二酸化炭素を減らす環境にやさしい家

Top PDF 二酸化炭素を減らす環境にやさしい家:

別紙 1 二酸化炭素排出係数 環境への負荷の低減に関する取組の状況に関する条件 条件 1 (1) 電源構成及び二酸化炭素排出係数の情報を開示 ( 1) しており かつ 1 平成 28 年度 1kWh 当たりの二酸化炭素排出係数 2 平成 28 年度の未利用エネルギー活用状況 3 平成 28 年度の再

別紙 1 二酸化炭素排出係数 環境への負荷の低減に関する取組の状況に関する条件 条件 1 (1) 電源構成及び二酸化炭素排出係数の情報を開示 ( 1) しており かつ 1 平成 28 年度 1kWh 当たりの二酸化炭素排出係数 2 平成 28 年度の未利用エネルギー活用状況 3 平成 28 年度の再

⑤ 需要への省エネルギー・節電に関する情報提供の取組 ①~⑤の合計点数 注1)1の開示は、経済産業省「電力の小売営業に関する指針」 (平成 29 年 6 月改定)示された電源構成等の 算定や開示に関する望ましい方法準じて実施していること。なお、新た電力の供給参入した小売電 気事業者(参入から1年以内)であって、電源構成の情報開示していない者は、参入日及び開示予定時 期(参入日から1年以内限る)「番号」欄記載すること。
さらに見せる

12 さらに読み込む

参考資料1別紙1 家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査全国試験調査の結果(確報値)の概要

参考資料1別紙1 家庭からの二酸化炭素排出量の推計に係る実態調査全国試験調査の結果(確報値)の概要

家庭からの二酸化炭素排出量 の推計係る実態調査 全国試験調査の結果(確報値 )の概要 1 調査の目的 本調査は、家庭からの二酸化炭素排出量の効果的な削減対策の推進や立案、削減 計画の策定などの基礎資料となる統計調査創設するにあたり、その全国規模での 試験的な調査として、家庭における詳細な二酸化炭素排出実態把握して、当該統 計調査の設計の検討資する基礎資料得ること目的とした。
さらに見せる

21 さらに読み込む

新しい社会 産業を切り開く 空圧システムの省エネル ギー環境ソリューションのノウハウをご紹介します はじめに 清水事業所 二酸化炭素の排出や消滅につながる省エネルギーは 積極的に取り組まなければならない経営課題と なっております 同時に環境保護も 自然汚染の要因排除 もしくは軽減に貢献していくことが

新しい社会 産業を切り開く 空圧システムの省エネル ギー環境ソリューションのノウハウをご紹介します はじめに 清水事業所 二酸化炭素の排出や消滅につながる省エネルギーは 積極的に取り組まなければならない経営課題と なっております 同時に環境保護も 自然汚染の要因排除 もしくは軽減に貢献していくことが

(1) (2) 需要が、従来の省エネ対策加え、蓄電池やエネルギー 管理システム(BEMS・HEMS)、自家発電の活用等 より、電力需要ピーク時の系統電力の使用低減する取組 行った場合、これプラス評価できる体系する。 具体的は、ピーク時間帯工夫して、系統電力の使用 減らす取組(節電)した場合、 これプラス評価する ことで、省エネ法の努力目標(原単位の改善率年平均1%) 達成しやすくなるよう、努力目標の算出方法見直す。 (1)
さらに見せる

38 さらに読み込む

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 省エネ家電等マーケットモデル事業 ) 公募要領 平成 30 年 4 月 一般財団法人環境イノベーション情報機構 一般財団法人環境イノベーション情報機構 ( 以下 機構 という ) では 環境省から二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 省エネ家電等マーケッ

二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 省エネ家電等マーケットモデル事業 ) 公募要領 平成 30 年 4 月 一般財団法人環境イノベーション情報機構 一般財団法人環境イノベーション情報機構 ( 以下 機構 という ) では 環境省から二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 省エネ家電等マーケッ

一般財団法人環境イノベーション情報機構(以下「機構」という。 )では、環境省 から二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(省エネ家電等マーケットモデル事業) (以下「本補助金」という。 )の交付決定受け、統一省エネルギーラベル5つ星の 家電製品等(以下「5つ星省エネ家電等」という。 )への買換え対象とした買換促 進支援行うことにより、地球温暖化対策のための国民運動「COOL CHOICE」の取組 みの1つである省エネ家電への買換え消費者促し、民生部門の CO2 排出削減 促進させること目的とした支援事業実施することとしています。
さらに見せる

32 さらに読み込む

平成 30 年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 省エネ家電等マーケットモデル事業 ) 完了実績報告書提出に係る留意点 平成 30 年 9 月 7 日 一般財団法人環境イノベーション情報機構 補助金の交付 ( 支払い ) を受けるためには 補助事業の完了後 完了実績報告書を平成 31 年 1

平成 30 年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 省エネ家電等マーケットモデル事業 ) 完了実績報告書提出に係る留意点 平成 30 年 9 月 7 日 一般財団法人環境イノベーション情報機構 補助金の交付 ( 支払い ) を受けるためには 補助事業の完了後 完了実績報告書を平成 31 年 1

平成 30 年○○月 ○○日付け EIC 第○○○○○○○○○号で交付決定の通知受けた二酸化炭素排出 抑制対策事業費等補助金(省エネ家電等マーケットモデル事業)完了(中止・廃止)しましたので、 平成30年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金(省エネ家電等マーケットモデル事業)交付規程 第11条第1項の規定基づき下記のとおり報告します。

12 さらに読み込む

気候の自然変動が大規模森林伐採による二酸化炭素の排出を相殺した現象を世界で初めて... 千葉大学環境リモートセンシング研究センター近藤雅征特任助教が率いる国際研究グループは、東南アジアを対象とした陸域炭素収支解析から、... (火)

気候の自然変動が大規模森林伐採による二酸化炭素の排出を相殺した現象を世界で初めて... 千葉大学環境リモートセンシング研究センター近藤雅征特任助教が率いる国際研究グループは、東南アジアを対象とした陸域炭素収支解析から、... (火)

東南アジアなどの熱帯地域における森林減少・劣化によるCO 2 排出量は、人為起源によるCO 2 総排出 量の約2割占めると考えられています。更なる地球温暖化の防止向けて、熱帯地域の炭素収支量 正確推定することが重要です。本研究で用いた「土地利用変化考慮した数値モデル」は、以前よ りも正確東南アジアの炭素収支量算出でき、REDD+などの国際協力機関有益な情報もたらす ことが期待されます。
さらに見せる

3 さらに読み込む

啓発資料「二酸化炭素の排出の少ないくらしと社会を目指して(平成28年3月)」 神戸市:地球温暖化対策

啓発資料「二酸化炭素の排出の少ないくらしと社会を目指して(平成28年3月)」 神戸市:地球温暖化対策

チ ッ 体制 進行管理 手法 計画 目標 遉成 向 毎 施策 逭捗状況 最終 消費 温室効果 総排出 調査 PDCA 用い 評価 見直 等 行う 適 逭行管理 市域全体及び市の事務 事業 い 分 別の削減目標 施策等定めます

51 さらに読み込む

1. はじめに IPCC 第四次評価報告書 (IPCC,2007) では, 海洋への二酸化炭素の正味の吸収量は, 年間約 2.2 ± 0.5PgC(2000 年 ~ 2005 年の平均,gC は二酸化炭素の中に含まれる炭素の質量 (g),p( ペタ ) = ) と見積もられており, この

1. はじめに IPCC 第四次評価報告書 (IPCC,2007) では, 海洋への二酸化炭素の正味の吸収量は, 年間約 2.2 ± 0.5PgC(2000 年 ~ 2005 年の平均,gC は二酸化炭素の中に含まれる炭素の質量 (g),p( ペタ ) = ) と見積もられており, この

  の RMS 誤差見ると,海域 Ie 除くほ かの海域では 10µatm ~ 20µatm 程度である.海 域 Ie では,2000 年以降は 10µatm ~ 20µatm 程度 であるが,それ以前は 20µatm ~ 30µatm であり, ほかの海域比べて誤差が大きくなっている.次 , の平均誤差注目する.海域 Ie 以外 の海域では,平均誤差は -5µatm ~ 5µatm である. しかし,正の誤差と負の誤差が互いに相殺してい るため,月平均で見れば, の平均誤差は 0µatm 近い値なると期待される. の推 定は,海面水温や海面塩分の月平均値用いて いるが,実際は日々変動しており,海面水温 1℃の変化は 約 15µatm 変化させる.海 域 Ie 以外の海域での RMS 誤差は,主船舶観測 値と推定値の時間スケールの差,すなわち,瞬間 値と月平均値の違いによるものであると考えられ る.なお,海域Ⅱの 2006 年の誤差が大きいのは, 比較する観測データが少なく,かつ海域Ⅱと海域 Ⅲの境界付近偏在していたためである.  一方,海域 Ie の平均誤差は,RMS 誤差と同程 度の大きさで負なっており,推定値が過小評価 なっていることが分かる.この原因としては, 海面塩分による東西の海域の切り分けが時期
さらに見せる

17 さらに読み込む

第 1 回平成 27 年度二酸化炭素回収 貯留分野評価検討会 (2) 資料 5-1 ( 二酸化炭素回収技術高度化事業終了時評価 ) 二酸化炭素回収技術高度化事業 ( 二酸化炭素固体吸収材等研究開発事業 ) の概要 平成 27 年 12 月 10 日 産業技術環境局環境調和産業 技術室

第 1 回平成 27 年度二酸化炭素回収 貯留分野評価検討会 (2) 資料 5-1 ( 二酸化炭素回収技術高度化事業終了時評価 ) 二酸化炭素回収技術高度化事業 ( 二酸化炭素固体吸収材等研究開発事業 ) の概要 平成 27 年 12 月 10 日 産業技術環境局環境調和産業 技術室

○ 本事業は、従来のCO2回収コスト 4,200円/t-CO2(吸収液法で3 GJ/t- CO2相当)に対して、CO2分離回収 エネルギー1.5GJ/t-CO2 へと半減 すること目標とし、その結果プロ セス全体として回収コストが2,000円 台/t-CO2まで低減すること目指 している。この目標達成するため、 平成25年度CO2小型回収試験装置 導入し、分離プロセスおよびコス トの評価実施することとしている。 ○ これまで新規のアミン化合物合成し、
さらに見せる

33 さらに読み込む

5.5 本章では バイオマスの GHG 排出量を carbon intensity( 以下 CO2 排出原単位 と訳す ) と呼ぶ これは二酸化炭素相当量 (CO2eq) としてバイオマスに関連するライフサイクル GHG の観点から測定される したがって 二酸化炭素以外の GHG( メタンや亜酸化窒

5.5 本章では バイオマスの GHG 排出量を carbon intensity( 以下 CO2 排出原単位 と訳す ) と呼ぶ これは二酸化炭素相当量 (CO2eq) としてバイオマスに関連するライフサイクル GHG の観点から測定される したがって 二酸化炭素以外の GHG( メタンや亜酸化窒

標準排出係数は、独立し、科学的で専門的な情報源 19 から入手しなければならない 最新の資料基づかなければならない。 実際使用しているもの適用しなければならない。 5.63 バイオマス生産工場での副産物ではなく、送電線から送られてくる電気の消費考慮す る場合、消費電力の排出係数はバイオマスが生産された地域の発電と送電の平均排出強度と同 じでなければならない。異なる地域での発電・送電に関する排出量は、最新の「IEA CO2 Emissions from fuel combustion」データベース 20 などの権威ある情報源から取得しなければ ならない。地域は、地方、国、超国家地域とすることができる。電力が副産物として生産され る場合は、5.51 項の手順従う。
さらに見せる

27 さらに読み込む

スマトラ島リアウ州における森林減少、森林劣化、生物多様性の喪失および二酸化炭素の排出

スマトラ島リアウ州における森林減少、森林劣化、生物多様性の喪失および二酸化炭素の排出

ない。テッソ・ニロの森と、ブキ・ティガプル森林区域の緩斜面である。しかし両方とも森林転換 の深刻な脅威さらされている。 近絶滅種のスマトラトラもスマトラゾウと似た道たどっている。生息地の森の多くが消失したた め、一部のトラはパーム農園他のプランテーションの近く狙って近づくことがある。その際 作業員と遭遇し、人間が負傷、死亡することがある。そうした脅威取り除くため、人間は執拗 トラ追い込み、捕獲し、殺して皮や骨などの部位売買する。国際的なトラ専門の科学者グル ープは、ブキ・ティガプル森林区域世界的重要なトラ保全地域分類し、リアウ州のカンパー ル、ケルムタン(Kerumutan)両地域の泥炭地地域的重要な場所、そしてテッソ・ニロとリン
さらに見せる

80 さらに読み込む

上記の規定に基づき 経済産業大臣及び環境大臣は 1 特定排出者による他人から供給された電気の使用に伴う二酸化炭素の排出量の算定の適正な実施を確保し 自主的な二酸化炭素の排出の抑制に資するため 2 京都議定書第 3 条の規定に基づく約束を履行するために事業者が自主的に行う算定割当量の取得及び国の管理口

上記の規定に基づき 経済産業大臣及び環境大臣は 1 特定排出者による他人から供給された電気の使用に伴う二酸化炭素の排出量の算定の適正な実施を確保し 自主的な二酸化炭素の排出の抑制に資するため 2 京都議定書第 3 条の規定に基づく約束を履行するために事業者が自主的に行う算定割当量の取得及び国の管理口

また、料金メニュー応じた排出係数(以下「メニュー別排出係数」という。 別紙9参照)の公表希望する場合は、当該事業者全体の実二酸化基礎酸化 炭素排出量と販売電力量と料金メニューごと仕訳した上でメニュー別実二 酸化基礎二酸化炭素排出量算定し、そのメニュー別実二酸化基礎二酸化炭素排 出量固定価格買取制度による買取電力量応じて調整した量(以下「メニュー 別固定価格買取調整後二酸化炭素排出量」という。)加えた量から、電気事業 者が排出量調整無効化又は償却前移転(排出量調整無効化及び償却前移転「排 出量調整無効化等」という。以下同じ。)した国内及び海外認証排出削減量等 料金メニューごと控除することにより算定したメニュー別調整後二酸化炭素 排出量(以下「メニュー別調整後二酸化炭素排出量」という。)、当該電気事 業者の料金メニューごとの販売電力量で除して、メニュー別排出係数算出する ことができる。
さらに見せる

54 さらに読み込む

平成 30 年 4 月 一般財団法人環境イノベーション情報機構 一般財団法人環境イノベーション情報機構 ( 以下 当機構 という ) では 環境省から平成 30 年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 地方公共団体カーボン マネジメント強化事業 ) の交付を受け 地方公共団体における 地方公共

平成 30 年 4 月 一般財団法人環境イノベーション情報機構 一般財団法人環境イノベーション情報機構 ( 以下 当機構 という ) では 環境省から平成 30 年度二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ( 地方公共団体カーボン マネジメント強化事業 ) の交付を受け 地方公共団体における 地方公共

代表事業者は補助事業参画するすべての事業者のうち、当該補助事業により財産取得する 者から選択してください。代表事業者が本補助金の応募等行い、他の事業者共同事業者としま す。 代表事業者は補助事業として採択された場合は、円滑な事業執行と目標達成のため、その 事業の推進係る取りまとめ行うとともに、事業実施計画書記載した事業の実施体制基づき、 具体的な事業計画の作成や、事業の円滑な実施のための進行管理行ってください。また、代表事 業者及び共同事業者は、特段の理由があり機構が承認した場合除き、補助事業として採択された 後は変更することができません。
さらに見せる

45 さらに読み込む

1. 環境方針 基本理念 環境方針 三友自動車株式会社は岡山市で企業活動を営んでおります 美しい自然環境を次世代へ引継ぐためにも 車を扱う私達にとって地球環境への配慮やエコロジー活動は重大な社会的責任です エコ整備を推進し 二酸化炭素 廃棄物 水排出量等の削減に努めます 基本方針 1. 環境に関する

1. 環境方針 基本理念 環境方針 三友自動車株式会社は岡山市で企業活動を営んでおります 美しい自然環境を次世代へ引継ぐためにも 車を扱う私達にとって地球環境への配慮やエコロジー活動は重大な社会的責任です エコ整備を推進し 二酸化炭素 廃棄物 水排出量等の削減に努めます 基本方針 1. 環境に関する

消防法  ・危険物指定数量の1/5未満の管理 エンジンオイル 浄化槽法  ・点検、清掃、法定検査の実施 35人槽 【2.違反・訴訟の有無】 ●環境関連法規等の遵守状況の評価の結果、環境関連法規制等は遵守されていました。 ●なお、関係当局よりの違反等の指摘は、過去3年間ありませんでした。

10 さらに読み込む

民間企業の活動による二酸化炭素吸収・固定量の「見える化」実証事業 CO2吸収・固定量計算シート  操作方法

民間企業の活動による二酸化炭素吸収・固定量の「見える化」実証事業 CO2吸収・固定量計算シート  操作方法

立木本数のカウントで境界接する立木については、通常は直径の半分以上が含まれる場合はカウント します。 胸高直径は、樹木の山側の根元から1.2m(胸の位置)の高さの直径です。 樹高は、上層樹高といいますが、調査区内で樹高の高い立木3本程度選択して計測し、平均とります。 ○以上の調査結果記入します。ha当り立木本数は、調査区の面積が100m2であれば、調査立木本数

18 さらに読み込む

環境方針 基本理念 当社は 深刻化する地球温暖化の対策と循環型社会形成を目指し 建設業の 事業活動における環境負荷の低減等を図りながら 次世代に豊かな沖縄の自然 環境を引き継いで行くことに努めます 行動指針 1. 環境関連の法令 条例及びその他の協定事項を遵守します 2. 二酸化炭素排出量の削減に努

環境方針 基本理念 当社は 深刻化する地球温暖化の対策と循環型社会形成を目指し 建設業の 事業活動における環境負荷の低減等を図りながら 次世代に豊かな沖縄の自然 環境を引き継いで行くことに努めます 行動指針 1. 環境関連の法令 条例及びその他の協定事項を遵守します 2. 二酸化炭素排出量の削減に努

一般廃棄物排出量削減 ・両面コピー、裏紙使用、コピー枚数削減する。 ・電子媒体の有効利用する。(メール等) 産業廃棄物排出量削減 ・現場で使用する材料過剰余らせないようする。 ・在庫資材活用する。(在庫品リスト作成等)

10 さらに読み込む

地方公共団体カーボン マネジメント強化事業 ( 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ) 山梨市役所本庁舎西館空調 照明設備の更新による省エネ化 二酸化炭素排出量削減事業 旧庁舎 合併後 耐震性が不足している旧庁舎から 既存工場の建物に新エネ 省エネ設備の導入を含めた コンバージョン改修を実施 西館

地方公共団体カーボン マネジメント強化事業 ( 二酸化炭素排出抑制対策事業費等補助金 ) 山梨市役所本庁舎西館空調 照明設備の更新による省エネ化 二酸化炭素排出量削減事業 旧庁舎 合併後 耐震性が不足している旧庁舎から 既存工場の建物に新エネ 省エネ設備の導入を含めた コンバージョン改修を実施 西館

・更新された設備の運用管理については、 管財課と環境課でその徹底図る 様々な省エネ対策実施 小規模自治体における公共施設の集約化によるコンパクトな 自治体組織の構築及び負担の大きい庁舎新築ではなく、既存 施設改修して活用する際の空調・照明設備の更新による全 庁的なCO2排出量削減貢献する先進的なモデルケース

6 さらに読み込む

プロジェクト名行政事業レビューとの関係上位施策名担当課室 二酸化炭素回収技術実用化研究事業 ( 二酸化炭素分離膜モジュール実用化研究開発事業 ) 平成 26 年行政レビューシート事業番号新 ( 研究開発事業に係る技術評価書 ( 事前評価 ) 平成 27 年度行政事業レビューシート事業番

プロジェクト名行政事業レビューとの関係上位施策名担当課室 二酸化炭素回収技術実用化研究事業 ( 二酸化炭素分離膜モジュール実用化研究開発事業 ) 平成 26 年行政レビューシート事業番号新 ( 研究開発事業に係る技術評価書 ( 事前評価 ) 平成 27 年度行政事業レビューシート事業番

1 - 12 0 0 0 0 3.当省(国)が実施することの必要性 ①科学技術的価値の観点から見た卓越性、先導性 我が国は石炭火力発電の効率において、世界トップの実力有しており、さらに低品位炭の利用 が可能な IGCC 用の高圧 CO 2 の膜分離技術においても膜性能で世界トップの技術開発してきている。 今後も石炭エネルギー源として活用していく観点でも CO 2 回収技術の開発は重要である。このため、 我が国が強みもつ CO 2 分離回収技術のコストさらに低減し、我が国の高効率の石炭火力発電と 組み合わせて海外展開する際も世界トップのポジション維持し、国際競争力保持しうる であろう。逆、地球環境問題への対応が叫ばれる中、他国による CO 2 回収技術開発の先行許せば、 これまで有してきた我が国の本分野における優位性が失墜する可能性が極めて高い。
さらに見せる

24 さらに読み込む

新規 小学校で環境学習を実施しました! 次世代の環境保全活動を担う子供たちにも 正しい知識を習得してもらうことを目的に 新たな取り組みとして 市内の小学校において地球温暖化に関する環境学習を実施しました クイズ形式での学習で 環境について楽しく学ぶことができたようです 自分の家から出る二酸化炭素って

新規 小学校で環境学習を実施しました! 次世代の環境保全活動を担う子供たちにも 正しい知識を習得してもらうことを目的に 新たな取り組みとして 市内の小学校において地球温暖化に関する環境学習を実施しました クイズ形式での学習で 環境について楽しく学ぶことができたようです 自分の家から出る二酸化炭素って

6 同じく11月28日(土)、緑のカーテンコンクール表彰式開催後、NPO法人国際環境経済研究所理事・ 主席研究員の竹内純子さんによる講演会開催いたしました。竹内さんは、尾瀬国立公園の自然保護10 年以上携わり、農林水産省生物多様性戦略検討会委員など経験され、その後地球温暖化の国際交渉や環境・ エネルギー政策への提言活動関与し国連の気候変動枠組条約交渉参加されるなどの活動されていま す。
さらに見せる

8 さらに読み込む

木造建築物等による環境保全方策に関する研究‐二酸化炭素固定認証制度の検証と展望‐ [ PDF

木造建築物等による環境保全方策に関する研究‐二酸化炭素固定認証制度の検証と展望‐ [ PDF

はじめ、建築物単体や NPO、教育 機関等で様々都市部における木材利用の促進が展 開されている。それらは木材利用の新たな技術や選択 肢、異分野間の情報共有の重要性等示していると言 える。よって、同制度の飛躍的な発展促進させるの は、 「都市部と山間部の連携」である(図 4) 。多くの人々 が活動し、建材の大量消費が見込める都市部は、① 広報性、②消費力、③批評性、これら 3 つの特性 註 15) 見出すことが可能であり、都市部において木材積 極的利用することや、環境貢献度「見える化」す る効果や影響は大きいと言える(図 5) 。連携加えて、 山間部と都市部相互で木材利用介した製品、情報、 人材のやりとりが持続することも非常重要である。 6-2. 望ましい二酸化炭素固定認証制度の位置付け  同制度は制定され始めて間もない若い制度であるた め、未だ固定化しておらず、様々な可能性反映しや すい時期であると捉えることもできる。地産地消や県 産木材の利用促進のみ同制度が位置付けられるので はなく、我が国全体としての木材利用の拡大並び、 林産業の活性化同制度が結びつくことが期待され る。そして、各自治体で運営される現行同制度の全て が未だ過渡期ある中で、とりわけ、都市部での木材 利用と同制度の結び付きの在り方が、今後注目される。
さらに見せる

4 さらに読み込む

Show all 10000 documents...