年の期間について

Top PDF 年の期間について:

(3) 16 年以上 20 年以下の期間については,1 年につき100 分の160 (4) 21 年以上 25 年以下の期間については,1 年につき100 分の200 (5) 26 年以上 30 年以下の期間については,1 年につき100 分の160 (6) 31 年以上の期間については,1 年につ

(3) 16 年以上 20 年以下の期間については,1 年につき100 分の160 (4) 21 年以上 25 年以下の期間については,1 年につき100 分の200 (5) 26 年以上 30 年以下の期間については,1 年につき100 分の160 (6) 31 年以上の期間については,1 年につ

4 前3項規定による在職期間うちに休職月等が1以上あったときは,その月数2分の1に相当す る月数を前3項規定により計算した在職期間から除算する。 5 第1項に規定する職員として引き続いた在職期間には,国立大学法人法第2条に定める国立大学法 人又は大学共同利用機関法人,独立行政法人国立高等専門学校機構法(平成15法律第113号)第 2条に定める独立行政法人高等専門学校,独立行政法人大学評価・学位授与機構法(平成15法律第 114号)第2条に定める独立行政法人大学評価・学位授与機構,独立行政法人国立大学財務・経営セ ンター法(平成15法律第115号)第2条に定める独立行政法人国立大学財務・経営センター,独 立行政法人メディア教育開発センター法(平成15法律第116号)第2条に定める独立行政法人メ ディア教育開発センター,独立行政法人宇宙航空研究開発機構法(平成14法律第161号)第3条 に定める独立行政法人宇宙航空研究開発機構(同機構就業規則に規定する教育職職員に限る。以下同じ。) 若しくは独立行政法人大学入試センター法(平成11法律第166号)第2条に定める独立行政法人 大学入試センター(退職手当に関する規定において,他国立大学法人又は大学共同利用機関法人,独 立行政法人高等専門学校,独立行政法人大学評価・学位授与機構,独立行政法人国立大学財務・経営セ ンター,独立行政法人メディア教育開発センター,独立行政法人宇宙航空研究開発機構若しくは独立行 政法人大学入試センターに使用される者が退職手当を支給されないで当該国立大学法人又は大学共同利 用機関法人,独立行政法人高等専門学校,独立行政法人大学評価・学位授与機構,独立行政法人国立大 学財務・経営センター,独立行政法人メディア教育開発センター,独立行政法人宇宙航空研究開発機構 若しくは独立行政法人大学入試センターに使用される者となった場合に他国立大学法人又は大学共同 利用機関法人,独立行政法人高等専門学校,独立行政法人大学評価・学位授与機構,独立行政法人国立 大学財務・経営センター,独立行政法人メディア教育開発センター,独立行政法人宇宙航空研究開発機 構若しくは独立行政法人大学入試センターに使用される者として在職期間を当該国立大学法人又は大 学共同利用機関法人,独立行政法人高等専門学校,独立行政法人大学評価・学位授与機構,独立行政法 人国立大学財務・経営センター,独立行政法人メディア教育開発センター,独立行政法人宇宙航空研究 開発機構若しくは独立行政法人大学入試センターとして在職期間に含めることを定めているものに限 る。以下「特定国立大学法人等」という。)に使用される者が機構改廃,施設移譲その他事由によ って引き続いて職員となったときにおけるその者特定国立大学法人等に使用される者として引き続 いた在職期間を含むものとする。
さらに見せる

14 さらに読み込む

四勤続 20 年をこえ 30 年までの期間については 勤続 1 年につき 100 分の 200 五勤続 30 年をこえる期間については 勤続 1 年につき 100 分の ( 退職金の増額 ) 第 6 条職員が次の各号の一に該当する場合には 前条の規定により計算して得た額に その者

四勤続 20 年をこえ 30 年までの期間については 勤続 1 年につき 100 分の 200 五勤続 30 年をこえる期間については 勤続 1 年につき 100 分の ( 退職金の増額 ) 第 6 条職員が次の各号の一に該当する場合には 前条の規定により計算して得た額に その者

勤続期間が3未満であるときは、前項規定により計算して得た額から当該金額 に 100 分の 30 以内割合を乗じて得た額を減額することができる。 (厚生年金基金加入員に対する退職金減額特例) 第7条2 職員が、建設関係法人厚生年金基金(以下「基金」という。)加入員である期 間(以下「加入員期間」という。)が 15 以上で退職し、解雇され、又は死亡した場合に は、第5条規定による退職金額から、加入員期間を勤続期間とみなして同条規定 により算出した額(以下「対象額」という。)に、その加入員期間に応じ、次各号割合を 乗じて得た額を減額する。この場合において、対象額算出基礎となる本給月額が建設 関係法人厚生年金基金規約に定める標準給与(以下「標準給与」という。)最高限度額 (退職し、解雇され、又は死亡した日属する月前月(退職し、解雇され、又は死亡した 日が月末日である場合は、当月)以前1以内に標準給与最高限度額改正があ つた場合には、退職し、解雇され、又は死亡した日属する月前月(退職し、解雇され、 又は死亡した日が月末日である場合は、当月)以前1年間各月における標準給与 最高限度額合計額 12 分1に相当する額)を超えるものについては、その最高限 度額をもつて本給月額とする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

3 月開講 3ヶ月訓練 1 単位期間 3/9~4/8 2 特定単位期間 4/9~5/8(4/30 5/3~5/5 を含む ) 3 単位期間 5/9~6/8 平成 31 年のみの特例として 平成 31 年 4 月 29 日から5 月 5 日の全ての日を含む単位期間については 訓練期間の全てを通算して

3 月開講 3ヶ月訓練 1 単位期間 3/9~4/8 2 特定単位期間 4/9~5/8(4/30 5/3~5/5 を含む ) 3 単位期間 5/9~6/8 平成 31 年のみの特例として 平成 31 年 4 月 29 日から5 月 5 日の全ての日を含む単位期間については 訓練期間の全てを通算して

例外◎年末年始等(12月29日~1月3日、4月29日~5月5日)全て日を含む単位期間 (特定単位期間については、 「1ヶ月につき100時間以上」を確保することが困難であると想 定されるため、例外的に取り扱います。※お盆は例外対象となりません。 (例)特定単位期間と単位期間(③④合計2単位期間)で、平均して100時間以上となるよう設定 してください。 (留意事項 P59~63 参照)
さらに見せる

8 さらに読み込む

平成 27 年改正の概要 ( サマリー ) 一般労働者派遣事業 ( 許可制 ) 特定労働者派遣事業 ( 届出制 ) 26 業務 期間制限なし 26 業務以外 原則 1 年 意見聴取により最長 3 年まで 規定なし 規定なし 1. 許可制への統一 2. 派遣契約の期間制限について すべての労働者派遣事

平成 27 年改正の概要 ( サマリー ) 一般労働者派遣事業 ( 許可制 ) 特定労働者派遣事業 ( 届出制 ) 26 業務 期間制限なし 26 業務以外 原則 1 年 意見聴取により最長 3 年まで 規定なし 規定なし 1. 許可制への統一 2. 派遣契約の期間制限について すべての労働者派遣事

派遣就業に必要な技能及び知識を習得することができるような教育研修段階 的・体系的実施。特にその派遣労働者が無期雇用派遣労働者場合はその職業生 活期間を通じて能力発揮できるように配慮したものでなければならない。 ◆フルタイムで1年間勤務する者について、8時間実施が目安

8 さらに読み込む

青森国民年金事案 690 第 1 委員会の結論申立人の昭和 36 年 4 月から 47 年 4 月までの国民年金保険料 同年 5 月から同年 9 月までの期間 52 年 8 月から 53 年 3 月までの期間及び 54 年 4 月から 61 年 3 月までの期間の国民年金付加保険料については 納付し

青森国民年金事案 690 第 1 委員会の結論申立人の昭和 36 年 4 月から 47 年 4 月までの国民年金保険料 同年 5 月から同年 9 月までの期間 52 年 8 月から 53 年 3 月までの期間及び 54 年 4 月から 61 年 3 月までの期間の国民年金付加保険料については 納付し

また、申立人が元同僚として名前を挙げた4人うち、一人は個人を特 定できず、連絡先確認できた3人は、いずれも申立期間一部期間に 国民年金及び他事業所で厚生年金保険へ加入記録が確認でき、うち二 人は、当該期間において国民年金保険料を納付している上、回答得られ た一人は、 「申立人と一緒にA社及びB社に勤務していたが、申立人が厚生 年金保険に加入していたかどうかは覚えていない。」と供述しており、申立 てを裏付ける証言を得ることはできなかった。
さらに見せる

10 さらに読み込む

参考 : 各府省庁における保存期間 文書についての規定例 内閣官房 内閣官房が保有する保存期間 の行政文書ファイル等の取扱いについて ( 平成 28 年 9 月 1 日総括文書管理者決定 ) 内閣官房が保有する行政文書ファイル等のうち 保存期間がのものについては 当該行政文書ファイル等を作成し 又は

参考 : 各府省庁における保存期間 文書についての規定例 内閣官房 内閣官房が保有する保存期間 の行政文書ファイル等の取扱いについて ( 平成 28 年 9 月 1 日総括文書管理者決定 ) 内閣官房が保有する行政文書ファイル等のうち 保存期間がのものについては 当該行政文書ファイル等を作成し 又は

原則として、国会答弁資料については、当該行政文書を作成した担当 課室が、当該行政文書うち1部を行政文書ファイル管理簿に登録し、 それ以外課室においては行政文書ファイル管理簿には登録せず、保 存期間未満で管理することとする。予算要求資料・機構定員要求資 料については、取りまとめ部局総務課が、当該行政文書うち1部を 行政文書ファイル管理簿に登録し、それ以外課室においては行政文 書ファイル管理簿には登録せず、保存期間未満で管理することと する。
さらに見せる

15 さらに読み込む

厚生局受付番号 : 東海北陸 ( 受 ) 第 号 厚生局事案番号 : 東海北陸 ( 国 ) 第 号 第 1 結論昭和 36 年 4 月から昭和 37 年 3 月までの請求期間及び昭和 37 年 7 月から昭和 38 年 3 月までの請求期間については 国民年金保険料を

厚生局受付番号 : 東海北陸 ( 受 ) 第 号 厚生局事案番号 : 東海北陸 ( 国 ) 第 号 第 1 結論昭和 36 年 4 月から昭和 37 年 3 月までの請求期間及び昭和 37 年 7 月から昭和 38 年 3 月までの請求期間については 国民年金保険料を

金番号に基づき一元的(請求期間①に係る国民年金手帳記号番号も統合済み。 ) に管理されている。 請求期間について、オンライン記録によると、基礎年金番号に基づく請求 期間②に係る国民年金被保険者資格取得処理年月日は、平成 14 3月6日 付けで事務処理がなされており、その際に、厚生年金保険被保険者資格を喪 失した平成 10 1月8日まで期間について、遡って国民年金被保険者資格 を取得する事務処理がなされていることが確認できる。このため、請求者は、 当該被保険者資格を取得する事務処理が行われるまで、何ら公的年金制度に加 入していなかったこととなるため、請求期間②当時、当該期間保険料を現 度保険料として納付することはできなかったものとみられる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

平成26年改正法における手続期間徒過についての救済規定の整備について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

平成26年改正法における手続期間徒過についての救済規定の整備について 「特技懇」誌のページ(特許庁技術懇話会 会員サイト)

 そこで、PLT第13条に規定された優先権に係る救済に ついても、国際的な制度調和に向けて、優先権に係る救済 規定を導入することとしました。 4)東日本大震災に対する救済措置(特定非常災害被害者権利利益保全等を図るため特別措置に関する法律(平成 8 法律第 85 号)第 3 条第 3 項規定に基づく手続期間延長、及び同法第 3 条第 4 項に基づく政令による手続期間延長)は、特許出願審査請求期間徒過に対する救 済を含むものであったところ、救済を希望する申出が 11 件あり、そのうち 8 件が救済されたことから、当該手続を救済対象とすることユーザー ニーズが高いことが改めて認識されたところであり、平成 23 に発生した東日本大震災を経て、第三者保護規定充実を前提とすれば導入に前 向きな方向でユーザー意見が集約されつつあるといえました。
さらに見せる

5 さらに読み込む

第二章借地 第一節借地権の存続期間等 ( 借地権の存続期間 ) 第三条借地権の存続期間は 三十年とする ただし 契約でこれより長い期間を定めたときは その期間とする ( 借地権の更新後の期間 ) 第四条当事者が借地契約を更新する場合においては その期間は 更新の日から十年 ( 借地権の設定後の最初の

第二章借地 第一節借地権の存続期間等 ( 借地権の存続期間 ) 第三条借地権の存続期間は 三十年とする ただし 契約でこれより長い期間を定めたときは その期間とする ( 借地権の更新後の期間 ) 第四条当事者が借地契約を更新する場合においては その期間は 更新の日から十年 ( 借地権の設定後の最初の

3 民法第五百三十三条規定は、前項場合に準用する。 (借賃増減請求権) 第三十二条 建物借賃が、土地若しくは建物に対する租税その他負担増減により、土地 若しくは建物価格上昇若しくは低下その他経済事情変動により、又は近傍 同種建物借賃に比較して不相当となったときは、契約条件にかかわらず、当 事者は、将来に向かって建物借賃増減を請求することができる。ただし、一 定期間建物借賃を増額しない旨特約がある場合には、その定めに従う。 2 建物借賃増額について当事者間に協議が調わないときは、その請求を受け た者は、増額を正当とする裁判が確定するまでは、相当と認める額建物借賃を 支払うことをもって足りる。ただし、その裁判が確定した場合において、既に支払った 額に不足があるときは、その不足額に一割割合による支払期後利息を付して これを支払わなければならない。
さらに見せる

20 さらに読み込む

この商品について 契約年齢範囲 :15 歳 ~66 歳 保険期間 : 契約年齢に応じて 次の保険期間に限り加入できます ( 単位 : 歳 ) 契約年齢 保険期間 契約年齢 保険期間 ~

この商品について 契約年齢範囲 :15 歳 ~66 歳 保険期間 : 契約年齢に応じて 次の保険期間に限り加入できます ( 単位 : 歳 ) 契約年齢 保険期間 契約年齢 保険期間 ~

※上表における「軽減税額累計」は、毎年「損金算入額」に法人税等実効税率を乗じて得られる金額(軽減税額)累計です。 ※上表における「実質返戻率」は、解約返戻金お受取りにより生じる課税関係については考慮していません。 ※上表は保険期間開始月と事業年度開始月が一致しているものと仮定して計算しています。端数処理関係上、数値に差額が生じる場合があります。 ※税務上取扱いは、ご契約形態やご契約内容によって変わる場合があります。
さらに見せる

6 さらに読み込む

2011 年冬期スケジュールの計画及び 2011 年夏期スケジュールの実績について 2011 年冬期スケジュール ( 期間 : ~ ) の計画 2011 年冬期スケジュールのピーク月は 3 月で 週 792 便 ( 過去最高 ) となり 旅客便は週 620 便 (

2011 年冬期スケジュールの計画及び 2011 年夏期スケジュールの実績について 2011 年冬期スケジュール ( 期間 : ~ ) の計画 2011 年冬期スケジュールのピーク月は 3 月で 週 792 便 ( 過去最高 ) となり 旅客便は週 620 便 (

○ 2011夏期スケジュール (期間 : 2011.3.27∼2011.10.29) 実績 2011夏期スケジュール便数は、今年3月計画段階では、ピーク時(8月) で週761便(旅客便:週604便、貨物便:週157便)と見込んでおりました。 東日本大震災などによる運休により、夏期スケジュール当初4月は計画よりも47 便下回るなど大きな影響を受けましたが、次第に回復し、最終的にはピークである8月 便数で、当初計画を35便下回る726便となりました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

平成28年熊本地震に伴う保険診療の特例措置の期間延長等について(厚生労働省保険局医療課:H )

平成28年熊本地震に伴う保険診療の特例措置の期間延長等について(厚生労働省保険局医療課:H )

平成 28 熊本地震に伴う保険診療特例措置期間延長等について 平成 28 熊本地震に伴う保険診療特例措置(別添参照)については、 「平成 28 熊本地震に伴う保険診療関係等特例措置期間について」(平成 29 3月 30 日 厚生労働省保険局医療課事務連絡)において、平成 29 9月 30 日まで取扱いとす ることを示していたところであるが、同年 10 月1日以降取扱いは、下記とおり とするので、貴管下関係団体、保険医療機関及び保険薬局に周知徹底を図るようよ ろしくお願いしたい。
さらに見せる

11 さらに読み込む

2. 長期係数の改定 保険期間を2~5 年とする契約の保険料を一括で支払う場合の保険料の計算に使用する長期係数について 近年の金利状況を踏まえ 下表のとおり変更します 保険期間 2 年 3 年 4 年 5 年 長期係数 現行 改定後

2. 長期係数の改定 保険期間を2~5 年とする契約の保険料を一括で支払う場合の保険料の計算に使用する長期係数について 近年の金利状況を踏まえ 下表のとおり変更します 保険期間 2 年 3 年 4 年 5 年 長期係数 現行 改定後

20191月1日以降に地震保険保険期間が開始するご契約(20191月1日以降に自動継続となるご契約 を含みます。)より、改定内容が適用されることとなりますので、改定内容をご案内させていただきます。 ※地震保険は「地震保険に関する法律」に基づき、政府と損害保険会社が共同で運営している制度であり、今回改定は全社共通内容となります。 20191月1日以降保険始期用

5 さらに読み込む

物産協会POSデータにみる平成24年度の阿波踊り期間について

物産協会POSデータにみる平成24年度の阿波踊り期間について

● 調査期間曜日配列が全て平日となったこと ● 連日、最高気温が35℃を超える猛暑日となったこと ● ガソリン価格高騰 連日猛暑については、本会が独自に設置した温度計で 43 度を超える日もあったことから、避暑需要 高まりとそれに伴う旅行先変更があったことは考えられる。また、本年は 3 に一度瀬戸内国際 芸術祭が行われるであり、下記とおり、お盆期間中に香川県同イベントを訪れる人数が前回よ りも多かったこと等影響も考えられ、本県における観光資源魅力伝え方・扱い方等見直しにつ いて、可及的速やかに取り組む必要がある。
さらに見せる

17 さらに読み込む

平成 29 年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 (CEV 補助金 ) の受付期間短縮について 受付期間について 以下の通り 受付期間が短縮となります 変更前 変更後 車両の初度登録日平成 30 年 3 月 2 日 ( 金 ) 平成 30 年 1 月 31 日 ( 水 ) 申請書受付締切日

平成 29 年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 (CEV 補助金 ) の受付期間短縮について 受付期間について 以下の通り 受付期間が短縮となります 変更前 変更後 車両の初度登録日平成 30 年 3 月 2 日 ( 金 ) 平成 30 年 1 月 31 日 ( 水 ) 申請書受付締切日

●エコカー減税は、新車登録時に取得税軽減措置(平成303月31日まで)、重量税軽減措置(平成304月30日まで)が受けられます。また、グリーン税制は、新車登録翌年度に自動車税軽減措置(平成313月31日まで新車登録車が対象)が受けられます。 ●エコカー減税については、要件が段階的に引き上げられるため、取得税は平成304月1日以降、重量税は平成305月1日以降、減税率が変更となる場合がございます。 < 平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について > ●申請対象となる車両初度登録期間:平成294月28日~ 平成303月2日 ●申請書受付期間:平成295月29日~ 平成303月5日(必着) ●個別車両ごと補助金申請書提出期限:①初度登録日が平成294月28日~5月31日車両提出 期限は、平成297月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成296月1日以降車両提出期限は、車両代金支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要があ ります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日翌々月末日まで(消印有効)。 ●補助金申請が予算枠を超過する場合受付期間は、別途定める終了日までとなります。 ●補助金支給を受けるためには、原則とし て、定められた期間(自家用乗用車場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
さらに見せる

18 さらに読み込む

平成 29 年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 (CEV 補助金 ) の受付期間短縮について 受付期間について 以下の通り 受付期間が短縮となります 変更前 変更後 車両の初度登録日平成 30 年 3 月 2 日 ( 金 ) 平成 30 年 1 月 31 日 ( 水 ) 申請書受付締切日

平成 29 年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金 (CEV 補助金 ) の受付期間短縮について 受付期間について 以下の通り 受付期間が短縮となります 変更前 変更後 車両の初度登録日平成 30 年 3 月 2 日 ( 金 ) 平成 30 年 1 月 31 日 ( 水 ) 申請書受付締切日

< 平成29年度クリーンエネルギー自動車導入事業費補助金(CEV補助金)について > ●申請対象となる車両初度登録期間:平成294月28日~ 平成303月2日 ●申請書受付期間:平成295月29日~ 平成303月5日(必着) ●個別車両ごと補助金申請書提出期限:①初度登録日が平成294月28日~5月31日車両提出 期限は、平成297月31日まで(消印有効)、②初度登録日が平成296月1日以降車両提出期限は、車両代金支払いを完了させた上で、初度登録日から1か月以内(翌月前日)まで(消印有効)に次世代自動車振興センターに申請書類を送付いただく必要が あります。ただし、初度登録日までに支払いが完了しない場合は、支払いを完了させた上で登録日翌々月末日まで(消印有効)。 ●補助金申請が予算枠を超過する場合受付期間は、別途定める終了日までとなります。 ●補助金支給を受けるためには、原則 として、定められた期間(自家用乗用車場合は4年間)、当該車両を保有することが義務付けられます。
さらに見せる

10 さらに読み込む

注意 脱退一時金を受け取った場合 脱退一時金の計算の基礎となった期間は 日本の年金制度に加入して いた期間 ( 以下 加入期間 という ) ではなくなります 以下の注意書きをよくご覧になり 将来的な年金受給を 考慮したうえで 脱退一時金の請求についてご検討ください 1 老齢年金の資格期間が 10 年

注意 脱退一時金を受け取った場合 脱退一時金の計算の基礎となった期間は 日本の年金制度に加入して いた期間 ( 以下 加入期間 という ) ではなくなります 以下の注意書きをよくご覧になり 将来的な年金受給を 考慮したうえで 脱退一時金の請求についてご検討ください 1 老齢年金の資格期間が 10 年

国民年金、厚生年金保険又は共済組合被保険者資格を喪失し、日本に住所を有しなくなった日 から 2 以内に請求する必要があります。 ① 日本国籍を有していない方 ② 国民年金第1号被保険者として保険料納付済期間月数と保険料 4 分1免除期間月 数 4 分3に相当する月数、保険料半額免除期間月数 2 分の 1 に相当する月数、及び 保険料 4 分3免除期間月数 4 分の 1 に相当する月数とを合算した月数、又は厚生年金 保険被保険者期間月数が 6 か月以上ある方
さらに見せる

15 さらに読み込む

徳島厚生年金事案 422 第 1 委員会の結論申立人の 申立期間に係る標準報酬月額については 当該期間のうち平成 14 年 4 月から同年 12 月までの期間については30 万円 15 年 4 月から同年 12 月までの期間については20 万円 16 年 4 月から同年 12 月までの期間については

徳島厚生年金事案 422 第 1 委員会の結論申立人の 申立期間に係る標準報酬月額については 当該期間のうち平成 14 年 4 月から同年 12 月までの期間については30 万円 15 年 4 月から同年 12 月までの期間については20 万円 16 年 4 月から同年 12 月までの期間については

なお、当該期間に係る厚生年金保険料事業主による納付義務履行 については、A事業所が加入するB厚生年金基金が保管する申立人に係 る加入員異動履歴において、申立期間標準報酬月額が同社に係るオン ライン記録標準報酬月額と一致しており、事業主は、「当時、会社 経営状況が厳しかったため、社会保険料負担を軽減する目的で、従業 員報酬月額について、実際に支給した給与額より大幅に減額して社会 保険事務所(当時)に届けた。」としてオンライン記録どおり標準報 酬月額を届け出ていたことを認めているところ、前述賃金台帳等資 料で確認できる報酬月額又は保険料控除額に見合う標準報酬月額とオン ライン記録標準報酬月額が長期間にわたり一致していないことから、 事業主は、前述賃金台帳等資料で確認できる報酬月額又は厚生年金保 険料控除額に見合う報酬月額を届け出ておらず、その結果、社会保険事 務所は、当該報酬月額に見合う厚生年金保険料について納入告知を行 っておらず、事業主は、当該保険料を納付する義務を履行していないと 認められる。
さらに見せる

20 さらに読み込む

[ 組合員期間等の特例 ] 組合員期間等については 年齢 職種などにより 過去の制度からの経過措置が設けられており 被用者年金制度の加入期間 ( 各共済組合の組合員期間など ) については 生年月日に応じて次表の年数以上であれば 組合員期間等が 25 年以上とみなされます 生 年 月 日 組合員期間

[ 組合員期間等の特例 ] 組合員期間等については 年齢 職種などにより 過去の制度からの経過措置が設けられており 被用者年金制度の加入期間 ( 各共済組合の組合員期間など ) については 生年月日に応じて次表の年数以上であれば 組合員期間等が 25 年以上とみなされます 生 年 月 日 組合員期間

 (イ) × 再評価率 × 昭和613月まで組合員期間月数 = 給料総額(A) (銭位未満四捨五入) (2)昭和614月1日前(施行日前)から平成153月まで組合員期間に係る給料総額算出  昭和614月から平成153月まで各月掛金標準となった給料月額(別表1「最 高限度額・最低限度額」参照)に、再評価率(別表1参照)と手当率(1.25)を乗じて 昭和614月1日から平成153月まで組合員期間に係る給料総額(再評価後額)を算 出します。
さらに見せる

10 さらに読み込む

注意 脱退一時金を受け取った場合 脱退一時金の計算の基礎となった期間は 日本の年金制度に加入して いた期間 ( 以下 加入期間 という ) ではなくなります 以下の注意書きをよくご覧になり 将来的な年金受給を 考慮したうえで 脱退一時金の請求についてご検討ください 1 老齢年金の資格期間が 10 年

注意 脱退一時金を受け取った場合 脱退一時金の計算の基礎となった期間は 日本の年金制度に加入して いた期間 ( 以下 加入期間 という ) ではなくなります 以下の注意書きをよくご覧になり 将来的な年金受給を 考慮したうえで 脱退一時金の請求についてご検討ください 1 老齢年金の資格期間が 10 年

※支付退出补助金后,作为退出补助金计算基础的份不再是年金参保份。请仔细阅读退出补助金请求书第 4 页上的主要事项,在充分考虑将来的 金领取后,如果还是希望领取退出补助金,请务必在“2”栏上签名。被保险者份较多者,如果没有在“2”栏上签名,为确认申请的意图可能会退 还资料。 ※脱退一時金を支給した場合、脱退一時金計算基礎となった期間は年金加入期間ではなくなります。脱退一時金請求書 2 ページ目注意書き をよくご覧いただき、将来的な年金受給を考慮したうえでなお脱退一時金受給を希望される場合、必ず「2」欄に署名してください。被保険者期 間が長期にわたる方で「2」欄に署名がなされていない場合、請求意思確認ために書類をお返しする場合があります。
さらに見せる

15 さらに読み込む

Show all 10000 documents...