件、訪問看護ステーション利用者調査の有効回

Top PDF 件、訪問看護ステーション利用者調査の有効回:

看護ステーションの緩和ケア又は褥瘡ケア に係る専門の研修を受けた看護師が 他の訪問看護ステーションの看護師等又は当該利用者の在宅療養を担う保険医療機関の看護師等と共同して同一日に指定訪問看護を行った場合に 当該利用者 1 人について それぞれ月 主治医から交付を受けた訪問看護指示書及び訪問看護計画書

看護ステーションの緩和ケア又は褥瘡ケア に係る専門の研修を受けた看護師が 他の訪問看護ステーションの看護師等又は当該利用者の在宅療養を担う保険医療機関の看護師等と共同して同一日に指定訪問看護を行った場合に 当該利用者 1 人について それぞれ月 主治医から交付を受けた訪問看護指示書及び訪問看護計画書

ロ 24時間連絡体制加算 2,500円 【注見直し】 注4 指定訪問看護を受けようとするであって 注4 指定訪問看護を受けようとするであって 、保険医療機関又は介護老人保健施設に入院 、保険医療機関又は介護老人保健施設若しく 中又は入所中もの退院又は退所に当たり は介護医療院に入院中又は入所中もの退 、当該訪問看護ステーション看護師等(准 院又は退所に当たり、当該訪問看護ステーシ 看護師を除く。)が、当該保険医療機関若し ョン看護師等(准看護師を除く。)が、当 くは介護老人保健施設主治医又は職員と共 該保険医療機関、介護老人保健施設又は介護 同し、当該又はその看護に当たっている 医療院主治医又は職員と共同し、当該又 に対して、在宅で療養上必要な指導を行い はその看護に当たっているに対して、在宅 、その内容を文書により提供した場合には、 で療養上必要な指導を行い、その内容を文 退院又は退所後最初指定訪問看護が行わ 書により提供した場合には、退院又は退所後 れた際に、退院時共同指導加算として、当該 最初指定訪問看護が行われた際に、退院 退院又は退所につき1に限り6,000円を所 時共同指導加算として、当該退院又は退所に 定額に加算する。ただし、区分番号01注 つき1に限り8,000円を所定額に加算す 1に規定する別に厚生労働大臣が定める疾病 る。ただし、区分番号01注1に規定する 等利用については、当該退院又は退所に 別に厚生労働大臣が定める疾病等利用に つき2に限り加算できる。 ついては、当該退院又は退所につき2に限
さらに見せる

16 さらに読み込む

重要事項説明書 ( 訪問看護 ) 1. 事業所の概要 事業所名金内メディカル訪問看護 リハビリテーションステーション 所在地 東京都新宿区北新宿 1 丁目 4 番 7 号 ホクシンビル 5 階 事業所指定番号 連絡先電話 : サービス提

重要事項説明書 ( 訪問看護 ) 1. 事業所の概要 事業所名金内メディカル訪問看護 リハビリテーションステーション 所在地 東京都新宿区北新宿 1 丁目 4 番 7 号 ホクシンビル 5 階 事業所指定番号 連絡先電話 : サービス提

1 事業は、サービスを提供する上で知り得た利用及びその家族に関する秘密・個人情報に ついては、利用または第三者生命、身体等に危険がある場合等正当な理由がある場合を除 いて、契約中及び契約終了後、第三に漏らすことはありません。 2 あらかじめ文書により利用や家族同意を得た場合、前項規定に関わらず、一定条件 下で個人情報を利用できるものとします。
さらに見せる

12 さらに読み込む

1. 研修概要第 1 回平成 28 年 9 月 16 日 ( 金 )18 時 30 分 ~20 時 ( 江東区医師会館 ) テーマ小児の訪問看護と訪問介護の連携講師西村あをい ( 江東区医師会訪問看護ステーション小児訪問看護コーテ ィネーター ) 高館麻貴 ( 訪問介護 障碍者 ( 児 ) 支援事業

1. 研修概要第 1 回平成 28 年 9 月 16 日 ( 金 )18 時 30 分 ~20 時 ( 江東区医師会館 ) テーマ小児の訪問看護と訪問介護の連携講師西村あをい ( 江東区医師会訪問看護ステーション小児訪問看護コーテ ィネーター ) 高館麻貴 ( 訪問介護 障碍者 ( 児 ) 支援事業

そして 4 目と 5 研修会終了後に、今後希望する研修会テーマを参加に尋ね たところ、「次年度も多職交流場や研修会を開催して欲しい」「家族をエンパワメントす るケア具体例を知りたい」「家族話を聴くような研修会は引き続き行ってほしい」「医 療的ケア手技に関する研修会を希望する」「小児在宅医療を取り巻く支援体制など、家族 が使える制度(社会資源)研修会を開催してほしい」「小児在宅医療に少しでも関心を持 つヘルパーを増やすために、ヘルパー対象、または利用対象研修会を希望する」と言 うような意見が寄せられた。この意見を参考にしながら次年度も多く人達に関心を持っ てもらえるように多職種合同研修会を開催し、小児在宅医療推進事業を継続していきたい と考えている。
さらに見せる

12 さらに読み込む

同一建物に居住する利用者の減算 特別地域加算 前年度の 1 月あたりの平均実利用者数の分かる書類 ( 地域に関する状況 ) 1 訪問看護ステーション ( 規模に関する状況 ) 前年度の 1 月あたりの平均延訪問回数の分かる書類 13 訪問看護 2 病院又は診療所 3 定期巡回 随時対応サービス連携

同一建物に居住する利用者の減算 特別地域加算 前年度の 1 月あたりの平均実利用者数の分かる書類 ( 地域に関する状況 ) 1 訪問看護ステーション ( 規模に関する状況 ) 前年度の 1 月あたりの平均延訪問回数の分かる書類 13 訪問看護 2 病院又は診療所 3 定期巡回 随時対応サービス連携

※勤務表については任意書式でも構いませんが,必要な情報(職員常勤/非常勤,専従/兼務,資格有無,常勤換算数等)が網羅されるよう留意して下さい。 施設等区分 人員配置区分 加算名 同一建物に居住する利用減算 定期巡回・随時対応サービスに関する状況

10 さらに読み込む

白十字訪問看護ステーションの概要 訪問看護における退院支援 訪問看護師として利用者の意思決定をどう支えるか 事例紹介 80 代 女性 肺癌 骨転移 肝転移 質疑応答 Q. どんなことを退院時サマリーに記載した方が良いか? A. 医師からの病状説明内容と 患者 家族の受け止め Q. 在宅に移行する際

白十字訪問看護ステーションの概要 訪問看護における退院支援 訪問看護師として利用者の意思決定をどう支えるか 事例紹介 80 代 女性 肺癌 骨転移 肝転移 質疑応答 Q. どんなことを退院時サマリーに記載した方が良いか? A. 医師からの病状説明内容と 患者 家族の受け止め Q. 在宅に移行する際

3 日常業務を振り返り、反省点を見つけることができ、また今後業務に活かしたいと思いました。 4 意思決定支援についていろいろお話を伺えて非常によかった。その方想いによりそうことを改めて考えました。ご本 人意思決定とご家族意向についていつも考えます。 5 意思決定支援はプロセスであり、Ct 揺れと共に在ることが大切と学んだ 6 意思決定支援は日ごろ考えることがたくさんあり、とても有意義な講義でした。
さらに見せる

6 さらに読み込む

看護職員が看護補助者との同行訪問により訪問看護を実施する場合 利用者の身体的理由においても算定可能になりました 算定対象 1 別表第七に掲げる者 ( 厚生労働大臣が定める疾病等 2 表第八に掲げる者 ( 特別管理加算の対象者 ) 3 特別訪問看護指示書による訪問看護を受けている者 4 暴力行為 著し

看護職員が看護補助者との同行訪問により訪問看護を実施する場合 利用者の身体的理由においても算定可能になりました 算定対象 1 別表第七に掲げる者 ( 厚生労働大臣が定める疾病等 2 表第八に掲げる者 ( 特別管理加算の対象者 ) 3 特別訪問看護指示書による訪問看護を受けている者 4 暴力行為 著し

② 24 時間対応体制 加算を届け出ていること。訪問看護ステーションと同一開設で同一敷地 内に医療機関がある場合は、営業時間外利用・家族から電話等による看護に関する 相談へ対応は、当該医療機関看護師が行うことができる。 ③ 別表第七、別表第八に該当する又は重症な精神科疾患 を有するが 月に 10 人以上 いるこ

6 さらに読み込む

訪問看護ステーションにおける安全性及び安定的なサービス提供の確保に関する調査研究事業報告書

訪問看護ステーションにおける安全性及び安定的なサービス提供の確保に関する調査研究事業報告書

134 ② 医療安全を向上させるため取り組みへ積極的性 医療安全を向上させるため取り組みを積極的におこなっているかどうかについては、 「 (強く) そう思う」 (積極的群)と回答したステーションは 226 か所(48.5%)、「(全く)そう思わない∼ どちらともいえない」 (非積極的群)は 240 か所(51.5%)であった。医療安全を向上させるため 取り組みに積極的な群は、非積極的な群に比べて、 「看護師として、ステーション管理として 経験年数が長く、はじめて訪問看護ステーションになる前に内部研修、実地研修」を有意に行 っていた。また、 「事業所内相談支援体制や技術向上機会があり」 、 「事業所内に手洗い専用 洗面所があり、器具や環境等に適用する消毒薬を保有」していた。さらに、 「看護職員実人数が 多く」 、 「事務職員を配置」していた。サービス提供内容としては、 「特別管理加算・ターミナルケ ア加算算定患者数」が有意に多かった。リスクマネジメントと関連については、 「インシデン トやアクシデント等定期的な集計と検討」 、 「医療廃棄物処理・医療安全対策といったマニュア ルが整備」され、その他安全文化に関連する内容が関連した。
さらに見せる

143 さらに読み込む

5. がん患者さんの在宅医療 介護等の基礎知識 財団法人名古屋市療養サービス事業団名古屋市西区訪問看護ステーション所長訪問看護認定看護師村井満美子 講義の狙い がん患者さんの在宅医療と在宅医療 療養を支える資源について学ぶ 訪問看護の利用の仕方について学ぶ 事例を通してより良い在宅医療のあり方を学ぶ

5. がん患者さんの在宅医療 介護等の基礎知識 財団法人名古屋市療養サービス事業団名古屋市西区訪問看護ステーション所長訪問看護認定看護師村井満美子 講義の狙い がん患者さんの在宅医療と在宅医療 療養を支える資源について学ぶ 訪問看護の利用の仕方について学ぶ 事例を通してより良い在宅医療のあり方を学ぶ

このうち「訪問診療」とは、通院困難な患者さん に対して、患者さん同意を得て、計画的な医学管 理下に定期的な訪問(月に最低 2 )をして診療 を行うことです。また、 「訪問看護」は、疾病又は負 傷により居宅において継続して療養を受ける状態に あるに対し、その居宅において看護師等が行 う療養上世話又は必要な診療補助を言います。

6 さらに読み込む

別表 訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法 通則 1 健康保険法 ( 以下 健保法 という ) 第 88 条第 4 項に規定する指定訪問看護及び高齢者の医療の 確保に関する法律第 78 条第 4 項に規定する指定訪問看護 ( 以下 指定訪問看護 と総称する ) の費 用の額は 1によ

別表 訪問看護療養費に係る指定訪問看護の費用の額の算定方法 通則 1 健康保険法 ( 以下 健保法 という ) 第 88 条第 4 項に規定する指定訪問看護及び高齢者の医療の 確保に関する法律第 78 条第 4 項に規定する指定訪問看護 ( 以下 指定訪問看護 と総称する ) の費 用の額は 1によ

4 指定訪問看護を受けようとするが主治医所属する保険医療機関又は介護老人保健施設に 入院中又は入所中である場合において、その退院又は退所に当たって、当該訪問看護ステーシ ョン看護師等(准看護師を除く。)が、当該主治医又はその所属する保険医療機関若しくは 介護老人保健施設職員と共同し、当該指定訪問看護を受けようとする又はその看護に当た っているに対して、在宅で療養上必要な指導を行い、その内容を文書により提供した場合 には、初日指定訪問看護が行われたときに、退院時共同指導加算として、当該退院又は退所 につき1に限り所定額に6,000円を加算する。ただし、別に厚生労働大臣が定める疾病等利 用及び別に厚生労働大臣が定める状態等にある利用については、当該退院又は退所につき 2に限り加算できる。
さらに見せる

26 さらに読み込む

「訪問看護ステーションの基準に係る届出に関する手続きの取扱いについて」(平成26年3月5日保医発0305第15号)

「訪問看護ステーションの基準に係る届出に関する手続きの取扱いについて」(平成26年3月5日保医発0305第15号)

て 、 遅 滞 な く 変 更 届 出 を 行 わ せ る こ と 。 2 届 出 受 理 を 行 っ た 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン に つ い て は 、 適 宜 調 査 を 行 い 、 届 出 と 内 容 が 異 な る 状 況 に あ る 場 合 に は 届 出 変 更 を 行 う な ど 運 用 適 正 を 期 す こ と 。 3 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン 基 準 に 適 合 し な い こ と が 判 明 し 、 所 要 指 導 上 、 な お 改 善 が 見 ら れ な い 場 合 は 、 当 該 届 出 は 無 効 と な る も で あ る が 、 そ 際 に は 当 該 訪 問 看 護 ス テ ー シ ョ ン に 係 る 指 定 訪 問 看 護 事 業 に 弁 明 を 行 う 機 会 を 与 え る こ と 。
さらに見せる

17 さらに読み込む

医療保険 共通 訪問者保健師 看護師 准看護師 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 助産師 ( 医療保険のみ ) 看護補助者 主治医が交付した訪問看護指示書に基づいて 上記の訪問者が訪問看護を行なう 医療保険 対象者 による訪問看護の対象外の者 の被保険者で 要介護認定を受けた者 の対象者であっても

医療保険 共通 訪問者保健師 看護師 准看護師 理学療法士 作業療法士 言語聴覚士 助産師 ( 医療保険のみ ) 看護補助者 主治医が交付した訪問看護指示書に基づいて 上記の訪問者が訪問看護を行なう 医療保険 対象者 による訪問看護の対象外の者 の被保険者で 要介護認定を受けた者 の対象者であっても

訪問看護管理療養費/日 初回加算 300単位(月1)   ・指定訪問看護を行うにつき安全な提供体制が ・新規に訪問看護計画を作成した利用に対して、    整備されている訪問看護ステーションである 訪問看護を提供した場合   ・当該利用に係る(精神科)訪問看護計画書及び   ※要支援・要介護間で介護度が変更になり、    (精神科)訪問看護報告書を当該利用     訪問看護計画書を作成しなおす場合も算定可能    主治医に対して提出するとともに、   ・初回訪問看護を行った月に算定する
さらに見せる

13 さらに読み込む

届出状況 介護報酬点検項目点検事項点検結果確認書類の解釈頁通院困難な利用者 該当青 P208 通院困難な利用者 主治の医師の指示 ( 訪問看護ステーション ) 主治の医師の指示 ( 医療機関 ) 通院の可否にかかわらず 療養生活を送る上での居宅での支援が不可欠な者 該当対象なし 利用者に関する記録

届出状況 介護報酬点検項目点検事項点検結果確認書類の解釈頁通院困難な利用者 該当青 P208 通院困難な利用者 主治の医師の指示 ( 訪問看護ステーション ) 主治の医師の指示 ( 医療機関 ) 通院の可否にかかわらず 療養生活を送る上での居宅での支援が不可欠な者 該当対象なし 利用者に関する記録

1 すべて看護師等ごとに研修計画作成、実施 □ あり(含予定) 研修計画書(事業計画書) 青P224 2 利用情報、留意事項伝達(利用ADLや意 欲、利用主な訴えやサービス提供時特段要 望、家族を含む環境、前回サービス提供時状 況)、技術指導等会議開催

7 さらに読み込む

訪問看護ステーションvol.1 平成24年度岡山市集団指導資料について(介護保険サービス関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

訪問看護ステーションvol.1 平成24年度岡山市集団指導資料について(介護保険サービス関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

(4)同一時間帯に複数種類訪問サービスを利用した場合取扱いについて ただし、訪 問介護 利用は 同一 時間帯にひとつ訪問サービ スを 利用することを 原則とする。 と訪問看護、又は訪問 介護と訪問リハビリテーションを、 同一利用が同 一時間 帯に利用する場 合は、利用心身 状況や介護内容に応じて、同一時 間帯に利用する ことが 介護ために必 要であると認められる 場合に限り、それぞれサービスに ついてそれぞれ 所定 単位数が算定さ れる。例えば、家庭 浴槽で全身入浴介助をする場合に 、適切なアセス メント (利用につい て、その有する能力、 既に提供を受けている指定居宅サー ビス等その置 かれて いる環境等評 価を通じて利用が現 に抱える問題点を明らかにし、利用 が自立した日 常生活 を営むことがで
さらに見せる

46 さらに読み込む

安心を支える訪問看護サービスガイド を改訂した場合は ホームページ かっちぇて にてお知らせいたします 安心を支える訪問看護サービスガイド 平成 29 年 10 月 1 日初版発行 監修 長崎県訪問看護ステーション連絡協議会県北ブロック 作成者 発行者 佐世保市在宅医療 介護連携協議会 ( 佐世保市

安心を支える訪問看護サービスガイド を改訂した場合は ホームページ かっちぇて にてお知らせいたします 安心を支える訪問看護サービスガイド 平成 29 年 10 月 1 日初版発行 監修 長崎県訪問看護ステーション連絡協議会県北ブロック 作成者 発行者 佐世保市在宅医療 介護連携協議会 ( 佐世保市

 介護保険で訪問看護利用し週3点滴注射を行う場合も、3点滴を実施した日に、在宅患者 訪問点滴注射管理指導料を算定できます。 (補足)  訪問看護ステーション訪問看護指示書を交付した主治医が、当該患者に対して衛生材料又は保険 医療材料費用が包括されている在宅療養指導管理料等を算定していない場合であって、在宅療養に おいて必要かつ十分な量衛生材料又は保険医療材料を提供したときに、訪問看護指示料加算として 「衛生材料等提供加算」を算定できます。
さらに見せる

37 さらに読み込む

ふれあい訪問看護ステーション重要事項説明書

ふれあい訪問看護ステーション重要事項説明書

③サービス提供際は、事故やトラブルを避けるために次事項にご留意下さい。 1)看護師等は、年金管理・金銭借貸等、金銭取扱いは行いません。 2)看護師等は、介護保険制度にて利用心身機能維持回復ために、療養世話や診療 補助を行います。また、理学療法士、作業療法士は理学療法、作業療法を行うこととされてい ます。それ以外業務(掃除・洗濯等家事)を行うことは出来ません。
さらに見せる

9 さらに読み込む

じよくそう 看護ステーションの緩和ケア又は褥瘡ケア に係る専門の研修を受けた看護師が 他の訪問看護ステーションの看護師等又は当該利用者の在宅療養を担う保険医療機関の看護師等と共同して同一日に指定訪問看護を行った場合に 当該利用者 1 人について それぞれ月 主治医から交付を受けた訪問看護指示書及び訪

じよくそう 看護ステーションの緩和ケア又は褥瘡ケア に係る専門の研修を受けた看護師が 他の訪問看護ステーションの看護師等又は当該利用者の在宅療養を担う保険医療機関の看護師等と共同して同一日に指定訪問看護を行った場合に 当該利用者 1 人について それぞれ月 主治医から交付を受けた訪問看護指示書及び訪

看護ステーション緩和ケア又は褥 瘡ケア じよくそう 主治医から交付を受けた訪問看護指示書及び に係る専門研修を受けた看護師が、他訪問看護計画書に基づき、別に厚生労働大臣 問看護ステーション看護師等又は当該利用 が定める基準に適合しているものとして地方 在宅療養を担う保険医療機関看護師等 厚生局長等に届け出た訪問看護ステーション と共同して同一日に指定訪問看護を行った場 緩和ケア、褥 瘡ケア又は人工肛門ケア及 じよくそう こう 合に、当該利用1人について、それぞれ月 び人工膀胱ケアに係る専門研修を受けた看 ぼうこう 1を限度として算定する。この場合におい 護師が、他訪問看護ステーション看護師 て、同一日に区分番号02に掲げる訪問看護 若しくは准看護師又は当該利用在宅療養 管理療養費は算定できない。 を担う保険医療機関看護師若しくは准看護 師と共同して同一日に指定訪問看護を行った 場合に、当該利用1人について、それぞれ 月1を限度として算定する。この場合にお いて、同一日に区分番号02に掲げる訪問看 護管理療養費は算定できない。
さらに見せる

46 さらに読み込む

アンケート調査票(訪問看護ステーション管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

アンケート調査票(訪問看護ステーション管理者) 医療・介護の専門機関や市民に対する在宅医療に関する意識調査|岡山市|くらし・手続き|高齢者・障害者・福祉

18.訪問看護負担軽減や業務円滑な遂行ために、以下取り組みは有効だと思いますか。該当するところ□を✔でチェックしてください。 19.在宅患者へ医療・介護サービスを充実させるために、国等が一つ方向性として議論を行っている以下取り組みは有効だと思いますか。該当するところ □を✔でチェックしてください。 1. 訪問看護が今後24時間体制サービス拠点になる □①非常に有効 □②有効 □③あまり効果的ではない □④効果的ではない 2. 訪問看護ステーションは単独型から他サービスと連携型になる □①非常に有効 □②有効 □③あまり効果的ではない □④効果的ではない 3. (訪問看護訪問リハビリ・訪問介護を一つ事業所として役割分担
さらに見せる

4 さらに読み込む

訪問看護事業者総合補償制度のご契約方式 訪問看護基本契約 Ⅰ 訪問看護事業者賠償責任保険 1ステーションあたり 10,000 円 ~ 支払限度額 :1 名 1 事故保険期間中 ご加入いただける事業者訪問看護ステーション 定期巡回 随時対応型訪問介護看護 ( 看護業務のみ ) 看護小規模多機能型居宅介

訪問看護事業者総合補償制度のご契約方式 訪問看護基本契約 Ⅰ 訪問看護事業者賠償責任保険 1ステーションあたり 10,000 円 ~ 支払限度額 :1 名 1 事故保険期間中 ご加入いただける事業者訪問看護ステーション 定期巡回 随時対応型訪問介護看護 ( 看護業務のみ ) 看護小規模多機能型居宅介

(注2)保険金をお支払いする事由有無、保険金をお支払いしない事由有無、保険金算出、保険契約効 力有無、その他引受保険会社がお支払いすべき保険金確定ために確認が必要な事項をいい ます。 (注3)必要な事項確認を行うために、警察など機関捜査結果照会、医療機関など専門機関診断 結果照会、災害救助法が適用された被災地における調査、日本国外における調査等が必要な場合に は、普通保険約款、特別約款および特約に定める日数までに保険金をお支払いします。この場合、引受保 険会社は確認が必要な事項およびその確認を終える時期を被保険または保険金を受け取るべき方に 通知します。
さらに見せる

50 さらに読み込む

訪問看護・訪問リハビリ・居宅療養編(別冊:訪問看護) 平成29年度岡山市集団指導資料(介護保険サービス関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

訪問看護・訪問リハビリ・居宅療養編(別冊:訪問看護) 平成29年度岡山市集団指導資料(介護保険サービス関係)|岡山市|事業者情報|事業を営んでいる方

ア 理学療法士等が訪問看護を提供している利用については、利用状況や実施した看護看護業務一環 としてリハビリテーションを含む)情報を看護職員と理学療法士等が共有するとともに、訪問看護計画書 及び訪問看護報告書について、看護職員と理学療法士等が連携し作成することとする。 イ 訪問看護計画書及び訪問看護報告書作成にあたり、訪問看護サービス利用開始時や利用状態変化 等に合わせた定期的な看護職員による訪問により、利用状態について適切に評価を行うとともに、理学療 法士等による訪問看護はその訪問看護業務一環としてリハビリテーションを中心としたものである場合 に、看護職員代わりにさせる訪問であること等を利用等に説明し、同意を得ることとする。
さらに見せる

52 さらに読み込む

3 在宅療養を支える看護 介護 看 訪問看護ステーション 主治医の指示にもとづいて看護師などがご自宅等へ訪問し 病状の経過観察をはじめ 療養上の世話や診療の補助などの医療サービスを提供する機関です 利用にあたっては 医療保険や介護保険が適用されます 療養上のお世話は 食事や排泄 清潔 褥瘡 ( 床ず

3 在宅療養を支える看護 介護 看 訪問看護ステーション 主治医の指示にもとづいて看護師などがご自宅等へ訪問し 病状の経過観察をはじめ 療養上の世話や診療の補助などの医療サービスを提供する機関です 利用にあたっては 医療保険や介護保険が適用されます 療養上のお世話は 食事や排泄 清潔 褥瘡 ( 床ず

 (医療系ショートステイ) 医療施設等で短期間介護を行います。 ⑩ (介護予防)特定施設入居生活介護 居宅サービス付き有料老人ホーム ⑪ (介護予防)福祉用具貸与 福祉用具貸与を行います。 ⑫ 特定(介護予防)福祉用具販売 介護に必要な福祉用具購入費を支給します(支給限度額 有り)。 ⑬ (介護予防)住宅改修費 手すり取り付けや段差解消等住宅改修費用を支給しま す(支給限度有り)。
さらに見せる

9 さらに読み込む

Show all 10000 documents...