成26年度阪神水道企業団水道事業損益計算書

Top PDF 成26年度阪神水道企業団水道事業損益計算書:

決算概要《PDF》 財政  阪神水道企業団

決算概要《PDF》 財政 阪神水道企業団

◆割賦負担金の状況(償還額・残高の推移) 割賦負担元利償還金は 805,004 千円で、前年度に比べて 2,906,411 千円減少しました。 日吉ダム建設事業割賦負担金の繰上償還を行い将来の支払利息の削減を図りました。 当年度末の割賦負担金残高は 3,210,378 千円で、前年度に比べて 681,025 千円減少し、ピ ーク時(平成 10 年度)の約7%の水準まで低下しました。

19 さらに読み込む

平成 27 年第 2 回 茨城県南水道企業団議会定例会会議録 平成 27 年 7 月 30 日 ( 木 ) 午後 1 時 31 分開会 議事日程 日程第 1. 会議録署名議員の指名 日程第 2. 会期決定の件 日程第 3. 議案第 1 号平成 26 年度茨城県南水道企業団水道事業会計決算の認定及び剰

平成 27 年第 2 回 茨城県南水道企業団議会定例会会議録 平成 27 年 7 月 30 日 ( 木 ) 午後 1 時 31 分開会 議事日程 日程第 1. 会議録署名議員の指名 日程第 2. 会期決定の件 日程第 3. 議案第 1 号平成 26 年度茨城県南水道企業団水道事業会計決算の認定及び剰

次に、県の浄水費引き下げについて、県の受水費算定前に県南広域用水の受水団体と一 緒に協議の中に入っていきたいと、前回定例会のほうで答弁しておりますが、その後の進 捗状況についてお答えいたします。 県南広域用水の受水団体は8団体ございますが、連名による県受水単価の引き下げ要望 を平成22年度から行っております。平成26年度は、当企業が事務調整の代表として、県 知事、企業局長宛てに要望を提出してまいりました。今年度も、引き続き値下げ要望を 行う予定で、今年度は、土浦市が代表で事務調整を行っているところでございます。昨日、 その受水8団体の会議がございましたが、その中で、当企業から提案を出しております。 提案の中身ですが、茨城県企業局は、平成26年3月に県南広域用水供給事業に係る料金
さらに見せる

31 さらに読み込む

平成 26 年度 会津若松市水道事業会計決算審査意見書 会津若松市監査委員

平成 26 年度 会津若松市水道事業会計決算審査意見書 会津若松市監査委員

返還金 0 - 3,600,380 0.3 △ 3,600,380 - 資本的支出 合計 1,609,893,462 100.0 1,327,297,723 100.0 282,595,739 121.3  資本的収入の決算額は656,683,226円で、予算額669,829,000円に対し98.0%の収入率であり、これに対 する資本的支出の決算額は1,609,893,462円で、予算額1,655,741,000円に対し97.2%の執行率となってい る。なお、資本的収入額が資本的支出額に対して不足する額953,210,236円は、当年度分消費税及び地方 消費税資本的収支調整額51,868,918円、過年度損益勘定留保資金737,329,999円、当年度損益勘定留 保資金164,011,319円で補てんしており、前年度との対比については次表のとおりである。 
さらに見せる

21 さらに読み込む

平成29年度 水道事業公営企業会計システム借上及び簡易水道事業公営企業会計システム借上に係る公募型プロポーザル実施要領

平成29年度 水道事業公営企業会計システム借上及び簡易水道事業公営企業会計システム借上に係る公募型プロポーザル実施要領

(ア ) 参加表明事業者からの提出書類を審査の上、平成29年9月29日(金)までに参加資 格がないと決定された者にのみ文書で通知します。 (イ ) 参加資格がないと決定された者は、参加資格がないとされた理由の説明を求めることが できます。 説明を求めるときは、 通知を受けた日の翌日から起算して7日以内に書面 (自 由様式)を持参して提出してください。回答は書面で行います。ただし、審査結果に対 する異議申し立てはできません。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成26年度 水道事業会計決算書 決算状況・経営比較分析表の公表について  松阪市ホームページ

平成26年度 水道事業会計決算書 決算状況・経営比較分析表の公表について 松阪市ホームページ

償   還   高 未償還残高 発行価額 利率 償還終期 機構債 H7.3.27 22,600,000 1,077,657 11,913,916 10,686,084 22,600,000 4.70 H35.3.20 機構債 H7.3.27 65,900,000 3,143,881 34,652,829 31,247,171 65,900,000 4.75 H35.3.20 機構債 H7.3.27 122,600,000 5,846,049 64,630,363 57,969,637 122,600,000 4.70 H35.3.20 機構債 H7.3.27 35,000,000 1,669,740 18,404,385 16,595,615 35,000,000 4.75 H35.3.20 政府債 H7.5.26 214,400,000 8,914,767 103,788,595 110,611,405 214,400,000 3.85 H37.3.25 政府債 H8.3.14 370,700,000 14,917,008 171,799,689 198,900,311 370,700,000 3.15 H38.3. 1 政府債 H8.3.14 95,300,000 3,834,882 44,166,470 51,133,530 95,300,000 3.15 H38.3. 1 政府債 H8.3.14 36,500,000 1,468,764 16,915,803 19,584,197 36,500,000 3.15 H38.3. 1 政府債 H8.3.14 16,300,000 655,913 7,554,181 8,745,819 16,300,000 3.15 H38.3. 1 機構債 H8.3.22 22,000,000 997,268 11,418,103 10,581,897 22,000,000 3.25 H36.3.20 機構債 H8.3.22 65,900,000 2,986,382 34,293,018 31,606,982 65,900,000 3.20 H36.3.20 機構債 H8.3.22 40,000,000 1,813,215 20,760,188 19,239,812 40,000,000 3.25 H36.3.20 機構債 H8.3.22 119,400,000 5,410,835 62,133,330 57,266,670 119,400,000 3.20 H36.3.20 機構債 H8.3.22 4,600,000 208,519 2,387,421 2,212,579 4,600,000 3.25 H36.3.20 機構債 H8.3.22 59,100,000 2,678,228 30,754,439 28,345,561 59,100,000 3.20 H36.3.20 機構債 H8.3.22 20,000,000 906,607 10,380,093 9,619,907 20,000,000 3.25 H36.3.20 機構債 H8.3.22 4,500,000 203,986 2,335,523 2,164,477 4,500,000 3.25 H36.3.20 機構債 H8.3.22 8,100,000 367,067 4,215,075 3,884,925 8,100,000 3.20 H36.3.20 機構債 H8.3.22 2,900,000 131,458 1,505,114 1,394,886 2,900,000 3.25 H36.3.20 政府債 H9.3.25 240,000,000 9,409,702 104,090,637 135,909,363 240,000,000 2.80 H39.3. 1 政府債 H9.3.25 107,900,000 4,230,445 46,797,415 61,102,585 107,900,000 2.80 H39.3. 1 政府債 H9.3.25 162,000,000 6,351,549 70,261,181 91,738,819 162,000,000 2.80 H39.3. 1 政府債 H9.3.25 60,000,000 2,352,426 26,022,660 33,977,340 60,000,000 2.80 H39.3. 1 政府債 H9.3.25 26,400,000 1,035,067 11,449,970 14,950,030 26,400,000 2.80 H39.3. 1
さらに見せる

46 さらに読み込む

平成26年度つくば市公営企業会計決算審査意見書(水道事業会計) つくば市 | 決算審査・基金運用状況審査の結果

平成26年度つくば市公営企業会計決算審査意見書(水道事業会計) つくば市 | 決算審査・基金運用状況審査の結果

水需要構造は,沿線開発等における戸建て住宅や集合住宅等の小口需要者が増加す る一方,研究機関や企業等の大口需要者が,水の循環利用や地下水利用への転換等に よる水道料金の倹約や,限りある水資源への配慮等から節水意識を高めている。 また,小口需要者においても,東日本大震災以降,節水意識の浸透や,節水型の洗

25 さらに読み込む

上越地域水道用水供給企業団用水供給事業会計決算審査意見書 監査等の結果  上越市ホームページ

上越地域水道用水供給企業団用水供給事業会計決算審査意見書 監査等の結果 上越市ホームページ

純利益対総収益率 総収益のうち 最終的に企業に残された純利益 損失 の割合を表したもの 値 大 いほ よいとされ 総収益対総費用比率 110.4% 前年度に比べ 11.2 ポイント 回 ており 営業収益対営 業費用比率 130.8 % 前年度に比べ 1.6 ポイント 回 てい また 純利益対総収益率

24 さらに読み込む

第8期(平成26年度)貸借対照表および損益計算書(改版)

第8期(平成26年度)貸借対照表および損益計算書(改版)

富士通㈱を連結親法人とする連結納税制度の適用を受けております。 【会計方針の変更に関する注記】 1.  「退職給付に関する会計基準」(企業会計基準第26号 平成24年5月17日。以下「退職給付会計基準」という。) 及び「退職給付に関する会計基準の適用指針」(企業会計基準適用指針第25号 平成27年3月26日。以下「退職給 付適用指針」という。)を、退職給付会計基準第16項から第21項及び退職給付適用指針第4項から第16項、第22項 から第32項に掲げられた退職給付債務及び勤務費用の定めについて当事業年度より適用し、退職給付債務及び勤務 費用の計算方法を見直し、退職給付見込額の期間帰属方法を期間定額基準から給付算定式基準へ変更するとともに、 割引率の決定方法を退職給付の支払見込期間及び支払見込期間ごとの金額を反映した単一の加重平均割引率を使用 する方法へ変更しております。
さらに見せる

5 さらに読み込む

資料 3 最終報告 平成 28 年 10 月 山武郡市広域水道企業団中期経営計画 ( 平成 23 年度 ~ 平成 27 年度 ) 平成 23 年 12 月 山武郡市広域水道企業団

資料 3 最終報告 平成 28 年 10 月 山武郡市広域水道企業団中期経営計画 ( 平成 23 年度 ~ 平成 27 年度 ) 平成 23 年 12 月 山武郡市広域水道企業団

拡大や新たな業務委託の検討を行い事業運営の効率化を行う。 必要とする業務、付随的な業務等については既に導入しているが、今後、委託範囲の 見直し等による経営基盤の強化に努めてまいります。   水道事業は、独立採算を原則とし収入の主たる水道料金を経費に充て運営されています。そのため、 最小のコストで最大の効果が得られるように、効率的な事業経営が求められています。

10 さらに読み込む

平成 28 年度 網走市水道事業会計決算書 網走市

平成 28 年度 網走市水道事業会計決算書 網走市

ア 収益費用明細 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 8 イ 資本的収支明細 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 10 ウ 固定資産明細 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 12 エ キャッシュ・フロー計算 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 13 オ 企業債明細 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 14
さらに見せる

25 さらに読み込む

平成 29 年第 2 回 茨城県南水道企業団議会定例会会議録 平成 29 年 8 月 4 日 ( 金 ) 午後 1 時 30 分開会 議事日程 日程第 1. 会議録署名議員の指名 日程第 2. 会期決定の件 日程第 3. 議案第 1 号平成 28 年度茨城県南水道企業団水道事業会計決算の認定及び剰

平成 29 年第 2 回 茨城県南水道企業団議会定例会会議録 平成 29 年 8 月 4 日 ( 金 ) 午後 1 時 30 分開会 議事日程 日程第 1. 会議録署名議員の指名 日程第 2. 会期決定の件 日程第 3. 議案第 1 号平成 28 年度茨城県南水道企業団水道事業会計決算の認定及び剰

ただいま答弁をいただきましたけれども、特に、県に対しての要請行動ですね、いろい ろな形で続けてこられたということは評価をいたしますが、もう一歩踏み込んで、深い議 論が関係8団体の中でどこまで行われているのか、また県の財政分析なども含めてどこま で行われているのか、そしてどこまで意思統一ができているのかということについて伺い たいと思うのですけれども、要請行動を重ねてもなかなか道が開けないというのが現状で はないかと思います。その中でも、県のそういう純利益が増していることや、そのことに 関してはわかりつつも、なかなかそこに踏み込めないというふうに感じるわけなのですが、 その点について、11月には企業が主催で行うということですので、要請行動をさらに強 めるための方策、考える必要があるのではないかと思います。
さらに見せる

30 さらに読み込む

公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画 Ⅰ 基本的事項 1 事業の概要 特別会計名 : 水道事業会計 事 業 名 末端給水事業 ( 上水道事業 ) 事業開始年月日昭和 52 年 4 月 1 日地方公営企業法の適用 非適用 適用 非適用 団 体 名 三井水道企業団 職員数 (H19.

公的資金補償金免除繰上償還に係る公営企業経営健全化計画 Ⅰ 基本的事項 1 事業の概要 特別会計名 : 水道事業会計 事 業 名 末端給水事業 ( 上水道事業 ) 事業開始年月日昭和 52 年 4 月 1 日地方公営企業法の適用 非適用 適用 非適用 団 体 名 三井水道企業団 職員数 (H19.

 4.「目標又は実績」欄の項目の見直し施策実施に係る「改善額」は、原則として、当該見直し施策実施年度の前年度との比較により算出し、その改善効果がその後も継続するものとして、その後の各年度の改善額   を計上すること。  5.4による「改善額」が対前年度との比較により算出できない項目、その改善効果が単年度に限られる項目(資産売却益、工事コスト縮減等)については、当該改善額のみ当該見直し施策の実施年度の「改善額」   欄に計上すること。またその場合の改善額の算出方法について、Ⅳの当該施策に係る「具体的内容」欄に併せて記入すること。
さらに見せる

9 さらに読み込む

平成 27 年度 網走市水道事業会計決算書 網走市

平成 27 年度 網走市水道事業会計決算書 網走市

4,302,954 12,649,998 107,350,002 2.050 平成48年 3月 20日 網 走 信 用 金 庫 平成20年 9月 22日 43,300,000 5,014,297 35,617,583 7,682,417 1.700 平成29年 9月 20日 網 走 信 用 金 庫 平成20年 9月 22日 58,700,000 6,070,557 43,052,683 15,647,317 1.750 平成30年 9月 20日 網 走 信 用 金 庫 平成20年 9月 22日 6,200,000 641,183 4,547,300 1,652,700 1.750 平成30年 9月 20日 網 走 信 用 金 庫 平成20年 9月 22日 52,800,000 5,460,400 38,725,422 14,074,578 1.750 平成30年 9月 20日 地 方 公 共 体 金 融 機 構 平成21年 3月 25日 160,000,000 5,712,870 11,318,724 148,681,276 1.900 平成49年 3月 20日 網 走 信 用 金 庫 平成21年 3月 25日 22,300,000 3,310,887 22,300,000 0 1.300 平成28年 3月 25日 網 走 信 用 金 庫 平成21年 3月 25日 137,400,000 14,057,675 93,857,485 43,542,515 1.600 平成31年 3月 25日 網 走 信 用 金 庫 平成21年 3月 25日 160,400,000 16,410,850 109,568,698 50,831,302 1.600 平成31年 3月 25日 網 走 信 用 金 庫 平成22年 3月 25日 96,700,000 14,172,215 82,342,950 14,357,050 1.300 平成29年 3月 25日 網 走 信 用 金 庫 平成22年 3月 25日 50,900,000 7,459,832 43,342,879 7,557,121 1.300 平成29年 3月 25日 網 走 信 用 金 庫 平成22年 3月 25日 46,000,000 5,860,273 34,049,171 11,950,829 1.300 平成30年 3月 25日 網 走 信 用 金 庫 平成22年 3月 25日 2,500,000 208,000 1,248,000 1,252,000 1.570 平成32年 3月 25日 網 走 信 用 金 庫 平成22年 3月 25日 151,800,000 12,650,000 75,900,000 75,900,000 1.570 平成32年 3月 25日 地 方 公 共 体 金 融 機 構 平成22年 3月 25日 150,000,000 5,194,166 5,194,166 144,805,834 2.000 平成50年 3月 20日
さらに見せる

25 さらに読み込む

議案第142号 平成26年度水道事業会計補正予算(第1号)

議案第142号 平成26年度水道事業会計補正予算(第1号)

 第1項 4, 595, 000 千円 10, 480 千円 千円  第3項 498, 432 千円 △ 1, 803 千円 千円 第4条 予算第4条本文括弧書中、資本的収入額が資本的支出額に対し不足する額「2,506,679   千円」を「2,519,462千円」に、過年度損益勘定留保資金「218,423千円」を「4  64,376千円」に、当年度損益勘定留保資金「2,165,511千円」を 「1,931,   395千円」に、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額「122,745千円」を「12   3,691千円」に改め、資本的収入及び支出の予定額を次のとおり補正する。
さらに見せる

5 さらに読み込む

平成28年度水道事業会計決算書 決算 | 恵庭市

平成28年度水道事業会計決算書 決算 | 恵庭市

 ま た、 H27年 度の 恵庭 浄水場 廃 止に伴 う浄 水場撤 去費 用とし て 「その 他特 別損 失」に 73,940千 円を 計上し たこ とに より、 当 年度純 損失 1,562千円 を 計上 する ことと な りまし た。  尚 、平 26年 度 の公営 企業 法改 正によ る変 動額 1,213,834千 円 を含め て、 未処 分利益 剰余 金に 1,138,618千 円 が計上 され てい ますが 、当 年度 にお いて 旧恵 庭浄 水場廃 止 に伴う 会計 処理 が完了 した こと に伴 い、剰 余金 処分 案とし て 議決に よる 全額資 本金 への組 み 入れを 予定 して います 。
さらに見せる

42 さらに読み込む

水質検査計画の内容 1. 水質検査の基本方針 P 阪神水道企業団の概要

水質検査計画の内容 1. 水質検査の基本方針 P 阪神水道企業団の概要

その後の人口増加や生活様式の変化による水需要に対処するため、5 期にわたる拡張事業 を経て、現在はオゾンと活性炭による高度浄水処理をおこなった水道水を供給しています。第 5 期拡張事業は平成 22 年 7 月に尼崎浄水場の全量稼動をもって完了となりました。 阪神水道企業の施設は、淀川・尼崎系統(1・2 期系)と大道・猪名川系統(3・4・5 期系)の 2 系統からなり、施設系統ごとに取水口、取水場、浄水場、中継送配水ポンプ場及び送配水管 路で構成されています。(添付資料-1、参照)
さらに見せる

25 さらに読み込む

第 8 号議案 第 9 号議案 平成 30 年度 大阪広域水道企業団水道事業会計補正予算 大阪広域水道企業団工業用水道事業会計補正予算

第 8 号議案 第 9 号議案 平成 30 年度 大阪広域水道企業団水道事業会計補正予算 大阪広域水道企業団工業用水道事業会計補正予算

予算第10条本文中「耐震性貯水槽維持管理及び営業助成の補助等として四條畷市及び千早赤阪村からこ の会計へ補助金を受ける金額は、30,315千円(四條畷水道事業1,476千円、千早赤阪水道事業28,839千円)である。 」を「耐震性貯水槽維持管理及び営業助成の補助等として四條畷市及び千早赤阪村からこの会計へ補助金を受ける 金額は、33,427千円(四條畷水道事業1,476千円、千早赤阪水道事業31,951千円)である。」に改める。
さらに見せる

47 さらに読み込む

平成 26 年度 網走市水道事業会計決算書 網走市

平成 26 年度 網走市水道事業会計決算書 網走市

(1)平成26年度網走市水道事業損益計算 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 3 (2)平成26年度網走市水道事業剰余金計算 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4 (3)平成26年度網走市水道事業剰余金処分計算(案) ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 5 (4)平成26年度網走市水道事業貸借対照表 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 6 (5)附属明細
さらに見せる

25 さらに読み込む

目 次 決算書類 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業決算報告書 1 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業損益計算書 3 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業剰余金計算書 4 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業剰余金処分計算書 4 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業貸借対照表 5 付属資料 平成 25 年

目 次 決算書類 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業決算報告書 1 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業損益計算書 3 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業剰余金計算書 4 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業剰余金処分計算書 4 平成 25 年度 伊勢崎市水道事業貸借対照表 5 付属資料 平成 25 年

その他構築物 1,705,299,578 0 9,821,221 1,695,478,357 26,559,276 7,899,755 557,155,236 1,138,323,121 境下武士浄水場非常用発電機設備更新工事 (減少) 7,245,985,740 133,552,002 176,230,290 7,203,307,452 220,517,619 167,441,881 4,853,865,239 2,349,442,213 電気設備 3,446,680,520 17,619,540 119,025,436 3,345,274,624 117,484,501 113,097,270 1,924,429,556 1,420,845,068 境下武士浄水場非常用発電機設備更新工事・ あずま浄水場非常用発電機設備改修工事(増 加・減少)

28 さらに読み込む

水道事業公営企業会計システム借上及び簡易水道事業公営企業会計システム借上 業務要求仕様書

水道事業公営企業会計システム借上及び簡易水道事業公営企業会計システム借上 業務要求仕様書

(1) 本稼動は平成30年4月1日からとする。同日からの稼働に支障が生じないよう、動作テス トなどを十分に実施した上で納品を行うこと。また、平成29年度の決算は今回導入する公 営企業会計システムにて行う。 (2) 将来の拡張性を考慮し、5年間の使用に耐え得る能力及び仕様であること。 (3) WEB上の環境で稼動するシステムであること。

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...