地域防災とライフライン防護

Top PDF 地域防災とライフライン防護:

ライフライン関係 寝屋川市地域防災計画(平成17年寝屋川市防災会議)/寝屋川市ホームページ

ライフライン関係 寝屋川市地域防災計画(平成17年寝屋川市防災会議)/寝屋川市ホームページ

[注意]:エンジンが回転している時は、スタータースイッチを回さないでください。 (6) スターターを10秒ほど回転させても爆発音が聞こえない 時は予熱表示灯の点灯からやり直してください。その時は、 いったんスタータースイッチを「停止」の位置にして30秒 以上の休止時間を持たせてください。繰り返し行っても始動 しない場合は、何らかの異常によるもの考えられますので 点検してください。(燃料不足、燃料コックの開け忘れ、エ ア抜きの不良バッテリーの放電など)
さらに見せる

14 さらに読み込む

地域と連携した防災活動に係る調査等

地域と連携した防災活動に係る調査等

2.本年度調査した地域  本年度調査した場所日時および調査対象者を表1に示す。各地域は、サーフィンや海水浴でビーチがある ともに、南海トラフの巨大地震が発生した場合は、数mの津波が予想されている。 3.調査方法

4 さらに読み込む

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

ウォッチで計測しながら、 1 mm/min のゆっくりしたスピードで、せん断変位が 30mm まで実施 した( 50mm まで実施可能)。せん断変位の測定にはスケール直読、1 周が 1 mm のダイヤルゲ ージを用いた。そして、 1 mm 毎にプルービングリングを目視した。なお、軽量化を図るために、 主としてステンレス製し、強度や剛性が要求される箇所においてはステンレス製していない。 4. 現場一面せん断試験

6 さらに読み込む

地域防災計画

地域防災計画

ウ 応急仮設住宅を同一敷地内又は近接する地域内におおむね50戸以上設置した場合は、居住者 の集会等に利用するための施設を設置できる。この場合において、一施設当たりの規模及びそ の設置のために支出できる費用は、イにかかわらず、 知事が別に定めるところによる。 エ 老人居宅介護等事業等を利用しやすい構造及び設備を有し、高齢者等であって日常の生活上

97 さらに読み込む

地域防災計画

地域防災計画

○ いたばしボローニャ子ども絵本館、フレンドセンター、旧高島第七小学校については、 施設機能が維持されている間は、暫定的に避難所として活用する。 (ウ)避難所の開設・運営 ○ 区災対本部長(区長)は、災害が発生したとき、あるいは発生するおそれがある場合、 区内震度5以上の地震の場合は区職員等に被災地又は必要な避難所の開設を指示する。 ○ 区職員、教職員、学校防災連絡会構成員は、建物の安全を確認する。

12 さらに読み込む

龍ケ崎市地域防災計画

龍ケ崎市地域防災計画

1 一般ボランティアの担当窓口の設置 市及び県は,災害発生時におけるボランティアの活動を支援するため,あらかじめ一般ボラン ティアの担当窓口を設置し,市社会福祉協議会の連携,協力体制を準備する。 県社会福祉協議会及び市社会福祉協議会は,災害発生時におけるボランティア活動の受入れ窓 口なり,災害発生時にはその活動が円滑に行われるよう,ボランティアセンター等を拠点し て,被災地ニーズの集約及び活動体制を整備し,その機能を強化する。市及び社会福祉協議会は, 市公式サイトで「ボランティアの活動種別などの受入れ窓口」を掲載し,広く情報を発信する。 2 一般ボランティアの活動環境の整備
さらに見せる

241 さらに読み込む

地域防災計画

地域防災計画

屋外施設として震災(火災含む) ・風水害(浸水想定地域を除く)時の指定緊急避難場 所し、大規模災害時には、避難場所として周知・誘導を図る。 (イ)上板橋体育館の避難所としての位置づけ ○ 全ての区内の区立小・中学校の施設を指定避難所として指定し、震災時等における地 域被災者の避難に備えて、食料、毛布や日用品などを備蓄するとともに、軽傷者等の 応急手当て等を行うため、大小の救急箱を配備している。グラウンド他屋外は、一時 的な避難場所及び避難生活を送るための補助施設する。
さらに見せる

34 さらに読み込む

吹田市地域防災計画

吹田市地域防災計画

第 1条 この条例は、災害応急対策等のため本市に派遣された職員(以下「派遣職員」いう。)に 対する手当の支給に関し必要な事項を定めるものする。 (手当の支給) 第 2条 災害対策基本法(昭和36年法律第223号)第32条第1項、武力攻撃事態等における国 民の保護のための措置に関する法律(平成16年法律第112号)第154条及び新型インフルエ ンザ等対策特別措置法(平成24年法律第31号)第44条に規定する派遣職員に対し、これらの 規定に規定する災害派遣手当、武力攻撃災害等派遣手当及び新型インフルエンザ等緊急事態派遣手 当を支給する。
さらに見せる

154 さらに読み込む

地域防災計画(一括) 狭山市地域防災計画を改訂しました 狭山市公式ウェブサイト

地域防災計画(一括) 狭山市地域防災計画を改訂しました 狭山市公式ウェブサイト

帰宅困難者 市民が他の地域 滞留する場合 市民以外が市内 滞留する場合の 2 ケ スがあり 前者 主に災害発生時の行動原則等の普及・啓発に係る活動の促進 後者 帰宅困難者への情報提 供や 事業所や学校 の一時的滞在 市内の主要駅周辺 の一時滞在施設の確保 ソフト ハ 両面 らの推進が必要 ある し し 基本的 大原則 ある むやみに移動を開始し い 一斉帰宅の抑制 の周知・徹底を図ることが 帰宅困難者対策 最も重要 ある

442 さらに読み込む

地域と連携した防災活動に係る調査等

地域と連携した防災活動に係る調査等

 図4には、避難経路の標高避難時間のグラフを示す。図の赤線は、堤防の高さを示す。当該地域は、堤防よ りも低い標高の住宅街を通り避難所に向かう。この間の時間は6分弱である。この時間は、特に津波への被害が 大きくなる可能性があることを念頭に避難しなければいけないことが、改めて認識された。 図3 (左)南海トラフ地震で発生した津波による浸水域到達時間、 (右)GPSデータによる避難訓練時のサーファーの海から避難所までの避難経路
さらに見せる

5 さらに読み込む

長崎県地域防災計画

長崎県地域防災計画

台風は発達しながら西へ進み、22日フィリピンの東海上で進行方向を北西に変えた。 23日15時から24日15時にかけて台風の中心気圧は925hPa、中心付近の最大風速は50メートル (大型で非常に強い勢力)最も発達した。 台風は27日03時に奄美大島の西約300㎞の海上に達し、加速しながら北北東へ進み、さらに九 州の西の海上を北北東へ進み、大型で非常に強い勢力(中心気圧940hPa、中心付近の最大風速50 メートル、風速25メートル以上の暴風域の半径300㎞)を保ったまま16時過ぎに長崎県佐世保市の 南に上陸した。台風は上陸後、17時頃佐賀県中央部、18時頃北九州市付近を通過し、さらに進行 速度を速めながら北東進し日本海へ進んだ。 その後台風は日本海を毎時50㎞以上の速度で北上し、 28日08時前に北海道へ再上陸、北海道を横断してオホーツク海へ進み、15時には千島近海で温帯 低気圧に変わった。
さらに見せる

451 さらに読み込む

津波防災地域づくり リンク集 津波防災地域づくりに関する法律について に関する法律 津波防災地域づくりに係る技術検討会

津波防災地域づくり リンク集 津波防災地域づくりに関する法律について に関する法律 津波防災地域づくりに係る技術検討会

 当市では、東日本大震災の教訓を踏まえ、平成25年度から「市 民の命を守る事業」として、ハード・ソフトを組み合わせた地震・ 津波等に対する防災対策に重点的に取り組み、同年10 月に市 独自にインフラ整備の方向性を定めた「宮崎市地震津波対策イ ンフラ構想」を策定したが、さらに、このインフラ構想をベース に、津波避難対策等のソフト施策も盛り込み、 「なんとしても人 命を守る安全・安心を未来につなぐ緑調和したまちづくり」を 基本方針した41事業計画からなる推進計画を作成しました。 今後の進め方
さらに見せる

10 さらに読み込む

第二章 大災害における地域防災組織の役割と取組み

第二章 大災害における地域防災組織の役割と取組み

OCHA 及び国際防災戦略(ISDR,1999)は、国際的視野で公平かつ中立的な人道支援を促進・ 調整する立場から、 【DISASTER(災害)】について、次のように定義している。“A serious disruption of the functioning of a community or a society causing widespread human, material, economic or environmental losses which exceed the ability of the affected community or society to cope using its own resources.”(【和訳】広範囲にわたる人 的、物的、経済および環境上の損失による社会又はコミュニティ機能の深刻な混乱で、被 災国が自国の能力を超えて対応できないため、外国の支援を必要するもの。 )つまり、 「要 請」主義に基づいた国際的支援の必要性を強調した。しかし、被災国が「要請」しないま たは「要請」できない場合として、難民、避難民の流出や、国境に越えたインフルエンザ の大流行などが全世界に深刻な影響を与えるような案件が考えられる。
さらに見せる

106 さらに読み込む

既存構造物がある場合の基礎地盤の液状化対策案 国土交通省の 都市防災推進事業 ( 市街化液状化対策事業 ) と連動して住宅地域を囲む周辺道路 下水 ( ライフライン ) の液状化対策と協同して住宅地の液状化対策を実施する 対策工法 WG ( 加倉井 中井 秋葉 田村 畑中 ) 都市防災推進事業 (

既存構造物がある場合の基礎地盤の液状化対策案 国土交通省の 都市防災推進事業 ( 市街化液状化対策事業 ) と連動して住宅地域を囲む周辺道路 下水 ( ライフライン ) の液状化対策と協同して住宅地の液状化対策を実施する 対策工法 WG ( 加倉井 中井 秋葉 田村 畑中 ) 都市防災推進事業 (

せん断変形抑制壁の施工方法その問題点 1.深層混合型工法(壁状改良) ・TOFT工法 施工スペースが不足 ・パワブレンダー工法 更なる施工機械の小型化が必要 2.シートパイル工法 シートパイルの挿入に伴う振動の影響 シートパイルの剛性によってはせん断変形 抑制機能が不十分

13 さらに読み込む

地域連携による地域防災力の向上

地域連携による地域防災力の向上

 本センターからは、奥川研究室の災害ロボットの操縦体験、小池研究室の防災クイズ、石黒ポスドクのドロー ン操縦体験が出展された。従来より広い出展ブースを提供していただいた効果もあり、多くの参加者があったこ を特筆しておく。また、正木客員教授が「ひまわりTV」の生中継番組に出演し、展示ブースを回りながら防 災について解説を行った。さらに、センター開発の「備蓄氷糖」の紹介も行った。

7 さらに読み込む

第2節 東海地震関連情報と防災対策 浦安市地域防災計画(震災編)|浦安市公式サイト

第2節 東海地震関連情報と防災対策 浦安市地域防災計画(震災編)|浦安市公式サイト

これらの情報は、テレビ、ラジオや浦安市の広報を通じて住民に伝達される。 ■東海地震関連情報市の対応 情報名 発表する基準 強化地域での対応 市の防災対策 東海地震に関 連する調査情 報(カラーレ ベル青)

1 さらに読み込む

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

三重県が作成した「防災ノート」では、 「災害について知っておこう」という視点で、津波に関 する内容が取り上げられ、「津波から助かるためには、津波のことをよく知ることが大切である」 ことがはじめに明記されていた。また、防災ノートは、教育段階別に分けられ、小学生(低学年) 版では、津波の注意するところ(箇条書きで7つ)、避難場所・津波避難ビル・津波注意・津波が 来るところの標識、実際の津波の様子の写真、津波の速さを示すイラスト等が描かれていた。小 学生(高学年) ・中学生・高校生版では、津波の注意すべき特徴(箇条書きで7つ)、避難場所・津 波避難ビル・津波注意・津波が来るところの標識、実際の津波の様子の写真、フィリピン海プレ ートの沈み込みが起こす巨大地震を想定するイラスト、過去の巨大地震の年表等が描かれていた。
さらに見せる

8 さらに読み込む

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

自主防災組織の防災活動の現状について、全体として活動が活発3自治体、一部に活発 な組織もあるものの不活発な組織が多い30自治体、全体として活動は低迷している8自 治体、現状を把握していない1自治体なっている。 自主防災組織の活動に対する行政支援について(無制限複数回答)、防災担当職員や防災 アドバイザーの派遣による防災の助言・指導26自治体、研修会や講習会による防災リー ダーの育成19自治体、活動資機材の支給・貸与14自治体、活動資金の援助12自治体、 災害時要援護者の支援8自治体、安否確認のための住民名簿の作成4自治体、その他2自 治体なっている。
さらに見せる

8 さらに読み込む

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

「南九州から南西諸島における総合的防災研究の推進と地域防災体制の構築」報告書

図 4 キャンパスウェザーの情報の流れ。 図 5 にキャンパスウェザーの表示画面の例を示す。画面の右上にある鹿児島大学のマスコット キャラクターが 10 分先の郡元キャンパスでの雨を,「まもなく雨です」 ,「雨が続きます」,「まも なく止むでしょう」 「晴れ・曇りが続きます」の 4 通りの文字情報を表示する。広域画面では垂水 熊本に設置された 2 台の X-MP レーダ降雨分布の現在値が示される。広域画面の赤色の四角エリ アが左画面の詳細エリアに対応する。灰色のエリアは各レーダの観測範囲外や地形による遮蔽エ リアなどである。気象庁により発令される大雨警報や注意報は下段に赤色でバナー表示される。 X-MP は上空の昆虫などの非降水エコーや海上の船舶を捉えることがある。また,落下途中で蒸発 する雨滴を捉えることがある。このため,地上では雨が降っていなくても,雨予報する場合が ある。
さらに見せる

8 さらに読み込む

地域防災力再考-町内会と企業の地域連携を自指して-

地域防災力再考-町内会と企業の地域連携を自指して-

町内会と地元企業との地域連携 岡本町内会長・丸山副会長に対する筆者らの聞き取り (2010年 3月 1 8日)によれば、今池町内会にとって 地域連携の対象となる地元企業は、(株)イノアックコーポレーションの安城事業所である。今池町内の中心に 立地する当事業所は(図 2 ) 、町内会に法人評議員として長年参加しており、地元地域にとっての顔となる古参 企業でもある。したがっ[r]

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...