債務負担 行為補正」によ る

Top PDF 債務負担 行為補正」によ る:

リース約款(庁用車)(債務負担) 契約約款(物品供給・印刷製本・リース) | 立川市

リース約款(庁用車)(債務負担) 契約約款(物品供給・印刷製本・リース) | 立川市

( 2) 下請業者又は工事関係業者(以下「下請業者等」という。)が不当要求行為等を受 けたときは、毅然として拒否し、受注者速やか報告するよう当該下請業者等を指 導すること。下請業者等から報告を受けたときは、速やか発注者報告するととも 、警察届け出ること。

6 さらに読み込む

第 1 章総則 第 1 条 ( 適用範囲 ) 本仕様書は 大和市固定資産 ( 宅地 ) 評価システム業務委託 ( 債務負担行為 ) ( 以下 本業務 という ) の委託事業を実施するにあたり 大和市 ( 以下 発注者 という ) が受注者に委託する本業務の内容及び作業方法並びに遵守する法令 規則等に

第 1 章総則 第 1 条 ( 適用範囲 ) 本仕様書は 大和市固定資産 ( 宅地 ) 評価システム業務委託 ( 債務負担行為 ) ( 以下 本業務 という ) の委託事業を実施するにあたり 大和市 ( 以下 発注者 という ) が受注者に委託する本業務の内容及び作業方法並びに遵守する法令 規則等に

また、下落率分布を状況類似地域毎判断するための諸資料として、状況類似地域別下落 率分布図(縮尺1/10,000、地形図背景)及び標準宅地価格図(縮尺1/7,000、地形図背景) を作成するものとする。 3 路線価格の検証は、平成31年課税用路線価決定のための補助資料として、算定した路線 価に対して相続税路線価及び従前路線価との対比によるバランス検証を行うものとし、バランス 検証を行うにあたっては、相続税路線価及び従前路線価と算定した路線価との対比図を作成 するものとする。
さらに見せる

27 さらに読み込む

CS1-00H1_H4_0921.indd

目 次 1 はじめに 1 2 現行制度下での負担軽減 2 (1) 運用による負担軽減 2 1 国事行為の負担軽減 2 公的行為の負担軽減 (2) 臨時代行制度を活用した負担軽減 3 3 制度改正による負担軽減 4 (1) 設置要件拡大による摂政設置について 4 (2) 退位による新天皇の即位について

積極的進めるべきとの意見 課題 ○旧皇室典範以来、「崩御」のみが皇位継承事由とされており、退位することを 当然のことと考えるべきではない。天皇の進退についてはよほど慎重事を運ば なければいけない。不本意な退位があってはいけないし、政治的な意味合いを 持ってもいけない。今の状況であれば、皇位継承者との年齢差、政治的な状況、 国民の意識などが確認でき、今上陛下の御意思反してはいないことも推察され、 的確な判断が可能である。一方、将来の天皇については、皇位継承者との年齢差、 その時の政治経済状況、その代の天皇の考え方や世論は変化する。状況がよく分 かっている今の状況下で判断するのはよいが、将来の全ての天皇を対象とする うな制度はしないほうがよいのではないか。
さらに見せる

10 さらに読み込む

179 債務引受の現代的展開 石田聡太郎小阪和輝 大和田華子引間千晶 ( 片山研究会 3 年 ) Ⅰ はじめに Ⅱ 債務引受の意義 1 債務引受とは 2 債務引受の現状と改正法案 Ⅲ 一括決済システムと債務引受 1 一括決済システムとは 2 一括決済システム各論 Ⅳ 併存的債務引受形式における法的課

179 債務引受の現代的展開 石田聡太郎小阪和輝 大和田華子引間千晶 ( 片山研究会 3 年 ) Ⅰ はじめに Ⅱ 債務引受の意義 1 債務引受とは 2 債務引受の現状と改正法案 Ⅲ 一括決済システムと債務引受 1 一括決済システムとは 2 一括決済システム各論 Ⅳ 併存的債務引受形式における法的課

れば C が A 弁済をすることにより債権が適法消滅してしまうというのはい ささか D 酷であるよう思われる。そこで債務引受により生じた債務は連帯 保証債務類似する関係なっていること着目し、保証債務における主債務類似する立場ある B 生じた事由は原則として絶対的効力を持つと考える こととし、D は B 通知をなせば C に対しても対抗要件を具備すると解すべき である。このような考え方に対し C が不当二重弁済のリスクを負うのではな いかという批判が可能であるが、C が A 弁済をする際は民法443条規定さ れた事前通知を B に対しなすはずである。その際適法債務が消滅すること より利益を得る立場ある B は C に対し D が真の権利者であることを知らせる はずであり、C 二重弁済のリスクを不当負わせることはならないと考えら れる。したがって C は D に対し弁済を行わなければならない。
さらに見せる

27 さらに読み込む

第 2 編損害賠償に関する知識 第 1 章損害賠償に関する基礎知識 損害賠償の基本的な考え方 不法行為責任と債務不履行責任の概要と相違点について学習します 第 1 節損害賠償 1. 損害賠償とは わたしたちは 社会生活を営むにあたって 自らの行為によって他人に損害を与えたり 他人の行為によって損害を

第 2 編損害賠償に関する知識 第 1 章損害賠償に関する基礎知識 損害賠償の基本的な考え方 不法行為責任と債務不履行責任の概要と相違点について学習します 第 1 節損害賠償 1. 損害賠償とは わたしたちは 社会生活を営むにあたって 自らの行為によって他人に損害を与えたり 他人の行為によって損害を

(注2)通説は、例えば、孤児を引き取って事実上世話をしている者のよう、社会的監督義務者と同視し 得るような事実上の監督義務者も、上記民法第714条第2項の代理監督者の適用を肯定しています。 (参考)認知症徘徊の列車事故訴訟に関する最高裁判決(最判平28.3.1) 責任能力がない認知症の男性(高齢者)が徘徊中電車はねられ死亡した事故で、男性の家族が鉄 道会社への損害賠償責任を負うかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁小法廷は、男性の妻賠償を 命じた2審名古屋高裁判決を破棄、鉄道会社側の逆転敗訴を言い渡し、判決が確定しました。
さらに見せる

58 さらに読み込む

第 5 無効及び取消し 1 法律行為が無効である場合又は取り消された場合の効果法律行為が無効である場合又は取り消された場合の効果について 次のような規律を設けるものとする (1) 無効な行為に基づく債務の履行として給付を受けた者は 相手方を原状に復させる義務を負う (2) (1) の規定にかかわらず

第 5 無効及び取消し 1 法律行為が無効である場合又は取り消された場合の効果法律行為が無効である場合又は取り消された場合の効果について 次のような規律を設けるものとする (1) 無効な行為に基づく債務の履行として給付を受けた者は 相手方を原状に復させる義務を負う (2) (1) の規定にかかわらず

イ アの通知又は承諾は、確定日付のある証書によってしなければ、債務者以 外の第三者対抗することができない。(民法第467条第2項と同文) (説明) 部会資料84-1第19の3は民法第467条第1項の改正案であったところ、これを 前提、部会資料84-1第19の2(2)において「譲渡人が3の規定による通知をし、又 は債務者が3の規定による承諾をした時」とし、かつ、これを「対抗要件具備時」と定義 する等していた部分について、民法第467条第1項は債務者対抗要件を指すものであり、 これらの表現はいずれも適切ではないとの指摘があった。
さらに見せる

9 さらに読み込む

1 本手引きは 平成 29 年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業 のうち Ⅰ. 工場 事業場単位での省エネルギー設備導入事業 ( 工場 事業場単位 ) 国庫債務負担行為分 ( 年度またぎ事業 )2 次公募 の交付申請について 必要事項を説明する手引きです 公募要領 交付申請の手引き をご覧いただ

1 本手引きは 平成 29 年度エネルギー使用合理化等事業者支援事業 のうち Ⅰ. 工場 事業場単位での省エネルギー設備導入事業 ( 工場 事業場単位 ) 国庫債務負担行為分 ( 年度またぎ事業 )2 次公募 の交付申請について 必要事項を説明する手引きです 公募要領 交付申請の手引き をご覧いただ

※それぞれのエネルギー使用量の増減を、計算用いた定数や式等を具体的示して、出来るだけ詳しく記入すること。 ①事業場の省エネルギー量 ○○○.○kl/年 省エネルギー率 ○.○% (裕度(安全率)○%を考慮) ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○ ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
さらに見せる

58 さらに読み込む

交通事業者連携事業費(長崎DCアフターキャンペーン事業負担金) 長崎市│事務事業事前評価結果(平成28年度補正予算)

交通事業者連携事業費(長崎DCアフターキャンペーン事業負担金) 長崎市│事務事業事前評価結果(平成28年度補正予算)

事 業 の 必 要 性 (現状における問題点と その要因、今後の課題) JRグループ旅客6社と指定された自治体、地元の観光事業者等が協働で実施する長崎DC により、JRの広告媒体を利用して全国的な情報発信が行われ、大手旅行会社などとも連携 しながら旅行商品造成、販売促進活動が行われること伴い、長崎県全体で観光資源の磨 き上げ及び二次交通の整備が促進されている。

2 さらに読み込む

図 1 本省 LAN システム配下で稼動する連携システムの概要図 図 2 連携システムの業務フロー概要図 原課 ( 特会担当者 ) 1 支払登録 共有 会計室 ( 特会担当者 ) 2 支払情報 CSV 連携 ADAMSⅡ 3 支払情報 入力情報 支出負担行為 支出負担行為即支出決定に必要な情報など

図 1 本省 LAN システム配下で稼動する連携システムの概要図 図 2 連携システムの業務フロー概要図 原課 ( 特会担当者 ) 1 支払登録 共有 会計室 ( 特会担当者 ) 2 支払情報 CSV 連携 ADAMSⅡ 3 支払情報 入力情報 支出負担行為 支出負担行為即支出決定に必要な情報など

立案し、速やか実施するなど、適切対処すること。 2 受託者は、私物(本業務の従事者個人の所有物等、受託者管理外のものをいう。)の機器 等を本業務用いないこと。 3 受託者は、成果物等を電磁的記録媒体により納品する場合は、不正プログラム対策ソフ トウェアによる確認を行うなどして、成果物不正プログラムが混入することのないよう、適 切に対処するとともに、確認結果(確認日時、不正プログラム対策ソフトウェアの製品名、定 義ファイルのバージョン等)を成果物等記載又は添付すること。
さらに見せる

20 さらに読み込む

1. 財政投融資を活用している事業の主な内容高速道路資産の保有及び高速道路株式会社に対する貸付けのほか 道路関係四公団から承継した債務 その他の高速道路の新設 改築等に係る債務の早期の確実な返済等を行うことにより 高速道路に係る国民負担の軽減を図るとと

1. 財政投融資を活用している事業の主な内容高速道路資産の保有及び高速道路株式会社に対する貸付けのほか 道路関係四公団から承継した債務 その他の高速道路の新設 改築等に係る債務の早期の確実な返済等を行うことにより 高速道路に係る国民負担の軽減を図るとと

 政府等出資金:【(独)日本高速道路保有・債務返済機構法第6条 資本金】          2 機構は、必要があるときは、国土交通大臣の認可を受けて、その資本金を増加することができる。          3 政府及び政令で定める地方公共団体は、前項の規定により機構がその資本金を増加するときは、予算で定める金            額の範囲内において、機構出資することができる。

5 さらに読み込む

経営不振に陥った中小企業の存続期間と債務構成

経営不振に陥った中小企業の存続期間と債務構成

6. 結び 本稿は 2001 年経済産業省・中小企業庁により設立された Credit Risk Database(CRD) の大規模なマイクロデータを用いて、連続 2 期債務超過かつ経常赤字陥った中小企業が 法的破綻いたるまでの存続期間の決定要因を分析した。とりわけ、中小企業の債務構成 注目し、企業間信用と借入金の比率やその動きが法的破綻のタイミング与える影響を 明らかした。本稿の分析結果は以下の通りである。まず、総負債占める企業間信用の 割合は法的破綻陥る確率を高める。また、負債占める企業間信用の割合は法的破綻数 年前から大幅減少している傾向が見られる。かつ、企業間信用の減少率が大きい企業ほ ど、経営不振陥ってから法的破綻いたるまでの存続期間が短くなる。銀行借入の動き は企業の存続期間に対して影響を与えない。これらの結果は、企業間信用の下記の特徴と 整合する。第一、無担保債権の企業間信用は、取引先企業が法的破綻陥るとより大き な損失をこうむるため、担保債権者の銀行と比べると企業間信用を供与する取引企業は事 前企業の信用情報をより迅速獲得しようとするインセンティブを持つ。第二、取引 先企業は他の業者とのネットワークが存在するため、銀行よりも債務者である企業の信用
さらに見せる

30 さらに読み込む

かんがみ 賃借人の居住の安定の確保を図るため 賃借人の委託を受けて家賃の支払に係る債務を保証することを業として行う家賃債務保証業及び家賃等の過去の弁済情報を収集し家主等に提供する家賃等弁済情報提供事業 ( いわゆるデータベース事業 ) の登録制度の創設 家賃関連債権の取立てに関する不当な行為の禁止等

かんがみ 賃借人の居住の安定の確保を図るため 賃借人の委託を受けて家賃の支払に係る債務を保証することを業として行う家賃債務保証業及び家賃等の過去の弁済情報を収集し家主等に提供する家賃等弁済情報提供事業 ( いわゆるデータベース事業 ) の登録制度の創設 家賃関連債権の取立てに関する不当な行為の禁止等

また、本委員会付託の請願12種類64件は、 審査未了となった。 〔法律案等の審査〕 直轄事業負担金 国の直轄事業係る都道 府県等の維持管理負担金の廃止等のための 関係法律の整備に関する法律案は、国が管 理する道路、河川等の維持管理要する費 用係る都道府県等の負担金を廃止するた め、砂防法等関係法律の整備を行うととも 、平成22年度限って、一定の場合、負 担金を継続する特例措置等を定めようとす ものである。
さらに見せる

6 さらに読み込む

原告は 本件事故について 本件試合を主催し 本件ドームを占有していた被告ファイターズに対しては a 工作物責任 b 不法行為又はc 債務不履行 ( 野球観戦契約上の安全配慮義務違反 ) に基づき 指定管理者として本件ドームを占有していた株式会社札幌ドームに対しては d 工作物責任又はe 不法行為に基

原告は 本件事故について 本件試合を主催し 本件ドームを占有していた被告ファイターズに対しては a 工作物責任 b 不法行為又はc 債務不履行 ( 野球観戦契約上の安全配慮義務違反 ) に基づき 指定管理者として本件ドームを占有していた株式会社札幌ドームに対しては d 工作物責任又はe 不法行為に基

の試合を観戦するため球場行くことを考える観客こそが、 「通常の観客」であるといわざるを 得ないであろう。また、プロ野球の試合観戦により重大な傷害等を負う可能性があることは受け 入れていないとしても、プロ野球が我が国において国民的な娯楽の一つとなっていることを考慮 すれば、その「通常の観客」は、プロ野球の試合観戦の危険性を通常認識している又は容易認 識し得ると解され、相応の範囲で、プロ野球の試合観戦の危険の引受けをしているといえるであ ろう。したがって、上記「瑕疵」の有無を判断するに当たって、本件保護者ら観客を含む「通常 一般の観客」の注意義務を前提とした判断をした原判決は妥当でなく、第1点に関する本判決の 判断は妥当であると考える。
さらに見せる

7 さらに読み込む

1 企業包括補償保険の概要 企業包括補償保険とは 貴社または貴社子会社 以下 被保険者 といいます ) の従業員 派遣社員を含む ) が 被保険者の業務遂行にあたり自己の職務上の地位を利用して窃盗 強盗 詐欺 横領または背任行為などの行為 以下 詐欺的 不誠実な行為 といいます ) を行ったことによ

1 企業包括補償保険の概要 企業包括補償保険とは 貴社または貴社子会社 以下 被保険者 といいます ) の従業員 派遣社員を含む ) が 被保険者の業務遂行にあたり自己の職務上の地位を利用して窃盗 強盗 詐欺 横領または背任行為などの行為 以下 詐欺的 不誠実な行為 といいます ) を行ったことによ

お客様の告知義務  注意喚起情報 ご契約者や被保険者は損害の発生の可能性に関する重要な事項のうち、申込書の記載事項について、あ りのままを正しく告知していただく義務があります。お申込みや保険契約締結の際告知していただいた 内容が事実と違った場合は、保険金などをお支払いできないことがあります。また、故意または重大な過 失によって事実を告知されなかったり事実と違うことを告知されたりしますと、「告知義務違反」としてご 契約を解除することがあります。
さらに見せる

8 さらに読み込む

債務契約における会計情報の役割(3):わが国の債務契約と会計情報

債務契約における会計情報の役割(3):わが国の債務契約と会計情報

いった要素もまた、契約の効率性向上寄与している点も留意すべきである。 また、会計情報の事後的役割に関する先行研究からは、(1)財務制限条項は、経 営者のモラル・ハザードを軽減することを目的としてその内容が設定されているこ とが確認された。(2)財務制限条項設定の決定要因を分析した研究からは、①債務 者の財務特性対応するかたちで財務制限条項の内容を変化させていること、②会 計情報の信頼性が低くなるケース(内部統制の脆弱性や修正再表示の公表)では、 財務制限条項の設定数が減少していること、③コーポレート・ガバナンスが整備さ れている企業では、財務制限条項の需要が減少することがわかった。(3)財務制限 条項に関する経済的帰結を扱った先行研究は、財務制限条項の設定が、①経営者が モラル・ハザードを起こさないよう実際規律付ける効果があること、②保守的な 会計選択を要求すること、③条項へ抵触した場合、監査報酬の増加や銀行のモニ タリングを強めること、そして④負債コストを低減させることといった経済的帰
さらに見せる

28 さらに読み込む

保証契約とは しゅさいむしゃ が 保証契約 とは, 借金の返済や代金の支払などの債務を負う 主債務者 その債務の支払をしない場合に, 主債務者に代わって支払をする義務を負うことを約束する契約をいいます なお, 連帯保証契約 とは, 保証契約の一種ですが, 主債務者に財産があるかどうかにかかわらず,

保証契約とは しゅさいむしゃ が 保証契約 とは, 借金の返済や代金の支払などの債務を負う 主債務者 その債務の支払をしない場合に, 主債務者に代わって支払をする義務を負うことを約束する契約をいいます なお, 連帯保証契約 とは, 保証契約の一種ですが, 主債務者に財産があるかどうかにかかわらず,

そこで,次のようなルールが設けられています。 ※なお,主債務貸金等債務(金銭の貸渡しや手形の割引を受けることによって負担する債務)が含 まれる根保証契約については,既に,2005年4月1日から,今回のルールよりも更に厳しいルー ルが設けられています。このルールは,今回の民法改正の後も変わりません。

8 さらに読み込む

また 関係省庁等においては 今般の措置も踏まえ 本スキームを前提とした以下のような制度を構築する予定である - 政府系金融機関による 災害対応型劣後ローン の供給 ( 三次補正 ) 政府系金融機関が 旧債務の負担等により新規融資を受けることが困難な被災中小企業に対して 資本性借入金 の条件に合致した

また 関係省庁等においては 今般の措置も踏まえ 本スキームを前提とした以下のような制度を構築する予定である - 政府系金融機関による 災害対応型劣後ローン の供給 ( 三次補正 ) 政府系金融機関が 旧債務の負担等により新規融資を受けることが困難な被災中小企業に対して 資本性借入金 の条件に合致した

(答) 1.「十分な資本的性質が認められる借入金」は、資本準じて、原則として、「長期間償還 不要な状態」、「配当可能利益応じた金利設定」、「法的破綻時の劣後性」といった条件が 必要ですが、保証付借入金は、保証が実行された場合は、これらの条件が、保証人引き継 がれないことから、基本的は、「十分な資本的性質が認められる借入金」は該当しません。 2. ただし、「長期間償還不要な状態」、「配当可能利益応じた金利設定」、「法的破綻時
さらに見せる

5 さらに読み込む

宅建の民法 法律上の能力 ( 意思能力 行為能力 ) 代理時効物権変動共有担保物権債務不履行連帯 保証債務債権譲渡 債権の消滅債権の消滅契約の効力 契約の解除担保責任賃貸借 使用貸借請負不法行為相続 2

宅建の民法 法律上の能力 ( 意思能力 行為能力 ) 代理時効物権変動共有担保物権債務不履行連帯 保証債務債権譲渡 債権の消滅債権の消滅契約の効力 契約の解除担保責任賃貸借 使用貸借請負不法行為相続 2

------------------------ 表意者自身において、その意思表示瑕疵(かし)を認めず、民法 第95条基づく意思表示の無効を主張する意思がない場合は、 第三者がその意思表示の無効を主張することはできない。

63 さらに読み込む

目次 第 3. 債務不履行による損害賠償... 4 第 4. 損害賠償額の予定... 8 第 5. 契約の解除... 9 第 6. 危険負担 第 12. 保証債務 第 13. 債権譲渡 第 15. 債務引受 第 16. 契約上の地位の移転

目次 第 3. 債務不履行による損害賠償... 4 第 4. 損害賠償額の予定... 8 第 5. 契約の解除... 9 第 6. 危険負担 第 12. 保証債務 第 13. 債権譲渡 第 15. 債務引受 第 16. 契約上の地位の移転

53 本来ならばするはずのなかった契約をさせられるおそれが定型的ある。それ では,実質的は自分で決めたということはできず,自己責任を負うための前 提を欠くことなる。そう考えるならば,むしろ次号者情報提供義務を認め, その違反がある場合は消費者保護,つまり取消しを認めることが要請される はずである。少なくとも,事業者に対し一律情報提供義務を否定するならば, 消費者が自分で決める権利に対して必要な保護が与えられないことなってし まうだろう。もちろん,逆全ての事業者に対して一律情報提供義務を課す ならば,事業者によっては,過剰な介入なる可能性があることは否定できな い。しかし,それは,その限りで例外を認めることができるような要件を設定 すれば足りるはずである。例えば,消費者がその情報をすでに知っていたよう な場合まで,事業者情報提供義務を課すのは無意味であるし,事業者と ってもその情報を入手することが困難だったような場合まで,事業者情報 提供義務を課すのは過剰な介入なると考えられる。そのような場合例外を 認めるような形で,情報提供義務違反による取消しを認めるのが,あるべき改 正の方向だろう。」と指摘する。
さらに見せる

121 さらに読み込む

きる ( 改正前民法 436 条 ) 1 改正法と同じ 2 前項の債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができる 本条は 負担部分の限度で 他の連帯債務者が債権者に対して債務の履行を拒むことができると規定したものであり 判

きる ( 改正前民法 436 条 ) 1 改正法と同じ 2 前項の債権を有する連帯債務者が相殺を援用しない間は その連帯債務者の負担部分についてのみ他の連帯債務者が相殺を援用することができる 本条は 負担部分の限度で 他の連帯債務者が債権者に対して債務の履行を拒むことができると規定したものであり 判

4 連帯債務者間の求償関係 (1)連帯債務者間の求償権(変更)  民法第 442 条 (1)連帯債務者の一人が弁済をし、その他自己の財産をもって共同の免責を得たと きは、その連帯債務者は、その免責を得た額が自己の負担部分を超えるかどうか かかわらず、他の連帯債務者に対し、その免責を得るため支出した金銭その 他の財産の額(その財産の額が共同の免責を得た額を超える場合あっては、そ の免責を得た額)のうち各自の負担部分について求償権を有する。
さらに見せる

7 さらに読み込む

Show all 10000 documents...