中途採用者の前職 の属性

Top PDF 中途採用者の前職 の属性:

メディカル業界の中途採用市場レポート(2018年10月発行/PDF版)|DODA(デューダ)中途採用をお考えの法人様へ

メディカル業界の中途採用市場レポート(2018年10月発行/PDF版)|DODA(デューダ)中途採用をお考えの法人様へ

採用手法多角化で経験へリーチ&現場で働く方から情報伝達が肝。潜在層へアプローチも開始を。 製薬メーカー・CROで経験採用難易度はさらに上昇している。各社リクルーター機能を整備し、多様な採用ツールを活用し経験CRAへアプローチしている状態。 CRO間で採用競争は激化しており、年収やグレードなど情報だけでなく、現場従業員「生声」を透明性高く転職希望に届けることが応募意思獲得肝。 全体として既に転職活動中顕在層獲得は前提とし、転職意欲がまだ低い潜在層に対して、中長期で広告出稿などを用いて自社ブランディングをする投資的な採用活動へ踏み 切る傾向が見られる。そのため、長い目で見たリクルーティングが必要となる。
さらに見せる

12 さらに読み込む

2. 中途採用をしたことがあるか 中途採用をしたことがある企業は 全体の 95% で あった 調査対象を 右表の 7 つの業種グループに 分類してそれぞれの傾向を分析すると 建設業 運 輸業 サービス業ではすべての企業が中途採用をし たことがあると回答した その他の業種グループで も 9 割前後の企

2. 中途採用をしたことがあるか 中途採用をしたことがある企業は 全体の 95% で あった 調査対象を 右表の 7 つの業種グループに 分類してそれぞれの傾向を分析すると 建設業 運 輸業 サービス業ではすべての企業が中途採用をし たことがあると回答した その他の業種グループで も 9 割前後の企

10.中途採用人材確保に関してどこに頼りたいか(複数回答可) 人材採用方法としては、全体では職業安定所による募集が最も多く、中途採用希望企業7割近くが頼 りたい先として選択した。一方で、管理、技術といったハイクラス層については、働きながら人材紹介 会社などに登録し、次職場を探している人材が多いため、職業安定所で採用人数は多くないものと思わ れる。そのため、人材紹介会社も全体4割が頼りたい先として選択している。人手不足が深刻化する中、 職務によってはコストをかけてでも求める人材を確保したいという企業が今後増えていくものと思われる。
さらに見せる

7 さらに読み込む

RIETI - 「大学教育無効説」をめぐる一考察―事務系総合職採用面接担当者への質問紙調査の分析から

RIETI - 「大学教育無効説」をめぐる一考察―事務系総合職採用面接担当者への質問紙調査の分析から

大学時代に学ぶ専門は、内容だけを取り出してみれば、たしかにかなり狭い範囲を扱っ たものになる。同じ文学であろうと、あるいは同じ経済学、法学や社会学であろうと、テ ーマが異なれば、知識を併せ持っていないために会話が成立しないということもしばしば だ。そして、ゼミで学んだことや卒業論文で扱ったことなど、力を入れたものほど、必然 的にその傾向が強くなるというところがある。以上結果は、採用面接現場で、このよ うな専門特性ゆえ制約が強く働いていることを指し示しているだろう。少なくない 企業関係が、学習経験は大事だと理解しているものの、目学生に学習経験何を 聞けばいいかわからない。結局、共通話題となり得るサークルやアルバイトをめぐる 質疑応答に頼ってしまう状態へと流されていると推察される。
さらに見せる

19 さらに読み込む

中途退学の現状 中途退学者 6 名 中退率 5.9% 平成 26 年 5 月 1 日在学者 102 名 ( 平成 26 年 4 月入学者を含む ) 平成 27 年 3 月 31 日在学者 96 名 ( 平成 27 年 3 月卒業生を含む ) 中途退学の主な理由進路変更 中退防止のための取組入学前に個

中途退学の現状 中途退学者 6 名 中退率 5.9% 平成 26 年 5 月 1 日在学者 102 名 ( 平成 26 年 4 月入学者を含む ) 平成 27 年 3 月 31 日在学者 96 名 ( 平成 27 年 3 月卒業生を含む ) 中途退学の主な理由進路変更 中退防止のための取組入学前に個

採用通知などが出された)をいう。 ③「就職率」における「就職希望」とは、卒業年度中に就職活動を行い、大学等卒業後速やかに就職することを希望するをいい、卒業後 進路として「進学」 「自営業」 「家事手伝い」 「留年」 「資格取得」などを希望するは含まない。 ※「就職(内定)状況調査」における調査対象抽出ため母集団となる学生等は、卒業年次に在籍している学生等としている。ただし、卒業 見込みない、休学中、留学生、聴講生、科目等履修生、研究生及び夜間部、医学科、歯学科、獣医学科、大学院、専攻科、別科学 生は除いている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

中途退学の現状 中途退学者 7 名 中退率 6.5% 平成 26 年 5 月 1 日在学者 107 名 ( 平成 26 年 4 月入学者を含む ) 平成 27 年 3 月 31 日在学者 100 名 ( 平成 27 年 3 月卒業生を含む ) 中途退学の主な理由進路変更 中退防止のための取組入学前に

中途退学の現状 中途退学者 7 名 中退率 6.5% 平成 26 年 5 月 1 日在学者 107 名 ( 平成 26 年 4 月入学者を含む ) 平成 27 年 3 月 31 日在学者 100 名 ( 平成 27 年 3 月卒業生を含む ) 中途退学の主な理由進路変更 中退防止のための取組入学前に

採用通知などが出された)をいう。 ③「就職率」における「就職希望」とは、卒業年度中に就職活動を行い、大学等卒業後速やかに就職することを希望するをいい、卒業後 進路として「進学」 「自営業」 「家事手伝い」 「留年」 「資格取得」などを希望するは含まない。 ※「就職(内定)状況調査」における調査対象抽出ため母集団となる学生等は、卒業年次に在籍している学生等としている。ただし、卒業 見込みない、休学中、留学生、聴講生、科目等履修生、研究生及び夜間部、医学科、歯学科、獣医学科、大学院、専攻科、別科学 生は除いている。
さらに見せる

19 さらに読み込む

都道府県の地方公務員採用試験 ( 全体 ) からの採用者に占める女性の割合 40% 31.9% 34.4% 都道府県の地方公務員採用試験 ( 大学卒業程度 ) からの採用者に占める女性の割合 40% 26.7% 28.9% 都道府県職員の各役職段階に占める女性の割合 本庁係長相当職 20.5% 21

都道府県の地方公務員採用試験 ( 全体 ) からの採用者に占める女性の割合 40% 31.9% 34.4% 都道府県の地方公務員採用試験 ( 大学卒業程度 ) からの採用者に占める女性の割合 40% 26.7% 28.9% 都道府県職員の各役職段階に占める女性の割合 本庁係長相当職 20.5% 21

(注7)平成26年調査のみ保健系を含めた調査であり、平成27年以降は従来通り保健系を別に調査。 (注8)健康寿命とは、日常生活に制限ない期間。 (注11)平成31年以降成果目標については、健やか親子21について数値目標見直しが行われる際に検討が行われる予定。 (注12)小学校は5年生、中学校は2年生に関する数値。

8 さらに読み込む

2 回答者の属性

2 回答者の属性

第 1 章 研究背景 1 はじめに 今年は、ある占い師が注目を浴び、流行となった。マスコミでは次々に彼女をとり上げ、 彼女出演する番組は多く人々に興味を持たれた。もちろん、私達もその中一人であ る。そんな中、私達生活では身近なところに占いがあり、利用できる環境にあることに 気が付いた。また、占いだけでなく、お寺、神社へ初詣、お参りといった神に祈る習慣 が昔からあったり、「前世」、「霊」といった存在を証明するは難しい物については、ドラ マ化・映画化されるなど、エンターテイメントとして親しまれている。このような環境 中で、私達は「占う」、「当たる」、「信じる」という行動がどのような人に利用され、どの ように影響しているかを調査した。
さらに見せる

33 さらに読み込む

第3章 中途採用する転職者のタイプと人事労務管理・経営活動との関連 資料シリーズNo172「中小企業をめぐるヒトの移動概要―「採用と定着」調査・中間報告―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

第3章 中途採用する転職者のタイプと人事労務管理・経営活動との関連 資料シリーズNo172「中小企業をめぐるヒトの移動概要―「採用と定着」調査・中間報告―」|労働政策研究・研修機構(JILPT)

が「特定業務について高いスキルを持っている人」(52.4%)であった。他類型に比べて スキルという面により着目した採用を行う傾向が強いことがうかがえる。 変化型採用企業では 「やる気ある人」 回答率が 75%を超え、 続いて 「素直な人」 (55.7%)、 「今後成長が期待できる人」(54.0%)となっている。他 2 つ類型と異なり、経験、能 力、職業スキルに関わる選択肢よりも、人柄や成長性に関わる選択肢方が回答を集めてい る。先に見た人手を確保することを中心とした採用目的と対応しているように思われる。
さらに見せる

10 さらに読み込む

中途採用実態調査(2018年上半期実績、2019年度見通し)

中途採用実態調査(2018年上半期実績、2019年度見通し)

・「増える」が「減る」を大きく上回っているは、飲食店・宿泊業(+26.9%ポイント)、情報通信業(+23.7%ポイント)、小売業(+21.5%ポイン ト)、運輸業(+21.3%ポイント)などであり、人手不足が目立つ業種となっている。 ・前年と比較すると、建設業伸びがやや減速しており(-3.2%ポイント)、中途採用需要はピークを迎えた可能性もある。また製造業 が「減る」と回答した企業が9.5%と高い。内訳をみると、「減る」と回答した企業は自動車・鉄道・航空機等製造・同部品製造が12.5%、 半導体・電子・電気部品が12.3%と高く、米中貿易戦争など影響が反映されている。
さらに見せる

11 さらに読み込む

1 職員の任免及び職員数の状況 ⑴ 職員の任免 ア職員の採用 平成 28 年度に新たに採用された一般職の職員及び新たに再任用された職員の状況は次の とおりです ( 単位 : 人 ) 職種区分 合計 一般行政職 消防職 労務職 新規採用 新規再任用 0(2) 0(1) 0(1) 0 市

1 職員の任免及び職員数の状況 ⑴ 職員の任免 ア職員の採用 平成 28 年度に新たに採用された一般職の職員及び新たに再任用された職員の状況は次の とおりです ( 単位 : 人 ) 職種区分 合計 一般行政職 消防職 労務職 新規採用 新規再任用 0(2) 0(1) 0(1) 0 市

分限制度とは、職員が恣意的にそのを奪われることないよう身分を保障することによ り、公務中立性、安定性を確保し、その適正かつ能率的な運営を図ろうとする趣旨から整 備されています。 任命権が職員をその意に反して降任し、又は免職することができるは、①勤務実績が 良くない場合、②心身故障ため、職務遂行に支障があり、又これに耐えない場合、③ そのに必要な適格性を欠く場合等であり、又休職にすることができるは、①心身故障 ため、長期休養を要する場合、②刑事事件に関し起訴された場合、③学校、研究所、病院 その他これらに準ずる公共施設において、その職員職務に関連あると認められる事項調 査、研究又は指導に従事する場合とされています。
さらに見せる

8 さらに読み込む

< 目次 > 1. 調査の概要 回答者の属性 調査結果

< 目次 > 1. 調査の概要 回答者の属性 調査結果

・フィルターお掃除を忘れがちなので、2週間に1度割合で日を決めて、ケータイカレンダーに登録しておきます。アラームでしらせてくれるので、便利 (女性 46歳) ・フィルター掃除は豆に行っています。毎月埃を掃除機で採り、3ヶ月ごとに、中性洗剤で洗います。特に、夏場冷房は効き方が違うと思います。最近 エアコンは、セルフクリーニングですが、家では8年くらい古いタイプもあるので、フィルター手入れだけはサボらないようにしています。(男性 51歳) ・フィルター掃除をする時、ハッカ油をうすめてフィルターにスプレーしてます。ゴキブリよけに。以前、室外機経由で侵入されたことがあるので。(女性 37 歳)
さらに見せる

32 さらに読み込む

中途退学の現状 中途退学者 0 名 中退率 0.0% 平成 7 年 4 月 日在学者 7 名 ( 平成 7 年 4 月入学者を含む ) 平成 8 年 月 日在学者 7 名 ( 平成 8 年 月卒業生を含む ) 中途退学の主な理由 中退防止のための取組 担任のカウンセリングスキルアップのための研修を毎

中途退学の現状 中途退学者 0 名 中退率 0.0% 平成 7 年 4 月 日在学者 7 名 ( 平成 7 年 4 月入学者を含む ) 平成 8 年 月 日在学者 7 名 ( 平成 8 年 月卒業生を含む ) 中途退学の主な理由 中退防止のための取組 担任のカウンセリングスキルアップのための研修を毎

②「就職率」における「就職」とは、正規職員(1年以上非正規職員として就職したを含む)と して最終的に就職した(企業等から採用通知などが出された)をいう。 ③「就職率」における「就職希望」とは、卒業年度中に就職活動を行い、大学等卒業後速やかに就職 することを希望するをいい、卒業後進路として「進学」「自営業」「家事手伝い」「留年」「資格取得」 などを希望するは含まない。
さらに見せる

48 さらに読み込む

採用者数の記載にあたっては 機械的に採用日の属する年度とするのではなく 一括 採用を行っている場合等において 次年度新規採用者を一定期間前倒しして雇い入れた 場合は 次年度の採用者数に含めることとしてください 5 新卒者等以外 (35 歳未満 ) の採用実績及び定着状況採用者数は認定申請日の直近の3

採用者数の記載にあたっては 機械的に採用日の属する年度とするのではなく 一括 採用を行っている場合等において 次年度新規採用者を一定期間前倒しして雇い入れた 場合は 次年度の採用者数に含めることとしてください 5 新卒者等以外 (35 歳未満 ) の採用実績及び定着状況採用者数は認定申請日の直近の3

・男性は、男性労働(正社員以外を含む。 )うち、 「直近事業年度」及び「直近3 事業年度」において配偶が出産した数及び当該年度育児休業取得数。 ・女性は、女性労働(正社員以外を含む。 )うち、 「直近事業年度」及び「直近3 事業年度」において出産した数及び育児休業取得数。

5 さらに読み込む

中途退学の現状 中途退学者 0 名 中退率 9. % 平成 7 年 4 月 日在学者 09 名 ( 平成 7 年 4 月 日 入学者を含む ) 平成 8 年 3 月 3 日在学者 99 名 ( 平成 8 年 3 月 3 日 卒業者を含む ) 中途退学の主な理由 なし 中退防止のための取組 欠席が多く

中途退学の現状 中途退学者 0 名 中退率 9. % 平成 7 年 4 月 日在学者 09 名 ( 平成 7 年 4 月 日 入学者を含む ) 平成 8 年 3 月 3 日在学者 99 名 ( 平成 8 年 3 月 3 日 卒業者を含む ) 中途退学の主な理由 なし 中退防止のための取組 欠席が多く

①「就職率」については、就職希望に占める就職割合をいい、調査時点における就職数を就 希望で除したものとする。 ②「就職率」における「就職」とは、正規職員(1年以上非正規職員として就職したを含む)と して最終的に就職した(企業等から採用通知などが出された)をいう。

6 さらに読み込む

中途退学者 0 名 中退率 0 % 平成 7 年 4 月 日在学者 3 名 ( 平成 7 年 4 月 日 入学者を含む ) 平成 8 年 3 月 3 日在学者 3 名 ( 平成 8 年 3 月 3 日 卒業者を含む ) 中途退学の現状 中途退学の主な理由 経済的事情 進路変更 中退防止のための取組

中途退学者 0 名 中退率 0 % 平成 7 年 4 月 日在学者 3 名 ( 平成 7 年 4 月 日 入学者を含む ) 平成 8 年 3 月 3 日在学者 3 名 ( 平成 8 年 3 月 3 日 卒業者を含む ) 中途退学の現状 中途退学の主な理由 経済的事情 進路変更 中退防止のための取組

※1「大学・短期大学・高等専門学校及び専修学校卒業予定就職(内定)状況調査」定義による。 ①「就職率」については、就職希望に占める就職割合をいい、調査時点における就職数を就職 希望で除したものとする。 ②「就職率」における「就職」とは、正規職員(1年以上非正規職員として就職したを含む)と して最終的に就職した(企業等から採用通知などが出された)をいう。
さらに見せる

18 さらに読み込む

中途退学の現状 ホームヘ ーシ 中途退学者 9 名 中退率 3.7 % 平成 6 年 4 月 日 在学者 4 名 ( 平成 6 年 4 月 日 入学者を含む ) 平成 7 年 3 月 3 日 在学者 33 名 ( 平成 7 年 3 月 3 日 卒業者を含む ) 中途退学の主な理由 進路変更 ( 他ジ

中途退学の現状 ホームヘ ーシ 中途退学者 9 名 中退率 3.7 % 平成 6 年 4 月 日 在学者 4 名 ( 平成 6 年 4 月 日 入学者を含む ) 平成 7 年 3 月 3 日 在学者 33 名 ( 平成 7 年 3 月 3 日 卒業者を含む ) 中途退学の主な理由 進路変更 ( 他ジ

※1「大学・短期大学・高等専門学校及び専修学校卒業予定就職(内定)状況調査」定義による。 ①「就職率」については、就職希望に占める就職割合をいい、調査時点における就職数を就職希望 で除したものとする。 ②「就職率」における「就職」とは、正規職員(1年以上非正規職員として就職したを含む)として最 終的に就職した(企業等から採用通知などが出された)をいう。
さらに見せる

8 さらに読み込む

調査の概要 1 調査の目的主要産業における入職 離職及び未充足求人の状況並びに入職者 離職者に係る個人別の属性及び入職 離職に関する事情を調査し 雇用労働力の産業 規模 職業及び地域間の移動の実態を明らかにすることを目的とする 2 調査の範囲 (1) 地域全国 (2) 産業日本標準産業分類 ( 平成

調査の概要 1 調査の目的主要産業における入職 離職及び未充足求人の状況並びに入職者 離職者に係る個人別の属性及び入職 離職に関する事情を調査し 雇用労働力の産業 規模 職業及び地域間の移動の実態を明らかにすることを目的とする 2 調査の範囲 (1) 地域全国 (2) 産業日本標準産業分類 ( 平成

日本標準産業分類(平成 19 年 11 月改定)に基づく次 16 大産業 鉱業,採石業,砂利採取業、建設業、製造業、電気・ガス・熱供給・水道業、情報通信業、運輸業, 郵便業、卸売業,小売業、金融業,保険業、不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス 業、宿泊業,飲食サービス業、生活関連サービス業,娯楽業(その他生活関連サービス業うち家 事サービス業を除く。)、教育,学習支援業、医療,福祉、複合サービス事業、サービス業(他に分 類されないもの)(外国公務を除く。)
さらに見せる

24 さらに読み込む

内閣府一般職採用案内2016

内閣府一般職採用案内2016

地域良さを知り、 地方をより活性化させていく。  私が所属している地方創生推進事務局は、地方へ支援を中心と した地方創生に関する法律・予算・制度運用を図る組織として設置 されています。現在は、地域活性化に係る企画立案や、国家戦略特別 区域諮問会議、都市再生本部、構造改革特別区域推進本部、地域再生 本部、中心市街地活性化本部、そして総合特別区域推進本部事務 局として、国と地方が一体となった地方創生取組を実施するため に、業務を行っています。また、交付金交付や地方創生コンシェル ジュ等に関する事務も、地方創生推進事務局所掌範囲になります。  所属職員給与関係手続きや各種事業会計業務等、事務局内 庶務業務全般が、私担当業務です。加えて、地方創生コンシェルジュ として地方創生に取り組む地方公共団体を積極的に支援するため、 様々な内容に関する相談を受け付ける窓口も担当しています。一般か ら問合せも多いため、室内各担当業務について日々勉強毎日 です。
さらに見せる

16 さらに読み込む

調査の概要 1 調査の目的主要産業における入職 離職及び未充足求人の状況並びに入職者 離職者に係る個人別の属性及び入職 離職に関する事情を調査し 雇用労働力の産業 規模 職業及び地域間の移動の実態を明らかにすることを目的とする 2 調査の範囲 (1) 地域全国 (2) 産業日本標準産業分類 ( 平成

調査の概要 1 調査の目的主要産業における入職 離職及び未充足求人の状況並びに入職者 離職者に係る個人別の属性及び入職 離職に関する事情を調査し 雇用労働力の産業 規模 職業及び地域間の移動の実態を明らかにすることを目的とする 2 調査の範囲 (1) 地域全国 (2) 産業日本標準産業分類 ( 平成

利 用 上 注 意 1 調査結果産業分類は、平成 21 年調査から日本標準産業分類(平成 19 年 11 月改定)に基づいて いる。不動産業,物品賃貸業、学術研究,専門・技術サービス業、宿泊業,飲食サービス業、生活関 連サービス業,娯楽業及びサービス業(他に分類されないもの)は、平成 20 年以前調査結果産 業分類と産業名称・範囲が異なる。平成 16 年調査から平成 20 年調査までは、日本標準産業分類(平 成 14 年 3 月改定)に基づいている。
さらに見せる

24 さらに読み込む

9 一部解約の取扱い本商品は 一部解約の取扱いはできません 10 中途解約時の原則中途解約はできません やむをえず中途解約される場合 当商品所定の期限前解約利率を 取扱い適用します 期限前解約利率 解約日の普通預金利率 税金 個人の方は 預金利息から税金 %( 国税 % 地方

9 一部解約の取扱い本商品は 一部解約の取扱いはできません 10 中途解約時の原則中途解約はできません やむをえず中途解約される場合 当商品所定の期限前解約利率を 取扱い適用します 期限前解約利率 解約日の普通預金利率 税金 個人の方は 預金利息から税金 %( 国税 % 地方

 ■転居先不明、ご連絡不能などにより、景品がお届けできず、景品発送時期属する月月末より、    3ヶ月が経過した場合。なお、この場合、最初に景品お届けができなくなったとき以降景品    受取権利が失効します。 景品に関する税金 ・景品には所得税がかかりますが、本商品における景品提供にかかる所得税は当組合が負担し、 取扱い ご契約には税負担は発生いたしません。

5 さらに読み込む

Show all 10000 documents...