必要な施設を

Top PDF 必要な施設を:

文化庁平成 30 年度 生活者としての外国人 のための日本語教室空白地域解消推進事業 地域日本語教育スタートアッププログラム報告書 ~ 日本語教室立ち上げハンドブック ~ 平成 31 年 3 月 株式会社富士通総研

独立行政法人国立美術館施設整備に必要な経費

必要施設整備計画的に実施しているものと考えるが、平成21年度から平成22年度への繰越し事業があり、より計画的整備の実施が求められる。ただ し、平成22年度中に当初計画していた施設整備含め、多くの工事事業すべて完了したことは評価できる。 ●真にやむを得ないもの除き、一般競争入札等による競争性の確保促進するとともに、既に一般競争入札等行っている場合も、仕様書の改善、適切 公告期間の確保、公告方法の拡大等により、入札への新規参入促進すること。また、一者応札・一者応募については、一者応札となった契約と同じ内容の 契約が生じる場合は、公告期間の延長又は必要条件充足した上で、仕様書の要件見直し引き続き行うことが求められる。
さらに見せる

69 さらに読み込む

イ使用年数基準で更新する施設 ( ア ) 使用年数基準の設定使用年数基準で更新する施設については 将来の更新需要を把握するためにも 更新するまでの使用年数を定める必要がありますが 現時点では 施設の寿命に関する技術的な知見がないことから 独自に設定する必要があります このため あらかじめ施設を 耐久

イ使用年数基準で更新する施設 ( ア ) 使用年数基準の設定使用年数基準で更新する施設については 将来の更新需要を把握するためにも 更新するまでの使用年数を定める必要がありますが 現時点では 施設の寿命に関する技術的な知見がないことから 独自に設定する必要があります このため あらかじめ施設を 耐久

このためには、補修・補強等の長寿命化対策実施し、設定した使用年数により更新進め ることで、将来の更新需要の抑制や平準化に努めていく必要があります。 (2) 長寿命化(更新)計画の策定 長寿命化(更新)計画策定するために、まず、日常的・定期的点検等により蓄積してき たデータやこれまで実施してきた耐震・劣化診断等踏まえ、330 か所の施設①早期に更新 行う施設と②補修・補強工事等により長寿命化行った上で新たに設定する使用年数基準で 更新する施設に区分(表-8)します。
さらに見せる

7 さらに読み込む

第 1 節公共施設等応急対策 道路 河川などの公共土木施設や病院 社会福祉施設などの公共施設は 住民の日常生活および社会 経済活動はもとより 災害時の応急対策活動において重要な役割を果たすものであるので 迅速に機能回復に必要な応急措置を行う 第 1 道路施設 1 調査 点検町の管理する道路について

第 1 節公共施設等応急対策 道路 河川などの公共土木施設や病院 社会福祉施設などの公共施設は 住民の日常生活および社会 経済活動はもとより 災害時の応急対策活動において重要な役割を果たすものであるので 迅速に機能回復に必要な応急措置を行う 第 1 道路施設 1 調査 点検町の管理する道路について

5 応急復旧のための支援要請 町は、町内の土木建設業者等に協力要請するものとする。さらに、隣接市町、県等 の他の機関への支援要請に当たっては必要とする支援内容明らかにして要請する。 避難所の仮設トイレから排泄されるし尿処理の依頼があるときは、流域下水道管理者 と協議の上、処理能力に支障がない限り受入れ行う。また、管渠施設等の占用物件が 近接している場合は、緊急調査・緊急措置について、許可権者、占用者等で協力が可能 内容検討する。
さらに見せる

10 さらに読み込む

公共施設再編シンポジウム 報告書 公共施設再編シンポジウム-なぜ今、公共施設再編の取組みが必要なのか?-(平成25年7月28日開催)|武蔵野市公式ホームページ

公共施設再編シンポジウム 報告書 公共施設再編シンポジウム-なぜ今、公共施設再編の取組みが必要なのか?-(平成25年7月28日開催)|武蔵野市公式ホームページ

高齢者支える人数は 1.6 人に1人、 つまり、 極く大雑把に言えば2人で1人という、そ れから従属人口加えると 1.3 人に 1 人ということになります。 1人が1人支えるという、 そういう状況に見舞われるのではないかというふうに言われています。 で 、さら にまた 、ちょっ と数字が続い て申し訳ありま せんが、私ど もが先ほ ど基金 と税 等と市債の持ち方どのようにしたら良いのかということで、 25 年度の予算例に申し上 げ ましたけ れども 、過去 5ヶ年間とっ て普通 建設事 業費、つ まり投 資的経 費、都市 基 盤 だ とかある いは公 共施設 整備なん かに使 われる 費用、 これも数 字はと もかく として一 番 下 のこの財源の持ち方のところ見て頂きたいのですが、赤で書いてございます。 (資 65p ス ラ イド7) 5ヶ年 間平均しますと 、基金と税等、市債 という3つの持 ち方 、極く大 雑 把 に丸めて見ますと基金が4分の1、 25 パーセント、 税等が 50 パーセント5割、 そして市債、 借金が 25 パーセントというふうになっているわけです。で、これがこれからも、もし続く んだとすると、私ども、先ほど市長も申しましたが、平成 43 年度までに 1,600 億円の大型 投資が必要である。 1,600 億円。これこの、基金:税:市債の割合に当てはめると、最低 で も基金、 つまり 今私た ちが働い て将来の世代に残さ なければ いけ いもの 、それが 最 低 でも 400 億円は必要である。最低でもですね。
さらに見せる

79 さらに読み込む

() 施設毎の状況と課題国民宿舎は 昭和 4 年代に建設された 施設と平成以降に建設された 施設があります 特に前者は建築後 4 年以上が経過しており 大規模改修もしくは更新を検討する必要があります 観光施設は 大小様々な施設が存在し 市外からの観光客を呼び込む重要な観光資源となっています 建築時期

() 施設毎の状況と課題国民宿舎は 昭和 4 年代に建設された 施設と平成以降に建設された 施設があります 特に前者は建築後 4 年以上が経過しており 大規模改修もしくは更新を検討する必要があります 観光施設は 大小様々な施設が存在し 市外からの観光客を呼び込む重要な観光資源となっています 建築時期

観光施設は、大小様々施設が存在し、市外からの観光客呼び込む重要 観光資源となっています。建築時期も様々で、歴史的史跡、建造物も多 く存在します。中でも建築後の経過年数が長く歴史的価値が高い建築物につ いては、適切大規模改修、更新や維持管理行っていく必要があります。

32 さらに読み込む

目 次 1 基本事項について 汚水処理施設整備構想とは 構想見直しの必要性 汚水処理施設の概要 山陽小野田市の現状と課題 整備状況 主な汚水処理施設 汚水処理における課題...

目 次 1 基本事項について 汚水処理施設整備構想とは 構想見直しの必要性 汚水処理施設の概要 山陽小野田市の現状と課題 整備状況 主な汚水処理施設 汚水処理における課題...

農業集落排水事業で未着手となっている不動寺原地区の検討の結果,経済性比較では,個別処 理が有利となる結果となりました。仮に集合処理として事業実施する場合には,住民負担(分担 金,使用料)について住民理解(コンセンサス)得る必要があります。公共下水道事業,農業 集落排水事業の施設運営については,公営企業として位置づけられており,本来であれば独立採 算性が求められていますが,実際には一般会計からの繰入金により,不足分補填している厳し い財政状況にあります。
さらに見せる

15 さらに読み込む

[ 図表 35: 見直しのイメージ ] 質の高い施設 安心安全で コストの最適化 施設を安心安全に利用するため 点検 診断を実施し その結果に基づき 必要な対策を適切な時期に着実かつ効率的 効果的に実施します また これらの取組を通じて得られた施設の状態や対策履歴等の情報を記録し 次の点検 診断等に

[ 図表 35: 見直しのイメージ ] 質の高い施設 安心安全で コストの最適化 施設を安心安全に利用するため 点検 診断を実施し その結果に基づき 必要な対策を適切な時期に着実かつ効率的 効果的に実施します また これらの取組を通じて得られた施設の状態や対策履歴等の情報を記録し 次の点検 診断等に

道路、上・下水道、ごみ処理施設といったインフラ施設の多くは、安心安全で快適日常生 活に欠かすことができない施設として、必要機能確保するための適切維持・管理が求め られます。 そこで、施設の点検・診断実施し、その結果に基づき必要対策適切時期に効率的・ 効果的に実施するとともに、取組通じて得た施設の状態や対策履歴等の情報記録し、次期 の点検・診断等に活用する施設の維持管理にかかる「メンテナンスサイクル」構築します。
さらに見せる

9 さらに読み込む

立川市雨水浸透施設設置基準 1. 目的この設置基準は 立川市雨水浸透施設設置補助金交付要綱 ( 以下 要綱 という ) の雨水浸透施設の設置にあたり 必要な事項を定めることを目的とする 2. 用語の定義補助対象の雨水浸透施設とは 雨水浸透ます 及び 雨水浸透管 とし 雨水浸透施設の設置に伴い発生する

立川市雨水浸透施設設置基準 1. 目的この設置基準は 立川市雨水浸透施設設置補助金交付要綱 ( 以下 要綱 という ) の雨水浸透施設の設置にあたり 必要な事項を定めることを目的とする 2. 用語の定義補助対象の雨水浸透施設とは 雨水浸透ます 及び 雨水浸透管 とし 雨水浸透施設の設置に伴い発生する

要綱第6条第1項に規定する標準工事単価は、浸透施設の設置に係る工事費(人力 による掘削、残土処理、シートの設置、浸透施設の設置、砂及び単粒度砕石の充填、 樋からの接続管路設置、埋め戻し等)と設置に伴い必要と判断される付帯工事の単価 であり、次に掲げる標準工事単価表による。

6 さらに読み込む

1 届出フローシート 届出が必要な施設か? P5~7で確認 YES NO 届出不要 届出を行なう P2~4 参照 確認 内容審査 問題なし 受理書が送付される 他法令の届出が必要な場合あわせて届出を行なう P8~10 参照 届出日より 30 日後から施設の設置工事が可能 公害防止組織の設置が必要な場

1 届出フローシート 届出が必要な施設か? P5~7で確認 YES NO 届出不要 届出を行なう P2~4 参照 確認 内容審査 問題なし 受理書が送付される 他法令の届出が必要な場合あわせて届出を行なう P8~10 参照 届出日より 30 日後から施設の設置工事が可能 公害防止組織の設置が必要な場

設置された施設、事業所内で使用する場合の取扱いは? →特定施設に該当します。移動式施設とは使用場所が特定できないものと解されます。本事 例の場合、稼動時には定位置で使用されるので移動式施設とみなせません。 ■ 発電用のディーゼルエンジン、ガソリンエンジンは非常用の施設であっても届出が必要 か?

14 さらに読み込む

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

児童の福祉の増進について相談に応ずる事業 地域活動支援センター 社会福祉目的とする事業の経営に関する指導及び助言 母子家庭等日常生活支援事業 福祉ホーム 市町村社会福祉協議会の相互の連絡及び事業の調整 寡婦日常生活支援事業 身体障害者生活訓練等事業 福利サービス利用援助事業行う市町村社会福祉協議会その他の者と協力して都道府県の区域内においてあまねく福祉サービス利用援助事業が実施するために必要事業 母子福祉施設 手話通訳事業 社会福祉目的とする事業経営する者がその行った福祉サービスの提供に要した費用に関して請求の事務の代行等
さらに見せる

9 さらに読み込む

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

児童の福祉の増進について相談に応ずる事業 地域活動支援センター 社会福祉目的とする事業の経営に関する指導及び助言 母子家庭等日常生活支援事業 福祉ホーム 市町村社会福祉協議会の相互の連絡及び事業の調整 寡婦日常生活支援事業 身体障害者生活訓練等事業 福利サービス利用援助事業行う市町村社会福祉協議会その他の者と協力して都道府県の区域内においてあまねく福祉サービス利用援助事業が実施するために必要事業 母子福祉施設 手話通訳事業 社会福祉目的とする事業経営する者がその行った福祉サービスの提供に要した費用に関して請求の事務の代行等
さらに見せる

10 さらに読み込む

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日事業規模 ( 定員 ) 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動 就労 住

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日事業規模 ( 定員 ) 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動 就労 住

種類(番号記載) 4 日常生活営むのに支障がある状態の軽減又は悪化の防止に関する事業 5 入所施設からの退院・退所支援する事業 1 必要者に対し、相談、情報提供・助言、行政や福祉・保健・医療サービス事業者等との連絡調整行う等の事業

7 さらに読み込む

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

種類(番号記載) 4 日常生活営むのに支障がある状態の軽減又は悪化の防止に関する事業 5 入所施設からの退院・退所支援する事業 1 必要者に対し、相談、情報提供・助言、行政や福祉・保健・医療サービス事業者等との連絡調整行う等の事業

9 さらに読み込む

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

種類(番号記載) 4 日常生活営むのに支障がある状態の軽減又は悪化の防止に関する事業 5 入所施設からの退院・退所支援する事業 1 必要者に対し、相談、情報提供・助言、行政や福祉・保健・医療サービス事業者等との連絡調整行う等の事業

9 さらに読み込む

種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名 所在地 事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 公益事業 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名 所在地 事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 公益事業 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

1 必要者に対し、相談、情報提供・助言、行政や福祉・保健・医療サービス事業者等との連絡調整行う等の事業 9 社会福祉の増進に資する人材の育成・確保に関する事業(社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士・保育士・コミュニケーション支援者等の養成事業等) 12 介護保険法の居宅サービス事業、地域密着型サービス事業、介護予防サービス事業、地域密着型介護予防サービス事業、居宅介護支援事業、介護予防支援事業、介護老人保健施設、 6 子育て支援に関する事業
さらに見せる

11 さらに読み込む

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動 就労

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動 就労

母子家庭等日常生活支援事業 福祉ホーム 社会福祉目的とする事業の経営に関する指導及び助言 寡婦日常生活支援事業 身体障害者生活訓練等事業 市町村社会福祉協議会の相互の連絡及び事業の調整 母子福祉施設 手話通訳事業 福利サービス利用援助事業行う市町村社会福祉協議会その他の者と協力して都道府県の区域内においてあまねく福祉サービス利用援助事業が実施するために必要事業 介助犬訓練事業 社会福祉目的とする事業経営する者がその行った福祉サービスの提供に要した費用に関して請求の事務の代行等
さらに見せる

9 さらに読み込む

今後 平成 26 年度に策定する 江田島市子ども 子育て支援事業計画 に基づき保育施設の再編整備を進め 本市の子育て支援の充実や効率的な保育施設の運営 子どもの集団生活における健やかな成長を確保するため 全市的な視野に立ち 総合的に子育て支援環境の整備充実を図る必要がある 殊に 本市において少子化は

今後 平成 26 年度に策定する 江田島市子ども 子育て支援事業計画 に基づき保育施設の再編整備を進め 本市の子育て支援の充実や効率的な保育施設の運営 子どもの集団生活における健やかな成長を確保するため 全市的な視野に立ち 総合的に子育て支援環境の整備充実を図る必要がある 殊に 本市において少子化は

託契約の締結が求められているが、本市の場合は市立保育施設給食センター1ヵ 所から各市立保育施設への搬入であることから、契約行為は馴染まないため、市 長と施設所管する福祉保健部長の間で、覚書締結する。 (4)必要栄養素量給与すること、また、食通じた子どもの健全育成(食育) 図る観点から、食育プログラムに基づき食事提供するよう努めることについ て
さらに見せる

7 さらに読み込む

原子力バックエンド研究 Mrch 2009 システムを有する廃棄物処分施設に対する安全性能評価解析では, 用いるパラメータの種類が極めて多く, さらに, 施設周辺の地下水流動特性, 廃棄体特性及び材料特性に応じて 3 次元問題を 1 次元問題に保守的に置き換える必要があるため, 上述したような施設諸

原子力バックエンド研究 Mrch 2009 システムを有する廃棄物処分施設に対する安全性能評価解析では, 用いるパラメータの種類が極めて多く, さらに, 施設周辺の地下水流動特性, 廃棄体特性及び材料特性に応じて 3 次元問題を 1 次元問題に保守的に置き換える必要があるため, 上述したような施設諸

リート及び覆工コンクリートまでの拡散距離の総和とし て算出した.ここで,Fig. 3 に示すように,埋戻し材は半 月形状有していることから,埋戻し材代表する拡散距 離定義する必要がある.本稿では,半月形状の埋戻し材 の体積保存した上で,埋戻し材の内縁側拡散面積と外縁 側拡散面積保存するように台形形状仮定し,その厚さ 拡散距離として定義した.代表拡散面積 A total は,施設 全体の低拡散性能規定する重要パラメータであり, (24) 式からも明らかであるが, F d , s は A total に比例する.本稿 では,施設全体からの拡散によるフラックス過小評価し ないことに留意し, A total は掘削影響領域の最内縁面積とし て定義した.施設全体の拡散伝導係数 D total,s は,屈曲度,
さらに見せる

12 さらに読み込む

移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準 ( 案 ) 基準の ( 案 ) 参考とすべき基準類型 移動等円滑化のために必要な特定公園施設の 移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準 ( 案 ) 設置に関する基準を定める省令 - ( 趣旨 ) ( 趣旨 ) 第一条高齢者

移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準 ( 案 ) 基準の ( 案 ) 参考とすべき基準類型 移動等円滑化のために必要な特定公園施設の 移動等円滑化のために必要な特定公園施設の設置に関する基準 ( 案 ) 設置に関する基準を定める省令 - ( 趣旨 ) ( 趣旨 ) 第一条高齢者

移動等円滑化のために必要特定公園施設の設置に関する基準は条例で定めること基本としておりますが移動等円滑化の ために必要特定公園施設の設置に関する基準の【案】のうち、機動的の対応が必要内容又は専門技術的内容に係る項 目については、規則などに委任されることがあります。 ト 高齢者、障害者等が転落するおそれのある場 所には、高さ百十センチメートル以上のさくや五 センチメートル以上の立ち上がり設け、視覚障 害者誘導用ブロックその他の高齢者、障害者等 の転落防止するための設備が設けられている こと。
さらに見せる

8 さらに読み込む

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

公益事業 種類 ( 番号を記載 ) 施設名 事業所名所在地事業開始年月日 事業規模 ( 定員 ) 1 必要な者に対し 相談 情報提供 助言 行政や福祉 保健 医療サービス事業者等との連絡調整を行う等の事業 2 必要な者に対し 入浴 排せつ 食事 外出時の移動 コミュニケーション スポーツ 文化的活動

9 社会福祉の増進に資する人材の育成・確保に関する事業(社会福祉士・介護福祉士・精神保健福祉士・保育士・コミュニケーション支援者等の養成事業等) 12 介護保険法の居宅サービス事業、地域密着型サービス事業、介護予防サービス事業、地域密着型介護予防サービス事業、居宅介護支援事業、介護予防支援事業、介護老人保健施設、 6 子育て支援に関する事業 7 福祉用具その他の用具又は機器及び住環境に関する情報の収集・整理・提供に関する事業 8 ボランティアの育成に関する事業
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...