個人消費及び海外需要がバラ

Top PDF 個人消費及び海外需要がバラ:

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

マネーフローを分析するための統計としては、 日銀の資金循環勘定有名だ、同統計ではカネ の流れの裏側にあるモノの流れわからない。す なわち、資金過不足は分析できても IS バランスは 分析できない。SNA(国民経済計算)であれば両方 捉えられる、年次ベースのデータしかなく、発 表も遅いという難点ある。本来は一致するはず の資金過不足と IS バランスの統計上の不突合も 無視できないほど大きい。15 年度確報を見ると、 非金融法人企業の IS バランス(純貸出/純借入) 25.3 兆円なのに対し、資金過不足は 40.7 兆円 と、両者の間には実に 15.4 兆円もの乖離ある。 これほどデータ不連続だと、実物取引から金融 取引に至る一連の流れは分析できない。しかし、 法人企業統計を使えば、資金需給関連のデータを 図表 1 に従って組み替えることにより、IS バラン スと資金過不足を、タイムリーにかつ四半期ベー スで把握できる。2 次統計の SNA 、金融取引の 基礎データを日銀に頼っているのと異なり、同一 の一次統計内の組み替えなので、両者の金額はぴ たりと一致する。法人部門というひと括りではな く、業種別、規模別の詳細な分析可能となる点 でも、資金循環勘定や SNA に勝っている。 全規模・全産業の IS バランスは 34.5 兆円
さらに見せる

20 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 夏季賞与の増加などから底堅く推移するも 月例

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 夏季賞与の増加などから底堅く推移するも 月例

景気回復持続も、減税効果逓減で 2019 年は幾分鈍化へ ビジネスラウンドテーブルや全米独立企業連盟(NFIB)実施した企業に対するアンケート調査によ れば、大企業・中小企業ともに今後も雇用を増やす意向示されており、企業規模を問わず、労働需要 強い様子窺える。加えて賃上げについても前向きな姿勢示されているほか、家計のバランスシー トや消費者マインド改善していることなどから、個人消費は引き続き増加基調をたどると予想する。 住宅投資は、人手不足等の供給制約のほか、住宅価格や住宅ローン金利の上昇を受けて家計の住宅取得 能力低下していることから、低調な推移見込まれる。設備投資は、好調な企業収益を背景に増加基 調続くとみるものの、すでに期待成長率から見込まれる需要をカバーできる程度まで資本ストック 積み上がっていると考えられることから、増勢の鈍化を予想する。輸出については、各国との通商交渉 の行方懸念材料だ、基本的には世界景気の回復を背景に緩やかながら増加基調をたどると予想する。
さらに見せる

21 さらに読み込む

平成 24 年度業績の報告 平成24 年度業績の報告( 第 89 期平成 24 年 4 月 1 日 平成 25 年 3 月 31 日 ) 経済金融情勢 当事業年度のわが国経済は 東日本大震災の復興需要やエコカー補助金などの政策効果を背景に個人消費や生産に持ち直しの動きがみられましたが 海外経済の減速

平成 24 年度業績の報告 平成24 年度業績の報告( 第 89 期平成 24 年 4 月 1 日 平成 25 年 3 月 31 日 ) 経済金融情勢 当事業年度のわが国経済は 東日本大震災の復興需要やエコカー補助金などの政策効果を背景に個人消費や生産に持ち直しの動きがみられましたが 海外経済の減速

一方、不良債権は188億19百万円(総与信の4.45%)となり、前年同期末の175億55百万円(総与信の4.26%) と比べ12億64百万円増加しました。また、この不良債権の77.13%(145億16百万円)は、担保・保証等や引当 金で保全されています。残りの43億3百万円につきましては、お取引先の経営状態から直ちに引当を要するもので はありません、仮に貸倒発生した場合でも、当行の自己資本比率算定上の自己資本額(Tier1+Tier2)は278 億75百万円あることから、引当について十分な備えあります。このことから当行の財務内容の健全性をご理解い ただけるものと存じます。
さらに見せる

6 さらに読み込む

高いブランド力 プレミアム企業 が保有するブランドとは 個人消費者をメインターゲットとし 景気変動や個人消費者の嗜好の変化に左右されにくく 継続的に個人消費者から購入される商品 サービスに関連するものが中心となります 競争力のあるブランドは 不況時においても消費者から継続して選ばれる傾向にあるため

高いブランド力 プレミアム企業 が保有するブランドとは 個人消費者をメインターゲットとし 景気変動や個人消費者の嗜好の変化に左右されにくく 継続的に個人消費者から購入される商品 サービスに関連するものが中心となります 競争力のあるブランドは 不況時においても消費者から継続して選ばれる傾向にあるため

<為替ヘッジあり> 投資する株式は、世界各国の現地通貨建等のものとなります。外貨建資産に投資を行いますので、為替変動リスク生じ ます。これらの外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減をはかり ます、 設定 や解約等の資金動向、為替ヘッジのタイミングおよび範囲、ならびに市況動向等の要因により、完全に為替変動リスクを排 除することはできません。また、円金利ヘッジ対象となる外貨建資産の通貨の金利より低い場合、円とヘッジ対象となる 外貨建資産の通貨との金利差相当分のヘッジコストかかることにご留意ください。ただし、為替市場の状況によっては、 金利差相当分以上のヘッジコストとなる場合あります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 賃金の上昇が引き続き鈍いことから 緩慢な回復

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 賃金の上昇が引き続き鈍いことから 緩慢な回復

金融市場では、ECB による金融政策正常化織り込まれはじめ、ドイツ債利回りを中心に長期金利は 上昇、為替はユーロ高方向に推移している。1 月 25 日に行なわれた ECB 理事会後の記者会見では、ドラ ギ総裁は「2018 年内に政策金利を引き上げる可能性は、現状ではほぼゼロ」と述べるなど、市場に拡散 した正常化観測の修正を図る発言も出ている。ECB 金融緩和の「手仕舞い」に本格的に着手するため のハードルは相応に高く、ECB は資産買入れ策を段階的に縮小しながらも実施期限の延長することで、 「ECB はあくまでもハト派」との印象を当面市場に与え続ける必要あるとみられる。ECB による資産 買入れ策は、規模を縮小しつつ年末まで延長されるとみる。また、利上げは 2019 年後半と予想する。 英国景気は減速傾向で推移するとみる
さらに見せる

17 さらに読み込む

平成 27 年度農林水産省 海外種苗需要 流通実態調査委託事業 平成 27 年度 海外種苗需要 流通実態調査 委託事業 報告書 平成 28 年 3 月 公益社団法人農林水産 食品産業技術振興協会 (JATAFF)

平成 27 年度農林水産省 海外種苗需要 流通実態調査委託事業 平成 27 年度 海外種苗需要 流通実態調査 委託事業 報告書 平成 28 年 3 月 公益社団法人農林水産 食品産業技術振興協会 (JATAFF)

科学技術局は種苗の販売に際し、登録必要なナショナルリストの対象植物の指定も 所掌している。現在の対象植物種は、イネ、トウモロコシ(飼料用) 、ダイズ、ラッカセ イ及びバレイショであり、野菜は指定されていない。 対象植物に指定されていない場合であっても、企業からの要請により、ベトナムにおけ る品種の適応性を調査するため、VCU(Value for Cultivation and Use (農業上の有用性 調査))試験を有料で実施している。独立行政法人の植物品種試験センターの全国の農場 のうち、4、5 か所の農場でそれぞれの地域での適応性を調査すること可能である。植 物品種試験センター南部事務所の試験農場では、日本の種苗会社のソルガムの VCU 試験 を実施していた。ソルガムはナショナルリストの対象植物ではなく、ベトナムにおける栽 培特性の調査と、公的な試験データを得るため、出願者依頼したとのことである。この 仕組みは、日本の種苗会社、野菜品種の現地適応性を調査する一つの方法として利用可 能である。現地に足掛かりのない日本の種苗会社、野菜品種を県の種子センターや農家 に売り込む場合に、現地での公的なデータとして使えるとのことである。
さらに見せる

23 さらに読み込む

本稿のポイント における個人消費と所得の動向をみると 所得が対比弱めで推移してきた一方 個人消費の堅調さは並みで推移するなど 所得対比でみた個人消費の堅調さ が目立つ の個人消費の特徴を業態別にみると 百貨店 がに比べて好調である一方 スーパー が弱めの姿となっている また 品目別にみると 衣料品

本稿のポイント における個人消費と所得の動向をみると 所得が対比弱めで推移してきた一方 個人消費の堅調さは並みで推移するなど 所得対比でみた個人消費の堅調さ が目立つ の個人消費の特徴を業態別にみると 百貨店 がに比べて好調である一方 スーパー が弱めの姿となっている また 品目別にみると 衣料品

■ 関西の個人消費の特徴を業態別にみると、 「百貨店」全国に比べて好調である一方、 「スーパー」弱めの姿となっている。また、品目別にみると、 「衣料品」全国対 比強めで推移する一方、 「飲食料品」は相対的に弱めとなっている。 ■ 百貨店好調な背景としては、関西の家計における株式などの金融資産の保有額全 国対比で多いこと挙げられるほか、ここ数年、大阪市内を中心に魅力的な商業施設 の開業相次いだことに伴い、需要喚起されている可能性もある。また、訪日外国 人客や国内他地域からの観光客の増加も、関西における百貨店などの売上を下支えし ている可能性高い。
さらに見せる

7 さらに読み込む

高いブランド力 プレミアム企業 が保有するブランドとは 個人消費者をメインターゲットとし 景気変動や個人消費者の嗜好の変化に左右されにくく 継続的に個人消費者から購入される商品 サービスに関連するものが中心となります 競争力のあるブランドは 不況時においても消費者から継続して選ばれる傾向にあるため

高いブランド力 プレミアム企業 が保有するブランドとは 個人消費者をメインターゲットとし 景気変動や個人消費者の嗜好の変化に左右されにくく 継続的に個人消費者から購入される商品 サービスに関連するものが中心となります 競争力のあるブランドは 不況時においても消費者から継続して選ばれる傾向にあるため

●為替変動リスク <為替ヘッジあり> 投資する株式は、世界各国の現地通貨建等のものとなります。外貨建資産に投資を行いますので、為替変動リスク生じます。 これらの外貨建資産については、原則として対円で為替ヘッジを行い、為替変動リスクの低減をはかります、設定や解約等の 資金動向、為替ヘッジのタイミングおよび範囲、ならびに市況動向等の要因により、完全に為替変動リスクを排除することはでき ません。また、円金利ヘッジ対象となる外貨建資産の通貨の金利より低い場合、円とヘッジ対象となる外貨建資産の通貨との 金利差相当分のヘッジコストかかることにご留意ください。ただし、為替市場の状況によっては、金利差相当分のヘッジコスト とならない場合あります。
さらに見せる

11 さらに読み込む

記載例 ( 決算書 1 ページ ) 決算書にマイナンバー ( 個人番号 ) の記入は不要です 損益計算書 収 入 金 額 消費税の課税事業者が 消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 といいます ) の経理処理を税込経理方式によっている場合に消費税等の還付税額があるときは その還付税額 ( 還付税

記載例 ( 決算書 1 ページ ) 決算書にマイナンバー ( 個人番号 ) の記入は不要です 損益計算書 収 入 金 額 消費税の課税事業者が 消費税及び地方消費税 ( 以下 消費税等 といいます ) の経理処理を税込経理方式によっている場合に消費税等の還付税額があるときは その還付税額 ( 還付税

不動産所得を生ずべき事業を行う民法上の組合等(外国におけるこれに類するものを含み ます。)の個人組合員(組合事業に係る重要な業務の執行の決定に関与し、契約を締結す るための交渉等を自ら執行する個人組合員を除きます。)又は信託の受益者は、組合事業 又は信託から生じた不動産所得の損失について、生じなかったものとみなされます。

8 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 堅調な海外景気や 非製造業の投資需要 の高まりなどが後押しし 内外需足並みの揃った緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 持ち直しの動きが続いている 今後は

では、内部留保は何に活用されているのかと言う と、16 年度は固定資産の株式 15 年度から+31.1 兆円と、内部留保の増分に相当する増加となってい るの目を引く。固定資産の株式ということは、大 半は子会社、関連会社の株式である。長期的に見て もこのトレンドは変わらない。バブル崩壊後、内部 留保最も減少したのは、日本の金融危機深刻化 した 98 年度の 131 兆円である。16 年度の内部留保 は当時との比較では+275 兆円と、300 兆円近く増 えている、固定資産の株式もこの間 209 兆円増え ている(図表 5)。これは、企業積極的な M&A 戦略 を展開してきた結果である。一方で、負債は 82 兆 円減少しており、この両者で内部留保の増加分にほ ぼ 相当 する。 前述の とお り、内 部留保 の使 途 1 対 1 で資産サイドの各項目と紐付けできるわけで はない、内部留保を何使ったと言う問いには、8 割は M&A 資金、2 割は負債の返済との答え方も可能 である。性質上、M&A の主体は主に大企業であり、 この点、財界の「企業は内部留保をきちんと投資に 回している」という主張間違っているわけではな い。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2. 個別部門の動向 : 家計部門 三重県経済の現状と見通し 211/ 個人消費 低調 個人消費は 低調 まず 家計調査 より 個人消費の動向を支出者側からみると ( 図表 1) 3 月の勤労者世帯消費支出 ( 津市 ) は前年比 1.4% と 震災後で消費マインドの低下が懸念されたものの 小幅な減

2. 個別部門の動向 : 家計部門 三重県経済の現状と見通し 211/ 個人消費 低調 個人消費は 低調 まず 家計調査 より 個人消費の動向を支出者側からみると ( 図表 1) 3 月の勤労者世帯消費支出 ( 津市 ) は前年比 1.4% と 震災後で消費マインドの低下が懸念されたものの 小幅な減

○まず、『家計調査』より、個人消費の動向を支出者側からみると(図表1)、3月の勤労者世帯消費支出(津市)   は前年比▲1.4%と、震災後で消費マインドの低下懸念されたものの、小幅な減少。費目別にみると、被   服・履物(同▲32.4%)など不要不急の品目は低迷した反面、食料(同+8.9%)など生活必需品は堅調。 ○その一方、『大型小売店販売』より、個人消費の動向を販売者側からみると(図表2)、3月の大型小売店販売   額(百貨店とスーパーの合計額)は、全店で前年比▲3.3%、既存店で同▲3.0%と、再びマイナス。花粉の   飛散量比較的多かったことから、スーパーでは花粉症関連グッズの売れ行き好調だったほか、震災の影   響でミネラルウォーターやカップラーメンといった飲食料品、乾電池や懐中電灯といった防災グッズなどのまと   め買い需要膨らんだものの、百貨店では宝飾品など高額商品の売れ行き落ち込み。
さらに見せる

9 さらに読み込む

個人消費活性化に対する企業の意識調査

個人消費活性化に対する企業の意識調査

当レポートの著作権は株式会社帝国データバンクに帰属します。 当レポートはプレスリリース用資料として作成しております。報道目的以外の利用につきましては、著作権法 の範囲内でご利用いただき、私的利用を超えた複製および転載を固く禁じます。 業界 大企業 中小企業(小規模企業を含む) 小規模企業 製造業その他の業界 「資本金3億円を超える」 かつ 「従業員数300人を超える」 「資本金3億円以下」 または 「従業員300人以下」 「従業員20人以下」 卸売業 「資本金1億円を超える」 かつ 「従業員数100人を超える」 「資本金1億円以下」 または 「従業員数100人以下」 「従業員5人以下」 小売業 「資本金5千万円を超える」 かつ 「従業員50人を超える」 「資本金5千万円以下」 または 「従業員50人以下」 「従業員5人以下」 サービス業 「資本金5千万円を超える」 かつ 「従業員100人を超える」 「資本金5千万円以下」 または 「従業員100人以下」 「従業員5人以下」 注1:中小企業基本法で小規模企業を除く中小企業に分類される企業のなかで、業種別の全国売上高ランキング上位3%の企業を大企業として区分
さらに見せる

6 さらに読み込む

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

Microsoft Word - 2(2)個人消費改

新規登録・届出台数は、21 年より始まったエコカー補助金、エコカー減税などの政策に よりそれまで続いていた低下傾向から増加に転じた、エコカー補助金制度終了すると その反動で大幅な減少となった。さらに 23 年3月に発生した東日本大震災でサプライチェ ーン寸断され、供給制約生じたことにより 23 年前半は減少幅拡大した。23 年第Ⅲ 四半期からは徐々に供給制約解消されたことで減少幅は縮小し、第Ⅳ四半期からは前年 の販売落ち込みの反動や 12 月のエコカー補助金制度の復活などにより前年同期比 23.0% の増加となった。24 年第Ⅰ四半期は同 43.2%、第Ⅱ四半期は同 64.9%と大幅な増加とな った。しかし、9月下旬に補助金終了したことから第Ⅲ四半期は同 13.8%増と増加幅 縮小し、第Ⅳ四半期には同 2.8%の減少となった。22 年の前回補助金終了間際には駆け込 み需要殺到した、今回はそのような動きはみられず、補助金終了後の大幅な落ち込み にはならなかった。
さらに見せる

6 さらに読み込む

背景 課題 地方創生 北海道経済の好循環を実現するためには インバウンド観光客の誘客 海外における商品 サービスの販売等 海外需要を獲得していくことが一つの鍵であり 海外消費者に対する魅力発信をいかに効果的に行うかが重要なポイント 北海道では多くのメディア関連企業が 海外に向けた北海道の魅力発信に取

背景 課題 地方創生 北海道経済の好循環を実現するためには インバウンド観光客の誘客 海外における商品 サービスの販売等 海外需要を獲得していくことが一つの鍵であり 海外消費者に対する魅力発信をいかに効果的に行うかが重要なポイント 北海道では多くのメディア関連企業が 海外に向けた北海道の魅力発信に取

・ メディアチャネルを活用した商品・サービスのプレマーケティング等、新たな機能をどの様に創出するか ・ 海外消費者に対する訴求力を高めるために、現地プロダクションとの関係性をどの様に強化するか ○ プロモーションの導線設計 ・ 各メディアの強み・役割を掛け合わせ、購買・消費に至るまでの「仕掛け(=クロスメディア)」をどの様にデザインするか

7 さらに読み込む

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 海外景気が腰折れするとは考えておらず 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 耐久消費財の買い替えサイ

日本 経済情勢概況 ( 取り消し線は 前回から削除した箇所 下線は追加した箇所 ) 日本経済は 緩やかな回復傾向で推移している 今後も 海外景気が腰折れするとは考えておらず 企業業績の改善を受けた設備投資需要の高まりなどを背景に 緩やかな景気回復が続くと予想する 個人消費は 耐久消費財の買い替えサイ

英国の 7-9 月期の実質 GDP 成長率(速報値)は前期比+0.6%と、4-6 月期の同+0.4%から伸び幅 拡大した。個人消費の回復に加え、米国向け輸出増加したこと主な要因である。個人消費の伸び の背景には、猛暑による一時的な押上げ効果のほか、雇用・所得環境の改善寄与したとみられる。今 後も、労働需給のひっ迫を背景に賃金上昇率の加速期待され、個人消費は回復傾向続くと見込まれ る。11 月 13 日から 14 日にかけ、英-EU 間で離脱案について事務レベルでの合意なされ、英国国内 でも閣議決定なされた。今後は、離脱案を英国議会承認するか焦点となる。連立与党で辛うじて 過半数を維持しているメイ政権にとり、議会承認は難航予想される、最終的には合意無き離脱を避 けたい野党党員の票を取り込む等の根回しを経て法案は成立、激変緩和措置である 2020 年末までの移 行期間に進むと予想する。BOE は 2019 年 6 月に利上げを行なうと予想する、「合意無き離脱」となっ た場合の金融政策スタンスは、現在のところ BOE 自身保留している。(担当:久保、木下)
さらに見せる

18 さらに読み込む

平成 29 年度事業計画 最近の我が国の経済は 雇用 所得環境が改善し 緩やかな回復基調が続いているが 個人消費及び民間設備投資は 所得 収益の伸びと比べ力強さを欠いた状況となっている 本県経済も 個人消費は力強さを欠くものの持ち直してきているとともに 雇用情勢は着実に改善しており 全体として緩やか

平成 29 年度事業計画 最近の我が国の経済は 雇用 所得環境が改善し 緩やかな回復基調が続いているが 個人消費及び民間設備投資は 所得 収益の伸びと比べ力強さを欠いた状況となっている 本県経済も 個人消費は力強さを欠くものの持ち直してきているとともに 雇用情勢は着実に改善しており 全体として緩やか

こうした経済情勢を背景に、国では、中小企業等の活性化をめざす内外需要 開拓と地域未来投資などを含む平成29年度予算案を示した。 また、県では、あらゆる産業分野において、生産性向上や競争力強化を図る ため、山形ならではのイノベーション創出を支援することとした。本県の産業 を支える中小企業に対しては、きめ細かな支援により「メイドイン山形」の付 加価値の高い製品やサービスを創出する産業の振興を図ることとした。
さらに見せる

14 さらに読み込む

( 本稿のポイント ) 関西の実質輸出は スマホ市場や新興国経済の減速を背景に このところ横ばい圏内の動きとなっているが そうした中でも 食料品及び直接消費財や非耐久消費財は大幅に増加しているほか 耐久消費財も堅調に推移している 消費財の実質輸出が伸びている背景としては 海外の個人消費が相対的に堅調

( 本稿のポイント ) 関西の実質輸出は スマホ市場や新興国経済の減速を背景に このところ横ばい圏内の動きとなっているが そうした中でも 食料品及び直接消費財や非耐久消費財は大幅に増加しているほか 耐久消費財も堅調に推移している 消費財の実質輸出が伸びている背景としては 海外の個人消費が相対的に堅調

こうした増加品目の多くは、訪日外国人客日本滞在中に購入して最も満足 した商品と一致している(図表5(1))。また、訪日外国人客これらの商品 に満足した理由をみると、 「品質良いから」 、 「美味しいから」 、 「日本製だから」 といった回答目立っている(図表5(2))。このように、特定の財の実質輸 出大幅に増えている背景には、訪日外国人客増加し、 「メイド・イン・ジャ パン」製品に接する機会増える中で、安心、安全で高品質な同製品に対する 評価高まっていることも影響していると考えられる。すなわち、訪日外国人 客によるインバウンド消費と「メイド・イン・ジャパン」消費財の輸出は相乗 的に増加している可能性ある。
さらに見せる

9 さらに読み込む

海外調査報告書 2 フィンランドにおける消費者教育

海外調査報告書 2 フィンランドにおける消費者教育

このような消費者教育の理念は、フィンランドの学校教育におけるコアカリキュラ ムに反映されており、教育現場を通じて児童生徒に教育されている。例えば、基礎教 育課程のコアカリキュラムには、 「メディア技術とコミュニケーション」、 「市民参加」、 「環境、福祉、持続可能な将来への責任」 、 「人間と技術」など横断的なテーマとし て取り上げられ、上級中等学校においても「持続的な発展」、 「技術と社会」 、 「コミュ ニケーションとメディア活用能力」などコアカリキュラムに含まれている。この中 では、消費者の権利のみでなく、消費者の市民としての責任同時に取り上げられて おり、メディアや技術の活用のみでなく、批判的な思考を含めた要素も盛り込まれて いる。また、成人に対しても、生涯学習成人教育センター等で多様なプログラム 提供されており、学びたい人学びたいときに学ぶ環境整備されている。
さらに見せる

14 さらに読み込む

電通総研がインドの中小個人商店主および消費者への定量調査を実施

電通総研がインドの中小個人商店主および消費者への定量調査を実施

インド市場に新たに参入する際に有効なのは、日本の昭和 40 年前後のマス・マーケティング 消費者にブランドや商品名を知ってもらい、消費者に自ら「欲しい」と近所の店に言ってもら えるほどの支持を得るためには、大規模かつ集中的なコミュニケーション必要である。 また導入初期では、マージンなどの取引条件で小売店に配慮し、取扱い店舗を可能な限り増や

7 さらに読み込む

EY海外個人所得税  国別アップデートシリーズ 3 アメリカ・ブラジル個人所得税セミナー

EY海外個人所得税  国別アップデートシリーズ 3 アメリカ・ブラジル個人所得税セミナー

ブラジル非居住者と見なされるための正式な手続き ► 個人がブラジルから最終的に帰国またはブラジルを12ヶ月以上離れる場 合には非居住納税者と見なされるための手続きが必要 ► 2010年2月の国税庁の通達1008番により新しく非居住者となるための手 続きが制定 ► 出国連絡 期日: 個人が出国した年の翌年2月末 必要な情報: 納税者の氏名、納税者番号、代理人情報、ブラジル[r]

85 さらに読み込む

Show all 10000 documents...