家庭系生ごみ減量促進事業

Top PDF 家庭系生ごみ減量促進事業:

第 6 章ごみの減量 資源化 1. 現況 2. ごみ減量 リサイクル推進事業の主な取組み (1) 生ごみ処理容器等による減量化促進事業 1 生ごみ処理容器貸与事業 2 生ごみ処理機器購入補助事業 3 生ごみのコミュニティ回収事業 4 段ボールコンポスト普及啓発事業 (2) 有価物集団回収運動 促進事

第 6 章ごみの減量 資源化 1. 現況 2. ごみ減量 リサイクル推進事業の主な取組み (1) 生ごみ処理容器等による減量化促進事業 1 生ごみ処理容器貸与事業 2 生ごみ処理機器購入補助事業 3 生ごみのコミュニティ回収事業 4 段ボールコンポスト普及啓発事業 (2) 有価物集団回収運動 促進事

牛乳パック回収状況 (5)使用済小型家電回収事業 平成 25 年 6 月から、本庁・各支所・出張所等に使用済小型家電の回収ボックスを設置し、その回収及びレ アメタル等の再資源化を図っている。平成 29 年 5 月からは、公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競 技大会組織委員会により、小型家電に含まれる金属を用いて東京 2020 オリンピック・パラリンピック競技大会 のメダルを製作する「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」が実施されており、本市としてもその 趣旨に賛同し、回収に協力している。
さらに見せる

11 さらに読み込む

目 次 1 はじめに P 1 2 審議の経過 P 2 3 事業系ごみの現状と課題 P 2 (1) 事業系ごみの現状 P 2 1 事業系ごみにかかる大阪市の特徴 P 2 2 ごみ処理量の推移 P 2 3 家庭系ごみ 事業系ごみの収集状況 P 3 4 事業系ごみの排出実態 P 3 5 許可業者が収集する

目 次 1 はじめに P 1 2 審議の経過 P 2 3 事業系ごみの現状と課題 P 2 (1) 事業系ごみの現状 P 2 1 事業系ごみにかかる大阪市の特徴 P 2 2 ごみ処理量の推移 P 2 3 家庭系ごみ 事業系ごみの収集状況 P 3 4 事業系ごみの排出実態 P 3 5 許可業者が収集する

減量計画書の提出により当該建築物におけるごみ減量の取組等について概ね把握できている が、それ以外の建築物からの排出実態については、十分に把握できていない。 なお、大阪市では、中心部に事業所が多いなど地域により事業所の立地状況等が異なってい る他、産業分類でも地域毎に特徴が見られるとともに、特定建築物(大規模建築物)について 建物用途別で比較するとごみ発生量や資源化率等が異なっている。(資料7参照)このことか らも、地域毎に事業ごみの排出実態が異なっていることが予測される。
さらに見せる

33 さらに読み込む

目次 第 1 章ごみ減量アクションプランの策定にあたって ごみ減量アクションプラン策定の趣旨 ごみ減量アクションプランの性格 ごみ減量アクションプランの期間 1 第 2 章ごみ排出量の現状と減量に向けた基本姿勢 ごみ排出量の現状 ごみ減量等

目次 第 1 章ごみ減量アクションプランの策定にあたって ごみ減量アクションプラン策定の趣旨 ごみ減量アクションプランの性格 ごみ減量アクションプランの期間 1 第 2 章ごみ排出量の現状と減量に向けた基本姿勢 ごみ排出量の現状 ごみ減量等

また、本市のごみ排出量(資源を除く)は中核市の中でも家庭でワースト4位、事業 でワースト 13 位(いずれも平成 26 年度)であり、改善が必要です。こうした状況を踏 まえ、ごみ排出量を削減する目標を掲げるものです。 国のごみ減量に関する目標は、 「廃棄物処理法」に基づく基本方針で平成 32 年度までの 8年間でごみ排出量を 12%削減、 「循環型社会形成推進基本計画」で平成 32 年度までの 20 年間で 25%削減となっています。国の目標に対して本市は、現状の実績数値から大きくご み量を削減することを目指し、平成 32 年度までの 10 年間で1人1日当たりのごみ排出量 (資源を除く)を約 30%削減とします。
さらに見せる

34 さらに読み込む

( 資料 1) 施策による減量効果 行動計画項目区分 ごみ組成の品目 1 人 1 日あたり排出量 (g) 発生抑制 1 人 1 日あたり (g) 設定根拠等 減量区分 各種持参運動の推進家庭系容器包装ごみの減量推進 継続燃やせるごみ マイバッグを持参するなどしてレジ袋をもらわないよう

( 資料 1) 施策による減量効果 行動計画項目区分 ごみ組成の品目 1 人 1 日あたり排出量 (g) 発生抑制 1 人 1 日あたり (g) 設定根拠等 減量区分 各種持参運動の推進家庭系容器包装ごみの減量推進 継続燃やせるごみ マイバッグを持参するなどしてレジ袋をもらわないよう

この調査結果を基に、産業廃棄物の分別不適率を 12.8%と設定。 組成分析結果を用いず、事業所から出る 12.8%のごみに産業廃棄物が混入していると仮定し、2)で 求めた協力率を用いて、その内の 13%の事業所が分別に協力するとして削減量を算定した。 198.2g/人・日(事業可燃ごみ原単位)×分別不適率 12.8 %×協力率 13 % ≒ 3.3g (2)事業燃やせるごみの削減量の計算

16 さらに読み込む

認定申請書 ごみ減量・環境保全に配慮した事業所を「3Rオフィスクラブ」「ごみ分別・資源化促進優良事業者」に認定  上越市ホームページ

認定申請書 ごみ減量・環境保全に配慮した事業所を「3Rオフィスクラブ」「ごみ分別・資源化促進優良事業者」に認定 上越市ホームページ

5 エコマーク又はグリーンマークの表示のある商品等の販売を積極的に行っている。 6 再生紙、再生品等を事業所等において使用する資材又は事業者等の備品に使用し ている。 7 牛乳パック、食品トレーその他の資源物等の店頭回収を実施している。

2 さらに読み込む

事業所向けごみ減量情報

事業所向けごみ減量情報

事業ごみの排出量について全国平均が 2 7 9 g ,茨城県平均が 2 6 5 g であるのに対し,つくば 市の事業ごみの排出量は 3 6 3 g とかなり多く,ごみ減量とリサイクルの推進が重要です。 図 2 のグラフは,昨年度クリーンセンターに搬入された燃やせるごみの組成分析の結果を品目 別に表したものです。一番比率を占めているのは,紙類です。この中にはリサイクル可能な紙類も たくさん含まれていると考えられています。 むやみに紙を燃やせるごみに捨ててしまっていません か?紙に限らず,少し立ち止まって,捨てようとしているものを見つめ直してみましょう!
さらに見せる

6 さらに読み込む

事業ごみの減量に関する

事業ごみの減量に関する

オ.福井市を含む関係各機関との連絡・調整 管理責任者と協議し、当該事業所から発生する事業一般廃棄物の処理及び発生抑制、再使 用、再生利用の推進に関する取組等について実施計画等を策定し、それらを「 事業一般廃棄 物の削減等に関する実績報告及び計画書(様式第1号) 」により、市へ提出してください。

8 さらに読み込む

目 次 はじめに 1 提言 2~3 1 ごみ減量化の具体的な方策 (1) 家庭系ごみ (2) 事業系ごみ 2 3R 推進の具体的な方策 (1)Reduse (2)Reuse (3)Recycle 3 周知 啓蒙教育活動の具体的な方策 4 方策を推進するために行うこと (1) 一般家庭 (2) 事業者

目 次 はじめに 1 提言 2~3 1 ごみ減量化の具体的な方策 (1) 家庭系ごみ (2) 事業系ごみ 2 3R 推進の具体的な方策 (1)Reduse (2)Reuse (3)Recycle 3 周知 啓蒙教育活動の具体的な方策 4 方策を推進するために行うこと (1) 一般家庭 (2) 事業者

2)分別ルールを徹底し,雑紙 ※1 も資源化してさらにごみ減量する。 ※1:名刺,はがき,封筒,ノート,コピー用紙,カレンダー,ラップ・トイレットペーパーの芯など (2)事業ごみ 1)事務文書や資源になる紙類の資源化を推進する。 2)公共施設におけるごみ減量化を推進する。

15 さらに読み込む

奈良市家庭系ごみ収集運搬業務委託仕様書

奈良市家庭系ごみ収集運搬業務委託仕様書

この仕様書は、標題の業務(以下「業務」という。 )の履行にあたり、その適正な執行を 図るため、必要な事項を定めるものである。 1 業務概要及び目的 奈良市が指定する区域において、家庭ごみ(燃やせるごみ、燃やせないごみ、プラ スチック製包装容器)、を収集・運搬し、市が指定する処理施設等に搬入することで、 活環境の保全及び公衆衛生の向上を図る。

14 さらに読み込む

第 6 章ごみの減量化 資源化事業 1 茅ヶ崎市廃棄物減量等推進審議会 2 茅ヶ崎市環境指導員 3 ごみの減量化と資源化対策 (1) 資源回収推進地域補助金制度 (2) 生ごみ処理容器 (3) 家庭用生ごみ処理機 ( 手動式 電動式 ) 購入費補助 4 焼却残渣有効利用 5 リサイクル品展示室 6

第 6 章ごみの減量化 資源化事業 1 茅ヶ崎市廃棄物減量等推進審議会 2 茅ヶ崎市環境指導員 3 ごみの減量化と資源化対策 (1) 資源回収推進地域補助金制度 (2) 生ごみ処理容器 (3) 家庭用生ごみ処理機 ( 手動式 電動式 ) 購入費補助 4 焼却残渣有効利用 5 リサイクル品展示室 6

(10)ごみ減量・リサイクル推進店制度 ごみの約6割が容器・包装類だといわれています。その容器・包装類を減らすため、平成7 年10月より「ごみ減量・リサイクル推進店」制度を導入し、市民と販売店と市が相互に協力 しながら簡易包装の推進とごみ減量・リサイクルに積極的に取り組んでいます。

10 さらに読み込む

1. 制度全般に関すること ( 目的 必要性など ) 1-1 家庭ごみ有料化に賛成する ( 同旨 9 件 ) 今 持続可能な社会の構築と将来の世代の暮らしを守る 1-2 家庭ごみ有料化に賛成する ごみについて考ためにも 一層のごみの減量 資源化の促進が求められてえるきっかけとなった います 1-3

1. 制度全般に関すること ( 目的 必要性など ) 1-1 家庭ごみ有料化に賛成する ( 同旨 9 件 ) 今 持続可能な社会の構築と将来の世代の暮らしを守る 1-2 家庭ごみ有料化に賛成する ごみについて考ためにも 一層のごみの減量 資源化の促進が求められてえるきっかけとなった います 1-3

8 7.手数料収入の使途に関すること № ご意見の概要 市の考え方 7-1 使途を明確にし、公表してほしい。(同旨3件) 家庭ごみ有料化によって得られた収入は、制度の実施に 伴う必要経費に使用するほか、町会防犯灯の LED 化、古 紙集団回収奨励金の増額、資源ごみ回収奨励金の増額、 ごみステーション設置機材購入補助制度の創設など町会 等が行う環境活動への支援の強化や環境負荷低減施策の 充実などに活用したいと考えています。
さらに見せる

12 さらに読み込む

平成 18 年 11 月 6 日 龍ケ崎市長串田武久殿 龍ケ崎市廃棄物減量等推進審議会 会長古井恒 家庭系ごみ有料化に係る基本方針について ( 答申 ) 平成 18 年 2 月 16 日付け龍環第 99 号で諮問のあった龍ケ崎市の家庭系ごみ有料化に 係る基本方針である 循環型社会の形成に向けて 家庭

平成 18 年 11 月 6 日 龍ケ崎市長串田武久殿 龍ケ崎市廃棄物減量等推進審議会 会長古井恒 家庭系ごみ有料化に係る基本方針について ( 答申 ) 平成 18 年 2 月 16 日付け龍環第 99 号で諮問のあった龍ケ崎市の家庭系ごみ有料化に 係る基本方針である 循環型社会の形成に向けて 家庭

この間の家庭一般廃棄物の排出状況について,人口変動による影響を受けない市 民 1 人 1 日当たり排出量でみると,平成 17 年度の排出量 706 グラムは 10 年前に比べ 106 グラム,17%以上の伸びを示している。時系列変化に着目すると,890 グラム前後 で推移していた排出量は,平成 7 年度に減少に転じ,平成 8 年度から平成 11 年度は 600 グラム前後で推移するなど低い排出レベルにあった。しかし,平成 11 年度に排出量は 増加に転じ,以降増加基調にある。
さらに見せる

6 さらに読み込む

目次 はじめに 2 1. 日光市のごみ排出量及びごみ処理経費の現状 3 (1) ごみ処理の現状と経過 (2) 日光市のごみ排出量 (3) 日光市の数値目標と実績 (4) 日光市のごみ処理経費 (5) ごみ減量化 資源化への取り組み (6) ごみ処理の課題 2. 家庭系ごみの有料化の実施時期と目的 効

目次 はじめに 2 1. 日光市のごみ排出量及びごみ処理経費の現状 3 (1) ごみ処理の現状と経過 (2) 日光市のごみ排出量 (3) 日光市の数値目標と実績 (4) 日光市のごみ処理経費 (5) ごみ減量化 資源化への取り組み (6) ごみ処理の課題 2. 家庭系ごみの有料化の実施時期と目的 効

わが国においては、平成15年3月に「循環型社会形成推進基本計画」において、天然 資源の消費の抑制と環境負荷の低減を目指した取り組みを進めるための方針が示されてい ます。 日光市においては、平成20年3月に「日光市一般廃棄物処理基本計画」を策定し、 「市民・事業者・行政の協働による減量化等の目標達成」 、 「目標達成のためのごみ処理体 制の統一」の二つの基本方針を定め、市民・事業者・行政がそれぞれの役割分担と責務の もと協働による循環型社会の構築を目指してきました。
さらに見せる

28 さらに読み込む

上越市3Rオフィスクラブ認定制度実施要項 ごみ減量・環境保全に配慮した事業所を「3Rオフィスクラブ」「ごみ分別・資源化促進優良事業者」に認定  上越市ホームページ

上越市3Rオフィスクラブ認定制度実施要項 ごみ減量・環境保全に配慮した事業所を「3Rオフィスクラブ」「ごみ分別・資源化促進優良事業者」に認定 上越市ホームページ

第2条 市長は、前条に規定する目的を達成するため、市内の事業所、小売店、法人、団体 等(以下「事業所等」という。)で、リデュース(Reduce=ごみを根本から減らす ことをいう。)、リユース(Reuse=物を大切に使い続けることをいう。)、リサイ クル(Recycle=資源として再活用することをいう。)を実践するものを上越市3

3 さらに読み込む

イベントごみ減量マニュアル

イベントごみ減量マニュアル

本マニュ アルについては、 今後、 皆さ んの取組みを参考に、 より 役立つ内容に修正を加 えていきたいと 考えており ます。 ◇ 上越市ごみ減量市民運動とは 消費者、 事業者及び行政が一体と なっ て、 買い物の段階から ごみ減量を図るための方 策を検討し 、 家庭ごみ減量を推進するため、 平成 16 年度に実行委員会を立ち上げ、 小 売店店頭での啓発活動や各種調査活動を全市で展開し ています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

はじめ に 上田市では 循環型社会の形成に向け ごみの減量 再資源化を推進しています 特に クリーンセンターで処理する可燃ごみの約 3 分の1を占める 事業系可燃ごみ の減量 再資源化が大きな課題となっています 事業者の皆さまには 本マニュアルを活用いただき 環境にやさしいまちづくりに向けて 事業系

はじめ に 上田市では 循環型社会の形成に向け ごみの減量 再資源化を推進しています 特に クリーンセンターで処理する可燃ごみの約 3 分の1を占める 事業系可燃ごみ の減量 再資源化が大きな課題となっています 事業者の皆さまには 本マニュアルを活用いただき 環境にやさしいまちづくりに向けて 事業系

 事業活動等に伴って発生する廃棄物で、「産業廃棄物」と「事業一般廃棄物」に大別 され、それぞれ処理方法が異なります。 ● 事業活動等に伴って発生するごみには、従業員が飲食したごみ等、例えば使用済の紙コッ プ・割りばし、茶がらや空き缶・びん等、たとえ少量であっても、すべて「事業ごみ」です。

8 さらに読み込む

食べきりげんまん&ごみ減量いいね!―九都県市3R普及促進キャンペーンの実施について―

食べきりげんまん&ごみ減量いいね!―九都県市3R普及促進キャンペーンの実施について―

5 九都県市の取組 家庭から発生するごみの重量の3分の1以上はごみです。また、まだ食べられるのに 捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」は、日本全国で年間約 500∼800 万トンにも 上ります。これは、日本の1年間のコメの収穫量(約 860 万トン)に匹敵する量であり、 1人毎日おにぎり1∼2個分を捨てていることとなります。食品ロスをはじめとしたご みの削減は、九都県市共通の課題です。
さらに見せる

9 さらに読み込む

事業系ごみ減量・リサイクル推進の手引き 事業系一般廃棄物減量計画書 | いわき市役所

事業系ごみ減量・リサイクル推進の手引き 事業系一般廃棄物減量計画書 | いわき市役所

※ 再生利用事業内容 堆肥 事業 農林水産省公式 HP 抜粋 H28.3.31 現在 ◇業種別 再生利用等実施率目標 食品リサ ル法 業種別 再生利用等 実施率目標 設定 い 目標値 食品関連事業者 個別 義務 業種全体 達 見 込 目標

23 さらに読み込む

事業系ごみの減量とリサイクルの手引き 事業系の不燃ごみ及び資源ごみは持込できません | 立川市

事業系ごみの減量とリサイクルの手引き 事業系の不燃ごみ及び資源ごみは持込できません | 立川市

市の清掃工場には、現在3基の焼却炉があります。そのうち、稼働開始から35年以上経過し ている90t炉2基の老朽化が進んでいます。市では清掃工場移転を計画していますが、移転ま での間は老朽化した炉を安定した状態で稼動させなければなりません。 また、日の出町にある最終処分場の延命化や、よりよい環境を次世代に残すため、地球温暖 化を防止するための対策として、ごみ減量と分別・リサイクルを推進する必要があり、なか でも「燃やせるごみ」の減量が強く求められています。
さらに見せる

20 さらに読み込む

家庭でできるごみ減量

家庭でできるごみ減量

八戸市のごみ量について(その5) ○八戸市のリサイクル率(行政処理施設分)は、全国平均を下回っている。 ○事業の資源物は、紙資源をはじめ、民間処理を推進している(資源となる紙は八戸 清掃工場において搬入規制を行い、民間の古紙取扱業者に持ち込まれる)。

22 さらに読み込む

Show all 10000 documents...