強化地域内の走行制限

Top PDF 強化地域内の走行制限:

2. 良好な景観の形成のための行為の制限 行為の制限の基本方針 本町の特徴的で多様性に富む景観の保全 創出を図り 地域全体として調和の取れた景観が形成されるよう 地域の特性を考慮した上で必要な行為の制限を行い 適切な規制 協議 誘導に努めます 1 建築物の建築等に関する行為の制限 規模 配置 地域景

2. 良好な景観の形成のための行為の制限 行為の制限の基本方針 本町の特徴的で多様性に富む景観の保全 創出を図り 地域全体として調和の取れた景観が形成されるよう 地域の特性を考慮した上で必要な行為の制限を行い 適切な規制 協議 誘導に努めます 1 建築物の建築等に関する行為の制限 規模 配置 地域景

○行為地に既存樹木・樹林や他自然要素を残す区域を積極的に設け、周囲景観と調和を図ると ともに、既存景観が維持されるように努める。 ○開発区域はできるだけ緑化に努め、周辺においても背景として効果に配慮した緑化に努める。 既存地形を利用して法面や擁壁縮小化を図るとともに、眺望に配慮する ため、山稜線や法面頂部付近では既存樹木保全に努めます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

資料 四輪車の加速走行騒音規制について ( 乗用車 小型車 ) 現行加速走行騒音試験法の課題 新加速走行騒音試験法の概要 国内走行実態との比較による新加速走行騒音試験法の検証 1

資料 四輪車の加速走行騒音規制について ( 乗用車 小型車 ) 現行加速走行騒音試験法の課題 新加速走行騒音試験法の概要 国内走行実態との比較による新加速走行騒音試験法の検証 1

③ MT車について、市街地走行で使用されるギヤ段と新加速試験法において選定され るギヤ段と比較 ・ 新加速試験法により選定されるギヤにより実現される回転数は、実走行エンジン回 転数域中でも高め領域であり、新試験法参照加速度を実現するギヤは、市街地 走行で使用されるギヤ中でも低めものが選定されている。

10 さらに読み込む

地域商業の強化と環境整備 平成26年度評価結果  長野市ホームページ

地域商業の強化と環境整備 平成26年度評価結果 長野市ホームページ

施策展開 方向性 (H26年度以降) 施策を形成する各事業基本的なフレームは継続するが、ハード面で環境整備は必要最小限にとどめ、主に 個店魅力向上に関する施策などソフト面充実によって商店街活性化を図っていくこととしたい。 融資制度については、継続した見直しを実施しながら中小企業活動を支えていきたい。

3 さらに読み込む

2. 建築物の制限 ( 初期値 ) について 基本的な方針にて決定済 高さ制限の方向性 大田区都市計画マスタープラン の土地利用方針に定める市街地類型の区分に応じて新たに 高さ制限に関する方向性 を定めました ( 表 -) 容積率 (%) 指定されている 用途地域 地域内建物棟数 (4 階以上 )

2. 建築物の制限 ( 初期値 ) について 基本的な方針にて決定済 高さ制限の方向性 大田区都市計画マスタープラン の土地利用方針に定める市街地類型の区分に応じて新たに 高さ制限に関する方向性 を定めました ( 表 -) 容積率 (%) 指定されている 用途地域 地域内建物棟数 (4 階以上 )

3 絶対高さ制限に係る指定値(上位計画及び実情を踏まえた補正) 標準的な建築計画において、高さ制限によって指定容積率が実現できないという事態が生じないことを目安として算出された「初期値」を基本とし、地域実情などを踏まえ一部地域について補正を行います。 ステップ 1(抽出):原則として指定対象除外区域を除く区内全域を対象に用途地域指定状況や土地利用状況など、一定条件に基づき初期値について検討を要する地域を抽出します。
さらに見せる

16 さらに読み込む

第10章 市街化調整区域内の建築制限(法第43条)

第10章 市街化調整区域内の建築制限(法第43条)

10-12 4 建築等許可基準(法第 43 条第2項、令第 36 条) (開発許可を受けた土地以外土地における建築等制限) 法第43条 何人も、市街化調整区域うち開発許可を受けた開発区域以外区域においては 、都道府県知事許可を受けなければ、第29条第1項第二号若しくは第三号に規定する建築 物以外建築物を新築し、又は第一種特定工作物を新設してはならず、また、建築物を改築 し、又はその用途を変更して同項第二号若しくは第三号に規定する建築物以外建築物とし てはならない。ただし、次に掲げる建築物新築、改築若しくは用途変更又は第一種特定 工作物新設については、この限りでない。(以下、略。)
さらに見せる

14 さらに読み込む

「都市計画道路区域内における建築制限の土地利用に与える影響分析」

「都市計画道路区域内における建築制限の土地利用に与える影響分析」

緩和 施策を 利用し て建 築事例 は少な く 2 ,そ 効果 が十分 なもの である とは考 え難い . そこで , 本稿 では, 都市計 画道路 区域 におけ る建築 制限 影響と 建築制 限緩 和施策 効果 に ついて , 平成 14 年から 平成 23 年まで 東京 都内公 示地価 を用い て, 低 層住宅 地と低 層住宅 地 以外 用途地 域に分 類し, OLS 及 び DID を用 いた分 析を行 った. 結論と しては ,建築 制限に よ り,低 層住宅 地では 約 5.2~7.1% 地 価低 下 影響を 与えて おり, 低層住 宅地以 外用 途地域 で は約 11.0~12.7% 地 価低 下影 響を与 えてい ること が示さ れた.ま た,建 築制 限緩 和によ っ て, 低層住 宅地で は約 4.2% 地 価上昇 , 低 層住宅 地以 外用 途地域 では約 4.7% 地価 低下 要 因とな ってい ること が示さ れた. こ れら 結果か ら, 用 途地域 により, 建築制限 影響 及び建
さらに見せる

19 さらに読み込む

2. 対象土地 施設の概要 ( 土地等 ) 項 目 内 容 都市計画 区域区分 なし 制限等 用途地域等 商業地域 防火地域 建ぺい率 80% 容積率 400% 高さ ( 斜線 ) 規制 道路勾配 1.5 隣地 31m+ 勾配 2.5 自然公園法 普通地域高さ 20m 以下 交通量 国道 1 号 1

2. 対象土地 施設の概要 ( 土地等 ) 項 目 内 容 都市計画 区域区分 なし 制限等 用途地域等 商業地域 防火地域 建ぺい率 80% 容積率 400% 高さ ( 斜線 ) 規制 道路勾配 1.5 隣地 31m+ 勾配 2.5 自然公園法 普通地域高さ 20m 以下 交通量 国道 1 号 1

本町では、平成 28 年度に建物系公共施設再編・整備に向けた実行計画となる「公共施設再 編・整備計画【第 1 期】 」を策定し、対象となる 96 施設について、具体的な取組内容と取組時期 を示したロードマップを作成しました。 この中で、湯本地区箱根観光物産館及び消防湯本分署・消防団第1分団詰所は、共に建設後 50 年以上が経過し老朽化が著しいため、今後あり方を検討すると位置付けました。

6 さらに読み込む

地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づく「申請に対する処分」に係る審査基準案

地域経済牽引事業の促進による地域の成長発展の基盤強化に関する法律に基づく「申請に対する処分」に係る審査基準案

当該計画による支援対象となっていないこと(当該施設や設備を活用して事業を行う ことは妨げない) 。 (7)申請された地域経済牽引事業計画に法第13条第3項第1号及び第2号に掲げる事 項記載があるときは、記載された内容が法第11条第3項規定による同意を得た 土地利用調整計画と適合すると認められること(法第13条第5項規定に基づく確

2 さらに読み込む

英語教育強化地域拠点事業

英語教育強化地域拠点事業

5 他教科等と関わり:[総合的な学習時間]致道館学習( 「庄内論語」素読、致道館訪問) [国語]パネルディスカッション「30 年後理想まち~鶴岡~」(「未 来自動車」発展学習) 6 期待する効果:・Let’s go to Italy. 学習で、外国よいところを知り外国へ興味・関心を 高めることができたことを受け、次は身近な自分たち地域に目を向け、お すすめしたい場所について紹介する活動を行うことで、自分たち住んでい る場所を深く知り、そのよさを再認識する。
さらに見せる

12 さらに読み込む

HOKUGA: 北海道内の地域ケア会議の実態からみる地域包括ケアシステムの課題

HOKUGA: 北海道内の地域ケア会議の実態からみる地域包括ケアシステムの課題

プを背景に多職種連携を進める成功事例 33 や北海道砂川市認知症を地域で見 守るために行政と市立病院が一体となった事例 34 からも、行政と医療つなが り強い「医療重視・行政主導型」が必要十分条件である 35 と考える。地域包 括ケアシステム構築に向け、地域医療職とつながりは必須であり、行政が より積極的に医療と関係を構築していくべきである。本調査でも〈医療職が 参加するともっと活発になる〉〈地域包括ケアには医療職知識技術は不可欠〉 など【医療職とつながりを充実すべき】と認識があり医療職へ期待があっ た。しかし、地域に目が向かない医療職へ批判や医療機関組織体制が地域 志向ではないことによる連携難しさを直営・委託両方包括が感じていた。 地域包括ケアシステムに医療職が必要と判断したなら、委託は直面している 医療職と連携難しさを行政に伝えるべきであり、直営は医療職へ批判だ けではなく、よりよい関係を構築するため努力や挑戦が必要である。
さらに見せる

45 さらに読み込む

1 地区計画の Q&A 1 地区計画の内容について 1 建築物の用途の制限 Q: 用途地域の制限に加えて 地区整備計画で更に規制しているのはなぜですか A: 地区計画は 地域の特性に合わせ良好な住環境を実現するため 用途地域での一般的な制限に加えて用途の制限をしています 例として 第一種住居地域では

1 地区計画の Q&A 1 地区計画の内容について 1 建築物の用途の制限 Q: 用途地域の制限に加えて 地区整備計画で更に規制しているのはなぜですか A: 地区計画は 地域の特性に合わせ良好な住環境を実現するため 用途地域での一般的な制限に加えて用途の制限をしています 例として 第一種住居地域では

郵送をご希望場合は、届出際に切手を貼付した返信用封筒を提出してください。 関係法令:都市計画法第 58 条 2 Q:地区整備計画に適合しなかった場合、罰則はありますか。 A:罰則等はございません。しかし、地区計画及び地区整備計画は、地域皆様と市原市が協働してまち づくりを進めていく中で、地域特性を活かした良好な住環境を整備していくことを目標にして、地 域皆様意見を基に定めていることから、適合していただけるよう指導・勧告を行っています。 ただし、届出を怠ったり、虚偽届出をした場合は 20 万円以下罰金が科されます。
さらに見せる

16 さらに読み込む

目次 グループ ガバナンス強化のための PMI および地域モニタリングの必要性 3 経理機能強化のための PMI および地域モニタリングに関するソリューション事例 8 当社サービスのご紹介 15

目次 グループ ガバナンス強化のための PMI および地域モニタリングの必要性 3 経理機能強化のための PMI および地域モニタリングに関するソリューション事例 8 当社サービスのご紹介 15

リスクマップによる重要リスク見える化、リスクマネジメント体制導入ワークショップ、 BCM(事業継続マネジメント)導入、CSA導入、グローバル/地域統括内部監査体制設計と実施 業務プロセス改善 業務効率および透明性向上ため業務見える化、シェアードサービス導入、BPR(Business Process Re-engineering)実行、域内連結管理会計強化、決算早期化、重要業務に関する従業員トレーニング
さらに見せる

19 さらに読み込む

歴史的風致維持向上地区計画区域内における建築物の制限に関する条例

歴史的風致維持向上地区計画区域内における建築物の制限に関する条例

(5) 前 3 号 に 掲 げ る 建 築 物 等 で あ っ た も 原 形 を 再 現 す る 建 築 物 等 で 、 市 長 が そ 原形再現がやむ を得 ないと認めたもの その 他規則で定めるも 3 第12条規 定 施行若しくは適用 日 において、現に存 する 建築物等又は現に 建築 等工事中建築 物若 しくは建設等工 事中 工作物が、同条 規 定に適合しない場 合 又は同条規定に 適合 しない部分を有す る場 合においては、当 該建 築物等又はその部 分 に対しては、同条 から 前条まで規定は 、適 用しない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Word 地域建設業経営強化融資制度等の適用について  三原市ホームページ

Word 地域建設業経営強化融資制度等の適用について 三原市ホームページ

第6条(被担保債権)  債権譲渡は,将来甲乙間で締結する金銭消費貸借契約(本件工事請負契約を履行するため 運転資金確保ために行うもの)に基づいて乙が甲に対して取得する債権(以下,乙貸金債 権という)を担保するため,並びに甲が本件工事請負契約を履行するために使用する下請負人が , 甲に対し,本件請負工事について現在有し及び将来確定し取得することあるべき下請工事代金 債権または資材納入にかかる売掛債権(以下,下請債権という)を担保するためになされるもの であって,乙が甲に対して有する乙貸金債権以外債権を担保するものではない。
さらに見せる

1 さらに読み込む

海外子会社管理と地域統括機能強化

海外子会社管理と地域統括機能強化

2. 統括会社実質的なオーナー不在 通常、統括会社本社における所管は経営企画や海外企画 といった部門です。しかし、統括会社役割再定義や、機 能強化といった議論を行う場合には、管理部門および事業 部門を巻き込んだ議論と合意形成が必要となるため、推進力 を維持することが難しいケースが多くあります。また、本社か らみた現地に対する“気兼ね”や“遠慮”といった力が働くた め、現地からニーズ無くして本社が改善に向けて動くことも また難しくなります。しかし、現地子会社経営陣は一般的に 事業部門出身者であり、かつ目前課題解決に忙殺されてい るため中長期的な管理体制整備を見据えた活動を負うこと は難しいと考えられます。結果的に検討がデッドロックに陥る か、目前にある「手をつけやすい」課題つぶし込みのみに 終始することになります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

内モンゴル東部農耕地域における伝統文化の復興と地域秩序の変容

内モンゴル東部農耕地域における伝統文化の復興と地域秩序の変容

消失も想像を超えるスピードで進行したのであ る。本論文で取り上げたモンゴル東部地域はまさ にそうした農耕化により伝統文化が失われた典型的 な地域である。しかし、こうした民族文化市場化 ブームなかで、農耕化し、伝統文化発信力が弱 くなったモンゴル東部ような地域でも民族文化 復興や観光化に取り組んでおり、伝統喪失と市 場化を目的とした慌ただしい「復興」なかで多く 矛盾点が生じている。中国少数民族地域におけ る経済発展遺産をこのような複雑な視点から 取り上げたが本論文独創的なところである。  本論文は、現地における数次詳細なフィルドワー クを通して、まずモンゴル東部地域なかでも代表 的な地域にあたる通遼市付近で建設されている大規模 なテーマパーク「孝荘園」建設過程における強引な 地域再構成を提示した。そのうえ、地方政府直 接関与で行われたこのテーマパーク建設によって、 周辺モンゴル人村落に細々と生き残っていたモンゴ ル人伝統的な放し飼い牧畜息の根が絶たれ、いき なり巨大な市場経済渦巻くに巻き込まれていく姿を 分析した。紙面制限によって、ほかモンゴル地 域と比較がなされてないが、中国ほか少数民族 地域で行われている文化市場化動向と比較も含め て今後努力を期待したい。
さらに見せる

9 さらに読み込む

地域内における自律・分散・協調型ネットワークモデルの構築

地域内における自律・分散・協調型ネットワークモデルの構築

ル構築が急務な課題となっている。 第 2 は,地域社会と中小企業と関係性である。地域社 会活性化において,地域と密接な関係にある中小企業に 大きな期待が寄せられている。しかしながら中小企業を取 り巻く環境は,年々厳しくなってきている。この状況を打 破するためには,中小企業は「稼ぐ力」を身につける必要 がある。この稼ぐ力を具現化するものが,開発提案能力 強化である。中小企業が単独で開発提案能力強化に取り 組んでいくことには限界があり,オープンイノベーション によって中小企業を支援していくモデル構築が必要とな る。
さらに見せる

3 さらに読み込む

概要 サブバッテリーシステムの注意事項 1 2 家庭内 ( 商用電源 AC100V) の様に電化製品は使えない ( 電子レンジは非常に困難 / エアコンは使えない ) 制約要因 1 車載のため重量 / スペースからバッテリー容量の制限を受ける 2 走行充電ではオルタネータ容量 ( 発電機 ) とバッ

概要 サブバッテリーシステムの注意事項 1 2 家庭内 ( 商用電源 AC100V) の様に電化製品は使えない ( 電子レンジは非常に困難 / エアコンは使えない ) 制約要因 1 車載のため重量 / スペースからバッテリー容量の制限を受ける 2 走行充電ではオルタネータ容量 ( 発電機 ) とバッ

6 サイクル寿命による容量低下を考慮する。 家庭(商用電源AC100V)様に電化製品は使えない。 (電子レンジは非常に困難/エアコンは使えない) ① 車載ため重量/スペースからバッテリー容量制限を受ける。

12 さらに読み込む

笠岡市特定用途制限地域内における建築物等の用途に関する条例

笠岡市特定用途制限地域内における建築物等の用途に関する条例

類,砒素化合物,鉛化合物,バリウム化合物,銅化合物,水銀化新合物, シヤン化合物,クロールズルホン酸,クロロホルム,四塩化炭素,ホル マリン,ズル ホナール,グリセリン,イヒチオールズルホン酸アンモン, 酢酸,石炭酸,安息香酸,タンニン酸,アセトアニリド,アスピリン又 はグアヤコール製造

8 さらに読み込む

また 流通 取引慣行ガイドラインによれば ( 第 2 部第二 非価格制限行為 3 流通業者の販売地域に関する制限 4 流通業者の取引先に関する制限 5 小売業者の販売方法に関する制限 ) メーカーによる流通業者の販売地域の制限 ( 厳格な地域制限 地域外顧客への販売制限 ) 流通業者の取引先に関する

また 流通 取引慣行ガイドラインによれば ( 第 2 部第二 非価格制限行為 3 流通業者の販売地域に関する制限 4 流通業者の取引先に関する制限 5 小売業者の販売方法に関する制限 ) メーカーによる流通業者の販売地域の制限 ( 厳格な地域制限 地域外顧客への販売制限 ) 流通業者の取引先に関する

本件判決は、メーカー販売業者に対する販売方法制限につき、不公正な取引方法と して拘束条件付取引公正競争阻害性に係る判断枠組みを示したものとして重要であ る。特に、化粧品という商品特性に着目したものではあるが、ブランドイメージ保持 が公正競争阻害性判断において考慮される要素であることを認めた点も重要である。 また、対面販売ないしカウンセリング販売義務付けという小売業者販売方法に関す る制限拘束条件付取引該当性につき、公取委流通・取引慣行ガイドラインに依拠して いる点も注目される。もっとも、ガイドラインが、販売方法制限は、「商品安全性 確保、品質保持、商標信用維持等、当該商品適切な販売ため合理的な理由が 認められ、かつ、他取引先小売業者に対しても同等条件が課させられている場合には、 それ自体は独占禁止法上問題となるものではない」というは、EU 競争法上 EU 特有 選択的販売制度(selective distribution system)許容要件から借用してきたものである。EU では、元来、メーカーが販売店を自由に選択することに制約があったことから、高技術品 や高ブランド品について、客観的・質的な要件に基づき販売店を選択することを許容する 選択的販売制度が導入されたである。しかし、日本では、元来、メーカーが販売店を選 択することは自由であり、EU 競争法上選択的販売制度許容要件借用は必要がなか ったものである。メーカー販売方法に関する制限は、「商品安全性確保、品質保 持、商標信用維持等、当該商品適切な販売ため合理的な理由が認められ、かつ、 他取引先小売業者に対しても同等条件が課させられている場合には、それ自体は独占 禁止法上問題となるものではない」はよいとしても、逆に、当該商品適切な販売た め合理的な理由が認められなければそれ自体で違法となるわけではないし、他取引先 小売業者に対しても同等条件が課させられていなければそれ自体で違法となるわけでも ないである。メーカー販売方法に関する制限が拘束条件付取引に該当し違法とされる は、競争回避効果又は競争者排除効果が認められ、競争減殺を意味する公正競争 阻害性要件が満たされる場合である。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...