事業実施要綱

Top PDF 事業実施要綱:

酪農労働省力化推進施設等緊急整備対策事業実施要綱

酪農労働省力化推進施設等緊急整備対策事業実施要綱

1 和牛遺伝資源流出防止対策緊急支援事業実施要綱 令和2年3月24日付け元農畜機第7542号 和牛は、改良機関や生産者など多くの関係者が長い年月をかけて育種改良し てきた我が国固有の財産であり、その精液や受精卵等は、国内関係者の理解の 下、国内での活用を基本とされてきた。このような中、和牛の遺伝資源が不正 に中国へ持ち出された事案を受け、早急に和牛遺伝資源の管理体制を構築して いく必要がある。
さらに見せる

20 さらに読み込む

Microsoft PowerPoint - shiryou5

一時預かり事業実施要綱新旧対照表 改正後 改正前 別紙 一時預かり事業実施要綱 別紙 一時預かり事業実施要綱 1 事業の目的 2 実施主体 3 事業の内容 4 実施方法 (1) 一般型 1 実施場所 2 対象児童 1 事業の目的保育所等を利用していない家庭においても 日常生活上の突発的な事情や社会参

以上とし、うち1名は放課後児童健全育成事業の設備及び運営に 関する基準(平成 26 年厚生労働省令第 63 号)第 10 条第3項第1 号に該当するもの、もう1名は同項第1号から第9号のいずれか に該当するものとし、いずれも「職員の資質向上・人材確保等研 修事業実施について」(平成 27 年5月 21 日雇児発 0521 第 19 号雇用均等・児童家庭局長通知)の別添9「放課後児童支援員等 研修事業実施要綱」の「Ⅰ 放課後児童支援員認定資格研修事業 (都道府県認定資格研修ガイドライン)」に基づき都道府県知事 が行う研修を修了したもの(平成 32 年3月 31 日までに修了する ことを予定しているものを含む。)とする。
さらに見せる

29 さらに読み込む

専門家派遣事業実施要綱(27.4.1改正).pdf

専門家派遣事業実施要綱(27.4.1改正).pdf

別紙「専門家派遣事業 利用申込書」のとおり、派遣依頼がありましたので、下記により診断・助 言業務を委嘱します。専門家派遣事業実施要綱の内容を遵守して診断・助言を実施してくださるよ うお願いいたします。 なお、派遣開始日については利用企業等からの入金確認後、公社よりご連絡申し上げます。 記

16 さらに読み込む

喜多方市木造住宅耐震診断者派遣事業実施要綱

喜多方市木造住宅耐震診断者派遣事業実施要綱

平成 年 月 日 (申込者氏名) 様 喜多方市長 山口 信也 平成 年 月 日に申込み(受付整理番号 )のあった木造住宅耐震診 断者の派遣について、耐震診断等の結果がまとまりましたので、喜多方市木造住宅耐震診 断者派遣事業実施要綱第11条の規定に基づき、別紙のとおり関係書類を添えて送付いた します。

8 さらに読み込む

兵庫県肝炎治療特別促進事業実施要綱

兵庫県肝炎治療特別促進事業実施要綱

兵庫県肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業実施要綱 第1 目 的 肝がん及び重度肝硬変(非代償性肝硬変のことをいう。以下同じ。 )は共に予後が悪 く、また、肝炎ウイルスによる肝がんは、肝炎ウイルス感染により、慢性肝炎から軽 度肝硬変を経て重度肝硬変、肝がんへと進行するため、長期に渡り療養を要するとい う特徴がある。このことから、患者の医療費の負担軽減を図りつつ、臨床データを収 集し、肝がん・重度肝硬変の治療効果、患者の生命予後や生活の質を考慮し、最適な 治療を選択できるようにするための研究を促進する仕組みを構築する。
さらに見せる

13 さらに読み込む

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

横浜市障害者ガイドヘルプ事業実施要綱

川崎市重度障害者等入院時コミュニケーション支援事業実施要綱 制 定 平成 28 年2月 25 日 27 川健障福第 1192 号(市長決裁) (趣旨) 第1条 この要綱は、意思の疎通が困難な障害者及び障害児が医療機関(精神科病院および 一般病院の精神科病棟を除く。以下同じ。 )に入院した場合に、本人との意思疎通を十分 に行うことができる者を派遣し、円滑な医療行為が行えるよう支援することを目的として 実施する川崎市重度障害者等入院時コミュニケーション支援事業について、障害者の日常 生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成 17 年法律第 123 号。以下「法」 という。)第 77 条に定めるもののほか必要な事項を定めるものとする。
さらに見せる

5 さらに読み込む

静岡県要約筆記者派遣事業実施要綱

静岡県要約筆記者派遣事業実施要綱

静岡県要約筆記者派遣事業実施要綱 (目的) 第1条 この事業は、聴覚障害者が、社会の構成員として地域の中で生活を送れるよう、 また、自己決定、自己実現及び社会参加を通じて生活の向上が図られるよう、障害者 の日常生活及び社会生活を総合的に支援するための法律(平成 17 年法律第 123 号) (以 下「障害者総合支援法」という。)第 77 条第2項及び第 78 条第1項の規定に基づき、 意思疎通支援事業の一部を静岡県(以下「県」という。)において実施し、もって聴 覚障害者の福祉の増進に資することを目的とする。
さらに見せる

20 さらに読み込む

市原市障がい者雇用推進事業所表彰事業実施要綱

市原市障がい者雇用推進事業所表彰事業実施要綱

市原市障がい者雇用推進事業所表彰事業実施要綱 (趣旨) 第1条 この要綱は、障がい者の雇用促進及び就業の安定を図るため、障がい者雇用に積 極的に取り組み、障がい者が働きやすい職場環境に努めている企業、事業所等(以下「 事業所」という。)を表彰することについて、必要な事項を定めるものとする。 (表彰基準)

5 さらに読み込む

介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱

介護予防・日常生活支援総合事業実施要綱

村 介護予防 日常生活支援総合事業実施要綱 趣旨 第 条 要綱 介護保険法 成 法 第 号 法 いう 第 条 第 項 規定 介護予防 日常生活支援総合事業 総合事業 いう 実施 関 法及び介護保険法施行規則 成 厚生省 第 号 省 い

11 さらに読み込む

益田市都市計画事業保留地モデル住宅展示用地貸付事業実施要綱

益田市都市計画事業保留地モデル住宅展示用地貸付事業実施要綱

益 田 市 長 山 本 浩 章      益田市都市計画事業保留地モデル住宅展示用地貸付事業実施要綱  (趣旨) 第1条 この要綱は、市が都市計画事業において定めた保留地の処分を促進すること を目的として実施する益田市都市計画事業保留地モデル住宅展示用地貸付事業 (以下「モデル住宅用地貸付事業」という。)の実施に関し、必要な事項を定め るものとする。

8 さらに読み込む

新潟市補装具費の支給事業実施要綱

新潟市補装具費の支給事業実施要綱

新潟市補装具費の支給事業実施要綱 (趣旨) 第1条 この要綱は,障害者自立支援法(平成17年法律第123号。以下「法」 という。 )第76条に規定する補装具費の支給事業について,法,障害者自立 支援法施行令(平成18年政令第10号。以下「施行令」という。),障害者 自立支援法施行規則(平成18年厚生労働省令第19号。以下「施行規則」 という。 )並びに平成18年9月29日障発第0929006号厚生労働省社 会・援護局障害保健福祉部長通知において定める補装具費支給事務取扱指針 (以下「取扱指針」という。 )その他別に定めがあるもののほか,必要な事項 を定めるものとする。
さらに見せる

20 さらに読み込む

福井県肝炎治療特別促進事業実施要綱(案)

福井県肝炎治療特別促進事業実施要綱(案)

福井県肝炎治療特別促進事業実施要綱 第1 目 的 B型ウイルス性肝炎およびC型ウイルス性肝炎は、抗ウイルス治療(インターフェ ロン治療、インターフェロンフリー治療および核酸アナログ製剤治療)によって、そ の後の肝硬変、肝がんといった重篤な病態を防ぐことが可能な疾患であるが、この抗 ウイルス治療は月額の医療費が高額となること、また、長期間に及ぶ治療によって累 積の医療費が高額となることから、 医療費の助成を行うことにより早期治療を促進し、 将来の肝硬変、肝がんの予防および肝炎ウイルスの感染防止、ひいては県民の健康の 保持、増進を図ることを目的とする。
さらに見せる

11 さらに読み込む

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

都府県酪農緊急経営強化対策事業実施要綱(案)

このため、一般社団法人中央酪農会議(以下「中央酪農会議」という。)は、 生産者集団等が行う平成29年梅雨期豪雨により被災した酪農経営の安定的な経営継 続を図るための取組に対し、酪農経営支援総合対策事業実施要綱(平成28年3月31 日付け27農畜機第5575号。以下「要綱」という。)に基づき、補助することとし、 地域の実情に応じて生産者集団等が行う簡易牛舎の整備等、緊急的な乳用牛の避難、 乳用牛の導入、被災した牛舎、飼養管理の附帯施設・機械の補改修等及び乳房炎防 止のための取組等に対して支援することにより、もって酪農生産基盤の確保及び強 化に資するものとする。
さらに見せる

8 さらに読み込む

防府市一般不妊治療費助成事業実施要綱

防府市一般不妊治療費助成事業実施要綱

防府市一般不妊治療費助成地方創生事業実施要綱 平成27年4月1日制定 (目的) 第1条 この要綱は、現在、防府市が少子化対策の一環として行っている 防府市一般不妊治療費助成事業実施要綱(平成18年4月1日制定)に基づ く不妊治療費の一部助成をさらに拡大することにより、その経済的負担の軽 減を図ることを目的とする。

9 さらに読み込む

下関市特定不妊治療費助成事業実施要綱

下関市特定不妊治療費助成事業実施要綱

下関市特定不妊治療費助成事業実施要綱 (趣旨) 第1条 不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精(以下「特定不妊治療」という。)につ いては、1回の治療費が高額であり、その経済的負担が重いことから十分な治療を受 けることができず、子どもを持つことを諦めざるを得ない方も少なくないことから、 特定不妊治療に要する費用の一部を助成することにより、その経済的負担の軽減を図 ることを目的とする。

13 さらに読み込む

矢板市ファミリーサポートセンター事業実施要綱

矢板市ファミリーサポートセンター事業実施要綱

矢板市ファミリーサポートセンター事業実施要綱 (趣旨) 第1条 この要綱は、市民が仕事と育児を両立できる環境を整備し、地域全体で子 育て家庭を支援することを目的として実施する、矢板市ファミリーサポートセン ター(以下「センター」という。 )が行う事業について、必要な事項を定めるもの とする。

4 さらに読み込む

家畜防疫互助基金支援事業実施要綱

家畜防疫互助基金支援事業実施要綱

事業実施主体は、配合飼料価格安定制度の安定的な運営を確保するため、 事業参加者であって、配合飼料を利用し平成29年度に「配合飼料価格安定 対策事業実施要綱」(昭和50年2月13日付け50畜B第302号農林事 務次官依命通知)に定める「配合飼料価格安定基金」が定める業務方法書に 基づく配合飼料の価格差補塡に関する基本契約及び配合飼料の価格差補塡 に関する毎年度行われる数量契約(以下「契約」という。)の締結をしてい る者が、引き続き平成30年度において契約を締結していることを確認する ものとする。ただし、自給飼料等への転換により、配合飼料価格安定制度の 加入を取りやめた場合は、この限りではない。
さらに見せる

16 さらに読み込む

160401(改正後全文)感染症発生動向調査事業実施要綱

160401(改正後全文)感染症発生動向調査事業実施要綱

感染症発生動向調査事業実施要綱 第1 趣旨及び目的 感染症発生動向調査事業については、昭和56年7月から18疾病を対象に開始され、 昭和62年1月からはコンピュータを用いたオンラインシステムにおいて27疾病を対 象にする等、充実・拡大されて運用されてきたところである。平成10年9月に「感染 症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」(平成10年法律第114号。 以下「法」という。)が成立し、平成11年4月から施行されたことに伴い、法に基づ く施策として感染症発生動向調査が位置づけられた。本事業は、感染症の発生情報の正 確な把握と分析、その結果の国民や医療関係者への迅速な提供・公開により、感染症に 対する有効かつ的確な予防・診断・治療に係る対策を図り、多様な感染症の発生及びま ん延を防止するとともに、病原体情報を収集、分析することで、流行している病原体の 検出状況及び特性を確認し、適切な感染症対策を立案することを目的として、医師等の 医療関係者の協力のもと、的確な体制を構築していくこととする。
さらに見せる

17 さらに読み込む

愛媛県肝炎治療特別促進事業実施要綱(改正案全文)

愛媛県肝炎治療特別促進事業実施要綱(改正案全文)

愛媛県肝炎治療特別促進事業実施要綱 第1 目的 国内最大級の感染症であるB型ウイルス性肝炎及びC型ウイルス性肝炎 は、抗ウイルス治療(インターフェロン治療、インターフェロンフリー治 療及び核酸アナログ製剤治療)によって、その後の肝硬変、肝がんといっ た重篤な病態を防ぐことが可能な疾患である。しかしながら、これらの抗 ウイルス治療は月額の医療費が高額となること、また は、長期間に及ぶ治 療によって累積の医療費が高額となることから、早期治療の促進のため、 これらの抗ウイルス治療に係る医療費を助成し、患者の医療機関へのアク セスを改善することにより、将来の肝硬変、肝がんの予防及び肝炎ウイル スの感染防止、ひいては県民の健康の保持、増進を図ることを目的とする。
さらに見せる

10 さらに読み込む

防府市一時預かり事業実施要綱

防府市一時預かり事業実施要綱

防府市一時預かり事業実施要綱 平成17年4月1日制定 (目的) 第1条 この要綱は、家庭において保育を受けることが一時的に困難となった 乳児及び幼児について、保育所、幼稚園、認定こども園その他の場所におい て、一時的に保育を行う一時預かり事業(以下「事業」という。 )について、 必要な事項を定めることを目的とする。

14 さらに読み込む

Show all 10000 documents...