一般病床、療養病床

Top PDF 一般病床、療養病床:

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過 51 床 51 床 上記のうち医療法上の経過措置に該当する病床数去 1 年間に実際に患者

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過 51 床 51 床 上記のうち医療法上の経過措置に該当する病床数去 1 年間に実際に患者

0件 算定する入院基本料・特定入院料  入院基本料・特定入院料とは、入院時の基本料金に該当 する点数ですが、種類によっては基本料金だけでなく、一定 の検査や薬の費用などが包括されている場合もあります。病 床を利用する患者の状態や職員の配置状況に応じて入院1 日あたりの点数が設定されていて、様々な区分があります。 この項目は、医療機関において、どの入院基本料・特定入院 料の病床がいくつ設定され(届出病床数)、実際にどれだけ の患者にその入院料が適用されているか(レセプト件数)を 示します。
さらに見せる

19 さらに読み込む

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過去 51 床 51 床 稼働病床 1 年間に実際に患者を受け入れた病床数を稼働病床数とし

基本情報 ( 職員配置 届出の状況など ) 病床の状況 一般病床 療養病床 許可病床医療機関の病床 ( ベッド ) は 法律 ( 医療法 ) の許可を得た上で設置することとされており 許可を受けた病床のうち 過去 51 床 51 床 稼働病床 1 年間に実際に患者を受け入れた病床数を稼働病床数とし

 退院後に在宅で療養する患者について、入院している医療 機関の医師等が退院後の在宅医療を担う医師や訪問看護 事業所等の看護師等と連携し,共同で患者に指導や説明を 行っていることを示す項目です。値は、患者が入院している 医療機関が、指導や説明を行った患者数です。  退院後に導入することが望ましい介護サービス等につい て、入院中の医療機関と介護支援専門員(ケアマネー ジャー)が連携し、共同で指導や説明を行っていることを示す 項目です。値は指導や説明を行った患者数です。  退院の際に患者に対し、病状や退院後に生活する家屋の 構造、介護力等を考慮し、リハビリテーションの観点から指導 や説明を行っていることを示す項目です。値は指導や説明を 行った患者数です。
さらに見せる

18 さらに読み込む

はじめに 平成 18 年に示された療養病床の再編政策をうけて 国立保健医療科学院では平成 19 年度から平成 21 年度までの 3 年間 療養病床を有する医療機関の管理者を対象とした研修 と 地方自治体の療養病床転換を支援する担当者を対象とした研修 を実施いたしました また補助教材として 療養病床転

はじめに 平成 18 年に示された療養病床の再編政策をうけて 国立保健医療科学院では平成 19 年度から平成 21 年度までの 3 年間 療養病床を有する医療機関の管理者を対象とした研修 と 地方自治体の療養病床転換を支援する担当者を対象とした研修 を実施いたしました また補助教材として 療養病床転

✚ 転換の経緯 数年前より医師が減り始め、病床稼 働率も低下していたので、一般病床療養病床ともにダウンサイジングを 検討していたところに療養病床再編 政策が打ち出された。療養病床をな くすことも検討したが、この地域で は異なる事業者間での連携がほとん どなく、ひとつの施設内で完結した 医療福祉サービスを提供する必要が あるため、60 床あった医療療養病 床のうち 30 床はそのまま残し、30 床を 29 名定員のサテライト型老人 保健施設へと転換した。市内には他 に老人保健施設が 2 つあるが、胃ろ う患者の受け入れが不十分な状況に あるので、このサテライトでは入所 者を経管栄養の方に特化している。 そのためサテライトでは本体よりも
さらに見せる

46 さらに読み込む

平成30年度病床機能報告における 報告項目の見直し等について

平成30年度病床機能報告における 報告項目の見直し等について

一般病床療養病床に入院するショートステイ利用者、正常な妊産婦、院内で出生した正常な新生児、生母の入院に伴って入院した健康な新生児又は 乳児、公費負担医療、労災保険制度や労働福祉事業としての医療、自賠責、治験、人間ドック、その他の自由診療等での入院者、介護療養病床への入院 患者についても、新規入棟患者数・在棟患者延べ数・退棟患者数に数えてください。 ※入院後の1回目の入棟・退棟のみを数え、同一病棟での再入棟・再退棟は数えません。また、DPC対象病棟間、同一の入院料を算定する病棟間の転棟 であっても、新規入棟患者・退棟患者として数えてください。
さらに見せる

20 さらに読み込む

平成27年度 病床機能報告制度の実施について(厚生労働省医政局地域医療計画課長:H )

平成27年度 病床機能報告制度の実施について(厚生労働省医政局地域医療計画課長:H )

3-2.貴院における【平成27年6月の診療】に当たって、一般病床療養病床に入院した患者の有無、一般病床・ 医療療養病床に入院した患者の有無について、ご記入ください。また、一般病床・医療療養病床に入院した患者の 【平成27年6月の診療】分について【平成27年7月審査の請求】の有無、請求時のレセプト種別をご記入ください。 ※本項目の情報は、報告様式2「Ⅱ② 具体的な医療の内容に関する項目」の様式の送付に当たって必要となります。記載がな い場合、「電子レセプトにより診療報酬請求を行っており、6月診療分であって7月審査分の電子の入院レセプトがある医療機関」 として取り扱うこととなりますので、ご了承ください。
さらに見せる

33 さらに読み込む

療養病床入院中に経口摂取が可能となった高齢者の援助成功例の分析

療養病床入院中に経口摂取が可能となった高齢者の援助成功例の分析

Ⅰ.は じ め に  現在の医療制度では、患者は急性期病床で病状の早 期安定に向けた援助がなされ、病状が安定すると速や かに、患者の状態に応じた施設に移動し、援助が継続 される。複合的な合併症を持つ高齢者や難病の患者で は、回復に時間がかかることや経口摂取ができない状 況で療養病床に入院している患者も少なくない。  また、急性期病床の平均在院日数の短縮に伴い、療 養病床に入院する患者は重症化しているが、急性期病 床と比べ療養病床の看護配置基準は4対1であり、一 般病床と比較し看護職数は少ない。このような状況下 において、「口から食べることが困難であっても、本 人や家族は、人生の最後を迎えるときまで、幸せな気 持ちでおいしく食べ続けたい・食べさせてあげたいと 切実に願っている」 1) ことから、その期待に応えるた
さらに見せる

8 さらに読み込む

一体として捉えて推計すると共に 療養病床の入院受療率の地域差解消を目指すこととなった 一般病床の C3( 医療資源投入量 225 点 ) 未満及び療養病床の医療区分 1 の 70% に相当する入院患者約 30 万人が現状に加えて新たに病院外の自宅 老人保健施設 特別養護老人ホーム 有料老人ホーム等で

一体として捉えて推計すると共に 療養病床の入院受療率の地域差解消を目指すこととなった 一般病床の C3( 医療資源投入量 225 点 ) 未満及び療養病床の医療区分 1 の 70% に相当する入院患者約 30 万人が現状に加えて新たに病院外の自宅 老人保健施設 特別養護老人ホーム 有料老人ホーム等で

<節目となった平成 18 年医療保険制度改革> 平成 18 年の診療報酬・介護報酬同時改定に際し、実態調査の結果、医療療養病床と介護療 養病床で入院患者の状況に大きな差は見られず、医療の必要性の高い患者と低い患者が同程 度混在していたことから、医療保険と介護保険の役割分担が課題であった。また、同年の医 療保険制度改革の中で、医療費総額抑制を主張する経済財政諮問会議の医療費適正化の議論 を踏まえ、患者の状態に応じた療養病床の再編成が改革の柱として位置付けられることによ り、介護療養病床の平成 23 年度末廃止及び老人保健施設等への転換促進の政策が打ち出され た。同時に、療養病床の診療報酬体系について、気管切開や難病等の患者の疾患・状態に着 目した「医療区分(1~3)」、食事・排泄等の患者の自立度に着目した「ADL 区分(1~3)」に よる評価が導入された。この時点において、主に医療を必要とする患者の受け皿となる医療 療養病床と介護を必要とする利用者の受け皿となる介護療養病床から転換する介護療養型老 人保健施設や従来の老人保健施設等に整理された。
さらに見せる

8 さらに読み込む

診療科 NTT 東日本伊豆病院の概要 内科 消化器科 呼吸器科 神経内科 整形外科 放射線科 リハビリテーション科 皮膚科 精神科 歯科 病棟 ( 病床数 196 床 ) 病床数看護配置 一般内科 50 床 7:1 精神科リハビリテーション 46 床 13:1 回復期リハビリテーション A 50 床

診療科 NTT 東日本伊豆病院の概要 内科 消化器科 呼吸器科 神経内科 整形外科 放射線科 リハビリテーション科 皮膚科 精神科 歯科 病棟 ( 病床数 196 床 ) 病床数看護配置 一般内科 50 床 7:1 精神科リハビリテーション 46 床 13:1 回復期リハビリテーション A 50 床

3.患者に安全な療養環境を提供するため、各組織が 連携し、適切な感染管理を看護実践に活用できるよ うに活動状況を把握し、監督・指示を行なう 4.他職種の感染管理に関する技術習得や知識の獲 得には、部門を越えて看護部職員が教育支援を行 なう

38 さらに読み込む

資料1病床機能報告

資料1病床機能報告

地域医療構想の策定にあたり、地域の医療機関が担っている医療機能の現状把握、分析を行う必要があります。 そのために必要なデータを収集するため、医療機関がその有する病床一般病床及び療養病床)において担っている医療機能を自ら選択し、病棟単位を基本として都道府 県に報告する仕組みが導入されました。 また、医療機能の報告に加えて、その病棟にどんな設備があるのか、どんな医療スタッフが配置されているのか、どんな医療行為が行われているのか、についても報告する こととしています。
さらに見せる

29 さらに読み込む

療養病床を有する一般病院におけるスキン-テアの実態

療養病床を有する一般病院におけるスキン-テアの実態

2.テア保有者の特徴  療養病床を有する一般病院のテア保有者は、年齢の中 央値が 87 歳の高齢者で、日常生活自立度は、 「1 日中ベッ ド上で過ごし、排泄、食事、更衣において介助を要し、 自力で寝返りをうてない状態」のランク C2 が 62.5%を 占め、ブレーデンスケールの合計点の中央値は 12 点で あった。ブレーデンスケールのカットオフポイントは、 国内では 14 点以下である 13) 。これらより、テア保有者 の特徴としては、加齢による身体変化があり、寝たきり で褥瘡が発生しやすい患者といえる。なお、本邦の調査 研究でも、ブレーデンスケールの合計点の低い患者はテ アの発生リスクが高いという報告があり 7) 、同様の結果 である。さらに、テアの既往ありが 75.0%を占めていた。 また、全国調査でも、発生要因としてテアの既往ありの 報告があるが、全国調査の 42.8%と比較しても高い。し たがって、療養病床を有する一般病院では、テアの既往 ありと判断した場合には、再発予防に向けて入念な予防 ケアを講じる必要があるといえる。
さらに見せる

9 さらに読み込む

1.2 回答者の属性回答病院の設置主体は医療法人が 81.7% 社会福祉法人が 7.4% 社会医療法人が 5.7% であった ( 図表 1) ( 図表 1) 設置主体 5.7% 4.6% 0.6% n=175 医療法人 7.4% 社会福祉法人 ( 図表 3) 療養病床割合 ( 対総病床数 ) n=1

1.2 回答者の属性回答病院の設置主体は医療法人が 81.7% 社会福祉法人が 7.4% 社会医療法人が 5.7% であった ( 図表 1) ( 図表 1) 設置主体 5.7% 4.6% 0.6% n=175 医療法人 7.4% 社会福祉法人 ( 図表 3) 療養病床割合 ( 対総病床数 ) n=1

(図表 9) 患 者 の 確 保 面 に お け る 課 題 ( 医 療 療 養 2) 介護療養病床と同様に設置期限が定められ、 今後の転換を余儀なくされる医療療養 2 におけ る転換予定は、「医療療養 1 や一般病床(13 対 1、15 対 1 など)、地域包括ケア病床、回復期 リハビリテーション病床など医療機能を強化す る(以下「医療強化」という。)」とした回答 が 50.0%、「介護医療院や介護老人保健施設な どへの転換(以下「介護充実」という。)」が 4.5%、「医療療養 1 と介護医療院の組み合わせ など、医療強化・介護充実どちらも視野にいれ ている(以下「医療・介護」という。)」が 15.9% となっており、医療強化の方向で検討している 病院が半数を占めていることがわかる(図表 10)。
さらに見せる

8 さらに読み込む

1. 病院経営の鍵となる指標 病床利用率の推移 1.1 病床稼働率は平均80 強 病院報告 病床稼働率と病床数の不思議な関係 は入院収益そのものに直結します人件費や設備投資などの固定費が多い病院 全病床 6 精神病床 5 は 病床稼働率が一定の水準を下回ると一気に赤字経営に陥りますそのた

1. 病院経営の鍵となる指標 病床利用率の推移 1.1 病床稼働率は平均80 強 病院報告 病床稼働率と病床数の不思議な関係 は入院収益そのものに直結します人件費や設備投資などの固定費が多い病院 全病床 6 精神病床 5 は 病床稼働率が一定の水準を下回ると一気に赤字経営に陥りますそのた

値 編  入院診療の損益分岐点(病院種類別) 病院経営管理指標(単位千円) 病院種類 (128 病院) 一般病院 ケアミックス (94 病院) (79 病院) 療養型病院 (57 病院) 精神科病院 医業収益 3,621,196 2,057,165 1,017,360 1,624,039 入院診療収益 2,437,469 1,419,537 817,811 1,357,513 室料差額収益 48,440 25,409 8,976 11,823 外来診療収益 1,002,331 482,002 101,559 225,423 保健予防活動収益 67,002 25,950 8,919 1,288 その他の収益 65,954 104,267 80,095 27,992 医業費用 3,465,122 1,942,813 949,286 1,557,667 材料費 794,981 310,458 96,318 171,345 医薬品費 420,102 181,524 48,039 109,904 診療材料費 324,148 92,631 24,854 16,283 その他の材料費 50,731 36,303 23,424 45,158 給与費 1,872,890 1,163,271 604,520 1,012,485 常勤職員給与・賞与 1,468,330 918,934 471,763 802,125 非常勤職員給与・賞与 172,225 106,391 58,477 69,283 退職給付費用 33,676 16,695 7,954 27,397 法定福利費 198,659 121,250 66,326 113,679 委託費 181,959 111,076 60,848 70,436 減価償却費 166,462 88,255 35,979 78,077 その他の設備関係費 160,066 78,671 38,224 46,044 研究研修費 11,451 4,587 1,110 3,061 経費 218,111 143,344 84,561 152,624 控除対象外消費税等負担額 31,630 13,487 4,431 3,849 本部費配賦額 23,203 9,809 15,802 6,533 その他の費用 4,368 19,854 7,494 13,213 医業利益 156,074 114,352 68,074 66,372 医業外収益 67,178 38,396 23,077 52,801 受取利息・配当金 958 1,106 665 989 補助金収益 18,700 7,804 2,234 7,426 その他の医業外収益 47,521 29,485 20,178 44,385 医業外費用 41,786 27,003 13,148 25,935 支払利息 29,379 18,688 9,233 16,055 その他の医業外費用 12,408 8,316 3,915 9,879 経常利益 181,466 125,745 78,003 93,238 臨時収益 8,076 15,894 905 32,554 臨時費用 32,596 26,031 10,202 35,410 税引前当期純利益 156,947 115,608 68,706 90,382 医業利益率 4.3% 5.6% 6.7% 4.1% 経常利益率 5.0% 6.1% 7.7% 5.7% 人件費率 51.7% 56.5% 59.4% 62.3% 変動費率(材料費+委託費) 27.0% 20.5% 15.4% 14.9% 固定費計(上記以外) 2,488,181 1,521,278 792,121 1,315,886 損益分岐点:売上(医業利益ベース) 3,407,458 1,913,341 936,849 1,546,057 損益分岐点:入院収益 2,272,171 1,301,122 746,276 1,291,354
さらに見せる

5 さらに読み込む

オ 療養病床療養環境改善 平成31年度以降沖縄振興公共投資交付金に係る各事業の事業計画調査について/沖縄県

オ 療養病床療養環境改善 平成31年度以降沖縄振興公共投資交付金に係る各事業の事業計画調査について/沖縄県

団 体 名(開設者) 病 院 (診 療 所) 名 所 在 地 医療法人の場合の種類 1.社団医療法人(出資持分 有 ・ 無 ) 2.財団医療法人 3.特定医療法人 1.病院(診療所)の現況 病床数の現況( 床)一般病床  床  療養病床  床  精神病床  床  感染症・結核 床 機能訓練室の現況( 室 ㎡)

2 さらに読み込む

2 病院次のいずれにも該当する病院のうち 相当程度の患者の見守り体制を有するもの ( 火災発生時の消火活動を適切に実施することができる体制を有するものとして総務省令で定めるもの ) 以外のもの ( ア ) 特定診療科名を有するもの ( イ ) 一般病床又は療養病床を有する病院 火災発生時の延焼を抑制

2 病院次のいずれにも該当する病院のうち 相当程度の患者の見守り体制を有するもの ( 火災発生時の消火活動を適切に実施することができる体制を有するものとして総務省令で定めるもの ) 以外のもの ( ア ) 特定診療科名を有するもの ( イ ) 一般病床又は療養病床を有する病院 火災発生時の延焼を抑制

(ア) 特定診療科名を有するもの (イ) 一般病床又は療養病床を有する病院 ※火災発生時の延焼を抑制する機能を備える構造を有するもの (1) スプリンクラー設備を設置することを要しない火災発生時の延焼を抑制する機能を備える構 造として総務省令で定める構造(以下「延焼抑制構造」という。)の基準のうち、令別表第1(6) 項イ(1)及び(2)に掲げる防火対象物並びに同表(16)項イ及び(16の2)項に掲げる防火対 象物(同表(6)項イ(1)又は(2)に掲げる防火対象物の用途に供される部分に限る。)につい ても適用することとしたこと。(消防法施行規則第12条の2第1項及び第2項関係)
さらに見せる

6 さらに読み込む

病院 宮崎県医療事情 病院数 :143 施設 ( 病床数 :19,630 床 ) 一般病院 128 施設精神科病院 15 施設 一般診療所 :897 施設 ( 病床数 :3,622 床 ) ( 有床 :226 無床 :671) 人口 1 万対の全国と宮崎県 医師 病院 :1,095 人診療所 :66

病院 宮崎県医療事情 病院数 :143 施設 ( 病床数 :19,630 床 ) 一般病院 128 施設精神科病院 15 施設 一般診療所 :897 施設 ( 病床数 :3,622 床 ) ( 有床 :226 無床 :671) 人口 1 万対の全国と宮崎県 医師 病院 :1,095 人診療所 :66

★治験情報提供・治験セミナー・治験普及啓発 1) GCP【通知を含む)、保険外併用療養費制度の取扱等、用語集等の提供 2) 定期治験セミナー開催(1回/年) 通算第8回開催(県内全域テレビ会議放映) 昨年:「演題① 臨床研究・治験の現状とこれから」

19 さらに読み込む

2. 療養型病院 (1) 機能性の状況 療養型病院 施設数 ( 施設 ) 470 病床数 ( 床 ) 利用率 90.3 在院日数 ( 日 ) 92.7 入院外来比 0.52 新患率 日平均患者数 ( 人 ) 入院 外来 床当たり医業収益 ( 千円 )

2. 療養型病院 (1) 機能性の状況 療養型病院 施設数 ( 施設 ) 470 病床数 ( 床 ) 利用率 90.3 在院日数 ( 日 ) 92.7 入院外来比 0.52 新患率 日平均患者数 ( 人 ) 入院 外来 床当たり医業収益 ( 千円 )

労働分配率(%) 99.4 経常収益対支払利息率(%) 0.9 (注1)全病床に占める一般病床の割合が 50%を超える病院を「一般病院」としています。 (注2)医育機関附属病院及び医師会立病院は含まれていません。

6 さらに読み込む

区分 広島県 図表 一般診療所数 歯科診療所数 一般診療所 * 上段は実数, 下段は人口 10 万対 歯科診療所 施設数病床数施設数有床診療所無床診療所一般病床療養病床

区分 広島県 図表 一般診療所数 歯科診療所数 一般診療所 * 上段は実数, 下段は人口 10 万対 歯科診療所 施設数病床数施設数有床診療所無床診療所一般病床療養病床

平均に比べて多い状況にありますが,在宅復帰できない人の受け皿となっています。 〇 へき地医療については,当地域は広域で人口密度が低く,また山間部が多い地理的な 条件にあり,無医地区,無歯科医地区が多く十分な医療の確保が困難な状況となってい ます。また,医師等の医療従事者の高齢化により,医療体制の維持が危惧されています。 ○ 不足が見込まれる回復期病床への転換を進める必要があります。

11 さらに読み込む

療養病床に勤務する看護職の職務関与の構造分析

療養病床に勤務する看護職の職務関与の構造分析

いう報告がある 13∼15) 。一般病棟と比較すると, 療養病床は,話せる患者や反応のある患者が少 なく 26) ,平均在院日数が長く顕著な回復があま りない 27) 。このことから,患者からの直接的な フィードバックが少ない特徴がある。すなわち 対象者からのフィードバックが得られにくい環 境においては,職員同士によるフィードバック が重要な意味を成すといえる。これまで組織マ ネジメントは職業性ストレスなどのネガティブ な面に関心が寄せられることが多かったが 28) , 2000年頃から,労働者のポジティブな面を扱う 研究が増え,組織の成果や個人の業績に関係す るとされている 29) 。職員間においてもポジティ ブなフィードバックをし合えるコミュニケー ション能力を開発し 30) ,自分の仕事の成果を認 識できる環境をつくることが有効であると示唆 された。
さらに見せる

12 さらに読み込む

療養病床再編成関係資料 療養病床再編成について 目次 P1 サテライト型施設の活用による経営の選択肢の拡大 P20 療養病床再編成のイメージ P2 小規模老人保健施設の人員基準等の緩和 P21 転換支援措置関係資料 [ 全体像 ] 療養病床の円滑な転換に向けた支援措置 P3 転換により医療機関と老人

療養病床再編成関係資料 療養病床再編成について 目次 P1 サテライト型施設の活用による経営の選択肢の拡大 P20 療養病床再編成のイメージ P2 小規模老人保健施設の人員基準等の緩和 P21 転換支援措置関係資料 [ 全体像 ] 療養病床の円滑な転換に向けた支援措置 P3 転換により医療機関と老人

介護療養型医療施設等からの転換分 ○ 介護療養型医療施設から老人保健施設等への転換分については、当該転換分を含めて、施設種別ごと、年度ごとの必要定員総数を 定める。 ○ その際に、転換分以外の老人保健施設等の必要定員総数を、別途「非転換分必要定員総数」として第4期計画上明記し、非転換分 (一般病床・精神病床(認知症疾患療養病棟を除く)からの転換分を含む。)の指定拒否等については、この数値を基準として判断する。 ○ 一方で、介護療養型医療施設からの転換分については、同じ介護保険財源の中での種別変更であるため、必要定員総数を理由とする
さらに見せる

38 さらに読み込む

Show all 8236 documents...