債券ほど利回りは⾼くなります

Top PDF 債券ほど利回りは⾼くなります:

HSBC インドネシア債券マザーファンドの状況 (2018 年 11 月 30 日現在 ) 通貨別比率 米ドル 1.9% 日本円 0.0% 債券種類別比率キャッシュ等 1.7% 債券ポートフォリオの特性値 平均残存期間 9.3 年 平均デュレーション 6.2 年 平均最終利回り 7.8 % インドネ

HSBC インドネシア債券マザーファンドの状況 (2018 年 11 月 30 日現在 ) 通貨別比率 米ドル 1.9% 日本円 0.0% 債券種類別比率キャッシュ等 1.7% 債券ポートフォリオの特性値 平均残存期間 9.3 年 平均デュレーション 6.2 年 平均最終利回り 7.8 % インドネ

ルピア 98.1% 米ドル 1.9% 日本円 0.0% 【市場動向】 当月のインドネシア債券市場、1年物国債利回りが前月末比0.66%低下し6.17%(価格上昇)、10年物国債 利回り0.71%低下し7.92%(価格上昇)となりました。通貨ルピア、対米ドル、対円ともに上昇しました。 当月発表された経済指標で、7-9月期の実質国内総生産(GDP)成長率が前年同期比+5.17%と4-6月期の +5.27%から小幅に鈍化しましたが、成長率2017年1-3月期以降、5%台を維持しています。7-9月期の経常 収支の赤字約88億米ドルと4-6月期の約80億米ドルから拡大しました。一方、インフレ率落ち着いて推移し ており、10月の消費者物価指数(CPI)前年同月比+3.16%と、引き続き中央銀行のインフレ目標(3.5% ±1%)内に収まっています
さらに見せる

9 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

米国ジニーメイ債の利回り、ほぼ横ばいとなりました。 米ドル建て新興国債券に関して、スプレッド(米国債との利回り格差)おおむね拡大傾向となりまし た。米ドル高を背景とした新興国からの資金流出懸念に加え、米中貿易摩擦の激化への懸念により市場のリス ク回避的な姿勢が強まったことが、スプレッドの拡大要因となりました。南アフリカで、インフレ率が市場 予想を下回る伸びとなったものの、外部環境の影響からスプレッド拡大しました。ブラジルで、ストライ キの影響への懸念や大統領選挙をめぐる不透明感が、スプレッドの拡大要因となりました。コロンビアで、 大統領選挙が行われ、保守派のドゥケ氏が勝利しました。スプレッド小幅ながら縮小しました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

追加型投信 / 海外 / 債券 当初設定日 作成基準日 外国債券インデックスマザーファンドの資産の状況 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 債券 98.47% 債券先物取引 0.97% 短期金融資産等 0.55% 合計 % ファンド ベンチマーク 直接利回り 2.43

追加型投信 / 海外 / 債券 当初設定日 作成基準日 外国債券インデックスマザーファンドの資産の状況 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 債券 98.47% 債券先物取引 0.97% 短期金融資産等 0.55% 合計 % ファンド ベンチマーク 直接利回り 2.43

<本資料のお取扱いにおけるご留意点> ●当資料三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類でありません。 ●ご購入のお申込みの際最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 ●投資信託値動きのある有価証券等(外貨建資産に為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額変動します。したがって、投資元 本や利回りが保証されるものでありません。ファンドの運用による損益全て投資者の皆様に帰属します
さらに見せる

8 さらに読み込む

資産の状況 当ページの数値はマザーファンドベースです 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 当初設定日 2010 年 12 月 17 日 債券 98.02% 短期金融資産等 1.98% 合計 % 直接利回り 6.98% 最終利回り 7.35% 残存年数 2.69 年 修正

資産の状況 当ページの数値はマザーファンドベースです 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 当初設定日 2010 年 12 月 17 日 債券 98.02% 短期金融資産等 1.98% 合計 % 直接利回り 6.98% 最終利回り 7.35% 残存年数 2.69 年 修正

8月の高金利通貨下落しました。中国・人民元の基準値切り下げを背景に中国の景気減速懸念が高まったことに加え、中国株や原油価 格の急落を受けてリスク回避の動きが強まり、下旬にかけて高金利通貨下落しました。ただ月末にかけて、中国の追加金融緩和によ り中国株が反発したことに加え、堅調な経済指標を受けて米国経済への楽観的な見方が強まったことを背景に世界的に株価が反発し、リ スク回避の動きが後退したことから高金利通貨の下落幅縮小しました。また、組入債券利回り通貨によってまちまちの動きとなりま したが、中国の景気減速懸念などを背景にリスク回避の動きが強まったことを受けて資金流出懸念が強まったインドネシア・ルピア建債や トルコ・リラ建債の利回りが上昇しました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ピムコ グローバル債券ファンド ( 為替ヘッジあり ) 先進国債券 PIMCO グローバル債券ストラテジーファンド J( 円ヘッジ ) の内容です ピムコジャパンリミテッドから提供された情報です < 主要指標 > 直接利回り 2.25% 平均格付 A+ 平均デュレーション 5.20 年 利回りは信託

ピムコ グローバル債券ファンド ( 為替ヘッジあり ) 先進国債券 PIMCO グローバル債券ストラテジーファンド J( 円ヘッジ ) の内容です ピムコジャパンリミテッドから提供された情報です < 主要指標 > 直接利回り 2.25% 平均格付 A+ 平均デュレーション 5.20 年 利回りは信託

【新興国債券】 多くの新興国において、対外債務をはじめとするファンダメンタルズの改善が図られたこと、為替の変動相場制移 行や中央銀行の信頼性獲得により米金融政策などの外部ショックに対する耐性が高まっていること等が、新興国投資 を長期的にサポートするものと考えています。また、相対的に高い利回り水準や、年初来の価格の調整によりバリュ エーションの観点からも投資妙味が高まっているとみています。しかしながら、成長率の減速が見込まれる環境下に おけるポピュリズムの台頭リスクの増大と、各国の通商政策に関する不確実性の高まりに引き続き注意が必要と考 えます。このような環境下、新興国債券への投資に際して、各国の通商政策が与える影響を見極め、国別での選別 投資が引き続き重要であると考えます
さらに見せる

10 さらに読み込む

ファンドのポイントフ 1 平均利回りの維持をめざす 2 世界のさまざまな債券を組み合わせ ポートフォリオの組入資産の平均利回りを約 に維持することをめざします 上記の利回り水準は本資料作成時点における水準であり 将来変更される場合があります また 将来の利回りが上記水準に維持されることを保証するもの

ファンドのポイントフ 1 平均利回りの維持をめざす 2 世界のさまざまな債券を組み合わせ ポートフォリオの組入資産の平均利回りを約 に維持することをめざします 上記の利回り水準は本資料作成時点における水準であり 将来変更される場合があります また 将来の利回りが上記水準に維持されることを保証するもの

債券への投資に、期限前償還リスクが伴います。期限前償還と予定された定期償還のみならず、元本の一部または全部が予定外の 事情によって償還されることをいい、期限前償還によって見込まれた収益が得られない場合があります。 新興国債券への投資リスク 新興国市場への投資に、先進国の市場への投資と比較して、カントリー・リスクの中でも特に次のような留意点があります。すなわち、 財産の収用・国有化等のリスクや社会・政治・経済の不安定要素がより大きいこと、市場規模が小さく取引高が少ないことから流動性が 低く、流動性の高い場合に比べ、市況によって大幅な安値での売却を余儀なくされる可能性があること、為替レートやその他現地通貨 の交換に要するコストの変動が激しいこと、取引の決済制度上の問題、海外との資金決済上の問題等が挙げられます。その他にも、会計 基準の違いから現地の企業に関する十分な情報が得られない、あるいは、一般に金融商品市場における規制がより緩やかである、といった 問題もあります
さらに見せる

8 さらに読み込む

ファンドのポイントフ 1 平均利回りの維持をめざす 2 世界のさまざまな債券を組み合わせ ポートフォリオの組入資産の平均利回りを約 に維持することをめざします 上記の利回り水準は本資料作成時点における水準であり 将来変更される場合があります また 将来の利回りが上記水準に維持されることを保証するもの

ファンドのポイントフ 1 平均利回りの維持をめざす 2 世界のさまざまな債券を組み合わせ ポートフォリオの組入資産の平均利回りを約 に維持することをめざします 上記の利回り水準は本資料作成時点における水準であり 将来変更される場合があります また 将来の利回りが上記水準に維持されることを保証するもの

債券への投資に、期限前償還リスクが伴います。期限前償還と予定された定期償還のみならず、元本の一部または全部が予定外の 事情によって償還されることをいい、期限前償還によって見込まれた収益が得られない場合があります。 新興国債券への投資リスク 新興国市場への投資に、先進国の市場への投資と比較して、カントリー・リスクの中でも特に次のような留意点があります。すなわち、 財産の収用・国有化等のリスクや社会・政治・経済の不安定要素がより大きいこと、市場規模が小さく取引高が少ないことから流動性が 低く、流動性の高い場合に比べ、市況によって大幅な安値での売却を余儀なくされる可能性があること、為替レートやその他現地通貨 の交換に要するコストの変動が激しいこと、取引の決済制度上の問題、海外との資金決済上の問題等が挙げられます。その他にも、会計 基準の違いから現地の企業に関する十分な情報が得られない、あるいは、一般に金融商品市場における規制がより緩やかである、といった 問題もあります
さらに見せる

8 さらに読み込む

投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 組入比率は 当ファンドの純資産総額に対するものです 米ドル建 HY( 為替ヘッジあり )MFのコスト控除前利回りと運用管理費用は 組入 E

投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 組入比率は 当ファンドの純資産総額に対するものです 米ドル建 HY( 為替ヘッジあり )MFのコスト控除前利回りと運用管理費用は 組入 E

米国ジニーメイ債の利回り、米国債金利に連れて上昇しました。 米ドル建て新興国債券に関して、スプレッド(米国債との利回り格差)国によってまちまちの動きとな りました。シリア情勢の緊迫化など地政学リスクへの懸念がスプレッドの拡大要因となった一方で、原油価格 を中心とした資源価格の上昇や、米中貿易摩擦懸念の後退がスプレッドの縮小要因となりました。ロシアで 、米国からの追加制裁の影響を懸念する動きなどが、スプレッドの拡大要因となりました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ファンドの目的 世界主要国の債券を実質的な主要投資対象とし 信用力が高く かつ 相対的に利回りが高い国の債券に投資することにより 利子収益の獲得をめざします ファンドの特色 特色 * 世界の主要国のうち 信用力が高く かつ 相対的に利回りが高い国の債券に投資することにより 利子収益の獲得をめざします

ファンドの目的 世界主要国の債券を実質的な主要投資対象とし 信用力が高く かつ 相対的に利回りが高い国の債券に投資することにより 利子収益の獲得をめざします ファンドの特色 特色 * 世界の主要国のうち 信用力が高く かつ 相対的に利回りが高い国の債券に投資することにより 利子収益の獲得をめざします

上記、過去の実績・状況または作成時点での見通し・分析であり、将来の市場環境の変動や運用状況・成果を示唆・保証 するものでありません。また、為替・税金・手数料等を考慮しておりません。 マザーファンドの設定来の通貨配分と主要国の国債利回りの推移 通貨別・国別投資比率現物債券評価額に対する割合(なお、純資産総額に対する現物債券組入比率97.65%)、格付け別投資比率純資産総額 に対する割合です。国際機関オーストラリアドル建ておよびニュージーランドドル建ての債券です。原則として、個別銘柄格付けを採用して おりますが、例外的に国債、地方債ならびに政府保証債などについて、三菱UFJ国際投信の分類基準に基づいて、ソブリン格付け(国の発行体 格付け)を採用しているものがあります。格付け別投資比率格付投資情報センター(R&I)、日本格付研究所(JCR)、S&P、Moody’ sのうち最も 高い格付けを表示しています
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

米国ジニーメイ債の利回り、米国債につれて低下しました。 米ドル建て新興国債券に関して、スプレッド(米国債との利回り格差)おおむね拡大傾向となりまし た。原油価格が下落したことやFRB高官の発言から米国の利上げ観測が後退し米国債券金利が低下したことな どがスプレッド拡大要因となりました。ロシアで、米国によるロシア企業などへの制裁が発表されたこと、 原油価格の下落やウクライナとの衝突などを背景に、スプレッドが拡大しました。メキシコで、10月下旬に 新空港建設中止が発表されたことをきっかけに政治的不透明感が高まったことや、中央銀行によるインフレ見 通しが上方修正されたことなどがスプレッド拡大要因となりました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

米国ジニーメイ債の利回り、米国債につれて上昇しました。 米ドル建て新興国債券に関して、スプレッド(米国債との利回り格差)おおむね縮小傾向となりまし た。トルコ・リラの反発などを受け新興国に対する投資家センチメントが改善したことなどから、多くの国で スプレッドが縮小しました。トルコで、市場予想を上回る6.25%ポイントの大幅な利上げが実施されたこと で市場の信認が高まり、スプレッド大きく縮小しました。南アフリカで、インフレ率が市場予想を下回る 結果となったことなどを受け、スプレッドが縮小しました。ブラジルで、インフレ率が下振れしたことや新 興国市場への懸念の後退などがスプレッドの縮小要因となりました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

2 / 7 投資対象ファンドの利回りおよび組入比率 投資する債券 ファンド名 コスト控除前利回り *1 *2 運用管理費用 為替ヘッジコスト *3 コスト控除後利回り *4 合計 99.5% 組入比率 日本国債 ダイワ日本国債 MF 住宅金融支援機構債 住宅金融支援機構債ファンド 先進国通貨建債券

米国ジニーメイ債、米国株安などのリスク回避的な環境の中でスプレッドが拡大し、利回り上昇しまし た。 米ドル建て新興国債券に関して、スプレッド(米国債との利回り格差)拡大傾向となりました。米国株 を中心とした世界的な株価下落の中で、市場のリスク回避的な姿勢が強まったことから、多くの国でスプレッ ドが拡大しました。メキシコで、インフレ率が市場予想を上振れしたことや新空港建設をめぐる不透明感な どから、スプレッド拡大しました。南アフリカで、インフレ率が市場予想を上振れしたことや財政見通し が悪化したことなどを受け、スプレッド拡大しました。ブラジルで、大統領選挙で経済政策について市場 から高い評価を得ているボルソナロ氏が勝利したことなどを受け、スプレッド縮小しました。
さらに見せる

7 さらに読み込む

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 世界主要国の債券を実質的な主要投資対象とし 信用力が高く かつ 相対的に利回りが高い国の債券に投資することにより 利子収益の獲得をめざします ファンドの特色 信用力の高い先進国の債券に投資を行い 利子収益の獲得をめざします 投資対象とする債券の種類は 各国の国債

ファンドの目的 特色 ファンドの目的 世界主要国の債券を実質的な主要投資対象とし 信用力が高く かつ 相対的に利回りが高い国の債券に投資することにより 利子収益の獲得をめざします ファンドの特色 信用力の高い先進国の債券に投資を行い 利子収益の獲得をめざします 投資対象とする債券の種類は 各国の国債

アメリカ カナダ ファンドにおける先進国と、原則としてFTSE世界国債インデックスの構成国、および同指数の参考国のうち、投 資対象国として適切と委託会社が判断した国を指します。ただし、将来変更されることがあります。 FTSE世界国債インデックス、FTSE Fixed Income LLCにより運営され、世界主要国の国債の総合収益率を各 市場の時価総額で加重平均した債券インデックスです。FTSE Fixed Income LLC、本ファンドのスポンサーで なく、本ファンドの推奨、販売あるいは販売促進を行っておりません。このインデックスのデータ、情報提供の みを目的としており、FTSE Fixed Income LLC、当該データの正確性および完全性を保証せず、またデータの 誤謬、脱漏または遅延につき何ら責任を負いません。このインデックスに対する著作権等の知的財産その他一切 の権利FTSE Fixed Income LLCに帰属します
さらに見せる

12 さらに読み込む

交付運用報告書 目標利回り追求型債券ファンド(愛称:つみき)  ファンドトップ  ファンド情報  大和証券投資信託委託株式会社 fund doc open

交付運用報告書 目標利回り追求型債券ファンド(愛称:つみき) ファンドトップ ファンド情報 大和証券投資信託委託株式会社 fund doc open

先進国債………FTSE世界国債インデックス(除く日本、円ベース) 新興国債………JPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス−エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド(円ベース) ※指数について ●TOPIX東証が算出・公表し、指数値、商標など一切の権利株式会社東京証券取引所が所有しています。●MSCIコクサイ・インデックス およびMSCIエマージング・マーケット・インデックス、MSCI Inc.が開発した指数です。同指数に対する著作権、知的所有権その他一切の権 利MSCI Inc.に帰属します。またMSCI Inc.、同指数の内容を変更する権利および公表を停止する権利を有しています。●NOMURA−B PI国債、野村證券株式会社が公表する国内で発行された公募利付国債の市場全体の動向を表す投資収益指数で、一定の組み入れ基準に基づいて構 成された国債ポートフォリオのパフォーマンスをもとに算出されます。NOMURA−BPI国債の知的財産権とその他一切の権利野村證券株式会 社に帰属しています。また、同社当該指数の正確性、完全性、有用性を保証するものでなく、ファンドの運用成果等に関して一切責任を負いませ ん。●FTSE世界国債インデックス、FTSE Fixed Income LLCにより運営されている債券インデックスです。同指数FTSE Fixed Income LLC の知的財産であり、指数に関するすべての権利FTSE Fixed Income LLCが有しています。●JPモルガン ガバメント・ボンド・インデックス− エマージング・マーケッツ グローバル ダイバーシファイド、信頼性が高いとみなす情報に基づき作成していますが、J.P. Morganその完全 性・正確性を保証するものでありません。本指数許諾を受けて使用しています。J.P. Morganからの書面による事前承認なしに本指数を複製・使 用・頒布すること認められていません。Copyright 2016, J.P. Morgan Chase & Co. All rights reserved.
さらに見せる

12 さらに読み込む

2018 年 11 月 9 日作成 (2/7) 2018 年 10 月末現在 資産内容 ( 短期 NZドル債マザーファンド ) 比率の合計は100% にならない場合があります 資産特性 国別構成 格付別構成 債券種別構成 デュレーション 2.62 年 国名 比率 格付 比率 種別 比率 直接利回り

2018 年 11 月 9 日作成 (2/7) 2018 年 10 月末現在 資産内容 ( 短期 NZドル債マザーファンド ) 比率の合計は100% にならない場合があります 資産特性 国別構成 格付別構成 債券種別構成 デュレーション 2.62 年 国名 比率 格付 比率 種別 比率 直接利回り

●将来の分配金の支払いおよびその金額について保証するものでありません。 ※資金動向、市況動向等によって、上記のような運用ができない場合があります。 ○当ファンド、マザーファンドを通じて、実質的に債券など値動きのある有価証券等に投資しますので、基準価  額変動します。また、外貨建資産、為替の変動による影響も受けます。したがって、投資家の皆様の投資元  本保証されているものでなく、基準価額の下落により、損失を被り、投資元本を割り込むことがあります。 ○信託財産に生じた利益および損失、すべて受益者に帰属します
さらに見せる

7 さらに読み込む

3 つの魅力 *MLP( マスター リミテッド パートナーシップ ) については 5 ページをご覧ください MLP 投資 * の 1 2 魅力的な配当利回り持続的な配当成長 MLP はキャッシュ フローのほとんどを配当として投資家に還元しています 債券や他の株式セクター等と比較して 相対的に高い配当

3 つの魅力 *MLP( マスター リミテッド パートナーシップ ) については 5 ページをご覧ください MLP 投資 * の 1 2 魅力的な配当利回り持続的な配当成長 MLP はキャッシュ フローのほとんどを配当として投資家に還元しています 債券や他の株式セクター等と比較して 相対的に高い配当

上記インデックスのデータであり、本ファンドの実績でありません。信託報酬等の諸費用考慮されていませんので、ご留意ください。上記の利回り水準、将来大きく変動することがあります。各資産商品性やリスク特性等が異なり、 利回りのみをもって一概に比較できるものでありません。 【各指数について】株式:S&P500種株価指数(配当込み)、国債:ブルームバーグ・バークレイズ米国7-10年国債インデックス、エネルギー・セクター株式:S&Pエネルギー・セクター・セレクト・インデックス(配当込み)、 リート: NAREITオール・エクイティ・リート・インデックス (配当込み)、ハイ・イールド社債:ブルームバーグ・バークレイズ米国コーポレート・ハイ・イールド・インデックス、MLP:アレリアンMLPインデックス (配当込み)
さらに見せる

12 さらに読み込む

追加型投信 / 海外 / 債券資産の状況 当ページの数値はマザーファンドベースです 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 債券 95.08% 短期金融資産等 4.92% 合計 % 対純資産総額比です 直接利回り 8.16 % 最終利回り 8.52 % 残存年数 1.87

追加型投信 / 海外 / 債券資産の状況 当ページの数値はマザーファンドベースです 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 債券 95.08% 短期金融資産等 4.92% 合計 % 対純資産総額比です 直接利回り 8.16 % 最終利回り 8.52 % 残存年数 1.87

債券の価格、一般的に金利低下(上昇)した場合値上がり(値下がり)します。また、発行者の財務状況の変化等及びそれらに関す る外部評価の変化や国内外の経済情勢等により変動します債券価格が下落した場合、基準価額の下落要因となります。 時価総額が小さい、取引量が少ない等流動性が低い市場、あるいは取引規制等の理由から流動性が低下している市場で有価証券等 を売買する場合、市場の実勢と大きく乖離した水準で取引されることがあり、その結果、基準価額の下落要因となる可能性があります。 投資対象国・地域において、政治・経済情勢の変化、外国為替規制、資本規制、税制の変更等の事態が生じた場合、又はそれが予想さ れる場合に、方針に沿った運用が困難になり、基準価額の下落要因となる可能性があります。また、新興国への投資先進国に比 べ、上記のリスクが高まる可能性があります
さらに見せる

8 さらに読み込む

2 / 10 主要な資産の状況 比率は 純資産総額に対するものです 資産別構成 債券種別構成 合計 97.5% 債券ポートフォリオ特性値 資産 銘柄数 比率 種別 比率 直接利回り (%) 外国債券 % 州債等 57.8% 最終利回り (%) 事業債 22.5% 修正デュレーション 国

2 / 10 主要な資産の状況 比率は 純資産総額に対するものです 資産別構成 債券種別構成 合計 97.5% 債券ポートフォリオ特性値 資産 銘柄数 比率 種別 比率 直接利回り (%) 外国債券 % 州債等 57.8% 最終利回り (%) 事業債 22.5% 修正デュレーション 国

当ファンドで、カナダでの年内追加利上げの可能性をみていたことから、金利の上昇(債券価格の下 落)局面に備えるべくデュレーション(金利リスクを表す指標)を4年未満に抑えました。またファンドで 国債よりも利回りが高く、信用力や流動性も国債に準じる州債(カナダ各州が発行する債券)や、相対的に 信用力が高く利回り面でも国債や州債より魅力的な事業債を組み入れることにより、安全面を確保しつつ ファンド利回りを高める運用を行いました。前月末より国債や政府機関債の比率を引き下げた一方で、州債 等の比率を引き上げました。
さらに見せる

10 さらに読み込む

1. 相対的に い利回り 近年アジアのハイ イールド債券の利回りは 国 欧州のハイ イールド債券と 較すると相対的に い利回りとなっています 各国 地域のハイ イールド債券の利回りの推移 30% 25% 20% 15% アジア ハイ イールド債券 米国ハイ イールド債券 欧州ハイ イールド債券 10

1. 相対的に い利回り 近年アジアのハイ イールド債券の利回りは 国 欧州のハイ イールド債券と 較すると相対的に い利回りとなっています 各国 地域のハイ イールド債券の利回りの推移 30% 25% 20% 15% アジア ハイ イールド債券 米国ハイ イールド債券 欧州ハイ イールド債券 10

3.クーポン収入の積み上げ効果 円ヘッジコースの基準価額(税引前分配⾦再投資)の変動要因(下図参照)をみると、ア ジア・ハイ・イールド債券のインカム収入が主なプラス要因として寄与しています。米国国債 等と⽐較して相対的に⾼い利回りが期待できるアジア・ハイ・イールド債券のインカム収入 の積み上げにより、今後も中⻑期的に良好なパフォーマンスが期待できると考えています

10 さらに読み込む

作成基準日 資産の状況 当ページの数値はマザーファンドベースです 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 債券 96.04% 債券先物取引 0.00% 短期金融資産等 3.96% 合計 100.0% 対純資産総額比です ファンド 直接利回り 5.52 % 最終利回り 4.85 % 残存

作成基準日 資産の状況 当ページの数値はマザーファンドベースです 債券評価額には経過利子を含めています 資産内容特性値 債券 96.04% 債券先物取引 0.00% 短期金融資産等 3.96% 合計 100.0% 対純資産総額比です ファンド 直接利回り 5.52 % 最終利回り 4.85 % 残存

基準価額(分配金再投資)、分配金(税引前)を再投資したものとして計算して います。 <本資料のお取扱いにおけるご留意点> ●当資料三井住友トラスト・アセットマネジメントが作成したものであり、金融商品取引法に基づく開示書類でありません。 ●ご購入のお申込みの際最新の投資信託説明書(交付目論見書)の内容を必ずご確認のうえ、ご自身でご判断ください。 ●投資信託値動きのある有価証券等(外貨建資産に為替変動リスクを伴います。)に投資しますので基準価額変動し ます。したがって、投資元本や利回りが保証されるものでありません。ファンドの運用による損益全て投資者の皆様に帰 属します
さらに見せる

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...