年間の試験において,トリア

Top PDF 年間の試験において,トリア:

JAIST Repository: 公設試験研究機関の現状と課題 : 過去7年間の推移の観点から

JAIST Repository: 公設試験研究機関の現状と課題 : 過去7年間の推移の観点から

JAIST Repository https://dspace.jaist.ac.jp/ Title 公設試験研究機関の現状と課題 : 過去7年間の推移の 観点から Author(s) 権田, 金治; 森川, 晴成 Citation 年次学術大会講演要旨集, 14: 460-465 Issue Date 1999-11-01.. Type Conference Pape[r]

7 さらに読み込む

クヌギ2次林の施業試験択伐後10年間における林分構造の推移

クヌギ2次林の施業試験択伐後10年間における林分構造の推移

クヌギ2次林の施業試験択伐後10年間における林分構造の推移 (165) 6.葉乾重灘の推移  各試験区のha当たり葉乾重量の胸高直径階別配分は表14,樹高階別配分は表15のとおりである。  E試験区(無施業区)のha当たり葉乾重を全樹種についてみると,1977年の時点ではha当たり3.5t を示していたが,1982年には0.9t増加してha当たり4.4tを示し,1987[r]

30 さらに読み込む

2019 年度 4 年間継続特待生試験 課題

2019 年度 4 年間継続特待生試験 課題

自作曲を演奏する。 ( 8 分以内) *試験場で使用機種は、 YAMAHA ELS-02X(バイタライズ)、ELS-02C、EL900m。 *試験場でレジストレーション設定は出来ないので、あらかじめ用意すること。 * MDR 使用範囲は、レジストレーション呼び出しのみに限る(演奏情報呼び出しは不可)。 注)楽譜を提出すること(申込書提出時に同封すること) 。

11 さらに読み込む

ところが 本取りまとめ案においては 司法修習修了者の終了直後の弁護士未登録者数が 増加傾向にあること 法律事務所への就職が困難な状況が生じていることなどを理由に 3,000 人という司法試験の年間合格者数の数値目標を撤回しようとしている しかし 法廷弁護士を前提とすれば年間 3,000 人は確かに供

ところが 本取りまとめ案においては 司法修習修了者の終了直後の弁護士未登録者数が 増加傾向にあること 法律事務所への就職が困難な状況が生じていることなどを理由に 3,000 人という司法試験の年間合格者数の数値目標を撤回しようとしている しかし 法廷弁護士を前提とすれば年間 3,000 人は確かに供

他方で、実務研修については、法科大学院におけるインターンシップを必修科目とするこ とによって代替することも可能である。また、司法修習を廃止する一方で、公認会計士よ うに法律事務所や企業法務部で実務経験(司法試験合格前後を問わない)を新しい二 回試験受験要件とすることも考えられる。それによって、法曹有資格者企業へ就職年 齢を若返らせることが可能となり、企業側採用を促進することが期待できる。
さらに見せる

5 さらに読み込む

(2) 併願入試 ( 一般公募制推薦入試 一般入試 大学入試センター試験利用入試 ) 併願入試においては 1は入学試験の成績により 2 3は本学が指定する資格試験の基準により 以下の授業料減免制度 ( 種別 ) の適用対象となります 1 種別 : 特待生特別奨学制度 入学試験で優秀な成績を収めた場合

(2) 併願入試 ( 一般公募制推薦入試 一般入試 大学入試センター試験利用入試 ) 併願入試においては 1は入学試験の成績により 2 3は本学が指定する資格試験の基準により 以下の授業料減免制度 ( 種別 ) の適用対象となります 1 種別 : 特待生特別奨学制度 入学試験で優秀な成績を収めた場合

 (2) 併願入試(一般公募制推薦入試、一般入試、大学入試センター試験利用入試)     併願入試においては、①は入学試験成績により、②、③は本学が指定する資格試験基準により、以下授 業料減免制度(種別)適用対象となります。  ① 種別:特待生特別奨学制度  入学試験で優秀な成績を収めた場合、1年次後期授業料(360,000円)を免除  ② 種別:資格取得特待生制度A  本学が指定する資格を取得場合、授業料半額(360,000円)を4年間免除  ③ 種別:資格取得特待生制度B  本学が指定する資格を取得場合、1年次前期授業料(360,000円)を免除  備考:②、③における本学が指定する資格は下一覧表を参照。なお、出願時には、該当する資格証明書提出
さらに見せる

36 さらに読み込む

目次 略語 略号一覧 個々の試験のまとめ 検証的試験 2(MCI 試験 ) 試験方法 要約 結論 死亡被験者及び重篤

目次 略語 略号一覧 個々の試験のまとめ 検証的試験 2(MCI 試験 ) 試験方法 要約 結論 死亡被験者及び重篤

治療 有無 併用薬 ※3 リルゾール(継続~継続) ,ムコダイン錠 250 mg(継続~投与開始 76 日後),メジコン散 10%(投与開 始 1 日前~7 日後),プルスマリン A ドライシロップ 1.5%(投与開始 1 日前~7 日後),ツムラ葛根湯エキ ス顆粒(投与開始 1 日前~7 日後),ソルデム 1 輸液 200 mL(投与開始 1 日前),ソル・メドロール 500 mg (投与開始 4 日後),イオベリン注 300(投与開始 29 日後),ニューモバックス NP(投与開始 54 日後), ポタコール R 輸液 500 mL(投与開始 54~55 日後),アミグランド輸液(投与開始 56~64 日後),インフ ルエンザ HA ワクチン(投与開始 64 日後),アミグランド輸液(投与開始 75~78 日後),プルゼニド錠 12 mg(投与開始 76 日後),キシロカインゼリー(投与開始 76 日後),キシロカインポンプスプレー(投 与開始 76 日後),ドルミカム注射液 10 mg(投与開始 76 日後),ブスコパン注 20 mg(投与開始 76 日後), フルマゼニル静注液 0.2 mg「マイラン」(投与開始 76 日後),アタラックス P 注射液 25 mg(投与開始 76 日後) ,ガスター注射液 20 mg(投与開始 76 日後),ソルデム 3A 輸液 500 mL(投与開始 76~81 日後), ポタコール R 輸液 500 mL(投与開始 76~81 日後),セフメタゾン静注用 1 g(投与開始 76~78 日後),ビ ソルボン注射液 4 mg(投与開始 76~77 日後),ソルデム 1 輸液 500 mL(投与開始 77~79 日後),カルボ システイン DS 50%(投与開始 78~110 日後),アミグランド輸液(投与開始 80~81 日後),セフトリアキ ソンナトリウム(投与開始 100~103 日後),ラックビー微粒 N(投与開始 109~110 日後),スルバクタム /アンピシリン(投与開始 113~119 日後),パーキネス錠 2 mg(投与開始 114~119 日後),マイスリー 錠 10 mg(投与開始 114 日後),ゾピクロン錠 7.5 mg(投与開始 115 日後~継続),人参湯(投与開始 116 ~119 日後)
さらに見せる

366 さらに読み込む

17 ページ明海大学スポーツ奨励奨学金の給付条件現行 改定後 4 年間の授業料を全額免除 4 年間の授業料を半額免除 4 年間の授業料を全額免除 4 年間の授業料を半額免除 全国高等学校総合体育大会 国民体育大会等の全国大会の団体戦または個人戦でベスト 8 以上の成績 ( 団体戦においては中心選手と

17 ページ明海大学スポーツ奨励奨学金の給付条件現行 改定後 4 年間の授業料を全額免除 4 年間の授業料を半額免除 4 年間の授業料を全額免除 4 年間の授業料を半額免除 全国高等学校総合体育大会 国民体育大会等の全国大会の団体戦または個人戦でベスト 8 以上の成績 ( 団体戦においては中心選手と

3.一般入学試験··························································································································· 75 4.大学入試センター試験利用入学試験···················································································· 78 5.一般入学試験(センタープラス方式)·················································································· 81 6.大学入学資格認定審査について···························································································· 84
さらに見せる

138 さらに読み込む

本稿にて紹介する 特発性肺線維症患者を対象としたオフェブの臨床試験 国内第 Ⅱ 相試験試験 海外第 Ⅱ 相用量反応試験 第 Ⅲ 相国際共同試験 試験 :TOMORROW 試験 試験 :INPULSIS-1 試験 試験 :INPULSIS-2

本稿にて紹介する 特発性肺線維症患者を対象としたオフェブの臨床試験 国内第 Ⅱ 相試験試験 海外第 Ⅱ 相用量反応試験 第 Ⅲ 相国際共同試験 試験 :TOMORROW 試験 試験 :INPULSIS-1 試験 試験 :INPULSIS-2

B 肺基底部および末梢優位線維化に合致する網状影かつ牽引性気管支拡張所見がみられる C すりガラス陰影が認められる場合は、網状影よりも広汎でないこと 特に結節影やコンソリデーションなど特発性肺線維症として非典型的な所見がないこと、 【INPULSIS試験におけるHRCT UIP判定基準】 【解析計画】下記有効性評価項目は試験解析に加え、併合解析を行うことが事前に規定された。主要 評価項目および重要な副次評価項目における部分集団 ※1 解析は併合解析を行うことが事前に規定された。 部分集団解析うち(日本人集団、日本人以外集団)は試験解析および併合解析を行うことが事前 に規定された。部分集団解析は、部分集団における治療効果一貫性を検討するために実施された。 【主要評価項目】FVC年間減少率(mL/年)
さらに見せる

62 さらに読み込む

HOKUGA: 最後の11年間

HOKUGA: 最後の11年間

北海学園大学で務めて 27 年たった後,はじめて自分専門研究とか かわる学部に所属することができました。その間に教養は共通教育そして 一般教育と名前は変わりましたが,実は共通教育講義科目として 1998 年から人文学部に異動するまで⽛現代文化論⽜という科目を担当していま した。科目名は⽛現代文化論⽜ですが,内容としては⽛アメリカ文化⽜を 全学学生に 9 年間教えてきました。アメリカ音楽や映画をあつかう科 目だったせいか履修者が 700 人をこえて 2 クラスに割ったり,2 部 1 ク ラスも入れると合計で 1000 人をこえて試験採点が大変だった記憶もあ ります。人文学部ではほぼ同じ内容,しかし履修者は 90 名弱⽛アメリカ 文化特論/北米文化論⽜を先日おえて,実質的に大学最後講義となりまし た。
さらに見せる

11 さらに読み込む

平成 30 年度事業計画書 1 都道府県知事の委任を受けて行う行政書士試験の実施に関する事務 (1) 試験制度について 広報活動を通じ周知を行う (2) 試験地は各都道府県とし 試験場は 受験者の利便性を考慮して配置する (3) 試験委員会において 試験問題を作成し 採点を行う (4) 試験案内の配

平成 30 年度事業計画書 1 都道府県知事の委任を受けて行う行政書士試験の実施に関する事務 (1) 試験制度について 広報活動を通じ周知を行う (2) 試験地は各都道府県とし 試験場は 受験者の利便性を考慮して配置する (3) 試験委員会において 試験問題を作成し 採点を行う (4) 試験案内の配

平成30年度行政書士試験実施計画 平成30年度行政書士試験を下記とおり実施する。 1 年間スケジュール 別添スケジュールに基づき実施する。主な業務日程は次とおり。 (1)試験公示 7月第2週 (7月9日〔月〕) (2)試験案内・受験願書配布 7月30日(月)から8月31日(金)まで

5 さらに読み込む

平成 24 年度外部精度管理調査結果 平成 24 年度の細菌試験 水質試験に関する試験検査精度管理調査を実施し その結果を平成 24 年 12 月 19 日に開催した試験検査精度管理委員会において協議した ( 平成 24 年度の委員名簿は表 1 のとおり ) 調査の結果を報告する 氏名所属 職名氏名

平成 24 年度外部精度管理調査結果 平成 24 年度の細菌試験 水質試験に関する試験検査精度管理調査を実施し その結果を平成 24 年 12 月 19 日に開催した試験検査精度管理委員会において協議した ( 平成 24 年度の委員名簿は表 1 のとおり ) 調査の結果を報告する 氏名所属 職名氏名

1 機関で EHEC O157 VT1(+) VT2(-)という 誤同定が為 された原因として、ベロ毒素検出試験に検体として用い た菌量が不足していた可能性が考えられた。当該機関で 実施したベロ毒素検出試験には、イムノクロマト法を原 理とする製品(デュオパス・ベロトキシン(メルク) )が 使用された。本製品取扱説明書被検体調整に関す る記述は、 「寒天培地より採取した被検大腸菌コロニー 一つを、SMAC 寒天培地上に接種し、培養後、培地上 コロニー(1mm 径) 5 つ(またはその相当量)を採取 し、 0.5mg/ml ポリミキシンB 溶液 0.5ml に懸濁した後、 37℃30 分間反応させた溶液を検体とする。 」となってい る。この記述では、検体として採取するコロニー採取 量に関する記述が定量的な表現でないため、採取するコ ロニー高さ、密度、さらに採取する被験者感覚によ るばらつきが起こる可能性があると考えられた。今回、 検体配布前に当該菌株は PCR 法により VT1(+) VT2(+)が 確認されていること、他機関で当該菌株を対象に同じ 製品によるイムノクロマト法、RPLA 法、PCR 法、LAMP 法 などベロ毒素検出試験験により VT1(+) VT2(+)が確認 されたこと、誤同定された機関で供試菌量について定量 的な検討を行い、正しい結果が得られたことから、誤同 定原因は検体として用いた菌量不足が原因であった と考えられた。当該試薬は過剰な供試量による擬陽性例 も報告されていることから、試薬使用に際しては試薬 特性に応じた注意点に関する情報を十分に理解し、ま た新たな試薬を使用する際には、異なる原理試薬と 比較など正しい結果を導くことができるような検討を行 うことも必要であると考えられた。
さらに見せる

13 さらに読み込む

1. 実施する試験区分 次の図に示すとおり, 情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験を実施する 情報処理技術者試験は,IT パスポート試験, 情報セキュリティマネジメント試験, 基本情報技術者試験, 応用情報技術者試験及び高度試験 (IT ストラテジスト試験, システムアーキテクト試験,

1. 実施する試験区分 次の図に示すとおり, 情報処理技術者試験及び情報処理安全確保支援士試験を実施する 情報処理技術者試験は,IT パスポート試験, 情報セキュリティマネジメント試験, 基本情報技術者試験, 応用情報技術者試験及び高度試験 (IT ストラテジスト試験, システムアーキテクト試験,

情報機密性・完全性・可用性,脅威,マルウェア・ 不正プログラム,脆弱性,不正メカニズム,攻撃者 種類・動機,サイバー攻撃(SQL インジェクショ ン,クロスサイトスクリプティング,DoS 攻撃,フィ ッ シ ング ,パ スワ ード リ スト 攻 撃, 標的 型攻 撃 ほ か),暗号化技術(共通鍵,公開鍵,秘密鍵,RSA, AES,ハイブリッド暗号,ハッシュ関数ほか),認証 技術(ディジタル署名,メッセージ認証,タイムスタ ンプほか),利用者認証(ID・パスワード,多要素認 証,アイデンティティ連携(OpenID,SAML)ほ か),生体認証技術,公開鍵基盤(PKI,認証局,デ ィジタル証明書ほか),政府認証基盤(GPKI,ブリ ッジ認証局ほか) など
さらに見せる

17 さらに読み込む

ミラベグロン 2.4 非臨床試験の概括評価 目次 2.4 非臨床試験の概括評価 非臨床試験計画概略 薬理試験 薬物動態試験 毒性試験 総括及び結論 参考文献一覧

ミラベグロン 2.4 非臨床試験の概括評価 目次 2.4 非臨床試験の概括評価 非臨床試験計画概略 薬理試験 薬物動態試験 毒性試験 総括及び結論 参考文献一覧

した。絶対バイオアベイラビリティは,ラットで投与量 3,10 及び 30 mg/kg において 23.0%,48.4% 及び 75.7%,イヌで 0.25,0.5 及び 1 mg/kg において 41.8%,64.6%及び 77.1%であり,投与量増 加に伴い増大した(概要表 2.6.5.5 単回経口投与後血液・血漿中濃度)。ヒトにおける絶対バイ オアベイラビリティも投与量増加に伴い増大した(2.7.1.2.6 絶対バイオアベイラビリティ試験 [CL-033],2.7.1.2.4 IVIVC 試験[CL-076])。ミラベグロン全身クリアランスはラット及びイヌ いずれにおいても比較的大きく(それぞれ 47.4 及び 37.2 mL/min/kg),かつ 14 C-ミラベグロンを ラットに経口投与したとき血漿,尿及び胆汁中放射能半分以上を代謝物が占めていたことか ら(概要表 2.6.5.15 In vivo で代謝),これらクリアランスには主として代謝クリアランスが寄 与していると考えられた。さらに,絶対バイオアベイラビリティ投与量増加に伴う増大は, 小腸又は肝初回通過時代謝能あるいは排出能飽和による可能性が考えられたが,代謝物を測 定したラット及びヒト PK 試験においては,測定したいずれ代謝物血漿中濃度も投与量 増加に伴い非線形に増大した(概要表 2.6.5.17 反復経口投与後血漿中代謝物濃度,2.7.2.2.2.3.1 性差及び高齢者試験[CL-072],2.7.2.2.2.5.1 QT/QTc 評価試験[CL-037])。代謝能飽和を示唆す るような変化は観察されなかったことから,排出能飽和が投与量比以上増大原因と推察さ れた。ヒトにおいては 300 mg 以上高投与量では C max 及び AUC inf は投与量比に伴って上昇する
さらに見せる

33 さらに読み込む

2. 現地浸透試験の試験方法 浸透施設の計画において 名古屋市の標準飽和透水係数を用いずに現地浸透試験を行い土壌の飽和透水係数を決定する場合の試験方法は ボアホール法を標準タイプとするが 地盤状況などに応じ実物試験を選択し 定水位注水法または定量注水法で実施するものとする 解説 名古屋市内の雨水浸透

2. 現地浸透試験の試験方法 浸透施設の計画において 名古屋市の標準飽和透水係数を用いずに現地浸透試験を行い土壌の飽和透水係数を決定する場合の試験方法は ボアホール法を標準タイプとするが 地盤状況などに応じ実物試験を選択し 定水位注水法または定量注水法で実施するものとする 解説 名古屋市内の雨水浸透

・浸透ます ・浸透トレンチ ・透水性舗装 ・浸透側溝 ・その他浸透施設 浸透施設は、施設本体透水機能と地中へ浸透機能が長期間にわたり効果的に発揮でき るように、目づまり防止ためにフィルター(防塵ネット等)設置をする。また、清掃等 維持管理に配慮した構造とするとともに、設置場所における荷重に対しても安全な構造を有 するものとする。

20 さらに読み込む

試験種目 試験の方法 試験 第 1 次試験 第 2 次試験 第 3 次試験 試験種目 基礎能力試験 ( 多肢選択式 ) 適性試験 Ⅰ 部 ( 多肢選択式 ) 外国語試験 ( 聞き取り ) 外国語試験 ( 多肢選択式 ) 外国語試験 ( 面接 ) 解答題数解答時間 配点比率 内 公務員として必要な基礎

試験種目 試験の方法 試験 第 1 次試験 第 2 次試験 第 3 次試験 試験種目 基礎能力試験 ( 多肢選択式 ) 適性試験 Ⅰ 部 ( 多肢選択式 ) 外国語試験 ( 聞き取り ) 外国語試験 ( 多肢選択式 ) 外国語試験 ( 面接 ) 解答題数解答時間 配点比率 内 公務員として必要な基礎

  申込手続は、「事前登録」と「申込み」2段階になっています(平成30年度に行われる他国家公務員採用試験  において、既に事前登録を行っており、ユーザーIDを持っている場合は事前登録は不要です。)。「事前登録」だ  けでは申込完了にはなりません。「事前登録完了通知メール」及び「申込受付完了通知メール」が送信されますので  必ず保存してください。また、「事前登録」際に登録したメールアドレスは、受験票発行通知メールが届き受験票  を作成するまで変更しないでください。ユーザーID及びパスワードは、個人試験結果(成績)確認際にも必  要になりますので、忘れないように必ず控えておいてください。
さらに見せる

6 さらに読み込む

監督段階におけるチェックシート提出等書類編 2/13 支 調査 試験に対する協力 独自の調査 試験を行う場合の処置 - 承諾承諾工事現場において独自の調査 試験等を行う場合, 具体的な内容を事前に監督職員に説明し, 承諾を得なければならない 工事の一時中止 基本計

監督段階におけるチェックシート提出等書類編 2/13 支 調査 試験に対する協力 独自の調査 試験を行う場合の処置 - 承諾承諾工事現場において独自の調査 試験等を行う場合, 具体的な内容を事前に監督職員に説明し, 承諾を得なければならない 工事の一時中止 基本計

管理 提示 - ○ ○ △ - - - - - 適正に処理されていることを確かめるとともに監督職員に提示 再生資源利用計画 施工 管理 提出 - 施工計画書へ記載 土砂,砕石または加熱アスファルト混合物を工事現場に搬入する場合には,再生資源利用計画を作成し,施工計画書に含め監督職員 に提出(1-1-2-7 請負代金額100万円以上工事) 再生資源利用促進計画 施工 管理 提出 - 施工計画書へ記載 建設発生土,コンクリート塊,アスファルト・コンクリート塊,建設発生木材,建設汚泥又は建設混合廃棄物を工事現場から搬出す る場合には,再生資源利用促進計画を作成し,施工計画書に含め監督職員に提出(1-1-2-7 請負代金額100万円以上工事) 再生資源利用実施書 - 提出 受理 工事打ち合わせ簿 再資源化等が完了後速やかに,実施状況を記録した「再生資源利用実施書」を監督職員に提出
さらに見せる

15 さらに読み込む

室内土質試験及びカラム試験 (1) 室内土質試験及びカラム試験の目的室内土質試験及びカラム試験は 掘削調査地点内の現場土壌の物理特性及び当該地におけるヒ素の遅延性 ( 脱着特性 ) を把握するために実施した (2) 室内土質試験及びカラム試験の手順 1) 試験項目室内土質試験及びカラム

室内土質試験及びカラム試験 (1) 室内土質試験及びカラム試験の目的室内土質試験及びカラム試験は 掘削調査地点内の現場土壌の物理特性及び当該地におけるヒ素の遅延性 ( 脱着特性 ) を把握するために実施した (2) 室内土質試験及びカラム試験の手順 1) 試験項目室内土質試験及びカラム

透水性及び有効間隙特性を把握するため、カラム装置を用いた透水試験・有効間隙量試験を実施した。 装置は、図 3.3.24 に示すものを使用した。試験手順は以下とおりである。 i) 透水試験 ① 内径 7cm、長さ 25cm アクリルカラムに土壌を長さ約 20cm となるように充填した。採取直後に凍結され た土壌試料をカラム壁面に隙間が生じないように配慮してナイフで削りカラムに収めた。充填量は、 土質試験含水比と充填容積からあらかじめ算出した量とした。
さらに見せる

23 さらに読み込む

Page 1 レベチラセタム 個々の試験のまとめ 個々の試験のまとめ Page 1 目次 頁 個々の試験のまとめ... 4 臨床試験一覧表 ( 表 ) バイオアベイラビリティ (BA) 試験報告書

Page 1 レベチラセタム 個々の試験のまとめ 個々の試験のまとめ Page 1 目次 頁 個々の試験のまとめ... 4 臨床試験一覧表 ( 表 ) バイオアベイラビリティ (BA) 試験報告書

治験方法 日本人及び白人健康成人男性を対象に、1 日目午前中にレベチラセタム 1500 mg を 15 分間単回静脈内投与し、3 日目午前中から 4.5 日間レベチラセタム 1500 mg を 1 日 2 回 15 分間反復静脈内投与した。 本治験では、二段階から成る逐次的手法を用いた。第 1 段階では、治験責任医師が実 施医療機関データベースに登録されている志願者から十分な数被験者をスクリー ニングし、日本人及び白人健康男性被験者各 16 例を第 1 コホートに組み入れた。 各人種グループ被験者 16 例に非盲検下でレベチラセタムを静脈内投与し、薬物動 態パラメータが得られた後、各人種グループ内変動係数を基に被験者数を再検討す ることとした。第 2 段階では、各人種グループ被験者数を 16 例から増やす必要性 が示された場合には、第 2 コホートとして再検討した被験者数に達するまで被験者を 追加募集することとした。第 2 コホートについても第 1 コホートと同じ手順を実施す ることとしたが、各人種グループ最大被験者数は 25 例とした。
さらに見せる

102 さらに読み込む

2008/08/05 豊国石油株式会社 製品開発事業部 ワイヤーロープグリースの試験方法 1 ちょう度試験 (Penetration) 荷重 時間及び温度の規定条件において 標準円すいが試料に進入する距離 0.1mm を 1 単位とする 試験方法 (JIS K 2235) 試料を 82±3 に加熱溶

2008/08/05 豊国石油株式会社 製品開発事業部 ワイヤーロープグリースの試験方法 1 ちょう度試験 (Penetration) 荷重 時間及び温度の規定条件において 標準円すいが試料に進入する距離 0.1mm を 1 単位とする 試験方法 (JIS K 2235) 試料を 82±3 に加熱溶

⑧ 流下点試験(Falling Point) グリース金属に対する所定温度における付着力を評価する試験である。 試験方法(JIS K 2246) テストピース(60×80×1mm)を磨き、溶剤で洗浄し、適当な温度に保持した試料に浸漬し、平均膜 厚が 1300±100μm になるように調整する。その後、試験長辺から 25mm 距離に、長辺に平行に、 かみそりで刻み線を付けて 25mm 幅膜を取り除く。次に、切り残された膜端に平行で、かつ 3mm 隔てた所に基準線として直線を描き試験片を調整する。調整した試験片を所定温度に保った空気浴 中に膜を取り除いた部分を下にして吊るし、1 時間毎に膜流下有無を調べる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2.4 非臨床試験の概括評価 Bayer Yakuhin, Ltd. Page 1 of 非臨床試験の概括評価の目次 非臨床試験計画概略 薬理試験計画 効力を裏付ける試験 安全性薬理試験.

2.4 非臨床試験の概括評価 Bayer Yakuhin, Ltd. Page 1 of 非臨床試験の概括評価の目次 非臨床試験計画概略 薬理試験計画 効力を裏付ける試験 安全性薬理試験.

ガドリニウム含有 MRI 造影剤臨床使用と関連する可能性が報告されている NSF に関し、高用 量造影剤を反復投与した動物実験において類似皮膚病変発生可能性を検討したが、本剤投与 群皮膚に病理組織学的異常は認められなかった。また、皮膚、肝臓及び大腿骨中亜鉛及び銅 濃度に薬剤投与による変動は認められなかった。加えて、本剤及び 0.5mmol/mL 製剤反復静脈内 投与毒性試験で採取されたラット及びイヌ皮膚を病理組織学的に追加検索したが、NSF 類似 皮膚変化(病理組織学的に線維化、コラーゲン沈着、細胞外間隙欠失、真皮肥厚及び細胞密度 増加)は認められなかった。一方、類薬であるガドジアミド水和物正常又は片側腎摘出ラッ ト(重度腎障害モデル)へ高用量反復静脈内投与時には、NSF 類似皮膚変化とともに皮膚、 肝臓及び大腿骨に高濃度ガドリニウムが検出された。各種ガドリニウム含有 MRI 造影剤反復 静脈内投与後皮膚におけるガドリニウム濃度は、ガドジアミド水和物(非イオン性直鎖構造) 群に比してガドペンテト酸メグルミン(イオン性直鎖構造)群で低く、ガドブトロール(マクロ 環構造)群では最も低かった。ガドブトロールはマクロ環構造を有し、キレート安定度が高いこ と 22) から、遊離ガドリニウムに起因する可能性が指摘されている NSF 発生リスクは低いことが
さらに見せる

24 さらに読み込む

Show all 10000 documents...