するものを含む ) をいいます ( 地方税法第

償却資産とは 償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない者が所有するものを含む ) をいいます ( 地方税法第

 該当する方を○で囲んでくだ さい。  経理を委託してある税理士 の氏名及び電話番号を記載して ください。  リースで借用れている資 産がある場合、有を○で囲み、 借用先を記載してください。  事業を営んでいる所の家屋に ついて該当する方を○で囲んで ください。 該当する番号を○で囲んでください。 ・前年中に資産の増減がない場合→1 ・償却資産を所有していない場合→2 ・廃業→3  備考欄への記載事項 ① 添付書類がある場合は、その 名称 ② 所有者の住所、氏名に変更 があった場合は、その年月日 及び事由 ③ その他、この申告に必要な事 項
さらに見せる

16 さらに読み込む

青山ビジネスローレビュー 1. 問題の所在 2. 損害賠償金等を巡る所得税法の構造 3. 所得税法 36 条との関係 4. 損害賠償金の取扱いの変遷 5. 損害賠償金の趣旨を巡る判例 6. 小括第 3 章遅延損害金の非課税性と所得区分第 1 節問題の所在第 2 節判例第 3 節判例の検討 1. 所得

青山ビジネスローレビュー 1. 問題の所在 2. 損害賠償金等を巡る所得税法の構造 3. 所得税法 36 条との関係 4. 損害賠償金の取扱いの変遷 5. 損害賠償金の趣旨を巡る判例 6. 小括第 3 章遅延損害金の非課税性と所得区分第 1 節問題の所在第 2 節判例第 3 節判例の検討 1. 所得

42) 私見であるが、この判決における補償金非課税なる理由に関しては、疑問を持っている。補 償金は金銭を伴う損害賠償金であり、まず、その金銭の入金は所得認識したうえで、所得税法 9 条に該当するかを判断するように所得税の法文規定れているはずである。すなわち、人的損害は 課税するのが酷である場合に限って、また、物的損害については損害の回復部分についてのみ、非課 税の適用を受けるのであって、補償金が損害を補填する性格を有していることのみをもって、所得 税の課税対象外なる規定れているわけではないからである。しかしながら、補償金の性格を 理由に、この判決同様に「損害の賠償であって利益をもたらさない」説明れることも多い。た とえば「…以上のことから、心身に対する損害に対する賠償金はそれを受け取ることによって、確か に資産は増加するかもしれないが、それは損害の賠償であって利益をもたらすものではないため、課 税対象ではないということができる。」するのがその例である(奥谷健/中村芳昭・三木義一編著 『演習ノート 租税法』(法学書院、2007 年)57 頁)。
さらに見せる

26 さらに読み込む

非課税上場株式等管理に関する約款 第 1 条 ( 約款の趣旨 ) この約款は お客さまが租税特別措置法第 9 条の8に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得の非課税および租税特別措置法第 37 条の14に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税の特例 ( 以下 非課税

非課税上場株式等管理に関する約款 第 1 条 ( 約款の趣旨 ) この約款は お客さまが租税特別措置法第 9 条の8に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得の非課税および租税特別措置法第 37 条の14に規定する非課税口座内の少額上場株式等に係る譲渡所得等の非課税の特例 ( 以下 非課税

非課税上場株式管理に関する約款 第1条(約款の趣旨) この約款は、お客さまが租税特別措置法第9条の8に規定する非課税口座内の少額上場 株式に係る配当所得非課税および租税特別措置法第37条の14に規定する非課税口 座内の少額上場株式に係る譲渡所得非課税の特例(以下、「非課税口座に係る 非課税の特例」いいます。)の適用を受けるために、株式会社ジャパンネット銀行 (以下、「当社」いいます。)に開設れた非課税口座について、租税特別措置法第 37条の14第5項第2号に規定する要件および当社の権利義務関係を明確にするための 取り決めです。
さらに見せる

5 さらに読み込む

理事 役員報酬基準は 法人の長と同様である 役員給与規則に則り 本給 地域手当 ( 本給の 20%) 通勤手当及び期末特別手当から構成されている 期末特別手当については 役員給与規則に則り 期末特別手当基準額 ( 本給 + 地域手当 +{( 本給 + 地域手当 ) 100 分の 20}+ 本給 10

理事 役員報酬基準は 法人の長と同様である 役員給与規則に則り 本給 地域手当 ( 本給の 20%) 通勤手当及び期末特別手当から構成されている 期末特別手当については 役員給与規則に則り 期末特別手当基準額 ( 本給 + 地域手当 +{( 本給 + 地域手当 ) 100 分の 20}+ 本給 10

(非常勤) 当センターの理事長は、法人全体の業務を総括する高いマネジメント能力リー ダーシップに加え、当センターが入学者選抜に関する調査及び研究の中核拠点 しての役割を果たすために、入学者選抜方法の改善に資する調査・研究を進める など、高度な専門性が求められる。理事長の報酬月額は、法人化移行前の国家公 務員指定職俸給表の俸給月額を踏まえて決定しているが、昭和52年5月の設立 以来、試験方式の改善を行いながら、一環して大学入学者選抜に携わってお り、理事長の職務の特性は、法人化移行前同等以上の職責である言える。ま た、平成28年度の国家公務員指定職(事務次官)の年間報酬額は23,175千円、 文部科学省所管の他独立行政法人の長の年間報酬額は、約18,000千円~ 21,500千円であり、公表対象年度の役員報酬規程を勘案する同程度の水準であ ることから、報酬水準は妥当である考える。
さらに見せる

10 さらに読み込む

租税特別措置法等 ( 金融 証券税制関係 ) の改正 二十九支払調書等の改正 170 第二非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の改正等 176 一非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の改正 176 二上場株式等に係る配当等及び譲渡所得等

租税特別措置法等 ( 金融 証券税制関係 ) の改正 二十九支払調書等の改正 170 第二非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の改正等 176 一非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の改正 176 二上場株式等に係る配当等及び譲渡所得等

締結した際又はその締結の日から同年12月31日 までの間に、その金融機関の営業所の長(そ の保管の委託が保管の委託の取次ぎに関する契 約に係るものである場合には、その契約に基づ きその特定公社債の保管の委託の取次ぎをし た投資信託委託会社の営業所の長。以下同じ です。)に対して上記 1 ⑴①又は③の告知に相 当する告知をしている場合(その金融機関の営 業所の長がその告知れた事項、保管の委託 を受けた年月日の記載又は記録をした帳簿を 備えている場合に限ります。)には、その保管 の委託に係る契約はその告知をした日に締結 れたもの、その告知をしたことはその締結の 際に上記 1 ⑵②の包括告知書の提出があったこ 、その帳簿は所得税法施行令第339条第 6 項の顧客の氏名・住所を記載した帳簿それ ぞれみなして、同条第 3 項の規定による包括告 知書が提出れているもの取り扱い、平成28 年 1 月 1 日以後にその保管の委託に係る契約に 基づき保管の委託がれている無記名の特定公 社債の利子の支払を受ける際には、告知書 の提出を要しないことれました( 5 月改正 所令附則 7 ②)。
さらに見せる

117 さらに読み込む

1. 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が 法人税法又は所得税法上の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるものをいいます ただし その取得価額が小額である資産や特許権 ソフトウェア等の無形資産

1. 償却資産とは 固定資産税における償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が 法人税法又は所得税法上の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるものをいいます ただし その取得価額が小額である資産や特許権 ソフトウェア等の無形資産

 毎年1月1日に所有する償却資産について、その年の1月31日(土曜日又は日曜日に当たる場合 は翌月曜日)までに申告をお願いします。  やむを得ず申告期限までに申告書を提出することができない場合は、事前にご連絡ください。申告書の控え に受付印が必要な方は、切手を貼り付けた返信用封筒控えの同封をお願いします。封筒又は控えが同封 れていない場合は、ご返信いたしかねますのでご了承願います。

8 さらに読み込む

用語の意義 この FAQ において使用している法令の省略名称と正式名称は 次のとおりです 省略名称 正式名称 実特法 租税条約等の実施に伴う所得税法 法人税法及び地方税法 の特例等に関する法律 ( 昭和 44 年法律第 46 号 ) をいいます 租税条約等の実施に伴う所得税法 法人税法及び地方税法

用語の意義 この FAQ において使用している法令の省略名称と正式名称は 次のとおりです 省略名称 正式名称 実特法 租税条約等の実施に伴う所得税法 法人税法及び地方税法 の特例等に関する法律 ( 昭和 44 年法律第 46 号 ) をいいます 租税条約等の実施に伴う所得税法 法人税法及び地方税法

2 Q2 租税条約に基づく税務当局間の情報交換の概要について教えてください。 (答) ○ 経済取引のグローバル化が進展する中で、国境を越える取引が恒常的に行われ、資産 の保有・運用の形態も国際化・複雑化・多様化しています。こうした中で租税の賦課徴 収を確実に行うためには、国内で入手できる情報だけではなく、国外にある情報を適切 に入手することが重要なっています。しかしながら、国外にある情報の入手は外国の 主権(執行管轄権)により制約を受けます。このため、わが国を含め、各国の税務当局 は租税条約に基づき租税に関する情報を互いに提供する仕組み(情報交換)を設け、 国際的な脱税及び租税回避に対処しています。わが国は、2018 年(平成 30 年)6月 30 日現在、70 の租税条約を締結し、123 か国・地域に適用れていますが、全ての租税 条約に情報交換に関する規定が定められています。
さらに見せる

48 さらに読み込む

税法実務コース 所得税 学習スケジュール 回数 学 習 テ ー マ 内 容 第 1 章 テーマ1 所得税の仕組みテーマ2 所得税額の計算テーマ3 非課税所得 所得税の仕組み 税額計算 所得税が課税されないものについて学習します テーマ1 各種所得金額の計算の概要テーマ2 利子所得テーマ3 配当所得

税法実務コース 所得税 学習スケジュール 回数 学 習 テ ー マ 内 容 第 1 章 テーマ1 所得税の仕組みテーマ2 所得税額の計算テーマ3 非課税所得 所得税の仕組み 税額計算 所得税が課税されないものについて学習します テーマ1 各種所得金額の計算の概要テーマ2 利子所得テーマ3 配当所得

小規模企業共済掛金控除 居住者が小規模企業共済の掛金を支払った場合 生 命 保 険 料 控 除 居住者が生命保険料を支払った場合 地 震 保 険 料 控 除 居住者が地震保険料を支払った場合 寄 附 金 控 除 居住者が特定寄付金を支払った場合 障 害 者 控 除 居住者又はその親族が障害者の場合 寡 婦 ( 寡 夫 ) 控 除 居住者が寡婦又は寡夫の場合 勤 労 学 生 控 除 居住者が勤労学生である場合

11 さらに読み込む

Ⅰ. 償却資産とは 償却資産の概要. 償却資産とは固定資産税における償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が

Ⅰ. 償却資産とは 償却資産の概要. 償却資産とは固定資産税における償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が

※2.評価額は耐用年数(上記例では 4 年)を過ぎても、取得価額の100分の 5 になるまでは 減価し続け、その資産が事業の用に供れている限り、取得価額の100分の5で引き続 き評価れます。 ※ 取得価額は、償却資産を取得するために通常支出すべき金額(当該償却資産の引取運賃、荷役費、運送保険料、購 入手数料、関税、据付費その他当該償却資産をその用途に供するために直接要した費用を含む)をいいます。 ※ 消費税の取扱いについては、国税の取扱いに準じます。法人税又は所得税において税込経理方式をとっている場合は
さらに見せる

11 さらに読み込む

1. 償却資産について 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償 却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要経費に算入されるもの ( 法人税 又は所得税が課されない者が所有するものを含む ) をいいます 償却資産の

1. 償却資産について 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償 却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要経費に算入されるもの ( 法人税 又は所得税が課されない者が所有するものを含む ) をいいます 償却資産の

⑧ 増加事由 資産が増加したことについて、該当する番号を○で囲んでください。 (「1 新品取得」、「2 中古品取得」、「3 移動による受入れ」、「4 その他」) ⑨ 摘要 当該資産について、次のような事項を記入してください。 ア)非課税・特例に該当する資産について、その適用条項 イ)短縮耐用年数を適用している資産について、その旨の表示 ウ)増加償却を行っている資産について、その旨の表示 エ)その他当該資産の価格の決定に当たって必要な事項 オ)申告漏れ資産について、その旨の表示
さらに見せる

15 さらに読み込む

第 1 部償却資産とは 1. 償却資産とは 償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が所有されているものを含

第 1 部償却資産とは 1. 償却資産とは 償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が所有されているものを含

 課税(納税通知書の内容)に不服がある場合は、納税通知書の交付を受けた日の翌日から起算 して3か月以内に、文書で三田市長に審査請求ができます。ただし、価格の審査申出事項は除きます。 ⑤課税台帳の閲覧  償却資産課税台帳に登録れた価格は、所有者、納税管理人及び代理人が閲覧できます。閲 覧は、価格を償却資産課税台帳に登録した旨を公示した日から可能なります。(本人であるこ を確認する免許証の公的書類が必要です。代理人が申請手続きを行う場合には、委任状代理 人自身の本人確認のできる公的書類が必要です。)
さらに見せる

20 さらに読み込む

第 部償却資産とは. 償却資産とは償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が所有されているものを含みます )

第 部償却資産とは. 償却資産とは償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税又は所得税を課されない方が所有されているものを含みます )

告は必要です)。 ④審査申出・審査請求    課税台帳に新たに登録れた価格に不服のある方は、課税台帳に価格を登録した旨を公示 した日から、納税通知書の交付を受けた日の翌日から起算して3か月以内に、三田市固定資産 評価審査委員会に対して文書で審査申出をすることができます。また、この審査申出に対する 決定を経た場合において、なお不服があるときは、当該決定に対してのみ取消の訴えを提起す ることができます。
さらに見せる

20 さらに読み込む

1 償却資産の概要 1 償却資産とは固定資産税における償却資産とは 土地および家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金または必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税または所得税を課されない法人ま

1 償却資産の概要 1 償却資産とは固定資産税における償却資産とは 土地および家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額または減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金または必要な経費に算入されるもの ( これに類する資産で法人税または所得税を課されない法人ま

⑮【所有者の氏名】 ⑯【ページ数】 ⑧【耐用年数】 該当資産の取得価額を記入してください。取得価額は、償却資産を取得から その用途で使えるようにするまでに要したすべての金額を含みます。その資 産にかかった金額(荷役費や購入手数料など)事業に使用するためにかか った金額(据付費や工事費など)の全額を取得価額として申告してください。 消費税は、税込経理方式を選択れている場合は取得価額に含めてください。 圧縮記帳を行っている場合は、圧縮前の取得価額を記載してください。
さらに見せる

10 さらに読み込む

1 償却資産とは ( 地方税法第 341 条第 4 号 ) 固定資産税における償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要経費に算入されるものが該当します ( これに類する資産で法人税又は

1 償却資産とは ( 地方税法第 341 条第 4 号 ) 固定資産税における償却資産とは 土地及び家屋以外の事業の用に供することができる資産で その減価償却額又は減価償却費が法人税法又は所得税法の規定による所得の計算上 損金又は必要経費に算入されるものが該当します ( これに類する資産で法人税又は

 固定資産課税台帳は、4月1日から所有者の閲覧に供する予定です。 5 実地調査のお願い  地方税法第 408 条の規定に基づき、固定資産の評価・課税が適正かを確認するために実地調査を 行うことがありますので、その際にはご協力をお願いします。なお、実地調査により追加申告  (現年度だけでなく過年度に遡る場合もあります)をお願いすることがありますので、あらかじ めご承知ください。

10 さらに読み込む

1. 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業用資産で その減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金または経費に算入されるものです 具体的には 商店や工場を経営されている方や 不動産賃貸業を営まれている方などが その事業で使用する資産のことをいいます ただし 無形減価

1. 償却資産とは 償却資産とは 土地 家屋以外の事業用資産で その減価償却費が法人税法または所得税法の規定による所得の計算上 損金または経費に算入されるものです 具体的には 商店や工場を経営されている方や 不動産賃貸業を営まれている方などが その事業で使用する資産のことをいいます ただし 無形減価

①前年中に取得れた償却資産 評価額 = 取得価額 × 減価残存率【A】 ②前年前に取得れた償却資産 評価額 = 前年度の評価額 × 減価残存率【B】 ※取得価額…原則として国税の取り扱い同様で、当該償却資産を取得するために要 した金額を言います。(通常必要な購入手数料、荷役費、関税、その他 当該償却資産を事業の用に供するために直接要した費用を含みます。) ※取得価額の5%を下回る場合は、取得価額の5%の額が評価額なります。
さらに見せる

12 さらに読み込む

例 1 一般的な例 算定基礎届の記載例 4 月 5 月 6 月の報酬と平均月額を計算 基本給や諸手当 その他報酬とされる手当をすべて計上します 支払基礎日数 基本給 家族手当 職能手当 通勤手当 残業手当 合計 4 月 30 日 250,000 11,000 10,000 7,500 12,900

例 1 一般的な例 算定基礎届の記載例 4 月 5 月 6 月の報酬と平均月額を計算 基本給や諸手当 その他報酬とされる手当をすべて計上します 支払基礎日数 基本給 家族手当 職能手当 通勤手当 残業手当 合計 4 月 30 日 250,000 11,000 10,000 7,500 12,900

→ 給与支払いの基礎なる出勤回数を支払基礎日数する。ただし、変形 労働時間制を導入している場合は、下記の③に準じて取り扱う。 ③夜勤勤務者が時給で給与の支払を受けている場合 → 各月の総労働時間をその事業所における所定労働時間で除して得られ た日数を支払基礎日数する。なお、勤務中に仮眠時間が設けられてい る場合、これを労働時間に含めるか否かは、その事業所の業務の実態、契 約内容、就業規則によって仮眠時間が給与支払いの対象なる時間に 含まれているかどうかを確認することで判断れたい。
さらに見せる

24 さらに読み込む

例 1 一般的な例 算定基礎届の記載例 4 月 5 月 6 月の報酬と平均月額を計算 基本給や諸手当 その他報酬とされる手当をすべて計上します 支払基礎日数 基本給 家族手当 職能手当 通勤手当 残業手当 合計 4 月 3 日 25, 11, 1, 7,5 12,9 291,4 5 月 31 日 2

例 1 一般的な例 算定基礎届の記載例 4 月 5 月 6 月の報酬と平均月額を計算 基本給や諸手当 その他報酬とされる手当をすべて計上します 支払基礎日数 基本給 家族手当 職能手当 通勤手当 残業手当 合計 4 月 3 日 25, 11, 1, 7,5 12,9 291,4 5 月 31 日 2

(答) 保険者算定の対象として差し支えない。この場合、4~6月の報酬から控除 れた差額調整分を計算に含まず、差額調整前の報酬額で定時決定を行う。 ○被保険者資格取得時の標準報酬月額の決定について (答) 被保険者資格を取得した際の標準報酬月額については、固定的賃金の算定誤 りがあった場合に訂正を行うことはできるが、残業代のような非固定的賃金に ついて、その見込みが当初の算定額より増減した場合は、訂正することはできな い。
さらに見せる

21 さらに読み込む

制度改正 ( 昨年と比べて変わった点 ) への対応 -2014/11/19 メンテナンス実施 - 非課税となる通勤手当の精算 本年 10 月 20 日施行の 通勤手当の非課税限度額引上げ ( ) について 本年 4 月以降に支給した通勤手当の非課税分差額を年末調整で精算する機能を [ 源泉徴収簿入力

制度改正 ( 昨年と比べて変わった点 ) への対応 -2014/11/19 メンテナンス実施 - 非課税となる通勤手当の精算 本年 10 月 20 日施行の 通勤手当の非課税限度額引上げ ( ) について 本年 4 月以降に支給した通勤手当の非課税分差額を年末調整で精算する機能を [ 源泉徴収簿入力

新年度データ作成を行った後も「年度切替」機能で前年分の給与メニューの操作は可能であるため、 平成 26 年度の年末調整処理を終える前に、新年度(27 年)の入力処理を進める事も可能です。 なお、年度切替で過去の給与データや社員データを修正することも可能ですが、それらの修正は新年度 のデータには反映れません。

24 さらに読み込む

⑵ 適用関係 改正後の非課税規定は 平成 28 年 1 月 1 日以後に支払われるべき通勤手当について適用 されます なお 次に掲げる通勤手当については 改正後の非課税規定は適用されません イ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われたもの ロ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われる

⑵ 適用関係 改正後の非課税規定は 平成 28 年 1 月 1 日以後に支払われるべき通勤手当について適用 されます なお 次に掲げる通勤手当については 改正後の非課税規定は適用されません イ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われたもの ロ平成 27 年 12 月 31 日以前に支払われる

(注) この改正の対象なる告知について、詳しくは国税庁ホームページのトップページ上段の をクリックしてご確認ください。 源泉所得税について、事実を隠蔽し、又は仮装したものに基づく納税の告知又は納税の告知 を受けることなくれた納付(以下「納税の告知いいます。)があった場合において、 その納税の告知があった日の前日から起算して5年前の日までの間に、源泉所得税について 重加算税を徴収れたことがあるときは、その納税の告知に基づき徴収れる重加算税の割 合(35%)に 10%加算する措置が講じられました。
さらに見せる

8 さらに読み込む

Show all 10000 documents...