多環芳香族炭化水素向けの

Top PDF 多環芳香族炭化水素向けの:

石巻地区における大気中多環芳香族炭化水素類調査

石巻地区における大気中多環芳香族炭化水素類調査

かったため,移動発生源から影響が少なかった ためと考えられた。 各捕集材別に対象物質ベンゼン数ご と に 積 み 上 げ た PAHs 濃 度 を 図 5 に 示 し た。 QFF では各地点でからが捕集され,夏 期と冬期を比較すると冬期で濃度が少し高い傾向 がみられた。沿道ではフルオランテン,ピレン, フェナントレン,K高校ではアセナフテン,フル オランテン濃度が高かった。PUF では 濃度がもっとも高く,次いで,順で あった。各地点でフェナントレン濃度が高かっ た。QFF と PUF における濃度および数パター ンでは季節的に際だった違いはみられなかった が,ACF では QFF,PUF を破過したおよ び PAHs,とくにナフタレンが高濃 度に検出された。この傾向はサンプリング時平 均気温(夏期25.8℃および冬期5.2℃)が高い夏期 に顕著であった。図 4 における総 PAHs 濃度 差は ACF に捕集された PAHs 濃度 差によるものであった。
さらに見せる

7 さらに読み込む

水質および低質中塩素化芳香族炭素化水素の超音波分解・除去

水質および低質中塩素化芳香族炭素化水素の超音波分解・除去

TX-100 )という非イオン性界面活性剤がよく用いられている [20] .そこで本研究でも TX-100 を添加 することによる脱着促進効果を調べた. 5.1 実験装置と方法 実験はビーカーにモデル底質 20g(HCB 濃度 25ppm) ,蒸留水 500mL ,所定量 TX-100 (和光純 薬工業製)を入れ,回転速度 250rpm にて機械撹拌することにより行った.また,脱着速度向上た めにビーカーを超音波洗浄機(日本エマソン製, BRASONIC ULTRASONIC CLEANER 5210 ) 中に設置し,周波数 47kHz ,出力 140W 超音波照射を併用した. 47kHz は比較的低周波数であるた め,キャビティ圧壊時に発生するマイクロジェットや衝撃波などによる物理的な作用が大きいと考え られ,特に底質粒子表面ミクロ領域で HCB や TX-100 吸脱着現象高速化に寄与すると期待さ れる.
さらに見せる

12 さらに読み込む

1. 研究課題名 ダイオキシン受容体の生体における本来的機能の解明 2. 研究実施の概要 ダイオキシン受容体 (DR: AhR アリルハイドロカーボン受容体とも言う ) はダイオキシン (DOX) などのハロゲン化多環性芳香族化合物あるいは多環性芳香族化合物による異物代謝酵素シトクロム P4501A

1. 研究課題名 ダイオキシン受容体の生体における本来的機能の解明 2. 研究実施の概要 ダイオキシン受容体 (DR: AhR アリルハイドロカーボン受容体とも言う ) はダイオキシン (DOX) などのハロゲン化多環性芳香族化合物あるいは多環性芳香族化合物による異物代謝酵素シトクロム P4501A

AhR 転写因子として研究は、薬物代謝酵素 CYP1A1 誘導的発現に関わる転写因子と してその cDNA が我々によって分離され、その構造が明らかにされた 1992 年以来、生化学 や、薬理学分野研究者によって多く研究が成されて来た。その主なものは TCDD や PCB などによる毒性発現を仲介する生体内因子として働きが中心であり、我々グループ 他にカロリンスカ研究所 L. Poellinger, ウィスコンシン大学 C. Bradfield, スタン フォード大学 J. Whitlock, UCLA O. Hankinson, Pennsylvania 大学 G. Perdew らに 代表される多く研究者名前を挙げることが出来る。しかし、2000 年以後は AhR 生殖、 免疫、脂肪細胞分化、日周リズムなど生理機能に関わる研究に研究興味が移りつつあ る。AhR 欠失によって生殖能が低下することを発見したは B. Abbot と L.S. Birnbaum ノースカロライナ大学グループが初めてと考えられるが、我々は卵巣におけるコレス テロールからエストロゲンを合成する合成系に置いて律速反応を触媒する CYP19(アロマタ ーゼ)遺伝子発現を AhR が直接転写因子として制御する分子メカニズムを明らかにした。 また AhR 欠失が雄生殖にも Leydig 細胞におけるテストステロン合成減少原因とな って雄生殖能力を低下させることを示した。ステロイドホルモン合成に AhR が関与し ていることは、AhR リガンド内分泌かく乱作用分子基盤一つである。イリノイ大学 J. A. Flaws グループも AhR 欠失マウス生殖能力低下について、我々と同様報告を している。
さらに見せる

64 さらに読み込む

3. 測定結果 3-1 多環芳香族炭化水素 (PAHs) 表 3-1 図 3-1 に松葉に含まれる PAHs 濃度を示す 合計濃度は 高濃度想定地域で最も高 く 低濃度想定地域で最も低くなった ただし個別物質別にみると必ずしもこの順番ではない 表 3-1 松葉に含まれる PAHs 濃度単位 :ng/

3. 測定結果 3-1 多環芳香族炭化水素 (PAHs) 表 3-1 図 3-1 に松葉に含まれる PAHs 濃度を示す 合計濃度は 高濃度想定地域で最も高 く 低濃度想定地域で最も低くなった ただし個別物質別にみると必ずしもこの順番ではない 表 3-1 松葉に含まれる PAHs 濃度単位 :ng/

これら中で、最も毒性(発がん性)が高いとされ、有害大気汚染物質として大気中濃度測定が 行われているベンゾ(a)ピレンについてみると、中濃度想定地域大田区・品川区エリアが 5.4ng/g と最も高く、低濃度想定地域(目黒区・世田谷区)5倍となった。 下図は、平成 26 年度東京都内大気中ベンゾ(a)ピレン濃度を示したものである。これをみる と、23 区内は多摩地域より高く、沿道局と一般局と差はそれほどみられない。また、多く地点 で、WHO 評価指針値(0.11ng/㎥)を上回っていることが分かる。また、月別では、春から夏場に 高くなることも明らかになっている。
さらに見せる

10 さらに読み込む

( 原著論文 ) 信州大学環境科学年報 31 号 (2009) 三方五湖堆積物中の多環芳香族炭化水素の分布について 一水月湖と菅湖一 門雅莉 戸部香菜子 西潟耶美 高橋功治 福島和夫 ( 信州大学理学部 ) PAHs Distribution in the Sediments from Mikata

( 原著論文 ) 信州大学環境科学年報 31 号 (2009) 三方五湖堆積物中の多環芳香族炭化水素の分布について 一水月湖と菅湖一 門雅莉 戸部香菜子 西潟耶美 高橋功治 福島和夫 ( 信州大学理学部 ) PAHs Distribution in the Sediments from Mikata

ら,大阪では,空襲とそれに伴う火災によ ってもたらされた PAHs 汚染が最も著しい 記録として残されていると指摘した.すな わち,日本で PAHs 負荷量が最も多かっ た は 必ず しも 1970 年 と は 限ら ない. Moriwa ki et a l. (2005)データでは,大戦 時極大期には,とくに 4 員多いこと が示されている.Fig. 7 に示した水月湖・菅 湖 perylene を除く PAHs 数組成を見 ると,いずれ場合も,ピーク時には 4 ものが多く,最表層では,相対的に 5 割合が高くなるという特徴が見られ,一 見整合性があるように見える.ただし,第 二次大戦空襲影響が,関西都市圏から は離れた三方五湖まで現れているかは, 現時点では判然としない.
さらに見せる

11 さらに読み込む

真空紫外1光子イオン化質量分析装置を用いた芳香族炭化水素の分析技術の開発  (辻 典宏,鈴木哲也,林 俊一)(2.54 MB)

真空紫外1光子イオン化質量分析装置を用いた芳香族炭化水素の分析技術の開発  (辻 典宏,鈴木哲也,林 俊一)(2.54 MB)

一方,大気中濃度が比較的高い窒素や酸素,アルゴン や二酸化炭素など IE は 10.5 eV を大きく超える。そのた め, 1 光子ではイオン化が出来ない。そのため,微量 境負荷分子を測定する際に大気等マトリックスガスによ る検出器などへ悪影響も受け難い原理であることも特徴 である。ここで真空紫外光発生に ν 355 が全ては変換されず, 大半は ν 355 として ν 118 と同一方向に出射される。紫外光は 真空紫外光に比べ極めて高強度ため,紫外光が装置に導 入される試料内分子は,光子イオン化がされ,分子が 乖離する可能性がある。そのため,波長違いによるレン ズ屈折率違いを利用して紫外光のみを分離して真空紫 外光を導入する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ロジウム・パラジウム触媒によるC-O結合切断交換反応および付加反応を用いる多様な新規芳香族複素環化合物の合成

ロジウム・パラジウム触媒によるC-O結合切断交換反応および付加反応を用いる多様な新規芳香族複素環化合物の合成

ることで trans-脱離が進行したと考えられている。今回著者が見出した反応では、カルボン 酸が水酸基に代わる配位性を示したため、trans-体が生成したと考えている。 ノルボルネン誘導体へ芳香・複素カルボン酸無水物 C-O 単結合切断を伴う付 加反応を見出した。本反応は C-O 単結合を触媒的に切断しアルケンに付加した初めて分 子間反応である。同時にベンゾイル基とベンゾイルオキシ基を導入できることから、二官能 基化が可能である。反応機構は付加脱離を伴うものであり、C-C 結合形成と続く C-O 結 合形成を経てトランス生成物が得られる。パラジウム触媒ではこの付加反応が進行しロ ジウム触媒では付加反応は進行しないが生成物異性化が進行する。パラジウムとロジウ ム触媒で反応性が変わることも興味深い。
さらに見せる

158 さらに読み込む

ガソリンエンジンシステムにおける未燃炭化水素の生成・排出挙動解析

ガソリンエンジンシステムにおける未燃炭化水素の生成・排出挙動解析

低温始動から暖機過程におけるグループ化した炭化 水素エンジン排出THCに占める割合変化をFig. 4に示 す。これより,Knepperら 13) が報告したようにエン ジン排出炭化水素約60%は,未燃燃料成分であるこ とがわかる。各種炭化水素排出挙動に着目すると, 燃料分解成分については,エンジン始動直後に大量 に排出されたメタン及びアセチレン割合はエンジン 始動から時間と共に急激に低下するが,C2∼C4オレ フィン割合は増加する。また未燃燃料成分に関して は,アルキルベンゼンは増加傾向にあるが,その他 成分 ( 特に燃料中多く含まれるパラフィン ) は, ほぼ同じ割合である。
さらに見せる

11 さらに読み込む

嫌気性細菌による芳香族化合物の変換反応

嫌気性細菌による芳香族化合物の変換反応

3.2. ⃖Ȫɧɖك ベンゼンは利用しないがトリニトロトルエンをトリ アミノトルエンに還元し,トルエンにまで脱アミノ化し てこれを窒素源とする硫酸還元菌報告がある 11) 。メタ ン発酵性培養においては,m-ニトロフェノールが同様 に還元,脱アミノ化される 47) 。3,4-フルオロアニリンは 脱窒細菌によって 1,2-フルオロベンゼンに変換され る 45) 。より生化学的な研究としては,アニリン p-位炭 素がカルボキシル化され CoA チオエステルへ変換され た 4-アミノベンゾイル CoA 脱アミノ化活性が,硫酸 還元菌細胞抽出液で確認されている 40) (図 2B )。2-ア ミノ安息香酸も CoA チオエステル化を経てアミノ基が 脱離することが脱窒細菌 in vitro 系で分かってい る 29) 。しかし,これまでところこれら脱アミノ化反 応を担う酵素については分かっていない。
さらに見せる

7 さらに読み込む

炭化水素汚染土壌の高効率バイオレメディエーションシステムの開発

炭化水素汚染土壌の高効率バイオレメディエーションシステムの開発

石油系炭化水素による土壌汚染では、土壌から炭化水素汚染物質だけを回収する ことは困難であることから、土壌ごと掘削除去・加熱焼却し、清浄土壌を新たに埋め戻 す手法や、物理的に外界から隔離・遮断する封じ込め手法が行われてきた。実際には、 汚染土壌を掘削、回収し、処理場で加熱・焼却処分されることが多いが、これら処理 法はいずれも高コストであり、広範囲汚染には不向きである。また、加熱・焼却処理 では多量残土が発生するが、この土壌中では微生物が死滅し、有機物も炭化している ために土壌を有機的な目的で再利用することが難しい。さらに、熱源としても重油を使 用するため、処理に伴って大量二酸化炭素や燃焼ガスが発生するという課題もある。 1989年アメリカで原油流出事故以降、微生物機能を用いて土壌中炭化水素など 汚染物質を分解・除去するバイオレメディエーション技術が研究・開発され、実用化さ れてきた。汚染状況や浄化方法によって異なるが、これら処理で時間は要するものの、 必要とされるエネルギーは加熱や焼却処理に比べて少なく、それ故に二酸化炭素発生 量も抑えられる。このことから、アメリカやオランダではバイオレメディエーションが 積極的に導入されており、環境浄化事業約半分にも達している状況があった(Cookson 1997、藤田 2001、日経バイオテク 2002)。
さらに見せる

121 さらに読み込む

持つ化合物の総称である フェノール性水酸基とは ベンゼン環 ( 亀の甲 ) に代表される芳香族炭化水素に結合した水酸基を言う 従って ポリフェノールは実は構造も大きさも様々な分子の集合である 植物に特有の成分で 必須アミノ酸の一つであるフェニルアラニンから生合成される 実際の生合成は 環化や酸化 還

持つ化合物の総称である フェノール性水酸基とは ベンゼン環 ( 亀の甲 ) に代表される芳香族炭化水素に結合した水酸基を言う 従って ポリフェノールは実は構造も大きさも様々な分子の集合である 植物に特有の成分で 必須アミノ酸の一つであるフェニルアラニンから生合成される 実際の生合成は 環化や酸化 還

2 持つ化合物総称である。フェノール性水酸基とは、ベンゼン(亀の甲)に 代表される芳香炭化水素に結合した水酸基を言う。従って、ポリフェノール は実は構造も大きさも様々な分子集合である。植物に特有成分で、必須ア ミノ酸一つであるフェニルアラニンから生合成される。実際生合成は、 化や酸化・還元、配糖化、アシル化などさまざまな化学反応を経て、最終的に 数千種とも言われる一群分子が合成される。おまけに、さらなる重合反応を 経て、構造不明高分子である柿渋タンニンや細胞壁を形成するリグニンなど となる。小分子一部については既に生合成経路がわかっているものの、中分 子、高分子化合物では、推定域を出ない。即ち、植物性食品全てにいわゆ るポリフェノールは含まれ、構造も含有量も様々ということである。図1に示 したはほんの一例に過ぎない。茶カテキン類、ほとんど野菜、果実に存 在するフラボン、フラボノール類、大豆に含まれエストロゲン作用を持つイソ フラボン類、花や果実色素であるアントシアニン類、ゴボウなどが褐変する 原因であるクロロゲン酸、白ワインポリフェノール成分であるレスベラトロ ール、カテキン類重合体であるプロアントシアニジン類、紅茶赤色色素テ アフラビン、そして、皮鞣に使われ、またワインなど収斂味もとであるタ ンニン類など。ポリフェノールにはほんとうに様々な構造分子があることが 判っていただけることだろう。
さらに見せる

6 さらに読み込む

米子市における大気浮遊粉じんの突然変異原性ならびに多環芳香族炭化水素の季節変動

米子市における大気浮遊粉じんの突然変異原性ならびに多環芳香族炭化水素の季節変動

大気浮遊粉じん ~þ の多環芳香族炭化水素類の分析 大気抽出試料の1O~20μt を HPLC (Simadzu COT-6A) に注入し,次の条件下で分析を行なった。 カラム: Shim-pack CLC-ODS ( 0.[r]

6 さらに読み込む

酸によるsp2炭素−フッ素結合活性化と多環式芳香族炭化水素合成への応用

酸によるsp2炭素−フッ素結合活性化と多環式芳香族炭化水素合成への応用

態に分けて炭素–フッ素結合変換法についてまとめている。その中でも sp 2 炭素–フッ素結合活性化 は、一般的に付加–脱離反応を経る求核置換や遷移金属錯体へ酸化的付加を利用して行われるもの 、厳しい条件を必要とするなど制約があるとされていた。一方、フッ素α位に位置するカルボカチオ ンは、フッ素原子が持つ 2p 軌道非共有電子対流れ込みにより、共鳴安定化を強く受ける。このような
さらに見せる

4 さらに読み込む

妊婦の受動喫煙と多環芳香族炭化水素(PAHs)代謝関連遺伝子多型が児の出生時体格に及ぼす影響

妊婦の受動喫煙と多環芳香族炭化水素(PAHs)代謝関連遺伝子多型が児の出生時体格に及ぼす影響

Polycyclic Aromatic Hydrocarbon-metabolizing Genes on Birth Size) 妊娠中受動喫煙曝露が児出生時体格に及ぼす影響結果は一致しておらず、一致しない理 由一つに妊婦遺伝要因が示唆されている。妊婦喫煙に関しては遺伝要因と交互作用によ り児出生時体格に影響することが報告されているが、主にシトクロム P450 (CYP) 1A1 およびグ ルタチオン S-転移酵素 (GST)遺伝子報告に限られている。一方、妊婦受動喫煙遺伝- 環境交互作用に関する報告はまだ少ない。そこで妊婦受動喫煙と芳香炭化水素(PAHs)代謝関 連遺伝子出生時体格へ影響を性差も含めて、出生前向きコーホートで検討することを目 的とした。北海道内 40 産科病院で 2003 年 2 月から 2007 年 12 月まで間に参加同意を得た 参加登録妊婦(除外基準該当者を除く 5,118 名)から、ランダムサンプリングした 1,633 名を対 象に母体血中 PAHs 代謝関連遺伝子型を解析し、 妊娠後期受動喫煙情報をあわせて検討した。 その結果、非喫煙妊婦児と比較して、受動喫煙妊婦児は出生時体格減少を示し、特に男児 で減少が大きかった。 また今回検討した 7 つ PAHs 代謝に関わる遺伝子うち、 出生時体格 に有意差を示したは CYP1A2 、 CYP1B1 および DNA 修復遺伝子 XRCC1 遺伝子型であった。 本研 究を通じて、 妊婦受動喫煙遺伝-環境交互作用による性差を含めた胎児発育へ影響が示され た。
さらに見せる

1 さらに読み込む

多環芳香族炭化水素測定方法 (HPLC 法及び GC-MS 法 )

多環芳香族炭化水素測定方法 (HPLC 法及び GC-MS 法 )

(1)トラベルブランク値平均値(以降「トラベルブランク値」という)が操作ブランク値と同等とみなせる時は、 移送中汚染は無視できるものとして、2.3 や 3.3 で調製した試験液分析値から操作ブランク値を差し 引いて濃度を計算する。 (2)移送中に汚染がありトラベルブランク値が操作ブランク値より大きい場合は、2.3 や 3.3 で調製した試験 液分析値からトラベルブランク値を差し引いて濃度を計算し、検出下限値や定量下限値はトラベルブラ ンク値を測定した時標準偏差 ( s ) から求める。移送中汚染影響を受けてトラベルブランク値による 定量下限値が大きくなってしまった場合、通常では検出されるような濃度試料であっても下限値未満と なる危険があるので、このような場合には、汚染原因を発見して取り除いた後、再度試料採取を行う。
さらに見せる

22 さらに読み込む

妊婦の受動喫煙と多環芳香族炭化水素(PAHs)代謝関連遺伝子多型が児の出生時体格に及ぼす影響

妊婦の受動喫煙と多環芳香族炭化水素(PAHs)代謝関連遺伝子多型が児の出生時体格に及ぼす影響

【結果】 非喫煙妊婦児と比較して、 受動喫煙妊婦出生時体格は減少した (出生時体重, 35g 減少, P = 0.043; 出生時身長, 0.24cm 減少, P = 0.013; 出生時頭囲, 0.15cm 減少, P = 0.047) 。 児性別で層別すると、受動喫煙妊婦男児で出生時体格は減少したが(出生時体重, 71g 減少, P = 0.043; 出生時身長, 0.24cm 減少, P < 0.001; 出生時頭囲, 0.26cm 減少, P = 0.031) 、女児 では有意な差はなかった。次に、妊婦受動喫煙と遺伝子型による出生時体格では、非喫煙で
さらに見せる

2 さらに読み込む

大気中芳香族炭化水素の自動分析法

大気中芳香族炭化水素の自動分析法

                   Syno2sis   Aroma重ic hydlQcarbons such as tolue籍e and xylene, are the main substances which caused 出eformation of QzQne and many injurious pτoducts in thc凶。走ochemical s[r]

7 さらに読み込む

(c) 農林水産省 食品安全に関するリスクプロファイルシート ( 化学物質 ) 更新日 :2016 年 9 月 23 日 項目 内 容 1 ハザードの名称 / 別名 Polycyclic Aromatic Hydrocarbons/ 多環芳香族炭化水素類 (PAH) (PAH には多くの化合物がある

(c) 農林水産省 食品安全に関するリスクプロファイルシート ( 化学物質 ) 更新日 :2016 年 9 月 23 日 項目 内 容 1 ハザードの名称 / 別名 Polycyclic Aromatic Hydrocarbons/ 多環芳香族炭化水素類 (PAH) (PAH には多くの化合物がある

2 木材や竹材を炭化して得られたものであって、食品添加物として食品に練り込むなどして用いられる 木炭製品を対象としました。 (注)平均値は、定量限界未満試料数が全試料数 60%以下食品については以下に示す平均値①を、定量 限界未満試料数が 60%を超える食品については平均値②及び平均値③を算出し、掲載データではこれ ら平均値うち、平均値①又は平均値②を記載。

35 さらに読み込む

大気中の高沸点炭化水素と芳香族誘導体の測定

大気中の高沸点炭化水素と芳香族誘導体の測定

③トルエン ⑤キシレン ⑥エチルトルエン ⑦ベンズアルデヒド ⑧ジクロルベンゼン ⑨クレゾール.. のGC−MS分析, TICクロマトグラムを,図5に ピーク⑦⑨⑩⑪のMSスペクトルを示す。こ の日は快晴でスモッグは無かった。検出され た成分のうちベンズァルデヒド,クレゾール..[r]

8 さらに読み込む

環境大気中多環芳香族化合物および有機塩素化合物の発生原因に関する解析

環境大気中多環芳香族化合物および有機塩素化合物の発生原因に関する解析

フ1ナン ビレン フル;l クリヒン ベンゾ仙 ベンゾ1扉 ベリレン ランチン ビレン ビレン トレン.. ドリタロロ トリクロロ ベンゼン フェノール.[r]

13 さらに読み込む

Show all 10000 documents...