国内の基幹事業における

Top PDF 国内の基幹事業における:

国内の生命倫理学における「パーソン論」の受容

国内の生命倫理学における「パーソン論」の受容

実際ところ、私がこれまで見た英語圏生命倫理学文献において、エンゲルハートが引 用・参照されることは少ない。中絶問題をめぐる研究用アンソロジーに哲学的議論基本文 献として出現するは Thomson(1971) 、Tooley(1972) 、Warren(1973) 、パーソン論に対し て母親感情や関係性重要性を訴える English(1975) 、そして保守派として Marquis(1989, 1997)などであり、医療従事者間で議論はともかくとして、エンゲルハート議論が英米 圏哲学関係者あいだで真剣に議論された形跡はないように思われる。哲学研究者間で基 本的文献として評価高いアンソロジーである Oxford Readings in Philosophy シリーズ Bioethics でも、エンゲルハート名は 2 度脚注にあらわれるだけであり、そこで参照される論文も “The Disease of Masturbation”と K. W. Wildes 共著“The Four Principles in Care Ethics and Post- Modernity: Why a Libertairian Interpretations Unavoidable”である(Harris, 2001)。エンゲル ハート文章がアンソロジーに収録されないは版権やエンゲルハート自身哲学的立場変 更など事情があるかもしれないが、英米圏における引用数に関しては国内外差が大きす ぎるように思われる。また逆に、エンゲルハート The Foundations of Bioethics 第 1 版、第 2 版においては索引には Michael Tooley は出現しない。
さらに見せる

17 さらに読み込む

ア ライフ事業及びアグリ フード事業を主な事業として営んでおります なお ジーンテクノサイエンスは ノーリツ鋼機の創薬事業における子会社の 1 つです ジーンテクノサイエンスは 我が国のガイドラインに則った国内第 1 号のバイオシミラー上市の実績を持ち 当該事業で培われた抗体技術を活かし ノーリツ鋼

ア ライフ事業及びアグリ フード事業を主な事業として営んでおります なお ジーンテクノサイエンスは ノーリツ鋼機の創薬事業における子会社の 1 つです ジーンテクノサイエンスは 我が国のガイドラインに則った国内第 1 号のバイオシミラー上市の実績を持ち 当該事業で培われた抗体技術を活かし ノーリツ鋼

ア・ライフ事業及びアグリ・フード事業を主な事業として営んでおります。なお、ジーンテク ノサイエンスは、ノーリツ鋼機創薬事業における子会社1つです。 ジーンテクノサイエンスは、我が国ガイドラインに則った国内第1号バイオシミラー上 市実績を持ち、当該事業で培われた抗体技術を活かし、ノーリツ鋼機グループ会社として、 同グループ創薬事業と協業しながら、バイオ医薬品及び再生医療分野における医薬品開発を 行っております。
さらに見せる

7 さらに読み込む

外傷全身CT撮影における被ばく線量(CTDIvolとDLP)の国内実態調査

外傷全身CT撮影における被ばく線量(CTDIvolとDLP)の国内実態調査

一方,医療分野における放射線被ばく防護に関する 最近動向としては,放射線診療における施設・機 器・頻度・被ばく線量・リスク評価に関するデータを収 集し,わが国医療被ばく実態把握を行うとともに, ほか先進国と同程度医療被ばく管理体制を国内に 構築することを目指した,医療被ばく研究情報ネット ワーク(Japan Network for Research and Information  on Medical Exposure;J-RIME)が,日本医学放射線 学会をはじめとした放射線診療に関連する 14 団体 会員もと,2010 年 3 月に設立された。
さらに見せる

8 さらに読み込む

目次 1. 製品開発の根拠 科学的根拠 C 型肝炎ウイルス 国内における HCV 感染 国内における HCV 感染に対する既存の治療法 LDV/SOF 配合錠開発の根拠

目次 1. 製品開発の根拠 科学的根拠 C 型肝炎ウイルス 国内における HCV 感染 国内における HCV 感染に対する既存の治療法 LDV/SOF 配合錠開発の根拠

日本国内におけるジェノタイプ 1 慢性 HCV 感染症に対する標準療法は、DAA による治療レ ジメンとして Peg-IFNα、RBV 及び TVR 3 剤併用療法が初めて承認されて以来、急速な進展を 見せている。2013 年 9 月には、第 2 世代 DAA レジメンとして Peg-IFNα、RBV 及び SMV によ る 3 剤併用療法が承認された。SMV による 3 剤併用療法は、TVR 3 剤併用療法を改良した治療 法ではあるが、それでもジェノタイプ 1 HCV 感染患者で有効性を最大限に得るためには、依 然として Peg-IFNα 及び RBV 併用を要する{27413}, {27503}。合併症や治療へ不耐容あるいは 患者自身選択により、IFN 及び RBV を用いる治療は、多く患者に適用可能な治療選択肢とな らない。2014 年 7 月、ジェノタイプ 1 慢性 HCV 感染症に対し、国内では初めて経口薬のみ による IFN 及び RBV を併用しない治療レジメンが承認された。この HCV NS5A 複製複合体阻害 剤 DCV 及び HCV NS3/4A プロテアーゼ阻害剤 ASV による 24 週間併用療法は、IFN 治療に不適格 若しくは不耐容、又は IFN を含む治療が無効であったジェノタイプ 1 C 型慢性肝炎又は C 型代 償性肝硬変患者ウイルス血症改善を効能・効果として承認された。DCV+ASV 併用治療によ り IFN を使用しない治療が可能となったが、本治療法は現在限られた患者集団でのみ承認されて おり、その有効性及び耐性プロファイルは十分なものではなく、特定副作用懸念も見られる。
さらに見せる

124 さらに読み込む

国際法上の言語権概念の日本国内法における受容について

国際法上の言語権概念の日本国内法における受容について

ところで,1996 年にバルセロナで開催された世界言語権会議が発表した世界言語権宣言は,地域に固有言語話者を 主体とする言語権が中心で,移民,特に子ども滞在国における言語権について記述が不充分であるだけでなく,ろう 者・ろう児手話(視覚言語)を念頭に置いた記述は存在しない.欧州を中心に発展した言語権概念は音声言語中心主義的 である.実際,欧州における言語権基礎は,第一次世界大戦講和条約で定められた国内民族的マイノリティに対する 言語的差別禁止に端を発している.その結果,欧州地域語少数語憲章(1992)により音声言語マイノリティへ対応は欧 州域内でほぼ統一されたが,ろう児に対する教育制度では聴覚口話法やバイリンガル教育法などバラつきがあり,手話 公用語化等扱いについても各国で異なっている.上で見た諸宣言・条約も,障害者権利条約を除いて全て音声言語中心 主義的記述であるが,障害者権利条約において手話へ言及がなされたことにより,視覚言語を音声言語と同等に扱うべ きとするだけでなく,いままで音声言語中心言語権枠組みをも再構成することが求められている.
さらに見せる

4 さらに読み込む

国内の経営学系大学院における社会人の学び直し

国内の経営学系大学院における社会人の学び直し

国内経営学系大学院における社会人学び直し実態を明らかにするため,大学院卒業生へ調査を実施し た。社会人入学者は処遇よりも能力・知識習得等を期待し,特に経営専攻者は財務・会計・金融専攻者に比べ て,論理的思考力向上を期待する者が多かった。大学院で学習成果として,処遇向上よりも能力・知識 等習得とする社会人入学者が多く,さらに役職別に得られる成果が異なることが分かった。
さらに見せる

10 さらに読み込む

小学校理科教材「メダカ」の扱いにおける問題提起 : 国内外来種の視点から: 茨城大学機関リポジトリ

小学校理科教材「メダカ」の扱いにおける問題提起 : 国内外来種の視点から: 茨城大学機関リポジトリ

b 対立遺伝子以外にもヒメダカに由来する異なった遺伝子 DNA 配列を持っている可能性がある (北川 2013 )。市販されているヒメダカ遺伝子構成について,ミトコンドリア DNA ( mtDNA )シ トクロム b 領域制限断片長多型分析( PCR-RFLP 分析)を用いて調べた小山ほか( 2011 )は,全 国的に流通しているヒメダカ遺伝子構成がほぼ一致していること,また「東日本型」由来マ イトタイプが全て養殖場や観賞魚店において高頻度で検出されたことや,現在ヒメダカ養 殖,流通中心が「東日本型」にあたる愛知県弥富市にあることから,現在流通しているヒメダカ 起源は東日本型由来である可能性が高いことを指摘している。また観賞魚店で大量販売されてい る「クロメダカ」販売形態,流通経路,遺伝子構成検証から, 「クロメダカ」実体がほぼ「野 生型体色をもつヒメダカ」であること,また「クロメダカ=野生メダカ」という誤った認識も とで,誤った環境保護活動一環として野外に放流されている可能性も指摘されている(小山ほか 2011 )。ヒメダカ(クロメダカを含む)放流がもたらす大きな害は,メダカ野生集団個体と 交雑を通じて,これまでメダカ野生集団が保持していた遺伝的な地域固有性を破壊し,代わりに養
さらに見せる

11 さらに読み込む

国内における男性看護師のキャリア形成に影響する要因についての文献的研究

国内における男性看護師のキャリア形成に影響する要因についての文献的研究

ティである男性看護師特徴があらわされていると考え られる。すなわち,〈女性看護師と人間関係〉では, マジョリティである女性看護師と関係性を考慮してい る事や, 〈男性看護師同士交流〉により,マイノリティ 同士においてコミュニケーションを図り情報共有や共感 を得ようとしている行動は,看護師社会における男性看 護師として処世術であり,看護師同士人間関係構築 中には男性看護師ならでは関係構築が重要と考えら れ,これらは男性看護師特有キャリア形成や職業継続 要因に寄与すると捉えられる。これらことから,職場 性別を考慮した人間関係や家族関係を大切にすること も,キャリア形成に影響していることが窺えた。森ら 83)
さらに見せる

11 さらに読み込む

(2) 売出人ダノンプロバイオティクスプライベートリミテッド (3) 売 出 方 法国内及び海外における同時売出しとする 1 引受人の買取引受による国内売出し日本国内における売出し ( 以下 引受人の買取引受による国内売出し という ) とし みずほ証券株式会社 シティグループ証券株式会社及び大和証

(2) 売出人ダノンプロバイオティクスプライベートリミテッド (3) 売 出 方 法国内及び海外における同時売出しとする 1 引受人の買取引受による国内売出し日本国内における売出し ( 以下 引受人の買取引受による国内売出し という ) とし みずほ証券株式会社 シティグループ証券株式会社及び大和証

また、みずほ証券株式会社は、引受人買取引受による国内売出し及びオーバーアロットメン トによる売出し申込期間終了する日翌日から平成 30 年3月 26 日(月)まで間(以下「シ ンジケートカバー取引期間」という。 ) 、上記当社株主から借入れた株式(以下「借入れ株式」と いう。 )返還を目的として、株式会社東京証券取引所において、オーバーアロットメントによ る売出しに係る株式数を上限とする当社普通株式買付け(以下「シンジケートカバー取引」と いう。 )を行う場合があります。みずほ証券株式会社がシンジケートカバー取引により取得した 全て当社普通株式は、借入れ株式返還に充当されます。なお、シンジケートカバー取引期間 内において、みずほ証券株式会社は、シンジケートカバー取引を全く行わず、又はオーバーアロ ットメントによる売出しに係る株式数に至らない株式数でシンジケートカバー取引を終了させ る場合があります。
さらに見せる

7 さらに読み込む

炎症性腸疾患患者における国内の看護研究の動向と看護課題(研究ノート)

炎症性腸疾患患者における国内の看護研究の動向と看護課題(研究ノート)

pÎÏ2э ÜÝÞßyàá6ÎÏÞßâT ÎÏãäy:7 26I/Þß¹åAWDNæqr‚çèhéêëìíWZNÆ^îï ðñ'ò€óôõ'›ìíöNÎÏ÷øùúû üN !I/.[r]

7 さらに読み込む

臨床推論の脳と心.pptx

平和安全法制における米軍等の部隊の武器等防護の国内法上の位置付け

同報告書では、検討項目として「武力攻撃に至らない侵害へ対応」が取り上げられて おり 42 、かかる対応は「自衛権行使ではなく、警察比例原則に従う「警察権」行使 にとどまる」と分析が示された。そして、 「自衛隊行動については、平素段階からそ れぞれ行動や防衛出動に至る間において、権限上、あるいは時間的な隙間が生じ得る 可能性があることから、切れ目ない対応を講ずるため包括的な措置を講ずる必要があ る」として、「それに応じた国内整備等を行うことが不可欠」と提言がなされた。 このように、95 条2が起草されるまでに出された各有識者懇談会提言を振り返って みると、弾道ミサイル攻撃へ対処等、我が国安全保障ために自衛艦と共同で活動し ている米艦が攻撃にさらされたとき、現行憲法解釈や国内法制ままで自衛隊は米艦を 防護できるか、できないとすればどうすべきか、という点に主な問題意識が向けられ、検 討が重ねられてきたことが分かる。なお、かかる検討においては、米艦に対する攻撃は必 ずしも「武力攻撃に至らない」ものに限定されていたわけではないことに留意を要する。
さらに見せる

46 さらに読み込む

国内における労働人口減少の問題 出典 : 国立社会保障 人口

国内における労働人口減少の問題 出典 : 国立社会保障 人口

• 感覚が必要 • 非定型作業 • 判断が必要 • ハンドリングが中心 • 定型作業 • 精密さが要求される 熟練作業者 新人作業員 AI技術で ロボット自身が 熟練者の作業を学習 作業を再現 全自動化システム 新人トレーニングなど 人に伝えるツールとして 直接作業(操縦) 技能伝承 技能伝承 人中心の作業 ロボット中心の作業 ロ[r]

20 さらに読み込む

九州における国内観光客の特徴とさらなる誘客に向けた方策

九州における国内観光客の特徴とさらなる誘客に向けた方策

 各地域域内観光客(九州でみると、九州内各県から九州域内を旅行す る観光客)動向をみると、当地は他地域と比較して域内観光客割合が高 い(図表3) 。  次に、域外から九州へ観光客内訳をみると、関東圏や近畿圏から観 光客割合が高い(図表4)。もっとも、同地域観光客が旅行先として九 州を訪れた割合は、関東圏が3%程度、近畿圏でも5%弱で、かつ、九州新 幹線全線開通や高速道路網整備進捗等があった 2010 年と 2012 年を比 較しても、ほぼ横ばいとなっている。他地域観光客にとっては、九州は旅 行先として必ずしもウェイトが高くない(図表5) 。
さらに見せる

10 さらに読み込む

目次 1 はじめに 研究の目的 先行研究と本研究の位置付け 研究の構成 国内及び大阪市における犯罪の現状と防犯カメラの設置 国内における犯罪の現状 公共空間での防犯カメラの増加の背景

目次 1 はじめに 研究の目的 先行研究と本研究の位置付け 研究の構成 国内及び大阪市における犯罪の現状と防犯カメラの設置 国内における犯罪の現状 公共空間での防犯カメラの増加の背景

20 か、という比較原則に基づいた判断によることになる 28 」としている。 また、速度違反自動監視装置による写真撮影許容性判断等が問われた東京高判平成 五年九月二四日(判時一五〇〇号一九二頁)では、 「速度違反自動監視装置による写真撮影 が、当該道路交通に著しい危険を生じさせるおそれある大幅な速度超過場合に限っ て、その違反行為(犯罪行為)に対する処罰ため証拠保全として行なわれることを告知し ておく必要はない」とする。この判示からも示唆されるように、オービスによる撮影許容 性は、制限速度違反取締り・摘発それ自体必要性という観点を含めた(1)必要性とい う要素と相関において規定されるものであり、警告板設置はオービスによる撮影要 件ではないことになる。以上により、警告板法的意義を判断すると、星(2016)は「警告板 設置はオービスによる撮影要件ではなく、運転者らにこのような警告を与えることに よって、速度違反行為に出ないという自己抑制効果が生じることを主たる目的とした ものと考えるべきであろう」としている 29 。
さらに見せる

25 さらに読み込む

1. 要旨 (1) 北海道経済産業局は 平成 29 年度 (2017 年度 ) の 分野における重点取組について 輸出促進 産性向上 に関する事業を中 に実施します (2) 今後 国内の が減少していく中 需要 では国内の 市場は縮 します また 供給 では 担い 不 の中 GDP( 国内総 産 )

1. 要旨 (1) 北海道経済産業局は 平成 29 年度 (2017 年度 ) の 分野における重点取組について 輸出促進 産性向上 に関する事業を中 に実施します (2) 今後 国内の が減少していく中 需要 では国内の 市場は縮 します また 供給 では 担い 不 の中 GDP( 国内総 産 )

●2017年4⽉17⽇に、専⾨家による「同校学⽣向けセミナー」 及び「⽣産現場視察」を実施。 ●今後、岩⾒沢農業⾼校は、学⽣有志によるプロジェクトチームを編成。農業コンサルティングを⾏う (株)ファーム・アライアンス・マネジメントサポートを受けて、グローバルGAP認証取得に向けた作業 を進めていく。同社ITシステム(農業⽣産情報管理)を活⽤し、学⽣は、スマホで⼿軽に作業 記録を⼊⼒し、システムでデータ管理や分析を⾏う。
さらに見せる

30 さらに読み込む

目次 1. 調査の概要 本事業の目的 本事業の内容 インドネシアにおける ESCO 事業を対象とした調査の実施 国内進捗報告会 現地でのワークショップ開催 環境省指定の会議での

目次 1. 調査の概要 本事業の目的 本事業の内容 インドネシアにおける ESCO 事業を対象とした調査の実施 国内進捗報告会 現地でのワークショップ開催 環境省指定の会議での

トップライトから差し込む日光による熱が、 建物内空調機負荷増大につながっているた めである。現に、トップライト一部は、写真 2-x に示すように、カバーで覆われていた。 太陽電池設置によって遮光・遮熱は可能であるため、本エリアも候補場所として検討を進 めることとする。一方で、トップライトへ設置にあたっては、耐荷重や施工安全性を考慮 した構築方法や、太陽電池設置後清掃方法等を検討する必要があり、詳細は、オーナー・ サブコン等関係者と協議して詰めていくこととしたい。East Mall 設置候補エリアは、 トップライトと傾斜屋根から構成されており、トップライトへ設置は West Mall と Skybridge と同様検討が必要であり、傾斜屋根については大きな技術的課題は見受けられ なかった。各屋根面へ設置イメージを図 3-11~図 3-13 に示す。
さらに見せる

145 さらに読み込む

難民ホスト国ヨルダンにおける国内アクターの展開

難民ホスト国ヨルダンにおける国内アクターの展開

ン国際会議が開催された. 13) 本会議では各国より新規支援及び追加支援が表明されたほか,難 民支援における人道主義的アプローチから経済開発的アプローチへ転換が示された.この新 たなアプローチについては,ヨルダン政府が早くから関心を示していたもので,難民雇用や ホスト国経済発展を促す投資を可能にするものである[Betts and Collier 2015: 86].シリア 難民雇用を公式に容認する今回方針転換は,ヨルダン社会へシリア難民統合を招きかね ない.ヨルダン表向き姿勢としては,国際難民レジームに正式に参加していない以上,積 極的な難民認定や恒久的な難民問題解決策には関与せず,ヨルダンへ定住も認めないとす るものである.しかし,ヨルダン難民受け入れ実態は,イラクでは情勢不安継続によ
さらに見せる

19 さらに読み込む

目 次 平成 27 年度海外種苗 流通実態調査委託事業報告書 1. はじめに 1 2. 事業の背景及び目的 1 3. 委託事業推進の実施方針 1 (1) 国内調査の実施 (2) ベトナムにおける現地調査 (3) 検討委員会の設置と運営 4. 事業の経過及び結果 1 (1) 国内調査 1 (2) 海外

目 次 平成 27 年度海外種苗 流通実態調査委託事業報告書 1. はじめに 1 2. 事業の背景及び目的 1 3. 委託事業推進の実施方針 1 (1) 国内調査の実施 (2) ベトナムにおける現地調査 (3) 検討委員会の設置と運営 4. 事業の経過及び結果 1 (1) 国内調査 1 (2) 海外

同協会会員数は 130 社で、うち種苗会社は 63 社(48.5%)で、種苗センターが 21 (16%)、海外企業が 11 社(8.5%)、個人が 35 人(27%)でこれには大学研究者など が含まれる。海外会社には、シンジェンタ、モンサント、バイオシー、バイエル、中国 会社などが含まれている。ベトナムに拠点がない会社でも入会できる。種苗会社 63 社うち、育種を行っているは 7 社程度で、イネとトウモロコシが主である。海外取 引をしているは、10 社程度とこと(Vietnam National Seed Corporation(VINA Seed), Southern Seed Corporation, Thai Binh Seed Company, Nghe An Seed Company, Hong Guang Seed Company, Quang Ninh Seed Company, Lao Cai Agriculture, Forestry Campany 等)。VINA Seed Joint Stock Company は、ベトナム No.1 種苗会 社で、元々は国営企業であったが、現在は、国資金は無く、海外資金が 6%入ってお り、本年 6 月にベトナム No.2 Southern Seed Corporation を買収して子会社化した とこと。
さらに見せる

42 さらに読み込む

国内交流事業.pdf 平成27年度(26年度事業)の評価結果:事務事業評価シート  西尾市役所

国内交流事業.pdf 平成27年度(26年度事業)の評価結果:事務事業評価シート 西尾市役所

国内に友好提携を結ぶ都市があるとは知らなかった。(H26.7月 市民から意見) ③観光協会と連携し、友好提携都市紹介等を行って市民が能動的に各市を訪問するよう仕向けてい く。(H27.11月 他課職員意見) ④若い世代には、スポーツを通じて交流参加を働きかける。赤穂市とスポーツ親善交流を参考にし て、体育協会で検討してもらう(H27.11月 他課職員意見)

2 さらに読み込む

Show all 10000 documents...