幅広い産業分野で注目の集まる「ブロックチェーン」技術

Top PDF 幅広い産業分野で注目の集まる「ブロックチェーン」技術:

医療技術の と 医療機器産業をめぐる動向について 特許庁審査第一部応用光学 ( 光学要素 EL 素子 ) 審査官 早川貴之 抄録 日本再興戦略において健康長寿産業を戦略的分野の一つに位置付けられるなど 医療機器産業を含む医療分野が注目をあびている 医療機器は他の産業分野と異なり 薬事法の規制を受ける

医療技術の と 医療機器産業をめぐる動向について 特許庁審査第一部応用光学 ( 光学要素 EL 素子 ) 審査官 早川貴之 抄録 日本再興戦略において健康長寿産業を戦略的分野の一つに位置付けられるなど 医療機器産業を含む医療分野が注目をあびている 医療機器は他の産業分野と異なり 薬事法の規制を受ける

 情報通信技術発達やスマートフォン普及により、今 後、医療機器として性能を有する単体ソフトウェアが幅広 く市場に流通することが想定されるが、このようなソフト ウェアは誤診等による健康被害が考えられること及び諸外 国は既に単体ソフトウェアを医療機器として規制しているこ とから、薬事法を改正し、単体プログラムについて医療機 器として製造販売承認・認証等対象とする予定ある。  一方、医療機器とまでは言えないもの医療・ヘルスケ ア用に用いられるソフトとして、電子カルテや個人血圧 等健康情報を管理するソフトウェア等が存在するが、こ れらソフトウェアについては、不具合によって患者へ 安全性へリスクが少なからずあることから、一定品質 や安全性を担保し、そのことを第三者に見える形示して いくようなルール整備が必要ある。これにより、医療 用ソフトウェア事業を展開する上、品質や安全性担 3.2 薬事法改正について
さらに見せる

12 さらに読み込む

ブロックチェーンで変わる 情報・産業・組織

ブロックチェーンで変わる 情報・産業・組織

本来目的に沿った用途以外は使えない ような仕組みを組み込む。 ケース4:取引コスト削減とイノベーション推進 知的財産、特許、遺言、公正証書、ヘルスデータ、年金等登録にブロックチェーン技術を活 用 すること、中小企業にとって取引コストを削減する。また、マイクロペイメント考え方等 を活用して新たな公的業務とビジネス運用コストを再発明する。 市民は自分パーソナル データがどのように使われているか管理できるようになる。
さらに見せる

58 さらに読み込む

ブロックチェーン? 海外送金 マイニング 取引の革命 貿易金融コンソーシアム サプライチェーン ビットコイン / 仮想通貨 FinTech スマートコントラクト ビットコイン分裂 マウントゴックス 分散台帳技術 (DLT) coincheck 不正流出 (NEM) 非中央集権 パブリック / コンソ

ブロックチェーン? 海外送金 マイニング 取引の革命 貿易金融コンソーシアム サプライチェーン ビットコイン / 仮想通貨 FinTech スマートコントラクト ビットコイン分裂 マウントゴックス 分散台帳技術 (DLT) coincheck 不正流出 (NEM) 非中央集権 パブリック / コンソ

• 運用開始後に内容を修正したい場合は、参加者コンセンサスにより行うコンセンサス方法は後述 • 法制度面整備は経済産業省情報経済課にて「準則改定」検討中(平成30年1月現在) 取引に伴う処理を実現するためビジネス・ロジック 取引(トランザクション) – 操作:送金処理

40 さらに読み込む

中央銀行から見たブロックチェーン技術の可能性とリスク

中央銀行から見たブロックチェーン技術の可能性とリスク

BlockchainとDLT定義を巡って Bitcoinが注目を集め、類似技法新たな仮想通貨が開発されるようになると、技 術面に着目したそれら総称として「Blockchain」という言葉が使われるようになっ た。また、その技術を仮想通貨以外にも適用することが提案されるようになると、 Bitcoinそのものと深くリンクしたBlockchainという用語から、より汎用的な印象ある DLT(Distributed Ledger Technology)という用語が使われるようになった。
さらに見せる

43 さらに読み込む

ブロックチェーンの経営戦略

ブロックチェーンの経営戦略

しなければならない。 持続的に学習する姿勢を保つ 企業組織は、周り環境─技術、競争動向、連携企業間駆け引 き、常識破り新興企業、政策変更─を十分に理解する必要があ る。あらゆる点、状況非連続性に注意すべきある。たとえば、オー プンなブロックチェーンプロトコルが、業界コンソーシアムによる クローズドな取り組み魅力を奪うかもしれない。一方、遠く離れた 国政府が支援するイニシアティブが、キラーアプリケーション触 媒になるかもしれない。もしくは、暗号技術ブレイクスルーが、セキュ リティや拡張性に変革をもたらすかもしれない。パソコンやインター ネット登場によって、全て産業が丸ごとそれらアプリケーショ ンになったと同じように、他業界における進歩が自社業界に押 し寄せてくるかもしれない。ブロックチェーンがビジネスにどのよう な影響を与えるかについては議論が定まっていないため、部下に判 断をゆだねるはなく、自ら鋭敏な嗅覚に基づいて決断を下すべ きある。そのためには、経営層が自ら、先端技術について持続的に 学習する姿勢を保つ必要がある。
さらに見せる

60 さらに読み込む

目次 1 検討の経緯 ブロックチェーン技術の基本的な特徴... 1 (1) 事実上落ちない( 正しく動作 )... 2 (2) 事実上改ざん不可能... 3 (3) オープン性... 3 (4) スマートコントラクト ブロックチェーン技術の活用ユースケース... 4 (1

目次 1 検討の経緯 ブロックチェーン技術の基本的な特徴... 1 (1) 事実上落ちない( 正しく動作 )... 2 (2) 事実上改ざん不可能... 3 (3) オープン性... 3 (4) スマートコントラクト ブロックチェーン技術の活用ユースケース... 4 (1

このほか、投票システムへ導入がオーストラリアや韓国など検討さ れ、また、身分や学位証明をブロックチェーン管理する取組がオー ストラリア、スペイン、米国など進められてきている。 なお、欧米諸国を始めとする先進国は、既存システムと比較して手続、 取引コスト削減やセキュリティ向上など可能性を探るため、ブロック チェーン技術導入が検討されていると考えられるが、既存システムを上 回る明確なメリットを検証している段階にあると考えられる。これに対し て、途上国はそもそも公共サービスや行政手続など業務プロセスやシ ステムが確立していない等事情があり、安価セキュアという性質を有 し、かつ、スマートコントラクトによる業務プロセスビルトインが可能 なブロックチェーン技術導入が積極的に検討されているはないか と考えられる。
さらに見せる

23 さらに読み込む

とが可能とされる ブロックチェーンの有用性は 仮想通貨以外の領域にも利用することができるため 各事業者とも活用可能性を検討する段階に入っている 例えば 米 R3 社は ブロックチェーンの特徴を部分的に取り出した分散型台帳技術 (DLT) によって 貿易金融やシンジケートローンなどの分野において実用化

とが可能とされる ブロックチェーンの有用性は 仮想通貨以外の領域にも利用することができるため 各事業者とも活用可能性を検討する段階に入っている 例えば 米 R3 社は ブロックチェーンの特徴を部分的に取り出した分散型台帳技術 (DLT) によって 貿易金融やシンジケートローンなどの分野において実用化

は、中国発プロジェクト「NEO」などがある。  イーサリアム上動いているDApps例は枚挙に暇が ない。例えばAugur(オーガー)は予測市場形成を目指 しているイーサリアムベースDAppsある。予測市場と は、将来イベントを賭け対象とすること、将来を確 率論的に予測することを目指す試みある。Augur仕 組みは、ある参加者が「サッカーA国対B国結果は どうなるか」「選挙結果はどうなるか」といった、予 測したいテーマを掲載する。このテーマに合わせて予測参 加者は自分予測と共にAugurが発行しているトークン (REP)を賭けることができる。予測結果審判もトークン 保有者が報告し、多数側が採用されるが、多数側報 告をしたトークン保有者には手数料が支払われ、少数側 報告をしたトークン保有者は虚偽報告をしたペナルティと してトークンを没収されるため、正しい結果を報告するイ ンセンティブが働く。ブックメーカーような中央管理者な しでも、公正に賭け精算が支払われる仕組みから、単に ギャンブルだけはなく、保険やデリバティブなど分野に も展開が期待されている。
さらに見せる

6 さらに読み込む

関しては 自動車 住宅等幅広い分野において大きな課題となっている 本事業では様々な環境下における未利用熱エネルギーの再利用に注目し 広域に分散した熱を有効利用する技術の基盤となる熱マネージメント技術として 熱を逃さない技術 ( 断熱 ) 熱を貯める技術( 蓄熱 ) 熱を電気に変換する技術( 熱電変換

関しては 自動車 住宅等幅広い分野において大きな課題となっている 本事業では様々な環境下における未利用熱エネルギーの再利用に注目し 広域に分散した熱を有効利用する技術の基盤となる熱マネージメント技術として 熱を逃さない技術 ( 断熱 ) 熱を貯める技術( 蓄熱 ) 熱を電気に変換する技術( 熱電変換

(4)フレキシブル有機熱電材料およびモジュール開発 以下研究開発により、中間目標達成を目指す。「高機能導電性ポリマー開発」 では、熱励起効率高い材料に高いキャリア移動度を付与する開発を進める。「CNT お よび周辺材料開発」は、分散、配向状態を制御する材料開発に加え、新たな添加 剤開発方針を定める。 「無機熱電材料を利用した熱電変換材料開発」は、ナノ粒 子化無機材料と有機材料ハイブリッド化を進め、諸課題へ技術開発とフレキシビ リティ付与ため指針を得る。 「フレキシブル熱電変換モジュール開発」は、印 刷用熱電材料、プロセス、モジュール構造開発と試作による性能試験を進める。 (5)実用化に適した高性能なクラスレート焼結体研究開発
さらに見せる

11 さらに読み込む

概要ブロックチェーンは社会をどう変えるか 第 Ⅰ 部ブロックチェーンの特徴とメリット 1 ブロックチェーンの仕組み ブロックチェーンは 仮想通貨ビットコインやエストニアのデジタル政府で使われている技術である 帳簿 ( 台帳 ) のイノベーション ともいわれ 従来の帳簿と異なる 以下特徴を見てみよう

概要ブロックチェーンは社会をどう変えるか 第 Ⅰ 部ブロックチェーンの特徴とメリット 1 ブロックチェーンの仕組み ブロックチェーンは 仮想通貨ビットコインやエストニアのデジタル政府で使われている技術である 帳簿 ( 台帳 ) のイノベーション ともいわれ 従来の帳簿と異なる 以下特徴を見てみよう

 エストニア政府が低予算こうした電子化を実現した背 景には、各省庁データベースを連携させる、X-Roadと呼 ばれる仕組みがある。これは、各省庁が別個に持つ住民登 録情報やヘルスケア情報などデータベース同士を、そ れぞれ Peer -to -Peer つなげ、情報相互参照を可能とす るデータ交換基盤を指す。ブロックチェーン分散管理と いうコンセプトに通じる技術を、データベース中央集権 的な一元管理が主流あった2001年から稼働を開始してい るという点、この取り組みは先進的だったといえる。  X-Road 通信手段は、インターネットを利用している。 X-Road へ接続は、すべてセキュリティーサーバー(下図 各ノードにある鍵マーク)を経由して行なわれ、データ は暗号化され、署名を付与して送信、全ログが記録される。 また X-Road 全体オペレーションを統括する X-Roadセン ターセントラルサーバーは、ログ監視や利用者本 人確認などをつかさどっている。実際データやりとり はそれぞれデータベース同士が通信を行なっており(同 図太いライン)セントラルサーバーを経由していない。  各省庁が、それぞれ異なる仕様データベース管理し ている情報もインタラクティブに交換でき、また膨大なコ ストをかけレガシーシステムを刷新せずとも、それを生か したままデータ連携を可能とする。また X-Road は銀 行や通信会社など、民間企業も接続を許されている。たと えば銀行はインターネットバンキングと連携させ、国民 ID による個人認証と合わせ、政府データベースに個人情 報を確認する手段として活用されている。
さらに見せる

20 さらに読み込む

標準和名「ミルクガニ」の提案―国際動物命名規約と学名ブロックチェーン―

標準和名「ミルクガニ」の提案―国際動物命名規約と学名ブロックチェーン―

渡部 元・山本 桂 まず,我が国離島防衛に寄与するケースとして北 方領土に対してハナサキガニ Paralithodes brevipes, 南西諸島に対してセンカクサワガニ Geothelphusa shokitaiを例示した(Figs. 7–8).これらはそれぞれ Fig.示される通り,標準和名のみならず属 名について変更が可能あり,命名権対象とし て,同時に国防上手段として非常に重要ある. 引き続き,日本列島に展開するサワガニ種群につい ても同様な作業を行い,数多く隠蔽種を指摘した ( Fig. 9).水産重要種に対しても作業を行い,ズワ イ ガ ニ Chionoecetes elongatus細分化を提案した ( Fig. 10).末尾に,真正蟹亞目は分類体系構 築に難点があり, 「蟹王様」と考えられてきたイ チョウガニ類について作業を行い,ヒメノウイチョ ウ ガ ニ(仮 称) Platepistoma cf.anaglyptumを 熊 野 灘から認識した( Fig. 11).
さらに見せる

10 さらに読み込む

目次 はじめに ますます増える仮想通貨 ブロックとブロックチェーン ハッシュ関数 ビットコインの取引 ( トランザクション ) ビットコインアドレスと署名 マイニング マイニング

目次 はじめに ますます増える仮想通貨 ブロックとブロックチェーン ハッシュ関数 ビットコインの取引 ( トランザクション ) ビットコインアドレスと署名 マイニング マイニング

*Zcash (ZEC:ジーキャッシュ) :2016 年 10 月開始、発行額第 16 位(約 1 億 5,000 万 USD) 2013 年にジョンホプキンス大学研究者により導入された Zerocoin 後継ある Zerocash と MIT 暗号研究グループ、テルアビブ大学協力により生まれたコインあ る 。 Zcash は zk-SNARK ( Zero-Knowledge Succinct Non-Interactive Argument of Knowledge)という暗号化技術を採用していること注目されている。ゼロ知識証明(zero- knowledge proofs)とは、自分が「ある事実を証明した」という情報のみを相手に送ること 、事実証明ができることをいう。証明するためにどういう方法を使ったか、など具 体的な情報は不要ある。例えば、 Alice と Bob 2 人がパズルを解く競争をしているとす る。 Alice が制限時間内にパズルを解くが、制限時間が来る前に Bob に答えを教えたくない 場合、 Alice はパズル答えをハッシュ関数に入力して出力されたハッシュ値を Bob に送っ ておけばよい。これ Alice がパズルを解いたことを証明できる。Bob は自分がパズルを解 いて(または制限時間後に Alice に答えを教えてもらって)答えをハッシュ関数に入力すれ ば Alice がすでにパズルを解いていたことを確認できる。Zcash ではブロックトランザク ションに対して四則演算などいくつか計算を施して暗号化していく。こうすること、 インプットや金額などを外部から知ることはできなくなる。 Zcash 匿名性は仮想通貨 中でもトップクラスある。
さらに見せる

49 さらに読み込む

ブロックチェーン技術入門 サンプルページ この本の定価 判型などは, 以下の URL からご覧いただけます. このサンプルページの内容は, 初版 1 刷発行当時のものです.

ブロックチェーン技術入門 サンプルページ この本の定価 判型などは, 以下の URL からご覧いただけます. このサンプルページの内容は, 初版 1 刷発行当時のものです.

main : 2017/7/22(13:6) 104 第 4 章 ブロックチェーン 2.0 前章までブロックチェーン技術的な解説を経て、ブロックチェーン 仕組みについてはおおよそ理解いただけただろう。ブロックチェーンは、簡 単には中央集権的な管理を必要とせずにシステムを維持できる技術あり、分 散型データベースように理解されることもある。しかし、実は分散型 データベース以上可能性を秘めている。ブロックチェーンは、データベー スあり、アプリケーション実行基盤あり、ネットワークインフラもあ るだ。ブロックチェーンネットワークという共有プラットフォーム さまざまなアプリケーションが実行され、確かな記録が蓄積される。クラウ ドと違い、ブロックチェーンはインターネットような誰でも利用できる共 通インフラ性格が強い。この共通インフラとして性格をどのように生か し、世の中に価値を提供するか、さまざまな産業分野活発に検討されて いる。
さらに見せる

36 さらに読み込む

情勢分析_注目されるサウジアラビアの娯楽産業と新産業戦略

情勢分析_注目されるサウジアラビアの娯楽産業と新産業戦略

 SEVENは,これら娯楽施設展開に際しては,民間部門から投資を期待している。だ が残念なことに,現時点はカショギ記者殺害事件悪影響が出ている。例えば,英国 億万長者ビジネスマンとして知られるリチャード・ブロンソン氏が,PIF 支援を受け て進めていた紅海に面した地域2つ観光事業を停止することを発表している。また ハリウッド芸能プロダクションあるエンデヴァーも,サウジ事業を展開しているこ と風評を懸念してか,合意した PIF から4億ドル投資合意を終結しようとしてい る。さらに,米国メディア企業も PIF 投資申し出を関心がないとして拒絶している。 野心的な新産業戦略「国家産業発展物流計画(NIDLP)」
さらに見せる

10 さらに読み込む

ロ ブロックチェーンブロックチェーンは 取引記録に関し 取引データの認証システムと取引データの改ざんが困難な形で記憶され 利用者に通知すると同時に 世界中に点在するパソコンにデータを複製して置き システムに参加する全員が監視し合うシステムであることから 中央の管理者が不要となり また巨大なデータ管理

ロ ブロックチェーンブロックチェーンは 取引記録に関し 取引データの認証システムと取引データの改ざんが困難な形で記憶され 利用者に通知すると同時に 世界中に点在するパソコンにデータを複製して置き システムに参加する全員が監視し合うシステムであることから 中央の管理者が不要となり また巨大なデータ管理

9 月 11 日日経新聞に「IT地殻変動、広がるブロックチェーン」という記事が掲載さ れました。ブロックチェーンは、新しいIT(情報技術あり、当初、仮想通貨分野実 用化されたが、契約や資産管理、機械保守等などへ応用をめざし、世界中実験が進め られおり、世界産業構造を塗り替える力を秘める新技術と紹介されています。

5 さらに読み込む

欧州の航空機産業における技術開発 サプライチェーンの動向 2015 年 4 月日本貿易振興機構 ( ジェトロ ) パリ事務所デュッセルドルフ事務所海外調査部欧州ロシア CIS 課

欧州の航空機産業における技術開発 サプライチェーンの動向 2015 年 4 月日本貿易振興機構 ( ジェトロ ) パリ事務所デュッセルドルフ事務所海外調査部欧州ロシア CIS 課

エアバス・グループジャン・ボッティ最高技術責任者(CTO)は「ル・フィガロ」紙(電 子版 4 月 25 日)インタビュー、 「これは 80~100 席クラスリージョナルジェット機ハ イブリッド化実現に向けた試金石だ。2050 年まで実用化を目指す」と述べた。 ボッティ氏はさらに、「E-ファンがフランス国内進行中あると異なり、E-スラスト は欧州他国パートナーとともに推進している計画だ」と述べた。エアバス・グループは、電 気モーター開発に当たるシーメンス(ドイツ)およびダイアモンド・エアクラフト(オース トリア)と 2013 年に覚書(MOU)を締結しており、3 社ミュンヘン近くオットブルンに 研究拠点「E-エアクラフト システム ハウス」を建設して 2017 年から稼働させ、電気推進航 空機ハードウエアやシステムを試験する予定だ。この研究所はエアバス・グループ「E ロ ードマップ(電気航空機実現に向けた工程表) 」中核を担うという。なお、エアバス・グルー プ、シーメンス、ダイアモンド・エアクラフト 3 社は 2013 年 6 月にウィーン、共同研究 中ハイブリッド電気モーター機「DA36 E star 2」試作機飛行に成功している。
さらに見せる

23 さらに読み込む

ブロックチェーンで変わる 情報・産業・組織

ブロックチェーンで変わる 情報・産業・組織

本来目的に沿った用途以外は使えない ような仕組みを組み込む。 ケース4:取引コスト削減とイノベーション推進 知的財産、特許、遺言、公正証書、ヘルスデータ、年金等登録にブロックチェーン技術を活 用 すること、中小企業にとって取引コストを削減する。また、マイクロペイメント考え方等 を活用して新たな公的業務とビジネス運用コストを再発明する。 市民は自分パーソナル データがどのように使われているか管理できるようになる。
さらに見せる

57 さらに読み込む

目次 Ⅰ. はじめに... 1 Ⅱ. ブロックチェーン研究会の概要 目的 参加者 活動内容... 3 Ⅲ. ヒアリング 調査結果 ブロックチェーン技術の概要... 4 (1) ブロックチェーン技術とは ~ブロックチェーンの沿革 ~...

目次 Ⅰ. はじめに... 1 Ⅱ. ブロックチェーン研究会の概要 目的 参加者 活動内容... 3 Ⅲ. ヒアリング 調査結果 ブロックチェーン技術の概要... 4 (1) ブロックチェーン技術とは ~ブロックチェーンの沿革 ~...

ブロックチェーンによるコスト削減を論ずるに当たっては、 システムに係るコストだけなく、業務フローに係るコスト にも注目することが重要ある。 ・システム一部をブロックチェーンにより置き換え、既存 システムと連携させる場合、ブロックチェーン技術者に加 え、既存システム技術者も必要となることから、人件費 増加懸念がある。また、異なる運用ポリシーを持つシステ ム接続・運用に当たり、サービスレベルをどのように整理 するかという問題があるほか、既存システムからブロック チェーンによるシステムへデータ移行方法等も現時点 は議論がまとまっておらず、コスト削減を実現するには、そ ような課題整理も必要ある。
さらに見せる

49 さらに読み込む

ブロックチェーン技術がもたらすデジタル通貨の未来

ブロックチェーン技術がもたらすデジタル通貨の未来

ルールや安全対策基準整備が課題として挙 げられる。世界中暗号通貨取引所繰り返 される暗号通貨盗難事件多くは、秘密鍵 管理を含むマネジメントシステム問題に 起因している。また、利用者が暗号通貨資 産価値を適正に評価するため制度整備も 課題ある。2017年以降、既に流通している 暗号通貨と引き換えに新たな暗号通貨を発行 するICO(Initial Coin Offering)と呼ばれる スキームが急速に広がっている。同時にこの スキームを利用した詐欺事件も拡大してお り、各国規制当局は取り締まりや注意喚起 を進めている状況ある。先にも述べた通 り、これらはブロックチェーン・分散台帳技 術外側運用プロセスとして整備されるべ き点あるが、今後、制度をどのように設 計・運用していくかは大きな論点になると見 られる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

④製造サプライチェーンにおける供給者の技術基盤の保全について ―技術のコモディティ化の中で生き残るために―

④製造サプライチェーンにおける供給者の技術基盤の保全について ―技術のコモディティ化の中で生き残るために―

 また、供給者と顧客と取引が下請法(下請代金支払遅 延等防止法)にいう親事業者と下請事業者取引に該当し、 かつ、同法定める製造委託,修理委託,情報成果物作成 委託,役務提供委託に当たる場合は下請法が適用される。 公正取引委員会は下請法違反行為に対しては独禁法違反行 為ような排除措置命令や課徴金納付命令を発することは できないが、下請法違反行為を止めるように勧告するこ とができる(下請法 7 条)。勧告には法的拘束力はないもの 、そのすべてが公表される。また、公正取引委員会は、 親事業者や下請事業者に対して取引に関する報告を求め、 その事務所・事業所に立ち入り、帳簿書類その他物件を 検査する権限を有し(同法 9 条)、これらを拒んだり妨害す ることは違反者及び法人に対する刑事罰対象となる(同 法 11 条、12 条)。供給者としては、顧客と取引関係が下 請法適用範囲に当てはまる限りにおいて、顧客知財等 譲渡要求が「下請代金支払遅延等防止法に関する運用基 準」 (平成 15 年事務総長通達第 18 号)が「不当な経済上 利益提供要請」類型として挙げる「7 − 5 親事業者が、 下請事業者に金型製造を委託しているところ、外国製 造した方が金型製造単価が安いことから、下請事業者が 作成した金型図面、加工データ等を外国事業者に渡し て、当該金型を製造させるため、下請事業者が作成した図 面、加工データ等を対価を支払わず、提出させる場合」に 該当するときは、下請法を根拠に顧客と交渉することも きる。上記優越的地位濫用ガイドラインによれば、優越 的地位濫用規定と下請法双方が適用可能な場合は下請 法が優先して適用される取り扱いとなっている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

ブロックチェーン技術における鍵漏洩課題の分析

ブロックチェーン技術における鍵漏洩課題の分析

④ 生体情報から秘密鍵を生成する[5] 生体情報揺らぎを補正し,秘密鍵を抽出した後,公開鍵暗号方式に基づく電 子署名を生成方法あり, PBI(Public Biometrics Infrastructure)と称して[5] 提案されている.鍵を利用するたびに生体情報から秘密鍵を抽出することによ りストレージに保存する必要がなくなるため,鍵紛失,漏洩リスクを軽減す る.しかしながら,秘密鍵を用いる場合(例えば,暗号通貨を使う場合)に,か ならず生体情報を用いる必要があるため,応用シーンを制限し,生体情報に関係 するプライバシ問題が新たに生じると考えられる.また,秘密鍵を抽出したあと に安全に消去する仕組みが必要ある.
さらに見せる

11 さらに読み込む

Show all 10000 documents...