各路線の概要を「安全性」

Top PDF 各路線の概要を「安全性」:

乳幼児用チェアの安全性(概要)

乳幼児用チェアの安全性(概要)

6. 業界へ要望 1)転落防止ため、ハイチェアにも肩ベルトなど装備やテーブル外したときに も前ガードや股ベルトなど装備望む 立ち上がったりずり上がったりしたとき転落防止するため肩ベルト装備し ていたは、ラック付ハイローチェア 2 銘柄のみであったが、主に寝ている乳児ず り落ち防止ためものと考えられた。また、テーブル外すと股ベルトや前ガードな どが使用できなくなるものがあり、前方へ転落する可能があった。乳幼児転落事故 が多く起きていることから、ハイチェアなどで使用できるものは、立ち上がり防止す る肩ベルトなどやテーブル外しても前方へ転落防止する前ガードなど装備 望む。
Show more

11 Read more

ホストイン静注 750 mg 第 2 部 CTD の概要 ( サマリー ) 2.7 臨床概要 臨床的安全性の概要 ノーベルファーマ株式会社

ホストイン静注 750 mg 第 2 部 CTD の概要 ( サマリー ) 2.7 臨床概要 臨床的安全性の概要 ノーベルファーマ株式会社

Study 982-15 ではまた、末梢静脈路設定し本剤(84 例)負荷投与及び維持投与された患者 とフェニトイン注射液(24 例)投与された患者間で局所刺激及び静脈内注射部位変更 頻度比較行った。中心静脈路から投与された患者(本剤 4 例、フェニトイン注射液 3 例) は局所刺激評価が行われなかったために、またフェニトイン注射液が投与された患者 1 例 については利用できるデータが無かったために、この評価には含めなかった。静脈内注射部位 は医師又は施設判断により変更可能であった。注射部位刺激感発生頻度はフェニトイン 注射液静脈内投与(50%)に比し、本剤静脈内投与(17%)で低かった。最初注射部位 維持できた患者は、フェニトイン注射液投与(38%)に比し本剤投与(57%)で多く、ま た前回刺激感が見られた患者における注射部位変更はフェニトイン注射液投与(42%)に 比し、本剤(11%)で少なかった。以上ことから、本剤投与後刺激発生頻度は、フェニト イン注射液約 3 分の 1 と低く、本剤注射部位無傷はより長く保持されることから、反 復投与中に必要となる注射部位変更は、フェニトイン注射液に比し本剤では少ないと考えら れる。
Show more

232 Read more

4 版 平成 26 年度事業報告の概要 世界最高水準の安全性の追求 ~ たゆまぬ Excellence をめざして ~ Copyright 2015 by Japan Nuclear Safety Institute. All Rights Reserved. 一般社団法人原子力安全推進協会 Jap

4 版 平成 26 年度事業報告の概要 世界最高水準の安全性の追求 ~ たゆまぬ Excellence をめざして ~ Copyright 2015 by Japan Nuclear Safety Institute. All Rights Reserved. 一般社団法人原子力安全推進協会 Jap

SA時格納容器構造設計に係る規格(日本機械学会)検討支援した。  低線量放射線影響に関する科学的知見、実データに基づく福島県中 長期放射線安全解析結果について、産業界等に広く発信した。  緊急時対策所設計指針(日本電気協会)等改定作業支援した。  土木学会で「確率論的断層変位ハザード解析」「原子炉建屋フラジリティ

18 Read more

第 2 部 ( モジュール 2) CTD の概要 ( サマリー ) 2.7 臨床概要 生物薬剤学及び関連する分析法の概要 臨床薬理の概要 臨床的有効性の概要 臨床的安全性の概要 参考文献 個々の試験のまとめ 鳥居薬品株式会社

第 2 部 ( モジュール 2) CTD の概要 ( サマリー ) 2.7 臨床概要 生物薬剤学及び関連する分析法の概要 臨床薬理の概要 臨床的有効性の概要 臨床的安全性の概要 参考文献 個々の試験のまとめ 鳥居薬品株式会社

52 週解析結果から,HDM アレルギー性鼻炎患者鼻症状や QOL 改善が認められるものの, 検証的な判断は行わなかった。また, HDM アレルギー性喘息患者喘息コントロールや呼吸機能 一部改善が認められるものの,検証的な判断は行わなかった。 本治験では, HDM アレルギー性鼻炎患者に発現した蕁麻疹 1 件及び HDM アレルギー性喘息患 者に発現したアナフィラキシー反応 1 件が重篤な副作用とされた。また,因果関係否定できな いアナフィラキシー反応が 4 例 4 件発現した。SCIT で致死アナフィラキシー反応が発現する 割合検討した報告はいくつかあるが,一般には,250 万回投与回数に対して 1 回程度とされ ている(CTD 5.3.5.1.2-1 参考文献 31)。本邦においてアレルギー性鼻炎患者(386 例)対象 とし,標準化ダニ抗原用いて SCIT 安全後ろ向きに検討した大橋ら文献(CTD 5.3.5.1.2-1 参考文献 30)によれば,特別な処置要する重篤又は高度全身性反応が発現する割合は,投 与(皮下注射)回数当たり 0.12%(27 件/22,722 injection)と報告されている。一方,本治験では 増量期開始後,総投与回数 1,401 回に対し 4 件アナフィラキシー反応(副作用)が発現したこ とから,アナフィラキシー反応が発現する割合は 0.29%(4 件/1,401 injection)であった。大橋ら はアナフィラキシー(反応)という表記は用いていないが,「特別な処置要する重篤又は高度 全身性反応」が,本治験で発現したアナフィラキシー反応に相当する事象と考えれば,本治験 で発現率は約 2 倍となる。大橋らはすべて被験者に対して従来法適用したに対し,本治 験では約半数被験者に急速法が適用されたため,アナフィラキシー反応発現する割合が高く なった可能が推察される。また,今回治験実施計画書においては,維持量「投与可能な最高 用量」とした。アレルゲン免疫療法は,医師が経験重ねることで安全が向上する療法である。 今後 TO-204 皮下注による治療経験,症例数が増えれば,より安全に治療行うため知見が蓄積 すると思われる。
Show more

161 Read more

平成 24 年度事業報告の概要 世界最高水準の安全性の追求 ~ たゆまぬ Excellence をめざして ~ Copyright 2012 by Japan Nuclear Safety Institute. All Rights Reserved. 一般社団法人原子力安全推進協会 Japan N

平成 24 年度事業報告の概要 世界最高水準の安全性の追求 ~ たゆまぬ Excellence をめざして ~ Copyright 2012 by Japan Nuclear Safety Institute. All Rights Reserved. 一般社団法人原子力安全推進協会 Japan N

Ⅱ.状況・成果 安全向上対策評価と提言・勧告及び支援 (5)福島第一事故踏まえた安全向上に係る規格等整備  原子力学会における原子力安全基本原則、津波PRA及びSAM手法 等整備支援、JANSIで機器故障率整備等は、当初予定通り進捗。  米国機械学会(ASME)圧力容器委員会へ参画(4回)、米国電気電子学

17 Read more

新耐震指針の概要と耐震安全性評価等に係る取組みについて

新耐震指針の概要と耐震安全性評価等に係る取組みについて

耐震裕度向上工事実施 ◆今回指針改訂は、原子力施設耐震安全に対する信頼一層向 上させるもので、これ契機に積極的に耐震向上図る観点から、 既設プラント耐震裕度向上工事 ※ 実施している。

16 Read more

別紙 東京神奈川急行電鉄ダイヤ改正について 1. ダイヤ改正実施日土休日ダイヤ :2018 年 3 月 17 日 ( 土 ) 平日ダイヤ :2018 年 3 月 19 日 ( 月 ) 2. 各路線改正内容 2-1. 東葛線 各駅の概要はプレスリリース参照 (1) 路線名の変更東葛線八潮 ~ 野田市間

別紙 東京神奈川急行電鉄ダイヤ改正について 1. ダイヤ改正実施日土休日ダイヤ :2018 年 3 月 17 日 ( 土 ) 平日ダイヤ :2018 年 3 月 19 日 ( 月 ) 2. 各路線改正内容 2-1. 東葛線 各駅の概要はプレスリリース参照 (1) 路線名の変更東葛線八潮 ~ 野田市間

さらに、各線でライナー列車「Nakyu Express」新設・増発するとともに、新多摩線で運 転されている全列車が相模大野駅に新たに停車するようになりなす。これにより遠距離だけ でなく、中距離利用お客様にも着席機会拡大します。 また、今回ダイヤ改正に合わせて、新型車両である「20000 系シリーズ」電車路線 に順次投入します。この車両は「全てにおいて優しい車両」コンセプトに、より一層省 エネ化、フリースペース増設、東奈急行初空気清浄機設置など、環境に配慮するだけ でなくお客様居住向上も図った車両になっております。
Show more

6 Read more

1. 塩の安全性について 1-1. 韓国における食品の安全性に関する法令韓国の食品の安全性に係る規定は主に食品衛生法により定められている 塩の安全性に係る規定は食品衛生法および塩管理法に定められている また 食用塩の規格を取り纏めたものとして KS-H7101 がある 以下に それぞれの概要について

1. 塩の安全性について 1-1. 韓国における食品の安全性に関する法令韓国の食品の安全性に係る規定は主に食品衛生法により定められている 塩の安全性に係る規定は食品衛生法および塩管理法に定められている また 食用塩の規格を取り纏めたものとして KS-H7101 がある 以下に それぞれの概要について

エ. 「器具」とは、飲食器と食品または食品添加物採取・製造・加工・調理・ 貯蔵・運搬・陳列・授受または摂取に使用されるもので、食品または食品 添加物に直接接触する機械・器具・その他いう。 オ. 「容器・包装」とは、食品または食品添加物入れたり、包んだりする物品 で、食品または食品添加物授受するとき共に引き渡される物品いう。 カ. 「食品衛生」とは、食品・食品添加物・器具または容器・包装対象とする
Show more

27 Read more

概要 機械制御システムの機能安全 - ISO の適用 - ISO 機械類の安全性- 制御システムの安全関連部 は 制御システムの安全関連部の設計に関する規定を定めた規格である 本規格は 2007 年に大幅に改訂された 本レポートは その主要内容を紹介すると共に 電気 流体

概要 機械制御システムの機能安全 - ISO の適用 - ISO 機械類の安全性- 制御システムの安全関連部 は 制御システムの安全関連部の設計に関する規定を定めた規格である 本規格は 2007 年に大幅に改訂された 本レポートは その主要内容を紹介すると共に 電気 流体

後継規格となる ISO13849-1 は、取り扱う題材が非常に複雑なものであるにもかかわらず、適用 における実用十分に考慮したものとなっている。これは、特に BGIA 経験積んだスタッ フ熱心な協力があってこそ実現できたものといえる。 本規格は 2007 年 5 月に整合規格として発行された。ドイツ機械工業連盟(VDMA)ポジション ペーパー( 本書 249 ページ、付録Ⅰ参照 )では、ドイツ設備及び機械製造において本規格 積極的に適用することが表明されている。これにより、機械安全関連制御システムに関する BGIA レポートも完全改訂版として発刊すべき時期迎えたといえる。安全技術がますます複合 的・複雑になるに従い、その使用に関するアドバイス及びサポートへ期待や要求にも変化が 見られる。BGIA レポート及び当 BGIA で開発されたソフトウエア「SISTEMA」は、読者並びに使 用者が新たな手法より簡単に理解し、活用できるようにする、新・旧規格架け橋担うも といえよう。 20 名執筆者から編制された当チームでは、読者 ISO 13849-1:2007-07 「秘策」 に一歩一歩手繰り寄せ、そして実際適用に導くことために、何度も討論並びに検証重ねて、 文章練り上げ、重要となる回路例作成した。むろん、本レポートは規格代わりなしえ るものではない。しかし、本書には、実用的な応用事例や助言はじめ、数多く貴重なヒン トが盛り込まれている。教本及び参考図書としても十分活用いただけるものと考えている。
Show more

38 Read more

4.2 機器の設計の妥当性確認の概要 総括 本品について 物理的 化学的特性試験 生物学的安全性試験 機械的安全性試験 安定性及び耐久性試験 性能を裏付ける試験を実施した 検体については以下を参照すること 全ての試験を表 に要約する 全ての試験は設定された判定基準を満たした 表 4.2-

4.2 機器の設計の妥当性確認の概要 総括 本品について 物理的 化学的特性試験 生物学的安全性試験 機械的安全性試験 安定性及び耐久性試験 性能を裏付ける試験を実施した 検体については以下を参照すること 全ての試験を表 に要約する 全ての試験は設定された判定基準を満たした 表 4.2-

感受ある ATCC 株、及び、20 継代後に得たクロルヘキシジン/ スルファジアジン銀培養物 、 ミノサイクリンのみ培養物、リファンピシンのみ培養物それぞれに対する消毒薬カテーテル 増殖阻止円半径は、いずれも同等であった(13 ~14 mm)。消毒薬カテーテル I (Arrowgard Blue) は、7 日間及び 14 日間浸漬後、感受ある ATCC 株 に対する増殖阻止円半径がそれぞれ 4.3 mm、3.5 mm であった。消毒薬カテーテル II(Arrowgard plus)は、7 日間及び 14 日間浸漬後、 感受ある ATCC 株に対する増殖阻止円半径はそれぞれ 7.2 mm、5.6 mm であった。一方、抗 菌薬カテーテル(Spectrum CVC)においては、RIF-r1、RIF-r2 及び M/R 株に対する増殖阻止円 半径は、感受ある ATCC 株と比較して、より小さかった。7 日間及び 14 日間浸漬後、抗 菌薬カテーテル RIF-r2 株に対する増殖阻止円半径は、それぞれ 9 mm、4 mm であった。同様に、 抗菌薬カテーテル RIF-r1 株に対する 7 日間及び 14 日間浸漬後増殖阻止円半径は、それぞ れ 6 mm、0 mm であった。はこれらと比較した場合、抗菌薬カテーテルにおける M/R 株に対す る増殖阻止円半径はより大きく、7 日後及び 14 日後でそれぞれ 14 mm、10 mm であった。 殺菌力評価する time-kill 試験においては、クロルヘキシジンとトリクロサン組み合わせ、ク ロルヘキシジンと スルファジアジン銀 組み合わせ両方において、相乗効果が観察された。M/R 含浸カテーテル ZOI 試験から、リファンピシン耐性株に対する作用は感受ある ATCC 株 に対する作用より低いことが示された。その一方で、リファンピシン耐性株及びリファンピシン 感受株に対する消毒薬(クロルヘキシジン/ スルファジアジン銀 )カテーテル作用は類似して いた。
Show more

118 Read more

ミリプラチン 臨床的安全性の概要 Page 1 ミリプラチン製造販売承認申請 CTD 第 2 部 2.7 臨床概要 臨床的安全性の概要 大日本住友製薬株式会社

ミリプラチン 臨床的安全性の概要 Page 1 ミリプラチン製造販売承認申請 CTD 第 2 部 2.7 臨床概要 臨床的安全性の概要 大日本住友製薬株式会社

実施医療機関 = 投与群 = ジノスタチン スチマラマー 被験者番号 = 026 性別 = 男 年齢(歳) = 7 投与日 = 20 - - 投与日 = 発現日 発現日 有害事象 治験薬と 医師報告用語 読み替え後(PT) 投与回数 (1回目投与) (2回目投与) 転帰 転帰確認日 持続期間 グレード 重篤 治療 因果関係 -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 悪寒・戦慄 悪寒 1 1 回復 20 - - 1 1 非重篤 無 関連有り -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 発熱 発熱 1 1 回復 20 - - 5 1 非重篤 有 関連有り -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- CRP増多 C-反応蛋白増加 1 1 回復 20 - - 6 1 非重篤 無 関連有り -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- リンパ球減少 リンパ球百分率減少 1 1 回復 20 - - 6 1 非重篤 無 関連無し -------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------- 白血球数増多 白血球数増加 1 1
Show more

224 Read more

食品安全モニター課題報告 食品の安全性に関する意識等について ( 平成 25 年 8 月実施 ) の結果 ( 概要 ) 食品安全委員会は 食品の安全性について また 食品安全委員会のリスク評価や食品安全行政について一定の理解を可能とする科学的知識を有する者 ( 大学等で食品に関係の深い学問を履修した

食品安全モニター課題報告 食品の安全性に関する意識等について ( 平成 25 年 8 月実施 ) の結果 ( 概要 ) 食品安全委員会は 食品の安全性について また 食品安全委員会のリスク評価や食品安全行政について一定の理解を可能とする科学的知識を有する者 ( 大学等で食品に関係の深い学問を履修した

合計(n=353) 【性別】 男性(n=203) 女性(n=150) 【年代】 20~29歳(n=11) 30~39歳(n=54) 40~49歳(n=89) 50~59歳(n=95) 60~69歳(n=81) 70歳以上(n=23) 【職務経験】 食品生産・加工経験者(n=115) 食品流通・販売経験者(n=57) 研究職経験者(n=33) 医療職経験者(n=29) 教育職経験者(n=25) 食品関係行政従事者(n=23) その他消費者(n=71) 【モニター継続】 平成24年度以前から(n=267) 平成25年度から(n=86) 【食品安全モニター会議出席経験】 経験あり(n=322) 経験なし(n=31) 【居住地】 北海道(n=14) 東北(n=18) 関東(n=84) 東京(n=51) 甲信越(n=20) 東海(n=32) 近畿(n=67) 中国・四国(n=36) 九州(n=31)
Show more

31 Read more

0516(資料9-3)【概要】HPVワクチンの安全性について

0516(資料9-3)【概要】HPVワクチンの安全性について

既知副反応増加、未知副反応、被接種者リスク因子等察知に適す るが、仮説検定や因果関係有無等評価することは難しい。 (3)疫学研究等 仮説検定や因果関係有無等疫学的に評価することができるが、コスト と時間がかかり、目的が特定仮説検証等に限定される。

6 Read more

IHクッキングヒーターの安全性と加熱性能(概要)

IHクッキングヒーターの安全性と加熱性能(概要)

また、PIO-NET(全国消費生活情報ネットワーク・システム)には、電磁調理器安全や品 質に関する相談が過去 5 年間 注2) に 304 件寄せられており、その中には、電磁波へ不安以 外に「電磁調理器で天ぷら揚げていた際、鍋から発火した」、「炒め物するため空鍋置い たら真赤になり、油入れたら危険である」など安全に関わる事例がある。その他、「アル ミ、ほうろう、ステンレス等どんな鍋でも使えると言われ購入したが、家にある鍋は使えな いので返品したい」といったオールメタル対応ものに関するものと思われる相談も寄せら れている。
Show more

11 Read more

2.7.4 臨床的安全性 Pge 1 目次 臨床的安全性 医薬品への曝露 総括的安全性評価計画および安全性試験の記述 試験の概要 安全性情報の取り扱い方法... 7

2.7.4 臨床的安全性 Pge 1 目次 臨床的安全性 医薬品への曝露 総括的安全性評価計画および安全性試験の記述 試験の概要 安全性情報の取り扱い方法... 7

また、評価時期において QTcF 間隔投与期開始時から変化量が 30 msec 超えた被 験者割合は、2 週時に 2.5%(4/158 例)、12 週時に 5.0%(7/141 例)、24 週時に 6.5%(9/138 例)、 52 週時に 6.3%(8/126 例)、投与期終了時に 6.3%(10/158 例)であった。変化量が 60 msec 超えた被験者は、治験期間全体を通して 52 週時 1 例(症例番号 5161)であった。投与 期開始時測定値は 401 msec であり、52 週時測定値は 469 msec、投与期開始時から変 化量は 68 msec であった(表 2.7.4.4-12)。52 週時除き、いずれ評価時期においても測定 値は閾値範囲内であった。なお、2 週時以降測定日前日処方量は 20 mg/日であった。 本被験者は後観察期において、 MLD-55 と成分が同一であるレクサプロ錠 14 日間服用して おり、レクサプロ錠服用中に測定値は 418 msec、変化量は 17 msec に回復した(表 2.7.4.4-12、 資料番号 5.3.5.2.1:12.5.3.2.4.2 項および資料番号 5.3.7.1.5:表 16.2-22)。
Show more

451 Read more

4. 見直し検討委員会における検討方法について見直しについては 都市機能上の必要性 経済性 実現可能性を見直しの視点とし 各路線の検証を行いました 具体的には 都市計画マスタープランなどの上位計画に掲げられた都市の将来像を踏まえ 都市全体の道路ネットワークを対象とした検討を行い その必要性や効果を明

4. 見直し検討委員会における検討方法について見直しについては 都市機能上の必要性 経済性 実現可能性を見直しの視点とし 各路線の検証を行いました 具体的には 都市計画マスタープランなどの上位計画に掲げられた都市の将来像を踏まえ 都市全体の道路ネットワークを対象とした検討を行い その必要性や効果を明

特に近年、急速な少子高齢化進行に伴う人口減少や厳しい財政状況による 公共事業費縮減など都市めぐる社会情勢が大きく変化しており、都市計画 道路についても、現在計画が将来都市に必要な道路網となっているか検証 し、必要であれば速やかに見直すことが求められています。このほか、長期に わたる建築制限へ対応や、効率的かつ重点的な道路整備必要からも見直 しが求められています。
Show more

8 Read more

目次 1. 安全保障貿易管理の必要性 2. 安全保障を巡る環境変化と国際輸出管理レジームの概要 3. 我が国の安全保障貿易管理制度 (1) 制度の概要 (2) リスト規制 (3) キャッチオール規制 (4) 外為法に基づく輸出等の許可 4. 違反に対する罰則等 参 :P 参考資料関連ページ番号 1

目次 1. 安全保障貿易管理の必要性 2. 安全保障を巡る環境変化と国際輸出管理レジームの概要 3. 我が国の安全保障貿易管理制度 (1) 制度の概要 (2) リスト規制 (3) キャッチオール規制 (4) 外為法に基づく輸出等の許可 4. 違反に対する罰則等 参 :P 参考資料関連ページ番号 1

制度概要 (A):国際輸出管理レジームに参加し、輸出管理厳格に実施している国 (=ホワイト国)【計27カ国】:輸出令別表第3 アルゼンチン、オーストラリア、オーストリア、ベルギー、ブルガリア、カナダ、チェコ、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリ シャ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、大韓民国、ルクセンブルク、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、ポルトガル、 スペイン、スウェーデン、スイス、英国、アメリカ合衆国
Show more

42 Read more

~ 目次 ~ 第 1 章タスクフォースの検討概要 タスクフォースの趣旨 目的 制御システムセキュリティ対策の方向性と タスクフォース及び各 WG 間の関係 第 2 章各 WGの検討概要 テストベッドWG (1) テストベッ

~ 目次 ~ 第 1 章タスクフォースの検討概要 タスクフォースの趣旨 目的 制御システムセキュリティ対策の方向性と タスクフォース及び各 WG 間の関係 第 2 章各 WGの検討概要 テストベッドWG (1) テストベッ

汎用 OS におけるセキュリティ品質向上取組は、制御システムにも適用で きるケースが少なくない。具体的には、脆弱確認技術や脆弱突いた攻 撃緩和する技術開発などが挙げられる。制御システム特有高セキュア化技 術としては、コントローラ振る舞い監視し、攻撃検知後安全なシステム 停止機能、安全制御モードへ移行、インターロックによる安全制御領域へ 強制移行実現といった技術が想定される。更に、攻撃者視点で制御システ ム分析し、新たな攻撃手法や技術予測し、プロアクティブな高セキュア技 術継続的に研究する必要がある。
Show more

24 Read more

RSA署名方式の安全性を巡る研究動向について

RSA署名方式の安全性を巡る研究動向について

ハ.シルバーマン分析 シルバーマンは、素因数分解行うために必要となるコストより具体的に考慮 した検討行っている(Silverman[2000])。シルバーマンは、まず、①全体予 算1,000万ドルと想定し、②素因数分解アルゴリズムとして数体ふるい法採用 し、③数体ふるい法実行に必要な記憶容量算出したうえで、④その記憶容量分 半導体メモリー購入するために必要なコスト1,000万ドル(予算)から差し 引いて残った資金で調達可能なパソコン(Pentium II 500MHz搭載)台数算 出した。次に、これら装備によって素因数分解実行した場合、合成数サイズ が430、760、1,020、1,620 bit時に必要な計算時間見積り行った(表4参照)。
Show more

40 Read more

首から下げるタイプの除菌用品の安全性-皮膚への刺激性を中心に-

首から下げるタイプの除菌用品の安全性-皮膚への刺激性を中心に-

No.3 直射日光当たる場所や高温になる場所で使用はお控えください。 /薬剤は中袋破らずに、必ず薬剤用ケースに 入れてご使用ください。 /薬剤用ケースは必ず衣服外側に出してご使用ください。 /本品特性上、薬剤用ケー ス装着後成分臭(プール臭)感じる場合があります。 /換気回数少ない密閉空間で使用はお控えください。不 快に感じる場合は使用お控えください。 /本品は金属腐食させる可能があるため、金属・貴金属・精密機器等 その側でご使用お控えください。/多少漂白作用があるため、色柄物繊維、高級な衣料等着用時ご使用は お控えください。 /ご使用時にはストラップ巻き込まれ等に注意してください。 /薬剤に直接水がかからないよ うにご注意ください。 /本品鼻先で吸い込まないでください。 /刺激臭が気になる場合は、一時的に換気行っ てください。
Show more

16 Read more

Show all 10000 documents...