二重化システム 2.16 プログラム

Top PDF 二重化システム 2.16 プログラム:

ANABUS Ethernet システム 二重化設定要領

ANABUS Ethernet システム 二重化設定要領

1.2 ANABUS Ethernet二重化ネットワーク構成 ANABUS Ethernet システムにおいて、二重化に対応している機器は、プロセスガスクロ マトグラフ(GC8000、GC1000 MarkII)、アナライザサーバ(PCAS)、バーチャルテック ソフトウェア(GCVT)、ゲートウェイユニット(ASGW)、インターフェースユニット(ASIU) の 6 機種です。エンジニアリングターミナル(ASET)、EtherLCD は二重化に対応してい ません。また、二重化に対応している機器は、最大 75 台まで接続できます。
さらに見せる

23 さらに読み込む

建築の省エネ診断における空調システムシミュレーションプログラムの開発 [ PDF

建築の省エネ診断における空調システムシミュレーションプログラムの開発 [ PDF

計算対象は同じ構成の 5 室とする。平面図を図 8 に 示す。各室は中間階であるとし、その上下の室は空調 室としている。また、北側を除く各方位の立面を図 9 に示す。南側の開口部にだけ 1mの庇があるものとす る。また、計算対象の空調システム図を図 10 に示す。 AHU を各階 1 台設置する各階ユニット中央方式によ って各室の空調を行う。熱源には空冷式ヒートポンプ チラーを用い、送水温度が夏期 7 度、冬期 50 度とな るように容量制御を行う。空気搬送は、室内温度に応 じて、還気経路、給気経路に設置した可動式ダンパ (VAV ユニット)を開閉させ、還気風量、給気風量を変 動させる変風量方式とする。設定外気導入量は在室人 数より算出した 2700m 3 /h 一定とする。水搬送の制御
さらに見せる

4 さらに読み込む

16 ステム分取システム YMC 分取システムの種類と特長 分取用 LPLC システム分取シ 216

16 ステム分取システム YMC 分取システムの種類と特長 分取用 LPLC システム分取シ 216

分取システム ソフトウェア K-Prepソフトウェア、BioStreamソフトウェア ワイエムシィが独自で開発したK-PrepソフトウェアおよびBioStreamソフトウェアは、感覚的・視覚的な操作で複雑な分取精製の自 動化を可能にする最新のクロマトグラフィーシステム制御ソフトウェアです。ラボスケールからプロセススケールまでシームレスに対 応可能です。

20 さらに読み込む

システムテスト自動化プログラムにおける「操作技術」と「シナリオ」の分割

システムテスト自動化プログラムにおける「操作技術」と「シナリオ」の分割

・ソフトウェアテストのスキル ・ソフトウェア開発のスキル の両方が必要。これを理解して設計、管理する必要がある。 多くの場合、自動操作プログラム作成がボトルネックになっている。

27 さらに読み込む

Microsoft Word - 16thILASS-Asia_第22回微粒化シンポ_プログラム_ _ver.print.doc

Microsoft Word - 16thILASS-Asia_第22回微粒化シンポ_プログラム_ _ver.print.doc

B24: 混合気形成・キャビテーション 12 月 19 日 16:10-17:00 B 室 座長: 河原 伸幸(岡山大) 【B-241】 二成分混合燃料噴霧における混合気形成過程に関する研究 ※味岡 将士,桑原 悠(同志社大),岡田 理典(IHI),小橋 好充(金沢工大), 松村 恵理子,千田 二郎(同志社大)

17 さらに読み込む

地域イノベーション・エコシステム形成プログラム公募要領(説明版)(その3)

地域イノベーション・エコシステム形成プログラム公募要領(説明版)(その3)

設立されたベンチャー企業によ る商品開発 【サンプル】 開発・事業化計画、ロードマップ(含資金計画等)と出口目標 開始前 1年 3年 4年 5年(支援終了) パートナー側の目標値等達 成に向けた研究開発 事業開始( 0年) 2年 戦略パートナー への技術移転 の例 市場・競合、特許分析 事業化座組検討 戦略パートナーとの共同研究 概念実証とパートナー企業から事業化資金獲[r]

38 さらに読み込む

地域イノベーション・エコシステム形成プログラム公募要領(説明版)(その3)

地域イノベーション・エコシステム形成プログラム公募要領(説明版)(その3)

設立されたベンチャー企業によ る商品開発 【サンプル】 開発・事業化計画、ロードマップ(含資金計画等)と出口目標 開始前 1年 3年 4年 5年(支援終了) パートナー側の目標値等達 成に向けた研究開発 事業開始( 0年) 2年 戦略パートナー への技術移転 の例 市場・競合、特許分析 事業化座組検討 戦略パートナーとの共同研究 概念実証とパートナー企業から事業化資金獲[r]

39 さらに読み込む

情報・システムソサイエティ誌 第16巻第2号(通巻63号 Research interests  Onizuka Laboratory

情報・システムソサイエティ誌 第16巻第2号(通巻63号 Research interests Onizuka Laboratory

1. クラウドの研究にいたる背景 Web ブラウザの出現によりインターネットが 普及し,検索エンジンによって Web 上での広 告ビジネスが成功を収めて,Google や Yahoo に代表される企業が急成長を遂げた.このよう な Web スケールの大規模データを管理するため に,クラウド環境におけるデータ管理技術が出 現した.これはリレーショナルデータベース管 理システム (RDBMS) が高価であり,また Web スケールのデータを扱うことが性能的に困難で あったためである.クラウドにおける代表的な 技術として,検索エンジンのバックエンドで用 いられる Google の分散ファイルシステム GFS と分散処理フレームワークの MapReduce が考 案され,その後 MapReduce の分析用途が多様 化するに従い,分散データベース的な機能を有 する Bigtable が考案された [1].インターネッ トの普及は,Web スケールのデータ管理の課題 に加えて,データベース研究コミュニティに別 の影響も与えている.インターネットの普及以 前は,金融系などの大規模システムが研究ター ゲットであったため,開発サイクルが長く,また トランザクション処理の高速化などの利用者の 利益を追求する研究が取り組まれてきた.これ に対して,インターネットの普及以降は Web 上 での短いサイクルのサービス開発が必要になっ たため,開発者にとって有益な技術に関する研 究が重視されるようになってきた.
さらに見せる

28 さらに読み込む

U/Cサーバ 業務システム間転送プログラムインターフェース仕様書

U/Cサーバ 業務システム間転送プログラムインターフェース仕様書

12 受信者コード変換エラー 送信または受信ファイルの標準ヘッダの受信者コードが標準企業 コード変換テーブルに未登録 送信 15 フォーマットチェックエラー データのフォーマットチェック処理にてエラーが発生 送信 16 フォーマットチェック警告あ

15 さらに読み込む

U/Cサーバ 業務システム間転送プログラムインターフェース仕様書

U/Cサーバ 業務システム間転送プログラムインターフェース仕様書

6 BPID 文字 8 広告取引EDIで定められたBPID ○ 7 情報区分 文字 4 広告取引EDIで定められた情報区分 ○ 8 データ作成日付 数字 8 データを作成した日付 yyyymmdd形式 ○ 9 データ作成時刻 数字 6 データを作成した時刻 hhmmss形式 ○ 10 管理番号 文字 20 業務システムが管理する管理番号

15 さらに読み込む

JA 長野厚生連篠ノ井総合病院内科専門研修プログラム 内科専攻プログラム 1 専門研修施設群 13 専門研修プログラム管理委員会 16 ( 文中に記載されている資料 専門研修プログ

JA 長野厚生連篠ノ井総合病院内科専門研修プログラム 内科専攻プログラム 1 専門研修施設群 13 専門研修プログラム管理委員会 16 ( 文中に記載されている資料 専門研修プログ

• 担当指導医はSubspecialty上級医と協議し,知識,技能の評価を行います. • 専攻医は,専門研修(専攻医)2年修了時までに29症例の病歴要約を順次作成し,日本内科学会専攻医 登録評価システム(仮称)に登録します.担当指導医は専攻医が合計29症例の病歴要約を作成すること を促進し,内科専門医ボードによる査読・評価で受理(アクセプト)されるように病歴要約について確 認し,形成的な指導を行う必要があります.専攻医は,内科専門医ボードのピアレビュー方式の査読・ 形成的評価に基づき,専門研修(専攻医)3年次修了までにすべての病歴要約が受理(アクセプト)さ れるように改訂します.これによって病歴記載能力を形成的に深化させます.
さらに見せる

16 さらに読み込む

1 J-PARC E16 実験 ( と E50 実験 ) における データ読出 収集システム 高橋智則 ( 大阪大 RCNP) 内容 J-PARC E16 実験 検出器 計測システムのR&D J-PARC E50 実験 検出器 計測システムの検討

1 J-PARC E16 実験 ( と E50 実験 ) における データ読出 収集システム 高橋智則 ( 大阪大 RCNP) 内容 J-PARC E16 実験 検出器 計測システムのR&D J-PARC E50 実験 検出器 計測システムの検討

– ケーブルインピーダンス100Ω • シングルエンド信号線 3+ – CEC (Consumer Electronics Control): 周辺機器制御ライン – DDC (Display Data Channel): ディスプレイ情報の読み出しの I2C通信 ・HDCP認証動作

26 さらに読み込む

案内状・プログラム  熊本画像情報システム懇談会  R O C K  since 2002 29thROCK

案内状・プログラム 熊本画像情報システム懇談会 R O C K since 2002 29thROCK

住所:熊本市中央区大江 3-2-65 電話:096-364-6000 プログラム 1. 情報提供1 個人が所有する健康記録(P oH R )について (18:30-19:00) 株式会社 H eS eL (ヘッセル)中村 隆 様 2. 情報提供2 患者紹介等に付随する医用画像についての合意事項について

1 さらに読み込む

2 講演プログラム

2 講演プログラム

2P07 一重項開殻分子集合体のジラジカル因子および非線形光学特性について (阪大院基礎工、阪大院理、産総研関西センター)○中野雅由、 福井仁之、南拓也、岸亮平、高橋英明、久保孝史、鎌田賢司、太田浩二 2P08 o-セミキノネート型リガンドを含む平面四配位Ni錯体の非線形光学特性の理論的研究 (阪大院基礎工)○福井仁之、南拓也、窪田和樹、岸亮平、高橋英明、中野雅由 2P09 Ab initio分子軌道法によるアルカリ金属窒化物の分光学定数の理論的予測
さらに見せる

12 さらに読み込む

1. 序文 3 2. 適用範囲 4 3. 食品安全システムに対する要求事項 食品安全マネジメントシステム 前提条件プログラム 追加要求事項 指針 5 付録 ⅠA 9 付録 ⅠB 11 CONTENT 1. INTRODUCTION SC

1. 序文 3 2. 適用範囲 4 3. 食品安全システムに対する要求事項 食品安全マネジメントシステム 前提条件プログラム 追加要求事項 指針 5 付録 ⅠA 9 付録 ⅠB 11 CONTENT 1. INTRODUCTION SC

参照: ISO 22000, 3.1 及び 3.2 項 , 注記 4 2. Definition food safety In the requirements, food safety is defined as the concept that the food will not harm the consumer [or animal in the case of feed] when it is prepared and/or eaten according to its intended use. Organizations in the chain are therefore required to take into account the food safety hazards of their operation for the final product in the chain when establishing prerequisite and HACCP programmes.

26 さらに読み込む

V05L16R1 Release News Letter<日立システム>

V05L16R1 Release News Letter<日立システム>

プログラム 分類 項番 項目 ページ 参照 記事 番号 インストーラ 仕様変更 1 「必要な容量」を非表示 20 516-101 拡張 2 標準グラフにジョブの処理時間内訳グラフを追加 21 516-102 拡張 3 標準グラフに年比較/日比較/累計グラフを追加 22 516-103 拡張 4 標準グラフにSWAP要因解析グラフを追加 24 516-104 拡張 5 OpenXMLを使用したグラフ作成 25 516-105 拡張 6 報告書テンプレート選択画面に横スクロールバーを追加 26 516-106 拡張 7 実行ログファイルに出力項目を追加 27 516-107 拡張 8 GUIの操作性向上 28 516-108 拡張 10 GUIのグラフタイトルの並び順変更 29 516-110 仕様変更 11 ジョブイニシエータ待ち時間分布グラフの凡例名を変更 30 516-111 不具合 12 ミニグラフのY軸ラベルの表示が不正 31 516-112 不具合 13 未参照データセットのサイズに誤り 32 516-113 Performance
さらに見せる

36 さらに読み込む

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転(システムとサービスの拡張)研究開発計画

戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)自動運転(システムとサービスの拡張)研究開発計画

② 効率的なデータ収集・分析・配信技術の開発 車両・歩行者の位置情報や信号・民間車両プローブ情報等について、実走行車両、ドライブレコーダ ーなどから道路周辺情報・映像を効率的に収集する技術、それら情報を予測や予知を含めて自動運 転に活用するために分析する技術(道路周辺情報、複数視点の撮影映像自体や映像を抽象化した 情報の統合等を行うプラットフォーム)及び収集・分析した情報を特性や用途等に応じて最適に配信 する技術(既存 ITS 通信を活用しつつ、V2X 技術等の新たな通信技術やエッジ、クラウドの活用も念 頭に、ユースケース、各種情報ごとに利用する通信方式の整理、全体システム設計の検討等)の調 査・開発・実証を行う。
さらに見せる

23 さらに読み込む

ク (7) クレヨン システム ( 記録管理システム 総合支援請求システム ) 平成 28 年 11 月版 システム対応内容説明書 平成 28 年 11 月 16 日 株式会社富士データシステム

ク (7) クレヨン システム ( 記録管理システム 総合支援請求システム ) 平成 28 年 11 月版 システム対応内容説明書 平成 28 年 11 月 16 日 株式会社富士データシステム

1.3.2. 【記録管理システム】パスワード有効期限チェックによるセキュリティ強化 ログインパスワードに関するチェック機能が追加されました。 インターネット環境への接続が日常化している中で、パスワードにおいては、 「パスワードの変更」 「推測されにくいパスワード」などの適切な対策が必要とされています。

16 さらに読み込む

1 要件 1.1 システム Windows Pentium III プロセッサー 16MBのディスク空き容量 USB 2.0 オペレーティングシステム Windows 2000, SP4 Windows XP (HomeおよびProfessional), SP1, SP2およびSP3 Windows

1 要件 1.1 システム Windows Pentium III プロセッサー 16MBのディスク空き容量 USB 2.0 オペレーティングシステム Windows 2000, SP4 Windows XP (HomeおよびProfessional), SP1, SP2およびSP3 Windows

注:レジストリまたはGPOルールにて自動実行が無効化されている可能性もありま す。 詳しくは、システム管理者にお尋ねください。 Q3) Windows 7.および/またはVista™ 搭載コンピュータ上のDTLocker+ドライブにログ インするたびに、[自動再生]ダイアログに、[Windows ReadyBoostを使用してシス テムの速度を上げる]というオプションが表示されます。この機能はなんですか? A3) ReadyBoost™ はWindows 7.およびVista™の一機能で、USBフラッシュドライブ ス
さらに見せる

10 さらに読み込む

Show all 10000 documents...