年間の見通し

Top PDF 年間の見通し:

< 図表 2 > 仙台市立柳生中学校 2011 年度総合的な学習の時間 年間予定表第 2 学年 A 課題設定の段階 段階回ねらい ( 身につけさせたい考え方 ) 活動内容スキル ( 身につけさせたい学び方 ) 教科との関連 1 計画準備 1 昨年の学習を振り返ろう 1 年間の見通しをもとう 2 課題

< 図表 2 > 仙台市立柳生中学校 2011 年度総合的な学習の時間 年間予定表第 2 学年 A 課題設定の段階 段階回ねらい ( 身につけさせたい考え方 ) 活動内容スキル ( 身につけさせたい学び方 ) 教科との関連 1 計画準備 1 昨年の学習を振り返ろう 1 年間の見通しをもとう 2 課題

 中学生は身体も心も大きく成長し、大人弱さや醜 さも見えてきて、大人や社会に反抗する時期です。しか し職場体験活動によって、 大人や労働、 社会に対するイ メージが大きく変わり、大人や社会に対する謙虚な気持 ちが生まれ学び重要さに気づく、あるいは職業や社会 に対する視野を広げることができます。中学校でこのよ うな態度が身につくと、高校選択や、高校や大学で学 びへの向き合い方が変わってくるではないでしょうか。  ――高校で手始めに行うことは何でしょうか。  よく「本校にはたくさん中学校から進学してくる で中高連携は難しい」という声を聞きます。まず、進学 してくる生徒が多い中学校1~2校に対し、電話でキャ リア教育内容を問い合わせることから始めてみてはい かがでしょうか。数分話すだけでもかなり状況を把握で きます。それをもとに A 4用紙1枚程度アンケート を1年生に実施し、その結果を踏まえて、自校キャリ ア教育を考えることからスタートする方策などをご検討 ください。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Ⅰ 世界の農産物需給の将来予測 ( 食料需給見通し ) 1. 中長期的に見た食料需給見通し (215 年 3 月公表 ) ( 今後 1 年間 世界の食料需給は 穀物等の需要が供給を若干上回る状態が継続し 穀物等の価格は横ばいに近く緩やかな伸びで推移 ) 近年の国際的な食料需給の背景には 中国やイ 図

Ⅰ 世界の農産物需給の将来予測 ( 食料需給見通し ) 1. 中長期的に見た食料需給見通し (215 年 3 月公表 ) ( 今後 1 年間 世界の食料需給は 穀物等の需要が供給を若干上回る状態が継続し 穀物等の価格は横ばいに近く緩やかな伸びで推移 ) 近年の国際的な食料需給の背景には 中国やイ 図

さらに、米地域別需給をみると、米世界生産量および消費量はアジアが9割程度を占め、アジ ア中心品目であることが明白で、今後も需給は拡大するが、それ以外地域では、特にアフリカ・中 東で消費量が増加する傾向を示す見通し。アフリカ・中東で人口増により純輸入量が増加し、アジア インド、ベトナム、タイを中心に、純輸出量を増やし、アジアからアフリカ・中東へ貿易が拡大する 見通し(図 Ⅴ-8)。そして、肉類地域別需給をみると、肉類中でも、鶏肉世界全体生産量 および消費量が牛肉を超え、豚肉はアジアを中心に生産量および消費量が増加し、牛肉生産量および 消費量増加は相対的に低い見通し。中東・アフリカにおいても純輸入量が増加する見通しだが、特に アジア純輸入量伸びが大きい。これら純輸入量増加を、ブラジルを含む中南米および米国を含 む北米を中心とする純輸出量増加でまかなう見通し(図 Ⅴ-9)。
さらに見せる

40 さらに読み込む

公立中学校教員対象 中高一貫教育校 担当教員 1 趣旨 6 年間を見通した計画的 継続的な学習指導 進学指導 生徒指導を展開し 新しい学校づくりに意欲 関心があり 6 年間を見通した教科指導や大学等への進路希望を実現させる指導力のある教員を募集します 2 応募の対象 (1) 現在 東京都公立中学校に

公立中学校教員対象 中高一貫教育校 担当教員 1 趣旨 6 年間を見通した計画的 継続的な学習指導 進学指導 生徒指導を展開し 新しい学校づくりに意欲 関心があり 6 年間を見通した教科指導や大学等への進路希望を実現させる指導力のある教員を募集します 2 応募の対象 (1) 現在 東京都公立中学校に

7 配 置 等 中高一貫教育校公募合格者なかから下記学校に配置します。なお、配置にあたっては 中高一貫教育校教員養成研修修了者(予定者を含む)を優先します。 ( 1 )小石川中等教育学校 ( 6 )白鷗高等学校附属中学校、白鷗高等学校 ( 2 )桜修館中等教育学校 ( 7 )両国高等学校附属中学校、両国高等学校 ( 3 )立川国際中等教育学校 ( 8 )武蔵高等学校附属中学校、武蔵高等学校 ( 4 )南多摩中等教育学校 ( 9 )富士高等学校附属中学校、富士高等学校 ( 5 )三鷹中等教育学校 (10)大泉高等学校附属中学校、大泉高等学校 (11)千代田区立九段中等教育学校
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 212 年の実績 P3~5 213 年の見通し P6~9 事業別詳細 (212 年 4Q 年間実績 /213 年最新見通し ) 財務状況参考資料 P1~15 P16~18 P19~24 2

目次 212 年の実績 P3~5 213 年の見通し P6~9 事業別詳細 (212 年 4Q 年間実績 /213 年最新見通し ) 財務状況参考資料 P1~15 P16~18 P19~24 2

キヤノン株式会社 2012年12月期 決算説明会 2013年1月30日 代表取締役副社長 CFO 田中 稔三 本資料で記述されている業績見通し並びに将来予測は、現時点で入手可能な情報に基づき当社が判断した見通しで あり、潜在的なリスクや不確実性が含まれています。そのため、様々な要因の変化により、実際の業績は記述されて.[r]

24 さらに読み込む

日本経済の中期見通し(2013~2025年度)

日本経済の中期見通し(2013~2025年度)

図表 13.TPP交渉参加国と貿易構造 ④日本農業現状と農林水産物輸出経済効果 安倍政権がアベノミクス第3矢としてまとめた成長戦略「日本再興戦略」では、農 林水産業を成長産業にするという目標が掲げられている。また、ここ数年、政府がとりま とめてきた成長戦略においても、農業はたびたび成長産業として取り上げられてきた。 日本農業現状をみると、農家戸数は 1985 年には 423 万戸だったが、2010 年には 253 万戸と 25 年間うちに 6 割程度に減少した。もっとも、専業農家はわずかな減少にとどま っており、農家減少は兼業農家によるものである。農業就業人口も減少が続いており、 同時に高齢化が進展している。農家総数うち自給的農家を除いた販売農家農業就業人 口は 1990 年には 482 万人で、そのうち 70 歳以上割合は 18.9%だったが、2010 年には 261 万人に減少する一方、70 歳以上割合は 47.8%に上昇している。農家及び農業従事者 減少に伴い、耕作放棄地は 2010 年には約 40 万 ha(滋賀県全体とほぼ同じ規模)と、20 年間で 1.8 倍に拡大しており、農地に占める割合は 10%を超えている。
さらに見せる

76 さらに読み込む

当面の市況見通し

当面の市況見通し

 1年目トランプ政権は減税と規制緩和で実績を残したものの、インフラ投資はほぼ手つかず、貿易赤字削減も目立った成果は挙げられていない  インフラ投資は2016年大統領選挙戦で民主党クリントン候補も主張していた政策であり、超党派支持を得られる可能性がある。1年間で1,500億 ドルなら、17年名目GDP0.8%に相当する  2017年米貿易赤字(サービス含まず)は約8,000億ドルと名目GDP4.1%に相当。保護主義は、貿易赤字削減によりGDPを押し上げる可能性もあ るが、グローバルに展開している生産体制再構築や外国から報復関税等によるコスト増を招き、米国企業競争力低下を招くおそれが大きい  通商政策関連イベントとして、米通商代表部(USTR)による外国貿易障壁報告書発表(3月末)、半期為替報告書(4月中)、USTRが中国知的
さらに見せる

40 さらに読み込む

生保格付けの現状と見通し

生保格付けの現状と見通し

 破綻前(平均) 不明 4.79% 4.46% 4.05% 3.70% 4.00% 4.20%  破綻後(上限) 2.75% 1.50% 1.00% 1.00% 1.50% 1.75% 2.60% 早期解約控除 7年間 8年間 10年間 9年間 10年間 8年間 10.5年間 受け皿会社または あおば生命 GEエジソン マニュライフ あざみ生命 米AIG 米プルデンシャル 太陽生命・ 再建スポンサー 生命     生命 大同生命

20 さらに読み込む

2018年の日本経済見通し

2018年の日本経済見通し

日本経済は潜在成長率を上回る成長が継続し、 同時に企業収益も過去最高水準に拡大したが、 正規社員時給伸びは鈍い状況が続いた。他方で時給・雇用者数共に改善が見られたは専 らパートタイマーである。この背景には、日本固有厳しい解雇規制下で企業が正規雇用 拡大に慎重であることや、パートタイマー時給が正規社員に比べて低かったことが挙げられ る。しかし潮目は変わり始めた。図表 9 に示すように、2016 年頃から非正規雇用増加が止ま り、正規雇用増加が加速している。この背景一つとして非正規雇用者時給が、かつてほ ど安くなくなってきたことが挙げられよう。しかし、より重要なもう一つ背景が、本当意 味で日本が人手不足時代に入ったという事実だ。過去 4 年間で、少子高齢化に伴って日本 生産年齢人口は 400 万人近く減少した。にもかかわらず、この間労働力人口はむしろ増加し ている。その理由は女性と高齢者を中心として就業率が大きく上昇したことである。しかし、 今後労働参加率大幅な上昇を期待することは難しい。女性労働参加率M字カーブを見ると、 過去数年間上昇結果として、米国並み水準まで達している。つまり、これ以上女性労 働参加率上昇余地は、少なくとも以前に比べれば限られてきている。
さらに見せる

18 さらに読み込む

ASEAN5ヵ国の経済見通し

ASEAN5ヵ国の経済見通し

これら物価動きからすれば、金融政策基本的なスタンスは今後、2014 年後半は緩和、 2015 年には引締めだとしてもおかしくない。しかし、インドネシア中銀はインフレ抑制に加え ルピア防衛を意識して金融政策に当たっているため、インフレ率低下は金融緩和に直結しな い。特に 2013 年 8 月以降、ルピア安が急速に進んだ際、インドネシア中銀は為替介入を行わず、 利上げを選択した。その背景として考えられるは、①2013 年 7 月 1 ヵ月間で、当時外貨 準備全体 5%以上を使用した大規模な為替介入を実施したにもかかわらずルピア安傾向に歯 止めがかからなかったこと、②一部信用格付機関が 2011 年年末以降、インドネシア長期国 債をアジア通貨危機以降初めて投資適格級に格上げしたことから、当局は格付を維持するため、 通貨防衛手段として外貨準備減少を伴う為替介入よりも、利上げによる需要抑制で経常赤 字縮小を優先したこと、などである。インドネシア中銀は今後も米国連邦準備制度理事会 (FRB)による量的緩和縮小およびその後に控えている利上げを注視して金融政策を決定する
さらに見せる

23 さらに読み込む

日本経済の中期見通し(2016~2030年度)

日本経済の中期見通し(2016~2030年度)

一方、電気機械や電子部品・デバイスなど工業製品では価格下落基調が続くことや、海外製品調達比率 上昇によって素材関連財価格安定が続くことから、消費税率引き上げ影響を除けば、国内企業物価上 昇ペースは緩やかなものとなろう。 消費者物価(生鮮食品を除く総合)前年比は、消費税率引き上げ一時的な影響を除いてもプラス圏で推移 するであろう。これは、第一に、賃金上昇を反映して、今後もサービス価格上昇が続くためである。賃金は 時間がたつにつれて上昇ペースが増してくるため、サービス価格押し上げ効果も徐々に強まっていくであろう。 第二に、企業集約化や統合が進むことを受けて、国内で値下げ競争圧力が後退することも、物価全体を押し 上げる要因となる。もっとも、財価格については、資源価格が緩やかに上昇していくものの、円高が進むこと が輸入物価押し下げ要因となること、自由貿易進展にともなって安価な輸入品流入が増えることなどから、 上昇幅は限定される。このため、予測期間内に消費者物価(生鮮食品を除く総合)前年比が日本銀行インフ レターゲットである前年比+2%を超えることはないであろう。
さらに見せる

74 さらに読み込む

2021 年 1 月世界経済見通し(WEO)改訂見通し

2021 年 1 月世界経済見通し(WEO)改訂見通し

後遺症(長引く供給能力毀損)。 予測は、国内で感染が低水準に落ち着くまで各国経 済が社会的距離確保に適応するということを引き続き前提としている。一部国では景気 底から雇用回復が過去景気後退と比べて概して早いようにも見えるが、多く国 で依然として多く人々が失業や不完全就業状態にある(例えば米国では、雇用者数が 2020 年 2 月よりも 900 万人少なくなっている)。さらに、2020 年 10 月「世界経済見通し ( WEO)」で述べたとおり、各集団間で危機負担かかり方は均等ではない。教育水準 低い労働者や女性、若者、対人接触多い部門に従事する人、そしてインフォーマル労働 者場合に、生計と所得喪失が不釣り合いに大きくなっている。労働市場環境には各国 固有違いがあり、後遺症度合いには差が生じることになる。対人接触多い産業へ 依存度が高い国や一次産品輸出国、そして休校措置によって人的資本蓄積が大幅に 後退した国は、特に供給能力毀損が長引く可能性にさらされている。
さらに見せる

13 さらに読み込む

2017年夏のボーナス見通し

2017年夏のボーナス見通し

厚 生 労 働 省 「 毎 月 勤 労 統 計 調 査 」 ベ ー ス で 見 た 民 間 企 業 ( 調 査 産 業 計 ・ 事 業 所 規 模 5 人 以 上 ) 2 0 1 7 年 夏 ボ ー ナ ス 一 人 あ た り 平 均 支 給 額 は 3 6 万 8 , 2 7 2 円 ( 前 年 比 + 0 . 9 % ) と 2 年 連 続 で 増 加 す る と 予 測 す る( 図 表 5 )。ボ ー ナ ス を 算 定 す る 上 で 基 準 と さ れ る こ と 多 い 基 本 給 ( 所 定 内 給 与 ) が 前 年 比 で 増 加 し て お り 、 夏 ボ ー ナ ス を 押 し 上 げ る 要 因 と な る 。 ま た 、 4 年 目 と な っ た 2 0 1 7 年 「 官 製 春 闘 」 に お い て 、 こ れ ま で 十 分 に ベ ー ス ア ッ プ を 行 っ て き た と い う 認 識 あ る 一 部 企 業 が 、 ベ ア を 抑 え て 賞 与 を 増 加 さ せ る 、 い わ ゆ る 「 年 収 ベ ー ス 」 賃 上 げ で 対 応 す る と み ら れ る こ と も 、 ボ ー ナ ス 増 加 に つ な が る と 考 え ら れ る 。
さらに見せる

9 さらに読み込む

ミャンマー情勢-改革の真意と今後の見通し-

ミャンマー情勢-改革の真意と今後の見通し-

(4)解決すべき課題 民主化進展により、 経済制裁解除へ期待が高まる ミャンマーだが、 制裁が解除されてようやく、 20 年前ベ トナムが ASEAN に現れたにすぎない。 ベトナム場合、 そのポテンシャルが高く評価され、 1990 年代前半には第 一次投資ブームが訪れるも、 時間かかる許認可、 すぐ に変更される制度、 一向に減る気配を見せない汚職など、 投資環境悪さから投資ブームは数年で冷え切ってしま った。 その後、ベトナムは日本政府、日系企業と共に、「日 越共同イニシアティブ」 スキーム下、 さまざまな課題 を一つ一つクリアしていった。 その結果として、 多く外 資企業進出を呼び込むことに成功した。
さらに見せる

11 さらに読み込む

日本経済の中期見通し(2014~2025年度)

日本経済の中期見通し(2014~2025年度)

雇用情勢はリーマン・ショック後 2009 年頃をボトムに、足元まで回復基調が続いている。 この間、国内景気は景気後退を経験したものの、有効求人倍率は上昇基調を維持し、完全失 業率も低下傾向で推移するなど、労働需給タイト感は維持されたままである。 もっとも、こうした雇用情勢改善とは裏腹に、わが国就業者数は 1997 年度をピークに 減少傾向にある(図表 43)。足元でやや盛り返してはいるものの、少子高齢化進展を背景に 労働力人口(15 歳以上人口うち働く意思ある人)が減少傾向にあるため、今後も就業者 数減少傾向は続くと見込まれる。2014 年度に 6300 万人程度と見込まれる就業者数は、予測 最終年度である 2025 年度には 6100 万人程度にまで減少しよう。なお、内訳を見ると、就業 者うち高齢従事者が多い自営業者は減少が加速する一方、女性や高齢者労働参加が進 むことで、2025 年度雇用者数は 2014 年度からほぼ横ばいにとどまる見込みである(図表 44)。しかし、企業人件費抑制姿勢は根強く、女性や高齢者労働参加が増えるということ もあって、今後もパートタイム労働者といった非正規雇用者比率はますます高まっていこ う。
さらに見せる

75 さらに読み込む

建設経済モデルによる建設投資の見通し

建設経済モデルによる建設投資の見通し

民間住宅投資は、分譲戸建、分譲マンションで足元着工戸数が大きく伸びていることから着工増が見込ま れる一方で、持家、貸家で着工減が見込まれることから、住宅着工戸数は前年度比△1.0%、民間住宅建設 投資は前年度比△1.5%と予測する。 民間非住宅建設投資は、企業収益改善等を背景に企業設備投資が緩やかに増加し、今後も底堅く推移し ていくことが見込まれ 、 民間非住宅建築着工床面積は前年度比 5.3%増と予測し、民間非住宅建築投資額は 前年度比 1.4%増となり、土木インフラ系企業設備投資が堅調に推移し、全体では前年度比 3.0%増と予測 する。
さらに見せる

16 さらに読み込む

将来の原油・天然ガス価格見通し(2013)

将来の原油・天然ガス価格見通し(2013)

本誌でも 2012 年 3 月号掲載レポート「将来原油・天然ガス価格見通し」で,各機 関特徴,石油・天然ガス価格見通しやその背景,日本抱える課題などについて整理・ 解説を行っているが,本稿では,前回と同様に最新価格見通しについて解説を行った。 石油についてはレファレンスケースにおいて長期価格が昨年見通しより若干上昇して いる。短期では新興国経済成長などに伴う足元価格上昇や,需給タイト化を反映し, ケース間価格差が広くなっており,前提条件次第で価格が変動しやすくなるという見通 しとなっている。天然ガスについては非在来型ガス増産に関して昨年よりも慎重な見通し が示されており,このような昨年見通しから変化についても合わせて解説を行ってい く。
さらに見せる

8 さらに読み込む

<貿易見通し>

<貿易見通し>

2014 年度は 1 ドル=100 円を上回る円安水準を前提としているが、それでも貿易赤字がさほど縮小しないという本見 通し結果は、日本経済において貿易赤字体質が定着しつつあることを示唆している。一方で、貿易赤字拡大一因で ある海外生産移転は、サービス輸出(特許等使用料)拡大や直接投資収益受取増を伴い、経常収支黒字維持に貢 献する。このことは、少なくとも今後当面間、貿易赤字拡大により経常収支までもが赤字化する可能性を低下させる。 高水準貿易赤字が続くことは、日本経済にとって輸入インフレリスクを高める悪材料であるが、一方で、経常収支が 小幅な黒字にとどまることは、円安加速を抑制するとともに、デフレ根源となった大幅な円高が再来するリスクをも 軽減するものとして、前向きに受け止めるべきであろう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

経済見通し

経済見通し

15 年度は、実質所得増加を背景とした個人消費回復が期待される。所得面では、所定外給与や 特別給与に加えて、定期給与も増加が定着している。政府要請もあって再開されたベアは、15 年度も 継続される見込みであり、定期昇給と相まって所得水準は引き上げられる。非正規化進行によって、 平均賃金伸びは小幅にとどまっているものの、人手不足による時間給引き上げなども見込まれ、名 目で所得は増加が期待される。他方で、増税影響一巡や原油価格低下により、物価水準が下押 しされていることから、実質所得は明確に増加基調が表われるものと見込まれる。株価上昇による資産 効果など、消費に対するプラス材料は多く、15 年度は前年度比+1.7%と増加に転じる。
さらに見せる

18 さらに読み込む

タンカー規制の問題点と今後の見通し

タンカー規制の問題点と今後の見通し

    =2010年までに原則シングルハルタンカーを排除 z シングルハルタンカーによる重質油輸送禁止   5,000DWT以上:すみやかに実施    5,000DWT未満:2008年まで猶予期間後実施

38 さらに読み込む

2016年度連結業績見通しのお知らせ

2016年度連結業績見通しのお知らせ

連結営業利益については、IP&S分野及び音楽分野で減益が見込まれますが、MC分野損益改善やG &NS分野における増益が見込まれることなどから、若干増益を見込んでいます。熊本地震連結営業利 益へ悪影響はIP&S分野において約450億円、デバイス分野において約600億円がそれぞれ見込まれます。 また、両分野売上高が地震前想定を下回ることにより、売上高に応じて配賦されるべき固定費約100億円 がその他/全社(共通)及びセグメント間取引消去から両分野へ配賦されないこととなり、この結果、連結営 業利益へ影響額は合計で約1,150億円になるものと見込んでいます。ただし、これは、デバイス分野で当年 度に受け取ることが見込まれる保険金受取約100億円により一部相殺される見込みです。
さらに見せる

6 さらに読み込む

Show all 10000 documents...