情報活用型

Top PDF 情報活用型:

JAIST Repository: 戦略情報活用型共同イノベーションに関する考察 : Sharing and Using of “Secret Information” for Collaborative Innovation

JAIST Repository: 戦略情報活用型共同イノベーションに関する考察 : Sharing and Using of “Secret Information” for Collaborative Innovation

小川[6][7]はこの情報の粘着性理論を概念として共同イノベーションに関する考察を行い, 必要な 情報の場所で問題解決された結果が, 粘着性の高い側へ移転されてイノベーションが完了する非情報 共有共同イノベーションが行われていることをコンビニの事例により検証した。 2. 戦略情報活用共同イノベーション

4 さらに読み込む

PISA 型読解力から考える挿絵の活用法

PISA 型読解力から考える挿絵の活用法

の帰結としての彼の現状が「みすぼらしい」姿として示 されるのである。 7 まとめと展望 「挿絵」から情報を読み取ること、挿絵の視点から何 をどのように表現しているのかをとらえることをとおし て、自分自身の考えをあきらかにし、それがどこに立脚 するのかを自覚することができる。また、他者と共有す ることで共通理解あるいは多様性に気づくことができ る。そして、本文(文字テクスト)と挿絵(絵画テクス ト)の調和や差異を意識することでテクストの批評を行 うことができる。これら一連の〈読む〉ことは、PISA 読解力の「情報の取り出し」「解釈」、「熟考・評価」、「批 評」を、「連続テキスト」と「非連続テキスト」と の関連から読むことに相当するといってよいであろう。 ここから、小中高大接続を視野に入れた読解力指導の構 想を立てることができる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

ICT活用型防災教育システムの現状と展望

ICT活用型防災教育システムの現状と展望

(59) 光原弘幸,井上武久,山口健治,武知康逸,森本真理, 井若和久,上月康則,獅々堀正幹:“ 防災 作成支援 防災授業利用”,教育 情報学会研究報告,Vol. 30, No. 7, pp. 89‒96 (2016) (60) Mitsuhara, H., Inoue, T., Yamaguchi, K. et al.: Web-based

15 さらに読み込む

管理会計情報によるTQMの活性化--エンパワーメント型の活用を求めて---香川大学学術情報リポジトリ

管理会計情報によるTQMの活性化--エンパワーメント型の活用を求めて---香川大学学術情報リポジトリ

プロセスのクオリティを向上させるためには,クオリティ,コストおよび納 期に関する情報を,組織成員が活用し,それをもとに自発的にアクションを起 こすこと,また,管理システムがそのような情報を提供できることは,ともに 重要である。 たとえば, TEX 社のクラッキングプロセスの組織成員は,常に,生産量,ク オリティおよびコスト聞のトレードオフに関する意思決定を迫られているが[r]

47 さらに読み込む

ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業について

ストック活用型住宅セーフティネット整備推進事業について

エ 建設工事請負契約書の写し及び工事費用の内訳が記載された見積書の写し オ 空家がある住宅(住棟)に関する建築確認済証、登記事項証明書その他建築時期が確認できる書類の写し カ 空家等証明書(空家であることを示す写真、空家に係る情報を記載するもの) キ 空家について行った入居者募集の広告等の写し ク 所有者・転貸人確認書の写し(サブリースの場合)

37 さらに読み込む

「地域活用型」ではなく「地域創造型」を目指した教育活動の試み

「地域活用型」ではなく「地域創造型」を目指した教育活動の試み

写真2. 「ええより」での意見交換  オプションのフィールドワークの際には,まち づくりネットが定期的に実施している主催事業 「ええより」をこれに合わせる形で開催していた だいた。ええよりは,地域づくり活動の関係者が 集まり自由に意見交換や交流を行う企画であり, この日は,学生たちと市内の比較的若手の NPO 関係者,行政職員等が同じテーブルを囲み,まち づくりネットスタッフによるファシリテートのも と,情報・意見交換を行った。終了後に学生たち に感想を聞いてみると,大学内では出会えない地 域で活躍する実践者から,さまざまな地域づくり への関わり方やキャリアの重ね方などがあること について話を聞くことができ,刺激を受けた、と いった声が聞かれた。また,実践者のみなさんか らは,普段の活動の中ではなかなかできていない, 学生等が地域づくり等に対して考えていることを 把握できる貴重な機会になった,できれば今後も 継続的にこういった場を持ってほしい,といった 感想を頂いた。
さらに見せる

5 さらに読み込む

アクティブラーニング型遠隔授業におけるLMSの活用

アクティブラーニング型遠隔授業におけるLMSの活用

だが、睡眠レベルが深くなっていく過程については明ら かにすることができなかった。また、睡眠の質を決めるの は、入眠してから 90 分間の時間帯にどれだけ深い眠りを 得られているかで決まると言われているので、分析に用い るデータを入眠から 90 分間に限っての分析を行うことで、 眠りの質をよくするための因果分析も行えると考えた。そ こで、本論文の目的として、入眠から 90 分のデータを用い て、睡眠の質を決める条件を見つけること、および睡眠の 深さを深くする要因を特定することとした。これらのこと  1 電子情報システム工学系
さらに見せる

4 さらに読み込む

大学教育における「活用型」授業の構想

大学教育における「活用型」授業の構想

概 要 「全国学力・学習状況調査」の「活用」問題(B問題)は、情報の取り出しや解釈、熟考・評価などのリ テラシーを測る PISA 読解力に対応しており、日常生活で目にする素材や場面が使用されている。あくま で国語という教科で学ぶ力が活用できるかどうかを図るものであるが、実際の社会生活における「生きる力」 につながっていくように意図されている。他方、大学では、企業や若者を取り巻く環境変化に対応するため に、 「基礎学力」 ・ 「専門知識」に加え、 「学んだ知識を実践に活用するために必要な力」―社会人基礎力―の 育成に力を入れている。まさに知識・技能の定着と習熟を目指し、探求につなげる「活用」活動である。
さらに見せる

10 さらに読み込む

放牧活用型畜産に関する情報交換会2014 | 放牧における家畜の衛生管理

放牧活用型畜産に関する情報交換会2014 | 放牧における家畜の衛生管理

(対策) 早期発見と治療。放牧場内の木の切り株や鋭利な岩石、バラ線破片などの金 属異物の除去。給水場周辺のぬかるみの防止。 牛白血病 (原因)成牛は牛白血病ウイルスの感染、散発は原因不明。牛白血病ウイルス はアブによる伝搬、注射器や直腸検査手袋の連続使用によっても感染し、母子間 では胎盤、産道、母乳を介しても感染。

10 さらに読み込む

ビッグデータ時代の情報活用

ビッグデータ時代の情報活用

い形で柔軟に表現できるインメモリのADV (注5) ツールを活用する。 (注2) Operational Data Storeの略。 異なる業務システムのデータ(オペレーショナルデー タ) を統合的に集約管理する仕組みである。従来はマス ター化された情報をデータベースで管理していたが,フ ラットデータ処理技術の発展により,多様な形式のデー タを統合的に管理する仕組みとして活用されている。 (注3) 商品DNAや顧客DNAなど,従来のマスターでは捉える
さらに見せる

7 さらに読み込む

医療情報の管理と活用

医療情報の管理と活用

 機械的な情報分析を可能にするためには,客観的・量的な記 録が,主観的・質的な記録から適切に分離され,「ラベル」+ 「値」+「単位」の形式で,かつ,計測の状況(いつ・どこで・ 誰が・誰の)と尺度基準が明示された状況で,記録されること が必要である。計測機器のネットワーク化に伴って,自動的に 計測情報が記録される環境が整いつつあり,情報システムを適 切に設計すれば,問題は解決される 1) 。一方,全計測記録の内, 臨床判断を決定づける情報は限られる。「認識」された情報を 適切に記録するには,テンプレートなどの定型化された型紙を 用いることが好ましい。入力情報が表構造をもったデータベー スに展開して保存されれば,様々な研究に供することが可能に なる 2) 。
さらに見せる

2 さらに読み込む

目次 1. サイバーレスキュー隊 (J-CRAT) とは J-CRAT の活動実績 標的型サイバー攻撃特別相談窓口への情報提供状況 サイバーレスキュー隊の活動状況 OSINT: 公開情報の収集 分析 活用 標的型サ

目次 1. サイバーレスキュー隊 (J-CRAT) とは J-CRAT の活動実績 標的型サイバー攻撃特別相談窓口への情報提供状況 サイバーレスキュー隊の活動状況 OSINT: 公開情報の収集 分析 活用 標的型サ

10 3. J-CRAT の活動紹介 標的サイバー攻撃の被害にあっていることに気づくのは、外部のセキュリティ事業者 などから「不審な通信が確認された」といったケースや、組織におけるシステム運用の過 程で、サーバや端末の動作や、ファイアウォール・Web プロキシサーバのログ集計結果な どから異変に気づくケース、組織内の各人の気づきが発端となるケースがある。その後、 各システムの担当組織は、セキュリティ対策製品のサポート担当や、システムの運用管理 会社に相談をしながら対応を進めるが、標的サイバー攻撃に対する有効な運用体制が確 立されていない場合、初動の遅れとなることが少なくない。いくつかの事案においては、 組織内で運用体制が確立されていない状況で標的サイバー攻撃特別相談窓口に連絡があ り、IPA の助言によって、迅速な対策の立ち上げができたケースもある。
さらに見せる

22 さらに読み込む

ICTを活用した教科横断型の授業実践

ICTを活用した教科横断型の授業実践

 授業風景 3.授業を補完するためのICT活用  発表者は,授業後の学習をサポートする という名目のもと,授業で扱っている自作 のスライドや,提出された課題を添削した ものを,ICTを活用し共有している。それ らはテスト勉強や模擬試験の対策として, 教員側から始めた試みであるが,生徒から の要望によって始めたICT活用として,質 問掲示板が挙げられる。生徒は,共有ドラ イブに質問を投稿し,教員が回答をする。 ただそれだけであるのだが,生徒にとって は,質問をしたい時に質問をすることがで きる。一方,教員にとっては,複数の生徒 から,同じ質問を繰り返されることがなく なる。さらに,質問に関わる情報を学年問 わず全生徒,全教員に共有をかけているた め,高校2年生からの質問への回答を見た 高校3年生が,学習内容を思い出す機会と して,学年を超えて生徒からの評価の高い ICT活用となっている。
さらに見せる

2 さらに読み込む

DFDを活用した課題解決型グループ学習方式(PDF)

DFDを活用した課題解決型グループ学習方式(PDF)

におけるプロセスとすることで、 DFD を基準と したシステム設計として学科および実習をおこ なった。 本稿では、オブジェクト指向に基づいた、 DFD[Data Flow Diagram]を活用することで、 より具体的に課題解決グループ学習方式を学 生が修得できる考え、実施した一例である。こ れは、課題解決グループ学習方式をすすめる ための基本でもある。この方法を実施する中、 DFD を活用することで、システム設計を機械、 電子、情報といった他分野の学生との連携がし やすくなると考え、自分の担当する学科(自動 化機器設計、自動化システム設計)および実習 (標準課題、開発課題)での実施を試みた。
さらに見せる

4 さらに読み込む

授業におけるタブレット型端末の活用可能性に関する一考察

授業におけるタブレット型端末の活用可能性に関する一考察

2 ICT活用教育の実際 本研究ではまず,文部科学省「平成22年度学校 における教育の情報化の実態等に関する調査」の 結果をもとに授業における ICTの活用状況を考察 していった。平成24年8月上旬時点では「平成23 年度の調査結果」の速報値のみしか公表されてい なかったため,平成22年度分を参考にした。数値 については, 「わりにできる」若しくは「ややで きる」と答えた教師の合計値の割合である。

10 さらに読み込む

達人Cube活用研修会(情報セキュリティ編)

達人Cube活用研修会(情報セキュリティ編)

レベル 1 氏名,住所,生年月 日,性別,金融機関 名,住民票コード,メ ールアドレス,健康 保険証番号,年金証 書番号,免許証番号 ,社員番号,会員番 号,電話番号,ハン ドル名,健康保険証 情報,年金証書情報 ,介護保険証情報, 会社名,学校名,役 職,職業,職種,身 長,体重,血液, 身体特性,写真(肖 像),音声,声紋,体 力診断,ISPのアカウ ントのみ

38 さらに読み込む

PIO-NET 情報の収集と活用 2

PIO-NET 情報の収集と活用 2

2 アダルト情報サイト 65 他のデジタルコンテンツ 132 デジタルコンテンツ(全般) 69 3 デジタルコンテンツ(全般) 53 アダルト情報サイト 88 出会い系サイト 44 4 出会い系サイト 38 出会い系サイト 46 化粧品セット 24 5 ファンド投資商品 18 ファンド投資商品 36 アダルト情報サイト 22

18 さらに読み込む

アジャイル型開発におけるプラクティス活用事例調査

アジャイル型開発におけるプラクティス活用事例調査

付箋の使い方は様々である。かんばんやタ スクボードを表す方法、タスクボードで用 いる方法、そのほかマイルストーンや連絡 事項の掲載など、枚挙にいとまがない。 付箋は一瞬で共有でき、変更や修正を行い やすいなどの特性を持つため、イテレーシ ョンで行うタスク、休暇取得などの短期情 報の管理など、短期的で流動的な状況を把 握する場面で用いられることが多い。一方、 長期的なプロジェクトの状態やリリース計 画、 WBS などの管理は、電子媒体で外部組 織と共有するほうがよい。上記の特性から、 付箋はオンサイト顧客など、対面でのコミ ュニケーションを強調するアジャイル開 発に適応しやすいツールである。
さらに見せる

231 さらに読み込む

情報活用資料

情報活用資料

Real(4):: y(n),t(n):配列宣言。配列変数の大きさを指定する。同時に y と t が実数である ことを宣言している。( )の中は数値またはパラメータ* 1 でなければならない。このため、プログ ラミングの時、実行時使用する配列の大きさを考えておかなければならない。配列の添え字は 1から始まる整数である。0や負の値、1以外の正の値から始めたいときは

17 さらに読み込む

Show all 10000 documents...